生命延長血液検査の極度の販売

鬱血性心不全の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. アメリカの中心連合。 心臓病および打撃の統計量2004の更新。 ダラス、Tex: アメリカの中心連合; 2004.
  2. McCullough PA、E-F Philbin等心不全の伝染病の確認: 鬱血性心不全(範囲)の中の資源の利用からの調査結果は調査する。 J AM Coll Cardiol。 2002;39:60-69 .
  3. Jessup MのBrozena S.の心不全。 NイギリスJ Med。 2003;348:2007-2018.
  4. Braunwald E.の心不全。 : Braunwald E、Fauciように、等、ED。 ハリスンの内科の原則。 第15 ED。 ニューヨーク、NY: McGrawの丘の専門出版; 2001:1318-1328.
  5. Kostis JB、左の心室の機能障害の患者によるenalaprilの開始のShelton BJの等許容範囲: 左の心室の機能障害の調査の薬物の挑戦段階の結果。 AMの中心J. 1994年; 128:358-364。
  6. 大人の慢性の心不全の評価のための追跡SA、パン屋DW、等ACC/AHAの指針および管理: 要約。 Jの心肺の移植。 2002;21:189-203.
  7. Witte KK、Nikitin NP、等。 質の生命に対する微量栄養の補足の効果および慢性の心不全を用いる年配の患者の残された心室機能。 Eurの中心J. 2005年
  8. 心循環器疾患の防止そして処置のFugh-Berman A. Herbsおよびサプリメント。 Prev Cardiol。 2000;3:24-32.
  9. Schaffer SW、Lombardini JB、等タウリンの行為間の相互作用およびアンギオテンシンII。 アミノ酸。 2000;18:305-318.
  10. Dzau VJ、鬱血性心不全の臨床州へのレニン アンギオテンシン アルドステロン システムのColucci WSの等関係。 循環。 1981;63:645-651.
  11. Dzau VJ。 鬱血性心不全の腎臓および循環メカニズム。 腎臓Int。 1987;31:1402-1415.
  12. 心臓学/アメリカの中心連合の慢性の心不全評価および管理指針のアーメドA. American College: 老人の練習への関連性。 J AM Geriatr Soc。 2003;51:123-126.
  13. Adlam D、Silcocks P、等。 初期治療の心不全のための危険のスコアを開発するBNPを使用して。 Eurの中心J. 2005年; 26:1086-1093。
  14. Stegのページ、Joubin L、等放出のBタイプのnatriureticペプチッドおよびechocardiographic決定は激しい呼吸困難の患者の鬱血性心不全の診断で小分けする。 箱。 2005;128:21-29.
  15. Brutsaert DL、Zileの氏。 diastolic機能障害およびdiastolic心不全、部Iの新しい概念: diastolic機能の診断、予想および測定。 循環。 2002;105:1387-1393.
  16. ベネディクトのCR、Johnstone DE、等臨床変数へのneurohumoral活発化の関係および心室の機能障害のある程度: 左の心室の機能障害の調査の登録からのレポート。 SOLVDの調査官。 J AM Coll Cardiol。 1994;23:1410-1420.
  17. 森山町Y、Yasue H、等。 dehydroepiandrosteroneの硫酸塩の血しょうレベルは厳格に比例して慢性の心不全を用いる患者で減る。 J Clin Endocrinol Metab。 2000;85:1834-1840.
  18. KontoleonのPE、AnastasiouナナMIの等鬱血性心不全を用いる患者のホルモン性のプロフィール。 Int J Cardiol。 2003;87:179-183.
  19. アンケルSD、Chua TP、等慢性の心不全のホルモンの変化および異化作用/同化不均衡および心臓悪液質のための重要性。 循環。 1997;96:526-534.
  20. シストリック慢性の心不全を用いる人のJankowska EA、Rozentryt P、Ponikowska B. Circulatingのestradiolそして死亡率。 JAMA. 5月2009日13日; 301(18): 1892-901。
  21. Pugh PJ、ジョーンズRDの等慢性の心不全を用いる人のためのテストステロンの処置。 中心。 2004;90:446-447.
  22. Dzugan SAのアーノルド スミスR. Hypercholesterolemiaの処置: 新しい仮説かちょうど事故か。 Medの仮説。 2002;59:751-756.
  23. Fedak PW、Verma S、等心臓改造および失敗: 分子から人(I)部分への。 Cardiovasc Pathol。 2005;14:1-11.
  24. Weisbergの広告、Albornoz F、等plasminogen活性剤の抑制剤1の病理学の阻止および遺伝の不足はangiotensionのII/salt誘発の大動脈の改造を減少させる。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 2005;25:365-371.
  25. Awata N、等。 動的練習によって評価される虚血性心疾患に対する補酵素Q10の効果はテストする。 : Yamamura Y、Folkers K、等、ED。 補酵素Q. Vol 2.アムステルダム、ネザーランド の生物医学的な、臨床面: Elsevier北のオランダのBiomedical; 1980:247-254.
  26. クレーンFL、Navas P。 補酵素Q機能の多様性。 Med Molの面。 1997年; 18 (suppl): S1-S6.
  27. Nakamura Y、補酵素Q10が付いているischaemic心筋層のTakahashi Mの等保護。 Cardiovasc Res。 1982;16:132-137.
  28. Nayler WG。 ischaemic心筋を保護する補酵素Q10の使用。 : Yamamura Y、Folkers K、等、ED。 補酵素Q. Vol 2.アムステルダム、ネザーランド の生物医学的な、臨床面: Elsevier北のオランダのBiomedical; 1980:409-425.
  29. Frei B、金MC、等Ubiquinol-10は生理学的な集中に有効な脂質溶ける酸化防止剤である。 Proc国民のAcad Sci米国。 1990年; 87:4879-4883。
  30. Ondarroa M、クウィンPJ。 リン脂質が付いているユビキノン10の相互作用のプロトンの磁気共鳴の分光調査は膜を模倣する。 Eur J Biochem。 1986;155:353-361.
  31. WeantのKA、スミスKM。 心不全に於いての補酵素Q10の役割。 アンPharmacother。 2005;39:1522-1526.
  32. Mortensen SA。 慢性の心不全のadjunctive療法として補酵素Q10の概観; 「Q-symbio」の理論的根拠、設計および終点—多国籍試験。 Biofactors。 2003;18:79-89.
  33. Berman M、Erman Aの等心臓移植を待っている末期の心不全を用いる患者の補酵素Q10: ランダム化された、偽薬制御の調査。 Clin Cardiol。 2004;27:295-299.
  34. Jeejeebhoy F、キースM、等MyoViveのrepletesの必要な心臓myocyteの栄養素との栄養の補足はおよび左の心室の機能障害の患者の左の心室のサイズを減らす。 AMの中心J. 2002年; 143:1092-1100。
  35. Taggart DP、補酵素Q10との短期補足のJenkins Mの等心臓操作の間の心筋の保護に対する効果。 アンThorac Surg。 1996;61:829-833.
  36. Judy WV、Folkers Kは、等補酵素Q10の改善された長期存続通常扱われた患者と比較された慢性の心不全の患者を扱った。 : Folkers K、Littarru GP、等、ED。 補酵素Q. Vol 4.アムステルダム、ネザーランド の生物医学的な、臨床面: Elsevier科学; 1991:291-298。
  37. Hosoe K、Kitano M、Kishida H、等安全の調査および健康なボランティアへの単一および4週間の多数の経口投与の後のubiquinol (Kaneka QH)の生物学的利用能。 Regul Toxicol Pharmacol。 2月2007日; 47(1): 19-28。
  38. Shults CW、Oakes D、早いパーキンソン病の補酵素Q10のKieburtz Kの等効果: 機能低下の遅延の証拠。 アーチNeurol。 10月2002日; 59(10): 1541-50。
  39. Shults CW、燧石BMの歌Dのパーキンソン病の患者の補酵素Q10の高い適量のFontaine D.の試験試験。 Exp. Neurol。 8月2004日; 188(2): 491-4。
  40. Langsjoen P.第5年次インターナショナルCoQ10のシンポジウム。 神戸、日本: 2007年11月9-12日。
  41. Langsjoen PH、Langsjoen AM。 心循環器疾患のCoQ10の使用の概観。 Biofactors。 1999;9(2-4):273-84.
  42. Langsjoen PH、Littarru GP、銀製MA。 hyperlipidemiaの患者のためのstatinsが付いている付随の補酵素Q10の役割。 CurrのトピックNutr Res.2005; 3(3): 149-58。
  43. Langsjoen PH、Langsjoen AM。 心不全および心筋の虚血に重点を置いて心循環器疾患の補酵素Q10。 アジア・太平洋中心J. 1998年; 7(3): 160-8。
  44. Goa KL、Brogden RN。 Lカルニチン: pharmacokineticsの予備の検討、および脂肪酸の新陳代謝に於いての役割への関係のischaemic心臓病気そして第一次および二次カルニチンの不足の治療上の使用。 薬剤。 1987;34:1-24.
  45. Mancini M、Rengo Fの等鬱血性心不全を用いる患者のpropionyl Lカルニチンの治療上の効力の制御された調査。 rzneimittelforschung。 1992;42:1101-1104.
  46. Pucciarelli G、Mastursi M、等。 鬱血性心不全の処置のpropionyl Lカルニチンの臨床および血行力学の効果。 Clin Ter。 1992;141:379-384.
  47. Colonna P、Iliceto S.の心筋梗塞および残された心室の改造: CEDIMの試験の結果。 カルニチンEcocardiografia Digitalizzata Infarto Miocardico。 AMの中心J. 2000年; 139 (pt 3): S124-S130.
  48. サンザシのTauchert M. Efficacyおよび安全は慢性の安定したニューヨークの中心連合のクラスIIIの心不全を用いる患者の偽薬と比べてWS 1442を得る。 AMの中心J. 2002年; 143:910-915。
  49. Schwinger RH、Pietsch Mの等サンザシの特別なエキスWS 1442は人間の心筋層のキャンプ独立の収縮の力を高める。 J Cardiovasc Pharmacol。 2000;35:700-707.
  50. Tauchert M、Gildor Aの等NYHAの段階IIの心不全の処置の高線量のサンザシのエキスWS 1442。 Herz。 1999;24:465-474.
  51. NYHA IIの心不全のLeuchtgens H. Crataegus SpecialののエキスWS 1442: 偽薬はランダム化された二重盲目の調査を制御した。 Fortschr Med。 1993;111:352-354.
  52. NYHAの機能クラスと定義される慢性の鬱血性心不全を用いる78人の患者に付きホーソーン(サンザシ)の準備李132人のシュミツトUの等効力II。 Phytomedicine。 1994;1:17-24.
  53. Weikl A、Assmus KDの等サンザシの特別なエキスWS 1442: 心不全(II) NYHAを用いる患者の客観的な有効性の査定。 Fortschr Med。 1996;114:291-296.
  54. 厳しい鬱血性心不全を用いるフロセミド扱われた患者の口頭マグネシウムの補足のCohen N、Alon I、等新陳代謝のおよび臨床効果。 Clin Cardiol。 2000;23:433-436.
  55. マックスウェルのSR。 酸化防止剤は虚血性心疾患を防ぐことができるか。 J Clin Pharm Ther。 1993;18:85-95.
  56. 血しょうの必要な酸化防止剤間のEichholzer M、StahelinのHB、等反対の相関関係および癌、虚血性心疾患を開発し、それぞれなでるべきそれに続く危険: バーゼルの将来の調査の12年のフォローアップ。 EXS. 1992年; 62:398-410。
  57. パトリックL. Mercuryの毒性および酸化防止剤、パート1: 水銀の毒性の処置に於いてのグルタチオンおよびアルファlipoic酸の役割。 MedのRev. 2002年を変えなさい; 7:456-471。
  58. Carlson DA、等。 ナトリウムR-として管理されるR-の(+) - lipoic酸の血しょうpharmacokinetics (+) -健康な人間の題材へのlipoate。 Altern MedのRev. 12月2007日; 12(4): 343-51。
  59. Berger MM、ムスタファ1世。 激しい心臓失敗の新陳代謝および栄養サポート。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 2003;6:195-201.
  60. Witte KKのクラークAL。 慢性の心不全の魚のオイル アジェバント療法か。 Eur J Cardiovasc Prev Rehabil。 2004;11:267-274.
  61. Omran H、Illien S、MacCarter D、St CJ、Luderitz B.Dリホースは鬱血性心不全の患者のdiastolic機能そして生活環境基準を改善する: 将来の実現可能性検討。 Eur Jの中心の失敗。 10月2003日; 5(5): 615-9。
  62. Ayus JC、Achinger SG。 左の心室の肥大および心臓機能に於いてのビタミンDの役割。 腎臓Int Suppl。 6月2005日; (95): S37-S42.
  63. ロンドンGM、Guerin AP、Verbeke FH、等末期の腎臓病のミネラル新陳代謝および幹線機能: 25-hydroxyvitamin Dの不足の潜在的な役割。 J AM Soc Nephrol。 2月2007日; 18(2): 613-20。
  64. Zittermann A、Schleithoff SS、Tenderich G、ベルトルドHK、Korfer RのStehle P. LowののビタミンDの状態: 鬱血性心不全の病因の貢献の要因か。 J AM Coll Cardiol。 1月2003日1日; 41(1): 105-12。
  65. Schleithoff SS、Zittermann A、Tenderich Gの等ビタミンDの補足は鬱血性心不全を用いる患者のcytokineのプロフィールを改善する: 二重盲目の、ランダム化された、偽薬制御の試験。 AM J Clin Nutr。 4月2006日; 83(4): 754-9。
  66. Chowanadisai WのBauerlyのKA、Tchaparian E、Wong A、Cortopassi GAのRuckerのRB。 Pyrroloquinolineのキノンはキャンプの応答要素結合蛋白質のリン酸化および高められたPGC-1alphaの表現によってミトコンドリアの生物発生を刺激する。 J Biol Chem。 1月2010日1日; 285(1): 142-52。
  67. Karamanlidis G、Nascimben L、Couper GS、Shekar PS、del Monte FのTian R. Defective DNAの写しは人間の心不全のミトコンドリアの生物発生を損なう。 Circ Res。 5月2010日14日; 106(9): 1541-8。
  68. アンドリュースR、等。 鬱血性心不全の骨格筋の新陳代謝に対する食餌療法のクレアチンの補足の効果。 Eurの中心J 4月1998日; 19(4): 617-22.
  69. Bemben MG、Lamont HS。 クレアチンの補足および練習の性能: 最近の調査結果。 スポーツMed。 2005;35(2):107-25.