生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年8月

 

イメージ
新しい頭脳の成長について考えたか。 それは考える程に信じ難くないかもしれない。 La Jolla、カリフォルニアのSalkの協会のフレッドH. Gage先生は新しい頭脳になることができる大人の頭脳の中の赤ん坊の脳細胞を深く発見した。 彼の仕事は傷つけられた頭脳か脊髄が固定である場合もない概念を離れて吹いている。 生命延長雑誌への寄稿者、Terri Mitchellは、先生にインタビューするGage。

Terri Mitchell: 幾年もの間私達は頭脳が再生できないこと回復できない言われた。 しかしそれができることを言っている60年代からのデータがある。 物語は何であるか。

フレッドのゲージ: 1962年には早くも、ジョーAltmanと名前を挙げられた仲間は彼が齧歯動物に細胞を分けることを強調する化学薬品を入れた実験をした。 意外にも、彼はそれらがなるニューロンだったように大人で脳細胞形作っていた、見たことを見ることができ。

TM: 何がその間1960年今起こり、か。

FG: その時間のまわりに活動の破烈があり、人々は彼の結果を複製することを試みていた。 しかし技術は皆を確信させるには十分によくなかった。 またそれを見たのに、彼らはそれが蛭および他の動物から残っていたちょうど現象だったことを考えた。

TM: 従ってそこにから得た私達はいかに私達がどこにに今あるかか。

FG: 鳥が新しい歌にあらゆる季節を歌うことを約1983型の、ロックフェラーのフェルナンドNottebomは観察した。 彼はまた歌う新しい歌が新しい脳細胞を作るそれらと一致したことが分った。 おそらく、あらゆる季節、脳細胞は死んで、新しいものはこれらの鳥の頭脳で耐えられていた。 しかしそれは90年代まで私達は私達が質問を新しいニューロンは大人で作成されていたかどうか検査することを可能にする技術があったことではなかった。 概念が複数の異なった分野のためにしばらくある間、証拠は最近まで示されなかった。

TM: これはいかに生じるか。

FG: それは動物に確立され、80年代に二三人のグループは霊長目に起こるそれを示したがそれは使用される方法のために実際に論争の的になった。 従って私達は私達が新しい細胞が人間でなされていたかどうか調べる方法を把握することを試みることを決定した。 それは最も重要な質問だったようである。

そう約1996年、私達はbromodeoxyuridine (BrdU)と呼ばれるdividngの細胞を示す化学薬品を使用することを試みることにした。 血の流れにそれを入れれば、ボディでどこでも入る。 DNAが統合を経ているとき、BrdUは入れ、細胞が分けた赤旗になる。 そしてそれが血流に多分あるので時間その時間の間に細胞分裂を経たすべての細胞を見ることができる。 どこに行き、何をか後で年もどって来、その付けられた細胞を捜し、ものに細胞がなった調べることができる。

TM: 従って人間にBrdUを入れたか。

FG: いいえ、私達はならない。 それは癌患者で既に使用されていた。 それらはそれを診断によって使用する。 次にすることは与え、それを、し、腫瘍のバイオプシーを、それによって区分し、そして数える数によって付けられる細胞をある。 これは急速に腫瘍がいかにの育っていたか苦境を与える。

TM: これは癌療法が働いているかどうかテストのために有用である

FG: 権利。 しかしBrdUは全身中行く。 従って私達が二、三年前に最初の事は臨床試験にあるかもしれないでBrdUと扱われた人々から死体解剖材料を得る試み。

TM: 彼等のに出て来るBrdUの十分な人々を頭脳それは意味することを見つけたら新しい細胞はそこに作成されていた。

FG: はい。 従って私達は人々から頭脳のセクションを得、BrdUのために汚れ、そこに細胞を分けていたことを見るために驚いた。 しかしキーはどうしても細胞を分けていないが、ニューロンに実際に回すそれ。 残念ながら、私達がこれらの古い貯蔵銀行から得たセクションは十分二重新興の細胞がニューロンに回ったと分類と証明するために現代技術をするようにではなかった。 従って私達は私達が新しいティッシュを必要としたそれが私の仲間の1つが彼の大学に戻り、癌患者がBrdUを与えられていた臨床試験に関与したときであることを意識し。 死んだらこれらの人々の何人か私達が彼らの頭脳を見ることを許可することを同意した。 私達は最終的に5人の患者を得、私達が検査していた区域でことを確認、新しい細胞耐えられていたでき、ニューロンに回っていた。

TM: これらの人々は何歳か。

FG: それらは55そして72歳の間にだった、従って若くない患者ではなかった。 それにもかかわらず、細胞のいくつかがニューロンをもたらす、およびこれは生命不健康な人々でhroughoutの主張するようであること人間に細胞分裂がある、および2つこと私達は言えた1つ。

TM: しかしこれはある特定の区域だけに、であるこの権利起こるか。

FG: もちろん。 問題の1つは何年にもわたって科学者が頭脳を見、ニューロンがより小さくならないか、または数事のより少しがかなり静的だったようであることを見たことだった。 しかし何人かのグループは、私達のものを含んで、頭脳のある特定の区域に行き、細胞を取れば、ペトリ皿にそれらを置き、育たせることができることを示せた。 彼らは幹細胞と呼ばれる。

TM: すなわち、それらは赤ん坊の脳細胞である。 しかし「幹細胞」は通常骨髄で血に細胞である頭脳を言っている持っているも幹細胞を回る細胞のために言葉使用されないか。

FG: それらは幹細胞のための規準に、そう、はい、頭脳持っている「頭脳のニューロンおよびグリア細胞およびすべての異なった細胞に」なりなさい画一的な細胞を合う。 これらの分割の細胞の発見は人々が頭脳が新しいニューロンを作ることができないという考えを克服するのを助けた。 頭脳が新しいニューロンをいかにの作ることができるか理解のトリックはこれらの赤ん坊の細胞が生命中主張する大人の頭脳区域の同一証明と来た。 の前に、考えることはすべての精巧な関係のために脳細胞を取り替えることができなかった何を店それらそのような物の区別され、複雑な細胞であることであり。

TM: あなたの脳細胞を取り替えたらあなたの記憶をすべて失う

FG: かなり悲惨なでき事である、運動機能を制御する細胞の転換を持つべきなら機能あなたの記憶、あなたのモーター。

TM: 従ってあるそれはいかに頭脳が新しい細胞を可能にすることか。

FG: 私達はちょうどこれについての仮説を発生させ始めている。 しかし私達
情報の貯蔵が問題ではない頭脳の部分だけ更新できる物であると考えなさい。 海馬はそれらの区域の1つである。 ことを信じた
海馬は新しい記憶の形成に必要である。 私達は多くの情報がつながるとき記憶が形作られることを考える。 記憶があるとき、ちょうど1つの事について考えないが、考え声について、表面につなぎそれ、そして多分臭いまたは感情を考えなさいと事実について。 これらの信号は皮質の異なった区域によって来、次に記憶の形で皮質に戻って統合され、耕作されて海馬で一点に集中する。 しかし考えは海馬が内部ないexcitatory情報来ることのための重大な中間駅保管場所であることである。 それはそしてそれ自体情報のプロセッサそれであり、overstimulationにそうそこに傷つきやすいように他の区域はこれらの区域を持っていることへ選択的な利点できる彼ら自身を更新である。 情報貯えるために処理するために実際にこれらの細胞を頼んでいるそれらだけを頼んでいないのでそれらの更新に下げ気味がない。

TM: 従って頭脳はこれらのプロセッサ区域が傷つけられて得れば赤ん坊の細胞の予備を保つかもしれないか。

イメージ
歯状のgyrusの拡散そしてneurogenesis。 BrdU肯定的な細胞の顕微鏡写真1日(天面)およびランナー(中間の列)および富ませた環境(右の列)の制御(左の列)の4週(中間のパネル)。 神経の表現型を示すBrdUの底面、共焦点の蛍光イメージ(赤い)およびNeuN (緑)。 矢はBrdU分類されたニューロンを示す(オレンジは緑と赤い)。

FG: はい、新しい情報を運ぶ神経伝達物質は実際に脳細胞に有毒の余りに高いレベルにグルタミン酸塩、であり。 従って、頭脳は「バックアップ」細胞が万一に備えてあるかもしれない。

TM: 幹細胞は何をするか。

FG: 幹細胞は分かれるとき平均は、それ作成する自己更新ことまた別の幹細胞成長した細胞になり、細胞である。 それは1つの特徴である。 幹細胞の第2特徴は異なったタイプの脳細胞に回ることができることである。 そして私達は大人の頭脳に再び文化にそれら置かれる頭脳から幹細胞を取ることができると移植するそれらを証明し、去ったところでそれらは取りあげる。 私達は人間のこれをまだしていない。 しかし仕事間の類似に私達は与えられて動物で見、こと私達が確信していることをこれまでに人間、私は考えるこうすれば機能する細胞があるか私達がを取扱っている何。

TM: 幹細胞を取ることができると言い、ペトリ皿にそれらを置き、そしてニューロンおよび他の脳細胞に回らせる。 いかに育つためにそれらを得るか。

FG: ある特定の事の使用によって「成長因子」を呼んだ。 私達が使用する要因の1つは繊維芽細胞の成長因子である。

TM: それは意外なぜ使用皮を脳細胞を育たせる試みているとき育たせる要因であるか。

FG: 繊維芽細胞の成長因子は成長に繊維芽細胞(皮膚細胞)を刺激するが、今皆はわかっている要因として最初に繊維芽細胞の成長因子に中枢神経系で非常に強い潜在性があることが発見された。 それは他の器官に影響を与えるためにまたレバーで最初にまたはどこか他発見される成長因子にしては珍しくない。 この要因のための受容器があれば、どのようなによって細胞それがであるか重要ではない。 要因のための受容器があるところはどこでも、要因は行く。 それはそこの大人および成長の頭脳の両方が繊維芽細胞の成長因子のための受容器である、神経の開発の実際に重要な役割を担うことなり。 今では16の知られていた繊維芽細胞の成長因子がある。

TM: 従って頭脳から赤ん坊の脳細胞を取れた成長因子とのそれらに水をかけるために、それらを再度目ざめるために、それは右であるか。

FG: それらを生きた保つことと原始状態かに権利および私は培養皿と頭脳のこれすべてに大きな挑戦を、かかわる要因はであるもの理解することである考える。 そして私達はそれらが「大人の」細胞に区別する要因はであるもの知りたいと思う。 そしてそれらはいかにニューロンまたはグリア細胞になること間の選択を、例えばするか。 そしていつニューロンに、それらは何であるそれらを1つのタイプのニューロンに対別のものならせる要因なるか。 それらはいかに作用してもいいように引っ掛かるか。 それはニューロンであることを言うべき1つの事である; それは行為のためにワイヤーで縛られることを言うべき別のものである。 赤ん坊の細胞に選択をさせる要因が助ける大きな挑戦のそう1つは把握している。

TM: ニューロンを作ることはグリア細胞より重要であるか。

FG: 必ずしも。 グリア細胞はサポート細胞であり、重要な要因自身の多数を作る。 ニューロンを作る方法を当然知ることを望むがまた異なる細胞のタイプの間の適切なバランスを作成できたいと思う。 例えば、細胞間の関係はタイプのグリア細胞に依存しているmyelinationを要求する。 この細胞は適切な電気伝導を可能にする。 従ってそれは発言に事を分けることは良いアセチルコリン ニューロンかドーパミン ニューロンを作る行っていることを私が考える間、現実は結局は異なった細胞のタイプの適切なバランスを必要とすることである。

TM: 従ってここの考えは胎児開発の間にそして生れの後におそらくある程度はそれである、赤ん坊の脳細胞は成長因子--にさらされ、それから何かはそれらを以外である正しくそれ締めるか。

FG: ほとんどの場所。 または成長因子は別の役割で取る。 例えば、繊維芽細胞の成長因子はまだ細胞それがそれらをよりもむしろ分かれるために存続させるために引き起こす大人に影響を与えることができる。 従って機能を移すことができる。 しかし海馬のようなある特定の区域でだけ主張する幹細胞に対する繊維芽細胞の成長因子の効果は増殖する、それらへ信号を送ることである。 従って要因に出くわすとき、再度、ちょうど成長因子のようにまた細胞の状態によって同じ細胞の存続の要因または成長因子の2つの機能を、持つことができる異なったタイプの細胞、それに対する異なった効果をもたらすことができる。

TM: 私達はペトリ皿にそれらを置く頭脳から幹細胞を取ること述べ、それらを作って育てなさい。 それらの作成についての何に大人の頭脳で育てなさいか。

FG: 私達はそれをしてもいい。 動物。 人間との問題は何が起こるかできない監視しないである。 明らかに、私達が使用する要因は赤ん坊の脳細胞を頭脳で増殖するように刺激する。 私達がまだ知っていない何をこれが機能に対するよいですか悪影響をもたらすかどうかである。

イメージ
富ませた環境は他のマウスとの社会的な相互作用、異なった目的または「おもちゃ」との刺激および異なった食糧の選択から成っている。

TM: マウスおよび環境の刺激のある非常に興味深い実験をした。 それについて私に言うことができるか。

FG: 驚きの1つは前に後DOCによって名前を挙げられたゲルトKempermannがマウスを取り、それらをそれ環境によって富むに置かれて私がと相互に作用するためにおもちゃおよびより多くの動物の多くを意味するときに数年来た。 45日後で、彼は戻り、分かれていた数え、そしてなったニューロンがあった頭脳の細胞の数を。 ちょうど環境の転移によって、彼は頭脳のある特定の部分の脳細胞の総数を高めることができる。

TM: どの位によってか。

FG: 15%動物の頭脳のサイズに関連して相当な量である区域ごとの50,000個の細胞である。 それらは若い動物2または3か月古かった。 しかし私達はまた18、古裸の一生を過ごしたりおりおよび富ませた環境に移した20か月だった動物を取った。 2つの事は起こった。 1つ、私達はneurogenesis (新しいニューロン)がこれらの古い動物に起こっていることが分った(とはいえもっと遅い速度で)。 そして、2つはある特定の仕事の高められた性能と、その新しい細胞の成長一致する。

TM: 従って刺激的な環境は実際に脳細胞の存続を高めたか。

FG: 権利およびそれから起こった次の事は言った研究者がHenrietta van Praagを名前を挙げたことである、この富ませた環境のどんな要素が実際に重要」であるか「私は疑問に思う。

neurogenesisが起こった頭脳の区域は何かのの学習によって、学習およびそう多分記憶のために重要の海馬ちょうどこのプロセスを活動化できるである。 従って彼女は新しいマウスのバッチのためのトレーニング スケジュールをセットアップし、ある特定の仕事をするために彼らは訓練された。 そのうちのいくつかは複雑な環境に置かれた、一部に最低の練習があり、一部におりに置かれた連続した車輪があった従って開架の練習があった。 そして驚きは連続した車輪を持つ動物の細胞増殖に劇的増加があったことだった。 それらはそれがすべての玉軸受である従って歩くことのようほとんどであるので)日6から10時間を動かす(しかしそれ実際に動いていない。 これは大きい驚きだった。 私達が見たものは連続した車輪を持っているそれほぼ倍増した細胞の分割の数をである。 そして4週の終わりを、私達はニューロンになったかこれらの新たに生まれる細胞の何見た。 私達はニューロンの増加が富ませた環境があった動物と同等だったことを見た。 富ませた環境は動くことが実際に全体のプールを増加した一方、細胞の、それらの細胞の誘発されたより大きい存続を分割のプール高めなかったが。 細胞の同じ数は死んだが、ネット エフェクトはランナーが富ませた環境のグループ同様に多くの細胞で終ったことだった。 そしてグループは両方とも倍について制御グループの細胞だった。

TM: これがなぜについての起こったか考えか。

FG: どちらか活動は運動するときその新しい血管は頭脳で形作ることを私達が知っているので細胞が分かれ、存続するまたは要因は血の流れから入っている頭脳の変更を引き起こす。

TM: 「生物的ポンプ」と呼ばれる何かのための考えがある。 何がことすべてに約であるか。

FG: 細胞を取り、繊維芽細胞の成長因子のような何かを作り、頭脳にそれを移植するために遺伝的に設計できる。 そこにそれは考慮するポンプでくむ。

TM: 技師Aの脳細胞か。

FG: いいえ。 普通何もしないが、そこに坐る、遺伝子を繊維芽細胞の成長因子のためのそれに置くために皮膚細胞を取り、例えば、文化のそれを育て、次に頭脳に移植しなさい。 それはそこに坐り、ポンプでくむために考慮する。

TM: これをしたか。

FG: 成長する軸索のmyelinationようであるか何がはい、そして私達見つけた、例えば、脊髄の傷害で、NT3と呼ばれる成長因子を作るために皮膚細胞を設計すれば新しい細胞の拡散を刺激でき。 そしてそれらの新しい細胞は普通ニューロンをもたらさない脊髄の細胞の人口から来ている。 (ED。 注: 髄鞘は神経細胞のまわりにコーティングである。 軸索は神経の「武装する他の神経によって接続する)」である。

TM: 要するに頭脳」、育ち、成長したある赤ん坊の細胞のすなわち、貯蔵所で、作用の細胞になる潜在性が「発見したものを脊髄で見つけたと、言っている。

FG: ここの明白になるポイントは通常グリア細胞に形作られるが、または何もに回ることをニューロンの生れが海馬2つの区域および嗅覚の球根だけに起こる間、新しい細胞は神経系の他の部分でこと回る。 彼らはちょうど耐えられて、ちょっと死んでいる。 それは謎解き問題少しである。 私達が今は把握することを試みている何をそれらの細胞を訓練する方法をであるによって普通ならない事になるために。 今度は、それらになるべきな事になってほしくない。 例えば、これは癲癇に関して興味深い。 ihbaby地帯の新しい細胞にcellly大きい増加があればが、間違った場所に移住し、神経の細胞の層を作成すれば癲癇を引き起こせば(ところで、海馬は多く癲癇のためのターゲットであり、多くの焦点握りは海馬で始まる) -癲癇を引き起こせばことが実験動物で最近示され。 これは非常に異常であり、により悪い配線を引き起こす。 この種類の事はそれらの細胞の制御そして規則はキーであること新しい脳細胞が大きい事の間、1つはわかっている必要があるという考えを強調する。

TM: 細胞を設計している研究のこのラインは成長因子をあなたの使用より研究の別のラインである

FG: はい、私達はまだ私達が生物設計された細胞の発送によって要因自身を作るために私達が脳細胞を活動化できる方法について考えているが、それら二つの物語を混合していない。

TM: 非常に興味深いベクトルを成長した頭脳メッセージにメッセージをのような「提供するために作る成長因子」を使用している。 HIVウイルス(HIV)を破壊し、頭脳DNAに得る方法として貝を使用している。

FG: 権利。 開始のウイルスはHIVであり、この仕事はSalkの協会で先生とともにInder Vermaここに行われている。 悪い原料を切り取るために私達がそれを設計した後残っている約15%だけHIVがある。 私達は少数HIVだけをそれが非分割の細胞に得るようにする蛋白質物必要とする。 これはボディの他の細胞とは違う成長した脳細胞が、分かれないのでトリックである。 他のウイルスのベクトルから離れてHIVを置く事はこれらのに細胞を非分けている成人を得ることができることである。 そういうわけで私達はそれを使用する。

TM: そして何をあなたが成長した脳細胞に分娩するHIVの中に置くか。

FG: 治療上の遺伝子。 すなわち、その細胞の不足を訂正する遺伝子。 血友病患者は、例えば、ウイルスのベクトルと渡すことができるある特定の遺伝子に欠けている。 遺伝子がDNAに挿入されれば、細胞が何かを製造必要とするできたり、現在持っていない。

TM: ドーパミンは、例えば、パーキンソン病の人々の頭脳に渡すことができる

FG: 実験的に、人々はそれを今している。 但しどんな区域かどの位あなたがそれをに、置いたたくさんのLドーパを与えればそれについてので考えるときあまりとるに足らなくないとるに足らなように特徴付けられるかもしれない内部の質問を置きなさいか、問題を作成する。 これらの質問は私達が私達に実行可能な療法があることを言ってもいい前に答えられなければならない。

TM: どの位これらの遺伝子の1つは作動し続けるか。 それはある時点で停止するか。

FG: それは遺伝子療法の問題の事の1つである。 あるウイルスは時間と止められて得る。 これまでのところlentivirusesは少なくとも1年、1年半(ED間とどまるようである。 注: lentivirusesはHIVが属する)ウイルスの系列である。 しかしだれも人間のそれをまだしないし、またはない免疫反応をある時点で取付けるかどうかについて質問がある。 持久力があるようであるもう一つのウイルスはadeno準のウイルス(AAV)である。

TM: 何して、胎児のティッシュの移植ことを相違はのであるか。

FG: ウイルスのベクトルによって、していることを新しい事をするためにそれらを助ける細胞に遺伝子を入れている。 胎児のティッシュによって、であり育つためにこれらのihfetallcの細胞および機能を頼むより多くの細胞を代わりにするか、または加える。 これを言うしかし実際に、それはおかしいようであるが胎児細胞は1つの事になることに既にかなり成長託されるまたは別そうそう容易に分かれるためにそれらを得ることができない。 成長した胎児細胞になるために残りの細胞のちょうどその小さい人口を、分けたらそれらをおよび訓練したらそれらを隔離しなかったらそしてそれらを接木しなさい。 胎児のティッシュとの問題は現状では今は十分なティッシュを得ている。 胎児細胞の移植が巧妙であるスウェーデンでは、それらは患者1人あたりの9匹から12匹の胎児を使用している。 あなたの哲学はそれについてある、どうしても実用的ではない。 細胞の新しい人口を作成するのに幹細胞を使用する考えは幹細胞が偽りなく若い細胞であるのでちょうど少数の細胞からの多くの細胞を育てることができることである。

すべての作戦は幾分異なって、それはよりよいか、またはより悪い重要な事柄が頭脳の再生に理性的なアプローチを見つけることを人々は多数の細道をたどって行っていることである何が、右であるか、ものをまたは間違っているものをこの時点で告げるには余りにも早い。

TM: 頭脳はいつ悪化し始めるか。

FG: それは、実際に。 それは実際にすばらしい。 正常で、健康な頭脳は低下しないし、退化しない。 健康な個人の頭脳のある特定の区域に行けば、ニューロンの数は実際に変わらない。 脳細胞を失っていないが、言って細胞が行くより細胞別の物語であるある頭脳の純機能容量を失うことができる。

TM: 細胞はそこに従ってあるが、右に機能していないか。

FG: 高齢者達の脳細胞の数に大きくない相違がないことをそれらが細胞の数を数える権利、調査は示している。 病気は別の物語である。 Alzheimerおよびパーキンソン病の肉眼の細胞の損失と見ることができる。 頭脳がちょうどちょうど年齢と縮まり、死に始めるという考えは本当ではない。

TM: あなたが述べていたこれらの要因は維持で重大かもしれないまたは老化の効果を逆転させる本質細胞の頭脳の機能容量を元通りにしてこの権利であるか。

FG: 権利。 しかし私が強調しなければならない1つの事。 明らかに、人々は物理的な、精神活動に維持の脳細胞に於いての役割があることを示している。 従って赤ん坊の細胞がなされる区域にことを外の刺激から入力を受け取る頭脳の区域、それから「話」学説をたてることができる。

TM: 従って年齢逆転の要因は頭脳で人が能動態に運動させ、保つべきなら自然になされるかもしれないか。

FG: はい。

TM: 何を現在働かせているか。

FG: 私達は右の場所に行くために増殖の状態の脳細胞を、それらを得る方法を維持する方法をそれらを私達がそれらになってほしい細胞のタイプにならせる方法を把握することを試みている。 確かに私達はそれらが普通なされない区域のニューロンを作ることを望む。 目的の1つは損傷または退化の場所に分かれ、移住するために細胞を得ることである。 しかし脳細胞に関して何を今は私達にどんな要因がするか把握することをちょうど試みる私達の手が十分にある。

TM: あらゆるチャンス私達は人間にすぐに適用されるこれのいくつかを見ることを得ようと思っているか。

FG: 安全がかなり明確ようであるので私達の共作者の何人か臨床試験を今提案している。

TM: いつこの研究をし始めるか。

FG: 1969.

TM: 非常に興味深い。 時間、Gage先生をかけるためにありがとう。 私達はあなたの研究についての詳細の学習更に成長すると同時にを楽しみにしている。


ED。 注: 先生の仕事がある程にGage's刺激的、彼は臨床医でし、患者を扱うことができないし私達は中断なしで彼の研究を続ける彼の権利を尊重しなければならない。

 

雑誌のフォーラムに戻る