生命延長スキン ケアの販売

血無疾患(貧血症、白血球減少症および血小板減少症)の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. 東ケンタッキー大学。 人間生理学。 血およびボディ防衛I. Availableの: http://people.eku.edu/ritchisong/301notes4.htm。 2005年10月20日アクセスされる。
  2. Abrahamian FM、慢性Wilke E. Anemia 。 最後の更新済2005年2月8日。 で利用できる: http://www.emedicine.com/emerg/topic734.htm。 2005年10月20日アクセスされる。
  3. コンラッド私。 鉄欠乏性貧血 。 最後の更新済2005年8月15日。 で利用できる: http://www.emedicine.com/med/topic1188.htm。 2005年10月20日アクセスされる。
  4. ウーWC、Rathore SSの等激しい心筋梗塞を用いる年配の患者の輸血。 NイギリスJ Med 。 10月2001日25日; 345(17): 1230-6。
  5. Kikuchi M、Inagaki Tの等貧血症の高齢者達の5年の存続: ヘモグロビンの集中の変化。 J AM Geriatr Soc。 9月2001日; 49(9): 1226-8。
  6. ビールMH。 医療情報のメルク マニュアル 。 第2 ED。 Whitehouse Station、NJ: メルクの研究所; 2003:1004-5.
  7. Leung AK、Chan KW。 鉄欠乏性貧血 。 ADV Pediatr 。 2001;48:385-408.
  8. Rasul I、Kandel GP。 鉄不足の貧血症へのアプローチ 。 J Gastroenterolはできる 。 11月2001日; 15(11): 739-47。
  9. リンチのSR。 栄養の貧血症の鉄の強化の影響。 最もよいPract Res Clin Haematol。 6月2005日; 18(2): 333-46。
  10. ダイヤモンドのAL、ダイヤモンドRの等 ビタミンB-12は神経疾患を関連付けた 。 最後の更新済2004年10月11日。 で利用できる: http://www.emedicine.com/neuro/topic439.htm。 2005年10月20日アクセスされる。
  11. ブリル ジュニア、Baumgardner DJ。 Normocytic貧血症。 AM Famの医者 。 11月2000日15日; 62(10): 2255-64。
  12. Bron D、Meuleman Nの等貧血症の生物的基礎。 Semin Oncol 。 4月2001日; 28 (suppl 8): 1-6。
  13. Gillespie TW。 癌の貧血症: 治療上の含意および介在。 蟹座Nurs 。 4月2003日; 26(2): 119-28。
  14. 騎士K、ウェードS、等癌の貧血症の流行および結果: 文献の組織的検討。 AM J Med 。 4月2004日5日; 116 (suppl 7A): 11S-26S.
  15. サリバンPS、HIVウイルス(HIV)の貧血症のハンソンDLの等疫学-感染させた人: multistate大人からの結果およびHIV病気の監視の青年スペクトルは写し出す。 血。 1月1998日1日; 91(1):301-8.
  16. Bain J. Andropause: 老化する人のためのテストステロンの取り替え療法。 Famの医者はできる。 1月2001日; 47:91-7。
  17. Zitzmann Mの男性の生殖腺機能減退症のNieschlag E. Hormoneの取り替え。 細胞MolのEndocrinol 。 3月2000日30日; 161 (1-2): 73-88。
  18. Buskin SE、サリバンPS。 HIVウイルスに感染する人の貧血症および処置および結果。 注入。 6月2004日; 44(6): 826-32。
  19. Caro JJ、Salas Mの等癌を持つ患者の存続のための独立した予想要因として貧血症: 全身、量的な検討。 蟹座。 6月2001日15日; 91(12): 2214-21。
  20. パン屋HWG。 組織的病気の精巣の機能障害。 ベッカーKLでは、ED。 内分泌学および新陳代謝の原則そして練習。 第2 ED。 フィラデルヒィア、Pa: JB Lippincott; 1995:1083-9。
  21. Pegelow CのRaj A.の 鎌状細胞貧血症 。 最後の更新済2004年6月23日。 で利用できる: http://www.emedicine.com/ped/topic2096.htm。 2005年10月20日アクセスされる。
  22. Uthman E. Anemia: Pathophysiologic結果、分類および臨床調査 。 で利用できる: http://web2.airmail.net/uthman/anemia/anemia.html。 2005年10月20日アクセスされる。
  23. Baik HWのラッセルRM。 年配者のビタミンB12の不足。 Nutr AnnuのRev。 1999;19:357-77.
  24. Kopcke W、Sauerland MC。 別の厳格の鉄欠乏性貧血の患者の鉄蛋白質のsuccinylateの効力および許容範囲データのメタ分析。 Arzneimittelforschung。 11月1995日; 45(11): 1211-6。
  25. Theil欧州共同体。 鉄、ferritinおよび栄養物。 Nutr AnnuのRev。 2004;24:327-43.
  26. WaradyのBA、Zobrist RHの等hemodialysisの貧血の子供のナトリウムの鉄のgluconateの複雑な療法。 Pediatr Nephrol。 9月2005日; 20(9): 1320-7。
  27. 貯えられたcamu-camu (Myrciariaのdubia)のパルプのJusti KC、Visentainer JV、等栄養の構成およびビタミンCの安定性。 アーチLatinoam Nutr。 12月2000日; 50(4): 405-8。
  28. 劉J、Wang ZT、Ji LL。 neoandrographolideの生体内および生体外の炎症抑制の活動。 AM J Chin Med。 2007;35(2):317-28.
  29. ほ乳類のFicek W.のビタミンC。 生化学的なArchives1997年; 13(4): 207-213。
  30. Lambie DG、ジョンソンRH。 薬剤およびfolateの新陳代謝。 薬剤 。 8月1985日; 30(2): 145-55。
  31. 高崎Y、Moriuchi Y、等有害な貧血症およびビタミンB12の不足の貧血症のための口頭ビタミンB12療法の有効性。 Rinsho Ketsueki。 3月2002日; 43(3): 165-9。
  32. Chan S、Gerson B、等。 銅、モリブデン、セレニウムおよび栄養物および健康に於いての亜鉛の役割。 Clinの実験室Med 。 12月1998日; 18(4): 673-85。
  33. Horl WH。 貧血症管理のAdjunctive療法。 Nephrolのダイヤルの移植。 2002年; 17 (suppl 5): 56-9。
  34. モラレスA、Heaton JP、等Andropause: 本当の臨床実体のための誤った名称。 J Urol 。 3月2000日; 163(3): 705-12。
  35. Corapcioglu F、癌を持つ子供の136の熱病のneutropenicエピソードのSarialioglu Fの等分析: 処置の有効性および費用の評価。 Pediatr Hematol Oncol 。 9月2004日; 21(6): 535-43。
  36. Ochs HD、スミスCI。 Xつながれたagammaglobulinemia: 臨床および分子分析。 薬(ボルティモア) 。 11月1996日; 75(6): 287-99。
  37. Steiner I、Budka Hの等ウイルスの脳炎: 管理のための診断方法そして指針の検討。 Eur J Neurol 。 5月2005日; 12(5): 331-43。
  38. Bradstock KF。 急性白血病の処置のhematopoietic成長因子の使用。 Curr Pharm Des 。 2002;8(5):343-55.
  39. Cario G、Skokowa J、等厳しい生来のneutropeniaの患者のmyeloid祖先の細胞の親および反apoptotic要因の異質表現パターンはgranulocyteのコロニー刺激的な要因と扱った。 Br J Haematol 。 4月2005日; 129(2): 275-8。
  40. Viviani S、Negretti Fの等予備は癌の化学療法の後でmyelodysplasticシンドロームの処置のmelatoninで調査する。 J Pineal Res。 1990;8(4):347-54.
  41. Kasper DL、Braunwald E、等、ED。 ハリスンの内科の原則 。 第16 ED。 ニューヨーク、NY: McGraw丘; 2004.
  42. Bauder F.G-CSF: 慢性の自己免疫のneutropeniaの非常に有効な療法。 文献の短い検討。 Hematolの細胞Ther。 10月1998日; 40(5): 189-91。
  43. Branda RF、Naud SJ、等ビタミンB12の効果、胸の癌腫の化学療法のfolateおよびサプリメント: 引き起こされたmucositisおよびneutropenia。 蟹座 。 9月2004日1日; 101(5): 1058-64。
  44. イリオスのGC。 hemostasisの概観。 獣医のClinの北AM小さいAnim Pract 。 1月1988日; 18(1): 5-20。
  45. Rosthoj S、Hedlund-Treutiger I、等子供の最近診断された独特の血小板減少性紫斑病の持続期間および疾病率: 精選されていないグループの将来の北欧の調査。 J Pediatr 。 9月2003日; 143(3): 302-7。
  46. Burke AP、Mont Eの等急速な予想外の死を引き起こすThrombotic血小板減少性紫斑病により: 診断のCD61 immunohistochemical汚損の価値。 Cardiovasc Pathol 。 2005日5月6月; 14(3): 150-5。
  47. Ruggenenti P、Remuzzi G. Thromboticの血小板減少性紫斑病および関連の無秩序。 Hematol Oncol Clinの北AM。 1990年の2月; 4(1): 219-41。
  48. Byshevskiiように、Galian SL、等thrombinemiaと血の遊離基間の関係プロセス。 Ukr Biokhim Zh 。 1994日9月10月; 66(5): 56-62。
  49. Byshevskiiように、Galian SL、等赤血球のhemocoagulationの特性に対するA、E、C、Pのビタミンのの効果複合体およびthrombinemiaの血小板の集合。 Ukr Biokhim Zh 。 1992a 3月4月; 64(2): 85-91。
  50. Byshevskiiは実験動物の血凝固の強度のビタミンA、E、CおよびPのように、Solov'ev GS、等もたらす。 Biull Eksp Biol Med 。 1992b 9月; 114(9): 262-5。
  51. BickfordのPC、タンJ、Shytle RD、等Nutraceuticalsは共働作用して人間の幹細胞の拡散を促進する。 幹細胞Dev。 2月2006日; 15(1): 118-23。
  52. Pirich C、Gaszo A、等血小板の存続に対する魚油の補足の効果およびヴィヴォの前の血小板はhypercholesterolemic患者で作用する。 Thromb Res 。 11月1999日1日; 96(3): 219-27。
  53. シュナイダーSM、Fung対、等全好中球の白血球NADPHのオキシダーゼの活動および長い鎖のpolyunsaturated脂肪酸と刺激される細胞なしの好中球の準備。 発火 。 2月2001日; 25(1): 17-23。
  54. alkylglycerols (Ecomer)のKrotkiewski M、Przybyszewska M、等Cytostaticおよび細胞毒素の効果。 Med Sci Monit。 11月2003日; 9(11): PI1131-PI1135.
  55. Takeuchi M、長期総非経口的な栄養物の間に銅の不足によるTada A、等貧血症およびneutropenia。 Rinsho Ketsueki 。 2月1993日; 34(2): 171-6。
  56. Fraker PJの王LE、等。 免疫組織の完全性と亜鉛状態間の動的リンク。 J Nutr 。 5月2000日; 130 (suppl 5): 1399S-1406S.
  57. Todisco M、処理し難い独特の血小板減少性紫斑病のためのRossi N. Melatonin: 3つの場合のレポート。 AM J Ther 。 2002日11月12月; 9(6): 524-6。
  58. Todisco M、Casaccia Pの等処理し難い独特の血小板減少性紫斑病の厳しい出血の徴候: 場合はmelatoninと首尾よく扱った。 AM J Ther 。 2003日3月4月; 10(2): 135-6。
  59. Lissoni Pの曼荼羅Mの等成長因子: pinealホルモンのmelatoninのthrombopoietic特性。 血液学。 1999;4(4):335-43.
  60. Abrial C、Kwiatkowski Fの等癌治療のmelatoninの治療上の潜在性。 Pathol Biol (パリ)。 6月2005日; 53(5): 265-8。