生命延長血液検査の極度の販売

Retinopathyの参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. Klein、R.、Klein、B.E.のコケ、S.E.、Cruickshanks、糖尿病性のretinopathyの長期発生そして進行へのhyperglycemiaのK.J. Relationship。 アーチ。 インターン。 Med. 10月1994日10日; 154(19): 2169-78.
  2. Raccah、D.、Coste、T.、カメロン、N.E.、Dufayet、D.、不明瞭、P.、Hohman、糖尿病性のラットの赤血球、坐骨神経、腎臓の皮質および腎臓の髄質の神経の伝導の速度、Na/Kのアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動およびpolyolsに対するアルドースの還元酵素の抑制剤のtolrestatのT.C. Effect。 J.糖尿病の複雑化1998日5月6月; 12(3): 154-62.
  3. Boehm、B.O.、Lustig、R.H。 肥満および糖尿病性の複雑化のソマトスタチンの受容器の配位子の使用。 最もよいPract。 Res. Clin。 Gastroenterol。 6月2002日; 16(3): 493-509.
  4. レスリー、R.D.、Pozzilli、P。 糖尿病の新しい前進への紹介。 糖尿病Metab。 Res. 1月2月Rev. 2002日; 18 (Suppl。 1): S16.
  5. A.D.A.M. Medical百科事典。 PubMedの健康のウェブサイト。 早熟のRetinopathy。 で利用できる: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0002585/。 2011年5月4日。 2012年10月15日アクセスされる。
  6. Papp、A.、Nemeth、I.、Pelle、Z.、TekulicsのP. Prospectiveのpreamaturorumban premokemiaiのvizsgalataのretinopathiaのretinopathyの酸化防止防衛力の生化学的な調査。 Orv。 Hetil。 1月1997日26日; 138(4): 201-5.
  7. Guillausseauの糖尿病性のmicroangiopathyのP.J. Pharmacologicalの防止。 Diabete Metabol。 1994; 20 (2 BIS): 219-28.
  8. Wang、AM、Ma、C.、Xie、Z.H.、セン、F。 人間のための自然な反老衰の薬剤としてcarnosineの使用。 生物化学7月2000日; 65(7): 869-71.
  9. Beltramo E、Berrone E、Tarallo S、細胞内のブドウ糖の新陳代謝に対するチアミンおよびbenfotiamineおよび糖尿病性の複雑化の防止の関連性のPorta M. Effects。 アクタDiabetol。 9月2008日; 45(3): 131-41。
  10. Stracke H、Hammes HP、Werkmann D、等benfotiamineの効力対糖尿病性のラットの周辺神経の機能およびglycationプロダクトのチアミン。 Exp. Clin Endocrinolの糖尿病。 2001;109(6):330-6.
  11. Volvert ML、Seyen S、Piette M、等Benfotiamineの総合的なSアシル チアミンの派生物に、脂質溶けるチアミンの二硫化物の派生物より行為そして別の病理学のプロフィールの異なったメカニズムがある。 BMC Pharmacol。 6月2008日12日; 8: 10。
  12. Balakumar P、Rohilla A、Krishan P、Solairaj P、Thangathirupathi A。 benfotiamineの多面的な治療上の潜在性。 Pharmacol Res。 6月2010日; 61(6): 482-8。
  13. Khatami M、Suldan Z、デイヴィッドI、李W、Rockey JH。 nonenzymatic glycosylationに対するピリドキサールの隣酸塩、アスコルビン酸塩およびaminoguanidineの抑制的な効果。 生命Sci.1988; 43(21): 1725-31。
  14. Higuchi O、那賀川町K、Tsuzuki T、Suzuki T、Oikawa S、Miyazawa T. Aminophospholipidのglycationおよび抑制剤のスクリーニング システム: ピリドキサール5'の新しい役割-抑制剤として隣酸塩。 Jの脂質Res。 5月2006日; 47(5): 964-74。
  15. Nakamura S、Niwa T. Pyridoxalの隣酸塩およびhepatocyteの成長因子はdialysate誘発の腹膜の損傷を防ぐ。 J AM Soc Nephrol。 1月2005日; 16(1): 144-50。
  16. Nakamura S、李H、Adijiang A、Pischetsrieder MのNiwa T. Pyridoxalの隣酸塩は糖尿病性のネフロパシーの進行を防ぐ。 Nephrolのダイヤルの移植。 2007Aug; 22(8): 2165-74。
  17. Niesman、M.R.、ジョンソン、K.A.、Pennの早熟のretinopathyの動物モデルのliposomalスーパーオキシドのディスムターゼのJ.S. Therapeuticの効果。 Neurochem。 Res. 5月1997日; 22(5): 597-605.
  18. Kowluru、R.A.、カーン、T.S.、Engerman、糖尿病または実験ガラクトース血症の網膜の新陳代謝のR.L. Abnormalities。 IV。 酸化防止防衛システム。 自由なRadic。 Biol. Med. 1997; 22(4): 587-92.
  19. Mayerデービス、E.J.、鐘、R.A.、Reboussin、B.A.、急ぐこと、J.、マーシャル、J.A.、Hamman、R.F. Antioxidantの栄養取入口および糖尿病性のretinopathy: San Luisの谷の糖尿病の調査。 眼科学12月1998日; 105(12): 2264-70.
  20. Schalch、ライトおよび酸素によって与えられる損害を防ぐか、または限ることに於いての可能な役割の網膜の検討のW. Carotenoids。 EXS 1992年; 62: 280-98.
  21. Yeum、K.J.、Shang、F.M.、Schalch、W.M.、ラッセル、R.M.、テイラーの人間のcataractousレンズの異なった層のA.の脂肪質溶ける栄養集中。 Curr。 目Res。 12月1999日; 19(6): 502-5.
  22. Siems、W.G.、Sommerburg、O.、van Kuijk、F.J. Lycopeneおよびベータ カロチンはさまざまな親オキシダントへの露出にルテインおよびゼアキサンチンより生体外で急速に分解する。 Biofactors 1999年; 10(2-3): 105-13.
  23. Rapp、L.M.、かえで、S.S.、Choi、J.H. Luteinおよび棒のperifovealおよび周辺人間の網膜からの外の区分の膜のゼアキサンチンの集中。 投資しなさい。 Ophthalmol。 気力。 Sci。 4月2000日; 41(5): 1200-9.
  24. Moeller、S.M.、ジェイクス、P.F.、Blumberg、J.B。 激流および年齢関連の黄斑の退化に於いての食餌療法のキサントフィルの潜在的な役割。 J. AM. Coll。 Nutr。 10月2000日; 19 (5、Suppl。): 522S-527S.
  25. Bernstein、P.S.、Khachik、F.、Carvalho、L.S.、Muir、G.J.、肇、D.Y.、Katz、N.B. Identificationおよび人間の目のティッシュのカロチノイドそして代謝物質のquantitation。 Exp. 目Res。 3月2001日; 72(3): 215-23.
  26. Altomare、E.、Grattagliano、I.、Vendemaile、G.、Micelliフェラーリ、T.、Signorile、A.のCardia、人間の糖尿病性の目のL. Oxidative蛋白質の損傷: 網膜の参加の証拠。 Eur. J. Clin。 投資しなさい。 2月1997日; 27(2): 141-7.
  27. そのうち。 見ることのためのビタミン。 Compr。 Ther。 1990; 16(4): 62.
  28. チョン、T.W.、Yu、J.J.、劉のアルファ トコフェロールのnicotinateによる赤血球の膜のD.Z. Reducingの脂質の過酸化反応の圧力はretinopathyのタイプ2の糖尿病性の患者の血のrheological特性の改良の重要な役割を担う。 Diabet。 Med. 5月1998日; 15(5): 380-5.
  29. Bursell、S.E.、Clermont、A.C.、Aiello、L.P.、Aiello、L.M.、Schlossman、D.K.、Feener、E.P.、Laffel、L.の王、G.L.の高線量のビタミンEの補足はタイプ1の糖尿病を持つ患者の網膜の血の流れそしてクレアチニンの整理を正常化する。 糖尿病の心配8月1999日; 22(8): 1245-51.
  30. KaLuzny、眼疾患の予防法のためのJ. Antioxidants。 Klin。 Oczna 2月1996日; 98(2): 141-3.
  31. Zigman、S.、Rafferty、N.S.、Rafferty、K.A.、ルイス、レンズのphotooxidative圧力に対する緑茶のポリフェノールのN. Effects。 Biol. Bull。 10月1999日; 197(2): 285-6.
  32. Thiagarajan、G.、Chandani、S.、Sundari、C.S.、Rao、S.H.、Kulkarni、A.V.、Balasubramanianのアイ レンズの激流の進行を遅らせる緑および紅茶および潜在的な機能のあるD. Antioxidantの特性。 Exp. 目Res。 9月2001日; 73(3): 393-401.
  33. Diグィリオ、AM、Lesma、E.、Germani、E.、Gorio、高いブドウ糖誘発蛋白質モノラルADPribosylationのA. InhibitionはSY5Yのneuroblastomaの細胞のneuritogenesisおよびナトリウム ポンプ活動を元通りにする。 J. Neurosci。 Res. 9月1999日1日; 57(5): 663-9.
  34. Gorio、A.、Donadoni、M.L.、Finco、C.、Diグィリオ、網膜および末梢神経系のA.M. EndogenousモノラルADPribosylation。 糖尿病の効果。 ADV。 Exp. Med. Biol. 1997; 419: 289-95.
  35. Hotta、N.の水酸化カリウム溶液、N.、Sakakibara、F.、Nakamura、J.、Hamada、Y.、Hara、T.、Fukasawa、H.、Kakuta、H.、Sakamoto、streptozotocin糖尿病性のラットの網膜電位図の振動性潜在性に対するpropionyl LカルニチンのN. Effect。 Eur. J. Pharmacol。 1996; 311(2-3): 199-206.