生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年1月

Q及びA


I3Cおよびマス
オレゴンの州立大学についての真実は調査する

QおよびA Q Iは魚でMedlineの調査をし、そのI3Cを、乳癌を防ぐために仮定されるcruciferous野菜 からのエキスもたらす癌を発見した。 コメントするでしようか。

あなたが参照する調査はオレゴンの州立大学のマスで行われた。 それらは非常に紛らわしい。 I3Cによく答えなかった魚はなんと以上の人か巨大な量ずっとを与えられたり、または、毎日取るためにできた。 これらの莫大な量で、I3Cはよりもむしろ妨害する、癌もたらす化学薬品によって既に発生してしまった癌促進したようである。 より低い線量で、I3Cは癌から魚を保護し、1つの場合で77%によってDNAの損傷を禁じた。 魚が癌もたらす化学薬品の前または最中でI3Cを与えられたら、I3Cは癌からそれらを保護した。 それは問題は起こったこと癌が進行中だった後莫大な量が与えられたときだけだった。 科学的な観点から、魚が人間と化学薬品を非常に別様に新陳代謝させるのでこれらの調査に人間へのほとんど関連性がある。

齧歯動物は人間のための大いによりよいモデルである。 齧歯動物の調査では、I3Cは癌を禁じ、DNAの損傷を停止する。 人間はまだ最もよいモデル。 人間の調査では、I3Cは力が劣る形態にそれを減らすエストロゲンを中和する。 人間の乳癌の細胞の調査では成長を停止するために、I3Cはtamoxifenよりよく働く。 そしてまさに上で記録される90の潜在的な癌の抑制剤のテストで、I3C。 魚の調査によって延期されてないはいけない! データの大半はI3Cが癌に対して強力な保護であることを言う。


Q Aの鎖の健康食品の店は臨床調査で使用される同じのタイプを販売する唯一の1時であることを主張する。 そのような要求へ真実があるか。

いいえ生命延長は臨床試験で 使用される 同じ同じを販売する。 私達はそれを販売する第1でありこの区域のリーダーであり続ける。 また、わかっていてことあなたが取得純度程に重要の同じの版であって下さい。 私達は他の複数のブランドを試金し、不十分であると見つけた。 生命延長の同じは薬品会社が置く純度の標準の内に一貫してある。


Q Iはヘルペスの角膜炎に苦しみ、再発の防止について尋ねることを望む。 私は圧力または太陽の露出からの私の表面の5つか6つのいわゆる「冷たい傷」の最初のブレイクアウトが、あった。 それがだったもの私が知らなかったので、私は私の目にそれを広げた。 私は再発がその後あった。 私は薬剤が余りにも多くの副作用をもたらすとまた再発を防ぐが、私の医者は言った抗生物質を聞いた。 もう一人の医者は助けることができる自然な補足またはビタミンがあったかどうか私が調べることを薬剤が「こと悪い状態」、あったが、提案されることを信じなかった。 私が自然な療法に試みを最初に与えるべきであるけれども彼。

ヘルペスの発生 再発を減らすのを助けるのにアミノ酸のLリジンが使用することができる。 通常、発生の間に、1日あたりのおよそ2000年のmgは推薦される; 維持のための日500 mg。 但し、この項目はすべての個人のために有効ではない。 維持の健康な免疫機能はヘルペスの伝染を寛解する保つことへキーである。


Q 微量栄養/草とより若々しい出現および改善された健康を達成するために催眠を結合するあらゆる調査の知っているか。

私達は行われるあらゆる調査に気づいていなくて催眠および草の微量栄養の組合せの効力を有効な反老化療法として示す。 私達は防止およびアジェバント処置の為に明らかにたくさんの調査で示されていたように、栄養素および微量栄養の使用を支持する。 私達は現時点で催眠の調査を追跡しない。