生命延長スキン ケアの販売

アクネの参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. Cordain LのLindeberg Sの等ニキビ: 西部文明の病気。 アーチDermatol。 12月2002日; 138(12):1584-90.
  2. Rossen MH、Roed-Petersen J. [ニキビ]。 UgeskrLaeger。 3月1993日15日; 155(11): 775-8。
  3. Bataille V、Snieder H等。 アクネの病因の遺伝学そして環境要因の影響: 女性のアクネの対の調査。 JはDermatolを12月2002日投資する; 119(6): 1317-22.
  4. ラッセルJJ。 アクネのための項目療法。 AM Famの医者。 1月2000日15日; 61(2): 357-66。
  5. YeungCK、Chan HH。 リチウムの皮膚の悪影響: 疫学および管理。 AM J ClinDermatol。 2004;5(1):3-8.
  6. Weiss JS、ShavinJS。 アクネ管理のための項目retinoidおよび抗生の組合せ療法。 JはDermatolに薬剤を入れる。 3月2004日; 3(2): 146-54。
  7. グンサーLC。 項目tazaroteneとの最大限に活用する処置。 AM J ClinDermatol。 2003;4(3):197-202.
  8. ウェブスターGF、グンサーL等。 かつて毎日tazaroteneの効力そして許容範囲の多中心、二重盲目の、ランダム化された比較調査0.1%ゲルおよびadapalene顔のニキビの処置のための0.1%ゲル。 Cutis 2月2002日; 69 (2つのSuppl): 4-11.
  9. Layton AM。 傷つけおよび心理的なsequelaeを防ぐアクネの最適管理。 AM J ClinDermatol。 2001;2(3):135-41.
  10. Lemay Aのアクネの反androgenic処置としてPoulin Yの等経口避妊薬。 hyperandrogenic女性のアクネの処置のためのantiandrogensの相対的な効力の比較。 5alpha還元酵素の抑制剤の臨床応用。 J ObstetGynaecolの缶。 7月2002日; 24(7): 559-67。
  11. Carmina EのシンリンオオカミのRA。 hyperandrogenic女性のアクネの処置のためのantiandrogensの相対的な効力の比較。 ClinEndocrinol (Oxf)。 8月2002日; 57(2): 231-34。
  12. Karlsson TのVahlquist Aの等13シス形retinoic酸はretinolのデヒドロゲナーゼRoDH-4によって競争的に3アルファhydroxysteroidの酸化を禁じる: 脂腺の反androgenic効果のためのメカニズムか。 BiochemBiophys Res Commun。 3月2003日28日; 303(1): 273-8。
  13. Inui Sの中島町Tの等潜在的な皮のroxithromycinの反androgenic活動。 J Dermatol Sci。 10月2001日; 27(2): 147-51。
  14. Nussbaumer PのBillich A. Steroidのsulfataseの抑制剤。 Med ResのRev. 7月2004日; 24(4):529-76.
  15. ZhanelGG、Homenuik K等。 glycylcyclines: テトラサイクリンとの比較検討。 薬剤。 2004;64(1):63-88.
  16. SmolinskiKNの沿AC等アクネの更新: 2004. CurrOpinPediatr。 8月2004日8日; 16(4): 385-91。
  17. スミスR、マンN等。 インシュリンの感受性のニキビおよび生化学的なマーカーに対する短期変えられたmacronutrient状態の効果。 アジアPac J ClinNutr。 2004年; 13 (Suppl): S67.
  18. Adebamowoカリフォルニア、Spiegelman Dの等高等学校の食餌療法の酪農場の取入口および十代のアクネ。 J AM AcadDermatol。 2月2005日; 52(2): 207-14。
  19. ElAkawi Z、AbdelLatif Nは等ビタミンAおよびEの影響のアクネの状態の血しょうレベルをするか。 ClinExpDermatol 5月2006日; 31(3): 430-34.
  20. 炎症抑制の代理店としてReifen R.のビタミンA。 ProcNutrSoc 8月2002日; 6(3): 397-400.
  21. KovalevVM。 lipoic酸が付いているアクネの複雑な処置。 VrachDelo1981 3月; (3): 108-13.
  22. Dreno Bの炎症性アクネを持つerythromycininの患者へのpropionibacteriumのアクネの抵抗に対する亜鉛gluconateのFoulc Pの等効果: 生体外および生体内の調査。 Eur J Dermatol 2005日5月6月; 15(3): 152-55.
  23. Pierard-Franchimont C、Goffin V等。 項目エリスロマイシン亜鉛複合体のsebosuppressive活動の二重盲目の制御評価。 Eur J ClinPharmacol 1995年; 49(1-2): 57-60.
  24. ヴァンHoogdalemEJの健康なオスのボランティアのエリスロマイシンの層のcorneumの浸透の動力学に対する亜鉛アセテートの効果のTarpstraIJの等評価。 皮Pharmacol。 1996;9(2):104-10.
  25. PapageorgiouPP、儲AC。 Chloroxylenolおよびニキビの処置でクリーム5%対クリーム(Nelsのクリーム)を過酸化ベンゾイルの含んでいる酸化亜鉛。 二重盲目の、ランダム化された、制御された試験。 ClinExpDermatol。 1月2000日; 25(1): 16-20。
  26. CunliffeWJ、フェルナンデスC等。 ランダム化される穏やかな/穏健派のアクネを持つ患者の項目クリンダマイシン/亜鉛ゲルそして項目クリンダマイシンのローションの観測者盲目の平行グループ多中心の臨床および微生物学的な調査。 J Dermatologの御馳走。 2005;16(4):213-8.
  27. Shalita AR、スミスJG等。Topicalnicotinamideは炎症性ニキビの処置のクリンダマイシンのゲルと比較した。 Int J Dermatol 6月1995日; 34(6): 434-37.
  28. DraelosZD、Matsubara A等。 顔のsebumの生産に対する2% niacinamideの効果。 J CosmetレーザーTher。 6月2006日; 8(2): 96-101。
  29. Puglia C、Tropea Sの等魚油のエキスからの必要な脂肪酸(EFA)の炎症抑制の活動の生体外のpercutaneous吸収の調査そして生体内の評価。 Int J Pharm。 8月2005日11日; 299 (1-2): 41-8。
  30. Shahbakhti H、等、生体内で人間の皮の腫瘍の壊死の要因アルファ ベータ、プロスタグランジンE2およびproinflammatory cytokinesのinterleukin1の紫外B生成interleukin6およびinterleukin8のeicosapentaenoic酸、オメガ3の脂肪酸の影響に関してワトソン。 PhotochemPhotobiol。 2004日9月10月; 80(2): 231-5。
  31. Paranjpe P、Kulkarni PH。 ニキビの処置のAyurvedicの4つの公式の比較効力: 二重盲目のランダム化された偽薬制御の臨床評価。 J Ethnopharm。 1995; 49:127-32.
  32. ブラウンDJ、Dattner AM。 Phytotherapeuticは共通のdermatologic条件に近づく。 アーチDermatol 1998年; 134;1401-4.
  33. Tremblay JFの炎症性アクネの処置の雄親DJの等発光ダイオード415 nm: オープン ラベル、多中心、試験調査。 J CosmetレーザーTher 4月2006日; 8(1): 31-33.
  34. Omi TのアクネのためのBjerring P等420 nmの強く連続的で軽い療法。 J CosmetレーザーTher 11月2004日; 6(3): 156-62.
  35. Elman M、Lask G。 アクネの整理に於いての脈打ったライトおよび熱エネルギー(LHE)の役割。 J CosmetレーザーTher 6月2004日; 6(2): 91-95.
  36. サントスMA、項目5 aminolevulinic酸との光力学療法のBelo VGの等有効性および強い脈打ったライト対ニキビの処置の強い脈打った軽い単独で: 比較研究。 DermatolSurg 8月2005日; 31 (8つのPt 1): 910-15.
  37. バセットIB、Pannowitz DL等。 茶木オイルの比較研究対アクネの処置の過酸化ベンゾイル。 Med J Austral 1990年; 153:455-58。
  38. 茶木オイルのラマンA、ダムUの等抗菌効果および黄色ブドウ球菌、ぶどう球菌の主要コンポーネント。 epidermidiおよびPropionibacteriumのアクネ。 LettApplMicrobiol 10月1995日; 21(4): 242-45.
  39. Fujimura T、Tsukahara K、Moriwaki S、Kitahara T、佐野T、Fucusvesiculosusのエキスが付いている人間の皮のTakema Y. Treatmentは 厚さおよび機械特性を変える。 J. Cosmet。 Sci。 2002;53:1–9.
  40. Gupta、Aditya K.、Nicol、Karyn。 皮膚科学の硫黄の使用。 Dermatol 2004年の薬剤のジャーナル。
  41. Kunishiro K、Tai A、抗原特定の抗体の生産およびcytokineの生成に対するrooibosの茶エキスの山元町I. Effects生体外でそして生体内で。 BiosciBiotechnolBiochem。 10月2001日; 65(10): 2137-45。