生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年4月

短いニュース項目を生命extensionistsに遅壊す、
生存により長くより健康な生命興味を起こさせられるだれでもと同様。

ニュース

必要な脂肪酸および前立腺癌

「E " sの失敗働くためになぜ

ビタミンEは心臓発作を防ぐことに於いての役割のために広く調査された。 ほとんどの調査はビタミンEと補う人々で冠状動脈関連の心臓発作の重要な減少を示す。 これらの肯定的なレポートに基づいて、4.5年の調査は心臓発作のための危険度が高いの大きい集団でそれらに別の危険率に加えて既に心循環器疾患か糖尿病があったので行なわれた。 この調査の目的は大豆油のビタミンEの補足が死亡率か遅い病気の進行を減らすことができれば確認することだった。 この調査はニューイングランドの医療ジャーナルの2000 1月20日、 問題で出版された

この調査の結果はアルファ トコフェロールのアセテートの400のIUの補足が(大豆油から)偽薬と比較された心血管の結果に対する効果をもたらさなかったことを示した。 研究者は単独で与えられたのでどの利点でもあるかもしれないことをこの大豆油のビタミンEが示さなかったという心循環器疾患に対して互いに作用し合う保護効果をもたらすために知られている他の酸化防止剤ことをのないその1可能な理由、示した。

生命延長基礎はこの調査が保護効果をなぜ示さなかったか他の理由を識別した。 まず、使用されたビタミンEの大豆のオイル形態は頻繁に$1.99のために広告された安い種類薬学のびん(30のカプセル)だった。 深刻なビタミンの受け手はアルファ トコフェロールの琥珀酸塩かアセテートの形で空の胃でまたは低脂肪の食事と取られて時でさえ冷た水分散性の形態が効率的に吸収されるので冷た水分散性の乾燥した粉のビタミンEの補足を好む。 ビタミンEの非冷たい水分散性の(オイル)形態は脂肪またはオイルの複数のグラムと取られて不完全に吸収されるかもしれない。 この調査の危険度が高い患者すべてが、低脂肪食にあると期待されなかったし、従ってオイル ベースのビタミンEを吸収しないかもしれないほとんどは。

冷た水分散性のビタミンEは二度大豆油のEアセテート高いが、冷た水分散性の形態はもっと効率的に吸収される。 「両方アセテート」および「琥珀酸塩」のビタミンEは自然な源から来ることができる。 消費者にとっての重要性はどれだけうまくビタミンEが血の流れに吸収するかである。 非冷た水ビタミンEの分散性の自然で、総合的なアセテートの形態は厚い茶色オイルに常にあるが琥珀酸塩またはアセテートの形態で、白い乾燥した粉常に入って来かどうか、冷た水分散性のビタミンE。

健康な人々の心臓発作の危険を減らすために100つのIUか日補足のビタミンEの多くが示されている間、既存の冠動脈疾患とのそれらは頻繁に40年代半ばのShuteの兄弟の開拓の仕事に基づいて800から1600のIUを、取る日。 厳しい病気のためにこの調査の人々が、彼ら400以上のIUに日のビタミンEを与えられるべきである既にあったことを示す。

薬剤またはビタミンの効力を定めるように努めるほとんどの調査は忍耐強い承諾および吸収を確認するためにテストされる代理店の血レベルを測定する。 これは多くの代理店がきちんと吸収しないので重大である。 これは最適の吸収のための高脂肪の食事と取られるべきであるEアセテート オイルのビタミンEのカプセルの言うことができる。 この調査では、Eアセテート オイルの吸収を測定するために行なわれた血液検査がなかった。 またEアセテート オイルがあった高脂肪の食事とのそれを取るように患者が言われた徴候がない。 更に、厳しい病気のためにこれらの人々が既にあったことを示す、非常に低脂肪食を消費するかもしれない。 前に注意されたりように、乾燥した冷た水分散性の粉のビタミンEの補足はそれらが容易に食糧の有無にかかわらず吸収されることを可能にする界面活性剤を含んでいるがEアセテート オイルの帽子との吸収問題がある場合もある。

この調査のもう一つの潜在的な欠陥はすべての関係者がビタミンEの100つまでのIUを含むことができる複数のビタミンの補足を取る割り当てられたことである。 ビタミンの状態を測定するためにされて血液検査以来それは、ビタミンB6、B12、B6偽薬のグループが葉酸のような栄養素の広い範囲を消費していたことであることができなかった、すなわち、CはE.偽薬のグループやっていき、またそれらが調査の心血管保護の栄養素の独立者の十分なレベルを得るのでビタミンEを受け取っているグループ。

まだこの調査の妥当性の別の心配はこれらの病気の人々がビタミンEの知られていた中心の攻撃防ぐ効果の多数をまねる薬剤を与えられていたという事実と休む。 ビタミンEが心臓発作から保護する1つの方法は冠状動脈(反血小板の行為)の中の異常な凝血の形成を防ぐのを助けることである。 ビタミンEおよび両方以来制御グループは両方のグループで反血小板の薬剤を、有利な反血小板の効果経験されるかもしれない与えられて、従って、偽薬のグループはビタミンEを取るそれらより大きい率で死なないかもしれない。 これらの人々の多数は薬剤を下げる所定の「statin」のコレステロールだった。 あるstatinの薬剤にビタミンEのもう一つの反中心の攻撃の効果である酸化からLDLのコレステロールの保護を助ける酸化防止特性がある。 薬剤に関して他の多くの潜在性の混同の要因がビタミンEの有利な効果の相当な部品を覆った提供するかもしれないこれらの病気の人々がまだ定められることを持っている、初めにビタミンを吸収された取っていたあった。

単独でビタミンEがこの調査で使用されたという事実は慣習的な薬と今日ある「1薬剤」の心的状態の例である。 他の酸化防止剤は共働作用してビタミンEの効果を高めることができることを研究者が知っていたのにビタミンEの不審な形態の適当な線量だけを使用してこの長期調査を行なうことを選んだ。 ニューイングランドの 医療ジャーナルの記事は 使用されたビタミンEの形態がアルファ トコフェロールのEアセテート オイルだったことを明らかにしなかった。 記事は「自然な源からのビタミンEだけ」を示した。 生命延長基礎は独自にビタミンEのどんな形態が使用されたか確認するために研究者に連絡しなければならなかった。 研究者は調査が利点をなぜに関して示さなかったかこれが主情報を提供しようので記事のビタミンEの形態をリストするべきである。

ほとんどの代わりとなる医者が既に既存の心循環器疾患の治療上の制御のためのビタミンEの800から1600のIUを推薦する時、ビタミンEの400のIUが大量服用であること日彼らの議論の研究者の州。 心循環器疾患の患者を扱うようにビタミンEの大量服用は要求されることを慣習的な心臓学医が知らないのでこの記事は何人かの医者をビタミンの補足に対して推薦するためにもたらす不運な効果をもたらす。 Tイメージニューイングランドの著名な医療ジャーナルで出版される彼の記事はまた製薬産業がサプリメントの取得からの心臓病患者を思い切らせることができるように有効な武器を提供する。

プロゲスチン/エストロゲンの組合せは乳癌の危険を高める

アメリカの医学連合のジャーナル で出版された乳癌の危険性を高めると調査ではプロゲスチンの付随の管理が付いているエストロゲンの取り替えは見つけられた。

以前は乳癌の危険がHRTのより長い、最近の使用と増加したことがホルモンの取り替えおよび乳癌に関する世界のデータの90%が分析されたときに、定められた。 これらの調査結果は細い女性でそしてより少なく臨床的に腫瘍を進めた人とより流行した。 それはどんな影響がこれらの調査結果で診断を持っていた改善したか断固としたではなかった。

現在のフォローアップでは、29のアメリカのスクリーニングの中心からのデータは1980年および1995年の年の間に分析された。 46,355人のpostmenopausal女性の合計は58の平均年齢と、調査された。 データはアンケートへの応答によって得られた。

多くの女性はエストロゲンと共にエストロゲンの取り替えと関連付けられる子宮癌の危険を下げるためにプロゲスチンを取る。 女性はだれが単独でエストロゲンを経験した20%を乳癌のより高い発生取ったか調査した。 但し、プロゲスチンが付いているエストロゲンを取っている女性は40%の高い比率を経験した。 これらの率は年次マンモグラムを受け取ったとが、太りすぎの女性のために無効だった人のために類似していたり女性。 HRTの毎年の調査の著者に従って、乳癌の危険はエストロゲン プロゲスチンの組合せを使用してそれらのために8%およびそれらのために単独でエストロゲンを使用して1%を増加する。

気づかれるこれらの調査結果に関して、後menopausalホルモンの使用に重要な利点があるがアメリカの医学連合の社説担当記者のウォルターWillettジャーナルは「、調査…そのような使用」に伴う不確実性および潜在的な危険を強調する。

「不運にも老化が定期的に病理学管理を要求するという一般に保持された確信健康な老化」を達成する第一次平均として食事療法および生活様式の無視をもたらした。


雑誌のフォーラムに戻る