生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌




更新される生命延長基礎
ビタミンCの反駁
1998年4月14日

媒体はビタミンCを攻撃する

On 1998年は4月8日、ビタミンCにより遊離基をことを作り出す鉄との反応によって 細胞傷害を 引き起こすことができることを示しているイギリスの科学者のチーム レポートを出した。

このレポートは6週間1日あたりのビタミンCの500 mgを与えられた 30人の 人間のボランティアに基づいていた。 科学者はビタミンCが保護効果を 作り出す 間、またDNAの損害を与えることができる二重活動があることを示した。

この調査に応じて、新聞はビタミンCの使用を攻撃する記事を 書いた。 続くものが新聞が1998年4月9日印刷したものをの例にである:

、ここに少数の科学的な事実はこのレポートの予備の分析に基づいている:

それはビタミンCがボディの酸化防止剤および親オキシダントの両方効果を作り出す こと 分子生物学の分野の有名である。 そういうわけで誰もまたビタミンEを 取らないで ビタミンCを取るべきではない。

ビタミンCは 摂取された後、酸化防止剤として自身の電子の移動によってボディの遊離基から保護するために作用する。 それが電子バランスを失えば、 ビタミンCは dehydroascorbic酸と呼ばれる酸化の混合物に退化する。 ビタミンEは自由にdehydroascorbic酸へ自身の電子を 寄付すること によってとりわけ酸化させたビタミンCを再生するために示されていた。 ビタミンC (アスコルビン酸)に再びdehydroascorbic酸を再生するが、ビタミンEは最もよくとり上げられるシステインのような他の酸化防止剤がある。

Linus Paulingの協会の予備の応答はビタミンCは防ぐとイギリスの科学者が言った酸化傷害のタイプが 10 ビタミンCにより引き起こすとイギリスの科学者が言う損傷のタイプより危ない倍 こと だった。 Linus Paulingの協会はまたイギリスの科学者が言うこと ビタミンCが 酸化損傷のタイプを防いだこと前の研究の提示を引用したにより引き起こしたことを。

別の予備の反駁は彼等の測定されたかもしれないがイギリスの科学者がだけそれらの2つを見た20のタイプのDNAの損傷がであることを指摘した。 この健康の時事通信(栄養物レポーター)は次の引用を含むイギリスの調査の多くの穴を突いた:

「調査はちょうど500によりDNAでビタミンCの日刊新聞 mg壊れ目を引き起こすこと、あなたの遺伝子を形作る複雑な蛋白質報告された。 遺伝子の損傷は癌をもたらす場合があるので人々を刃の鋭くさせる。 しかし見出しはビタミンCの補足がDNAの壊れ目を防ぐ ことを 全く同じように示したかもしれない。 それはビタミンCまた減らされたDNAは」壊れる ことが 調査が分ったのである。

イギリスの科学者は今ビタミンCのどんな線量がこの種類の酸化圧力をか もたらさないで 取ることができるか丁度定めるために付加的な研究をしたいと思う。 生命延長基礎はビタミンEの400のIUのカプセルの付加がビタミンCが単独で管理されたときに見られた酸化の効果を除去するかもしれないことを提案しているこれらの科学者に 手紙を書いた。

調査はLEFの位置を認可する

この小さい調査はビタミンCがビタミンEのような他の酸化防止剤と取られるべきであること 生命延長基礎の長年の位置の認可を 助ける。 ほとんどのビタミンの補足のユーザーはビタミンEを取り、イギリスの科学者が観察する損傷のタイプから保護される。 酸化防止剤はnアセチル システインを好む酸化させたビタミンCの形成そして細胞効果に対して重要な保護を提供するために、ブドウ種および緑茶のエキスはまた 示されていた

ビタミンCの500 mgの毎日の取入口はより多くのDNAの損傷をより防いだ こと イギリスの科学者がそれをもたらした示す間、ビタミンCを攻撃する媒体の逆上は この重要な事実をほとんどの人々によって見落した。 「ビタミン激しくぶつかること」のこの事件により残念ながら多くの人々は退化的な病気を防ぐためにたくさんの調査で文書化された補足を取ることを止める。

生命延長基礎は ビタミンCを取ることは安全であることメンバーを保証するためにこのどたん場のレポートを 書いた。 ボディのビタミンCそしてEの 相互作用のより多くの深さの記事は生命延長雑誌の未来の問題で 出版される