生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌



生命延長基礎の予備
最近のビタミンCの調査への反駁
1998年4月9日

ビタミンCの大量服用は損害を与える

ビタミンCが60 mgの日線量で癌防止および遊離基の抑制のために有効だったが、500 mg日で、癌か慢性関節リウマチをもたらすことができる遺伝の損害を与えたことO n 1998年は4月8日、イギリスの科学者調査の提示の結果を解放した。

研究者は30人の人間のボランティアに6週間500のmgのビタミンCの補足を与えた。 科学者は500 mgが保護効果を作り出す間、日、またまた損害を与えることができる二重活動があるようであることを示した。

ビタミンCの大量服用は損傷細胞DNAに鉄および他の金属と反応するために示されていた。

ビタミンCがビタミンEのような他の酸化防止剤と取られなければならないこと生命延長基礎の17年の位置を認可するこの小さい調査の助けまたはビタミンCはDNA有害な遊離基を作り出す鉄および銅と反応する。

彼が他の酸化防止剤なしで与えられたビタミンCの大量服用は実際に寿命を短くしたことを示す動物実験を引用したときに、Saulケントは生命延長基礎の大統領最初に1978年にこの情報を引き出した。

ほとんどのビタミンの補足のユーザーは葉酸のビタミンEの少なくとも400のiu、および400 mcgを毎日消費する。 これら二つの栄養素の付加はイギリスの科学者が観察した鉄誘発DNAの損傷を防いだかもしれない。 特定の酸化防止剤はnアセチル システインを好む、ブドウ種および緑茶のエキスは鉄および銅を触媒作用を及ぼすビタミンCの結果として引き起こされたDNAの損傷に対して重要な保護に与える。

イギリスの科学者は日、それビタミンCの500 mgの大量服用でより多くの損傷を防いでいたことによりそれ作成していた注意した。