生命延長血液検査の極度の販売

目の健康の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. Hirooka K、Tokuda M、等。 イチョウのbilobaのエキス(EGb 761)は慢性の緑内障のラット モデルの網膜の神経節の細胞に対するneuroprotective効果を提供する。 Currの目Res。 3月2004日; 28(3): 153-7。
  2. Izzotti A、Bagnis A、等。 緑内障に於いての酸化圧力の役割。Mutat Res。 3月2006日; 612(2): 105-14。
  3. Zoric L、Aleksic P、等[別のタイプそして色の年齢関連の激流の水様のhumourantioxidative容量]。 Vojnosanit Pregl。 12月2005日; 62(12): 909-13。
  4. Seddon JMの年齢関連の黄斑degeneration.IntOphthalmolClinの陳CA.Theの疫学。 2004落下; 44(4): 17-39。
  5. 年齢関連の眼疾患の調査の研究グループ。 年齢関連の黄斑の退化および視野の損失のためのビタミンCおよびEとの高線量の補足のランダム化された、偽薬制御、臨床試験、ベータ カロチンおよび亜鉛: AREDSのレポートいいえ8.はOphthalmolをアーチ形にする。 10月2001日; 119(10): 1417-36。
  6. Nowak M、Marek B、等[年齢関連の黄斑の退化の病因に於いての酸化メカニズムの役割]。 KlinOczna。 2005;107(7–9):537–40.
  7. 酸化防止剤のヴァンLeeuwen R、Boekhoorn S、等食餌療法取入口および年齢関連の黄斑の退化の危険。 JAMA. 12月2005日28日; 294(24): 3101-7。
  8. Thornton J、Edwards R、等煙ることおよび年齢関連の黄斑の退化: 連合の検討。 目。 9月2005日; 19(9): 935-44。
  9. Lindbladは激流の抽出の危険に関連して、Hakansson N、等煙り、煙る停止の強度ある: 女性の前向き研究。 AM J Epidemiol。 7月2005日1日; 162(1): 73-9。
  10. Xhauflaire G、Uhoda E、等目および紫外線[フランス語]。 Rev. Medリエージュ。 2005年; 60 (Suppl 1): 99-102。
  11. 眼科学のアメリカ アカデミー。 好まれた練習のパターン広範囲の大人の医学の目の評価。 2000. で利用できる: http://www.aao.org/education/library/ppp/loader.cfm?url=/commonspot/security/getfile.cfm&PageID=1275。
  12. 食餌療法n-3およびn-6脂肪酸間のMiljanovic B、TrivediのKA、等関係および女性の臨床的に診断されたドライ アイ シンドローム。AM J ClinNutr。 10月2005日; 82(4): 887-93。
  13. Demir U、Demir T、等。 ウサギの結膜および角膜の酸化損傷に対するアルファlipoic酸の保護効果は紫外放射に露出した。 Ophthalmologica。 2005日1月2月; 219(1): 49-53。
  14. ルーMF。 レンズのチオールの規則。 J OculPharmacolTher 4月2000日; 16(2):137-48
  15. Wang AM、Ma C等。 人間のための自然な反老衰の薬剤としてcarnosineの使用。 生物化学(Mosc)。 7月2000日; 65(7): 869-71。
  16. ヘッドKA。 目の無秩序のための自然な療法は、2つを部品: 激流および緑内障。 Altern MedのRev. 4月2001日; 6(2): 141-66。
  17. バートレットH、Eperjesi F。 理想的な目の栄養の補足か。 眼のPhysiolは選択する。 7月2004日; 24(4): 339-49。 検討。
  18. Hammes HP、Du X、Edelstein D、等Benfotiamineはhyperglycemic損傷の3つの主要な細道を妨げ、実験糖尿病性のretinopathyを防ぐ。 Nat. Med。 3月2003日; 9(3): 294-9。
  19. Christen WG、Glynn RJ、等女性の葉酸、ピリドキシンおよびcyanocobalaminの組合せの処置および年齢関連の黄斑の退化: 酸化防止女性および葉酸の心血管の調査。 アーチのインターンMed。 2月2009日23日; 169(4): 335-41。
  20. Fursova AZ、Gesarevich OG、等[bilberryのエキスとの食餌療法の補足はsenesce加速されたOXYSのラットの黄斑の退化そして激流を防ぐ]。 AdvGerontol。 2005;16:76–9.
  21. Zafra石S、ヤズミンT、Bagchi M、Chatterjee A、Vinson JAの人間の健康および病気の防止の新しい酸化防止剤としてBagchi D. Berryのアントシアニン。 MolNutrの食糧Res。 6月2007日; 51(6): 675-83。
  22. MilburyのPE、B、Curran-Celentano JM、Blumberg JBグラーフ。 Bilberry (Vacciniummyrtillus)のアントシアニンはARPE-19細胞のヘムのオキシゲナーゼ1およびグルタチオンSトランスフェラーゼpiの表現を調整する。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 5月2007日; 48(5): 2343-9。
  23. Mauray A、Felgines C、Morand C、Mazur A、Scalbert AのMilenkovic D. Bilberryのアントシアニンが豊富なエキスはapoのE不十分なマウスの大動脈のアテローム性動脈硬化の開発と関連している遺伝子の表現を変える。 NutrMetabCardiovasc Dis。 7月2010日31日。
  24. 矢尾N、LAN F、彼RRのマウスの内毒素誘発のuveitisに対するbilberry (Vacciniummyrtillus L.)のエキスのKurihara H. Protectiveの効果。 J Agricの食糧Chem。 4月2010日28日; 58(8): 4731-6。
  25. Rohdewald P。 フランスの海上マツ吠え声のエキス(Pycnogenol)の検討、多様な臨床薬理学を用いる草の薬物。 Int J ClinPharmacolTher。 4月2002日; 40(4): 158-68。
  26. ポンQ、魏Z、Lau BH。 Pycnogenolは腫瘍の壊死の人間の管のendothelial細胞の要因アルファ誘発の核要因Κ Bの活発化そして付着の分子の表現を禁じる。 細胞の生命MolのSci。 5月2000日; 57(5): 834-41。
  27. Nishioka K、Hidaka T、Nakamura S、等Pycnogenolのフランスの海上マツ吠え声のエキスは、人間の内皮依存したvasodilationを増加する。 Hypertens Res。 9月2007日; 30(9): 775-80。
  28. Resch H、Garhofer G、Fuchsjäger-Mayrl G、Hommer Aの緑内障のSchmetterer L. Endothelialの機能障害。 ActaOphthalmol。 2月2009日; 87(1): 4-12。
  29. Izzotti A、Sacca SC、Longobardi Mの緑内障の患者のtrabecular meshworkのCartiglia C. Mitochondrialの損傷。 アーチOphthalmol。 6月2010日; 128(6): 724-30。
  30. Beckman K、エームズB。老化の遊離基理論は成熟する。 PhysiolのRev. 4月1998日; 78(2): 547-81。
  31. 松本H、Nakamura Y、Tachibanaki S、Kawamura Sのrhodopsinの再生に対するシアニジンの3グリコシドのHirayama M. Stimulatoryの効果。 J Agricの食糧Chem。 6月2003日4日; 51(12): 3560-3。
  32. Tirupula KC、Balem F、Yanamala NのKlein-Seetharaman J.のシアニジン3グルコシドとのrhodopsinのpH依存した相互作用。 2. 機能面。 PhotochemPhotobiol。 2009日3月4月; 85(2): 463-70。
  33. Yanamala N、Tirupula KC、Balem FのKlein-Seetharaman J.のシアニジン3グルコシドとのrhodopsinのpH依存した相互作用。 1. 構造面。 PhotochemPhotobiol。 2009日3月4月; 85(2): 454-62。
  34. Jang YP、Zhou J、Nakanishi K、すずめJR。 アントシアニンは網膜の顔料の上皮細胞のA2Eの光酸化そして膜のpermeabilizationから保護する。 PhotochemPhotobiol。 2005日5月6月; 81(3): 529-36。
  35. Matsunaga N、IMAI S、Inokuchi Y、等Bilberryおよび主要な要素は網膜の神経の損傷に対してneuroprotective効果を生体外でそして生体内でもたらす。 MolNutrの食糧Res。 7月2009日; 53(7): 869-77。
  36. Mayne ST. 人間のベータ カロチン、カロチノイドおよび病気の防止。 FASEB J. 5月1996日; 10(7): 690-701。
  37. 骨のRA、Landrum JTの等AMDの有無にかかわらず供給の目の黄斑の顔料: 場合制御の調査。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 1月2001日; 42(1): 235-40。
  38. [リストされている著者無し]。 ルテインおよびzeaxanthin.Monograph.Altern MedのRev. 6月2005日; 10(2): 128-35。
  39. 骨のRA、Landrum JT、Alvarez-Correa C、エチエンヌV、Ruiz CA。 ARVOのMesozeaxanthin.Annual会合の食餌療法の補足への黄斑の顔料および血清の応答。 2003年5月4日; Fort Lauderdale、FL: 抽象的な405/B380。
  40. 骨のRA、Landrum JT、Himeギガワット、CainsA、人間の黄斑のカロチノイドのZamor J. Stereochemistry。 Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 5月1993日; 34(6): 2033-40年。
  41. ビデオ表示端末装置の労働者の調節、重大な明滅の融合およびパターン視覚換起された潜在性に対するアスタキサンチンのNagaki Yの等効果。 伝統医学のジャーナル。 2002; 19(5):170-73.
  42. Fletcher AE、BenthamのGC、Agnew M、等日光露出、酸化防止剤および年齢関連の黄斑の退化。アーチOphthalmol。 10月2008日; 126(10): 1396-403。
  43. カロチノイドのためのマルチネーゼA、ロドリゲスGirones MA、Barbosa A、Costas M. Donatorのアクセプターの地図、melatoninおよびビタミン。 J PhysChem A. 9月2008日25日; 112(38): 9037-42。
  44. ブラウンAJ NA、Bron等栄養物の補足および目。 目。 1998年; 12 (Pt 1): 127-33。
  45. 皮層のcataractogenesis 21を模倣するMitton KP、等: 糖尿病性のラット レンズでタウリンの補足は部分的に損傷を減らしosmolyteの損失および酸化防止枯渇をもたらす浸透補償に起因する。 Exp.はResを9月1999日注目する; 69(3): 279-89.
  46. 皮層のcataractogenesis 22を模倣するKillic F、等: モデル糖尿病性のラットの激流の損傷の生体外の減少はタウリンによって酸化防止活動が原因行うか。 Exp.はResを9月1999日注目する; 69(3):291-300.
  47. Devamanoharan PSの等ラット レンズへの酸化圧力生体外で: タウリンによる保護。 自由なRadic Res 9月1998日; 29(3): 189-95。
  48. Feher J、Kovacs B、等視覚機能の改善および早い年齢関連の黄斑の退化のfundusの変化はアセチルLカルニチン、n-3脂肪酸および補酵素Q10の組合せと扱った。 Ophthalmologica。 2005日5月6月; 219(3): 154-66。
  49. Brancato R、Fiore T、等項目ユビキノンQ10の付随のウサギのエキシマー レーザーのphotoablationの後でkeratocyteのapoptosisを防ぐ効果およびビタミンE。 JはSurgを屈折させる。 2002日3月4月; 18(2): 135-9。
  50. Singhal S、Gupta R、等ビタミンEの酸化防止効力の比較、冠状心臓病のビタミンC、ビタミンAおよびフルーツ: 管理された試験。 インドJ Assocの医者。 3月2001日; 49:327-31。
  51. Grahn BH、Patersonのページ、等亜鉛および目。 J AM CollNutr。 4月2001日; 20 (2つのSuppl): 106-18。
  52. 木JP、Osborne NN。 網膜の彩色された上皮細胞への酸化圧力の誘導の亜鉛そしてエネルギー必要量。 Neurochem Res。 10月2003日; 28(10): 1525-33。