生命延長スキン ケアの販売

年齢関連の認識低下の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. Piperhoff Pの等変形分野のmorphometryは51年まで大人の頭脳間の年齢関連の構造相違を明らかにする。 J Neurosci。 1月2008日23日; 28(4): 828-42。
  2. 老化すること当然のアレンJsの等正常なneuroanatomical変化: 一時的な地域の主要な丸い突出部そしてparcellation。 Neurobiolの老化。 10月2005日; 26(9): 1245-60; 議論1279-82。
  3. 老化および広告の横断面および縦方向の頭脳の容積の低下のFotenos AFの等標準見積もり。 神経学。 3月2005日22日; 64(6): 1032-9。
  4. ヘッド コンパートメントのKruggel F.のMRIベースのvolumetry: 健康な大人の標準価値。 Neuroimage。 3月2006日; 30(1): 1-11。
  5. 人命のスパンを渡る皮層の変更の地図を描くSowell ER等。 Nat. Neurosci。 3月2003日; 6(3): 309-15。
  6. 人間の脳のHsu JLの等性による違いそして年齢関連の白質の変更: 拡散のテンソル イメージ投射調査。 Neuroimage。 1月2008日15日; 39(2): 566-77。
  7. サリバンEVおよびPfefferbaum A. Diffusionのテンソル イメージ投射および老化。 Neurosci BiobehavのRev. 2006年; 30(6): 749-61。
  8. 人間の脳のgyrificationのMagnotta VAの等量的な生体内の測定: 変更は老化と関連付けた。 Cerebの皮質。 3月1999日; 9(2): 151-60。
  9. 老化の大脳皮質のSalat DHの等薄くなること。 Cerebの皮質。 7月2004日; 14(7): 721-30。
  10. 遅い生命のより5 HT (2A)受容器の内部の中年のShelineイの等より大きい損失。 AM Jの精神医学。 3月2002日; 159(3): 430-5。
  11. Erixon-Lindroth N等。 認識老化に於いてのstriatalドーパミンの運送者の役割。 精神医学Res。 1月2005日30日; 138(1): 1-12。
  12. 頭脳のドーパミンの活動の年齢関連の低下とfrontalおよびcingulateの新陳代謝の減損間のVolkow ND等連合。 AM Jの精神医学。 1月2000日; 157(1): 75-80。
  13. 老化の間のDel Arco等Prefrontal皮質、熱の制限および圧力: ドーパミンおよびアセチルコリンの調査は、BDNFおよび作業メモリ解放する。 Behavの頭脳Res。 1月2011日1日; 216(1): 136-45。
  14. Del Tredici KおよびAlzheimerのBraak H. Neurofibrillaryの変更は非常に年配の個人をタイプ インする: 避けられなくない、また、温和: 「115歳の女性の頭脳の病気無し」の論評。 Neurobiolの老化。 8月2008日; 29(8): 1133-6。
  15. 大脳のKadota Tの等開発そして老化: プロトンの氏分光学との査定。 AJNR AM J Neuroradiol。 1月2001日; 22(1): 128-35。
  16. Lovell MAおよびMarkesbery WR。 穏やかな認識減損および遅段階のアルツハイマー病の酸化DNAの損傷。 核酸Res。 2007;35(22):7497-504
  17. アルツハイマー病および穏やかな認識減損のoxidatively変更された頭脳蛋白質のButterfield DAおよびSultana R. Redoxのproteomicsの同一証明: このdementing無秩序の進行への洞察力。 J Alzheimers Dis。 8月2007日; 12(1): 61-72。
  18. ミトコンドリアDNAへのMecocci Pの等酸化損傷はアルツハイマー病で高められる。 アンNeurol。 11月1994日; 36(5): 747-51。
  19. 老齢期の発火そして認識低下のSchram MTの等全身のマーカー。 J AM Geriatr Soc。 5月2007日; 55(5): 708-16。
  20. Yaffe Kの等より古いbiracialグループの認識低下の内生性のホルモン レベルそして危険。 Neurobiolの老化。 2月2007日; 28(2): 171-8。
  21. Rizzo MTおよび退職者HA。 頭脳のendothelial細胞死: モード、神経の開発、ホメオスタティスおよび病気への細道および関連性に信号を送る。 Neurobiol Molの。 8月2010日; 42(1): 52-63。
  22. Debette Sの等内臓の脂肪は健康な中年の大人のより低い頭脳の容積と関連付けられる。 アンNeurol。 8月2010日; 68(2): 136-44。
  23. Scarmeas Nの等内陸の食事療法および穏やかな認識減損。 アーチNeurol。 2月2009日; 66(2): 216-25。
  24. Stine翌日EA等。 認識活力に対する従事させていた生活様式の効果: 分野実験。 Psycholの老化。 12月2008日; 23(4): 778-86。
  25. 年齢60の後のAtti ARの等認識減損: 臨床および会合「Faenzaプロジェクト」のJ Alzheimers Disで関連する。 8月2010日6.日。
  26. 黄斑の病気のための低い視野のリハビリテーションのcomorbidの認識減損のWhitson Eの等流行そしてパターン。 アーチGerontol Geriatr。 2010日3月4月; 50(2): 209-12。
  27. 穏やかな認識減損およびアルツハイマー病のための歌F等血しょうbiomarkers。 頭脳ResのRev. 10月2009日; 61(2): 69-80。
  28. マウスの後根神経節ニューロンのHorie Hの等膜の伸縮性は老化と減る。 FEBS Lett。 1990年の8月20日; 269(1): 23-5。
  29. 佐藤yおよび老化の間の頭脳の糖蛋白質の内部のT. Alteration。 Geriatr Gerontol Int。 7月2010日; 10のSuppl 1: S32-40.
  30. SolsonaSancho CおよびBlasi-Cabus JM。 [神経の膜および老化。 Neurol電気生理学的な面の] Rev。 12月1999日1-15日; 29(11): 1083-8。
  31. AlのHoekzema E dopaminergic neurotransmissionに対する老化の効果: microPETの調査の[11C] -老化させた齧歯動物の頭脳で結合するraclopride。 神経科学。 12月2010日29日; 171(4): 1283-6。
  32. ドーパミンの神経伝達物質の作用の変化に認識老化をつなぐBackman L等: 最近のデータおよび未来の道。 Neurosci BiobehavのRev. 4月2010日; 34(5): 670-7。
  33. 腐敗Dzh。 [老化のホルモンおよび神経伝達物質の行為の変更] Fiziol Zh。 1990年の9月10月; 36(5): 82-9。
  34. 陳SおよびヒルマンDE。 老化のラットのシナプスの損失のPurkinjeの細胞の樹枝状結晶で死ぬこと。 J Neurocytol。 3月1999日; 28(3): 187-96。
  35. 。認識老化するEur JのコグPsyのためのRabbitt Pの等正面テストそしてモデル。 2001; 13(1-2):5-28.
  36. 等構造頭脳が老化で変えるFjell: コース、原因および認識結果。 Neurosciの速度を上げる。 2010; 21(3):182-221.
  37. 健康な老齢人口の認知に関連するTeuissenのセリウムの等発火マーカー。 J Neuroimmunol。 1月2003日; 134 (1-2): 142-50。
  38. ハリスSE等。 109の遺伝子のための325のマーカーを使用して認識能力そして認識老化の遺伝連合の分析は酸化圧力か認知と関連付けた。 BMC Genet。 7月2007日2日; 8:43。
  39. Okereke OI等糖尿病のない老人の絶食血しょうインシュリン、Cペプチッドおよび認識変更: 医者の健康の調査II.からの結果。 Neuroepidemiology。 2010;34(4):200-7.
  40. postmenopausal中年の女性のライアンJの等ホルモン レベルそして認識機能。 Neurobiolの老化。 12月2010日14日。
  41. 紛砕機Mの等頭脳の萎縮および認知: cerebrovascular病理学を用いる相互作用か。 Neurobiolの老化。 Neurobiolの老化。 5月2011日; 32(5): 885-93。
  42. ミトコンドリアDNAへのMecocci Pの等酸化損傷は人間の脳のマーク付きの年齢依存した増加を示す。 アンNeurol。 10月1993日; 34(4): 609-16。
  43. Serra JAの等全身の酸化圧力は老化の神経疾患と関連付けた。 Neurochem Res。 12月2009日; 34(12): 2122-32。
  44. 穏やかな認識減損からのアルツハイマー病の開発のマーカーとしてグルタチオンおよび蛋白質の酸化のBermejo Pの等周辺レベル。 自由なRadic Res。 2月2008日; 42(2): 162-70。
  45. 老化の間のラットの頭脳のDiドメニコFの等酸化損傷: エネルギーと新陳代謝のキー・ターゲット蛋白質間の相互作用。 Neurochem Res。 12月2010日; 35(12): 2184-92。
  46. Hickey WF。 中枢神経系の白血球の交通: 関係者および彼らの役割。 Semin Immunol。 4月1999日; 11(2): 125-37。
  47. ウィットニーNPの等発火はneurogenesisのさまざまな効果を仲介する: 脳損傷およびneurodegenerative無秩序の病因への関連性。 J Neurochem。 3月2009日; 108(6): 1343-59。
  48. HIV 1感染したポンHは等および/または大食細胞分泌されたTNFアルファの影響の人間の胎児の皮層の神経の祖先の細胞増殖および微分を免疫があ活動化させた。 Glia。 6月2008日; 56(8): 903-16。
  49. 劉YPの等腫瘍の壊死の要因アルファおよびinterleukin18は萌芽期の神経の祖先文化の神経の細胞の運命を調整する。 頭脳Res。 8月2005日30日; 1054(2): 152-8。
  50. Monje MLの等炎症性封鎖は大人のhippocampal neurogenesisを元通りにする。 科学。 12月2003日5日; 302(5651): 1760-5。
  51. Vallieres Lは等interleukin6の慢性のastrocytic生産の大人のtransgenicマウスのhippocampal neurogenesisを減らした。 J Neurosci。 1月2002日15日; 22(2): 486-92。
  52. 皮層ニューロンMAP-2 immunoreactivityに対するマルクスのセリウムの等Cytokineの効果: 精神分裂症のための含意。 Biolの精神医学。 11月2001日15日; 50(10): 743-9。
  53. 萌芽期のラットのドーパミンおよびセロトニンの神経の存続のJarskog LFの等Cytokineの規則生体外で。 Neurosci Int J Dev。 10月1997日; 15(6): 711-6。
  54. 認識低下の織工のJdの等Interleukin6そして危険: 巧妙な老化のMacArthurの調査。 神経学。 8月2002日13日; 59(3): 371-8。
  55. 年配の女性のKomulainen Pの等血清の高い感受性のC反応蛋白質そして認識機能。 年齢の老化。 7月2007日; 36(4): 443-8。
  56. 等Teunissenのセリウム[老齢人口の認識作用に関連する血清のマーカー: マーストリヒトの老化の調査(マース)]の結果。 Tijdschr Gerontol Geriatr。 2月2003日; 34(1): 6-12。
  57. Brydon L等周辺発火は人間の変えられたsubstantiaのnigraの活動そしてpsychomotor遅延と関連付けられる。 Biolの精神医学。 6月2008日1日; 63(11): 1022-9。
  58. 頭脳のマニSKの等ステロイド ホルモンの行為: 細道に信号を送ること間の混線。 J Neuroendocrinol。 3月2009日; 21(4): 243-7。
  59. Balthazart J等。 頭脳のestradiolはホルモンまたは神経伝達物質であるか。 傾向Neurosci。 5月2006日; 29(5): 241-9。
  60. postmenopausal女性の認識機能に対するestradiolのMarinhoのRM等効果。 Maturitas。 2008日7月8月; 60 (3-4): 230-4。
  61. Hogervorst E等。 テストステロンの最適のレベルは健康な老女および人のよりよい認識機能と関連付けられるか。 Biochim Biophysのアクタ。 10月2010日; 1800(10): 1145-52。
  62. 血清の自由なテストステロンの集中のMoffat SDの等縦方向の査定は年配の人の記憶性能そして認識状態を予測する。 J Clin Endocrinol Metab。 11月2002日; 87(11): 5001-7。
  63. BarrettカナーEの等老人の内生性ホルモンそして認識機能。 J Clin Endocrinol Metab。 10月1999日; 84(10): 3681-5。
  64. Cherrier MMの等テストステロンの補足は健康な老人の空間的な、ことばによる記憶を改善する。 神経学。 7月2001日10日; 57(1): 80-8。
  65. Cherrier MMの等テストステロンはアルツハイマー病および穏やかな認識減損の人の空間的な記憶を改善する。 神経学。 6月2005日28日; 64(12): 2063-8年。
  66. Leranth Cの等低いCA1脊柱のシナプス密度はオスの人間でない霊長目の去勢によって更に減る。 Cerebの皮質。 5月2004日; 14(5): 503-10。
  67. hippocampalシナプスの可塑性のMaclusky NJの等男性ホルモン調節。 神経科学。 2006;138(3):957-65.
  68. dehydroepiandrosteroneによるMoriguchi S等シグマ1受容器の刺激はカム キナーゼII、プロテイン キナーゼCおよび嗅覚のbulbectomizedマウスの細胞外の信号調整されたキナーゼの活発化によって認識減損を改善する。 J Neurochem。 6月2011日; 117(5): 879-91。
  69. Sorwell KG等Dehydroepiandrosteroneおよび年齢関連の認識低下。 年齢(Dordr)。 3月2010日; 32(1): 61-7。
  70. 年配者のバレンティG等Dehydroepiandrosteroneの硫酸塩そして認識機能: InCHIANTIの調査。 J Endocrinolは投資する。 10月2009日; 32(9): 766-72。
  71. デービスのSRの等Dehydroepiandrosteroneの硫酸塩のレベルは女性のより好ましい認識機能と関連付けられる。 J Clin Endocrinol Metab。 3月2008日; 93(3): 801-8。
  72. 認識減損を緩和する穏やかの老女の毎日の生活の認識機能そして活動に対するdehydroepiandrosteroneの補足のYamada Sの等効果。 Geriatr Gerontol Int。 10月2010日; 10(4): 280-7。
  73. SliwinskiはNメチルDアスパラギン酸塩の受容器の調節によってPregnenoloneの等硫酸塩ラットの海馬の切れのCA1の長期potentiationを高める。 J Neurosci Res。 12月2004日1日; 78(5): 691-701。
  74. NメチルDアスパラギン酸塩のIrwin RPの等ステロイドのpotentiationそして阻止は細胞内Ca++の応答を受容器仲介した: 構造活動は調査する。 J Pharmacol Exp. Ther。 11月1994日; 271(2): 677-82。
  75. 精神分裂症の認識および否定的な徴候を目標とするneurosteroidのpregnenoloneのマルクスのセリウムの等証拠の概念の試験。 Neuropsychopharmacology。 7月2009日; 34(8): 1885-903。
  76. マルクスのセリウム等。 neurosteroidのallopregnanoloneはアルツハイマー病のprefrontal皮質で減る。 Biolの精神医学。 12月2006日15日; 60(12): 1287-94。
  77. Chend ZX等Neurosteroidのdehydroepiandrosteroneの硫酸塩はシグマ1受容器の活発化によってラットの中間のprefrontal皮質の耐久性があるナトリウムの流れを禁じる。 Exp. Neurol。 3月2008日; 210(1): 128-36。
  78. Sabeti Jの等ステロイドのpregnenoloneの硫酸塩はhippocampal CA1シナプスでNMDA受容器独立した長期potentiationを高める: Lタイプ カルシウム チャネルおよびシグマ受容器のための役割。 海馬。 2007;17(5):349-69.
  79. 角Sおよび頭脳の開発の間のHeuer H.の甲状腺ホルモンの行為: 答えよりより多くの質問。 細胞MolのEndocrinol。 2月2010日5日; 315 (1-2): 19-26。
  80. サミュエルズMH。 未処理の甲状腺機能低下症および甲状腺機能亢進症の認識機能。 Curr Opin Endocrinolの糖尿病Obes。 10月2008日; 15(5): 429-33。
  81. 区MA等低いHDLのコレステロールは認識的に健康な大人のより低い灰白質の容積と関連付けられる。 前部老化するNeurosci。 7月2010日15日; 2. pii: 29.
  82. Atzmon G等血しょうHDLレベルは例外的な長寿の認識機能に非常に関連する。 J Gerontol Biol Sci Med Sci。 11月2002日; 57(11): M712-5.
  83. Alkhoury Kの等慢性のホモシステインの露出のUpregulatesのEndothelial付着の分子は白血球を仲介し、: フロー条件の下のEndothelial細胞の相互作用。 Eur J Vasc Endovasc Surg。 3月2011日; 41(3): 429-35。
  84. Kumar Mの等ホモシステインは頸動脈の管の抵抗による頭脳に血の流れを減らす。 Neurochem Int。 12月2008日; 53 (6-8): 214-9。
  85. 無光沢Cの等激しいホモシステインの管理は抑制的な回避の仕事の記憶強化を損ない、immunocontent hippocampal頭脳得られたneurotrophic要因を減らす: 葉酸の処置による防止。 神経科学。 11月2009日10日; 163(4): 1039-45。
  86. Siuda J等。 穏やかな認識減損からアルツハイマー病-そのうちに認知のホモシステイン、ビタミンB12およびfolateの影響への: 1年のフォローアップからの結果。 Neurol Neurochirポール。 2009日7月8月; 43(4): 321-9。
  87. 血しょう合計のホモシステインのSeshadri S等連合は潜在性の脳損傷と水平になる: Framinghamの子孫の容積測定の磁気共鳴イメージ投射の大脳の容積、白質のhyperintensityおよび無声頭脳のinfarctsは調査する。 アーチNeurol。 5月2008日; 65(5): 642-9。
  88. 療法および打撃の危険、厳格および不能をホモシステイン下げるSaposnik G等: 希望2の試験からの付加的な調査結果。 打撃。 4月2009日; 40(4): 1365-72。
  89. Bのビタミンによってホモシステイン下がるスミス広告は等穏やかな認識減損の加速された頭脳の萎縮の率を遅らせる: ランダム化された管理された試験。 PLoS 1。 9月2010日8日; 5(9): e12244.
  90. アルツハイマー病、パーキンソン病および実験高血圧のcerebrocortical毛管のFarkas Eの等同じようで超微細構造的な故障。 機能リンクは何であるか。 アンN Y Acad Sci。 4月2000日; 903:72-82。
  91. Alzheimerの痴呆の患者の認識低下のBellew KMの等高血圧そして率はタイプする。 Alzheimer Dis Assoc Disord。 2004日10月12月; 18(4): 208-13。
  92. コミュニティ人口の痴呆の郡野Z等発生および進行75年をおよびより古い老化させた: 抗高血圧薬の薬物の使用の関係。 アーチNeurol。 8月1999日; 56(8): 991-6。
  93. 白鳥GEの等高齢者の25から30年そして認識性能に追跡するシストリック血圧。 打撃。 11月1998日; 29(11): 2334-40。
  94. Chobanian AV等。 高血圧の防止、検出、評価および処置の共同全国委員会の第7レポート: JNC 7のレポート。 JAMA. 5月2003日21日; 289(19): 2560-72。
  95. ほ乳類に於いてのエネルギー ホメオスタティスの規則に於いての練習誘発の頭脳得られたneurotrophic要因生産のPedsen BKの等役割。 Exp. Physiol。 12月2009日; 94(12): 1153-60。
  96. 糖尿病のMcIntyre RSの等頭脳の容積の異常そしてneurocognitive欠損: 気分障害の病態生理学的なercommonalityのポイントか。 ADV Ther。 2月2010日; 27(2): 63-80。
  97. 糖尿病の痴呆のBiessels GJの等危険: 組織的検討。 尖頭アーチNeurol。 1月2006日; 5(1): 64-74。
  98. prediabetesまたは早いタイプ2の糖尿病を持つ認識的に正常な大人のための地方大脳のブドウ糖の新陳代謝のパン屋LDの等インシュリン抵抗性そしてAlzheimerそっくりの減少。 アーチNeurol。 1月2011日; 68(1): 51-7。
  99. 糖尿病の頭脳の萎縮そして認識低下のvan Elderenの等進行: 3年のフォローアップ。 神経学。 9月2010日14日; 75(11): 997-1002。
  100. 事件の認識減損および痴呆の体格指数および中央adiposityおよび危険間のカーウィンDRの等相互作用: 女性の健康の初めの記憶からの結果は調査する。 J AM Geriatr Soc。 1月2011日; 59(1): 107-12。
  101. Abbatecola AMの等Adiposityは糖尿病を持つ高齢者の認識低下を予測する: 2年のフォローアップ。 PLoS 1。 4月2010日23日; 5(4): e10333.
  102. Walther Kの等より古い女性の体格指数と関連している構造頭脳の相違および認識作用。 ハム雑音の頭脳Mapp。 7月2010日; 31(7): 1052-64。
  103. とらわれのDJ等。 最初のエピソード マニアの減らされた頭脳の容積との高い体格指数の連合。 Biolの精神医学。 4月2011日15日。
  104. Ho AJ等肥満は700人の広告およびMCIの患者のより低い頭脳の容積とつながる。 Neurobiolの老化。 8月2010日; 31(8): 1326-39。
  105. 本部のWaldsteinのSRの等相互関係対認識機能への総肥満そして血圧。 Int J Obes (Lond)。 1月2006日; 30(1): 201-7。
  106. 痴呆のWhitmerのRAの等中央肥満そして高められた危険後で三十年以上。 神経学。 9月2008日30日; 71(14): 1057-64。
  107. 高齢者達の認識機能のConroyのRM等退屈傾向、孤独、社会的な取り組みおよび不況および連合: 人口調査。 Psycholの健康Med。 8月2010日; 15(4): 463-73。
  108. 老化の認知そして機能状態の社会的なネットワークの特徴の緑AFの等影響。 Int J Geriatrの精神医学。 9月2008日; 23(9): 972-8。
  109. 老人の認知の圧力、鉛の重荷および年齢のPeters JLの等相互作用: VAの標準老化の調査。 健康Perspectを囲みなさい。 4月2010日; 118(4): 505-10。
  110. Ansari TL等。 心配の認識努力の神経の相互的関係: 効率の処理に対する効果。 Biol Psychol。 3月2011日; 86(3): 337-48。
  111. 穏やかな認識減損の患者のprodromalアルツハイマー病のマーカーとしてGallagher Dの等心配そして行動妨害。 Int J Geriatrの精神医学。 2月2011日; 26(2): 166-72。
  112. Potvin Oの等不安障害、憂鬱なエピソードおよび認識減損コミュニティ住居の老人および女性の痴呆無し。 Int J Geriatrの精神医学。 12月2010日7.日。
  113. 圧力関連の枯渇の女性の性格特徴そしてhypothalamic下垂体副腎の(HPA)軸線の機能障害に関連して等認識欠損Sandstrom。 Scand J Psychol。 2月2011日; 52(1): 71-82。
  114. 両掛けDWおよびWoon FL。 大人のPremorbid頭脳の容積の見積もりそして減らされた総頭脳の容積は心的外傷後ストレス障害の有無にかかわらず外傷に露出した: メタ分析。 Cogn Behav Neurol。 6月2010日; 23(2): 124-9。
  115. 心的外傷後ストレス障害のFelmingham Kの等持続期間はhippocampal灰白質の損失を予測する。 Neuroreport。 10月2009日28日; 20(16): 1402-6。
  116. メモリ損失の主題の認識機能そして大脳の血の流れに対するNewberg ABの等黙想の効果: 予備の調査。 J Alzheimers Dis。 2010;20(2):517-26.
  117. Panza Fの等遅生命不況、穏やかな認識減損および痴呆: 可能な連続か。 AM J Geriatrの精神医学。 2月2010日; 18(2): 98-116。
  118. バターMA等。 遅生命不況のneuropsychological作用の性質そして決定要因。 アーチGENの精神医学。 6月2004日; 61(6): 587-95。
  119. Alexopoulos GS等。 「リバーシブルの痴呆」の老人の不況のコース: 管理された調査。 AM Jの精神医学。 11月1993日; 150(11): 1693-9。
  120. Crocco EA等。 遅生命不況が認知にいかに影響を与えるか: 神経のメカニズム。 Currの精神医学Rep。 2月2010日; 12(1): 34-8。
  121. van Tol MJの等不況および不安障害の地方頭脳の容積。 アーチGENの精神医学。 10月2010日; 67(10): 1002-11。
  122. 会合およびレジャー活動のWang HXの等遅生命約束は痴呆の減らされた危険と関連付けられる: Kungsholmenのプロジェクトからの縦方向調査。 AM J Epidemiol。 6月2002日15日; 155(12): 1081-7。
  123. 年配の女性間の屈折VCの等社会的なネットワーク、認識機能および痴呆の発生。 AM Jの公衆衛生。 7月2008日; 98(7): 1221-7。
  124. コミュニティ住居の年配者人のBassuk SSの等社会的な解放状態そして事件の認識低下。 アンのインターンMed。 8月1999日3日; 131(3): 165-73。
  125. 精神的に年齢75の後で中年および痴呆の危険の間に仕事で活動を刺激するKarp A等: Kungsholmenのプロジェクトからのフォローアップ。 AM J Geriatrの精神医学。 3月2009日; 17(3): 227-36。
  126. Freidl Wの等小型精神状態の検査: sociodemographic、環境および行動要因および管の危険率の影響。 J Clin Epidemiol。 1月1996日; 49(1): 73-8。
  127. ErtelのKA等。 全国的に代表的な米国の年配者の人口のメモリ機能の維持に対する社会的な統合の効果。 AM Jの公衆衛生。 7月2008日; 98(7): 1215-20。
  128. 神経およびnonneuronalの細胞のAzevedo FAの等同輩数は人間の脳に等大に量られた霊長目の頭脳をする。 J Comp Neurol。 4月2009日10日; 513(5): 532-41。
  129. ゲージFH。 大人の頭脳のNeurogenesis。 J Neurosci 2002年。 22:612-613。
  130. Zoladz JA等。 頭脳に対する身体活動の効果はneurotrophic要因を得た: 動物から人間の調査への。 J Physiol Pharmacol。 10月2010日; 61(5): 533-41。
  131. Boyke Jの等訓練誘発の頭脳の構造は年配者で変わる。 J Neurosci。 7月2008日9日; 28(28): 7031-5。
  132. Bekinschtein P等BDNFは長期記憶の貯蔵の持続を促進して必要である。 Proc国民のAcad Sci米国。 2月2008日19日; 105(7): 2711-6。
  133. Yamada KおよびNabeshima T.は記憶プロセスのTrkB neurotrophic要因/シグナリングを頭脳得た。 J Pharmacol Sci。 4月2003日; 91(4): 267-70。
  134. 黄EJ等Neurotrophins: 神経の開発および機能に於いての役割。 Neurosci AnnuのRev。 2001;24:677-736.
  135. Zuccato CおよびCattaneo E.はneurodegenerative病気のneurotrophic要因を頭脳得た。 Neurol Nat. Rev。 6月2009日; 5(6): 311-22。
  136. Arancio OおよびChao MV。 Neurotrophins、シナプスの可塑性および痴呆。 Curr Opin Neurobiol。 6月2007日; 17(3): 325-30。
  137. Cunha C等。 学習および記憶に於いてのBDNFのための簡単な役割か。 Neurosci前部Molの。 2月2010日9日; 3: 1。
  138. 空間的なかaversive学習および記憶に対する動くトレッドミルのランニングの劉Yの等差動効果および車輪: amygdalar頭脳得られたneurotrophic要因およびsynaptotagmin I.J Physiolの役割。 7月2009日1日; 587 (Pt 13): 3221-31。
  139. Cotman CWおよびBerchtold NC。 練習: 頭脳の健康および可塑性を高める行動の介在。 傾向Neurosci。 6月2002日; 25(6): 295-301。
  140. FerrisのLT等。 血清に対する激しい練習の効果はneurotrophic要因レベルおよび認識機能を頭脳得た。 Med SciのスポーツExerc。 4月2007日; 39(4): 728-34。
  141. 訓練するYarrow JFは等循環の頭脳によって得られるneurotrophic要因(BDNF)のレジスタンス・エクササイズの引き起こされた高度を増加する。 Neurosci Lett。 7月2010日26日; 479(2): 161-5。
  142. 金SMの等多発性硬化および制御の標準化された激しい練習への神経の成長因子そして頭脳得られたneurotrophic要因の基底の血清のレベルそして反応。 J Neuroimmunol。 5月2003日; 138 (1-2): 99-105。
  143. 血清の練習の独特の味SWの等影響は健康な人間の題材のneurotrophic要因集中を頭脳得た。 Neurosci Lett。 1月2008日24日; 431(1): 62-5。
  144. 冬Bの等影響が大きいランニングは学習を改善する。 NeurobiolはMemを学ぶ。 5月2007日; 87(4): 597-609。
  145. ラットの海馬の頭脳得られたneurotrophic要因(BDNF)コピーのOliff HSの等練習誘発の規則。 頭脳Resの頭脳MolのRes。 10月1998日30日; 61 (1-2): 147-53。
  146. 認識低下のSofi Fの等身体活動そして危険: 前向き研究のメタ分析。 JはMedを実習する。 1月2011日; 269(1): 107-17。
  147. ForstmannのBU等Striatumはおよび前SMA時間制限の下で意志決定を促進する。 Proc国民のAcad Sci米国。 11月2008日11日; 105(45): 17538-42。
  148. より古い運転者のためのBedard Mおよび織工のB. Cognitiveの訓練は自動車両衝突の介入の頻度を減らすことができる。 EvidはMentの健康を基づかせていた。 5月2011日; 14(2): 52。
  149. 等Rami L [認識予備のアンケート。 健康な年配の人口とアルツハイマー病との1つで得られるスコア]。 Neurol Rev。 2月2011日16日; 52(4): 195-201。
  150. Serra L等アルツハイマー病の認識予備のNeuroanatomical相互的関係。 若返りRes。 1月2011日4.日。
  151. SmythのKAの等労働者の機能および特性は広告の職業そして開発と関連付けた。 神経学。 8月2004日10日; 63(3): 498-503。
  152. Tucker AMおよび老化の厳格なY. Cognitive Reserve。 Curr Alzheimer Res。 1月2011日11.日。
  153. 可塑性ベースの適応性がある認識訓練の記憶のZelinski EMの等改善: 3ヶ月のフォローアップの結果。 J AM Geriatr Soc。 2月2011日; 59(2): 258-65。
  154. Kwok V等新しい色は名前を学ぶそのままな大人の人間の皮質の灰白質の急速な増加を作り出す。 Proc国民のAcad Sci米国。 4月2011日19日; 108(16): 6686-8.2011
  155. Archer HAの等騎士の移動考えることか。 チェスをする人の穏やかな認識減損。 Neurocase。 2月2005日; 11(1): 26-31。
  156. アルツハイマー病の手始めを遅らせるCraik FI等: 認識予備の形態として二国語常用。 神経学。 11月2010日9日; 75(19): 1726-9。
  157. Mozolic JL等。 認識訓練の介在は健康な高齢者の休息の大脳の血の流れを高める。 前部ハム雑音Neurosci。 3月2010日12日; 4:16。
  158. Daviglus MLの等国立衛生研究所州の科学の会議の声明: アルツハイマー病および認識低下を防ぐこと。 アンのインターンMed。 8月2010日3日; 153(3): 176-81。
  159. Malyka AG等Piracetamおよびpiracetamそっくりの薬剤: 基礎科学へのから新しい臨床応用CNSの無秩序への。 薬剤。 2月2010日12日; 70(3): 287-312。
  160. 紛砕機私達等老化させたマウス、ラットおよび人間の脳の膜の流動率に対するpiracetamの効果。 Biochem Pharmacol。 1月1997日24日; 53(2): 135-40。
  161. 認識減損のpiracetamのWaegemans Tの等臨床効力: メタ分析。 Dement Geriatr Cogn Disord。 2002;13(4):217-24.
  162. Nagasawa H、ポジトロン断層法によって評価される複数のinfarctの痴呆の共同dergocrine mesylate (Hydergine)のKogure Kの等効果。 Tohoku J Exp. Med。 1990年の11月; 162(3): 225-33。
  163. ImperatoはD2受容器を通して等共同dergocrine (Hydergine) striatalおよびhippocampalアセチルコリン解放を調整する。 Neuroreport。 2月1994日24日; 5(6): 674-6。
  164. コケむした繊維とラットの海馬の微粒の細胞の年齢依存した損失に対する長期hydergineの処置のAmenta Fの等効果。 アーチGerontol Geriatr。 1990年の5月6月; 10(3): 287-96。
  165. シュナイダーLSおよびOlin JT。 痴呆のhydergineの臨床試験の概観。 アーチNeurol。 8月1994日; 51(8): 787-98。
  166. Engberg G等Deprenyl (selegiline)、活動的な代謝物質が付いている選択的なMAO-Bの抑制剤; nigralドーパミン ニューロンのlocomotor活動、dopaminergic neurotransmissionおよび発砲率に対する効果。 J Pharmacol Exp. Ther。 11月1991日; 259(2): 841-7。
  167. Subramanian MVおよびジェームスTJ。 deprenylの補足はラットの小脳の年齢関連変化を減少させる。 Rep MolのBiol。 12月2010日; 37(8): 3653-61。
  168. [リストされている著者無し] deprenylのAのランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験および人間免疫不全のウイルス準の認識減損のthioctic酸。 HIVの痴呆および関連認識無秩序の療法のDanaの借款団。 神経学。 3月1998日; 50(3): 645-51。
  169. 頭脳のアセチルコリン解放のadrenergicメカニズムのGeorgiev VPの等参加はcentrophenoxineによって作り出した。 アクタPhysiol Pharmacol Bulg。 1979;5(4):21-6.
  170. Marcer DおよびHopkins SM。 年配者のメモリ損失に対するmeclofenoxateの差動効果。 年齢の老化。 5月1977日; 6(2): 123-31。
  171. ボディ構成に対するcentrophenoxineのFulop T Jr.の等効果および二重盲目臨床試験で明らかにされる気違いじみた高齢者のある生化学的な変数。 アーチGerontol Geriatr。 1990年の5月6月; 10(3): 239-51。
  172. Verma Rおよびパーキンソン病の動物モデルのロテノン誘発の酸化圧力に対するcentrophenoxineのNehru B. Effect。 Neurochem Int。 11月2009日; 55(6): 369-75。
  173. 電気のEskelinen MH。 中年の後で脂肪質取入口および生命の認識減損: 人口ベースのCAIDEの調査。 Int J Geriatrの精神医学。 7月2008日; 23(7): 741-7。
  174. Benton D.等。 学校の子供の行動の朝食のglycaemic負荷の影響。 Physiol Behav。 11月2007日23日; 92(4): 717-24。
  175. Papanikolaou Yはタイプ2の糖尿病を持つ大人の高glycaemic索引の炭水化物の食事と比較される低glycaemic索引に従がって等認識性能をよくする。 Diabetologia。 5月2006日; 49(5): 855-62。
  176. Witte AVの等熱の制限は年配の人間の記憶を改善する。 Proc国民のAcad Sci米国。 1月2009日27日; 106(4): 1255-60。
  177. Kemnitz JW。 ヒト以外の霊長類のカロリーの制限そして老化。 ILAR J. 2月2011日8日; 52(1): 66-77。
  178. 高血圧の太りすぎの大人のneurocognitionの高血圧の食事療法、練習および熱の制限を停止する食餌療法のアプローチのスミスPJ等効果。 高血圧。 6月2010日; 55(6): 1331-8。
  179. Qiu Gの等食餌療法の制限および頭脳の健康。 Neurosci Bull。 2月2010日; 26(1): 55-65。
  180. 現代的な知識に照し合わせて内陸の食事療法のWillett WCの等健康の含意。 1. 植物食糧および乳製品。 AM J Clin Nutr。 6月1995日; 61 (6つのSuppl): 1407S-1415S.
  181. 太りすぎおよび肥満の人々のTzima Nの等内陸の食事療法およびインシュリンの感受性、脂質のプロフィールおよび血圧レベル、; Atticaの調査。 脂質の健康Dis。 9月2007日19日; 6:22。
  182. 最高monounsaturated脂肪酸のウシMBの等効果は穏やかな腹部の肥満の大人の血清の脂質およびインシュリンの感受性の内陸の食事療法食事療法し。 Nutr Metab Cardiovasc Dis。 10月2010日; 20(8): 591-8。
  183. 血圧のKokkinos Pの等食餌療法の影響: 高血圧の流行に対する内陸の食事療法の効果。 J Clin Hypertens (グリニッジ)。 3月2005日; 7(3): 165-70; クイズ171-2。
  184. 内陸の食事療法および健康状態へのSofi Fの等付着: メタ分析。 BMJ. 9月2008日11日; 337: a1344. doi: 10.1136/bmj.a1344.
  185. Kastorini CM等。 新陳代謝シンドロームおよび部品に対する内陸の食事療法の効果50の調査および534,906人の個人のメタ分析。 J AM Coll Cardiol。 3月2011日15日; 57(11): 1299-313。
  186. Trichopoulou年配のギリシャ人の等食事療法そして存続: 過去へのリンク。 AM J Clin Nutr。 6月1995日; 61 (6つのSuppl): 1346S-1350S.
  187. Trichopoulou内陸の食事療法への等付着およびギリシャの人口の存続。 NイギリスJ Med。 6月2003日26日; 348(26): 2599-608。
  188. predementiaおよび痴呆シンドロームのSolfrizzi Vの等生活様式関連の要因。 Neurother巧妙なRev。 1月2008日; 8(1): 133-58。
  189. 高齢者のFeart Cの等内陸の食事療法そして認識機能。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2010日; 13(1): 14-8。
  190. アルツハイマー病のScarmeas Nの等身体活動、食事療法および危険。 JAMA. 8月2009日12日; 302(6): 627-37。
  191. McMillan L等10日間の内陸の食事療法の行動効果。 パイロット・スタディの評価の気分および認識性能からの結果。 食欲。 2月2011日; 56(1): 143-7。
  192. ロバーツROの等野菜、不飽和脂肪、適当なアルコール取入口および穏やかな認識減損。 Dement Geriatr Cogn Disord。 2010;29(5):413-23.
  193. 痴呆および認識低下のための危険率としてAnstey KJ等アルコール消費: 前向き研究のメタ分析。 AM J Geriatrの精神医学。 7月2009日; 17(7): 542-55。
  194. 認識減損のVirtaa JJの等中年アルコール消費そしてより遅い危険: 対のフォローアップ。 J Alzheimers Dis。 1月2010日1日; 22(3): 939-48。
  195. Ho赤ワインのpolyphenolic内容のL等不均質は特異的にAlzheimerの病気タイプのneuropathologyおよび認識悪化に影響を及ぼす。 J Alzheimers Dis。 2009;16(1):59-72.
  196. ラットでコレストロールが高い供給によって引き起こされる頭脳の酸化圧力そして酸化防止酵素活性に対する赤ワインおよび腎臓のMontilla Pの等保護効果。 Clin Nutr。 2月2006日; 25(1): 146-53。
  197. ArntzenのKAの等穏健派のワインの消費はよりよい認識試験結果と関連付けられる: Tromsøの調査の5033の主題の7年のフォローアップ。 アクタNeurol Scand Suppl。 2010;(190):23-9.
  198. 年配の人および女性によるフラボノイドが豊富なワイン、茶およびチョコレートのNurk Eの等取入口はよりよい認識テスト性能と関連付けられる。 J Nutr。 1月2009日; 139(1): 120-7。
  199. チョンBHは等postprandial lipemiaの強化をアルコール仲介した: 血しょうHDLの増加および心循環器疾患の危険の減少への貢献の要因。 AM J Clin Nutr。 9月2003日; 78(3): 391-9。
  200. Schafer C等。 HDLコレステロールの増加を越えて: HDL3からのアルコール消費者のHDL2へのリン脂質の強化そして転位。 Jの脂質Res。 7月2007日; 48(7): 1550-8。
  201. HDLのKralova Lesna I等5月のアルコール誘発の増加はatheroprotectiveとして考慮されるか。 Physiol Res。 2010;59(3):407-13.
  202. 緩和、cardioprotectionおよびneuroprotectionのCollins MA等アルコール: 疫学的な考察および機械論的な調査。 アルコールClin Exp. Res。 2月2009日; 33(2): 206-19。
  203. Bakuradze Tの等酸化防止が豊富なコーヒーはDNAの損傷を減らし、グルタチオンの状態を上げ、そしてウェイト・コントロールに貢献する: 介在からの結果は調査する。 食糧MolのNutrのRes。 5月2011日; 55(5): 793-7。
  204. Moura-Nunes N等。 激しいコーヒー取入口の後の人間血しょう酸化防止容量の増加は内生非酵素の酸化防止部品と関連付けられない。 Int Jの食糧Sci Nutr。 11:1-9年9月2009日。
  205. コーヒー フェノールのphytochemicalsによる酸化神経の細胞死のCho ESの等減少。 Mutat Res。 2月2009日10日; 661 (1-2): 18-24。
  206. Hwang YPおよびJeong HG。 コーヒー ジテルペンのkahweolはPI3Kおよびp38/Nrf2細道によって6 hydroxydopamine得られた酸化圧力から人間のdopaminergicニューロンを保護するためにヘムのオキシゲナーゼ1を引き起こす。 FEBS Lett。 7月2008日23日; 582(17): 2655-62。
  207. Cao Cの等カフェインは別のコーヒー部品と血しょうGCSFを増加するために相乗作用を与える: Alzheimerのマウスの認識利点への連結。 J Alzheimers Dis。 3月2011日18日。
  208. ヴァンGelder BMの等コーヒー消費は年配のヨーロッパの人の認識低下と逆に関連付けられる: 良い調査。 Eur J Clin Nutr。 2月2007日; 61(2): 226-32。
  209. 年齢70のCorley Jの等カフェインの消費そして認識機能: ロシアンの生れのグループ1936の調査。 Psychosom Med。 2月2010日; 72(2): 206-14。
  210. より古い個人の高い血清のanticholinergic活動と関連付けられるNebes RDの等認識遅延はカフェインの使用によって減る。 AM J Geriatrの精神医学。 2月2011日; 19(2): 169-75。
  211. サントスCの等カフェインの取入口は認識低下のより危険度が低いのと関連付けられる: ポルトガルからのグループ調査。 J Alzheimers Dis。 2010年; 20のSuppl 1: S175-85.
  212. 年配者のRitchie Ke tのAlのカフェイン、認識作用、および白質の損害: 疫学的な証拠からの因果関係の確立。 J Alzheimers Dis。 2010年; 20のSuppl 1: S161-6.
  213. Foskettは模倣されたサッカーの活動の間に等カフェイン認識機能および技術の性能を高める。 Int JのスポーツNutr Exerc Metab。 8月2009日; 19(4): 410-23。
  214. 陳Xの等カフェインはAlzheimerおよびパーキンソン病の動物モデルの血頭脳の障壁の中断から保護する。 J Alzheimers Dis。 2010年; 20のSuppl 1: S127-41.
  215. Cao Cの等カフェインはアルツハイマー病のtransgenicマウスの血しょうそして頭脳のアミロイド ベータ レベルを抑制する。 J Alzheimers Dis。 2009;17(3):681-97.
  216. Arendashギガワットの等カフェインは認識減損を逆転させ、老化させたアルツハイマー病のマウスの頭脳のアミロイド ベータ レベルを減らす。 J Alzheimers Dis。 2009;17(3):661-80.
  217. コーヒーおよび癌のアラビア人のL. Epidemiologicのの証拠。 Nutrの蟹座。 2010;62(3):271-83.
  218. 等コーヒーおよびカフェインの消費postmenopausal女性のタイプ2の糖尿病の性のホルモン結合のグロブリンそして危険に関連して主力。 糖尿病。 1月2011日; 60(1): 269-75。
  219. Renouf Mの等Nondairyクリーム、しかしないミルクは、人間血しょうのコーヒー フェノールの酸の等量の出現を遅らせる。 J Nutr。 2月2010日; 140(2): 259-63。
  220. Simopoulos AP。 食事療法の発展の面: オメガ6/Omega 3の比率および頭脳。 Neurobiol Molの。 1月2011日29日。
  221. 食事療法誘発の減らされた頭脳のdocosahexaenoic酸(DHA)を持つメスのラットのデービスPFの等ドーパミンの受容器の変化: 生殖状態の相互作用。 Nutr Neurosci。 8月2010日; 13(4): 161-9。
  222. 劉CおよびCAI WX。 [オメガ3のpolyunsaturated脂肪酸と激し積極的な行動間の関係の進歩]。 FaイXue Za Zhi。 12月2010日; 26(6): 454-9。
  223. Heinrichs SC. 神経の構造および機能を最大限に活用するための食餌療法のオメガ3の脂肪酸の補足。 食糧MolのNutrのRes。 4月2010日; 54(4): 447-56。
  224. Simopoulos AP。 食餌療法のオメガ6の発展の面: オメガ3の脂肪酸の比率: 医学の含意。 Nutr Diet世界のRev。 2009;100:1-21.
  225. Chiu CC等。 アルツハイマー病および穏やかな認識減損のオメガ3の脂肪酸の単独療法の効果: 予備は二重盲目の偽薬制御の調査をランダム化した。 Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 8月2008日1日; 32(6): 1538-44。
  226. 高Q等オメガ3のpolyunsaturated脂肪酸の補足および認識低下: シンガポールの縦方向の老化は調査する。 J Nutrの健康の老化。 2011;15(1):32-5.
  227. イギリスの高齢者達間のDangourの広告の等魚の消費量そして認識機能: オパールからのベースライン データは調査する。 J Nutrの健康の老化。 3月2009日; 13(3): 198-202。
  228. 年配および食餌療法の魚の取入口の中のNurke Eの等認識性能: Hordalandの健康の調査。 AM J Clin Nutr。 11月2007日; 86(5): 1470-8。
  229. Muldoon MFの等血清のリン脂質のdocosahexaenonic酸は中間の成年期の間に認識作用と関連付けられる。 J Nutr。 4月2010日; 140(4): 848-53。
  230. 果実の補足および年齢関連の認識低下のWillis LMの等最近の前進。 Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 1月2009日; 12(1): 91-4。
  231. ブルーベリー与えられたブタのレバー、目および頭脳のアントシアニンのKalt Wの等同一証明。 J Agricの食糧Chem。 2月2008日13日; 56(3): 705-12。
  232. ラットのタラベラSの等アントシアニン新陳代謝および消化が良い区域、腎臓および頭脳への彼らの配分。 J Agricの食糧Chem。 5月2005日18日; 53(10): 3902-8。
  233. 頭脳透過性、非有毒な鉄のchelatorsとしてMandel Sの等緑茶のカテキンは「頭脳からの鉄」を解決する。J神経Transm Suppl。 2006;(71):249-57.
  234. 健康なラットの頭脳の酸化防止酵素活性に対するresveratrolのMokni Mの等効果。 Neurochem Res。 6月2007日; 32(6): 981-7。
  235. マウス、頭脳の酸化防止マーカーおよびacetylcholinesteraseの活動の認識性能に対するポリフェノールが豊富な野生のブルーベリーのエキスのパパンドレウMaの等効果。 Behavの頭脳Res。 3月2009日17日; 198(2): 352-8。
  236. 老化させたラットの短期ブルーベリーの補足によるhippocampal可塑性そして認識行動のCasadesus G.等調節。 Nutr Neurosci。 2004日10月12月; 7 (5-6): 309-16。
  237. MilburyのPEおよび血頭脳の障壁を渡るKalt W. Xenobioticの新陳代謝および果実のフラボノイドの輸送。 J Agricの食糧Chem。 4月2010日14日; 58(7): 3950-6。
  238. Krikorian Rの等ブルーベリーの補足は高齢者の記憶を改善する。 J Agricの食糧Chem。 4月2010日14日; 58(7): 3996-4000。
  239. ブルーベリー、ほうれんそう、またはいちごの食餌療法の補足の神経信号transduction、認識の、およびモーター行動の欠損の年齢関連の低下のヨセフJAの等逆転。 J Neurosci。 9月1999日15日; 19(18): 8114-21。
  240. Malin DHの等短期ブルーベリー富ませた食事療法は老化のラットの目的の認識のメモリ損失を防ぎ、逆転させる。 栄養物。 3月2011日; 27(3): 338-42。
  241. ブルーベリーのStull AJ等Bioactivesは肥満、インシュリン抵抗力がある人および女性のインシュリンの感受性を改善する。 J Nutr。 10月2010日; 140(10): 1764-8。
  242. Del Bo' C等。 野生のブルーベリー(スノキ属のangustifolium)の一時的な効果- Sprague-Dawleyのラットのvasomotor調子の富ませた食事療法。 Nutr Metab Cardiovasc Dis。 8月2010日14日。
  243. より古い中国の大人のNG TPの等茶消費および認識減損および低下。 AM J Clin Nutr。 7月2008日; 88(1): 224-31。
  244. Feng L等シンガポールのコミュニティ居住のより古い中国語の認識機能および茶消費。 J Nutrの健康の老化。 6月2010日; 14(6): 433-8。
  245. リーJWの等緑茶(-) - epigallocatechin 3没食子酸塩はマウスのERKおよびNFkappaB細道の阻止によってsecretaseの活動の修正によってベータ アミロイド誘発の認識機能障害を禁じる。 J Nutr。 10月2009日; 139(10): 1987-93年。
  246. 緑茶のカテキンによる多数の頭脳ターゲットのMandel SA等同時処理: Alzheimerおよびパーキンソン病のための潜在的なneuroprotective作戦。 CNS Neurosci Ther。 2008冬; 14(4): 352-65。
  247. 成年期からの緑茶のカテキンのUnno Kの等毎日の摂取は老化させたマウスの頭脳の機能障害を抑制した。 Biofactors。 2008;34(4):263-71.
  248. 公園SK等。 緑茶のエキスおよびl-Theanineの組合せは穏やかな認識減損の主題の記憶そして注意を改善する: 二重盲目の偽薬制御の調査。 J Medの食糧。 4月2011日; 14(4): 334-43。
  249. Vertes RP。 Hippocampal Θリズム: 短期記憶のための札。 海馬。 2005;15(7):923-35.
  250. 海馬のBuzsaki G. Thetaの振動。 ニューロン。 1月2002日31日; 33(3): 325-40。
  251. Xu Yの等緑茶のポリフェノールは酸化圧力の調整によって慢性の大脳のhypoperfusionによって引き起こされる認識減損を禁じる。 J Nutr Biochem。 8月2010日; 21(8): 741-8。
  252. ラットの心理圧力によって引き起こされる認識減損に対する緑茶のポリフェノールの陳WQの等保護効果。 Behavの頭脳Res。 8月2009日24日; 202(1): 71-6。
  253. 金のチタニウムの等l-Theanine、緑茶のアミノ酸は、ベータ アミロイド誘発の認識機能障害およびneurotoxicityを減少させる: ERK/p38キナーゼおよびNFkappaB細道の酸化損傷そして不活性化の減少。 自由なRadic Biol Med。 12月2009日1日; 47(11): 1601-10。
  254. Rezai-Zadeh Kの等緑茶のepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)はベータ アミロイドによって仲介される認識減損を減らし、Alzheimerのtransgenicマウスのtauの病理学を調整する。 頭脳Res。 6月2008日12日; 1214:177-87。
  255. Haque AMの等緑茶のカテキンはラットでAbeta1-40によって引き起こされる認識欠損を防ぐ。 J Nutr Biochem。 9月2008日; 19(9): 619-26。
  256. talすなわちHininger-Favier。 緑茶のエキスは酸化圧力を減らし、インシュリン抵抗性の動物モデル、フルクトース与えられたラットのインシュリンの感受性を改善する。 J AM Coll Nutr。 8月2009日; 28(4): 355-61。
  257. Alexopoulos N等。 健康な個人のendothelial機能に対する緑茶の消費の急性効果。 Eur J Cardiovasc Prev Rehabil。 6月2008日; 15(3): 300-5。
  258. Basuは等緑茶の補足新陳代謝シンドロームの肥満の主題の体重、脂質および脂質の過酸化反応に影響を与える。 J AM Coll Nutr。 2月2010日; 29(1): 31-40。
  259. Agarwall BおよびBaur JA。 Resveratrolおよび生命延長。 アンN Y Acad Sci。 1月2011日; 1215:138-43。
  260. Harada Nの等Resveratrolは海馬のインシュリンそっくりの成長の要因私の生産を高めることによってマウスの認識機能を改善する。 J Nutr Biochem。 2月2011日4.日。
  261. ラットの頭脳の海馬のBDNFの遺伝子発現に対する口頭resveratrolのRahvar Mの等効果。 Neurochem Res。 5月2011日; 36(5): 761-5。
  262. Chiavaroliは等Resveratrol若者および老化させたラットの頭脳のisoprostaneの生産を禁じる。 J Biol Regul Homeostの代理店。 2010日10月12月; 24(4): 441-6。
  263. 頭脳のresveratrolのチャンFの等炎症抑制の活動: microglial活発化に於いてのresveratrolの役割。 Eur J Pharmacol。 6月2010日25日; 636 (1-3): 1-7。
  264. 林YLの等Resveratrolは血頭脳の障壁の酸化させたLDL誘発の破損からマウスのcerebrovascular endothelial細胞に堅い接続点およびapoptotic侮辱の中断の減少によって保護する。 J Nutr。 12月2010日; 140(12): 2187-92。
  265. ischemic傷害に対するresveratrolの李H等Neuroprotectiveの効果は頭脳エネルギー新陳代謝を改良し、ラットの酸化圧力を軽減することによって仲介した。 神経薬理学。 2011日2月3月; 60 (2-3): 252-8。
  266. Oomenカリフォルニアの等Resveratrolは老化のマウスのcerebrovascular密度そして認識機能を維持する。 前部老化するNeurosci。 12月2009日9日; 1: 4。
  267. 独身者RHの等Resveratrolは行動の減損を減少させ、外傷性の脳損傷のラットによって制御される皮層の影響モデルの皮層およびhippocampal損失を減らす。 J Neurotrauma。 6月2010日; 27(6): 1091-9。
  268. Dal鍋は霊長目の慢性の熱の制限かresveratrolの補足の間に等認識性能選択式に高められる。 PLoS 1。 1月2011日31日; 6(1): e16581.
  269. Selhub J等Bのビタミンおよび老化の頭脳。 NutrのRev. 12月2010日; 68のSuppl 2: S112-8.
  270. Tucker KLの等高いホモシステインおよび低いBのビタミンは老化の人の認識低下を予測する: ベテランの出来事の標準老化の調査。 AM J Clin Nutr。 9月2005日; 82(3): 627-35。
  271. 痴呆および認識減損のHaan MN等ホモシステイン、Bのビタミンおよび発生: 老化のサクラメント区域のラテンアメリカ系の調査からの結果。 AM J Clin Nutr。 2月2007日; 85(2): 511-7。
  272. 穏やかな認識減損および痴呆のQuadri P等ホモシステインおよびBのビタミン。 Clin Chemの実験室Med。 2005;43(10):1096-100.
  273. スコットTM等ホモシステインおよびBのビタミンは頭脳の容積に関連し、白質は精神障害の老人の患者で変わる。 AM J Geriatrの精神医学。 2004日11月12月; 12(6): 631-8。
  274. Shoffner JMのウォーレスD.の酸化的リン酸化の病気。 : ScriverのCR、BeaudetのAL、悪賢いWS、等、ED。 受継がれた病気の新陳代謝および分子基盤。 ニューヨーク、NY: McGraw丘; 1995.
  275. エームズのBN。 老化のミトコンドリアの腐食の延期。 アンN Y Acad Sci 2004年; 1019:406-411。
  276. Kidd PM。 ミトコンドリアの不十分からのNeurodegeneration: 統合的な管理を使用して再建する頭脳のための栄養素、幹細胞、成長因子および見通し。 Altern MedのRev. 12月2005日; 10(4): 268-93。
  277. neuromuscularおよびneurodegenerative無秩序のManacuso Mの等補酵素Q10。 Currの薬剤ターゲット。 1月2010日; 11(1): 111-21。
  278. Galpern WRおよびCudkowicz私。 老化のneurodegenerative病気の補酵素Qの処置。 Mitochondrion。 6月2007日; 7つのSuppl: S146-53.
  279. ヤンXの等補酵素Q10はAlzheimerのpresenilinの老化させたtransgenicマウスのベータ アミロイドの病理学を1つの突然変異減少させる。 J Mol Neurosci。 2月2008日; 34(2): 165-71。
  280. Traustadottier Tの等高線量のstatinの使用は高齢者の好気性容量または骨格筋機能を損なわない。年齢(Dordr)。 12月2008日; 30(4): 283-91。
  281. ハミルトンSJ等補酵素Q10はstatin扱われたタイプ2の糖尿病患者の患者のendothelial機能障害を改善する。 糖尿病の心配。 5月2009日; 32(5): 810-2。
  282. Kettawan等補酵素qの保護効果(10) simvastatinによって引き起こされる減らされた酸化圧力の抵抗で。 J Clin Biochem Nutr。 5月2007日; 40(3): 194-202。
  283. Zammit VAの等カルニチン、ミトコンドリア機能および療法。 ADVはDelivのRev.に11月2009日30日薬剤を入れる; 61(14): 1353-62。
  284. Mynatt RL。 カルニチンおよびタイプ2の糖尿病。 糖尿病のMetab ResのRev. 9月2009日; 25のSuppl 1: S45-9.
  285. 低酸素症の間のHota KBの等アセチルLカルニチン仲介されたneuroprotectionはERK1/2 Nrf2調整されたミトコンドリアの生合成に帰因する。 海馬。 5月の2011日3.日doi: 10.1002/hipo.20934.
  286. 老化のラットのカルニチンによる容量そしてコリン作動性のシナプス機能の学習のAndo Sの等強化。 J Neurosci Res。 10月2001日15日; 66(2): 266-71。
  287. hippocampal細胞のNGF仲介されたERK1/2シグナリングのBarhwal Kの等低酸素症誘発の非活動化: アセチルLカルニチンによるneuroprotection。 J Neurosci Res。 9月2008日; 86(12): 2705-21。
  288. Alves Eの等アセチルLカルニチンは青年のラットの頭脳の3,4 methylenedioximethamphetamine誘発のミトコンドリアのneurotoxicity上の有効な生体内のneuroprotectionを提供する。 神経科学。 1月2009日23日; 158(2): 514-23。
  289. Taglialatela Gの等アセチルLカルニチンは神経の成長因子へのPC12細胞の応答を高める。 頭脳Res Devの頭脳Res。 4月1991日24日; 59(2): 221-30。
  290. アセチルLカルニチンのアルギニン アミドによって刺激されるPC12細胞のTaglialatela G等Neuriteの結果。 Neurochem Res。 1月1995日; 20(1): 1-9。
  291. 二重ブラインドのモントゴメリーSA等メタ分析はアセチルLカルニチンの管理された臨床試験を対穏やかな認識減損および穏やかなアルツハイマー病の処置の偽薬ランダム化した。 Int Clin Psychopharmacol。 3月2003日; 18(2): 61-71。
  292. Kidd PM。 アルツハイマー病、amnestic穏やかな認識減損および年齢準の記憶減損: 統合的な防止の方の流れの理解そして進歩。 Altern MedのRev. 6月2008日; 13(2): 85-115。
  293. Richter Y等。 記憶能力に対する主観的な記憶不平の主題でオメガ3の脂肪酸をphosphatidylserine含んでいる効果: パイロット・スタディ。 Clin Intervの老化。 11月2010日2日; 5:313-6。
  294. Kato-Kataoka Aの等大豆得られたphosphatidylserineは記憶不平の年配の日本の主題のメモリ機能を改善する。 J Clin Biochem Nutr。 11月2010日; 47(3): 246-55。
  295. オメガ3の脂肪酸を含んでいるVakhapova Vの等Phosphatidylserineは記憶不平の非気違いじみた年配者の記憶能力を改善するかもしれない: 二重盲目の偽薬制御の試験。 Dement Geriatr Cogn Disord。 2010;29(5):467-74.
  296. 認識減損および痴呆のためのBirks Jの等イチョウのbiloba。 CochraneのデータベースSystのRev. 1月2009日21日; (1): CD003120.
  297. Mashayekhは量的な氏散水イメージ投射が査定する大脳の血の流れのイチョウのbilobaの等もたらす: パイロット・スタディ。 Neuroradiology。 3月2011日; 53(3): 185-91。
  298. phosphatidylserine、イチョウのbiloba、ビタミンEおよびピリドキシンを含んでいるnutraceutical補足による老化させたビーグル犬の短期記憶の性能のAraujo JAの等改善。 J.を4月2008日診察できる; 49(4): 379-85。
  299. ケネディはphosphatidylserineとcomplexed標準化されたイチョウのbilobaのエキスの激しい認識効果を等する。 ハム雑音Psychopharmacol。 6月2007日; 22(4): 199-210。
  300. Bacopaのayurvedic antidementia植物のmonnieraのDhanasekaran M等Neuroprotectiveのメカニズム。 Phytother Res。 10月2007日; 21(10): 965-9。
  301. Bhandari P等Bacosterolのグリコシド、Bacopaのmonnieriからの新しい13,14 secoステロイドのグリコシド。 Chem Pharm Bull (東京)。 2月2006日; 54(2): 240-1。
  302. 高性能液体クロマトグラフィーによるBacopaのmonnieriの主要なサポニンの混合物のbacoside AのDeepak Mの等量的な決定。 肛門Phytochem。 2005日1月2月; 16(1): 24-9。
  303. Stough C等。 健康な人間の題材の認識機能に対するBacopaのmonniera (Brahmi)のエキスの慢性の効果。 精神薬理学(Berl)。 8月2001日; 156(4): 481-4。
  304. 年配者の認識性能、心配および不況に対する標準化されたBacopaのmonnieriのエキスのCalabrese Cの等効果: ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験。 J Alternの補足物Med。 7月2008日; 14(6): 707-13。
  305. 人間の認識作用に対するBacopaのmonnieraの特別なエキスのnootropic効果を検査するStough C等: 90日間の二重盲目の偽薬制御のランダム化された試験。 Phytother Res。 12月2008日; 22(12): 1629-34。
  306. huperzine AおよびONIOM方法に基づいてacetylcholinesteraseへのgalanthamineのKitisripanya Nの等、不良部分。 Nanomedicine。 2月2011日; 7(1): 60-8。
  307. 潜在的な対策のhuperzineのマイヤーズTMの等全身の管理は不利な認識行動の効果なしでリバーシブルに中央および周辺acetylcholinesteraseの活動を禁じる。 Pharmacol Biochem Behav。 1月2010日; 94(3): 477-81。
  308. アルツハイマー病の処置の自然なacetylcholinesteraseの抑制剤のhuperzine AのWang BSの等効力そして安全: 更新済メタ分析。 J神経Transm。 4月2009日; 116(4): 457-65。
  309. Koistinaho M、アルツハイマー病と大脳の虚血間のKoistinaho J. Interactions--発火の焦点。 頭脳Resの頭脳ResのRev. 4月2005日; 48(2): 240-50。
  310. Amenta F、Tayebati SK、等コリン作動性の前駆物質のコリンのalphoscerateとの連合およびコリンエステラーゼの抑制剤のrivastigmine: コリン作動性のneurotransmissionを高めるためのアプローチ。 機械式の老化するDev。 11月2005日14日
  311. Parnetti L、Amenta Fの認識低下と激しいcerebrovascular病気のGallai V. Cholineのalphoscerate: 出版された臨床データの分析。 機械式の老化するDev。 11月2001日; 122(16): 2041-55年。
  312. Molnar P、Erdo SL。 Vinpocetineはphenytoin有効ラットの皮層ニューロンの電圧ゲートで制御されたNa+チャネルを妨げるためにである。 Eur J Pharmacol 1995年; 273:303-306。
  313. Chiu PJ、Tetzloff G、Ahn HS、Sybertz EJ。 収縮に対するvinpocetineおよび8-Brcyclic GMPの比較効果およびウサギの大動脈の45Cafluxes。 AM J Hypertens 1988年; 1:262-268。
  314. neuroprotectantsとしてStolc S. Indoleの派生物。 生命Sci 1999年; 65:1943-1950。
  315. Osawa M、ischemic cerebrovascular病気の血の粘着性に対するTCV-3B (vinpocetine)の丸山町S. Effects。 Therは1985年を掛けた; 33:7-12。
  316. 血小板のaggregabilityおよび赤血球の変形能に対するvinpocetineのKuzuya F. Effects。 Therは1985年を掛けた; 33:22-34。
  317. 慢性のcerebrovascular病気の患者のhemorheological変数に対する非経口的なか口頭vinpocetineのFeher Gの等効果。 Phytomedicine。 3月2009日; 16 (2-3): 111-7。
  318. 認識機能に対する延長多重タスク処理の間の複数のビタミン/ミネラル補足および疲労のHaskellのCFの等効果。 ハム雑音Psychopharmacol。 8月2010日; 25(6): 448-61。