生命延長スキン ケアの販売

ニュース

イメージ
ミハエルWest先生、高度の細胞の技術の社長兼最高経営責任者- Matthewのペースによる写真

クローニングとの老化の征服

生命延長は反老化の クローニング研究 の新しい進歩のミハエル西にインタビューする

クローンとして作ること: 単語は空想科学小説のように聞こえる。 しかし今ではクローニングは多くの種類のための科学の事実であり、老化の人間の問題の大半のための答えを保持できる。 クローニングの最近の前進は驚くべき速度と来たが、老化することへの適用の可能性についての疑いは残った。 今度は、ジャーナル科学(1)の4月28日、2000は問題で出版される主要で新しい ペーパー で先生によってミハエルWest導かれるグループ クローニング研究のこれまでのところ革命的な前進であるかもしれないものが報告した。 彼らはクローンとして作ることが全く細胞老化を逆転できることが分った。 与えるためにはクローニングを使用するための見通しと老化に、グレゴリーFahy、Ph.DおよびSaulケント、生命延長基礎の大統領および創設者介入するのにいかにの合うか裏話をこの進歩の、そして2000年3月18日の電話によって先生にインタビューしたWest。 West先生はGeronの創設者である。 彼は現在科学で報告された研究が行なわれたウスター、マサチューセッツの高度の細胞の技術の 社長兼最高経営責任者 である。

生命延長(LEF): 始めに始まろう。 高度の細胞の技術(行為)のクローニング機会を追求するためにGeronを残したこと与えられてクローニングは明らかにかなり重要でなければならない。 しかし何がクローンとして作っているか。

西マイク: 普及した言語で使用されると同時に、クローンとして作ることは私達が動物を再生する無性方法である、核移動を呼ぶプロセスを意味する。 2匹の動物の間で精液および卵細胞および遺伝の組合せを、クローンとして作っている独特な子孫を得ることを使用してよりもむしろ作ることは既存の動物のボディからDNAおよび細胞の除去される卵細胞を使用する。 そのボディ(体性)細胞は卵細胞にそれから置かれる。

LEF: 全細胞は卵細胞に置かれるか。

西: はい。 これは私達が核移動を呼ぶステップである。

LEF: それが核心より多くであるのに。

西: はい。 私達が普通することは取り、全体の体細胞をDNAが取除かれた卵細胞に移すある。 結果は次に既存の動物からのDNAすべてがある、従って生じる胚は、結局、動物細胞が独特で新しい動物に導く、正常な有性生殖とは違って、取られた元の動物と遺伝的に同一であり、細胞である。 ある意味でそれは生まれ変わっている。 それは元の動物(2,3)の遺伝的に同一のコピーの再生である。

LEF: クローニングをする違った方法があるか。 それによっては細胞の源がである例えばものが重要であるか。

西: 技術はにわたるまたはそう幾分広まった方法最後の5年で実際にしか使用されなかった。 そう、知る限りでは、異なった一種の私達が動物をクローンとして作ることができるボディの細胞すべての完全な調査がずっとない。 しかし私達は通常簡単にアクセスできる頬の内部からの皮膚細胞または粘膜の上皮細胞のような細胞からの動物をクローンとして作ることは可能であることがわかる。

LEF: クローニングはいかに反老化の薬の分野に影響を与えるでしようか。

西: それで、人間の老化の間に、私達にあなたがあなたの自動車にそのうちに見る損傷とは違う私達の体でティッシュおよび細胞への損傷が、完全にある。 従って、ちょうどあなたのキャブレターのようにある時点で取り替えられる必要があるまたはあなたの点火プラグはあなたに取り替えられる必要がある器官がある消耗を通して、ちょうど取り替えられる必要がある。 私は顕著な例がクロス・カントリーの競争の落下のために自転車歯の損失のような何かであることを推測する。 または皮の焼跡か他の外傷。 また、当然、腎臓を傷つけることができる腎臓の伝染のような感染症が、あることができる。 腎臓が再生しないので、取り替えられる必要がある。 従って老化の間に、私達は細胞をやティッシュおよび器官取り替えてもらう必要がある場合もある。

LEF: 治療上のクローン人間の作成は何であるか。

西: 治療上のクローン人間の作成は身に着けられていた細胞およびティッシュ(4-7)を取り替えることをそれらが必要とする人と同一の種類の若い細胞そしてティッシュを(可能性としては)作り直す可能性のために遺伝的にクローンとして作っている。

LEF: 私は私達が治療上のクローン人間の作成述べているとき、私達は今あなたが私達に先に与えたクローニングの定義を変えていること明白になる必要があることを考える。 私達は成長する言うその子供から12歳の子供そして次に大人、権利の古いティッシュを取り替えるために器官を取ることを述べていないか。

西: 権利。 私達が倫理的のとして提案し、人間の薬の競技場のクローニング技術の道徳的な使用が細胞の顕微鏡の球の作成である何を、blastocystsと呼ばれる。 これらは約14日の開発まである約100個の細胞の総計である。 14日で、細胞の小さい集合は個性化し始める。 それによって、私達は細胞がボディのさまざまな細胞そしてティッシュになり始めるか、またはそれを似合うために彼ら自身を個々の人間に託したことを意味する。 日14前に、細胞の小さい球はまだ2人の個々の人間に似合うことができる。 それらは一卵性双生児に似合ってもいく全くそれは一卵性双生児がいかに形作るかである: 細胞の小さい球は2に分かれる。 従って日14前に、細胞のこの小さい球は個性化しなかった、1個々または2つの個人になることにしなかった。

LEF: また更に個人の特定の部分。

西: はい。 皮が、そこにある血が、そこにある骨が、そこにある種類のティッシュがない。 従って個性化しなかったので、人に似合うことに託さなかった。 そして頻繁にそこに人がないので、そこに種類の区別された細胞が、blastocyst呼ばれるある特定の個人に似合うことに努力している胚とそれを区別する前胚とあり。 そしてこのような理由で細胞の原始状態によっては、倫理学者の大半病気であるそして療法技術のよく、道徳的な使用である人々に寄与するを必要とするそのような総計の作成が細胞のことが一致した。

従って私達が想像するものはクローニング ステップ、核移動のステップがタイム マシンのよう、少しであることである。 私達は卵細胞に再び置いたそれを非常に古い患者からの患者からの細胞を、取ってもいい、その卵細胞がそれに若者を再度する時間の皮膚細胞の背部はかつてだった消してあったものの完全な力の状態に戻ってそれを取る記憶をまたはように言うもの取るタイム マシンのようであることを信じ、細胞がそれからボディのどの細胞になることができること「totipotency」、そのような物。 従って私達が時間に細胞を取り戻したら、そして私達何でも形作ることができる細胞のこの小さく小さい球を私達2方向で入ることができる持ちなさい。 最初に、私達は子宮に細胞のこの小さい球を植え付けそれは人間、か一卵性双生児を形作っている2人の人間に似合うことができる。 それは人間の生殖クローニングである。 私達が支持している道の第2道は、特定の患者が必要とする特定の細胞のタイプを作成するのに細胞を使用することである。 従って患者はパーキンソン病があれば、人間を作成してよりもむしろ、私達は損失がParkinsonian徴候を(8)引き起こしている、それらが失ったちょうどdopaminergicニューロンを作成する。

LEF: しかし前胚は、それ自体、自発的に望まれたティッシュを形作らない。 あなたが形作りたいと思う細胞のタイプに回るように前胚の細胞をなだめすかさなければならない。 ティッシュ文化のそれをするでしようか。

西: はい。 私達はこれすべてがティッシュ文化、成長の個々の細胞ですることができることを信じるクローンとして作られた人間を作成しないで。

イメージ
若く、古い細胞は劇的な相違を示す。 クローニングは若い細胞に古い細胞を変えることができる。

LEF: ES細胞は何であるか。

西: 厳密には、ES細胞は培養された内部の細胞の固まりである。 従ってblastocystはそれが内部の細胞の固まりと呼ばれる細胞の集りのそれらを囲むことはtrophectodermと呼ばれる細胞の貝である内部および細胞の小さい球、であり。 trophectodermは胎盤になり、内部の細胞の固まりは、人間の場合には、全体の動物か全体の人間に似合う。 内部の細胞の固まりの細胞はtotipotentである。 それらに完全な力がある。 そして細菌ラインになることにまだ託さないかまたはボディ(ソーマ)ので、ソーマの死亡率にまだ託していない、従ってまだ細菌ラインの不滅がある。 知っているように、細菌ライン細胞に不明確に増殖の能力があり、そういうわけで種は不滅である。 私達は生成の後で赤ん坊に生成をし続ける従ってこれらの細胞は総力の状態のこの不滅の細菌ラインにある。 それらが皿で育つとき、ES細胞と呼ばれる。

LEF: だれでもこれらのES細胞を取り、ティッシュ文化の専門にされた細胞に回したか。

西: はい。

LEF: これは出版されたか。

西: 次に人間のES細胞が育てることができること最初のデモンストレーションはIがセットアップした共同とジョーンズ・ホプキンス大学の衛生学校(10)のジョンGearhartとの共同で私がマディソン(9)にウィスコンシン大学にジェームス トムソンが付いているGeronにいる間、また出版された。 それは1998年の落下にあった。

LEF: そしてこの調査で何が、丁度されたか。

西: それは人間のES細胞が生体外で育った時最初にあった(「皿で」)。 またこの出版物にそれらが皮、ニューロン、心筋の細胞、血球、および多くの異なった一種のボディの細胞すべてに区別するために示すことができる証拠はあった。

LEF: しかしその場合に、微分は任意だった、またはそれは何らかのかたちで指示されたか。

西: 最初の仕事は、当然、任意だった。 細胞がちょうど偶然に皿で区別するかまたは損なわれた免疫組織があったマウスに注入された。 マウスがそれらの中の人間のティッシュを拒絶できなかったのでヒト細胞は異なった種類の細胞およびティッシュの集まりであるteratomaと呼ばれることがに育った。

LEF: 私達は最近彼はニューロンに皮膚細胞を変形できたことを言った科学者に会った。 私達の印象はそれらが萌芽期の皮膚細胞ではなかったことだった。

西: それらはおそらくmesenchymal幹細胞のような大人の幹細胞だった。

LEF: 従って言ったことを要約するために、基本的にtotipotent細胞を取り、それが個人の形態にそれ自身を託すようにするかわりにその細胞を少なくとも原則的には取り、タイプの細胞になるために、指示できる。 言ったように、パーキンソン病を扱うか、または多分皮膚細胞顔の老化、そのような事を扱うために脳細胞を作ることができる。

西: 正確な声明である私は考える。 よい例はちょうど過去2、3週間またはそう報告された。 マウスのES細胞がベータ小島の細胞に区別されたペーパーがあった。 それはより困難な例の1つである。 次に次に正常で発生学的な開発では、腸を得る、そして腸のevaginates最終的のベータ細胞の形態前に膵臓に、そしてその膵臓のティッシュからかなり遠い。

LEF: はい、それは印象的である。

西: 得ることは大いに容易知っている、胚形成で非常に早く、またはニューロン、または皮膚細胞であるが区別する、それにもかかわらずES細胞をベータ細胞に開発し、比較的純粋な形態のベータ細胞を隔離し、マウスおよび治療の糖尿病(11,12)に入れられた心臓myocyte。

LEF: それはすばらしい!

西: 行くことができる非常に困難なプロジェクトをすることは多数があるという十分な証拠であることデモンストレーション、この技術ことをの多くの適用はい、そして私考えれば。

LEF: あなたの会社の細胞の微分の指示の区域の仕事をしているか。

西: はい、しかし高度の細胞の技術の仕事の大半は時間に細胞を取り戻すことに焦点を合わせた。 それが開発の正常な道であるので、生命、これらのtotipotent幹細胞の1の初めに細胞を取ることは比較的容易で木の枝のような区別された血統によって開発を、操縦する。 ほとんど奇跡的である何がそれが逆の微分を取っているので区別された細胞を取り、totipotent状態に戻って取ることができることである。 それは次に私が、魔法の細い棒を通って持つことができること私は野球用バットを取り、陶磁器のつぼに当り、そして床の百万部分に壊すように、逆で入り、つぼのはえの部分すべてが一緒にあり、そしてつぼに再び溶け、そしてテーブルの上で再び上昇する、ビデオ テープの逆転のように私が言うべきならのように少しあり。 それは奇跡的の近くにある。 そして開発をクローニングを通って実際のところ決してしない逆で入ってもらうことはかなりすばらしく、そういうわけであなたが実際に体細胞からの動物をクローンとして作ることができる科学界はそう驚かせられた。 しかし私が考えるものは驚嘆の第2レベルである逆でだけでなく、開発、動物が実際にプロセスで若く入るが、私達さらにもっと印象づけられる何の私が考える再度なされ事実である。

進みなさい次のセクションに…


  • 消費者警報 | あなたが決まるDHEAのような栄養の補足やホルモンを得るあなたの権利に影響を与えることができる問題について学びなさい。

  • LEFのフォーラム | 生命延長は生命extensionistsに補足、ホルモン、生活様式、無秩序/病気および他の関心領域のフォーラムを世界的に催す。

  • 熱い何が | ニュース速報はヘルスケア、栄養の補足および長寿で最も最近の前進と最新保つために頻繁にここに掲示される。

  • 立法行為の中心 | 生命延長雑誌および私達のウェブサイトで特色になる 重要な 最新号の処置をとりなさい。

  • でき事 | 次の生命延長関連会議について、セミナーおよび会合、または眺めのレポートの過去でき事調べなさい。

  • 生命延長更新 | 発見されるとすぐ私達の定期刊行物の時事通信長寿の新しい調査結果を、予防医学および病気は報告する!

  • マルチメディアは集中する | あなたにとっての重要性のさまざまな健康のトピックを特色にするビデオおよび音声の情報でいっぱいのコレクション。

上12は最終的な健康を達成するために歩む