生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年12月


ニュース

イメージ幹細胞は脊髄の傷害のための約束を保持する

胚からの幹細胞は論争の的になり両方、多くの病気および無秩序のための処置そして治療の約束で満ちた。 ES細胞は、大人の幹細胞とは違って、専門にされたタイプの骨髄、神経細胞、心筋の細胞および膵島の細胞のような細胞に成長の潜在性を保持する白紙状態である。 それらが多数の種類のヒト細胞の回復可能な源であるので、最終的な使用は病気および条件によって破壊された細胞およびティッシュを取り替えも重大な機能を元通りにすることのそれ自身をする。 これまでに、調査は幹細胞が膵臓で作成するタイプIの糖尿病患者が自身のインシュリンを作り出し、注入を見合わせるように心循環器疾患によって弱まった中心のための健康な心筋の細胞か小島の細胞を効果的にそのような目的をに関して機能できることを示した。

1つの調査(Proc。 国民。 Acad。 Sci。 pluripotent ES細胞が背骨の損傷の患者に神経学的な機能を元通りにするのを助けるのに使用することができることを米国2000年5月23日は)提案する。 Pluripotentの幹細胞は事実上タイプの人体の細胞を形作る可能性があるが、有機体、即ち胎児を形作れる及ばない細胞である。 ワシントン州大学医科大学院の研究者はこれらの幹細胞が続いて髄鞘産出の細胞をもたらすのを助けることができる希突起膠細胞として知られていた神経細胞に変わるために作ることができることを示した。 髄鞘、これらの神経細胞を覆い隠す必要な脂肪質材料の減少されたレベルを補充することは重要である、さまざまな病気か傷害によって傷つく。 著者が説明するように、髄鞘のdemyelination、か損失は、貢献するものが脊髄の傷害の機能損失にである。

幹細胞をテストするラットを使用して調査はES細胞が傷つくこと当然の髄鞘の明白な欠乏がある区域の髄鞘産出の細胞に存続し、移住し、区別できることが分った。 最初に、研究者は3日大人のラットの脊髄の背面のコラムに細胞を化学的にdemyelinationを引き起こした後移植した。 結果はこれらの細胞が存続した示し、成長した希突起膠細胞にことを成長した。 さらに、研究者が遺伝的に髄鞘産出の遺伝子を逃すために変わった突然変異体のマウスの脊柱に細胞を植えた時でさえ髄鞘の生産は同様に起こった。

研究者はプロセスが前に約4から6週を取ってしまった一方、幹細胞から髄鞘をの内の作り出せる1週間よりそれほどもっと報告した。 移植の髄鞘産出の細胞は将来脊髄内の神経への損傷の逆転、また影響を受けた筋肉を意味するかもしれない。 「髄鞘産出の細胞の移植による高められたremyelination意味を持った神経学的な機能の回復に実用的なアプローチを提供するかもしれない」は著者を提案しなさい。 現在、今でも人間のES細胞の研究のための連邦資金の使用に禁止があるが、茎に次の5年中に細胞に基づく処置を提供できること著者は有望である。

 

 

雑誌のフォーラムに戻る