生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌


LE Magazine 2000年4月

プロダクト

生命延長基礎は規則的に頻繁にそれらを直接生命延長バイヤー クラブによって割引であなたに、また会員に使用できるようにする市場の重要な新製品の 、側面図を描き、評価する


CLAおよび蟹座

イメージ活用されたリノール酸(CLA)の強力な抗癌性の効果はニュースに再度ある! Nutrition ( 12月1999日CLAが 食事療法に加えられたときに)のジャーナルでは、特性を防ぐ重要な癌を示すペーパーは出版された。 この調査は「動物モデルの有効な癌予防の代理店」のであるためにCLAを明らかにした。 具体的には、それはそれらが若い与え、まだ乳癌に対する生涯に相談された保護を定められ間、ことメスのラットへのCLAに開発する。 この驚異的な予防の行為は動物の全体食事療法の0.8%に匹敵するために十分なCLAだけ加えることによって達成された。 これは平均人間の食事療法のおよそ1%である生命延長基礎3つの1000 mgのカプセルの(LEF)の推薦と毎日好意的に比較する。

実験細胞の研究(1999年7月 )で出版された 乳房癌を防ぐためにより早い調査では思春期の手始めの前に与えられたらCLAはまた示されていた。 そしてCLAが癌の開発の「昇進」段階の間に摂取されたらさらにもっと重要、ラットはそれ以上の成長の乳癌からの相談された相当な保護だった。 もう一つに重要な見つけることはCLAが実際に器官に類似している正常な乳房の上皮細胞のorganoids (構造)の成長を禁じたようで、それらの同じ細胞のapoptosisか細胞死を引き起こしたことだった。 研究者はこれがラットの成長の乳腺の密度の減少を従ってもたらしたことを、乳癌の発生減った結論を出し。

7月1999日の調査前、研究者はそれにより発癌の 発生を 減らすラットの胸のティッシュのサイズを減らすCLAの能力のジャーナル発癌(1999年6月)で報告した。 前の調査でように、末端の端の芽(TEB)は検査された。 TEBは基本的に乳腺の外の(上皮性の)ティッシュで取付けられる端のポイントまたは芽で齧歯動物の乳癌の開発のための第一次場所である。 具体的には、研究者は効果TEB密度の減少にCLAによる癌の発生でありものがCLAが必要だったTEBの減少を作り出すためにどの位知りたいと思った。 彼らが見つけたものは「0.5%および1%食餌療法CLA」が作り出したTEB密度および乳房の腫瘍収穫に… .gradedそして平行減少があったことだった。 なお、これらの効果はCLAの内容が全体食事療法の1.5%か2%に上がった時でさえ高められなかった。 彼らはまたそれが取入口が植物油で見つけられる主要な不飽和脂肪酸であるリノール酸の新陳代謝と実際に干渉するかもしれない可能なCLAであることを定めた。 CLAの行為はCLAおよびリノール酸がチェーン不飽和化および延長のための同じ酵素システムを共有するので説明されるかもしれない。 これはCLAが、抗癌性の特性と癌促進の共通のリノール酸上の細胞機能のために、優先的に使用されていることを意味する。 もう一つに見つけることおよびCLAの生化学的な行為に新しい洞察力を提供する1つは、反胸癌の効果を作り出す線量関連の機能の割合のアラキドン酸を抑制する線量関連の機能である。 アラキドン酸が癌拡散を助けることができる炎症性混合物を作り出すことができるのでこれはであるCLAの抗癌性の効果がいかにのための働くか更に別の説明かもしれない。 アラキドン酸の超過量はまた前立腺癌の進行と関連している。

明らかに、私達は細いティッシュの開発と共に既にそれ自身が癌へ手強い敵であると証明してしまった、また減量の促進者をいいこの魅惑的な補足のより多くの研究およびより多くの興味待っても。