生命延長ばねのクリアランス セール

肝硬変および肝臓病の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. ビールMH、Berkow RのED。 メルク マニュアル セカンド ハウスの版2004-2005年。 「肝臓病の臨床明示」。 で利用できる: http://www.merck.com/mmhe/sec10/ch135/ch135e.html?qt=portal%20hypertension&alt=sh。
  2. 慢性のエタノールの供給の後のラットのレバーのKawase T、Kato S、等脂質の過酸化反応そして酸化防止防衛システム。 Hepatology。 11月1989日; 10(5): 815-21。
  3. レオMA、Rosmanように、等カロチノイドの差動枯渇および肝臓病のトコフェロール。 Hepatology。 6月1993日; 17(6): 977-86。
  4. LieberのCS。 アルコール性および非アルコール肝臓病に於いての酸化圧力および酸化防止療法の役割。 ADV Pharmacol。 1997;38:601–28.
  5. Speisky H、MacDonald A、等激しいエタノールの管理の後の肝臓のグルタチオンの高められた損失および減らされた統合: 転換は調査する。 Biochem J. 2月1985日1日; 225(3): 565-72。
  6. Hirano T、Kaplowitz N、等ラットの実験アルコール性の肝臓病の肝臓のミトコンドリアのグルタチオンの枯渇および進行。 Hepatology。 12月1992日; 16(6): 1423-7。
  7. MendenhallのCL、アンダーソンSの等蛋白質カロリーの栄養不良はアルコール性の肝炎と関連付けた。 退役軍人管理局のアルコール性の肝炎の協力的な研究グループ。 AM J Med。 2月1984日; 76(2): 211-22。
  8. Mendenhall C、蛋白質のカロリーの栄養不良のRoselle GAの等アルコール性の肝臓病への関係: 2人の退役軍人管理局の協同組合からのデータの再検査は調査する。 アルコールClin Exp. Res。 6月1995日; 19(3): 635-41。
  9. Hirsch S、Bunout Dの等徴候のアルコール性の肝硬変の外来患者の栄養物の補足の管理された試験。 J Parenter Enteral Nutr。 1993日3月4月; 17(2): 119-24。
  10. Hirsch S、de la Maza MPは、等アルコール性のcirrhotic患者の栄養サポート ホストの防衛を改良する。 J AM Coll Nutr。 10月1999日; 18(5): 434-41。
  11. Gopalan Sの慢性の肝臓病の栄養物サポートのサランSの等実用性。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 5月2000日; 3(3): 227-9。 検討。
  12. 米国の大人間のGruchow HW、SobocinskiのKA、等アルコール消費、栄養取入口および相対的な体重。 AM J Clin Nutr。 8月1985日; 42(2): 289-95。
  13. Rosenthal WS、Adham NFの等複雑な慢性のアルコール中毒のリボフラビンの不足。 AM J Clin Nutr。 8月1973日; 26(8): 858-60。
  14. アルコール中毒の膵臓の外分泌機能および亜鉛吸収のIjuin H. Evaluation。 久留米Med J. 1998年; 45(1): 1-5。
  15. ビタミンB6のFonda ML、ブラウンSG、等集中およびアルコール性および非アルコール人の血のB6新陳代謝の酵素の活動。 アルコールClin Exp. Res。 12月1989日; 13(6): 804-9。
  16. Lumeng L。 ピリドキサール5'に対するエタノールの有害な効果を仲介することに於いてのアセトアルデヒドの役割-新陳代謝をリン酸で処理しなさい。 J Clinは投資する。 8月1978日; 62(2): 286-93。
  17. LieberのCS。 アルコール: 栄養素とのその新陳代謝そして相互作用。 NutrアンのRev。 2000;20:395–430.
  18. Kasper DL、Braunwald Eの等内科のハリスンの主義。 第16 ED。 ニューヨーク: McGraw丘の医学の出版部; 2005.
  19. オオカミDC。 肝硬変。 eMedicine。 で利用できる9月2001日6.日: http:// www.emedicine.com/med/topic3183.htm。 2006年1月16日アクセスされる。
  20. Glanze WD。 Mosbyの医学百科事典。 修正されたED。 セントルイス、Mo: CV Mosby; 1996.
  21. Mathurin PのMendenhallのCL、等副腎皮質ホルモンは厳しいアルコール性の肝炎の患者の短期存続を改善する(ああ): 最後の3の個々のデータ解析は厳しいの副腎皮質ホルモンの偽薬によって制御された二重盲目の試験をああランダム化した。 J Hepatol。 4月2002日; 36(4): 480-7。
  22. Barham JB、ガンマ リノレン酸補われた食事療法へのeicosapentaenoic酸のEdens MBの等付加は人間の血清のアラキドン酸の蓄積を防ぐ。 J Nutr。 8月2000日; 130(8): 1925-31年。
  23. Dias VCの聖職者HG。 人間の腸CaCo-2細胞ラインのデルタ9、デルタ6、およびデルタ5の脂肪酸のdesaturaseの活動の調節。 Jの脂質Res。 3月1995日; 36(3): 552-63。
  24. Gronn M、食餌療法の浄化されたeicosapentaenoic酸(のChristensen Eの等効果20:5 (n-3)) そしてdocosahexaenoic酸(22:6 (n-3)) 隔離されたラットのレバー細胞の脂肪酸の不飽和化そして酸化。 Biochim Biophysのアクタ。 4月1992日8日; 1125(1): 35-43。
  25. 清水S、Akimoto K、等Sesaminはpolyunsaturated脂肪酸の生合成のデルタ5のdesaturaseの有効な、特定の抑制剤である。 脂質。 7月1991日; 26(7): 512-6。
  26. ChavaliのSR、ForseのRA。 sesamolと補われるベニバナ油の食事療法に与えられるマウスのomega6脂肪酸のデルタ5の不飽和化の阻止と関連付けられるinterleukin6およびプロスタグランジンE2の減らされた生産。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 12月1999日; 61(6): 347-52。
  27. ラットのlipopolysaccharide誘発のprostanoidsおよび腫瘍壊死要因アルファのヴィヴォの前の生産に対するsesamin補われた食餌療法の脂肪質乳剤の宇都宮T、ChavaliのSR、等効果。 AM J Clin Nutr。 9月2000日; 72(3): 804-8。
  28. ヴァンAerde JE、Duerksen DRは、等静脈内の魚油の乳剤新生のコブタの総非経口的な栄養物誘発の胆汁うっ滞を減少させる。 Pediatr Res。 2月1999日; 45(2): 202-8。
  29. Yeh SL、チャンKY、等n-3の効果および血しょうeicosanoidsのn-6脂肪酸および総非経口的な栄養物を受け取っているラットのレバー酸化防止酵素。 栄養物。 1月1997日; 13(1): 32-6。
  30. 陳WJ、Yeh SL。 非経口的な栄養物の魚油の効果。 栄養物。 3月2003日; 19(3): 275-9。
  31. Alwayn IP、Gura Kの等オメガ3の脂肪酸の補足は非アルコール脂肪肝の病気のネズミ科モデルの肝臓のsteatosisを防ぐ。 Pediatr Res。 3月2005日; 57(3): 445-52。
  32. Nanji AAのMendenhallのCLは、等脂肪に防ぐラットのアルコール性の肝臓病を不平を言う。 アルコールClin Exp. Res。 1989a 2月; 13(1): 15-9。
  33. Nanji AA、フランスSW。 食餌療法のリノール酸は実験的に引き起こされたアルコール性のレバー傷害の開発に要求される。 生命Sci。 1989b; 44(3): 223-7。
  34. Nanji AA、Khwaja Sの等小説の血しょうレベルは実験アルコール性の肝臓病のレバー傷害の厳格のprostanoid (8-isoprostane)の相互的関係をnoncyclooxygenase得た。 J Pharmacol Exp. Ther。 6月1994日; 269(3): 1280-5。
  35. Nanji AA、Jokelainen Kは、等食餌療法の飽和させた脂肪酸継続的だったエタノールの管理にもかかわらずラットのレバーの炎症性およびfibrotic変更を逆転させる。 J Pharmacol Exp. Ther。 11月2001日; 299(2): 638-44。
  36. LieberのCS。 動物モデルのS Adenosyl Lメチオニンおよびアルコール中毒患者の肝臓病: 人間の早い介在のための含意。 アルコール。 7月2002日; 27(3): 173-7。 検討。
  37. Vendemiale G、口頭S adenosyl LメチオニンのAltomare Eの等肝臓病の患者の肝臓のグルタチオンに対する効果。 Scand J Gastroenterol。 5月1989日; 24(4): 407-15。
  38. Mato JM、Camara J、等アルコール性の肝硬変のS-adenosylmethionine: ランダム化される、二重盲目偽薬制御、多中心の臨床試験。 J Hepatol。 6月1999日; 30(6): 1081-9。
  39. Aleynik SIのLieberのCS。 Polyenylphosphatidylcholineはs-adenosylmethionineの回復によってアルコール誘発の肝臓の酸化圧力を訂正する。 アルコール。 2003日5月6月; 38(3): 208-12。
  40. Ma X、肇J、等Polyenylphosphatidylcholineは非アルコール肝臓の線維症を減少させ、退化を加速する。 J Hepatol。 5月1996日; 24(5): 604-13。
  41. LieberのCS、ロビンSJの等Phosphatidylcholineはヒヒの線維症そして肝硬変から保護する。 胃腸病学。 1月1994日; 106(1): 152-9。
  42. LieberのCS、Weiss DGの等ベテランの出来事のアルコール性の肝臓病のpolyenylphosphatidylcholineの協力的な調査。 アルコールClin Exp. Res。 2003a 11月; 27(11): 1765-72。
  43. Boigk G、Stroedter L、等Silymarinはコラーゲンの蓄積および二次ラットの胆管除去を完了するために進められた胆汁の線維症を早く遅らせる。 Hepatology。 9月1997日; 26(3): 643-9。
  44. Dehmlow C、Kupfferの細胞のエアハルトJの等阻止はsilibininのhepatoprotective特性のための説明として作用する。 Hepatology。 4月1996日; 23(4): 749-54。
  45. Kravchenko LV、bioflavonoidsのAvren'eva李の等ラットのT毒素の毒性に対する効果: 生化学的な調査。 Vopr Pitan。 2000;69(5):20–3.
  46. Batakov EA。 ラットの脂質の過酸化反応そしてレバー酸化防止システムに対するSilybumのmarianumのオイルおよびlegalonの効果は四塩化炭素と酔わせた。 Eksp Klin Farmakol。 2001日7月8月; 64(4): 53-5。
  47. LieberのCS、レオMA、等Silymarinはヒヒのアルコール誘発の肝臓の線維症の進行を遅らせる。 J Clin Gastroenterol。 2003b 10月; 37(4): 336-9。
  48. Ferenci P、Dragosics Bの等ランダム化された肝硬変の患者のsilymarinの処置の管理された試験。 J Hepatol。 7月1989日; 9(1): 105-13。
  49. Feher J、Deak Gの等慢性のアルコール性の肝臓病のsilymarin療法のレバー保護行為。 Orv Hetil。 12月1989日17日; 130(51): 2723-7。
  50. 化学薬品に対するsilymarinのSalmi HA、Sarna S. Effect、機能、およびレバーの形態学上の変化: 二重盲目の管理された調査。 Scand J Gastroenterol。 6月1982日; 17(4): 517-21。
  51. Buzzelli G、Moscarella S、等。 慢性の活動的な肝炎のsilybin phosphatidylcholineの複合体(IdB1016)のレバー保護効果のパイロット・スタディ。 Int J Clin Pharmacol Ther Toxicol。 9月1993日; 31(9): 456-60。
  52. Di Sario、Bendia E、等ラットの新しいsilybin phosphatidylcholineビタミンEの複合体のHepatoprotectiveおよびantifibrotic効果。 発掘のレバーDis。 11月2005日; 37(11): 869-76。
  53. Prakash S、Joshi YK。 微量栄養の酸化防止剤、総酸化防止容量および脂質の過酸化反応の査定は肝硬変で水平になる。 アジアPac J Clin Nutr。 2004年; 13 (Suppl): S110.
  54. Melhem A、酸化防止剤による慢性の肝炎のウイルスの伝染の厳格なMの等処置: 段階I臨床試験の結果。 J Clin Gastroenterol。 9月2005日; 39(8): 737-42。
  55. Corrao G、Zambon A、等肝硬変の栄養取入口、栄養パターンおよび危険: explorative場合制御の調査。 Eur J Epidemiol。 2004;19(9):861–9.
  56. Yu SY、朱YJ、等肝炎のウイルスに対するセレニウムの保護役割およびQidongの第一次肝臓癌。 Biolの跡Elem Res。 1月1997日; 56(1): 117-24。
  57. BorgesサントスMD、Moreto FのPereiraのPC、等HIVの(+)患者の血しょうグルタチオンはシステインまたはグルタミンとの食餌療法の補足に肯定的そして別様に答えた。 栄養物。 2012年1月18日。
  58. キュウリ属のmelo LCのVouldoukis I、Lacan D、Kamate C、等酸化防止のおよび炎症抑制の特性。 スーパーオキシドのディスムターゼの活動のエキスの金持ち。 J Ethnopharmacol。 9月2004日; 94(1): 67-75。
  59. Lester GE、Jifon JL、Crosby KM。 広がったキュウリ属のmelo L.の遺伝子型からの中果皮のティッシュのスーパーオキシドのディスムターゼの活動。 植物食糧によってはNutrがぶんぶんいう。 9月2009日; 64(3): 205-11。
  60. X-Y李。 fructus SchizandraeからのneolignansのBioactivity。 Mem Inst Oswaldo Cruz。 1991年; 86 Supplの2:31 - 7。
  61. 逃亡PY、Chiu PY、Leung HY、陳N、Leong PK、Ko KM。 Schisandrin Bの共同処置は長期エタノールによって扱われるラットのさまざまなティッシュのミトコンドリアの酸化防止状態の減損を改善する。 Fitoterapia。 12月2010日; 81(8): 1239-45。
  62. 、金YS SH、金Kang SS、Bae K、掛けられたTM、リーSM。 マウスのDガラクトサミンそしてlipopolysaccharideによって引き起こされるfulminant肝不全に対するgomisin Aの反apoptoticおよびhepatoprotective効果。 J Pharmacol Sci。 2月2008日; 106(2): 225-33。
  63. Ip SP、Yiu HY、Ko KM。 Schisandrin Bはmenadione誘発のhepatotoxicityからDTジアホラーゼの活動を高めることによって保護する。 Biochem Molの細胞。 5月2000日; 208 (1-2): 151-5。
  64. Ko KM、Ip SP、lignan富ませたfructusのschisandraeのエキスのPoon MKの等ラットの肝臓のグルタチオンの状態に対する効果: 四塩化炭素の毒性に対する保護。 Planta Med。 4月1995日; 61(2): 134-7。
  65. Ip SP、Mak DHの李のPC、Poon MK、Ko KM。 アフラトキシンB1およびラットのカドミウムの塩化物誘発のhepatotoxicityに対するchinensis Schisandraのlignan富ませたエキスの効果。 Pharmacol Toxicol。 6月1996日; 78(6): 413-6。
  66. 朱M、林KF、Yeung RY、李RC。 CCl4中毒モデルを使用してchinensis段階Iの薬剤の新陳代謝に対するSchisandraの保護効果の評価。 J Ethnopharmacol。 10月1999日; 67(1): 61-8。
  67. Stacchiotti A、李Volti G、Lavazza A、Rezzani R、Rodella LF。 Schisandrin Bは第二水銀塩化物--にさらされるラットのレバーのcytoprotective応答を刺激する。 食糧Chem Toxicol。 11月2009日; 47(11): 2834-40。
  68. Akbar NのTahirのRA、肝臓病の処置の自然なSchisandrin C (HpPro)のアナログのSantoso WDの等有効性: インドネシアの患者の経験。 Chin Med J (イギリス)。 3月1998日; 111(3): 248-51。
  69. Kato M、Miwa Yの等肝硬変の患者のエネルギー基質として分岐鎖のアミノ酸の優先使用。 インターンMed。 5月1998日; 37(5): 429-34。
  70. Marchesini G、ビアンキGの等高度の肝硬変の分岐鎖のアミノ酸との栄養の補足: 二重盲目の、ランダム化された試験。 胃腸病学。 6月2003日; 124(7): 1792-801。
  71. Meng WC、Leung KLの等hepatocellular癌腫のためのレバー切除を用いる患者の分岐鎖のアミノ酸の効果の将来のランダム化された制御調査。 Aust N Z J Surg。 11月1999日; 69(11): 811-5。
  72. Marchesini G、Dioguardi FSの等慢性の肝臓の脳症の長期口頭分岐鎖のアミノ酸の処置: ランダム化された二重盲目のカゼイン制御の試験。 イタリアの多中心の研究グループ。 J Hepatol。 1990年の7月; 11(1): 92-101。