生命延長ばねのクリアランス セール

不整脈の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. UoMMC。 医療センター メリーランド大学。 . メリーランドの中心の中心、忍耐強い条件: 不整脈 2012年; http://www.umm.edu/heart/arrhythmias/index.htm。 アクセスされた11/20/2012。
  2. メイヨー・クリニック。 中心の不整脈。 定義。 で利用できる: http://www.mayoclinic.com/health/heart-arrhythmias/DS00290。 最後の更新済2011a 2月11日。 2012年6月26日アクセスされる。
  3. 国民の心肺および血の協会。 不整脈は何であるか。 で利用できる: http://www.nhlbi.nih.gov/health/health-topics/topics/arr/。 最後の更新済2011a 7月1日。 アクセスされた06/26/2012。
  4. 国民の心肺および血の協会。 中心は何であるか。 で利用できる: http://www.nhlbi.nih.gov/health/health-topics/topics/hhw/。 最後の更新済2011b 11月17日。 アクセスされた06/26/2012。
  5. Jeong EM、劉M、丈夫なM、高G、Varghese ST、Sovari AA、Dudley SC、Jr.の新陳代謝の圧力、反応酸素種および不整脈。 分子および細胞心臓学のジャーナル。 2012年2月; 52(2): 454-463。
  6. Katz AM。 不整脈。 生理学のアメリカ ジャーナル。 1999年12月; 277 (6つのPt 2): S214-233.
  7. Estes NA、第3。 突然の心臓死を予測し、防ぐ。 循環。 2011年8月2日; 124(5): 651-656。
  8. 大人のタングR. Suddenの心臓死。 最初に2012年に 相談しなさい; http://www.mdconsult.com/das/pdxmd/body/383775433-3/1383037726?type=med&eid=9-u1.0-_1_mt_5082605#Contributors。 アクセスされた11/21/2012。
  9. Chugh SS、Reinier K、突然の心臓死のTeodorescu Cの等疫学: 臨床および研究の含意。 心循環器疾患の進歩。 2008年11月12月; 51(3): 213-228。
  10. Narumiya T、Sakamaki T、佐藤Y、等「左の心房の付加物機能およびnonvalvular慢性の心房細動を用いる患者の残された心房の血栓および心房のなびき間の関係」。 Circ J 67 (2003年): 68-72.
  11. シュミツトC、Kisselbach J、Schweizer PA、等「不整脈の病理学そして処置: 心房細動の焦点」。 Vascの健康を損う危険性Manag 7 (2011年): 193-202.
  12. 心房細動の打撃の防止のためのPrasad V、カプランRMおよびPassman RS 「新しいフロンティア」。 Cerebrovasc Dis 33(2012): 199-208.
  13. Singh U、Devaraj S、Jialal I. Coenzyme Q10の補足および心不全。 栄養物の検討。 2007年6月; 65 (6つのPt 1): 286-293。
  14. WeantのKA、スミスKM。 心不全に於いての補酵素Q10の役割。 pharmacotherapyの史料。 2005年9月; 39(9): 1522-1526。
  15. Nagai S、宮崎Y、Ogawa K、Satake T、Sugiyama S、Ozawa T。 犬の心筋層のreperfusionの傷害に対する補酵素Q10の効果。 分子および細胞心臓学のジャーナル。 1985年9月; 17(9): 873-884。
  16. 安全のBaggio E、Gandini R、Plancher AC、Passeri M、Carmosino G. Italianの多中心の調査および心不全(暫時分析)のadjunctive療法として補酵素Q10の効力。 CoQ10薬剤の監視の調査官。 臨床調査官。 1993年; 71 (8つのSuppl): S145-149.
  17. Guerrera MP、Volpe SLおよび毛JJ 「マグネシウムの治療上の使用」。 AM Famの医者80 (2009年): 157-162.
  18. Bachman DM 「口頭マグネシウム イオンQTc延長された間隔」を短くする。 J Clinの精神医学64 (2003年): 733-734.
  19. Falco CN、Grupi C、Sosa E、等「頻度の巧妙な改善および口頭マグネシウムの管理の後の早期の複合体の徴候」。 ArqのブラCardiol (2012年): 480-487.
  20. 心筋梗塞および不整脈の防止のためのPepe MおよびRecchia FA 「オメガ3脂肪酸」の。 Cardiovasc Ther 28 (2010年): e1-4.
  21. ウーJH、Lemaitre RNのIBの等連合血しょうリン脂質の高齢者の事件の心房細動を用いる長い鎖のオメガ3の脂肪酸の王: 心血管の健康の調査。 循環。 3月2012日; 125(9): 1084-93。
  22. パターソンEおよびScherlag BJ 「後部および前方AVの節の入力の減少する伝導」。 J IntervカードElectrophysiol 7 (2002年): 137-148.
  23. Nauman JのNilsenのチタニウム、Wisloff U、Vatten LJ。 休息心拍数の複合効果および虚血性心疾患の身体活動: 人口調査(追跡の調査、ノルウェー)の死亡率のフォローアップ。 疫学およびコミュニティ健康のジャーナル。 2010年2月; 64(2): 175-181。
  24. Sanguinetti MCおよびベネットのPBの「Antiarrhythmic薬剤ターゲット選択およびスクリーニング」。 Circ Res 93 (2003年): 491-499.
  25. イェーガーFJ。 不整脈。 クリーブランド医院: 継続的教育のための中心。 で利用できる: www.clevelandclinicmeded.com/medicalpubs/diseasemanagement/cardiology/cardiac-arrhythmias/。 8/1/2010.
  26. ウィットのALおよびBoyden PAは「誘発した活動および心房細動を」。 中心のリズム4 (2007年): S17-23.
  27. Merriamウェブスター。 Tacchyarrhythmia。 Avialableの: http://www.merriam-webster.com/dictionary/tachyarrhythmia。 アクセスされた12/5/2012。
  28. Hebbar AKおよびHueston WJ 「共通の不整脈の管理: 部分のI. Supraventricularの不整脈」。 AM Famの医者65 (2002b): 2479-2486.
  29. Cha YM、リーGK、Klarich KWの等早期の心室の収縮誘発の心筋症: 治療可能な状態。 Circ Arrhythm Electrophysiol。 2012;5:229-36.
  30. アダムスJC、Srivathsan K、セン週。 早期の心室の収縮の管理の前進。 interventional心臓電気生理学のジャーナル: 不整脈および速度を計ることの国際ジャーナル。 2012年11月; 35(2): 137-149。
  31. Hebbar AKおよびHueston WJ 「共通の不整脈の管理: 部II。 特別な人口の心室の不整脈そして不整脈」。 AM Famの医者65 (2002a): 2491-2496.
  32. メイヨー・クリニック。 早期の心室の収縮(PVCs)。 で利用できる: http://www.mayoclinic.com/health/premature-ventricular-contractions/DS00949/DSECTION=risk-factors。 最後は2011bを5月24日、udpated。 2012年12月4日アクセスされる。
  33. リーGK、Klarich KW、Grogan M、等「早期の心室の収縮誘発の心筋症: 治療可能な状態」。 Circ Arrhythm Electrophysiol 5 (2012年): 229-236.
  34. ように、Hylek EMのフィリップスKAは、等「大人の診断された心房細動の流行行く: リズム管理および打撃の防止のための国民の含意: 心房細動(アトリウム)のAnTicoagulationそして危険率は」調査する。 JAMA 285 (2001年): 2370-2375.
  35. グウWJ、ウーZJ、Wang PF、Aung LH、Yin RX。 心臓外科の後の心房細動の防止のためのN Acetylcysteineの補足: 8のメタ分析は管理された試験をランダム化した。 BMCの心血管の無秩序。 2012;12:10.
  36. グティエレスCおよびBlanchard DGの「心房細動: 診断および処置」。 AM Famの医者83 (2011年): 61-68.
  37. Knecht S、ウィルトンのSBおよびHaissaguerre M 「心房細動の管理のためのESCの指針の2010更新」。 Circ J 74 (2010年): 2534-2537.
  38. リンク氏。 臨床練習。 supraventricular頻脈の評価そして最初の処置。 ニューイングランドの医療ジャーナル。 2012年10月11日; 367(15): 1438-1448。
  39. 国立衛生研究所。 Paroxysmal supraventricular頻脈(PSVT)。 で利用できる: http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/000183.htm。 最後の更新済2012b 7月27日。 アクセスされた06/26/2012。
  40. ロバーツ トムソンKC、Lau DHおよび研摩機P 「心室の不整脈の診断そして管理」。 Cardiol 8 (2011年) Nat. Rev.: 311-321.
  41. コンプトンSJのコンラッドSA、Setnik G、等「心室の頻脈」。 Medscape、http://emedicine.medscape.com/article/159075-overviewは2012年に11月17日アクセスした。
  42. Piccini JP、白いJA、Mehta RHは、等「支えた非ST区分高度の激しい冠状シンドロームを複雑にする心室の頻脈および心室細動を」。 循環126 (2012年): 41-49.
  43. Sali AおよびVitetta L 「統合的な薬および不整脈」。 Aust Famの医者36 (2007年): 527-528.
  44. 国民の心肺および血の協会。 動悸は何であるか。 で利用できる: http://www.nhlbi.nih.gov/health/health-topics/topics/hpl/。 最後の更新済2011c 7月1日。 2012年12月4日アクセスされる。
  45. 国立衛生研究所。 心臓の動悸。 で利用できる: http://www.nlm.nih.gov/medlineplus/ency/article/003081.htm。 最後の更新済2012c 6月03日。 アクセスされた09/17/2012。
  46. Abbott AV 「動悸への診断アプローチ」。 AM Famの医者71 (2005年): 743-750.
  47. Raviele A、Giada F、Bergfeldt L、等「動悸の患者の管理: ヨーロッパの中心のリズム連合からの討議資料」。 EP Europace (2011年): 920-934.
  48. 網MD。 心臓の動悸。 で利用できる: http://www.webmd.com/heart-disease/guide/what-causes-heart-palpitations。 最後の更新済2011年6月29日。 アクセスされた09/17/2012。
  49. ブラウンDAおよびO'rourke B 「心臓mitochondriaおよび不整脈」。 Cardiovasc Res 88 (2010年): 241-249.
  50. Haugaa KH、Edvardsen TおよびAmlie JPの「生命にかかわる不整脈の予言--まだ未解決問題」。 心臓学118 (2011年): 129-137.
  51. メイヨー・クリニック。 中心のarrhytmias。 原因。 で利用できる: http://www.mayoclinic.com/health/heart-arrhythmias/DS00290/DSECTION=causes。 最後の更新済2011c 2月11日。 2012年12月4日アクセスされる。
  52. AJ Ghuran AVおよびCamm。 不整脈として示す虚血性心疾患。 Br Med Bull。 2011;59(1):193-210.
  53. Nessler J、Nessler B、Kitliński Mはcarvedilolと、等心不全を用いる患者の突然の心臓死の危険率扱った。 Kardiolポール。 2007;65(12):1417-22; 議論1423-4。
  54. Johns Hopkinsの薬。 鬱血性心不全。 で利用できる: http://www.hopkinsmedicine.org/heart_vascular_institute/conditions_treatments/conditions/congestive_heart_failure.htmlか。 INEDITMODE=Yes&currpage=1&pageCount=10. 2012年12月4日アクセスされる。
  55. メルク マニュアルのWebページ。 激しい冠状シンドローム(心臓発作; 心筋梗塞; 不安定なアンギーナ)。 で利用できる: http://www.merckmanuals.com/home/heart_and_blood_vessel_disorders/のcoronary_artery_disease/acute_coronary_syndromes_heart_attack_myocardial_infarction_unstable_angina.html。 最後の更新済2008年2月。 2012年12月4日アクセスされる。
  56. フリードマンのRA、Kearney DL、Moak JP、等「子供の神秘的な心筋炎の決断の後の心室の不整脈の持続および若い大人」。 J AM Coll Cardiol 24 (1994年): 780-783.
  57. Maury P、Chilon T、Dumonteil Nは、等「完了する伝染性の心筋炎の退化の後で主張する房室ブロックを」。 J Electrocardiol 41 (2008年): 665-667.
  58. Nava A、Thiene G、Canciani B、等「外見上独特の心室の不整脈と示すarrhythmogenic右の心室の心筋症の隠された形態の臨床プロフィール」。 Int J Cardiol 35 (1992年): 195-206.
  59. Ji S、Cesario D、Valderrabano M、等「心筋症を用いる患者の不整脈の分子的機序」。 Currの中心の失敗Rep 1 (2004年): 98-103.
  60. Rekawek J、Kansy A、Miszczak-Knecht M、等「早いpostoperative期間の外科介在の後の生来の心臓病の子供の不整脈のための危険率」。 J Thorac Cardiovasc Surg 133 (2007年): 900-904.
  61. Mathew B、フランシス島L、Kayalar A、等「肥満: 心循環器疾患および診断に対する効果。「J AM板Fam Med 21 (2008年): 562-568.
  62. メイヨー・クリニック。 中心の不整脈。 危険率。 で利用できる: http://www.mayoclinic.com/health/heart-arrhythmias/DS00290/DSECTION=risk-factors。 最後の更新済2011d 2月11日。 2012年12月4日アクセスされる。
  63. D'Alessandro A、Boeckelmann I、Hammwhöner M、等「ニコチン、喫煙および不整脈: 概観」、Eur J Prev Cardiol 19 (2012年): 297-305.
  64. Podrid PJ、Lampert S、Graboys TB、等「antiarrhythmic薬剤による不整脈の悪化--発生および予言者」。 AM J Cardiol 59 (1987年): 38E-44E.
  65. Witchel HJ、Hancox JCおよびNutt DJ 「向精神薬の薬剤、不整脈および急死」。 J Clin Psychopharmacol 23 (2003年): 58-77.
  66. バーンズBJおよびHollands JM 「薬物誘発の不整脈」。 Critの心配Med 38 (2010年): S188-197.
  67. Taggart PのLogantha S、Boyettの氏、等「怒り、感情および不整脈: 頭脳から中心への」。 前部Physiol 2 (2011年): 67.
  68. paroxysmal心房細動の手始めのHansson A、Madsen-Härdig BおよびOlssonのSBの「不整脈誘発の要因そして徴候: 病院の援助を追求している100人の患者とのインタビューに基づく調査」。 BMC Cardiovasc Disord 4 (2004年): 13.
  69. Ziegelstein RC 「激しい情緒的ストレスおよび不整脈」。 JAMA 298 (2007年): 324-329.
  70. Fazio S、Palmieri EA、ロンバルディG、等「循環系に対する甲状腺ホルモンの効果」。 最近のProg Horm Res 59 (2004年): 31-50.
  71. Jayaprasad NおよびジョンソンF 「心房細動および甲状腺機能亢進症」。 インドの速度を計るおよび電気生理学ジャーナル5 (2005年): 305–311.
  72. 不整脈に於いての窒素化合物のオキシダーゼおよびendothelial機能に於いての酸化させたグルタチオンの輸出のためのWolin MSおよびGupte SA 「新しい役割」。 Circ Res 97 (2005年): 612-614.
  73. Sorokin AV、Araujo CG、Zweibel S、等「持久力訓練された運動選手の心房細動」。 Br JのスポーツMed 45 (2011年): 185-188.
  74. Turagam MK、Velagapudi PおよびKocheril AG 「運動選手の心房細動」。 AM J Cardiol 109 (2012年): 296-302.
  75. Maisel WH。 心房細動の手始めに先行する自治調節。 J AM Coll Cardiol。 2003;42(7):1269-70.
  76. CumbeeのSR、Pryorに関して、およびLinzer Mの「心臓ループECG録音: 再発卒倒の新しく非侵襲的な診断試験」。 南Med J 83 (1990年): 39-43.
  77. 説明されていない卒倒の調査の回避SWそしてMatthews IGの「Implantableループ レコーダー: 最新式の検討」。 中心96 (2010年): 1611-1616.
  78. Edvardsson N、Frykman V、van Mechelen R、等「説明されていない卒倒の診断収穫を増加するimplantableループ レコーダーの使用: 映像の登録からの結果」。 Europace 13 (2011年): 262-269.
  79. Faulds D、Chrisp P、およびBuckley MMの「アデノシン。 心臓診断手順とparoxysmal supraventricular頻脈の処置の使用の評価」。 薬剤41 (1991年): 596-624.
  80. 学寮長J、Nguyen VT、Legrand D、等「不整脈のための電気機械波イメージ投射」。 Phys Med Biol 56 (2011b): L1-11.
  81. Konofagou EE、ルオJ、Saluja D、等「生体内で非侵襲的な電気機械波イメージ投射および伝導関連した速度の推定」。 超音波学50 (2010年): 208-215.
  82. 学寮長J、リーWN、Fujikura K、等「イメージ投射生体内で中心の電気機械の活動」。 Proc国民のAcad Sci米国108 (2011a): 8565-8570.
  83. Konofagou EE、イヌ科動物の3D電気活発化順序の非侵襲的な地図を描くことのための学寮長J.の電気機械波イメージ投射および人間生体内で。 生物力学のジャーナル。 2012年3月15日; 45(5): 856-864。
  84. Gallego J、Gil Alzueta MC。 [Dabigatran: 打撃の防止の新しい治療上の代わり]。 Neurologia (バルセロナ、スペイン)。 2012年3月; 27 Supplの1:39 - 45。
  85. Ho JC、チャンAM、沿BP、Yu CMの逃亡YY、リーVW。 Dabigatranは心房細動を用いる打撃の防止のためのワルファリンと比較した: 香港の経験。 臨床心臓学。 2012年10月25日。
  86. Weirich J、Wenzel W. [反不整脈の代理店の現在の分類]。 Zeitschriftの毛皮Kardiologie。 2000年; 89 Supplの3:62 - 67。
  87. Ganjehei L、Massumi A、Nazeri Aの不整脈のRazavi M. Pharmacologic管理。 St Lukeの主教病院、テキサスの小児病院のテキサスの中心の協会からのテキサスの中心の協会ジャーナル/。 2011;38(4):344-349.
  88. Homoud M.房新しイギリスの医療センター: Antiarrhythmic代理店への紹介。 2008; http://ocw.tufts.edu/data/50/636944.pdf。 アクセスされた11/27/2012。
  89. キャンベルTJ、ウィリアムスKM。 治療上の薬剤の監視: antiarrhythmic薬剤。 臨床薬理学のイギリス ジャーナル。 2001年; 52 Supplの1:21 S-34S。
  90. SiddowayのLA。 Amiodarone: 使用および監視のための指針。 アメリカのホームドクター。 2003年12月1日; 68(11): 2189-2196。
  91. SinghのBN.、SinghのSN、Reda DJの等Amiodarone対心房細動のためのsotalol。 ニューイングランドの医療ジャーナル。 2005年5月5日; 352(18): 1861-1872。
  92. Maseehのuz Z、ファティマNのSajjad Z. Amiodarone療法: 甲状腺剤を忘れてはいけない。 JPMA. パキスタン医学連合のジャーナル。 2012年3月; 62(3): 268-272。
  93. ヴァンHerendael H、心室細動および心室の頻脈の処置そして防止のためのドーリスのP. Amiodarone。 管の健康およびリスク管理。 2010;6:465-472.
  94. Morey TE、Seubert CN、Raatikainen MJ、等モルモットの短い機能のamiodaroneの相同物の構造活動関係および電気生理学的な効果は中心を隔離した。 薬理学および実験治療法のジャーナル。 2001年4月; 297(1): 260-266。
  95. 石大工PK、DiMarco JP。 不整脈のための新しい病理学の代理店。 循環。 不整脈および電気生理学。 2009年10月; 2(5): 588-597。
  96. 食品医薬品局(FDA)。 薬剤の@ FDA: FDAは薬品を承認した。 Dronedaroneの塩酸塩。 7/1/2009. アクセスされた11/28/2012の: http://www.accessdata.fda.gov/scripts/cder/drugsatfda/index.cfm?fuseaction=Search.DrugDetails
  97. Ezekowitz MD、Nagarakanti R、Lubinski A、等。 paroxysmal心房細動のbudiodaroneのランダム化された試験。 interventional心臓電気生理学のジャーナル: 不整脈および速度を計ることの国際ジャーナル。 2012年6月; 34(1): 1-9。
  98. Dagres N、Varounis C、Iliodromitis EK、Lekakis JP、Rallidis LS、AnastasiouナナM. Dronedaroneおよびparoxysmalまたは耐久性がある心房細動を用いる患者の打撃の発生: ランダム化された試験の組織的検討そしてメタ分析。 心血管の薬剤のアメリカ ジャーナル: 薬剤、装置および他の介在。 2011年12月1日; 11(6): 395-400。
  99. dronedaroneのFreemantle N、Lafuente-Lafuente C、Mitchell S、エッカートL、レイノルズM. Mixed処置の比較、心房細動の管理のためのamiodarone、sotalol、flecainideおよびpropafenone。 Europace: ヨーロッパに速度を計ること、不整脈および心臓電気生理学: 心臓学のヨーロッパの社会の心臓に速度を計ること、不整脈および心臓細胞電気生理学のワーキング・グループのジャーナル。 2011年3月; 13(3): 329-345。
  100. 食品医薬品局(FDA)。 安全: Multaq (dronedarone): 薬剤の安全コミュニケーション-死または深刻な心血管のでき事の高められた危険。 12/19/2011. アクセスされた11/29/2012の: http://www.fda.gov/Safety/MedWatch/SafetyInformation/SafetyAlertsforHumanMedicalProducts/ucm264204.htm
  101. シアバターJBおよびSears SFの「心臓学の患者のページ。 」心房細動との生存への患者のガイド。 循環117 (2008年): e340-343.
  102. Sucu M、Davutoglu VのOzer O. Electricalのcardioversion。 サウジ薬の史料。 2009年5月6月; 29(3): 201-206。
  103. Davoudi R.の心房細動。 MDは相談する: 最初に2012年に 相談しなさい; で利用できる: http://www.mdconsult.com/das/pdxmd/body/385623234-2/0?type=med&eid=9-u1.0-_1_mt_1014209#Contributors。 アクセスされた11/30/2012。
  104. Narayan SM、Krummen DE、Shivkumar K、等「集中させた源の切除による心房細動の処置: (焦点衝動および回転子調節の有無にかかわらず心房細動のための慣習的な切除)試験を」確認しなさい。 J AM Coll Cardiol。 2012;60(7): 628-36.
  105. ヨセフJPおよびRajappan Kの「不整脈の無線周波数の切除: 過去、現在、未来」。 QJM 105 (2012年): 303-314.
  106. ExitCare 2012年。 ペースメーカーの注入。 患者教育のページ。 MDはウェブサイトに相談する。 で利用できる: http://www.mdconsult.com/das/patient/body/386861017-2/0/10089/55836.html。 2012年12月4日アクセスされる。
  107. Vlay SC 「心臓リズムの異常の装置ベースの療法のためのACC/AHA/HRS 2008の指針: 心臓学医、内科医およびホームドクターへの関連性」。 J侵略的なCardiol 21 (2009年): 234-237.
  108. 心房細動のためのNakamura Y、Kiaii Bおよび儲MWの「最小限に侵略的な外科療法」。 ISRN Cardiol 2012年(2012年): 606324.
  109. JJの歌手DE、ハワードPA、等「心房細動のためのAntithrombotic療法: 血栓症、第9 EDのAntithrombotic療法そして防止: 箱の医者の証拠ベースの臨床標準的指針のアメリカの大学」。 箱141 (2012年): e531S-575S.
  110. マーティンAおよび心房細動の処置のApixabanのステュワートR 「安全および効力」。 Clin Medの洞察力Cardiol 6 (2012年): 103-109.
  111. Connolly SJ、Pogue Jの雄鹿RG、Pfeffer M SH、Hohnloser Chrolavicius S、clopidogrelのYusuf S. Effectは心房細動を用いる患者のアスピリンに付け加えた。 ニューイングランドの医療ジャーナル。 2009年5月14日; 360(20): 2066-2078年。
  112. ヴァンMieghem W、Mairesse G、Missault L、等「心房細動の打撃の防止: 現状および出現療法」。 アクタCardiol 67 (2012年): 161-167.
  113. Schwartz NE、Albersギガワット。 Dabigatranは心房細動の打撃の防止のためのワルファリンの優越性に挑戦する。 打撃; 大脳の循環のジャーナル。 2010年6月; 41(6): 1307-1309。
  114. 補足および代替医療(NCCAM)のための国民の中心。 刺鍼術。 で利用できる: http://nccam.nih.gov/sites/nccam.nih.gov/files/D404_BKG.pdf。 最後の更新済2011年8月。 アクセスされた09/06/2012。
  115. Lomuscio A、Belletti S、Battezzati PM、電気cardioversionの後の心房細動の再発を防ぐことの刺鍼術のロンバルディF. Efficacy。 心血管の電気生理学のジャーナル。 2011年3月; 22(3): 241-247。
  116. Vanwormer AM、Lindquist RおよびSendelbach SE 「不整脈に対する刺鍼術の効果: 文献検討」。 心肺の37 (2008年): 425-431.
  117. Mattioli AV、Miloro C、Pennella Sは、等「内陸の食事療法への付着および酸化防止剤の取入口心房細動の自発の転換に」影響を及ぼす。 Nutr Metab Cardiovasc Dis。 7月2011日26日。 [印刷物に先んじるEpub]
  118. 公園SK、Tucker KL、オーニールMS、等「フルーツ、野菜および魚の消費量および心拍数の可変性: 退役軍人管理局の標準老化の調査」。 AM J Clin Nutr 89 (2009年): 778-786.
  119. Fuster V、Ryden LE、Cannom DSは、等「2011 ACCF/AHA/HRS心房細動を用いる患者の管理のためのACC/AHA/ESC 2006の指針に組み込まれた更新を集中した: 標準的指針の心臓学の基礎/アメリカの中心連合のタスクフォースのアメリカの大学のレポート」。 循環123 (2011年): e269-367.
  120. Tedrow UB、Conen D、Ridker PM、等「新しい心房細動の危険の高い体格指数のずっとおよび短期影響WHS (女性の健康の調査)」。 J AM Coll Cardiol 55 (2010年): 2319-2327.
  121. チェンバレンAM、Agarwal SK、Folsom AR、等「心房細動の煙ることおよび発生: コミュニティ(ARIC)のアテローム性動脈硬化の危険からの結果は」調査する。 中心のリズム8 (2011年): 1160-1166.
  122. Mattioli AV、Bonatti S、Zennaro M、等「コーヒー消費の効果、激しい単独心房細動の開発の生活様式および激しい生命圧力」。 J Cardiovasc Med (Hagerstown) 9 (2008年): 794-798.
  123. Kodama S、Saito K、田中S、等「心房細動のアルコール消費そして危険: メタ分析」。 J AM Coll Cardiol 57 (2011年): 427-436.
  124. Magri D、Piccirillo G、Quaglione R、等「心拍数に対する激しい精神圧力の効果およびPostmyocardial梗塞形成の患者のQTの可変性」。 ISRN Cardiol 2012年(2012年): 912672.
  125. Lavie CJ、Milani RVのMehraの氏、等「オメガ3 polyunsaturated脂肪酸および心循環器疾患」の。 J AM Coll Cardiol 54 (2009年): 585-594.
  126. Kromhout D、Geleijnse JM、De Goede J、等「糖尿病を持つpostmyocardial梗塞形成の患者のn-3脂肪酸、心室の不整脈関連のでき事および致命的な心筋梗塞」。 糖尿病の心配34 (2011年): 2515-2520.
  127. Brouwer IA、Raitt MH、魚油のDullemeijer Cの等implantable cardioverterの除細動器を持つ患者の3つの調査の心室のtachyarrhythmiaに対する効果。 ヨーロッパの中心ジャーナル。 2009;30:820-26.
  128. Jenkins DJA、Josse AR、Beyene Jの等implantable cardioverterの除細動器を持つ患者の魚油の補足: メタ分析。 CMAJ. 2008年; 178(2): 157-64.
  129. 心血管のでき事のMarik PEおよびVaron J 「オメガ3のサプリメントそして危険: 組織的検討」。 Clin Cardiol 32 (2009年): 365-372.
  130. サルタンA、スティーブンD、ロストクTは、等「マグネシウムおよびカリウムの解決の静脈内の管理エネルギー準位を下げ、電気で心房細動」をcardioverting成功率を高める。 J Cardiovasc Electrophysiol 23 (2012年): 54-59.
  131. Zaza A. Serumのカリウムおよび不整脈。 Europace: ヨーロッパに速度を計ること、不整脈および心臓電気生理学: 心臓学のヨーロッパの社会の心臓に速度を計ること、不整脈および心臓細胞電気生理学のワーキング・グループのジャーナル。 2009年4月; 11(4): 421-422。
  132. AbdelQadirのHM、Tu JV、Yun LのオースティンのPC、ニュートンGE、リーDS。 入院の後の心不全を用いる年配の患者の利尿の線量そして長期結果。 アメリカの中心ジャーナル。 2010年8月; 160(2): 264-271 e261。
  133. Berkova M、Berka Z、Topinkova E. Arrhythmiasおよびより古い患者の生命にかかわる高カリウム血症のECGの変更はカリウムの控え目な薬剤によって扱った。 大学Palacky、Olomouc、チェコスロバキアの医学能力の生物医学的なペーパー。 2012年10月31日。
  134. Edwards JE、ブラウンPNの才能N、Dickinson TA、Shipley PR。 属サンザシの化学の検討。 Phytochemistry。 2012年7月; 79:5-26。
  135. Rigelsky JM、甘いBV。 ホーソーン: 薬理学および治療上の使用。 健康システム薬学のアメリカ ジャーナル: AJHP: 健康システム薬剤師のアメリカの社会の官報。 2002年3月1日; 59(5): 417-422。
  136. チャンの重量、Dao J、Shao ZH。 ホーソーン: 心循環器疾患に於いての潜在的な役割。 中国薬のアメリカ ジャーナル。 2005;33(1):1-10.
  137. Tadic VM、Dobric S、Markovic GM、Dordevic SM、Arsic IA、Menkovic NR、Stevic T. Anti-inflammatory、gastroprotective、自由根本的掃気およびホーソーンの果実のエタノールのエキスの抗菌活動。 農業および食糧化学のジャーナル。 2008年9月10日; 56(17): 7700-7709。
  138. Garjani A、Nazemiyeh H、Maleki N、サンザシのmeyeri A. Pojarkの花盛りの上からのエキスのValizadeh H. Effects。 麻酔をかけられたラットのischaemic不整脈。 Phytotherapyの研究: PTR. 2000年9月; 14(6): 428-431。
  139. Al Makdessi S、Sweidan H、Dietz Kのラットの中心の全体的な非流れの虚血の後のreperfusionの不整脈に対するサンザシのoxyacanthaのヤコブR. Protectiveの効果。 心臓学の基礎研究。 1999年4月; 94(2): 71-77。
  140. Tauchert M、Gildor A、Lipinski J. [NYHAの段階IIの心不全の処置の高線量のサンザシのエキスWS 1442]。 Herz。 1999年10月; 24(6): 465-474; 議論475。
  141. Ozaydin M、Peker O、Erdogan D、等「postoperative心房細動の防止のためのN acetylcysteine: 将来の、ランダム化された、偽薬制御のパイロット・スタディ」。 Eurの中心J 29 (2008年): 625-631.
  142. Rasoli S、Kakouros N、Harling L、等「心房細動の防止の酸化防止ビタミン: 証拠は何であるか」。 Cardiol Res Pract 2011年(2011年): 164078.
  143. Harling L、Rasoli S、Vecht JA、等「酸化防止ビタミンは心臓外科に続く反arrhythmic効果をもたらすか。 ランダム化された管理された試験のメタ分析」。 中心97 (2011年): 1636-1642.
  144. ロドリゴR、Vinay J、Castillo R、等「postoperative心房細動」を防ぐビタミンCの使用および予防する療法としてE。 Int J Cardiol 138 (2010年): 221-228.
  145. Korantzopoulos P、Kolettis TM、Kountouris Eは耐久性がある心房細動の電気cardioversionの後で、等「口頭ビタミンCの管理早い再発率を減らし、準の発火」を減少させる。 Int J Cardiol 102 (2005年): 321-326.
  146. Xin Pの鍋Y、朱W、等「心筋梗塞に続いているラットの共鳴した神経の改造に対するresveratrolの好ましい効果」。 Eur J Pharmacol 649 (2010年): 293-300.
  147. 掛けられたLM、Su MJおよび陳JK 「Resveratrol非依存した、非独立したメカニズムを通して保護する心筋の虚血reperfusionの傷害を」。は 自由なRadic Biol Med 36 (2004年): 774-781.
  148. 陳Y-R、イF-F、X-Y李は等Resveratrol心室の不整脈を減少させ、心筋梗塞を用いるラットの長期存続を改善する。 CardiovascはTherに薬剤を入れる。 2008;22:479-85.
  149. Fujioka T、Sakamoto Yの24時間の連続的なelectrocardiographicレコーダー(第5レポート)を使用して不整脈のMimura G. Clinicalの調査--糖尿病患者の補酵素Q10のantiarrhythmic行為。 実験薬のTohokuジャーナル。 1983年12月; 141のSuppl: 453-463。
  150. Chello M、Mastroroberto PのロマノRの等冠状動脈バイパス接木の間の心筋のreperfusionの傷害からの補酵素Q10による保護。 胸部の外科の史料。 1994年11月; 58(5): 1427-1432。
  151. SinghのRBは、GS、Rastogi Aの等ランダム化された、二重盲目の激しい心筋梗塞を用いる患者の補酵素Q10の偽薬制御の試験さまよう。 心血管の薬剤および療法は心血管のPharmacotherapyの国際的な社会によって/後援した。 1998年9月; 12(4): 347-353。
  152. Maslov LN、Lishmanov YBのArbuzov AG、等「中心およびpostinfarctionのcardiosclerosisの短期虚血reperfusionのphytoadaptogensのAntiarrhythmic活動」。 Bull Exp. Biol Med 147 (2009年): 331-334.
  153. MaimeskulovaのLAおよびMaslov LN 「[phytoadaptogensの反arrhythmic効果]」。 Eksp Klin Farmakol 63 (2000年): 29-31.
  154. ウーT、Zhou H、ジンZ、等「細胞蛋白質へのN-acetylglucosamine連結を」高めることによる虚血/reperfusionの傷害からのsalidrosideのCardioprotection。 Eur J Pharmacol 613 (2009年): 93-99.