生命延長血液検査の極度の販売

硬皮症の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. Mayes MD。 全身の硬化の疫学を理解する人口ベースの登録の確立そして実用性。 Curr Rheumatol Rep。 12月2000日; 2(6): 512-6。
  2. Mayes MD。 硬皮症の疫学。 Rheum Dis Clinの北AM。 2003aはよろしいです; 29(2): 239-54。
  3. 大きい米国の人口の全身の硬化のMayes MD、レースJVジュニア、等流行、発生、存続および病気の特徴。 関節炎のRheum。 2003b 8月; 48(8): 2246-55。
  4. Cotran RS。 免除の病気。 : Cotran RS、Kumar V、Collins TのED。 病気の病理学の基礎。 第6 ED。 フィラデルヒィア、Pa: W.B. サンダース; 1999:226–9.
  5. Clements PJのSeiboldジュニア、等高線量対早く拡散全身の硬化の試験の低線量のDペニシラミン: 教訓。 Seminの関節炎のRheum。 2月2004日; 33(4): 249-63。
  6. Furst DE。 全身の硬化の処置の理性的な療法。 Curr Opin Rheumatol。 11月2000日; 12(6): 540-4。
  7. Furst DE、Clements PJ。 Dペニシラミンは全身の硬化の有効な処置ではない。 Scand J Rheumatol。 2001;30(4):189–91.
  8. Clements PJ、Furst DE、Wong週の等高線量対早く拡散全身の硬化の低線量のDペニシラミン: 2年、二重盲目の、ランダム化された、制御された臨床試験の分析。 関節炎のRheum。 1999;42(6):1194-203.
  9. Schiel WC。 MedicineNetのWebページ。 硬皮症。 で利用できる: http://www.onhealth.com/scleroderma/page4.htm#what_is_the_treatment_for_scleroderma。 2013. アクセスされた7/15/13。
  10. Zic JA、ミラーJL、等。 photopheresisの北アメリカの経験。 Ther Apher。 2月1999日; 3(1): 50-62。
  11. Krasagakis K、長期extracorporeal photopheresisの厳しい硬皮症のDippel Eの等管理。 皮膚科学。 1998;196(3):309–15.
  12. Klyscz T、Rassner Gの等バイオメカニカル刺激療法: 全身の硬化のための新しい物理療法方法。 ADV Exp. Med Biol。 1999;455:309–16.
  13. ShielジュニアWC。 硬皮症。 硬皮症のための処置は何であるか。 で利用できる: http://www.medicinenet.com/scleroderma/page5.htm#what_is_the_treatment_for_scleroderma。 2012年10月29日。 2012年10月29日アクセスされる。
  14. SwansonのBN。 ジメチル スルホキシド(DMSO)の医学的用途。  Clin基本的なPharm。 1985日1月6月; 5 (1-2): 1-33。
  15. ウィリアムスHJ、二重盲目Furst DEの等多中心は全身の硬化と患者の手の潰瘍の処置のための項目ジメチル15sulfoxideそして正常な塩を比較する試験を制御した。 関節炎のRheum。 3月1985日; 28(3): 308-14。
  16. ScherbelのAL 全身の硬化の皮膚の明示に対するpercutaneousジメチル スルホキシドの効果。 アンN Y Acad Sci。 1983;411:120–30.
  17. Horrobin DF。 硬皮症に言及するそしてSjogrenのシンドロームへの結合組織の病気の必要な脂肪酸の新陳代謝。 Medの仮説。 7月1984日; 14(3): 233-47。
  18. Horrobin DF。 Sjogrenのシンドローム、全身の硬化および慢性関節リウマチの必要な脂肪酸およびプロスタグランジンの新陳代謝。 Scand J Rheumatol Suppl。 1986;61:242–5.
  19. DiGiacomoのRA、Kremer JMの等Raynaudの現象の患者の魚油の食餌療法の補足: 二重盲目、管理された、前向き研究。 AM J Med。 2月1989日; 86(2): 158-64。
  20. Bruckdorfer KR、ヒラリーJBの等全身の硬化の患者から隔離される低密度脂蛋白質の酸化への高められた感受性。 関節炎のRheum。 8月1995日; 38(8): 1060-7。
  21. HerrickのAL、Worthington Hの等全身の硬化の患者の血レベルに関連する微量栄養の酸化防止剤の食餌療法取入口。 J Rheumatol。 4月1996日; 23(4): 650-3。
  22. Sommerburg Oの等全身の硬皮症の高められた脂質の過酸化反応。 Z Dermatol。 1996;182(3):124, 126–8.
  23. Harada M、Kumemura H、等硬皮症および繰り返された自然流産はビタミンEと扱った: 場合のレポート。 久留米Med J. 2005年; 52(3): 93-5。
  24. Salsano F、Letizia C、等Raynauds sclerodermic現象の患者のN acetylcysteineの長期処置の周辺散水および血しょうadrenomedullinのレベルの重要な変更。 Int J Immunopathol Pharmacol。 2005日10月12月; 18(4): 761-70。
  25. Failli P、Palmieri L、等全身の硬化の肺歯槽の大食細胞のperoxynitriteおよびスーパーオキシドの陰イオンの生産に対するNアセチルLシステインの効果。 一酸化窒素。 12月2002日; 7(4): 277-82。
  26. 全身の硬化の5人の患者のmelatoninに基づく処置のTodisco M. Effectiveness。 AM J Ther。 2006日1月2月; 13(1): 84-7。
  27. Bonte F、デュマM、等アジアの酸、madecassic酸および人間のコラーゲンIの統合のasiaticosideの影響。 Planta Med。 4月1994日; 60(2): 133-5。
  28. Maquart FX、Chastang Fの等asiatica Centellaからのトリテルペンはラットの実験傷の細胞外のマトリックスの蓄積を刺激する。 Eur J Dermatol。 6月1999日; 9(4): 289-96。
  29. Widgerowの広告、ChaitのLA、等。 傷管理の新しい革新。 審美的なPlast Surg。 5月2000日; 24(3): 227-34。
  30. Guseva NG、Starovoitova MN、等[全身のおよび集中させた硬皮症のMadecassolの処置]。 Ter Arkh。 1998;70(5):58–61.
  31. 全身の硬化のVacca A、Cormier C、マチューA、等ビタミンDのレベルそして潜在的影響。Clin Exp. Rheumatol。 2011日11月12月; 29(6): 1024-31。 Epub 12月2011日22日。
  32. Caramaschi P、Dalla Gassa A、Ruzzenente Oの等全身の硬化の患者のビタミンDの非常に低水準。 Clin Rheumatol。 12月2010日; 29(12): 1419-25。 Epub 5月2010日9.日。