生命延長血液検査の極度の販売

外科準備の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. Waldron EE。 科学者かヒューマニスト: 文献の軍の外科医の2つの意見。 Jの医学の人間性。 9月1985日; 6(2): 64-73。
  2. アセル私。 年配者の外科考察。 J Perianesth Nurs。 12月2004日; 19(6): 406-14。
  3. Schmiesingカリフォルニア、Brodsky JB。 術前の麻酔の評価。 Thorac Surg Clin。 5月2005日; 15(2): 305-15。
  4. Patel GK。 より低い先端の管理に於いての栄養物の役割は傷つく。 Int J低いExtremは傷つく。 2005a 3月; 4(1): 12-22。
  5. DeWeese TL、Hruszkewycz AMの等chemopreventionの試験の酸化圧力。 泌尿器科学。 4月2001日; 57 (4つのSuppl 1): 137-40。
  6. Michalik L、ティッシュの傷害および傷つけられた修理のPPARの核受容器のWahli W. Involvement。 J Clinは投資する。 3月2006日; 116(3): 598-606。
  7. Potts MB、水酸化カリウム溶液SEの等未熟な頭脳への外傷性の傷害: 潜在的な治療上のターゲットとして発火、酸化傷害および鉄仲介された損傷。 NeuroRx。 4月2006日; 3(2): 143-53。
  8. Ceriello PA。 酸化圧力および糖尿病準の複雑化。 Endocr Pract。 1月2006日; 12のSuppl: 60-2。
  9. De la Fuente M、Hernanz A、等。 老化および高血圧の酸化圧力の状態の免疫組織: 酸化防止剤および運動の好ましい効果。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 9月2005日; 7 (9-10): 1356-66。
  10. 酸化膜のG.硬直したFunctionalの結果は傷つく。 J Membr Biol。 5月2005日; 205(1): 1-16。
  11. Thurston G、細静脈のendothelial細胞の表現型のBaluk Pの等決定要因。 Microcirculation。 2月2000日; 7(1): 67-80。
  12. 落下PJのSzerlipのHM。 乳酸アシドーシス: 酸乳から腐敗性の衝撃への。 Jの集中治療Med。 9月2005日; 20(5): 255-71。
  13. レオナルドはある。 圧力のHPAそして免疫の斧: serotonergicシステムの介入。 Eurの精神医学。 10月2005日; 20のSuppl 3: S302-6.
  14. Straub RH、Harle P. [圧力、ホルモンおよび慢性関節リウマチのpathophysiologyの神経信号: 慢性の発火の否定的な影響]。 Med Klin (ミュンヘン)。 12月2005日15日; 100(12): 794-803。
  15. Pucak ML、Kaplin AI。 不人情なcytokines: 免疫があ仲介された不況に於いてのcytokinesの潜在的な役割のための現在の証拠。 Psychiatry IntのRev。 12月2005日; 17(6): 477-83。
  16. 高齢者間のオオカミMS、Gazmararian JA、等健康の読み書き能力および機能健康状態。 アーチのインターンMed。 9月2005日26日; 165(17): 1946-52年。
  17. Schillinger D、糖尿病の結果の健康の読み書き能力のGrumbach Kの等連合。 JAMA. 7月2002日24日; 288(4): 475-82。
  18. ランベルトSA。 子供のpostoperativeコースに対する催眠/導かれたイメージの効果。 Behav Pediatr J Dev。 10月1996日; 17(5): 307-10。
  19. Rapkin DA、Straubing M、等頭頸部癌の外科からの導かれたイメージ、催眠および回復: 探険の調査。 Int J Clin Exp. Hypn。 10月1991日; 39(4): 215-26。
  20. Halpin LS、Speir AMの等心臓外科の導かれたイメージ。 結果Manag。 7月2002日; 6(3): 132-7。
  21. NorredのCL。 代わりとなる思いやりがあ治療療法の最小になる術前の心配。 AORN J. 11月2000日; 72(5): 838–40, 842–3.
  22. Tusek Dの教会JMの等perioperative患者のための対処の作戦として導かれたイメージ。 AORN J. 1997a 10月; 66(4): 644-9。
  23. Tusek DLの教会JMの等導かれたイメージ: 選挙の大腸の外科を経ている患者の心配の重要な前進。 Disのコロンの直腸。 1997b 2月; 40(2): 172-8。
  24. Brady M、Kinn Sの等perioperative複雑化を防ぐ大人のための術前の絶食。 CochraneのデータベースSystのRev. 2003年; (4): CD004423.
  25. ヴァンden Berghe G、Wouters Pの等批判的に病気の患者の集中的なインシュリン療法。 NイギリスJ Med。 11月2001日8日; 345(19): 1359-67。
  26. Mangano DT。 冠状動脈バイパス外科からのアスピリンそして死亡率。 NイギリスJ Med。 10月2002日24日; 347(17): 1309-17。
  27. Spiess BD。 血プロダクトの注入は心臓外科の結果に影響を与える。 Semin Cardiothorac Vasc Anesth。 12月2004日; 8(4): 267-81。
  28. Patel AB、Sokolowski Jの等界面活性剤の統合の水素の過酸化物誘発の阻止のHalothaneのpotentiation: タイプIIの細胞エネルギー状態の役割。 Anesth Analg。 4月2002日; 94(4): 943-7、テーブル。
  29. ヤンT、李Y、等Isofluraneは過酸化水素によって引き起こされる歯槽のタイプIIの細胞のphosphatidylcholineの統合の減少を加重する。 相互薬剤のMetabolの薬剤。 2001;18(3-4):243–9.
  30. Sivaci R、Kahraman Aの等laparoscopic外科を経る遊離基が付いている揮発麻酔薬の細胞毒素の効果。 Clin Biochem。 3月2006日; 39(3): 293-8。
  31. ジョンソン私、土台JC、等大動脈および肺の幹線endothelial細胞の水素の過酸化物誘発の傷害に対する揮発麻酔薬の効果。 麻酔科学。 1月1996日; 84(1): 103-16。
  32. LuytenのCR、van Overveld FJの等心肺のバイパス外科の間の酸化防止防衛。 Eur J Cardiothorac Surg。 4月2005日; 27(4): 611-6。
  33. 心肺のバイパスの間のそしてpostoperativeコースのSchindler R、Berndt S、等血しょうビタミンEそしてAの変更。 LangenbecksのアーチSurg。 1月2003日; 387 (9-10): 372-8。
  34. Canbaz S、Duran E、等。 冠状動脈の外科の間の心筋の虚血reperfusionの傷害に対するビタミンEのintracoronary管理の効果。 Thorac Cardiovasc Surg。 4月2003日; 51(2): 57-61。
  35. Xia Z、グウJは生来の心臓病の患者の心肺のバイパスの後で、等Salviaのmiltiorrhizaの酸化防止療法血しょうendothelin1およびトロンボキサンB2を減らす。 J Thorac Cardiovasc Surg。 11月2003日; 126(5): 1404-10。
  36. Angele MK、Chaudry IH。 外科外傷およびimmunosuppression: Pathophysiologyおよび潜在的な免疫調節のアプローチ。 LangenbecksのアーチSurg。 8月2005日; 390(4): 333-41。
  37. 周辺血のFrass OM、Buhling F、等酸化防止剤およびantiproteaseの状態および心肺のバイパスの後のBALの液体。 箱。 11月2001日; 120(5): 1599-608。
  38. Kawahito K、Kobayashi Eの等心肺のバイパスの後の循環好中球の高められた敏感さ: 増加されたaggregabilityおよびスーパーオキシド容量を作り出す。 Artif器官。 1月2000日; 24(1): 37-42。
  39. ウィリアムスMAの洞窟CMの等外科発火の好中球機能のChemokineの規則。 アーチSurg。 12月1999日; 134(12): 1360-6。
  40. Mangiante G、Carluccio S、等[Perioperative enteral栄養物]。 Chir Ital。 5月2005日; 57(3): 293-9。
  41. カルダーのPC。 n-3脂肪酸、発火および免除: postsurgicalおよび批判的に病気の患者への関連性。 脂質。 12月2004日; 39(12): 1147-61。
  42. Antall GF、Kresevic D。 年配の整形外科の人口の苦痛を管理する導かれたイメージの使用。 Orthop Nurs。 9月2004日; 23(5): 335-40。
  43. Khanna S、ブドウの種のproanthocyanidinのエキスによる培養されたkeratinocytesのオキシダント誘発VEGFの表現のローイS、等Upregulation。 自由なRadic Biol Med。 7月2001日1日; 31(1): 38-42。
  44. Khanna S、Venojarvi Mは、等酸化還元反応活動的なブドウの皮膚傷の治療の特性proanthocyanidinsを播く。 自由なRadic Biol Med。 10月2002日15日; 33(8): 1089-96。
  45. Alleva R、Nasole Eは、等アルファLipoic酸の補足高圧の酸素療法を経ている患者で直る慢性の傷を加速する酸化損傷を禁じる。 Biochem Biophys Res Commun。 7月2005日29日; 333(2): 404-10。
  46. 傷の治療および伝染のGottrup F. Oxygen。 世界J Surg。 3月2004日; 28(3): 312-5。
  47. Gajendrareddy PKの直している上院議員CKの等高圧の酸素療法は圧力損なわれた皮膚傷を改善する。 頭脳Behav Immun。 5月2005日; 19(3): 217-22。
  48. Patel V、Chivukula IVの等酸素: 高圧の圧力の危険の管理へのVEGFの表現を引き起こすことの利点から。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2005b 9月; 7 (9-10): 1377-87。
  49. Muth CM、口頭で有効な芝地のGlenz Yの等高圧の酸素関連の細胞傷害の影響。 自由なRadic Res。 9月2004日; 38(9): 927-32。
  50. 直している傷の上院議員CK、Khanna S、等酸素、オキシダントおよび酸化防止剤: 出現の範例。 アンN Y Acad Sci。 5月2002日; 957:239-49。
  51. Westerdahl E、Lindmark Bは、等深呼吸の練習atelectasisを減らし、冠状動脈バイパス外科の後で肺機能を改善する。 箱。 11月2005日; 128(5): 3482-8。
  52. 緑RJ、Clarke DEの等ICUの熱を評価するための技術: 伝染性およびnoninfectious原因を検出するための段階的なアプローチ。 J Crit Illn。 1月1995日; 10(1): 67-71。
  53. ラーセンJW、Hager WD、等診断のための指針、postoperative伝染の処置および防止。 Dis Obstet Gynecolを感染させなさい。 2003;11(1):65–70.
  54. Vucic N、カーラK、等[gynecologyおよび産科学の深い静脈の血栓症そして肺塞栓症の療法そして防止]。 アクタMed Croatica。 2003;57(2):123–30.
  55. 山JC。 評価のpostoperative熱: 集中されたアプローチ。 Cleve Clin J Med。 3月2006日; 73のSuppl 1: S62-S66.
  56. Bansal C、スコットRの等Decubitus潰瘍: 文献の検討。 Int J Dermatol。 2005a 10月; 44(10): 805-10。
  57. Domini LM、Deフェリス氏、等老人の患者の圧力傷の栄養の状態および進化。 J Nutrの健康の老化。 11月2005日; 9(6): 446-54。
  58. Desneves KJ、Todorovicは、等補足のアルギニンとの処置、圧力潰瘍を持つ患者のビタミンCおよび亜鉛ある: ランダム化された管理された試験。 Clin Nutr。 12月2005日; 24(6): 979-87。
  59. BreslowのRA、Hallfrisch J、等。 治療圧力潰瘍の食餌療法蛋白質の重要性。 J AM Geriatr Soc。 4月1993日; 41(4): 357-62。
  60. Ellis LM、Copeland EM、IIIの等Perioperative栄養サポート。 Surg Clinの北AM。 6月1991日; 71(3): 493-507。
  61. Grimble RF。 Immunonutrition。 Curr Opin Gastroenterol。 3月2005日; 21(2): 216-22。
  62. Fearon KCのラフR。 外科患者の栄養管理: 外科の後の高められた回復。 Proc Nutr Soc。 11月2003日; 62(4): 807-11。
  63. Alvarez W、Mobarhan S. Finding immunonutritionのための場所。 NutrのRev. 6月2003日; 61 (6つのPt 1): 214-8。
  64. 陳DW、enteral immunonutritionの魏Fei Zの等大手術を経る胃の癌腫の患者に於いての役割。 アジアJ Surg。 2005a 4月; 28(2): 121-4。
  65. 福島R、Inaba T、等[Perioperative nosocomial伝染の予防策]。 日本Geka Gakkai Zasshi。 11月2004日; 105(11): 696-701。
  66. Farreras N、早いpostoperative enteral immunonutritionのArtigas Vの等胃癌のための外科を経ている患者で直る傷に対する効果。 Clin Nutr。 2月2005日; 24(1): 55-65。
  67. サクソフォーンHC。 Immunonutritionおよび上部の胃腸外科: 実際に重要である何が。 Nutr Clin Pract。 10月2005日; 20(5): 540-3。
  68. Matsuda A、Furukawa Kは、等術前の口頭免疫があ高める栄養の補足大腸癌のための選挙外科を経ている患者のTH1/TH2不均衡を訂正する。 Disのコロンの直腸。 4月2006日; 49(4): 507-16。
  69. Moskovitz DN、金イ。 perioperative immunonutritionは操作を経る胃腸癌を持つ患者のpostoperative複雑化を減らすか。 NutrのRev. 11月2004日; 62(11): 443-7。
  70. ブラーガMのGianotti L. Preoperativeのimmunonutrition: 費用-便益分析。 JPEN J Parenter Enteral Nutr。 1月2005日; 29 (1つのSuppl): S57-S61.
  71. Heller A、Koch T. [オメガ3脂肪質の酸とのImmunonutrition: 視力の新しい炎症抑制の作戦はか。ある]。 Zentralbl Chir。 2000;125(2):123–36.
  72. Ates E、Yilmaz Sは、等Perioperative immunonutrition胃腸システム癌(42人の患者の将来の臨床調査)を持つ患者のpostoperative免疫の不況を改善する。 アクタGastroenterol Belg。 7月2004日; 67(3): 250-4。
  73. Kendler BS。 心循環器疾患療法の補足の条件付きで必要な栄養素。 J Cardiovasc Nurs。 1月2006日; 21(1): 9-16。
  74. 唯一MJ、Jeejeebhoy KN。 調節された栄養の条件: 心不全への治療上の関連性。 Herz。 3月2002日; 27(2): 174-8。
  75. Bansal V、Syres KM、等脂肪酸間の相互作用およびアルギニン新陳代謝: 免疫があ高めることの設計のための含意は食事療法する。 JPEN J Parenter Enteral Nutr。 2005b 1月; 29 (1つのSuppl): S75-S80.
  76. 圧力潰瘍を防ぎ、直す歌手のP. Nutritionalの心配。 Isr Med Assoc J. 9月2002日; 4(9): 713-6。
  77. Weisel JW。 フィブリノゲンおよびフィブリン。 ADV蛋白質Chem。 2005;70:247–99.
  78. ポンXのZY、等[外傷の患者の蛋白質新陳代謝に対するグルタミンの微粒の効果]。 Zhonghua Wai Ke Za Zhi。 4月2004日7日; 42(7): 406-9。
  79. Jeejeebhoy F、キースM、等MyoViveのrepletesの必要な心臓myocyteの栄養素との栄養の補足はおよび左の心室の機能障害の患者の左の心室のサイズを減らす。 AMの中心J. 6月2002日; 143(6): 1092-100。
  80. 危険度が高い心臓手術の後のキースM、Errett L. Myocardialの新陳代謝そして改善された結果。 Semin Cardiothorac Vasc Anesth。 6月2005日; 9(2): 167-71。
  81. Kemen M、Senkal M、等アルギニン オメガ3の脂肪酸との早いpostoperative enteral栄養物およびリボ核酸補われた食事療法対癌患者の偽薬: 影響の免疫学の評価。 Critの心配Med。 4月1995日; 23(4): 652-9。
  82. ブラーガM、Gianotti L、等術前の口頭アルギニンおよびn-3脂肪酸の補足は癌のための大腸の切除の後でimmunometabolicホストの応答および結果を改善する。 外科。 11月2002日; 132(5): 805-14。
  83. Klek S、Kulig J、等。 外科患者の非経口的なimmunonutritionの臨床価値。 アクタChir Belg。 4月2005日; 105(2): 175-9。
  84. Pechan I、Olejarova I、等オン ポンプおよび以外ポンプ冠状動脈バイパス接木の後の患者の酸化防止状態。 BratislのLek Listy。 2004;105(2):45–50.
  85. Collinsのセリウム、栄養の補足のKershaw Jの等家庭看護された年配者で直る傷に対する効果: ランダム化された試験。 栄養物。 2月2005日; 21(2): 147-55。
  86. MacKay DのミラーAL 傷の治療のための栄養サポート。 Altern MedのRev. 11月2003日; 8(4): 359-77。
  87. Scholl Dの傷の治療のためのLangkamp-Henken B. Nutrientの推薦。 J Intraven Nurs。 3月2001日; 24(2): 124-32。
  88. Frias SL、LageバズケズMA、等。 圧力潰瘍の治療の口頭栄養の補足の有効性。 Jは心配を傷つける。 9月2004日; 13(8): 319-22。
  89. Bourdel-Marchasson I、Barateau M、等。 批判的に病気のより古い入院患者の口頭栄養の補足の効果の多中心の試験。 Groupe Aquitain Geriatriqueのd'Evaluation。 栄養物。 1月2000日; 16(1): 1-5。
  90. de Luis DA、Izaola O、等。 歩行の頭頸部癌の患者の口頭immunonutrition (オメガによって3高められる方式対アルギニン高められた方式)のランダム化された臨床試験。 アンNutr Metab。 3月2005日; 49(2): 95-9。
  91. Sarisozen B、Durak K、等。 ラットで直るひびに対するビタミンEおよびCの効果。 J Int Med Res。 5月2002日; 30(3): 309-13。
  92. Yilmaz C、Erdemli E、等。 実験ひびの治療へのビタミンCの貢献。 アーチのOrthopの外傷Surg。 7月2001日; 121(7): 426-8。
  93. 陳MA、デイヴィッドソンTM。 傷管理: 防止および処置の作戦。 Curr Opin Otolaryngolの頭部の首Surg。 2005b 8月; 13(4): 242-7。
  94. トルコ人C、ひびのHalici Mの等ラットのビタミンEによって直る昇進。 J Int Med Res。 9月2004日; 32(5): 507-12。
  95. Delanian S、Depondt J、等pentoxifyllineおよびトコフェロールを結合する処置の後の処理し難いあごのosteoradionecrosisの主要な治療: 段階IIの試験。 ヘッド首。 2月2005日; 27(2): 114-23。
  96. Lateef H、lipoic酸を持つ糖尿病性のラットのAslam MNの等前処理はそれに続誘発の摩耗の傷の治療を改善する。 アーチDermatol Res。 8月2005日; 297(2): 75-83。
  97. ユンDE、Stratford AF。 変形の成長の要因beta1のビタミンAの活発化はブタの生体外で回腸によって傷つけられる治療を高める。 Pediatr Res。 6月2004日; 55(6): 935-9。
  98. Grau CT、Rincon F、等[燃やされた患者の栄養サポート]。 Nutr Hosp。 6月2005日; 20 Supplの2:44 – 6。
  99. Ehrenpreis ED、Jani A、等。 proctopathy徴候の慢性の放射のためのretinolのpalmitate (ビタミンA)の将来の、ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験。 Disのコロンの直腸。 1月2005日; 48(1): 1-8。
  100. Aiko S、Yoshizumi Y、等。 食道癌のための外科の後で患者でオメガ3の脂肪酸のハイ レベルを含んでいる方式との即時のenteral供給の効果。 JPEN J Parenter Enteral Nutr。 5月2005日; 29(3): 141-7。
  101. バブコックTA、Dekoj T、等腫瘍関連のシンドロームのオメガ3の脂肪酸の炎症抑制のメカニズムそして廃止を定義する実験調査。 Nutr Clin Pract。 2月2005日; 20(1): 62-74。
  102. Heller AR、Rossel Tの等オメガ3の脂肪酸はpostoperative癌患者のレバーおよび膵臓機能を改善する。 Int Jの蟹座。 9月2004日10日; 111(4): 611-6。
  103. Nakamura K、Kariyazono H、等癌のための大手術を経ている患者の炎症性および免疫反応のオメガ3の脂肪質の酸富ませた補足の術前の管理の影響。 栄養物。 6月2005日; 21(6): 639-49。
  104. Tsekos E、Reuter Cは主要な腹部の外科の後で、等定期的な臨床設定の非経口的な魚油の補足のPerioperative管理忍耐強い結果を改善する。 Clin Nutr。 6月2004日; 23(3): 325-30。
  105. 心臓外科が心筋のティッシュのミトコンドリア機能そして生体外のcontractilityを改善する前にRosenfeldt F、Marasco Sの等補酵素Q10療法。 J Thorac Cardiovasc Surg。 1月2005日; 129(1): 25-32。
  106. 、DeBuys HV E-FのRostan等皮のための重要な酸化防止剤として証拠の支持亜鉛。 Int J Dermatol。 9月2002日; 41(9): 606-11。
  107. Schwartzのジュニア、沼地RG、等亜鉛および皮の健康: 生理学および薬理学の概観。 Dermatol Surg。 7月2005日; 31 (7つのPt 2): 837-47。
  108. カプランB、Gonul B、等引張強さ間の関係、ウサギの全厚さの切り傷のアスコルビン酸、ヒドロキシプロリンおよび亜鉛レベルは治療を傷つける。 今日Surg。 2004;34(9):747–51.
  109. Iriyama K、血清亜鉛レベルのMori Tの等総非経口的な栄養物の間の治療の腸のコラーゲン ヒドロキシプロリンの量に対する効果: 実験調査。 JPEN J Parenter Enteral Nutr。 9月1982日; 6(5): 416-20。
  110. Lim Yの徴税Mは離乳したてCD-1マウスで直る皮膚の傷の間に、等食餌療法亜鉛早い炎症性応答を変える。 J Nutr。 4月2004日; 134(4): 811-6。
  111. Cario E、外因性亜鉛補足のJung Sの等腸の上皮性修理に対する効果生体外で。 Eur J Clinは投資する。 5月2000日; 30(5): 419-28。
  112. Igarashi Aのラットの大腿部diaphysealティッシュのひびの治療に対する亜鉛acexamateの管理の山口M. Stimulatoryの効果。 GEN Pharmacol。 4月1999日; 32(4): 463-9。
  113. Houwing RH、Rozendaal M、等。 ヒップひびの患者の圧力潰瘍の防止に対する栄養の補足の効果のランダム化された、二重盲目の査定。 Clin Nutr。 8月2003日; 22(4): 401-5。
  114. Macchi MM、ブルースJN。 melatoninの人間のpineal生理学そして機能重大さ。 前部Neuroendocrinol。 9月2004日; 25 (3-4): 177-95。
  115. 郡野X、Kuzumi Eの等冠状動脈バイパス接木を経ている患者のPerioperative melatoninの分泌。 Anesth Analg。 5月2002日; 94(5): 1085-91のテーブル。
  116. Karkela J、Vakkuri O、等。 melatoninの日周期のanaesthesiaおよび外科の影響。 アクタAnaesthesiol Scand。 1月2002日; 46(1): 30-6。
  117. Shigeta H、Yasui A、等年配の患者のPostoperative譫妄およびmelatoninのレベル。 AM J Surg。 11月2001日; 182(5): 449-54。
  118. 宮崎T、Kuwano H、等血清のmelatoninの日周期と胸部のesophagectomyの後の集中治療室の間の相関関係精神病。 外科。 6月2003日; 133(6): 662-8。
  119. Acil M、Basgul E、等sedation、オリエンテーション、心配スコアおよびpsychomotor性能に対するmelatoninおよびmidazolamのpremedicationのPerioperative効果。 Eur J Anaesthesiol。 7月2004日; 21(7): 553-7。
  120. Samarkandi A、Naguib Mの等Melatonin対子供のmidazolamのpremedication: 二重盲目の、偽薬制御の調査。 Eur J Anaesthesiol。 3月2005日; 22(3): 189-96。
  121. Gitto E、ロミオCの等Melatoninは外科新生児の酸化圧力を減らす。 J Pediatr Surg。 2月2004日; 39(2): 184-9。
  122. Maheshwari RK、Singh AKの等多数のクルクミンの生物活動: 短い検討。 生命Sci。 3月2006日27日; 78(18): 2081-7年。
  123. Gopinath Dのアーメドの氏は、等クルクミンとの皮膚傷の回復過程コラーゲンのフィルムを組み込んだ。 生体材料。 5月2004日; 25(10): 1911-7年。
  124. JagetiaのGC、Rajanikant GK。 excisionalの放射損なわれた治療に対するクルクミンの効果はマウスで傷つく。 Jは心配を傷つける。 3月2004日; 13(3): 107-9。
  125. ファンTTは、Pの等皮膚細胞に対する酸化損傷に対するクルクミンの保護効果を生体外で見る: 傷の治療のためのその含意。 Jの外傷。 11月2001日; 51(5): 927-31。
  126. Sidhu GS、傷のSingh AKの等動物のクルクミンによって直る強化。 傷修理Regen。 3月1998日; 6(2): 167-77。
  127. Sidhu GS、マニHの等クルクミンはstreptozotocinによって引き起こされる糖尿病性のラットおよび遺伝的に糖尿病性のマウスで直る傷を高める。 傷修理Regen。 9月1999日; 7(5): 362-74。
  128. Holt PR、Katz Sの等炎症性腸疾患のクルクミン療法: パイロット・スタディ。 発掘Dis Sci。 11月2005日; 50(11): 2191-3。
  129. クルクミンのチェンAL、Hsu CH、等段階Iの臨床試験、危険度が高いですか前悪性の損害を持つ患者のchemopreventive代理店。 抗癌性Res。 7月2001日; 21 (4B): 2895-900。