生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年6月

短いニュース項目を生命extensionistsに遅壊す、
生存により長くより健康な生命興味を起こさせられるだれでもと同様。

ニュース

イメージ高い鉄のレベルは進行をなでるためにつながった

神経学で、神経学の 学術雑誌のアメリカ アカデミーは出版される、調査に従って打撃の患者の高い鉄のレベルより厳しく神経学的な徴候を促し、多分悩障害を高めるかもしれない。

血のferritinはボディで貯えられる鉄の総計の表示器である。 高い濃度では、それは意識の高められた弱さのような後打撃の神経学的な問題を、スピーチおよびオリエンテーションの難しさおよび減らされたレベル激化させるかもしれない。 高いferritinの集中の打撃の患者はまたなでること頭脳によって傷つけられる当然の大きい区域があるかもしれない。

より275 ng/mLが本当らしい80%進歩の打撃を持つこと」。をであるアントーニDavalos、ジローナ、スペインの病院のUniversitariの博士のジュゼップTrueta MD、神経学者および調査の鉛の研究者は、「ferritinのレベルを持つ患者高く言った 研究者は打撃の手始めの24時間以内の100人の打撃の患者から取られた血しょうおよび脳脊髄液のサンプルのferritinの集中を識別した。 なでること当然の進歩の神経学的な低下があった45人の患者の中央血しょうferritinの集中は391 ng/mLだった。 それは安定しているまたは改良されて残った人の中の148 ng/mLだった。 脳脊髄液の中央のferritinの集中はそれらのより少なく影響を受けたの4.8 ng/mLと比較された進歩の打撃の患者間の17.4 ng/mLだった。

従って高いボディ鉄の店は脳細胞、プロンプトの打撃の進行の遊離基の生産を高めるかもしれない。 鉄の店によりまたグルタミン酸塩の解放、打撃の結果として脳細胞で解放される頭脳の神経伝達物質を高めることによって進歩の打撃を引き起こすことができる。 グルタミン酸塩はそれから遊離基の脳細胞の死そして生産をもたらす生化学的な反作用を誘発する。 血の測定のグルタミン酸塩の集中は打撃の後に神経学的な悪化または損傷の強い予言者である。 高いferritinを持つ患者の約60%また持っていた高いグルタミン酸塩の集中を水平になる。

過去調査では、血のferritinの集中は打撃の最初の48時間の間に変動するために示されていなかった。 従って、調査の研究者は患者の高いferritinのレベルがなでるべきボディの反作用の結果ではなかったことを結論を出した。 進歩の打撃を持つ45人の患者はまた他の調査で悪化する打撃と関連付けられたより高い体温および血ブドウ糖の集中を示した。

健康な人々では、貯えられた鉄は年齢と増加する。 これはほとんどの人々が鉄を含んでいる補足をなぜ取ることを避けるべきであるか理由である。 鉄沈殿物と打撃の進行間の関係を与えられて、研究者は血のferritinのレベルが心循環器疾患または危険率の患者で規則的にテストされるべきであることを結論を出した。

停止してはいけない! カルシウム取入口は寿命の責任である

骨密度の減少により骨粗しょう症を引き起こし、年配でひびを危険性を高めることができカルシウム補足を必要にする。 後menopausal女性は1年ごとの約1%時で特に骨密度を失う。 しかし(米国農務省)米国の農務省に従って、カルシウム補足が停止する場合の元のレベルへの老化させたリターンの骨の損失。 最近の調査はカルシウム取入口が支えられた寿命の努力べきであることを示す。 老化のジーンMayer米国農務省の人間栄養物の研究所のBessドーソン ヒューズ先生は、房大学の、ボストン、実験生物学2000年の会議で彼女の調査結果を示した。

ドーソン ヒューズは2年の期間の間65の年齢にわたるほぼ300人の人そして女性のカルシウム取入口そして骨密度を検査した。 すべての関係者が3年間カルシウム補足を前取る間、高いパーセントはカルシウムを取ることを止めたことを研究者に告げた。 調査は1年間の停止後にカルシウム補足の、女性が前処理率で負けた骨密度を続けたことが分った。 人は、一方では、前処理のレベルにカルシウム補足の効果が2年間の余分カルシウムの取得の後に行くのを見るために骨の損失の彼らのレベル上がったわずかに時間がかかった。 ドーソン ヒューズに従って、補足が停止した後そこに「カルシウムから支えられた利点」のようではない。

青年は同じようなパターンを示した。 カルシウムは最高になるために骨密度を造っている青年のために特に重要である。 スティーブンAbrams、USDA/ARSの子供の栄養物の研究所の小児科の研究者先生は、ヒューストンで、テキサスの女の子および男の子の4つの試験からの見られた調査結果6から14年を老化させた。 試験はそれぞれ1から2年を持続させた。 再度終わる補足が未処理の子供で見られるレベルに遅れる骨密度で増加する時。

ドーソン ヒューズは「カルシウム条件を満たすことが」。寿命の責任べきであることを信じる カルシウム補足は仕事をもっと簡単にする。 カルシウムの他の源はコラード、カブ緑、大黄、ブロッコリー、緑葉カンランおよび他の緑色の野菜のような乳製品そして農産物を含んでいる。

イメージ


雑誌のフォーラムに戻る