生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年1月
イメージ



特色にされる:

  • ビタミンEおよび前立腺癌
  • ビタミンの取入口および前立腺癌
  • 前立腺癌に於いての酸化防止剤の役割
  • DHEAおよび物理的な動き
  • 心循環器疾患の防止
  • アスピリンの治療上の効果
  • テストステロンの刺激的な効果
  • 高められた性機能

ビタミンEおよび前立腺癌
ビタミンE、アルファおよびガンマ トコフェロールおよび前立腺癌
セミナーの泌尿器科の腫瘍学5月1999日; 17(2): 85-90

ビタミンEは 薬の最も研究された混合物の1つである。 ビタミンEは実際に可能性としては8つの混合物の一般的な名前である、そう補足は複数の形態を含むことができ、食事療法のビタミンEはまたカウンターに見つけられる形態と異なる。 50に総合的な(アルファ トコフェロールの)ビタミンEの日刊新聞のmgを 取っている人 のこの病気からのより低い疾病率そして死亡率を示したフィンランドの調査のために前立腺癌競技場のこの補足に強い興味主にずっとそうなったものである。 さらに、心臓病を取扱う実験室および臨床調査からの観察はガンマ トコフェロールがまた防止の重要な役割を担うかもしれないことが分った; 従って人間の前立腺癌の細胞ラインの成長を制御する、私達は(総合的なビタミンE対)この混合物の機能をテストすることにした。 ガンマ トコフェロールは生体外の細胞の阻止の点ではアルファ トコフェロールより優秀であると見つけられた。 ビタミンE (および他)の形態は両方とも完全に患者に最も有効なchemoprevention情報を提供するために将来評価されるべきである。


ビタミンの取入口および前立腺癌
ビタミンおよびミネラル補足の使用は前立腺癌の減らされた危険と関連付けられる
蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev 10月1999日; 8(10): 887-92

この人口ベースはのKing郡、ワシントン州の場合制御の調査ピュージェット サウンドの監視から識別された697の事件の前立腺癌の場合(年齢40-64)の補足の使用を検査した疫学および最終結果は任意ディジットの電話をかける見本抽出を使用して同じ全面的な人口から募集される登録および666の制御をプログラムする。 関係者は3つのタイプのmultivitaminsの彼らの使用頻度を報告し、診断の前に2年にわたるビタミンA、CおよびE、カルシウム、鉄および亜鉛の補足を選抜する。 年齢、競争、教育、前立腺癌、体格指数、前立腺特定の抗原の数の家系歴のために制御される記号論理学の回帰分析は前の5年および食餌療法の脂肪質取入口でテストする。 次の通り対照のための調節された確率の比率(95%の信頼限界)の>または=7/weekは対使用なかった: multivitamins、0.96 (0.73、1.26); ビタミンA、0.59 (0.32、1.06); ビタミンC、0.77 (0.57、1.04); ビタミンE、0.76 (0.54、1.08); カルシウム1.04 (0.61、1.78); 鉄、0.50 (0.13、1.76); そして亜鉛、0.55 (0.30、1.00)。 確率の比率は少し箱が診断の病気の段階または病理組織学的な等級によって成層化したときに異なった。 亜鉛のための重要な用量反応の効果があり、発注された用量反応はビタミンCおよびE.のために向く。 全体的にみて、これらの結果はmultivitaminの使用が前立腺癌の危険と関連付けられない、亜鉛、ビタミンCおよびビタミンEの個々の補足の使用は保護であるかもしれないことを提案する。 それ以上の調査は必要これらのサプリメントの直接役割、また前立腺癌の危険の補足の使用と、関連付けられる生活様式の変数の役割を調査するためにである。


前立腺癌に於いての酸化防止剤の役割
食事療法、男性ホルモン、酸化圧力および前立腺癌の感受性
蟹座の転移のRev. 1998-99年; 17(4): 325-30

前立腺癌は西欧諸国の人間の癌の死の共通の人間の敵意そして第2一流の原因である。 説明的で疫学的なデータは食事療法のような男性ホルモンや環境の露出が、(特に、食餌療法脂肪)、prostatic発癌の重要な役割を担うことを提案する。 食事療法と前立腺癌間の1つのもっともらしいリンクは酸化圧力である。 このプロセスは親発癌性プロセスの多くを誘発できる反応酸素種の生成を示す。 最近の調査はまた男性ホルモンが人間の前立腺癌の細胞ライン内の酸化圧力を高めることを示す。 私達の施設からの最近のデータは酸化圧力が病気なしで人より前立腺癌の患者の温和な上皮の内で高いことを示す。 これは私達の仮説を確認し、リコピン、ビタミンEおよびセレニウムのような酸化防止剤が病気の進行をことを防ぐことの重要な役割を担うかもしれないことを提案する。 これらの代理店のいくつかの大規模な臨床試験は設計段階に現在ある。


DHEAおよび物理的な動き
DHEAおよびmelatoninの補足による古いC57BL/6マウスの物理的な動きの修正
Proc Soc Exp. Biol Med 7月1999日; 221(3): 193-7

減らされた身体活動、またより少ないdehydroepiandrosterone (DHEA)および melatonin (MLT)の 生産 の老齢期の結果 として、低いホルモン レベルは不活動の部品であるかもしれない。 従って、私達は動きに対するDHEAやMLTの補足の効果および若く、古い女性C57黒のマウスの休息を調査した。 私達の結果は古い女性C56BL/6マウスがかなり身体活動を減らしたことをはじめて示した。 静止した場合(ステレオの時間)より低かった歩行の時間、間隔が移動した、およびボディ動き一方平均速度および積分時間は若いマウスでよりかなり高かった。 DHEAの補足はかなり減少した歩行の時間および間隔は移動したが、古いマウスのステレオの時間を増加した。 古いマウスのMLTの補足は平均速度、積分時間を減らし、ステレオの時間は未処理、古いマウスと比較した。 生産が老化で減るDHEAまたはMLTの補足は古いマウスの身体活動のレベルを元通りにした。 MLTはまた歩行の時間を増加し、若いマウスのボディ動きを減らしている間間隔は移動した。


心循環器疾患の防止
発火、アテローム性動脈硬化および心血管の危険疫学的な眺め
血のCoagulの線維素溶解2月1999日; 10のSuppl 1: S9-12

発火がatherogenesisおよび激しい血栓症の基本的な役割を担うことが実験室および実験的証拠に基づいて、仮定された。 疫学的な見通しから、この仮説の確証はことを炎症性変数(フィブリノゲン、Cの反応蛋白質および血清のアミロイドA)の細胞付着の分子のような[細胞間付着の分子(ICAM)のような- 1]示し、cytokinesが(interleukin6のような)未来の冠動脈閉塞症の危険がある状態に患者間のベースラインで上がるすべてである一連の将来のグループ調査によって提供された。 なお、ランダム化された臨床試験から得るデータはアスピリンおよびヒドロキシmethylglutaryl (HMG) CoAの還元酵素の阻止のような共通の予防の代理店の効力が炎症性システムとの相互作用から一部には得るかもしれないことを提案する。 一緒に取られて、これらのデータは慢性の低級な発火を目標とする療法が心循環器疾患の防止に新しい未来の作戦を提供するかもしれないという 可能性を 上げる。


アスピリンの治療上の効果
アスピリンによる慢性の安定したアンギーナそして減少を用いる患者の増加されたproinflammatory cytokines
循環8月1999日24日; 100(8): 793-8

背景: 傷つけられた内皮によって解放されるProinflammatoryのcytokinesは循環の白血球が付いているendothelial細胞の相互作用を促進し、アテローム性動脈硬化の開発そして進行にこうして貢献する かもしれない。 私達はかどうか慢性の安定したアンギーナの患者のアスピリンの処置によって影響を及ぼされるかどうかcytokinesおよびC反応蛋白質(CRP)が心筋の虚血または病気にかかった容器を表している、そして調査した。 方法および結果: 血しょう大食細胞のコロニー要因刺激(MCSF)、IL 1b、IL-6およびCRPは48時間のHolterの監視の後で60人の安定した患者で測定され、24で制御に一致させた。 すべての患者は病気および肯定的な練習ECGsのangiographicドキュメンテーションがあった。 Holterの監視(n=40)の虚血の患者は6週間のアスピリンか偽薬を、倍のブラインド ランダム化されて、クロスオーバーの試験受け取った。 血の見本抽出は毎処置段階(3週)の終わりに繰り返された。 制御と比較されて、患者は二度多くにより中央MCSF (372 pg/mL対800)、IL-6 (1.7 pg/mL対3.9)、およびCRP (0.23 mg/L対1.25)のレベル(すべての比較のためのP<0.01)があった。 MCSFは練習(P<0.01)の間に病気にかかった容器(P<0.05)の数とHolterの監視(P<0.01)の虚血、低いischemic境界、およびIL 1bとともに関連していた。 MCSF、IL-6およびCRPはすべてアスピリンの処置(P<0.05)の6週後に減った。 結論: これらの調査結果はcytokinesが安定したアンギーナの患者の病気の虚血そして解剖範囲両方と関連付けられることを提案する。 アスピリンによる減らされたcytokineそしてCRPのレベルはアスピリンの治療上の行為の一部分を説明するかもしれない。


テストステロンの刺激的な効果
hypogonadal人の性の行動に対する男性ホルモンの効果
J Clin Endocrinol Metab 6月1979日; 48(6): 955-8

hypogonadal人の処置の男性ホルモンの広まった使用にもかかわらず、hypogonadal患者へ性の行動を元通りにすることの効力は適切に管理された行動の調査に確立されなかった。 したがって、テストステロンのenanthateか車は4週毎に二重盲目の実験の一度注入された。 主題は二次生殖腺機能減退症との生殖腺失敗との32-65 yr老化した、2、そして4 6人の成人男子だった。 テストステロンの2つの線量は主題の内でそして間で無作為に変えられて処置がおよそ5か月間(100および400 mg)、管理された。 性的行為および経験の細部は毎日の丸太の使用に先行していた。 建設の頻度は、夜の建設およびcoitusを含んで、密接に循環のテストステロンのレベルの変動に続いたかどれが男性ホルモンの処置への重要な線量関連の応答を示した。 気分のプロフィールによって示されるようにテスト、行動応答を気分の変更によって仲介されなかったようではない示す。 私達は性的行為に対するテストステロンの刺激的な効果が偽薬の効果が急速、信頼できる、原因であることを結論を出した。 正常なレベル内の血しょうテストステロンそして十分な性機能を維持するためには、テストステロンのenanthateの大量服用は3週毎によりより少ない頻度を一度与えられないべきである。


高められた性機能
テストステロンの不十分な人の性機能の改善は浸透によって高められたテストステロンtransdermalシステムと1年間扱った
J Urol 5月1996日; 155(5): 1604-8

目的: 生殖腺機能減退症の人の性機能に対するnonscrotal浸透によって高められたテストステロンtransdermalシステムによる男性ホルモンの取り替えの効果は査定された。 材料および方法: テストステロンの補足の開いたラベル、多中心の調査および回収はワットおよびデイヴィッドソンのアンケートおよびRigiScanの監視によって査定された性機能と行なわれた。 結果: テストステロンtransdermalシステムの使用(正常化されたテストステロンのレベルと)と男性ホルモンの回収の期間の間に得られた結果を比較するとき夜の建設はより長い持続期間およびより大きい剛性率とより頻繁に起こり、性欲の忍耐強い査定および建設の週間数はより高かった。 結論: 性機能はテストステロンtransdermalシステムと扱われた生殖腺機能減退症の人でかなり改良した。





雑誌のフォーラムに戻る