生命延長血液検査の極度の販売

ニュース

この記事はHealthfreedom.netからの許可と 再版された

FDAはあなたの食料貯蔵室を調整するように努める

FDAは食糧の意図されていた使用が病気を防ぐか、または扱うことなら自然な食糧の販売を禁止するように努めている。 食糧が多くの病気の防止そして処置両方の有効な効果を出すことデータに基づいて、この提案された禁止は基づいた身体歴を自分自身で消費することができるようにどの食糧が最もよいか定めることをアメリカ人は必要とする情報を不法とする。 続くものがFDAが提案し、ことそれの停止を助けるようにことができるものをの検討するすることをである。

健康の自由のためのアメリカ連合および健康の自由の基礎はFDA文書2006D-0480 -食品医薬品局(FDAの概要)による補足および代替医療プロダクトそして規則の企業のための草案指導と非常に心配している

このような指導は非常に複雑であり、執筆でに十分確認され、答えなければならない法律上の問題がある。 従って、手始めとして、私達は公式にFDAが2007年7月31日にコメントのための締切を延長するように要求した。 FDAがコメントを提供した時間は規則のために単に余りに短いこの複雑および重要。 私達は議会がFDAをコメントの期間を拡張してもらうように要求している。

説明

文書で提案されるFDAによって取締権限の多くは既に要求される。 例えばサプリメントに関係し、食糧が現在許可されないと同時に、健康の要求を、および人々を作ってそう活発にFDAおよび連邦通商委員会両方によって追求される。

専攻学生心配

私達にCAMの正規の指導の複数の心配がある間、あるヘルスケア問題の規則の州を先買権によって獲得する、最も大きい2つは「健康要求」のの定義および欲求を広げている。

例えば、文書は野菜ジュースが薬剤といかに定義されるかもしれないか定義するように試みる: 「最適の健康を促進する人がジュース療法の使用のために生野菜ジュースを作り出し、販売することにすればこの平均は、例えば、行為の食糧のための条件に応じてそのプロダクト食糧であり、ジュース療法が一般的な健康のためのの代りに病気の処置養生法の一部として使用のために意図されていればFDAの規則は…行為の下に薬剤として規則に応じて、野菜ジュース」ある。

FDAは「… (b)人または他の動物の病気の診断、治療、軽減、処置または防止の使用のために意図されている記事と薬剤を定義する; そして(c)記事は(食糧以外)人または他の動物のボディの構造か機能に影響を与えるように意図した」。

FDAはどの人でも(かプロダクト)防ぐために「飲み物野菜ジュース[挿入物の病気]」を示す実際に薬剤の要求をしていることを信じることを示している; そして野菜ジュースが米国の法的に利用できる薬剤としてFDAによって確認されなければ薬を練習するために認可される医学の専門家でなければ、要求をしている人(か製造業者実行に応じて)今である。

だれがか研究のドルの後続の何百万にんじんジュースを毒性($200,000)およびにんじんジュースの効力の調査を行なうために薬剤として承認されて得るために$50,000 investigational新しい薬剤塗布に資金を供給する行っている($3,000,000および持ち上げるため)か。 これがにんじんジュースは影響があるかもしれないあらゆる病気プロセスのために別にされなければならないことを心に留めておきなさい。

なぜ今か。

FDAはなぜこの文書を作成したか。 幾つかの理論がある。 1つは補足および代替医療(NCCAM)のための国民の中心が思考様式とFDAを「調和している」頼んだことである。 別のものはプロダクト(FDAの主要な心配)の輸入がやがて一番の問題であることである。 (機能食糧のFDAの12月の会合によって予め警告される)機能食糧はまたターゲットであることができる。 にもかかわらず健康の自由のコミュニティは文書の準備で相談されなかったことを、私達がなぜ知っているか。 なお、食糧、プロダクト、医療機器および療法のひとまとめにすることは」扱いにくくの、混同、および違憲の「思考様式のために作り、消費者のために最もよいものを表さない。

影響

草案指導は、終了されたとき、補足および代替医療プロダクトの規則の代理店の最新の考え方を表す。 それは法律を変えないが、食糧、療法およびプロダクトがいかにに関して調整できるか潜在的で主要な拡張を表す。 それ以上の心配の議会に圧力をかけるのに立法を変えるためにこの文書が健康の自由の反対者および調整装置によって使用できることである。 文書の言語は私達に大きな関心事であり、私達はFDAのような代理店が現在の形態の文書を終了するように許すできない。

行為

コメントの期間は2007年4月30日に切れる。 ずっとそれはコメントの期間の間のFDAへの市民の手紙にまれにFDAの意思決定過程の影響がないこと私達の経験である。 これはこの状態への適切な応答がちょうど使用中ですこと(FDAへの執筆手紙でように)有効であるでなくので知ってが重要である。 FDAが私達に告げた何を従業者のグループおよび産業団体から聞きたいと思うことである。 FDAの役人が選ばれないこと、そして一般に公衆の願いが聞き流されることを覚えなさい。

この文書で輪郭を描かれる問題に関係するのでFDAの行為に影響を及ぼして本当らしい2つの事は次のとおりである:

  • FDAの権限を形づけるためのいろいろなメカニズムがある国会議員。
  • 彼らの州内のヘルスケアの活動を調整するために代理店が権限を奪うことを試みれば訴訟を脅すことができる州の司法長官。

上を考慮して、私達はこれらの処置をとっている:

  • 私達は私達の議会の同盟国に警告して、適切な行動を取ることをそれらに尋ねている。 私達はそれがこれらの選ばれた役員に書き、あなたの願いを知られていてにする時間のとき知らせる。
  • 私達は一種のこの文書に法の力を与えるように努力すると同時にFDAの官僚主義が(または実際に ほしくない )たいと思う見技術的詳細がある指導への広範な法的応答を依託した。
  • 私達は州の規定する活動の中央政府干渉のための潜在性のそれらを知らせるために各州の適切な役人と伝達し合うことを計画している。

FDAを書いたら、議会のあなたの代表にあなたの心配のコピーを送りなさい。 これらの選ばれた役員は あなたの 意見を気遣い、あなたの声は重要である。

概要

私達はCAMの正規の指導が機能食糧にFDAの規定するアプローチの調子を、代替医療療法、装置およびプロダクトおよびサプリメント置き、上すべてへのアクセスを制限する未来の立法のための段階セットを助けることができることを信じる。 個人によるFDAへの一般意見が企画の間、私達は戦いのFDAの「」思考様式がより強い企画を要求すること、そして私達が続くために準備されることわかっていてほしい。 私達によってはずっとFDAが前に戦い、成功している。

健康の自由のコミュニティに直面する注意を必要とする、そしてところであなたの行為が大きい違いを生じることができる多数の問題がある: 個性化される/薬を混合するへのアクセスを制限する草案; 個々の州によって脅されることを練習する従業者の権利; そしてRep。 殺されるべき「ヘビ」であるので」サプリメントを殺したいと思うDingell 「。

私達が健康の自由のコミュニティに直面する重要な問題に勤勉に取り組んでいることを知りなさい。 それは時間がおよびお金を両方かかり、あなたの 財政援助は 非常に認められる。

コメントを堤出しなさい

FDAにあなたの文書によるコメントを堤出することを望んだら次の方法の1つを使用しなさい:

郵便:

事件要領書管理(HFA-305)の分割
食品医薬品局
5630人の漁師の車線、部屋1061
ロックビル、MD 20853


方法が、事件要領書いいえ2006D-0480を示して確実 である問題無し

 

  • 消費者警報 | あなたが決まるDHEAのような栄養の補足やホルモンを得るあなたの権利に影響を与えることができる問題について学びなさい。

  • LEFのフォーラム | 生命延長は生命extensionistsに補足、ホルモン、生活様式、無秩序/病気および他の関心領域のフォーラムを世界的に催す。

  • 熱い何が | ニュース速報はヘルスケア、栄養の補足および長寿で最も最近の前進と最新保つために頻繁にここに掲示される。

  • 立法行為の中心 | 生命延長雑誌および私達のウェブサイトで特色になる 重要な 最新号の処置をとりなさい。

  • でき事 | 次の生命延長関連会議について、セミナーおよび会合、または眺めのレポートの過去でき事調べなさい。

  • 生命延長更新 | 発見されるとすぐ私達の定期刊行物の時事通信長寿の新しい調査結果を、予防医学および病気は報告する!

  • マルチメディアは集中する | あなたにとっての重要性のさまざまな健康のトピックを特色にするビデオおよび音声の情報でいっぱいのコレクション。

あなたの自由な栄養の補足ガイドを得なさい