生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年12月

イメージ

糖尿病
伝染病

下記によって: アンジェラPirisi

2の1ページ

イメージ(CDC)疾病予防対策センターによって出版される新しい研究に従って糖尿病の重荷はずっと妨害率でここ十年間育っている。(1) 最近のデータは糖尿病が米国の人口の中の1990年と1998年の間に33%によって全国的に上がったことを示す。 病気の発生は同じ期間にわたる30sの人々間の70%、40-49歳間の40%、およびそれらの中の31%によって老化させる50-59を上がり、それらの約13%に60と病気があった。 糖尿病が制御から螺線形になっていると言うためにこれらの図に約800,000の新たな問題が毎年予期せず起こる、公平である事実を加えれば。

図最近の疾病予防対策センターはアメリカ人に絶望のための原因を与える映像を塗る。 同時に、新しいデータは糖尿病、悪い食事療法、および/または坐った生活様式の家系歴とのそれらを頭部に打撃微妙である強い目覚し呼出し与える。 最も最近の情報の最も動揺させる一部分は糖尿病がもはや本来新陳代謝およびより低いブドウ糖の許容の減速に苦しむ老齢人口のために確保される病気ではないことである。 糖尿病の犠牲者は中年が転がるまでに複雑化を示すことのポイントに熟すより若くなり、病気の大いにより多くの時間を貸す。

最近のニューズウィークの架空の経歴、「アメリカの伝染病: 糖尿病がすなわち 若者の病気に」。なっていること糖尿病示す」、米国を苦しませるために「次の大きい生活様式の病気の伝染病として糖尿病(タイプII糖尿病特に)を(2)」またノート ニューヨークのシナイ山の医科大学院の先生としてアーサーRubenstein、一流のendocrinologistおよび学部長、特徴に、ティーネージャー間の増加するタイプII糖尿病の場合非常に動揺させる表現する。 彼はそれの発言として30または40のとき人々が年齢10または15か20で糖尿病性になれば、「」。ひどい複雑化があることができることを予測してもいい引用される

イメージ ほぼ16,000,000人のアメリカ人に糖尿病があるが、それらの5,000,000にそれを知ってはいけない
イメージ

現状では、ほぼ16,000,000人のアメリカ人に糖尿病があるが、それらの5,000,000にそれが後の図現在診断未確定に行く人数を表すことを知ってはいけない。 糖尿病が条件と死因として死亡証明書で、実際より少なく報告されることを実際、信じた。 アメリカの未来の健康の見通しはより明るく見なかったり、16から22,000,000をから跳ぶと2025年までに期待される糖尿病患者の数を用いる疾病予防対策センターを、提案しない。 それはまた癌無差別に育ち、年齢を渡って打ち、両方の性およびあらゆる競争をブーツに攻撃する。 糖尿病および消化が良いおよび腎臓病の国民の協会からの図は7.5百万人(8.2%)ことを示すおよび8.1百万人の女性(8.2%)に糖尿病がある。 データ疾病予防対策センターはヒスパニックに26%の増加を用いる29%の増加そして黒があった白と比較された糖尿病の38%の増加があったことを明らかにした。

糖尿病の定義

4つのタイプの遺伝シンドローム、外科、薬剤、栄養不良、伝染および他の病気から生じることができるタイプI、タイプII、gestational糖尿病および雑多な種類を含む糖尿病が、ある。 但し、gestational糖尿病は通常2%からすべての妊娠の5%についての妊娠の期間そして影響に限られる。 その間、細目は「ただの1%から診断された箱の2%のためにだけ他の」タイプの糖尿病占める。 タイプIおよびIIは共通であり、後者は不釣合いな人数を苦しませているものである。 Iの糖尿病をである新陳代謝させるボディが必要があり、食糧から得るブドウ糖を貯える、ホルモンのインシュリンの自然な生産の停止によって主にボディを攻撃する自己免疫疾患タイプしなさい。 病気のこの形態はあると険悪、糖尿病の場合より約5%だけから大抵青年期が置くと同時に10%を構成し、打つ。 そういうわけで下位概念語が病気はその後一生涯ホストによって従うというが事実に言及しないのに、若年性糖尿病として一般に知られるようになる。

以前非インシュリンを依存した糖尿病または大人手始めの示されるタイプII糖尿病は、最少インシュリンの、最初は作り出す無力によって糖尿病、特徴付けられない。 その代り、90%から場合の95%を占める糖尿病のこの形態により膵臓は血ブドウ糖の上昇のレベルに遅れずについていくことを試みる恐れ打たれた試みのインシュリンのおびただしい量をかき回すオーバードライブに移る。 、野心が敗北によって、そして膵臓ブドウ糖制御に遅れずについていくことを試みを与えるかもしれなく追い抜かれる不運な結果はインシュリンの不足に直面して危険なほどに高いブドウ糖のレベルである最終的にけれども。 通常の状況で、ブドウ糖は体細胞を活気づける燃料である。 しかし糖尿病ではブドウ糖は血で細胞へ行くかわりに掛かる、従ってエネルギーが補給不足に今あることを意味する。 やがて、血ブドウ糖の積み過ぎは目、中心、腎臓または神経を脅すことができる複雑化をもたらす場合がある。

しかし、意外にも、人々は糖尿病の彼らの認識で単に少し高くまたは低い衰弱させ、致命的な複雑化の長いリストのためのそれを確認してよりもむしろ血砂糖のレベルが、それ予告すると同時に主張する。 まず第一に、糖尿病は心臓病および打撃のための主要な危険率である。 糖尿病および消化が良いおよび腎臓病の国民の協会は大人の糖尿病患者間の心臓病と関連している死亡率が非糖尿病性の大人間で2から4倍の高いことを報告する。 打撃を持っていることのチャンスはまた糖尿病患者の2から4倍より高くである。 自由な糖尿病はまた盲目のような恐しい複雑化と、腎臓病、また高血圧、切断および生来欠陥および死産関連付けられる。 更に、糖尿病患者はインフルエンザおよび肺炎のような伝染に対してより少なく抵抗力がある。 関連の病気のこの猛攻撃の結果は死神糖尿病に新しい名前を単に得ることができる驚くほどの死者数である。 糖尿病および消化が良いおよび腎臓病の国民の協会からのデータに従って、糖尿病はそれに第7一流の死因をする1996年に約193,140の死の原因だった。 図は同じ年齢別グループの非糖尿病患者と比較されたとき死亡率がまた二度中年の糖尿病患者間で同様に高いことを示す。

ページで 2続けられる


    

雑誌のフォーラムに戻る



  • ページ
  • 1
  • 2