生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年7月


ニュース

イメージ

テストステロンはタイム誌のカバーを作る

テストステロンの取り替え療法は多くの好ましい公表を最近受け取ってしまった。 ニューヨーク・タイムズは詳細な記事を年の初めに動かし、それからタイム誌は2000 4月24日、問題のカバーにテストステロンを置いた。

タイム誌の記事はかなり表面的であるが、生命の彼らの出現、エネルギー準位、リビドーおよび展望を改善するのにテストステロンの取り替え療法を使用している人とのインタビューを特色にする。

記事はそれが怒り、過敏症および侵略の印を表わす低いテストステロンのレベルを持つ人であるという事実のライトを取除いた。 低いテストステロンを持つこれらの人がテストステロンの取り替え療法で行ったときに、彼らの怒りは高められた福利の彼らの感覚減少し。

生命延長基礎は安全に若々しいテストステロンのレベルを元通りにするために段階的なプログラムを提供した1999年に広範な議定書を出版した。 この議定書は基礎のウェブサイト(www.lef.org)の、病気の防止および処置議定書の本 、または生命延長 雑誌の11月1999日問題のホーム ページから アクセスする ことができる。

テストステロンの取り替え療法がゆっくり主流の薬によって確認されている間、私達は真実を置く先生のようなジョナサン ライト代替医療の医者の開拓に引き出すためにラインに彼らの個人的な自由を老化する人が若々しいレベルかへこのホルモンを元通りにすることによってからいかにについての寄与できるか信用を与えなければならない。


発火は危険をなでるためにつながった

データが第25国際的な打撃の会議で示された2つの最近の調査はアメリカの打撃連合によって、後援したり、発火と打撃間のリンクを見つけた。 具体的には、調査は血の発火が炎症性プロセスがなでるために導くかもしれないことを提案する打撃の高められた危険につながることが分った。

C反応蛋白質は発火に応じて作り出される蛋白質である。 Framinghamの中心の調査からの調査結果に従って、打撃の危険はC反応蛋白質の高い血レベルを持つ個人で高められる。 北のマンハッタン打撃の調査は発火に独特である高く白い細胞計数が打撃のためのcarotid動脈の危険のプラクの厚化とつながることを示す。

調査結果はナタリアS. Rostのマサチューセッツのボストン大学の医学生によって示された。 Framinghamの中心の調査に加わった871人の女性および591人は調査が1980年から1982年に始まったときに心循環器疾患の証拠がなかった。 Rostおよび同僚は次の二十年の間に打撃の発生に血しょうC反応蛋白質のレベルを関連させた。

RostはC反応蛋白質のハイ レベルを持つ女性に低水準とそれらと比較される打撃の三重の危険があることを報告した。 人のために、C反応蛋白質のハイ レベルとのそれらに低水準とそれらと比較される二重の危険がある。

同じような調査結果はニューヨークのコロンビア長老派の医療センターの先生に従ってMitchell S. Elkind北のマンハッタン打撃の調査で、観察された。 調査の1,293の主題から、最も高い白血球(WBC)の計算とのそれらに最も低いのと比較された頸動脈のプラクの厚さのかなりより大きい厚化が数えるあった。 調査に加わった人の平均年齢は69年だった。

Framinghamの研究者は心血管の危険の減少のためのアスピリンの取得のような炎症抑制の処置が、C反応蛋白質のレベルに対する効果をもたらすかどうかに見ている。 コロンビア大学のラーフL. Saccoマンハッタン打撃の調査の調査官の先生は使用される何が炎症抑制の効果のためにC反応蛋白質を減らすのに使用されるアスピリンの線量が低いよりことに注意した。 しかし両方の調査の調査結果が「炎症性状態として打撃について私達の考えることを変えるかもしれない付け加えられる」、また打撃の処置か防止。


PSAのテストは優勢になる

イメージ

健康な人々の前立腺癌のためにスクリーンにテストするPSA (前立腺の特定の抗原)を囲む論争にもかかわらずアメリカの泌尿器科連合(AUA)の年次総会で示される癌の成長を早くつかまえる効果的な方法として新しい調査のトリオは検出方法のためのサポートを示している。

老化するチロルの65,000人のオーストリアの調査45から自由な一年生植物PSAテストが1998年に前立腺癌の死の42%の低下と信じることができることが75分られる。 5年のスクリーニングの調査は死の発生初期癌を見つける率の増加の減少、および可能性としては治療が可能な癌の数の上昇をだけでなく、もたらした。 同様に、ワシントン州大学の研究者はそれを年齢50で始まっている人のためのAUAの結合された年次デジタル直腸の検査およびPSAのテストの推薦に続くことがそれらのための同じようで肯定的な調査結果にもたらしたことを提案する。 12,000人上のの彼らの調査は50からテストされた人の1571および、続いて、それらの165の集中させた癌の成長の診断のためのバイオプシーを追うために導かれた十年の長さの期間に60を老化させた。 幸いにも、著者を、テスト提供した初期で有害性がある癌を見つける機会を言いなさい。 その間、国立癌研究所(NCI)が行なった第3調査は白人の16%および90年代にわたる黒人男性の11%によってそれらが年次PSAのテストに服従したときに、前立腺癌の発生の低下を明らかにした。 著者はそれを先につかまえれば癌他のタイプのために早くの選別して、それの治癒のよりよいチャンスがあると前立腺癌のためのPSAのテストが異なっていないことコメントする。

前立腺の病気が増加するようになるときアメリカの癌協会(ACS)およびアメリカの泌尿器科連合両方(AUA)は年齢50で始まる年次PSAのテストを推薦する。 アメリカの医学連合(AMA)のような他の組織はまだ前立腺癌に対する戦いの標準的な年次選別法であることを保証するには試験方法が十分に正確ではないと考える。 PSAは人の血で現在そして測定可能ので、ずっと1990年代初期以来の前立腺癌を検出するために広く利用されている前立腺によって作り出される蛋白質。 4.0 ng/mL上のPSAレベルのハイ レベルは考えられた境界線であり、10 ng/mLに前立腺癌の存在を示す高かもしれない考慮される。 新しい指針は2.6 ng/mLが更に評価されるべきであるとことを低いPSAのレベル提案する。

PSAのテストに反対するための理由の一部は不必要なバイオプシーをもたらした偽陽性の高い比率を含んでいた。 血のPSAのハイ レベルは実際に温和なprostatic増殖(BPH)、前立腺炎または単に年齢のような非癌性条件を含む癌以外原因が原因、である場合もある。 懐疑論のためのもう一つの原因はどんな成長の段階に腫瘍が何人かの人で正常かもしれないか予測できることの点では癌がある時でさえ、そして急速にある、PSAのレベルは進歩しているかいかに特定性および感受性の提案された欠乏であり。 PSAのテストへの反対のそれらが証拠ベースの結果の欠乏を指す間、新しい研究はまだ有効で、簡単なスクリーニング用具として血液検査に裏書きするためにある文献のボディに加える。 自由なPSAの現在のパーセントを測定する新しい血液検査の出現で、前立腺のバイオプシーは時々避けることができる。


少数のヒップのひび

ビタミンKは頻繁に隠れた栄養素がずっと緑、葉菜で見つけたように描写されている。 控えめにもかかわらず、それは確認され血凝固をプロセスおよび適切な調整するために必要骨の形成であるとして。 調査はこれまでに既にosteocalcin、造るために骨の固まりのためのフレームワークを形作る輪郭を描き、骨の鉱化を調整する蛋白質の総合を助力に於いてのビタミンKの重要な役割の。 さらに、他の研究はビタミンDと骨の損失をことを減らす共働作用して働くことで防ぐことができるまたはビタミンKが尿を通してカルシウムの損失の停止によって骨粗しょう症をことを示した。 今度は、臨床栄養物(2000年の アメリカ ジャーナルの最近 出版された調査; 71:1201-1208は)ビタミンKがまた骨の損失と関連している情報通のひびに対して重要な保護を自慢できることを示す。

イメージ

ビタミンKはカルシウムの損失の停止によって尿を通して、またはビタミンDと骨の損失を減らす共働作用して働くことで骨粗しょう症を防ぐことができる

房大学、ボストン、MAで行なわれた研究は7年の期間以上75の平均年齢と342人および558人の女性のグループに続いた。 ビタミンKの食餌療法取入口を文書による調査を使用して見て、調査はほとんどのビタミンK (254のmcg/日)を消費したそれらの主題が情報通のひびの最少数に苦しんだことが分った。 その間、最も低い消費(56のmcg/日)を持つ個人はその情報通のひびが二度あった。 高取入口のグループの3.1%だけが間、低取入口のグループのそれらの7.2%に情報通のひびの発生があったこと、すなわち明らかにされる調査しなさい図を。 実際、著者に、そこにだったまた最も低いビタミンKの消費を持つ2グループ間の情報通のひびの数で急な、安定した上昇を示したフォローアップの最後の30か月にわたる線形傾向注意しなさい。

著者はより詳しい調査がビタミンKが他の危険率および骨のミネラル密度(BMD)に関連して情報通のひびに対して保護役割をいかに担うか考慮するように要求されることを提案する。 それらはまた高い果物と野菜の取入口がすばらしいBMDおよびより少ない年齢関連の骨の損失と一般に関連付けられた、従って多分ビタミンKのより高い消費は野菜の多くを含んでいる全面的な健康食を表す単にかもしれないことに注意する。

雑誌のフォーラムに戻る