生命延長ばねのクリアランス セール

眩暈の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. Oghalai JS、Manolidis Sの等年配の患者の認識されなく温和なparoxysmal定位置眩暈。 Otolaryngolは首Surgの先頭に立つ。 5月2000日; 122(5): 630-4。
  2. Crespi V. Dizzinessおよび眩暈: 緊急治療室の疫学的な調査および患者管理。 Neurol Sci。 3月2004日; 25 (suppl 1): S24-S25.
  3. Salvenelli F、Firrisi Lの等温和なparoxysmal定位置眩暈: 診断および処置。 Clin Ter。 9月2004日; 155(9): 395-400。
  4. ゴードンのCR、Joffe Vの等外傷性の温和なparoxysmal定位置眩暈: 診断および処置。 Harefuah。 11月2002日; 141(11): 944-7,1011-2。
  5. Goplen F、SH Nordahl。 温和なparoxysmal定位置眩暈。 Tidsskr Laegeforen。 6月2002日10日; 122(15): 1463-6。
  6. Bertholon P、Faye MBの等温和なparoxysmal横の運河の定位置眩暈: 25人の患者の臨床特徴。 アンOtolaryngol Chir Cervicofac。 4月2002日; 119(2): 73-80。
  7. Parnes LS、Agrawal SK、等温和なparoxysmal定位置眩暈(BPPV)の診断および管理。 CMAJ. 9月2003日30日; 169(7): 681-93。
  8. daの肋骨SS、de Sousa LCの等Meniereの病気: 概観、疫学および自然史。 Otolaryngol Clinの北AM。 6月2002日; 35(3): 455-95。
  9. Megerian CA。 endolymphatic hydropsの蝸牛な神経の直径: Meniereの病気の聴力損失の病因学のための含意。 Laryngoscope。 9月2005日; 115(9): 1525-35。
  10. Semaan MT、Alagramam KN、等。 Meniereの病気およびendolymphatic hydropsの基礎科学。 Curr Opin Otolaryngolの頭部の首Surg。 10月2005日; 13(5): 301-7。
  11. Takumida M、Anniko Mの等一酸化窒素に重点を置いて中耳療法のための病理学モデル。 アクタOtolaryngol。 1月2001日; 121(1): 16-20。
  12. Raponi G、Alpini D、等。 Meniereのシンドロームに於いての遊離基およびplasmatic酸化防止剤の役割。 Intの耳鳴りJ.2003年; 9(2): 104-8。
  13. de Sousa LCのMeniereの病気のPizaの氏の等診断: 定期的な、延長テスト。 Otolaryngol Clinの北AM。 6月2002日; 35(3): 547-64。
  14. ElKashlan HKのTelian SA。 周辺システム無秩序のための診断そして開始の処置: 正常なヒアリングの不均衡そして目まい。 Otolaryngol Clinの北AM。 6月2000日; 33(3): 563-78。
  15. Eckhardt-Henn A、そうHoffmann、等「恐怖症の状態の眩暈」: psychogenic眩暈の状態のそれ以上の微分は必要なようである。 Nervenarzt。 10月1997日; 68(10): 806-12。
  16. Dieterich M. Detectingの恐怖症の眩暈! MMW Fortschr Med。 1月2000日20日; 142(3): 26-9。
  17. Bir LS、Ardic FNの等眩暈の有無にかかわらず片頭痛の患者: 臨床およびelectronystagmographic調査結果の比較。 J Otolaryngol。 8月2003日; 32(4): 234-8。
  18. エルンストA、posttraumatic眩暈のBasta Dの等管理。 Otolaryngolは首Surgの先頭に立つ。 4月2005日; 132(4): 554-8。
  19. Baloh RW。 一時的な眩暈: 中枢神経系の原因。 Curr Opin Neurol。 2月2002日; 15(1): 17-21。
  20. Epley JM。 操縦の位置を変えるCanalith。 Otolaryngolは首Surgの先頭に立つ。 11月1994日; 111(5): 688-90。
  21. Takumida M、Anniko Mの等慣習的な療法の失敗の後のMeniereの病気のための根本的な清掃動物: パイロット・スタディ。 アクタOtolaryngol。 8月2003日; 123(6): 697-703。
  22. Shulman A. Neuroprotectiveの薬療法: 耳鳴り制御のための医学および病理学の処置。 Intの耳鳴りJ. 1997年; 3(2): 77-93。
  23. ClaussenのCF、人の実験minocycline誘発の眩暈のビタミンB6のClaussen E. Antivertiginousの行為。 Arzneimittelforschung。 3月1988日; 38(3): 396-9。
  24. Orendorz-Fraczkowska K、Pospiech L、等物理療法およびイチョウのbilobaのエキス(Egb 761)とのvestibular 受容器の減損 のための結合された処置の結果。 Otolaryngolポール。 2002;56(1):83-8.
  25. Cesarani A、Meloni Fの等平衡の無秩序の処置のイチョウのbiloba (EGb 761)。 ADV Ther。 1998日9月10月; 15(5): 291-304。
  26. Claussen CF。 めまいがするようなシンドロームのcraniocorpographyの診断および実用的な価値。 Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1565-1568。
  27. Haguenauer JP、イチョウのbilobaのエキスとの平衡の無秩序のCantenot F の等 処置: 多中心の二重盲目の薬剤対偽薬の調査。 Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1569-72。
  28. Issing W、Klein P、等。 homeopathic準備Vertigoheel対 年配の 人口の眩暈の処置のイチョウのbiloba: 二重盲目にされた、ランダム化された、制御された臨床試験。 J Alternの補足物Med。 2月2005日; 11(1): 155-60。
  29. Baggio E、Gandini R、等安全のイタリアの多中心の調査および心不全のadjunctive療法として補酵素Q10の効力: CoQ10薬剤の監視の調査官。 Med Molの面。 1994年; (suppl 15): s287-s294.
  30. 円のvectionによって引き起こされる乗り物酔いに対するショウガの留置権HC、日曜日WM、等効果および胃の遅波のdysrhythmias。 AM J Physiol GastrointestのレバーPhysiol。 3月2003日; 284(3): G481-G489.
  31. Grontved AのHentzer E.のショウガの根の眩暈減少の効果: 管理された臨床調査。 ORL J Otorhinolaryngol Relat Spec。 1986;48(5):282-6.
  32. Grontved A、Brask Tの等船酔いに対するショウガの根: 公開した海の管理された試験。 アクタOtolaryngol。 1988日1月2月; 105 (1-2): 45-9。
  33. Holtmann S、Clarkeああ、等。 ショウガの反動きの病気のメカニズム: 偽薬およびdimenhydrinateとの比較研究。 アクタOtolaryngol。 1989日9月10月; 108 (3-4): 168-74。