生命延長ばねのクリアランス セール

ニュース

中央政府政府の出資による調査はビタミンDの価値を確認しない

ビタミンDの毒性

過去の調査結果についての科学的な無知に頻繁に現在のためのものすごい結果がある。

1934年に、 米国医師会医学総合誌は ビタミンDの過量の調査を出版した。24

著者は喘息および花粉症のためのビタミンD2 (ergocalciferol)の大量服用があった300人の患者で報告した。 著者はビタミンDの各単位の線量が900,000のIUを含んでいたことを報告した。 1人の患者は5日(総線量間1日あたりの3つのccを受け取った: 臨床損傷のない13.5百万のIU)。

調査の概要では、完了される研究者:

  • 「無期限の毎日及ぶ量150,000までの国際単位の管理についての少し懸念がある必要がある。 多くは望まれる治療上の効果によって少数の月の期間に最高で限られるべきである」。

また1934年に、イリノイ大学の研究者は212人の患者の喘息および花粉症に対するビタミンDの効果を調査した。 著者は花粉症の患者のその82%および喘息の患者の96%が限定的で 重要な救助を経験したことを報告した 著者はビタミンDの「最適線量」が1日あたりの60,000から300,000のIUだったことを結論を出した。25

1935年に、医科大学院イリノイ大学の研究者は2年まで間ビタミンDの「大きい」線量と扱われた700人の患者の彼らの調査結果を出版した。26

著者はビタミンDが骨関節炎、また慢性関節リウマチ両方に対する驚くべき処置の効果をもたらしたことを報告した。 レポートは67人の関節炎の患者がビタミンD の200,000のIUと(D3かD2)毎日発生させた驚くべき75%の回答比率を扱ったことを示した

報告される著者:

  • 「感受性の改善そして証拠がなかったら、毎日の線量は50,000単位につきoverdosageの改善または証拠になったまで毎週高められた。 ある頑固な場合では、それは600,000のまた更に1,000,000単位に数日間増加し、次に200,000から500,000単位に減るのに必要見つけられた。 私達の結果のほとんどは300,000から500,000単位の毎日の線量と得られた」。

著者はこの適量の700人の患者の63が臨床的に有毒物質になったことを報告する。 従って、 ビタミンDの日刊新聞(200,000のIU)の大きい線量を取る 2年の期間にわたる患者のおよそ10%は有毒になった

1946年に、 2つは医学文献で大人の致命的なビタミンDの毒性のレポートを(著者は子供の5つの前の致命的な場合を報告する)書かれていた包装する。27,28は 1947年に大人のビタミンDの致命的な線量の別の場合のレポート現われた。 この死はビタミンDの毒性と関連付けられて独特のフィートの損害が18か月間150,000のIUの線量のビタミンD2と毎日、関連付けられた。29

1948年までに、臨床場合シリーズは無食欲症(悪い食欲)および嘔吐する前に起こった疲労含むためにビタミンDの中毒の徴候の効果を文書化したおよび減量を。これらの 患者の30はすべて腎臓の損傷および貧血症に苦しんだ。 患者事実上全員は独特の目の損害をビタミンDの毒性(conjunctival地階の膜の下のscleraそして角膜のカルシウム沈殿、ちょうど)と関連付けてもらった。 すべての患者は12.4から1 100つのccあたり15.1のmgまで及ぶ高い血カルシウムがあった。 ビタミンDの適量は4か月(血清カルシウム13.9)間150,000 IU/dayで最も低いのから18か月(血清カルシウム14.3)間500,000 IU/dayで最も高いのまで及んだ。 研究者は2週だけ間ビタミンD2の300,000のIUを取った後hypercalcemiaを開発したもう一人の患者で報告した; 彼女はまた眼科の検査で明白な目の損害があった。 患者は死ななかったが、一部はビタミンDの大きい線量に永久的な腎臓の損傷に苦しんだ。 処置はビタミンDの毒性に使用した著者cc毎日流動水和のビタミンD、4,000のおよび低カルシウム食事療法の停止だった。 改善は徴候が解決した2-8週以内に行われた。 血カルシウムは1か月までにすべての患者で減ったが、限り1の患者の年のために上がり続けた。

最近の調査はずっとIOM最近確立されたDRIを超過するビタミンDの線量との補足が毒性の印を作り出さなかったことを示す。

40人の乳癌患者 で行なわれた調査では4か月間毎日ビタミンD 3の10,000のIUは高い副甲状腺のホルモン レベルの減少で有効であるために示され、毒性を示さなかった。 完了されるこの調査の著者:

  • 10,000のIUのの毎日の線量ビタミンD (3) 4か月間ビタミンDにhypersensitivityを引き起こすcomorbidの状態によりなしで患者で安全なであって下さい。 処置は減らした不適当に高い副甲状腺のホルモン レベルを…」31

別の調査は 10日間毎日ビタミンD3の50,000のIUを受け取った59人の患者を監察した。 調査官は高線量のビタミンDが 高いカルシウム レベルまたは腎臓の(腎臓の)毒性なしで効果的に患者の25ヒドロキシ ビタミンDの血レベルを後押ししたことに注意した:

  • 患者はhypercalcaemia (訂正されたカルシウム> 2.6 mmol/L)、ビタミンDの毒性(25 (オハイオ州)をD >調査の間の200 nmol/L)またはnephrolithiasis開発しなかった。32

別の調査では、 研究者は月産後の母に3か月間1か毎日ビタミンD 4,000のIUの管理した。 完了されるこの調査の著者:

  • 高線量のビタミンDは毒性の証拠なしで最適のレベルへ十分に母乳で育てる母の25の(オハイオ州) Dのレベルを増加することで有効だった。 母または幼児ベテランのビタミンのD関連の不利なでき事は正常範囲に、およびすべての実験室変数残らなかった」。33

ランダム化された、管理された試験は1,800のIU日刊新聞の効果を11週の期間にわたる73人の年配の個人のビタミンDの査定した。 著者は彼らの結論のビタミンDの安全に注意した: 「安全表示器、血清カリフォルニア、クレアチニンおよびcalcidiol、示さなかったグループか個々の副作用を」。は34

トロント大学のラインホルトVieth教授は ビタミンDの世界的に有名な専門家である。 ビタミンDの毒性の彼の目的の1999年の総説は薬のレポートの現在の協会の著者に無視された事実か未知数を明らかにした:

  • 「この検討の私の準備中、私はビタミンDの適当な線量の毒性についての証拠の支持の声明の欠乏で驚かせられた」。 彼は付け加えた: 「1日あたりの250 ug (10,000のIU)の取入口からの大人の毒性の出版された証拠があり、それが25ヒドロキシ ビタミンDの集中によって確認されれば、私はまだそれを」見つけるために持っている。35

Vieth教授は10時間現在の境界の限界がMedicine sの流れのレポートの協会によって裏書きしたより人間の毒性がおそらくおよそ40,000 IU/dayの慢性の日常消費の後に起こり始めることをもっと報告した。

ジョンCannell、MDは、ビタミンD議会(http://www.vitamindcouncil.org/vitaminDToxicity.shtml)の常務取締役、非営利の教育組織である。 Cannell先生はビタミンDの専門家で、広く線量の範囲および毒性の方の鋭敏な目が付いているビタミンDの過去の医学研究を見直した。36

Cannell先生はビタミンDの投薬および発展生理学に関する極めて重要なポイントを提供する:

  • 「だれでもビタミンDについて知る必要がある単一の最も重要な事実は例えば、日曜日に入りなさい私達が自然にすれば性質が供給するかどの位である。 人間は太陽への完全なボディ露出の30分以内のビタミンDの最低のerythemal線量と呼ばれる何が、少なくとも10,000単位を作る。 皮の37ビタミンDの生産はあなたの皮がピンクを回す前に数分以内に起こり、既に最大になる。

ビタミンDの医療補助

ビタミンDに骨の健康を促進することをはるかに超えて拡張する広範囲に及ぶ含意がある、IOM委員会によって見落とされるか、または無視された。

同業者審査された科学研究ははっきりビタミンDと関連付けられる深遠な医療補助を支える:

  • 血圧: ビタミンDが不十分な個人は大いに本当らしい高い血圧があるために。ビタミンD およびカルシウムとの38,39処置はかなりシストリック血圧を下げる。26 ビタミンDは血圧のホルモンのレニンの表現の抑制によって多分この効果を出す。40
  • 発火: ビタミンDはC反応蛋白質(CRP)を通して発火の減少に対する有効な効果をもたらすようである。41
  • 新陳代謝の効果: 糖尿病は低い血清のビタミンDのレベルを持つ個人でより流行する。42 ビタミンDの管理は血糖を減らし、インシュリンに感受性を高め、そして満開の糖尿病を開発する危険を減らすかもしれない。43
  • Chemoprevention: ビタミンDは実験および動物の準備と人間の有効な癌予防の効果を示した。44は 最近の調査ビタミンDおよびカルシウムとの補足がすべてのタイプのpostmenopausal女性の癌の発生を減らしたことを示した。45
  • 骨粗しょう症の防止: 女性は定期的に何百もの1ヶ月あたりのドルを要する規定された高い処方薬でしたりけれどもビタミンD、骨の健康の重大な要因が不十分である。 健康なビタミンDへの取り替えは大幅にもっと効果的に増加する骨密度を単独でカルシウム補足より水平になる。 カルシウムの腸の吸収は十分なビタミンDが時かなり拡大される。46,47
  • 疲労骨折の防止: 19の平均年齢の若者は25-hydroxyvitamin Dの血レベルが低かったときにより多くの疲労骨折を経験するために示されていた。48
  • 多発性硬化の防止: ビタミンDの不足は白人のこの衰弱させる神経疾患を開発する高められた可能性につながった; 悪いビタミンDの状態と多発性硬化間の相関関係はアフリカ系アメリカ人かヒスパニックの人口で当てはまらなかった。49人の 科学者はビタミンDの助けの活動的な形態が—選択式に免疫組織を調整することによって…自己免疫疾患として考慮される多発性硬化避けることを信じる。
  • 免疫の強化: インフルエンザの伝染病が冬季に共通であることに注意して、科学者はビタミンDの低水準がこれらの危険を伴う呼吸の伝染へ屈することに個人をし向けるかもしれないことを提案した。50

最適の25ヒドロキシ ビタミンDの血レベル

ビタミンDの状態を査定するために血がテストされるとき 血清の ビタミンの25-hydroxyvitamin Dの形態は測定される。

出版された調査に基づいて、 生命延長の 最適の目標範囲は25ヒドロキシ ビタミンD の50-80 ng/mLであるこのレベルは沢山の直接太陽の露出を得ている健康で若い個人で見られる25ヒドロキシ ビタミンDの集中を表す。研究者 の51の1つグループは老化した健康で若い大人18-25年のビタミンDの状態を査定した。 彼らは夏月に、ビタミンDのレベルが 52.9 ng/mLの平均(平均説明する)に および、 統計的な標準偏差(SD)を達したことが、高く分った86.6 ng/mL この調査の著者は完了することを続いた:

  • ビタミンDの充足は若い皮および最適および有効な日光の露出の組合せを用いる現実である.52

さらに、ブルースHollis、ロバートHeaneyおよびネイルBinkleyを含むビタミンDの研究の分野における専門家は25ヒドロキシ ビタミンDの最適の範囲が50-80 ng/mLであることを同意する。

ジョンCannell、MDのビタミンD議会、 ビタミンDの科学 に専用されている非営利組織の常務取締役は示す:

  • 最近の調査では、等 親混合物(cholecalciferol)および25の(オハイオ州) Dのレベルが両方測定された5つの調査の分析によってブルースHollisの精液の仕事で拡大されるHeaney。 彼らは25の( オハイオ州) Dのレベルが50 ng/mlの上で得るまでボディが確実に脂肪および筋肉ティッシュでcholecalciferolを貯え始めないことが分った。 一般人は40 ng/mlで、50 ng/mlでcholecalciferolを貯え始めるが(125はnmol/L)事実上皆それを今後使用できるように貯え始める。 すなわち、 50 ng/mlの下のレベルで、ボディはビタミンDの上でそれを作ることができる速く使用しまたはそれを取りと、慢性の基質の飢餓— ないよい事--を示す。 25の(オハイオ州) Dのレベルはの間に一年中50-80 ng/ml (125-200 nmol/L)あるべきである”53

一般群衆 の驚く36%に 世界の 不必要な病気 および 死の一流の原因を表すかもしれない20 ng/mL の下で25-hydroxyvitamin Dのレベルがある。54

どの位ビタミンDを 実際に 取る必要があるか。

Cannell先生は4,600そして10,000のIU間の大人 のための最適のビタミンDの線量を助けて倍数によって同業者審査される 参照 55,56,57,58,59,60,61を 42-48 識別し、更に重大な50 ng/mLのレベルの上の血レベルを発生させるために大部分の 大人 (97.5%)がビタミンDの5,000のIUを取る日 必要がある ことを助言する。62

ビタミンDの毒性の恐れにより健康に敏感な人々はビタミンD3の取入口を日800以下のIU限った。 この量は悲惨に不十分で、25ヒドロキシ ビタミンDの最適の血レベルを発生させない。

50-80 ng/mLの血レベルを達成するために十分なビタミンDを得ていることを保障するために25ヒドロキシ ビタミンDのあなたの血レベルを監視することは重要である。

まれな無秩序とのそれらは類肉腫症 、厳しい 腎臓の減損、第一次hyperparathyroidismを呼んだ、または血の高いカルシウム レベルに終るどの条件でも医者とビタミンDの補足を取る前に相談するべきである。 低価格の 血化学 テストは容易に高い血カルシウムを除外する。

IOMの委員間の利害衝突

IOMの委員Glenvilleジョーンズはの共同出資者薬剤のある営利の、公に交換された会社によって呼ばれるCytochromaの、現在「CTAP101として開発の過程において識別される」、ビタミンDの不十分を扱うためにである。

IOMの委員Clifford Rosenは製薬産業巨人Eli LillyおよびNovartisから財政援助を受け取ることに是認し、プロクター・アンド・ギャンブルのためのスピーカーの局で役立った。 プロクター・アンド・ギャンブルは論争の的になるbisphosphonateの骨粗しょう症の薬剤Actonel®を販売する。63

IOMの委員J.クリストファーGallagherはの財政関係を薬剤Sorilux®のためのFDAから最近承認を受け取ったGlaxoSmithKlineの、特許を取られたビタミンD3のアナログ表わした。

概要

ビタミンDの取入口のための薬の推薦の最近の協会は完全に不十分で、ビタミンDの安全衞生の利点の同業者審査された文献からの基本的な事実を無視する。 定期的に日光浴をしない大部分の健康に敏感な大人はビタミンD3の約毎日最適の健康のための25ヒドロキシ ビタミンDの目標範囲(50-80 ng/mL)の低価格を達成するために5,000のIUが要求する。

ビタミンD、またあなたの現在の25ヒドロキシ ビタミンDの血レベルのためのあなたの個々の条件を定めるためには、生命延長の健康の顧問に(1-800-226-2370)料金無料で連絡し、私達の安価な25ヒドロキシ ビタミンDの血液検査について尋ねなさい。

参照:

1. 。 1994日3月4月; 15(2): 193-8。

2. Postgrad Med J.12月1979日; 55(654): 897-902。

3. BMJ. 1月2010日21日; 340: b5500.

4. AM J Clin Nutr。 6月2007日; 85(6): 1586-91。

5. Br Jの蟹座。 4月2010日27日; 102(9): 1422-7。

6. AM J Clin Nutr。 5月2009日; 89(5): 1321-7。

7. Diabet Med。 3月2008日; 25(3): 320-5。

8. Br J Nutr。 2月2010日; 103(4): 549-55。

9. AMの中心J.6月2010日; 159(6): 1037-43。

10. 世界J Gastroenterol。 7月2009日21日; 15(27): 3349-54。

11. Int Jの蟹座. 2007;120(5):1123–1128.

12. BMCの蟹座. 2006;(6):264.

13. 健康Phys. 2004;87(5):532–538.

14. Int Jの健康Geogr. 2007;(6):34.

15. 蟹座. 2002;94(6):1867–1875.

16. NutrのRev.. 2003;61(7):227–238.

17. Jの国民の蟹座Inst. 2006;98(7):451–459

18. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev. 2006;15(9):1688–1695.

19. 蟹座により制御を引き起こす。 11月2010日12日。

20. J AMの食事療法Assoc。 10月2006日; 106(10): 1541-2。

21. 蟹座Res。 10月2006日15日; 66(20): 10213-9。

22. J Nutr。 1990年; 120のSuppl 11:1464-9。

23. 発癌。 6月2004日; 25(6): 1015-26。

24. JAMA. 1934;102:1745-1748.

25. J. アレルギーの. 1934;5:541-553.

26. 物理療法のアーカイブ. 1935;16:537-43.

27. AM J Pathol。 11月1946日; 22(6): 1293-1305。

28. JAMA. 1946;130:1208-1215

29. AM J Pathol。 5月1947日; 23(3): 367-387。

30. J. Clin。 内分泌学. 1948;8(11);895-910.

31. 蟹座。 1月2010日15日; 116(2): 284-91。

32. Med J Aust。 6月2010日21日; 192(12): 686-9。

33. Medを母乳で育てなさい。 2006ばね; 1(1): 27-35。

34. J AM Geriatr Soc。 1990年の8月; 38(8): 862-6。

35. AM J Clin Nutr。 5月1999日; 69(5): 842-56。

36. http://www.vitamindcouncil.org/vitaminDToxicity.shtml

37. AM J Clin Nutr。 3月1995日; 61 (3つのSuppl): 638S-645S.

38. J Clin Endocrinol Metab。 4月2001日; 86(4): 1633-7。

39. AM J Hypertens。 9月1995日; 8(9): 894-901。

40. Jの細胞Biochem。 2月2003日1日; 88(2): 327-31。

41. QJM. 12月2002日; 95(12): 787-96。

42. アーチのインターンMed。 6月2007日11日; 167(11): 1159-65。

43. Prog Biophys Mol Biol。 9月2006日; 92(1): 39-48。

44. Am.J Clin Nutr。 5月1999日; 69(5): 842-56。

45. AM J Clin Nutr。 6月2007日; 85(6): 1586-91。

46. Curr Osteoporos Rep。 9月2006日; 4(3): 96-102。

47. JのステロイドBiochem Mol Biol。 3月2007日; 103 (3-5): 614-9。

48. Jは抗夫Resの骨を抜く。 9月2006日; 21(9): 1483-8。

49. Proc Soc Exp. Biol Med。 10月1997日; 216(1): 21-7。

50. Epidemiolは感染させる。 12月2006日; 134(6): 1129-40。

51. J Clin Endocrinol Metab。 6月2007日; 92(6): 2130-5。

52. Endocr Pract。 14:1-26年9月2010日。

53. http://www.vitamindcouncil.org/health/deficiency/am-i-vitamin-d-deficient.shtml

54. 生命延長 雑誌。 2010年1月

55. Jは抗夫Resの骨を抜く。 12月2007日; 22のSuppl 2V64-8。

56. J Nutr。 2月2005日; 135(2): 317-22。

57. AM J Clin Nutr。 2月2001日; 73(2): 288-94。

58. AM J Clin Nutr。 1月2007日; 85(1): 6-18。

59. NイギリスJ Med。 7月2007日19日; 357(3): 266-81。

60. AM J Clin Nutr。 1月2003日; 77(1): 204-10。

61. JのステロイドBiochem Mol Biol。 3月2007日; 103 (3-5): 204-5。

62. http://www.lef.org/magazine/mag2010/jan2010_Startling-Findings-About-Vitamin-D-Levels-in-Life-Extension-Members_01.htm

63. Jの糖菓分Res。 Vol. 23第は8のひびの最適の境界の、線形または非線形関係2008投書療法の減少を危険にさらす

  • 消費者警報 | あなたが決まるDHEAのような栄養の補足やホルモンを得るあなたの権利に影響を与えることができる問題について学びなさい。

  • LEFのフォーラム | 生命延長は生命extensionistsに補足、ホルモン、生活様式、無秩序/病気および他の関心領域のフォーラムを世界的に催す。

  • 熱い何が | ニュース速報はヘルスケア、栄養の補足および長寿で最も最近の前進と最新保つために頻繁にここに掲示される。

  • 立法行為の中心 | 生命延長雑誌および私達のウェブサイトで特色になる 重要な 最新号の処置をとりなさい。

  • でき事 | 次の生命延長関連会議について、セミナーおよび会合、または眺めのレポートの過去でき事調べなさい。

  • 生命延長更新 | 発見されるとすぐ私達の定期刊行物の時事通信長寿の新しい調査結果を、予防医学および病気は報告する!

  • マルチメディアは集中する | あなたにとっての重要性のさまざまな健康のトピックを特色にするビデオおよび音声の情報でいっぱいのコレクション。

上12は最終的な健康を達成するために歩む