生命延長血液検査の極度の販売

ニュース


ニューヨーク・タイムズは サプリメントを攻撃する
生命延長基礎は答える

論争は健康な人々がサプリメントを取るべきであるかどうかについて起こり続ける。 最も最近の例はであり無用 および 危険を伴うとしてニューヨーク・タイムズの記事(2003年4月29日)その攻撃のビタミンの補足。

この記事のための基礎は大きい企業のためのPR活動の前部として役立つことを以前の新聞発表が示す組織からの否定的なコメントだった。 この構成が過去数年間を引き継いだ位置のいくつかは下記のものを含んでいる:

1) ビーフはアメリカの食事療法に寄与する
2) 有害ではないMcdonald®の食糧
3) アクリルアミドは(フライ ドポテトで見つけられる)癌の危険性を後押ししない
4) 牛挽き肉は照射されるべきである
5) 環境の化学薬品により傷つきやすい子供
6) 間違って何もDDTと
7) 前立腺癌のための危険率は変更することができない
8) ドライ クリーニングの化学薬品(ペルクロロエチレン)は人間の脅威を与えない
9) ディーゼル排気物質は学童に危険を提起しない
10) 卵はアメリカの食事療法の貴重な部品である

それは団体の利益を傷つける健康を損う危険性が覆いを取られる時はいつでもことにようである; この構成は救助に公平な科学的な反駁だったようであろうものがの跳ぶ。 例えば臨床調査が(関係者の生命を保護するため)停止したほど、エストロゲン/プロゲスチンの薬剤が危ない見つけられたときに、この構成はこれらのホルモンの薬剤に対して批評を逸らすのを助けた新聞発表を出した。

この構成からの布告に部分的に基づいて、 ニューヨーク・タイムズは 「病気を防ぐために multivitamins示されていなかった実際に病気」の危険性を高めるためにある特定のビタミンおよび鉱物の十分な線量に高く達することは容易であり、結論に来た

生命延長基礎はニューヨーク・タイムズのこのやかましく非科学的な記事についての詳しい暴露を 書くように 意図する。 この応答の残りはサプリメントのこの根拠がない攻撃への生命延長の最初の応答を表す。

ある科学的な事実

科学文献の証拠の一貫性はサプリメントが病気を防ぐのを助けることを示す。 これは生命延長基礎の、しかしまた世界2の導く医学ジャーナルのちょうど位置ではない。

例えば2002年6月19日に、 (JAMA) 米国医師会医学総合誌はすべての大人の少なくとも1つのmultivitaminの丸薬を毎日取るように助言によって長年のアンチビタミンの方針を逆転させた。 新しいJAMAの指針を書いたハーバード 研究者 に従ってその人々得る十分なビタミンは癌、心臓病および骨粗しょう症のような共通の病気の危険を減らせるかもしれない、ようである。 ハーバード研究者は葉酸、ビタミンB6およびB12の部分最適のレベルが心臓病のための危険率およびコロンおよび乳癌であることを結論を出した; ビタミンDの低水準は骨粗しょう症およびひびに貢献すること; そして不十分なビタミンA、EおよびCは癌および心臓病の危険性を高めるかもしれない。

これは顕著な医学ジャーナルがビタミンの補足の使用に裏書きした時最初になかった。 ニューイングランドの医療ジャーナルの1998 4月 9日、問題は 「タイトルを付けられた記事を正しく食べ、取るサプリメントの病気の防止の利点を示す一連の肯定的な調査に基づいていたMultivitamin」を特色にした。

世界の最も著名なジャーナルの1つは 尖頭アーチである。 イギリスのケンブリッジ大学で尖頭アーチの 2001問題で、研究者は出版された調査では人々がどの位住んでいたか血清のビタミンCを見。 ビタミンCの低水準があった人々は二度死ぬためにが同様に本当らしかった最も高い血清のビタミンCのレベルとそれらと比較されて。 この調査は19,000人上のからの調査結果に基づいていた。 (尖頭アーチ (2001年; 357:657-63))

死を延期したいと思う人のための質問はビタミンCの最も低いですかハイ レベルを含んでほしいあなたの血にある。 低レベルの倍のであること以来死者、落とすあなたの危険ビタミンCで高いフルーツ、野菜をおよび補足を消費するべきである。

8月1996日の臨床栄養物の アメリカ ジャーナルで出版された 魅惑的な調査は9年の期間にそれを、大量服用のビタミンCを消費し、Eが驚かす42%補足死亡率の危険を減らした人々示した。 ビタミンCおよびEの補足を取ればこの11,178人の調査の結果に基づいて、次の9年にわたって死ぬことのあなたのチャンスは42%減る。

癌について心配するか。 あるべきである。 蟹座は1,500アメリカ人を毎日毎日殺す。 私達がより古く育てば、多くをDNAの突然変異は集まる。 変異するDNAにより細胞は細胞周期の取締管理を失う、癌は頻繁に結果である。

有名な看護婦の健康からのデータは葉酸との長期補足は女性の驚かす75%結腸癌の危険を減らすことを衛生学校が示したハーバードで行なわれて調査する。 看護婦の健康の調査に加わっている90,000人の女性があるという事実は特に見つける重要なこれを作る。 (内科(1998年 の史料; 129:517-524)). この調査の著者は補足から得られた葉酸が食事療法で消費された葉酸より結腸癌に対して強い保護効果をもたらしたことを説明した。

この調査は先生のブルース エームズ、葉酸は生命の癌を後でもたらす場合がある最初のDNAの突然変異をことを防ぐことで非常に効果があることを示す多数の記事を書いた有名な分子生物学者仕事の確認を助ける。 結腸癌の発生の75%の減少を示すハーバードこのレポートはDNA保護の物質が(葉酸のような)どの位に消費されるか癌に対する保護のある程度が関連することを示した。 葉酸との短期補足が最底限の保護だけ作り出した一方、結腸癌の75%の減少を経験した15年間日葉酸の400以上mcgに取ったのは女性だった。

(JAMA)米国医師会医学総合誌の1996 12月25日、問題で 出版された記事は日補足のセレニウムの200 mcgが補足のセレニウムを受け取らない偽薬のグループと比較された人間の50%全面的な癌の死亡率を減らしたことを示した。 アメリカの医学連合によって出版されたこの9年の調査は低価格のミネラル補足が半分の癌がもとで死ぬ危険を切ることができることを示した。

多くの人々はまだ葉酸およびセレニウムと補うべきであるかどうか質問する。 あらゆるアメリカ人がこれらの補足を取るべきであるこれらの補足が劇的に癌を引き締める危険を減らすかもしれないことを示す証拠に基づいてようであろう。 それらは日ペニーだけ要し、新人を苦しませる最も恐れられていた病気から保護するために示されていた。

調査によってが1992年にFDAの60 mgの日推薦された日当を消費した人より長さ6年起こったビタミンの補足の利点を立証した最初の人間の1つはUCLAから出る調査がことをビタミンCを取った人報告したときに住んでいた。 10年の期限にわたる11,0000人以上の関係者を評価した調査はそのビタミンCの取入口延長平均寿命のスパンを示し、42%心循環器疾患からの死亡率を減らした。 この調査はジャーナルEpidemiology (1992年 出版された; 3:3、PP。 194-202)。

1つの病理学問題の人間は彼らのボディは余分なホモシステインを解毒してないことである老化すると同時に得る。 ホモシステインが血で集まると同時に、心臓発作のための危険ははっきりと増加するなで。 実際、アメリカ人は連合を報告し15の調査の分析に基づいてそれをなで打撃を驚かす86%によって持っている危険性を高められるホモシステインの適当な増加に穏やか。 ニューイングランドの医療ジャーナルの1998 4月 9日、問題は 心臓発作および打撃の発生を減らす葉酸の使用に裏書きしたがFDAはまだ葉酸にある特定のタイプの生まれつきの障害を防ぐこと以外利点があることを受け入れることを断る社説を運んだ。

ビタミンの補足があなたの死亡日を遅らせることができること確信するか。 そうでなかったら、調査を、イギリス医学ジャーナル (Vol. 314 フィンランドの1605の任意に指定人を老化させた1984年と1989年間の42-60年を評価した問題708、1997年)で出版されたと考慮しなさい。 これらの人のどれも既存の心臓病の証拠がなかった。 他の混同の要因を調節の後で、ビタミンCが不十分だった人は3.5ビタミンCが不十分ではなかった人より倍より多くの心臓発作があった。 科学者の結論は低い血しょうアスコルビン酸塩の集中によって査定されて、冠状心臓病のための危険率が」のように、「ビタミンC不足あった。

ビタミンCにより腎臓結石を引き起こすか。 それは14年の調査の期間にわたる85,557人の女性を評価するとき何人かの医者がまだ言うが、ハーバード衛生学校からのレポートは腎臓結石の高められた危険を示さなかったことである。 腎臓学のアメリカの社会のジャーナルの4月 1999日問題で出版されたこのレポートは1500のmgを消費した日またはビタミンCの多くは日ビタミンCの250以下mgを消費した女性より本当らしくなかった腎臓結石を開発するために女性ことを示した。 調査は40 mgを消費したまたはビタミンB6の多く少数により3日B6のmgを取っている女性と比較された腎臓結石を引き締める多分34%才だった女性がことを明らかにした。 従って腎臓結石の危険が除外されたので、ビタミンCの補足に全くの利益を示す人間の調査のいくつかを見よう。

アメリカの中心連合のジャーナル循環の3月9日、1999により問題 ではendothelial (幹線ライニングの)機能障害の急速な手始めを引き起こすために、高いホモシステインのレベル示されていた。 このタイプの機能障害は血の流れを減らし、致命的な幹線痙攣を促進できる。 ビタミンCは酸化圧力のメカニズムとの干渉によって幹線機能障害を禁じた。 調査を行なっている医者は管のendothelial機能の激しい減損がビタミンCとの前処理によって防ぐことができることを示した。

Cardiology (1998年のアメリカの 大学のジャーナルで出版される 二重盲目の調査; Vol. 31の問題6、硝酸塩の効果比較されるビタミンCを受け取らない偽薬のグループにビタミンCを受け取っている人々でpp.1323-1329は)薬剤を入れる。 医者は冠動脈疾患の健康な人々そして患者に硝酸塩の薬剤を管理し、次にcGMP、硝酸塩の薬剤によって減るエネルギー基質のvasodilationの応答そして細胞レベルを測定した。 日ゼロでベースラインを確立するために、すべての関係者は測定された。 3日のビタミンCの管理(毎日2グラム/3回)後で、どちらのグループでも変更がなかった。 6日のビタミンC療法後でvasodilationの応答の印象的な42%の改善は観察され、細胞cGMPのレベルの60%の改善は偽薬と比較されたビタミンCを受け取っている冠動脈疾患の患者で測定された。 同じような改善は偽薬のグループと比較されたビタミンCを取る健常者で行われた。 医者は示すことによって調査を完了した、ビタミンCとの組合せ療法が硝酸塩の許容の開発を」は防ぐために役に立ちそうであることを「これらの結果示す。

臨床Investigation (1998年の ジャーナルで出版される 別の調査; 7月1)日は人間の患者に対する硝酸塩の薬療法の効果を見た。 許容開発は隔離された患者の動脈圧、脈拍圧力、心拍数および活動の変更によって監察された。 すべての患者は硝酸塩の許容の有害な効果を経験した。 但し、ビタミンCが硝酸塩の薬剤と共同管理されたときに、硝酸塩の許容の効果は事実上除去された。 最も重要な改善は幹線伝導性テストの310%の改善だった。 硝酸塩の薬剤は血小板の危ないupregulated活動を引き起こしたが、これはビタミンCの補足と余りに逆転した。 この調査を行なった医者は人間でビタミンCが硝酸塩の長期かもしれないことを、非断続的な管理の間に利点である薬剤を入れる示した。

慢性の心不全は幹線システムのendothelialライニングの容量を膨張させることを減らされると関連付けられる。 科学者は高解像の超音波およびドップラーによって放射状動脈の直径および血の流れを測定するために心不全の患者をテストした。 ビタミンCは心不全を用いる患者の幹線膨張の応答そして血の流れの速度を元通りにした。 科学者は行為のメカニズムが、重要な前駆物質ビタミンCが一酸化窒素の供給を高めたことだったことをcGMPに定めた。 この調査はジャーナル循環の2月1998日問題で出版された。

また1998年に、冠動脈疾患に対するビタミンCの効果の別の面は発見された。 Cardiology (1998年の アメリカの大学のジャーナルで出版される 調査; 41:5,980-6)低い血しょうアスコルビン酸のレベルが独自に心臓病患者の不安定な冠状シンドロームの存在を予測することを示されている。 医者に従って、調査の結果は起因するかもしれないことを冠動脈疾患の処理のビタミンCの有利な効果がことを固定病気の全面的な範囲の減少よりもむしろ幹線壁の損害の活動の影響によって、一部には、示した。

出版された研究の調査結果はビタミンCが冠動脈疾患の患者の死亡率を減らすかもしれない提案し多分硝酸塩の薬剤を取るそれらの硝酸塩の許容の効果をことを除去する。 冠動脈疾患のための療法として医学の確立で確認されなくて間、そこに今集められた富ビタミンCが中心関連の病気の処置で有利な効果をもたらす証拠のある。

主流の薬は歴史的にビタミンCの補足を冷やかした。 今日の現代世界では、慣習的な薬はビタミンCの200だけmgが要求されると日、言う最適の利点を作り出すようにビタミンCの大量服用が要求されることを示す調査結果にもかかわらず。 その間、FDAはビタミンCの60以下mgが必要ではないこと日位置と付き続ける。

補足のビタミンの取入口についての最も頻繁に表明された批評は」、を、「高い尿作り出すことであり、ビタミンCのような水溶性ビタミン以来Bのビタミンは摂取の時間内のぼうこうに急速に排泄される。 しかしそれはある特定のビタミンが膀胱癌を引き起こす化学薬品を禁じるので好ましいビタミンのぼうこうが十分にあるようである。 疫学のアメリカ ジャーナルの9月 1996日問題では、ビタミンの受け手の膀胱癌の危険の調査は次を示した:

1) ビタミンAおよびベータ カロチンの高い取入口はビタミンAおよびベータ カロチンの取入口の低水準と比較された膀胱癌の発生の48%の減少と関連付けられた。
2) ビタミンCの多量を取っている人々は膀胱癌の50%減らされた率があった。 502にmgを取ったまたは日ビタミンCの多くはビタミンCを取らなかった人と比較された膀胱癌の60%の減少があった人は。
3) 少なくとも10年間複数のビタミンの補足を取った人のために、膀胱癌の減少はビタミンの補足を取らなかった人々と比較された61%だった。
4) 揚げられていた食糧の高い取入口は倍と膀胱癌の危険関連付けられた。

調査は酸化防止補足が激流の危険を減らすことを示す。 疫学(1996年9月 )のアメリカ ジャーナルの1つの調査は皮層レンズのopacities (激流)の血清のビタミンEと開発間の連合を確認するために3年間410人を評価した。 血清のビタミンEの低レベルの人はビタミンEの最も高い血清のレベルと人と比較された激流のこの形態の3.7倍より大きい危険があった。

激流が通常治療可能な間、ぬれた黄斑の退化と呼ばれる病気はない。 ほうれんそうを食べ、コラードに緑黄斑の退化の低い率がある人、およびこの盲目になる病気から保護するべきこれらの野菜の思考からのエキスはルテインおよびゼアキサンチンを含んでいるサプリメントで今利用できる。

栄養補足の効果を減らす病気を認可するすべての出版された調査の暗唱はたくさんのページを消費する。 この短縮された応答で示される科学的な調査に基づいて 防ぐためにmultivitamins 示されていなかったニューヨーク・タイムズの声明はあらゆる病気」が 明らかに偽である。

ビタミンは危ない場合もあるか。

サプリメントの医療補助を論議するたくさんの調査を無視している間、 ニューヨーク・タイムズは ある特定のビタミンの余分な取入口は有害かもしれないことを示したあらゆる調査を記述した。

ニューヨーク・タイムズの 記事は鉄の積み過ぎの病気および高められた心臓発作の危険に貢献するので補足の鉄の重大だった。 多くの人々のために、これは本当である。 最初に1983年に鉄の補足およびニューヨーク・タイムズに対して警告された生命 延長は この事実の指摘で正しかった。

ビタミンAは超過量が骨折の危険を高めることができることを示す調査に基づいていた攻撃された。 生命延長はこれらの調査に後で演説するが、それらの少なくとも1つの主要な欠陥は調査官がビタミンDのような骨の保護の栄養素の取入口を確認しなかったことである。 骨の健康を維持するのに必要とされたすべての栄養素を説明しないことをするこれらの種類の調査を非常に不審。 ビタミンAが癌の危険性を減らすというかなりの証拠がある。 ビタミンAの補足からの驚くべき人々によって、 ニューヨーク・タイムズは 読者にひどい仕打をした

ニューヨーク・タイムズは 1つの異常な調査をだった「ステント」を植え付けてもらった患者に冠状動脈の高められた制限を引き起こされた葉酸記述した。 無視された何が葉酸が有毒なホモシステインの血レベルを減らし、endothelial機能障害(幹線ライニングの損傷)に対して守ることを含む複数の有名なメカニズムによって冠状動脈を保護することを示す他のすべての調査はあった。 ニューヨーク・タイムズは 冠状血管形成を経た患者の妨げられた動脈の再発を防ぐために助けられる葉酸、ビタミンB12およびビタミンB6 6ヵ月の調査の提示の調査結果の見落としで特に言語道断だった。 この調査は米国医師会医学総合誌の2002 8月 28日、問題で出版された

予備の結論

保護サプリメントのどんなある程度が病気に関してに対してできるか科学文献に否定がある。 どの科学的な調査でも行なわれるとき、調査結果を混同できるより多くの要因がある。 結果は健康な人々がサプリメントを取るべきであるかどうかについて継続論争である。

生命延長基礎は組織的に病気の危険を減らすように努めるそれらに実用的な価値であるサプリメントの適切な線量を識別するために出版された科学文献を見直すように巨大な資源を費やす。

それはニューヨーク・タイムズの記事が「ビタミンとよんだ生命延長 基礎 の位置である: 余りにも多くは」主として根拠がないもっとあるように。 ニューヨーク・タイムズの巨大な循環が 原因で、最終結果はサプリメントの適切な使用によって予防可能のために示されていた病気から死ぬ数万人の人々の不必要な死である。

 

  • 消費者警報 | あなたが決まるDHEAのような栄養の補足やホルモンを得るあなたの権利に影響を与えることができる問題について学びなさい。

  • LEFのフォーラム | 生命延長は生命extensionistsに補足、ホルモン、生活様式、無秩序/病気および他の関心領域のフォーラムを世界的に催す。

  • 熱い何が | ニュース速報はヘルスケア、栄養の補足および長寿で最も最近の前進と最新保つために頻繁にここに掲示される。

  • 立法行為の中心 | 生命延長雑誌および私達のウェブサイトで特色になる 重要な 最新号の処置をとりなさい。

  • でき事 | 次の生命延長関連会議について、セミナーおよび会合、または眺めのレポートの過去でき事調べなさい。

  • 生命延長更新 | 発見されるとすぐ私達の定期刊行物の時事通信長寿の新しい調査結果を、予防医学および病気は報告する!

  • マルチメディアは集中する | あなたにとっての重要性のさまざまな健康のトピックを特色にするビデオおよび音声の情報でいっぱいのコレクション。

あなたの自由な栄養の補足ガイドを得なさい