生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年1月


イメージ
 



 

 

Testeroneを自然に補充しなさい  
テストステロンを自然に 補充しなさい
エキスを好意的に変え、ホルモンの新陳代謝を改善する人の性欲を植えなさい

いろいろなメカニズムを通して、老化する人はほんのわずかのテストステロンおよび超過分エストロゲンを持っている二重効果に苦しむ。 結果はひどく性欲および性能を禁じることができるテストステロンのエストロゲンの不均衡である。 青年ではテストステロンの強力で細胞刺激的な効果を消すのに、エストロゲンの低い量は使用されている。 従ってエストロゲンのレベルが年齢と増加すると同時に、テストステロンの細胞の刺激は" off "の位置で締まるかもしれ老化の人で性的刺激および感覚を減らし、共通リビドーの共通の損失をそう引き起こす。

生殖/骨盤の地域はテストステロン誘発の性の刺激を解放するために超高感度であるテストステロンの受容器によって詰まる。 テストステロンの注入を使用して臨床調査は、クリーム状になるまたはパッチは老化のずっと人の効果を高める長続きがするリビドーを常に提供していない。

私達は今なぜ知っている。 老化の人は時々エストロゲンにテストステロンを変える。 エストロゲンはボディ中の細胞のテストステロンの受容器の場所によってそれからとられる。 エストロゲンの分子は細胞膜のテストステロンの受容器の場所を占めるとき健康なホルモン性信号を引き起こす、血清のテストステロンの機能を妨げる。 余分なエストロゲンが同じ細胞受容器の場所のために競えばどの位によって血清の自由なテストステロンが利用できるか重要ではない。

テストステロンは人および女性両方の性ドライブに責任があるホルモンである。 若々しい性の興味を、満足および性能促進するのテストステロンのために頭脳、神経、筋肉および生殖器の細胞の受容器の場所に自由に利用できなければならない。 人々が老化すると同時に頭脳の性の刺激的な中心を始めるために、テストステロンは血清グロブリンへ限界になり、細胞の受容器の場所に利用できないだったそれである必要。 自由なテストステロンを不活性する血の部品は性のホルモン結合のグロブリン(SHBG)と呼ばれる。 余分なエストロゲンはSHBGの生産を高め、テストステロン受容器の場所を妨げることができる。 これは余分なエストロゲンが老化の男性で性の飛び込みと干渉する2つのメカニズムがあることを意味する。

効果を高める長続きがするリビドーを作り出すテストステロンのために血流の「自由な」形態で保たれなければならない。 縛られたテストステロンは細胞膜のテストステロンの受容器によって取られない。 老化する人のために、自由なテストステロンを若者のレベルに後押ししている間SHBGおよびエストロゲンの余分なレベルを抑制することは好ましい。 今では高い処方薬を要求しないエストロゲン レベルをおよび老化の人のテストステロンの調整する自然な方法がある。

若々しいホルモンのバランスを元通りにすることは男性の性別の重大な影響があることができる。 繰り返すためには、ほとんどの促進する老化の人が必要があるホルモン調節目的は性の若返りエストロゲンおよびSHBGのレベル両方の減少によってつながれる「自由な」テストステロンの増加を含む。

テストステロンの図表  

余分なエストロゲンの抑制による増加するテストステロン

多くの人のために、自由なテストステロンを増加する安全な、簡単な方法は余分なエストロゲンに(芳香化されたことを)変えられることを防ぐことである。 たくさんのエストロゲンはテストステロンの受容器の場所に不良部分によって人の性生活の破壊をし、SHBGの生産過剰に貢献するかもしれない。 SHBGはそれを頭脳、神経および生殖器の受容器の場所に利用できなくさせる方法で自由なテストステロンを結合する。

エストロゲンの積み過ぎは老化の人の深刻な問題である。 1つのレポートは一般の54歳の人のエストロゲンのレベルが一般の59歳の女性のそれらより高いことを示した。 エストロゲンは人のための必要なホルモンであるが、あまりにより健康上の問題の広い範囲を引き起こす。 エストロゲンの高い血清のレベルはまたそれによりテストステロンの自然な生産を遅らせる十分なテストステロンが、作り出されていると考えることに頭脳をトリックする。

人の余分なエストロゲンの多数の有害な効果に基づいて、積極的な処置は安全な範囲にエストロゲンを減らすためにとられるべきである。 エストロゲンのレベルがestradiolのためにテストされる彼らの血があるには余りにも高いかどうか定めるためには、人は励まされる。 血液検査の結果ショーのestradiolのレベルが30 pg/mLより大きければ、人は根本的な生活様式の変更、および/またはaromatase禁止の栄養素か薬剤を取ることを考慮するべきである。

栄養のaromataseの抑制剤の効果の数例は最初の血清のestradiolのレベルが14.4適度に低く高い54そして自由なテストステロンだったパイロット・スタディの主題の1つで見ることができる。 栄養のaromataseの抑制剤の30日だけ後で、estradiolのレベルは36 (54から)および22.5に増加した自由なテストステロンのレベルに下った(14.4から)。 生命延長基礎によって資金を供給されたこのパイロット・スタディでは10人の被験者の9つは余分なエストロゲンのレベルで複数の草のエキスが結合されたときに重要な低下を示した。 自由なテストステロンをか後押ししている間何人かの人が余分なエストロゲンをいかに減らすかこれらの種類の結果は示す。

ハーブおよび男性の性の潜在的能力

増加または減少テストステロンのレベルに示されていた草のエキスがある。

逆に、だれがテストステロンの欠損の早期の老化の効果に苦しむか自由なテストステロンを増加し、余分なエストロゲンを年齢40にわたる健康な人のために非常に望ましい抑制するリビドーの損失を含むハーブ。 私達はこれらの草のエキスのいくつかをここで論議する。

Chrysin

chrysinと呼ばれるbioflavonoidは自然なaromatase抑制剤として潜在性を示した。 Chrysinはさまざまな植物から得ることができる。 ボディー ビルダーはテストステロンの後押しの補足としてそれを使用した。 chrysinの問題は血流に悪い吸収のためにそれ、それ作り出さなかったユーザーが期待する効果を高めるテストステロンをそうなったものである。 生化学的なPharmacology (1999年、Vol.58)で出版された調査では推論するコショウのエキス(piperine)の付加はかなりchrysinの生物学的利用能を高めることができることをchrysinの吸収の減損の特定のメカニズムは識別された。 パイロット・スタディはchrysinが血清のエストロゲン(estradiol)のpiperine、減少および30日の総および自由なテストステロンの結果の増加と結合されるときことが分った。 Aromatase禁止の薬剤がエストロゲン依存した乳癌と女性を扱うのに使用されている。 この療法のための理論的根拠はエストロゲンが芳香族化として知られているプロセスによって脂肪細胞によって作り出されることである。 老化の人に頻繁に余分なaromataseの酵素活性があり、結果は彼らのテストステロンのあまりがエストロゲンに「芳香化される」ことである。 ステロイドの生化学的な分子生物学(1993年のジャーナルで出版される調査; Vol. 46のNo3)、chrysinおよび10の他のフラボノイドはaromatase禁止の薬剤(aminoglutethimide)と比較された。 調査は人間の脂肪細胞文化のこれらの自然なフラボノイドのaromatase禁止の効果を(genistein、ルチン、茶カテキン、等のような)テストした。 Chrysinは最も有効なaromatase抑制剤で、aromatase禁止の薬剤に潜在的能力および有効性で類似するために示されていた。 調査を行なっている科学者はある特定のフラボノイドのaromatase禁止の効果が植物ベースの食事療法の癌の予防の効果に貢献するかもしれないことを示すことによって結論を出した。 2つの最近の調査はchrysinがヒト細胞のaromataseを禁じる特定のメカニズムを識別した。 これらの調査はchrysinがaromatase禁止の特性が(アーチPharm Res 6月1999日あるために知られている他のフラボノイドおよびphytoエストロゲンよりaromataseの酵素の有効な抑制剤であることを示す; 22(3): 309-12; JのステロイドBiochem Biol Molの4月1997日; 61 (3-6): 107-15)。 これらの目的は乳癌の発生を減らすためにどの果物と野菜がpostmenopausal女性の食事療法に含まれているべきであるか確認することだった調査する。 エストロゲンのmutagenic形態の余分なレベルは乳癌のより大きい危険につながり、科学者は自然にこれらの危ないエストロゲンのレベルを減らす食餌療法の平均を調査している。 chrysinのようなフラボノイドはかなりの興味aromatase禁止の特性によって余分なエストロゲンを抑制するのでである。 効果を防ぐこの癌が女性のために最も重要な間、テストステロンの低水準を若々しい状態に後押ししている間老化の人の禁止のaromataseに自然に余分なエストロゲンを抑制するための途方もない潜在性がある。

chrysinが特許可能な薬剤ではないので、多くの人間の研究を効果を文書化することを見ると期待してはいけない。 aromataseを(Arimidexのような)禁じる、およびこれらの薬剤を取り替える自然な方法を見つけることに多くの経済的利益がないFDAによって承認される薬剤の多くがある。 規定のaromatase禁止の薬剤が副作用比較的自由にである間、彼らの性のホルモン レベルの制御を得るように努めている老化する人は頻繁に好み医者を反老化療法としてFDAによってまだ承認されていない薬剤を規定するように確信させることを試みるよりもむしろ自然な源を、(Arimidexのような)。 (Arimidexはエストロゲン依存した乳癌患者にボディのテストステロンそして他のホルモンがエストロゲンに変えることを防ぐために規定され、すなわち、aromatasing。)

薬剤の代りにテストステロンを後押しするのに植物のエキスの使用への利点は植物のエキスに補助的な医療補助があることである。 Chrysinは、例えば、ボディのビタミンそっくりの効果を所有している有効な酸化防止剤である。 酵素の5 lipoxygenaseおよびcyclooxygenaseの発火細道の阻止によって炎症抑制の効果を、多分引き起こすことを示した。 老化は親炎症性プロセスとしてますます見られて、慢性の発火を禁じる代理店はアテローム性動脈硬化、老衰および大動脈弁の狭窄症多様な病気から保護するかもしれない。 Chrysinは癌のある形態を防ぐかもしれないphytoエキスとして調査される多くのフラボノイドの1つである。 chrysinがaromataseの酵素の禁止によって老化の男性の自由なテストステロンを後押しできればこれは薬療法テストステロンの取り替えおよびaromatase禁止のの二重反老化の利点を提供できる安価の自然な補足を人に与える。

前に論議された、後押しの自由なテストステロンのレベルとして性のドライブ、性能および満足に対する劇的な効果をもたらすことができる。 パイロット・スタディはchrysinがpiperineとのそれを取る人の大半の総および自由なテストステロンのレベルを増加することを示す。

Chrysinにリビドー高める潜在性に加えることができる1つの他の特性がある。 人間の性の不満の主要な原因は仕事関連の圧力および心配である。 何人かの人が持っているもう一つの問題はに待たれるときそれらは建設を達成できることを防ぐ「性の性能の心配」である。 薬理学BiochemistryおよびBehavior (1994年のVol. 47)で、マウス出版された調査ではジアゼパム(バリウム)と、chrysin注入されたまたはこれらの物質が心配およびパフォーマンス・レベルで持っていた効果を評価する偽薬。 Chrysinはジアゼパムと、sedationおよび筋肉弛緩なしで対等な農産物の反心配の効果に示されていた。 すなわち、chrysinは頭脳の、自発運動量の減損無しの穏かな効果を作り出した。 chrysinの行為のメカニズムはジアゼパムと比較され、ジアゼパムとは違って、chrysinがベンゾジアゼピンの薬剤ことをと関連付けられる共通の副作用を引き起こさないで心配を減らすことができることが示されていた。

ベンゾジアゼピンの薬剤との共通の問題は記憶減損である。 薬理学の生物化学および行動(Vol. 58、4)のchrysinは出版される調査ラットの有効な反心配の効果を表示しなかったが、認識性能の1997問題でと干渉しなかった。 この調査では神経学的な機能を禁じるために、ジアゼパムは示されていたがchrysin (および他の反心配のフラボノイド)訓練またはテスト会議の性能に対する効果をもたらさなかった。 この調査をchrysinが選択式に頭脳の心配を禁じるが、ジアゼパムとは違って引き起こさないことを、認識減損を指摘した行なっている科学者は。

従ってChrysinは老化の男性の効果の下記によってリビドー高めを提供するかもしれない:

-増加する自由なテストステロン、-減少した余分なエストロゲン、-安全な反心配の効果を作り出すこと。

Chrysinは知らない商業補足の会社によってボディー ビルダーに彼らのプロダクトは好意的に人のテストステロンおよびエストロゲンのレベルを調整しているかどうか販売されている。 生命延長基礎は、一方では、老化の人に対するchrysinの効果を(吸収を促進するためにpiperineと結合される)評価するために細心の調査を行なった。 これらの調査はある印象的な予備データを作り出し、進行中の研究は生命延長雑誌の未来の問題で報告される。

イラクサ

テストステロンの約90%は睾丸、副腎による残りによって作り出される。 テストステロンは脳細胞の媚薬のホルモンと骨および骨格筋の開発の同化ホルモンとして作用する。 しかし血清グロブリンへ限界になるテストステロンは細胞の受容器に利用できない土地を選定し、リビドーの効果の引き起こさない。 従って頭脳の性的刺激を発火させるために「自由なテストステロン」のレベルを増加することは好ましい。

既に論議される、自由なテストステロンの管理水準が性のホルモン結合のグロブリン(SHBG)と呼ばれるホルモン。 テストステロンはSHBGに結合するとき、「好ましい「自由なテストステロン」に対してテストステロンを」、区切なさいように生物活動を失い、知られるようになる。 人が年45を過ぎて老化すると同時に、40%劇的によるSHBGの結合の能力アップはほとんどリビドーの年齢準の損失と平均および一致する。

ある調査は前進年齢の性の興味の低下が作り出されるテストステロンの量が原因常にではないしかしむしろことを示すSHBGによってグロブリンにテストステロンの増加された結合に。 これはテストステロンの取り替え療法にある何人かの老人が長期媚薬の効果をなぜ報告しないか説明する。 すなわち、人工的に管理されたテストステロンはSHBGによって限界になり、普通リビドー高める効果を作り出す細胞受容器の場所にbioavailableではない。

レバーによりまたテストステロンはグロブリンに結合することが注意されるべきである。 テストステロンのこのレバー誘発の結合は鎮静剤、抗高血圧薬、鎮静剤および酒精飲料の使用によって悪化する。 薬剤およびアルコールの過剰使用は薬剤および植物ベースの媚薬を消費するとき何人かの人がリビドー高める効果をなぜ経験しないか説明できる。 欲求はいかに」(性質、381/6584、1996年)死ぬ興味深い検討、「、頻繁に規定された薬剤により、ベータ遮断薬および抗鬱剤のような、性機能障害をいかに引き起こすか論議する。 すべての種類の処方薬はリビドーの阻止につながった。

論理的に、老人のリビドーを増加する1つの方法はSHBGのテストステロン結合の効果を妨げることである。 これは自由な、性的に活動化の形態により多くのテストステロンを残す。

イラクサの根からの非常に集中されたエキスは自由なテストステロンの増加するレベルに独特なメカニズムを提供する。 従って最近のヨーロッパの研究はテストステロンの代わりにSHBGに結合するSHBGの自由なテストステロンの結合を減らすイラクサの根の要素を、識別した。 1つの調査の州の著者が、イラクサの根のこれらの要素「自由の血レベル、すなわち能動態、SHBGの結合場所からのそれらの」転置によるステロイド ホルモンに影響を及ぼすかもしれないように。

前立腺はまたイラクサの根から寄与する。 ドイツでは、イラクサの根は温和なprostatic増殖(前立腺の拡大)のために処置として長年に渡って使用された。 テストステロンによって呼ばれるdihydrotestosterone (DHT)の代謝物質は拡大をもたらす前立腺の成長を刺激する。 イラクサの根は前立腺の膜の付属品の場所にDHTの結合を禁じる。

イラクサのエキスはまたテストステロンがDHTに変える5アルファの還元酵素のような酵素を禁じる。 それは頭部の上で温和な前立腺の拡大、余分な顔の毛および毛損失を引き起こすために知られているテストステロンのDHTの代謝物質である。

Muiraのpuama

フランスの科学者は2つの人間の臨床調査で効果を高めるリビドーを示した草のエキスを識別した。 MuiraのpuamaはPtychopetalumのolacoidesの植物の茎そして根から来、リューマチおよび筋肉まひ状態のための媚薬、トニックおよび治療として南アメリカのアマゾン地域で広く利用されている。

Muiraのpuamaは2の主題出版したずっと主題の10冊の本の先生がジェイクスWaynberg、著名な医学のsexologistおよび著者行なう臨床調査をである。 Waynbergの監督の下でパリの性科学の協会で行なわれた最初の調査は自然な薬のアメリカ ジャーナルの11月1994日問題で報告された。 調査の人口は性欲の欠乏の262合の人の不平を言うか、または無力から建設を達成するか、または維持するために成っていた。 2週後で、勃起不全の患者の52%有利ように処置を評価したが、リビドーの損失の患者の62%評価し動的効果をもたらすとして処置を。 記事は示すyohimbineとmuiraのpuamaを好意的に比較することを続く「Muira puama副作用なしでyohimbineよりよい結果を」は提供するかもしれない。

「男性の性のAsthenia資格を与えられた二番目のWaynberg's先生の調査はastheniaと、疲労によって関連付けられた、性の難しさ強さの損失特徴付けられた、不足の状態またはdebility、テストステロンの不足のすべての徴候に」と焦点を合わせた。 調査の人口はリビドーの無力か損失の不平を言った、または両方成っていた18年齢にわたる100人から。 合計94人は調査を完了し、評価された。 カップルの66%のための肉体関係のかなり高められた頻度に導かれるMuiraのpuamaの処置。 欲求の損失の不平を言った46人の、70%はリビドーの増大を報告した。 肉体関係の間の建設の安定性は患者の55%で元通りになり、人の66%は疲労の減少を報告した。 他の有利な効果は睡眠および朝の建設に改善を含めた。

muiraのpuamaの処置は最少の心身相関介入を用いる場合ではるかに有効だった。 性格心身症の顕著な印なしで共通の性のastheniaと診断された26人の処置は場合の100%年、場合の85%のリビドーの欠乏にastheniaと場合の90%のcoital建設の無力のために有効だった。

後者の見つけることはことを疲労の状態のmuiraのpuamaの広い強壮性の行為確認し、関連の性機能障害に重点を置く。 muiraのpuamaは人工的な興奮剤ではないので、システムを長い期間強化する。 何人かの人は2週以内の高められた活力を、が数週にわたる完全な効果の造り報告する。

Waynberg先生は彼の毒物学が調査し、観察が一般的な健康の人によってよく容認されるmuiraのpuamaの毒性の不在の科学文献の結論を確証することに注意する。

muiraのpuamaの最も早い科学的な調査の1つはもう一人のフランスの医者Rebourgeon先生によって、行なわれた。 彼の研究は「胃腸および循環asthenia、また無力」で有効であると植物が見つけた。 医学のherbalismの最も尊重された科学的な権限の3つはmuiraのpuamaを推薦する。 最近出版された本では、ジェームス公爵、Ph.D。、医学の植物の実験室米国の農務省の責任者、およびミハエル マレー、M.D.は、勃起不全のためのmuiraのpuamaかリビドーの欠乏を推薦する。 さらに、ダニエルMowrey、Ph.D。、状態彼のの次本の草の強壮性療法(p. 358):

数少い本当の媚薬として信頼できる評判があるようである植物は。 . . . いんちき薬の治療は富み、混乱、不正直および盛り上げられた偽薬のrazzmatazzは日を運ぶ。 この混乱から、ほとんどのアメリカ人に未知の1つの植物は、事実上競争の上に上がるようである。 植物はmuiraのpuamaと電話される。 そしてしかし植物についてよく科学的に知られていない、すべての徴候はここに男性の生殖システムの健康への重要な、重要な貢献を作るための潜在性の材料である1つを信じるために導く。

、すなわち増加したり自由なテストステロンをおよび/または抑制する余分なエストロゲンをことをこのハーブが好意的にホルモンのバランスを変えることによって老化の人のこれらの肯定的な変更を引き起こすことはmuiraのpuamaの効果を高めるリビドーおよびエネルギーを文書化する臨床レポートに基づいて可能である。

それをすべてまとめる

高められた性の楽しみは偉大な人にとっての優先する重要性を多くの人々、ますますために私達老化するもつ。 たくさんの出版されたデータはテストステロンが若々しいレベルに元通りになるとき行われるリビドー高める効果を文書化する。

テストステロンは性ホルモンより大いに多くである。 頭脳および中心のボディ中の細胞にテストステロンの受容器の場所が、とりわけある。 維持筋肉固まりおよび骨の形成のための若々しい蛋白質の統合はテストステロンを要求する。 テストステロンはボディ中の酸素通風管を改善し、制御血糖を助け、コレステロールを調整し、そして免疫の監視を維持する。 ボディは若々しい心臓出力および神経学的な機能を維持するようにテストステロンが要求する。

不況に苦しんでいる人に頻繁にテストステロンの低レベルがより制御する主題はある。 何人かの人のために、自由なテストステロンのレベルを上げることは有効な抗鬱剤療法であると証明できる。 不況に苦しんでいる人で測定される自由なテストステロンのレベルのための科学的な基礎があり、自由なテストステロンのレベルが常態または常態の下に低くあれば取り替え療法は始まった。

最も誤解されたホルモンの1つはテストステロンである。 ボディー ビルダーは若いボディに多量の合成物質のテストステロンの薬剤を入れることによってテストステロンの評判を変色させた。 総合的なテストステロンの乱用は有害な影響を作り出すことができるがこれは年齢40にわたる人がきちんと若々しいレベルへ彼の自然なテストステロンを元通りにすることによって楽しむことができる利点とは全く関係ない。

老化の人のホルモン調節療法の多くの医療補助は非常に尊敬された医者が書くこれらの本の主題である: 活力および潜在的能力、ジョナサンV.ライト著、M.D.および車線Lenard、Ph.DおよびEugene Shippenが共著するテストステロン シンドロームM.D。 これらの本は行われる性の高める効果に関して多くの事歴と共に自由なテストステロンが正常な「中年の」レベルを越えて増加するとき細心の分子細部を、提供する。

この出版物の11月1999日問題では、詳細な記事はFDAによって承認された薬剤を使用して自由なテストステロンを増加する複雑な薬剤方法を記述した。 しかし多くのメンバーはテストステロンを増加する自然な方法について余分なエストロゲンを抑制している間尋ねた。

生命延長基礎の進行中の研究は複数で識別される自由なテストステロンを増加し、ほとんどの人の余分なエストロゲンを抑制するようである植物のエキス起因した。 さらに、これらの植物のエキスの1つの臨床調査は偽薬制御の試験の人の大半の重要なリビドー高める効果を示す。

年齢40にわたる人に今テストステロン パッチの使用の選択があるか、または彼らの医者によって規定されるその必要性をクリーム状にするまたは有望な結果を示した植物のエキスの新しい組合せを試みてもいい。

出版された調査からの結果は早期の老化に対して保護に於いての重大な役割をそのテストステロンの演劇立証し続ける。 生命延長雑誌の読者は未来の問題で作戦を高める科学的に認可されたテストステロンで知識のある保たれる。

余分なエストロゲンおよび年齢準の免疫の機能障害

それは老化することが若々しい免疫の同時性を維持するために必要のT細胞起因すること有名である、およびthymicホルモンの分泌の減少と共に胸腺の収縮で。

ジャーナルImmnological Reviews (1997年、Vol. 160)で出版された調査は余分なエストロゲンが年齢誘発のthymic複雑複雑(収縮)および年齢準の免疫の機能障害に責任がある第一次性ホルモンであるかもしれないことを示した。 この広範な調査の名前は「Thymic老化であり、T細胞の再生」、およびホルモン調節がthymic再生を達成する1つの方法だったことを提案した。

老人の薬の1998年の教科書の原則そして練習からの章は「免除資格を与え、老化」はまたthymic複雑複雑で役割の性のステロイド ホルモンの演劇を論議した。

これらの調査はそれを若々しい性ホルモンのプロフィールを元通りにすることが憶病な胸腺ことをによって引き起こされた免疫の減損に対して保護するのに助けることができることを提案する。

ホルモンの調整の栄養素: 調査

生命延長雑誌の11月1999日問題に記述されているように、あなたの医者によって規定することができる薬剤を抑制するテストステロンの薬剤およびエストロゲンがある。 しかし栄養素が同じ目的を達成できれば理解できるほど何人かの人々薬剤を使用したいと思わない。

男性のホルモン レベルを調整するために意味されるさまざまな栄養素の安全そして効力を確認するためには生命延長基礎はテストステロン、エストロゲン、SHBG、ずっと等の血レベルに対する特定の補足の効果を査定するように臨床調査を後援している。

正操縦士の調査からの結果は10人からの9つがベースラインと比較された30日だけ後に血清のestradiol (エストロゲン)のレベルの重要な減少を経験したことを示した。 この短い調査では、総テストステロンは10人から7つ、調査された10人の4だけで増加した自由なテストステロンで増加した。 他の血変数は統計的に変わらなかった。

栄養素の別の組合せを組み込む広範囲の調査はベースラインと比較された自由なテストステロンの増加を経験している8人から8つで望ましくないSHBGのレベルが8人から7つで低下する間、起因した。 エストロゲンおよび他の血変数はこの調査でかなり変わらなかった。

第3調査は栄養素の別の組合せをまだ評価するために引き受けられた。 それは30日後にそれを、17人からの12経験した総テストステロンの増加を明らかにし、17からの11はベースラインと比較された自由なテストステロンの増加を示した。 再度、他の血変数はかなり変わらなかった。

臨床試験は進行中で、早い2000年に続くと期待される。

医学のテスト

年齢40にわたる平均男性のために、増加する自由なテストステロンは青年の性の火を元通りにすることができる。 健康な21歳のそれらへ自由なテストステロンのレベルを増加することへだけの下げ気味の前立腺癌を持つ人で持つかもしれない潜在的な効果である。 テストステロン強化プログラムで既存の前立腺癌を除外するために取られるベースライン血PSAテストおよびデジタル直腸の検査を積み込む前。 テストステロンを使用することは、PSAの血液検査隠された前立腺癌を除外する最初の5か月のための30-45日毎に取られるべきである薬剤を入れる時。

栄養の補足を後押しするより遅い代理のテストステロンを使用するときPSAのテストは最初の8か月の60-90日毎にに減らすことができる。 それ増加が自由なテストステロン健康な人の癌の危険性を高めない、既存の前立腺癌とのそれらがテストステロンの後押しの薬剤および補足を避けるべきであることを、出版された文献の優位示す覚えなさい。


雑誌のフォーラムに戻る