生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 2000年4月


イメージ



CoQ10があなたの循環系をいかに保護するか

活力および長寿のための細胞栄養物

あらゆる細胞はエネルギー生産及び酸化防止防衛のためのCoQ10に左右される。 心臓病、CoQ10のための安全で、有効な療法は寿命を伸ばすのを及び退化的な病気から保護を助けるかもしれない


活力は圧力への抵抗とエネルギーを意味する。 細胞は「細胞呼吸」と呼ばれるプロセスによってエネルギーを作り出す。 しかし遊離基によって引き起こされる酸化圧力は細胞を損ない、細胞呼吸を不活性にすることができる。 従って細胞は酸化攻撃からそれ自身を保護するために酸化防止防衛システムを動員する。

彼女の経済の性質は両方の目的を機能するために1分子を作成した。 生物エネルギーの燃料およびマスターの酸化防止剤、CoQ10は細胞呼吸および酸化防止防衛両方の重大な役割を担う。

性質は血流に於いてのCoQ10のための第3重大な役割を案出した。 ほとんどのCoQ10はまたコレステロールの「悪い」形態を運ぶLDLによって血流を通して運ばれる。 CoQ10は、ビタミンEと共に動脈詰る酸化からLDLのコレステロールを保護することによって、助けアテローム性動脈硬化を防ぐ。

中心、頭脳および筋肉細胞は大量のエネルギーを消費する。 それらはまた遊離基によって容易に傷つく。 従ってそれはCoQ10適用および研究がこれらのボディ システムに焦点を合わせても不思議ではない。 さらに、老化することは酸化損傷および低下の細胞エネルギー生産もたらによってマーク付き多くの科学者言うである。 出現の研究は一般的な反老化療法としてCoQ10の潜在性を強調する。

ボディはCoQ10を総合し、食糧からの少量を吸収する。 さらに、CoQ10はずっと1983年にアメリカの公衆に生命延長基礎以来の栄養の補足として利用できるもたらしたそれを。 たくさんの臨床試験は口頭CoQ10補足が重要な副作用無しでCoQ10の血レベルを安全に上げることを示す。 年齢が増加すると同時に、CoQ10統合の低下はCoQ10補足よりよく吸収されるが。

私達が健康および栄養物を描くとき、私達の少数は細胞を想像する。 しかし時の反射と、それは健康が細胞で始まること明らかである。 エネルギーを発生させ、圧力に病気および生物的退化を答える細胞としての低下はもたらす。 両方の容量はmitochondria、細胞の「エネルギー工場」によってくくられる。

何百もの典型的な細胞のmitochondriaがある。 それぞれは単独で母から受継がれるDNAの独特な形態を含んでいる。 mitochondriaの主要なビジネスは細胞呼吸、細胞とボディの一次エネルギーの源である(図1)を見なさい。 最近の研究は酸化圧力の重大なターゲットと細胞死の調整装置としてmitochondriaをどんなに指しても。

酸化防止防衛

好気性の(酸素の扶養家族の)生命のパラドックスは酸素が生物的分子および細胞に有毒であることである。 細胞呼吸で使用される酸素を含む酸素は、ボディの遊離基を形作りがちである。 これらの遊離基は錆つくとちょうど鉄が酸化するので、生物的分子を酸化させる。 従って細胞呼吸がエネルギーに変形させる酸素はボディの危険な物質として考慮されなければならない。 生化学者はこれを「酸素パラドックス」と呼ぶ。

性質のこのパラドックスの決断は酸化防止防衛システムである。 酸化防止剤は重曹(重炭酸ナトリウム)は余分な胃酸を中和すること遊離基を同じように中和する分子である。 あらゆる有機体は酸化防止剤の座標系に恵まれているが、このシステムは不完全である。 その結果、遊離基は積極的に生物的高分子脂質(脂肪)、核酸(DNAのRNA)および蛋白質の3つの主類を損なう。

性質第2の防衛線は傷つけられた高分子のための取り外しおよび修理システムであるが、これは余りに不完全である。 その結果、酸化損傷は生命によって集まり、老齢期で増加する。

酸化圧力はボディの酸化防止防衛システムおよび短い基の自由のレベルの容量、酸化防止剤間の不均衡および親オキシダント間の不均衡のための相対的な言葉である。 酸化圧力は酸化防止防衛が弱まるか、または遊離基のレベルが上がると増加する。 酸化アルツハイマー病のような細胞変形で図におよび癌、アテローム性動脈硬化および心臓病の、激しく、慢性の炎症性条件、激流およびneurodegenerative病気顕著に重点を置きなさいことが今広く受け入れられる。 私達はボディの酸化防止防衛をささえ、遊離基の生成か露出を減らすことによって酸化圧力を減らしてもいい。

酸化圧力はそのうちに増えがちである。 細胞か分子は酸化圧力によって傷つくとき付加的な酸化圧力を引き起こすために、により故障しがちである。 生化学者は「破局的な悪循環」のような下りの螺線形を参照する。 酸化圧力および生物エネルギーの不足はちょうど非常に悪循環で一緒に締まる。 酸化損傷および減少する細胞エネルギー生産を高めることの下りの螺線形は老化および多くの退化的な病気の認刻極印である。

1956年に、Denham Harman教授は今は有名な「老化の遊離基理論を」提案した。 理論は私達が酸化損傷老化すると同時にボディは取る通行料を長年にわたって支えたことを、酸化圧力のレベル自体上がる保持し。 これはより粗い雨および風に服従する建物を砕く錆つくことと比較されるかもしれない。 酸化損傷のこの集結の累積効果はそのうちに老化して、退化死。 1972年のHarmanでは、酸化圧力のキー・ターゲットとしてmitochondria選抜されて彼の通常のprescienceが。 ミトコンドリアの老化、私達が雑誌の次の問題で現われるこの記事の次の分割払込金でに戻す主題の始められた現代研究ことハイメMiquelは1980年の調査のこの考えをとた。

マスターの酸化防止剤

Janusは酸素の支持者の直面し、破壊者はのCoQ10とくくられる両方人生のである。 CoQ10は有機体を酸素の「暗黒面」から保護している間酸素からのエネルギーの生産を促進する。 性質は好気性の生命に均等に基本的とみなされるかもしれないCoQ10で酸素にbiomolecular補足物を作成した。

ボディの酸化防止防衛システムが直面しなければならない最も大きいbiohazardは脂質(脂肪)の酸化である。 これは細胞膜、頭脳(50%の脂肪酸に)、および(コレステロールを運ぶ)に血の脂蛋白質起こる。 脂質の過酸化反応として知られている脂質の酸化は道の生物的分子を傷つけ、有毒な副産物を発生させる連鎖反応である。

脂肪質溶ける酸化防止剤第一次のビタミンEは脂質の過酸化反応からCoQ10保護し。 これは細胞膜の完全性を維持し、酸化損傷からDNA、蛋白質および血の脂質を保護する。

なぜCoQ10のような細胞エネルギーのもとは酸化防止剤として倍増するか。 細胞呼吸はmitochondriaの中の脂質が豊富な膜起こり、自体で酸化圧力のもとである。 細胞呼吸の鎖はこうして脂質の過酸化反応に非常に傷つきやすい。 CoQ10助けは遊離基から呼吸の鎖を保護している間この膜の完全性を保護する。 これは、エネルギー生産に於いてのCoQ10の必要な役割とつながれて、助け生物エネルギーの低下および酸化圧力の悪循環を防ぐ(サイド・バーを「悪循環」を壊すことを見なさい)。

脂質の過酸化反応によってできている損傷の多くはHNEおよびMDAのような長命の有毒な副産物の仕事である。 心臓発作を引き起こすためにMDAにより(malondialdehyde)幹線プラクの不安定の思考と関連付けられるが、HNE (4ヒドロキシ2 TRANSnonenal)は細胞呼吸およびDNAの統合を損なう。 最近のポーランドの調査はとりわけCoQ10補足が総HNEおよびMDAを減らすことを示す。 産業労働者は4週間CoQ10補足を取った後脂質の過酸化反応を示したMDAの血レベルとHNEの重要な減少を引き起こす有機溶剤に規則的に露出した。

私達は40年間の細胞エネルギー論、酸化防止防衛および心血管療法に於いてのCoQ10の有名な役割の研究を見直した。 潜在的な反老化療法フロンティアにとしてCoQ10の最近の研究によって開発されたこの記事の次の分割払込金は先に見てみる。

細胞エネルギー生成

イメージ
mitochondrion (上部の権利)の細部が付いている細胞の図1.構造(左上の)。 細胞呼吸の鎖(底)はエネルギーを発生させる。


Mitochondriaは細胞の発電所である。 それらはエネルギーに酸素および栄養素および細胞呼吸と呼ばれるプロセスによって水を変形させる。 ミトコンドリアの内部の膜の多くの指そっくりの折目はエネルギーが作り出されるところ呼吸の鎖(底面)を収容する。 プロトンを(赤い) CoQ10 (黄色)は鎖を渡る電子を運ぶ(紫色)内部の膜を通してポンプでくんでいる間。 鎖の最後の部品へのプロトンの帰りの流れは(青い) ATPのエネルギー蓄積の分子の統合を運転する。

歴史的ノート: 1961年のピーターでMitchellは呼吸の鎖を渡る電子の流れが内部の膜を通したプロトンの流れにつながれることを提案した。 鎖の第3部品の彼の「Q周期」モデルに従って、それとしてプロトンの流れへのCoQ10カップルの電子流れは状態の変更を通る。 科学界はMitchellの非正統的な理論に長年にわたり抵抗したが、1978年に彼はこの仕事のための化学のノーベル賞を与えられ、それに続く研究は彼の考えのそれ以上の擁護を提供した。 鎖の最初そして第4部品からのプロトンのポンプはまだ最初の部品の変更されたQ周期のための証拠がしかしあっても理解されていない。 -


悪循環の破損

生物エネルギーの不足および酸化圧力の悪循環は細胞活力を減らす。 この周期の農産物でつかまえられる細胞は少しエネルギーしかし大量の酸化圧力、および結局死ぬかもしれない。 ティッシュの細胞の十分に大きい割合か器官はこのように失われるか、または低下するとき、十分に作用するにはもはやできない。

細胞呼吸が酸化圧力から保護されるが、これは事実ではないと考えるかもしれない。 細胞エネルギー生産自体は酸化圧力を発生させる。 さらに、それはmitochondriaの中の脂質が豊富な膜で起こる。 この膜の脂質の過酸化反応は細胞呼吸の鎖を傷つける。 呼吸の鎖への損傷はだけでなく、エネルギー生産またなお一層の増加の酸化圧力を損なう。 これはそのままな呼吸の鎖がCoQ10および他の酸化防止剤の有効なリサイクルに要求されるのでので遊離基を形作りがちであるまた傷つけられたチェーン漏出電子あり。 このように、酸化損傷および生物エネルギーの低下は悪循環の補強し合う。

酸化防止剤はCoQ10は住所行為の両側二倍になるが、この問題の1つの側面だけ演説する。 エネルギー生産者CoQ10が細胞呼吸を支えるので、酸化防止剤として酸化損傷から呼吸の鎖の保護を助けるが。 ストックホルム大学の教授のグループによるLars Ernster's研究は内部のミトコンドリアの膜に含まれているCoQ10が膜の脂質、酸化鎖からの呼吸の部品酵素を含む蛋白質を、保護することを示し。

何百もの最後の30年にわたる実験室調査そして臨床試験は生物エネルギーの欠損および酸化圧力を含む病理学のCoQ10の有効性を示した。 興味深い例は脂質の過酸化反応によって精液への酸化損傷によって減らされた運動性をもたらしている精液で不十分なエネルギー生産によって引き起こすことができる特に行い男性の不妊。 最近のパイロット・スタディは多くをより倍増された受精がオスの不妊の患者で評価するCoQ10補足ことが分った。


References*

国際的な補酵素Q10連合のウェブサイトはCoQ10研究者によって優秀な「補酵素Q10への紹介を」ピーターH. Langsjoen、MD含んでいる(Langsjoen PH 1994年として上で引用される)。 この区域の文献の先生の巧妙な検討についてはLangsjoen's 「心循環器疾患のCoQ10の使用の概観を」また見なさい(Langsjoen PH、ndとして等上で引用される)。 連合のウェブサイトはwwwcsi.unian.it/coenzymeQ/indexd.htmlで見つけることができる

科学的な専門用語のノート

研究報告はユビキノンとして補酵素Q10、補酵素Qまたはubidecarenoneを示すかもしれない。 酸化防止形態の補酵素Q10はubiquinol、ubiquinol-10またはCoQ10H2と言われる。 補酵素Q10のユビキノンの科学的な名前は、それがあらゆる細胞にあり、キノンの化学系列に属するので「いたるところにあるキノン」を意味する。 遊離基は反応ともっときちんと言われる
酸素種(ROS)および反応窒素種(RNS)。

* CoQ10があなたの循環系」をいかに保護するか参照のための「
そして「活力および長寿のための細胞栄養物」。


心血管療法のための参照

禁止の補酵素Qの等例えばBliznakovの生化学的な、臨床結果(10)脂質低下HMG CoA還元酵素の抑制剤(statins)による生合成: 重大な概観。 1998. ADV Ther 15: 218-228.

激しい心臓酸化圧力の慢性のユビキノンの管理のフェララNの等保護役割。 1995. J Pharmacol Exp. Ther 274: 858-865.

補酵素Q10との心筋症の有効な療法のFolkers Kの等生化学的な理論的根拠そして心筋のティッシュ データ。 1985年。 Proc国民のAcad Sci米国82: 901-904.

Folkers K等。 期間3か月のの補酵素Q10の1年の生物学的利用能の調査回収の。 1994. Molecの面Med 15、Suppl: S281-285.

Hanaki Yの等補酵素Q10および冠状動脈
病気。 1993. Clin Investig 71、Suppl: S112-S115.

慢性の安定した狭心症の練習の許容に対する補酵素Q10の神川町Tの等効果。 1985. AM J Cardiol 56: 247-251.

臨床心臓学の補酵素Q10のLangsjoen Hの等実用性: 長期調査。 1994. Molecの面Med 15、Suppl: S165-S175.

補酵素Q10との必要な高血圧のLangsjoen Pの等処置。 1994年。 Molecの面Med 15、Suppl: S265-S272.

Langsjoen PH等。 老化の中心: diastolicの逆転
年配者の口頭CoQ10の使用による機能障害。 KlatzのRMでは等(ED)、反老化の医学の治療法。 健康の探求Publications 1997年。 PP. 113-120。

Satoh Kの等親脂性HMG CoA還元酵素の抑制剤は犬の心筋に圧倒を高める。 2000. J Cardiovasc Pharmacol 35: 256-62.

虚血誘発のST区分の不況に対する補酵素Q10のSchardt Fの等効果: 二重盲目の、偽薬制御のクロスオーバーの調査。 Folkers Kでは補酵素Q、Vol. 5.の等(ED)、生物医学的なそして臨床面。

Elsevier 1986年。 PP. 385-403。

Senni M等。 コミュニティの鬱血性心不全の管理のエコー心電図検査の使用。 1999. J AM Coll Cardiol 33: 164-170.

適当な心不全および慢性の安定した努力のアンギーナの患者のCoQ10のSerra Gの等評価。 Folkers Kでは補酵素Q、Vol. 6. Elsevier 1991年の等(ED)、生物医学的なそして臨床面。 PP. 327-338。

ランダム化されるSinghのRB等激しい心筋梗塞を用いる患者の補酵素Q10の二重盲目の偽薬制御の試験。 1998. CardiovascはTher 12に薬剤を入れる: 347-353.

実験アテローム性動脈硬化に対する補酵素Q10のSinghのRBの等効果および化学成分およびウサギのatheromaの質。 2000. アテローム性動脈硬化148: 275-282.

臨床のメタ分析によって照らされる補酵素Q10との鬱血性心不全のSoja AMの等処置
試験。 1997. Molecの面Med。 18、Suppl: S159-S168.

Tresch DD。 より古い患者の心不全の臨床診断。 1997. J AM Geriatr Soc 45: 1128-1133.


酸化防止防衛のための参照

Alleva R等。 人間の精液液体に於いての脂質のヒドロペルオキシドの形成に対するubiquinol-10の保護役割。 1997. Molecの面Med 18、Suppl: S221-228.

Dlugosz A等。 ペンキおよびラッカー企業の労働者の脂質に対する補酵素Qのchemoprotective効果。 1998. Intl J Occup Med Envの健康11: 153-163.

ユビキノンのErnster Lの等生化学的な、生理学的な医学の面は作用する。 1995. Biochim Biophysのアクタ1271: 195-204.

脂質の過酸化反応の間のミトコンドリア蛋白質そしてDNAへの酸化損傷に対する内生ubiquinolの保護効果のためのForsmark-Andree Pの等証拠。 1994. Molecの面Med 15、Suppl: S73-S81.

ユビキノンの内容のForsmark-Andree Pの等脂質の過酸化反応および変更およびsubmitochondrial粒子の呼吸のチェーン酵素。 1997. 自由なRadic Biol Med 22: 391-400.

生物学および薬の第3 ednのHalliwell Bの等遊離基。 オックスフォード1999年。

Harman D. Aging: 遊離基および放射線化学に基づく理論。 1956. J Gerontol 12: 298-300.

Harman D。 体内時計: mitochondriaか。 1972.
J AM Geriatr Soc 20: 145-147.

Harman D. Extendingの機能寿命。 1998. Exp. Gerontol 33: 95-112.

4ヒドロキシ2 nonenalによるNADHつながれたミトコンドリアの呼吸のHumphries KMの等阻止。 1998. 生物化学37: 552-557.

Kontush人間の低密度の脂蛋白質の生理学的な集中のubiquinol-10の等Antioxidative活動。 1995. Biochem Biophysのアクタ1258: 177-187.

Lewin A等。 精液に対する補酵素Q10の効果
運動性および機能。 1997. Molecの面Med 18、Suppl: S213-S219.

細胞の老化に於いてのMiquel Jの等ミトコンドリアの役割。 1980. Exp. Gerontol 15: 575-591.

Miquel J。 老化の酸素の圧力ミトコンドリアの突然変異理論の更新: 遺伝および発展
含意。 1998. Exp. Gerontol 33: 113-126.

食肉牛R等Ubiquinol-10はトコフェロールをする脂質の過酸化反応から人間の低密度の脂蛋白質をもっと効率的に保護する。 1991. Proc国民のAcad Sci米国88:
1646-1650.

補酵素QとのトマスS等Cosupplementationはトコフェロールのprooxidant効果を防ぎ、金属依存した転移にLDLの抵抗を高める
酸化開始。 1996. Arterioscler Thromb Vasc Biol 16:
687-696.

ubiquinol-10によるLDLの酸化のトマスSの等阻止。 atherolsclerosisの補酵素Qのための保護メカニズムか。 1997. Molecの面Med 18、Suppl:
S85-S103.

人間のトマスSの等酸化そしてantioxidation
低密度脂蛋白質および血しょうは3-morpholinosydnonimineおよび試薬のperoxynitriteに露出した。 1998. Chem Res Toxicol 11: 484-494.



雑誌のフォーラムに戻る