生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年6月

Q及びA


イメージ品質保証
社内テストのための信任

数年前、独立した実験室であなたのプロダクトのための品質保証のテストについての生命延長雑誌である興味深い記事があった。 私は非常に難題であるそれについてのポイントをさまざまな理由で覚えている。


Q 潜在的能力、純度、不純物、等の分析のための独立した実験室に生命延長のプロダクトすべてを送るか。 その場合、どの位の割りでか。 何異なった製造業者が生命延長を決め付けたプロダクトを作り出しているか。 あなた自身のプロダクトのための製作所を開発するように意図するか。

最後の3年にわたるA、私達は私達の自身の仕事を評価する私達の社内機能を非常に高めた。 これの理由は新しい原料を試金するために余りにも多くの独立した実験室が能力に欠けていることである。 例は同じである。 ABCニュースはなされた性質および私達のブランドが潜在的能力の280%を含んでいたレポートの(独立した実験室を使用して)提示をした。 これは絶対に偽である。 私達はもう置いたらに私達の同じプロダクトの潜在的能力の以上110%置かなかったし、破産する。 なされた性質および私達のものは完全なラベルの潜在的能力の唯一のブランドだったこと実際に明らかにされたこのレポートがだった何を、試金の方法が40%により高い偽の結果を示していたので。 私達は私達の社内結果を確認するのに独立した実験室を使用するが私達の自身の能力の信任のためにそれをより少し頻繁に今する。 私達は2つの第一次契約の実験室を使用する。 私達はこれらの設備のより大きいので物理的に取付けられ、薬剤等級が栄養素、それプロダクトが含んでいるプロダクトが安定性を維持している原料の均一量を、等使用されることを確認するべき実験室の前提の私達の自身の品質管理の専門家がある。 私達に私達の実験室を使用して私達のプロダクト、主に、かある特定のタイプの試金を行なうためにより設備が整っているかもしれない他の実験室に得る前に原料を試金する外の人々がある。 生命延長草の組合せは文字通り別の設備で作り出される手であり商業実験室はこのプロダクトを作るための困難な議定書に続きたいと思わない。



雑誌のフォーラムに戻る