生命延長ばねのクリアランス セール

パーキンソン病の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. パーキンソン病の基礎。 パーキンソンの統計量。 http://www.pdf.org/en/parkinson_statisticsは8/1/2011にアクセスした。
  2. Heisters D.パーキンソン: 徴候、処置および研究。 Br J Nurs。 5月2011日13-26日; 20(9): 548-54。
  3. パーキンソンJ。 パーキンソン病のエッセイ。 1817. Jの神経精神病学Clin Neurosci。 2002ばね; 14(2): 223-36; 議論222。
  4. マルチネーゼTNおよびGreenamyre JT。 パーキンソン病のミトコンドリアの機能障害の毒素モデル。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 7月2011日12日。 [印刷物に先んじるEpub]
  5. レバーおよび頭脳のラットのティッシュの細胞の存続に対する殺虫剤のAstiz Mの等効果。 EcotoxicolはSafを囲む。 10月2009日; 72(7): 2025-32年。 Epub 6月2009日2.日。
  6. 有機塩素系農薬のFleming L等パーキンソン病および頭脳のレベル。 アンNeurol。 7月1994日; 36(1): 100-3。
  7. Betarbet Rの等慢性の全身の殺虫剤の露出はパーキンソン病の特徴を再生する。 Nat. Neurosci。 12月2000日; 3(12): 1301-6。
  8. 小川AIの等パラコートはdopaminergicニューロン損失によって引き起こされたneurobehavioralシンドロームを引き出した。 頭脳Res。 3月1999日27日; 823 (1-2): 1-10。
  9. 庭師間のKenborg L等パーキンソン病は殺虫剤-デンマークのグループ調査に露出した。 Scand Jの仕事は健康を囲む。 6月の2011日17日。pii: 3176. doi: 10.5271/sjweh.3176. [印刷物に先んじるEpub]
  10. Wang包囲された露出からの殺虫剤への等パーキンソン病の危険。 Eur J Epidemiol。 7月2011日; 26(7): 547-55。 Epub 4月2011日20日。
  11. 有機塩素系農薬のFlemming L等パーキンソン病および頭脳のレベル。 アンNeurol。 7月1994日; 36(1): 100-3。
  12. Priyadarshi A等。 殺虫剤へのパーキンソン病そして露出のメタ分析。 Neurotoxicology。 8月2000日; 21(4): 435-40。
  13. Moretto AおよびColosio C. Biochemicalおよび殺虫剤の神経学的な効果の毒性学の証拠: パーキンソン病の例。 Neurotoxicology。 8月2011日; 32(4): 383-91。 Epub 3月2011日23日。
  14. パーキンソン病のsubstantiaのnigraのCorrigan FMの等有機塩素の殺虫剤。 J Toxicolは健康をA. 2月2000日25日囲む; 59(4): 229-34。
  15. Kanthasamy AG等ディールドリン誘発のneurotoxicity: パーキンソン病の病因への関連性。 Neurotoxicology。 8月2005日; 26(4): 701-19。
  16. 日曜日Fの等ディールドリンはdopaminergic神経の細胞をoverexpressingアルファsynucleinのubiquitin-proteasome機能障害を引き起こし、apoptotic細胞死への感受性を高める。 J Pharmacol Exp. Ther。 10月2005日; 315(1): 69-79。 Epub 6月2005日29日。
  17. Steventon GB等。 パーキンソン病および運動ニューロンの病気のxenobiotic新陳代謝の酵素の検討。 相互薬剤のMetabolの薬剤。 2001;18(2):79-98.
  18. 等Xenobiotic酵素が側面図を描き、パーキンソン病ウィリアムス。 神経学。 5月1991日; 41 (5つのSuppl 2): 29-32; 議論32-3。
  19. 死の遅生命およびsubstantiaのnigraニューロン密度のPetrovitch Hの等便通の頻度。 動きDisord。 2月2009日15日; 24(3): 371-6。
  20. パーキンソン病に先行する便秘のSavica Rの等医療記録ドキュメンテーション: 場合制御の調査。 神経学。 11月2009日24日; 73(21): 1752-8。
  21. Uekiパーキンソン病の等生活様式の危険: 減らされた水取入口と便秘間の連合。 J Neurol。 10月2004日; 251のSuppl 7: vII18-23.
  22. フォンEconomo Dickman氏の脳炎。 アーチNeurol。 10月2001日; 58(10): 1696-8。
  23. 頭脳のSardar AMの等ドーパミンの欠損: エイズのparkinsonian徴候の神経化学基礎。 uroreport。 3月1996日22日; 7(4): 910-2。
  24. PubMedの健康。 パーキンソン病; まひ状態のagitans; パーキンソン病。 (http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmedhealth/PMH0001762/)。 アクセスされた8/17/2011。
  25. 抗精神病性誘発のパーキンソン症候群を管理するMamo DC等。 薬剤Saf。 3月1999日; 20(3): 269-75。
  26. 抗精神病性誘発のパーキンソン症候群の年配の患者のSchouten HJの等生活環境基準: 横断面調査。 J AM Med Dir Assoc。 2月2011日10.日。
  27. Bondon-Guitton Eの等薬物誘発のパーキンソン症候群: フランスの地方pharmacovigilanceの中心の17年の経験の検討。 動きDisord。 6月の2011日14日。doi: 10.1002/mds.23828. [印刷物に先んじるEpub]
  28. フランシス島PT。 DLB/PDDの認識および行動の変更の生化学的な、病理学の相互的関係。 J Neurol。 8月2009日; 256のSuppl 3:280-5。
  29. Aarsland DおよびKurz MW。 痴呆の疫学はパーキンソン病と関連付けた。 J Neurol Sci。 2月2010日15日; 289 (1-2): 18-22。 Epub 9月2009日4.日。
  30. フランシス島PT等。 アルツハイマー病のコリン作動性の仮説: 進歩の検討。 J Neurol Neurosurgの精神医学。 2月1999日; 66(2): 137-47。
  31. McKeith I. Commentary: DLBおよびPDD: 同じまたは別か。 討論があるか。 Int Psychogeriatr。 4月2009日; 21(2): 220-4。 Epub 1月2009日28日。
  32. Samii等パーキンソン病。 尖頭アーチ。 5月2004日29日; 363(9423): 1783-93。
  33. Lesage SおよびブリスA.パーキンソン病: monogenic形態から遺伝の感受性への考慮する。 ハム雑音のGenet Molの。 4月2009日15日; 18 (R1): R48-59.
  34. マータ等パーキンソン病および血しょうアルファsynucleinのレベルとのSNCAの異なった準。 アーチNeurol。 11月2010日; 67(11): 1350-6。
  35. SNCAおよびパーキンソン病のPihlstrom L等遺伝の可変性。 Neurogenetics。 7月2011日29日。 [印刷物に先んじるEpub]
  36. C-terminallyによって省略されるアルファsynucleinを含んでいるルイスのKAの等異常なneuritesは慣習的なLewyボディ病理学なしでアルツハイマー病にある。 AM J Pathol。 12月2010日; 177(6): 3037-50。 Epub 11月2010日5.日。
  37. 独身者ABの等アルファSynucleinの位置のtriplicationによりパーキンソン病を引き起こす。 科学。 10月2003日31日; 302(5646): 841。
  38. LRRK2 G2019Sの突然変異のPapapetropoulos Sの等臨床不均質。 アーチNeurol。 9月2006日; 63(9): 1242-6。
  39. 早手始めのパーキンソンの[訂正される]病気の医院の患者のPoorkaj Pの等parkinの突然変異の分析。 AM J Med Genet A. 8月2004日15日; 129A (1): 44-50。
  40. Yu W等。 PINK1/Parkinの細道は哺乳類のhippocampalおよびdopaminergicニューロンのミトコンドリアの原動力そして機能を調整する。 ハム雑音のGenet Molの。 8月2011日15日; 20(16): 3227-40。 Epub 5月2011日25日。
  41. AJ WhitworthおよびPallanck LJ。 PINK1/Parkinの細道: ミトコンドリアの品質管理システムか。 J Bioenerg Biomembr。 12月2009日; 41(6): 499-503。
  42. PARK6つながれたパーキンソン症候群のKhan NLの等臨床および潜在性のdopaminergic機能障害: 18Fドーパ ペット調査。 アンNeurol。 12月2002日; 52(6): 849-53。
  43. 早手始めのパーキンソン症候群の患者のPINK1遺伝子のチャンXの等突然変異の分析。 ZhongナンDa Xue Xue BaoイXueの禁止。 6月2011日; 36(6): 490-7。
  44. Xu X等。 家族性のパーキンソン病の遺伝子DJ-1 (PARK7)は赤い細胞に表現され、酸化損傷に対して保護の役割を担う。 血球Mol Dis。 10月2010日; 45(3): 227-32。
  45. van Duijn CM等Park7の染色体1p36のautosomal劣性早手始めのパーキンソン症候群のための新しい位置。 AM Jのハム雑音Genet。 9月2001日; 69(3): 629-34。 Epub 7月2001日2.日。
  46. Bonifati V等MALの劣性早い手始めのパーキンソン症候群は3つの位置につながる: PARK2、PARK6およびPARK7。 Neurol Sci。 9月2002日; 23のSuppl 2: S59-60.
  47. 早い手始めのパーキンソン病(PARK7)のDJ1のHering R等新しいhomozygous p.E64Dの突然変異。 ハム雑音Mutat。 10月2004日; 24(4): 321-9。
  48. Inden M、Taira T、Kitamura Y、等PARK7 DJ-1はパーキンソン病のラット モデルのnigral dopaminergicニューロンの退化から保護する。 Neurobiol Dis。 10月2006日; 24(1): 144-58。
  49. supranuclear upgazeのparesisのハンプシャーDJ等Kufor-Rakebシンドローム、pallidoピラミッド形の退化および痴呆、1p36への地図。 J Med Genet。 10月2001日; 38(10): 680-2。
  50. パーキンソン症候群にかかわるUgolino Jの等突然変異体Atp13a2蛋白質はえー準の低下によって低下し、細胞のえー圧力によって引き起こされる細胞死に感光性を与える。 ハム雑音のGenet Molの。 6月2011日23日。 [印刷物に先んじるEpub]。
  51. Kufor-Rakebシンドローム、早手始めのパーキンソン症候群の形態を引き起こすPタイプのアデノシン三リン酸化水分解酵素によりATP13A2 (PARK9)の新しい突然変異の公園JSの等病原性のある効果。 ハム雑音Mutat。 8月2011日; 32(8): 956-64。 doi: 10.1002/humu.21527. Epub 7月2011日12日。
  52. Fong CYの等年少のパーキンソン症候群はheterozygous frameshift ATP13A2の遺伝子の突然変異と関連付けた。 Eur J Paediatr Neurol。 5月2011日; 15(3): 271-5。 Epub 2月2011日12日。
  53. パーキンソン病の年齢と遅い進行間のKempster PA等関係: clinico病理学の調査。 頭脳。 6月2010日; 133 (Pt 6): 1755-62。 Epub 4月2010日5.日。
  54. リーMS等。 モーター欠損に対する年齢の効果およびパーキンソン病の大脳のブドウ糖の新陳代謝。 アクタNeurol Scand。 9月2011日; 124(3): 196-201。 doi: 10.1111/j.1600-0404.2010.01446.x. Epub 9月2010日29日。
  55. Schapiraああ。 パーキンソン病の病因学そして病因のMitochondria。 尖頭アーチNeurol。 1月2008日; 7(1): 97-109。
  56. パーキンソン病の朱Jの等ミトコンドリアの機能障害。 J Alzheimers Dis。 2010年; 20のSuppl 2: S325-34.
  57. パーキンソン病の病因の林TKの等ミトコンドリアの機能障害そして生物発生。 Chang Gung Med J. 2009日11月12月; 32(6): 589-99。
  58. ヴァンHumbeeck等Parkinはambra1とmitophagy引き起こすために相互に作用している。 J Neurosci。 7月2011日13日; 31(28): 10249-61。
  59. Geisler Sの等PINK1/Parkin仲介されたmitophagy VDAC1およびp62/SQSTM1に依存している。 Nat.細胞Biol。 2月2010日; 12(2): 119-31。 Epub 1月2010日24日。
  60. 歌DDはMPTPの処置の後で等人間のアルファsynucleinのtransgenicマウスのsubstantiaのnigraのミトコンドリアの病理学を高めた。 Exp. Neurol。 4月2004日; 186(2): 158-72。
  61. Kraytsberg Y等ミトコンドリアDNAの削除は老化させた人間のsubstantiaのnigraニューロンの豊富なおよび原因の機能減損である。 Nat. Genet。 5月2006日; 38(5): 518-20。 Epub 4月2006日9.日。
  62. de Castro IPの等ミトコンドリアの品質管理およびパーキンソン病: 細道は開く。 Neurobiol Molの。 4月2011日; 43(2): 80-6。 Epub 12月2010日1.日。
  63. GautamああおよびZeevalk GD。 頭脳のミトコンドリアの電子輸送鎖の活動の減らされ、酸化させたドーパミンそして3,4-dihydrophenylacetic酸の性格描写。 Biochim Biophysのアクタ。 7月2011日; 1807(7): 819-28。 Epub 4月2011日2.日。
  64. ラットの頭脳の延長生体外の孵化の間のドーパミンの酸化プロダクトによるミトコンドリアの電子輸送鎖の活動のKhan FHの等阻止: パーキンソン病のための含意。 Biochim Biophysのアクタ。 6月2005日30日; 1741 (1-2): 65-74。 Epub 4月2005日14日。
  65. Mosharov EV。 substantiaのnigraニューロンのゾル性細胞質のドーパミン、カルシウムおよびアルファsynucleinの原因の選択的な死間の相互作用。 ニューロン。 4月2009日30日; 62(2): 218-29。
  66. 儲CT。 autophagyおよびmitophagyの規則の多様性: パーキンソン病からのレッスン。 Parkinsons Dis。 2011年; 2011:789431。 Epub 3月2011日17日。
  67. マウスのmidbrain内のmitochondriaへのアルファsynucleinの李WWの等局在化。 Neuroreport。 10月2007日8日; 18(15): 1543-6。
  68. 劉Gの等アルファSynucleinは異なったラットの頭脳の地域からのmitochondriaに特異的に表現され、線量依存は複合体Iの活動を調整する。 Neurosci Lett。 5月2009日1日; 454(3): 187-92。 Epub 2月2009日28日。
  69. Devi L等アルファsynucleinのミトコンドリアの輸入および蓄積は人間のdopaminergic神経文化およびパーキンソン病の頭脳の複合体Iを損なう。 J Biol Chem。 4月2008日4日; 283(14): 9089-100。 Epub 2月2008日1.日。
  70. アルファsynuclein immunohistochemistryを使用するLewyボディとの痴呆の患者の頭脳のLewyボディのIseki Eの等退化プロセス。 Neurosci Lett。 5月2000日26日; 286(1): 69-73。
  71. McGeer PLの等反応小膠細胞はパーキンソンおよびアルツハイマー病ののsubstantiaのnigraのHLA-DRのために肯定的頭脳である。 神経学。 8月1988日; 38(8): 1285-91。
  72. パーキンソン病のMcGeer PLの等発火そしてneurodegeneration。 パーキンソン症候群Relat Disord。 5月2004日; 10のSuppl 1: S3-7.
  73. パーキンソン症候群のBarcia Cの等炎症性応答。 J神経Transm Suppl。 2009;(73):245-52.
  74. neurodegenerationの発火の下にあるガラスCKの等メカニズム。 細胞。 3月2010日19日; 140(6): 918-34。
  75. パーキンソン病のための陳Hの等Nonsteroidal炎症抑制薬剤の使用そして危険。 アンNeurol。 12月2005日; 58(6): 963-7。
  76. 運転者JA等。 非ステロイドの炎症抑制薬剤の使用およびパーキンソン病の危険: 入り込まれた場合制御の調査。 BMJ. 1月2011日20日; 342: d198. doi: 10.1136/bmj.d198.
  77. Quist-Paulsen P. Statinsおよび発火: 更新。 Curr Opin Cardiol。 7月2010日; 25(4): 399-405。
  78. ローイはパーキンソン病のstatinsの等探鉱する。 神経科学者。 6月2011日; 17(3): 244-55。 Epub 1月2011日20日。
  79. 沿Jの等Simvastatinは実験parkinsonianモデルのdopaminergic neurodegenerationを防ぐ: 炎症抑制の応答の連合。 PLoS 1。 2011年; 6(6): e20945. Epub 6月2011日22日。
  80. Ghoshは等Simvastatin p21rasの活発化を禁じ、パーキンソン病のマウス モデルのdopaminergicニューロンの損失を防ぐ。 J Neurosci。 10月2009日28日; 29(43): 13543-56。
  81. Wang Qの等Simvastatinはドーパミンの6 hydroxydopamine誘発のParkinsonianラットのprefrontal皮質のD1およびD2受容器ののdownregulationを表現逆転させる。 頭脳Res。 5月2005日31日; 1045 (1-2): 229-33。 Epub 4月2005日22日。
  82. Wolozin Bの等Simvastatinは痴呆およびパーキンソン病の減らされた発生と関連付けられる。 BMC Med。 7月2007日19日; 5:20。
  83. パーキンソン病のlevodopa誘発の運動障害として米JEの等不調な呼吸。 動きDisord。 5月2002日; 17(3): 524-7。
  84. Lドーパ誘発の運動障害のJenner Pの等分子メカニズム。 tureは神経科学9665-677を見直す(2008年9月)。
  85. 頭脳の容積に対するRajagopalan Pの等ホモシステインの効果は732人の年配の個人で地図を描いた。 Neuroreport。 6月2011日11日; 22(8): 391-5。
  86. 徴候のatherosclerotic病気の患者のKloppenborg RPの等ホモシステインそして大脳の小さい容器の病気。 SMART-MRの調査。 アテローム性動脈硬化。 6月2011日; 216(2): 461-6。 Epub 2月2011日24日。
  87. LドーパのZoccolella S等Hyperhomocysteinemiaはパーキンソン病と患者を扱った: 認識機能障害および痴呆の潜在的な含意か。 Curr Med Chem。 2010;17(28):3253-61.
  88. コロナT等。 パーキンソン病のコースに対するLドーパの薬剤の休日の効果の縦方向調査。 Clin Neuropharmacol。 8月1995日; 18(4): 325-32。
  89. Koziorowski Dおよびフリードマン パーキンソン病の複雑化の処置としてアマンタジンの注入の等Levodopa 「薬剤休日」の。 動きDisord。 5月2007日15日; 22(7): 1033-6。
  90. Antonini A等。 パーキンソン病のドーパミンのアゴニストの危険そして利点の再査定。 尖頭アーチNeurol。 10月2009日; 8(10): 929-37。 Epub 8月2009日24日。
  91. パーキンソン病のKatzenschlager Rの等Mucunaのpruriens: 二重盲目の臨床および病理学の調査。 J Neurol Neurosurgの精神医学。 12月2004日; 75(12): 1672-7。
  92. Lドーパの処置へのselegilineのMizuno Yの等早い付加はパーキンソン病の患者のために有利である。 Clin Neuropharmacol。 2010日1月2月; 33(1): 1-4。
  93. 肇YJ等Selegilineの使用はHoehnおよびYahrの段階の遷移時間までに評価されるように早いパーキンソン病のより遅い進行と関連付けられる。 パーキンソン症候群Relat Disord。 3月2011日; 17(3): 194-7。 Epub 12月2010日14日。
  94. Palhagen S等Selegilineはパーキンソン病の徴候の進行を遅らせる。 神経学。 4月2006日25日; 66(8): 1200-6。 Epub 3月2006日15日。
  95. Imamura K等。 不況およびパーキンソン病の地方大脳の血の流れおよびselegilineの処置の効果間の関係。 アクタNeurol Scand。 7月2011日; 124(1): 28-39。 Epub 9月2010日29日。
  96. ブラーガ カリフォルニア等。 反Parkinsonian薬剤のselegilineは無毒な種の形成をもたらすα-synucleinの集合の核形成段階を遅らせる。 J Mol Biol。 1月2011日7日; 405(1): 254-73。 Epub 11月2010日2.日。
  97. グルタミン酸塩の受容器に対するrasagiline、aminoindan代謝物質およびselegilineのDimpfel Wの等効果はラットの海馬の切れの生体外で信号を送を仲介した。 BMC Pharmacol。 2月2011日21日; 11: 2。
  98. Rascol O等。 二重盲目のパーキンソン病(アダージョの調査)のrasagilineの遅らせ開始の試験: UPDRSのスコアの付加的な療法、変更、および非モーター結果のための必要性の前もって明示された後これの分析。 尖頭アーチNeurol。 5月2011日; 10(5): 415-23。 Epub 4月2011日7.日。
  99. パーキンソン病の運動障害のためのSawada Hの等アマンタジン: ランダム化された管理された試験。 PLoS 1。 12月2010日31日; 5(12): e15298.
  100. トマス厳しいパーキンソン病の運動障害のアマンタジンの利点の等持続期間。 J Neurol Neurosurgの精神医学。 1月2004日; 75(1): 141-3。
  101. Exley RおよびCragg SJ。 シナプス前のニコチン受容器: striatalドーパミンのneurotransmissionの動的および多様なコリン作動性フィルター。 Br J Pharmacol。 3月2008日; 153のSuppl 1: S283-97. Epub 11月2007日26日。
  102. Pimlott SLの等アルツハイマー病、Lewyボディ、パーキンソン病および管の痴呆の痴呆のニコチンのアセチルコリンの受容器の配分: 5 [(125) i] - a-85380を使用して生体外の結合の調査。 Neuropsychopharmacology。 1月2004日; 29(1): 108-16。
  103. Shimohama S. Nicotinicはneurodegenerative病気モデルのneuroprotectionを受容器仲介した。 Biol Pharm Bull。 3月2009日; 32(3): 332-6。
  104. 煙り、パーキンソン病洪DP等: ニコチンはアルファsynucleinの細動に影響を与えるか。 Biochim Biophysのアクタ。 2月2009日; 1794(2): 282-90。 Epub 10月2008日25日。
  105. パーキンソン病の田中Kの等活動的な、間接喫煙および危険。 アクタNeurol Scand。 12月2010日; 122(6): 377-82。
  106. パーキンソン病でコーヒー、茶、および煙るタンEKの等線量依存した保護効果: 中国人の調査。 J Neurol Sci。 12月2003日15日; 216(1): 163-7。
  107. 川辺の低地の広告の等激しいニコチンはパーキンソン病の作戦ベースの意味処理を高める。 Int J Neuropsychopharmacol。 8月2011日; 14(7): 877-85。 Epub 2月2011日1.日。
  108. Quik Mの等ニコチンおよびパーキンソン病: 療法のための含意。 動きDisord。 9月2008日15日; 23(12): 1641-52。
  109. ClinicalTrials.gov。 高度のパーキンソン病(NICOPARK2)のモーター徴候のTransdermalニコチンの効力。 { http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT00873392?term=nicotine+parkinson%27s&rank=1 }。 アクセスされた8/25/2011。
  110. G-CSFのシャオBGの等細胞生物学そして臨床約束: immunomodulationおよびneuroprotection。 Jの細胞Med Molの。 2007日11月12月; 11(6): 1272-90。
  111. Khatibi NHの等Granulocyteのコロニー刺激的な要因処置は外科的に引き起こされた頭脳によって傷つけられるマウスのneuroprotectionを提供する。 アクタNeurochir Suppl。 2011;111:265-9.
  112. 歌Sの等Granulocyteコロニーの刺激的な要因(G-CSF)はパーキンソン病のマウス モデルの回復を高める。 Neurosci Lett。 1月2011日7日; 487(2): 153-7。 Epub 10月2010日14日。
  113. granulocyteのコロニー刺激的な要因のMcCollum Mの等後MPTP処置はパーキンソン病のマウス モデルのnigrostriatal機能を改善する。 Neurobiol Molの。 6月2010日; 41 (2-3): 410-9。 Epub 4月2010日21日。
  114. サンチェス ラモスJの等Granulocyteのコロニー刺激要因はAlzheimerのマウスの頭脳のアミロイドの重荷そして逆の認識減損を減らす。 神経科学。 9月2009日29日; 163(1): 55-72。 Epub 6月2009日14日。
  115. ClinicalTrials.gov。 初期のパーキンソン病に対するGranulocyteコロニーの刺激的な要因の神経保護効果の調査。 http://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT01227681で利用できる9/9/2011にアクセスした。
  116. 厳しいパーキンソン病のための萌芽期のドーパミン ニューロンの解放されたCRの等移植。 NイギリスJ Med。 3月2001日8日; 344(10): 710-9。
  117. 金HJ。 パーキンソン病の幹細胞の潜在性およびドーパミン ニューロンの生成のための分子要因。 Biochim Biophysのアクタ。 1月2011日; 1812(1): 1-11。 Epub 8月2010日14日。
  118. ScienceDaily。 Sciencedaily.comの「可能な今パーキンソンの患者のための厳密な頭脳の電極の配置; 研究は方法より精密で深い頭脳の刺激を」開ける。 http://www.sciencedaily.com/releases/2011/09/110907075755.htm#.TmffQlmzs9w.emailで利用できる9/8/2011にアクセスした。
  119. パーキンソン病の不況のためのDobkin RDの等認識行動療法: ランダム化された、管理された試験。 AM Jの精神医学。 6月2011日15日。 [印刷物に先んじるEpub]
  120. パーキンソン病の尿失禁を扱うヴォーンCPの等行動療法。 神経学。 5月2011日10日; 76(19): 1631-4。
  121. パーキンソン病のアレンNEの等バランスそして落下: 練習およびモーター訓練の効果のメタ分析。 動きDisord。 8月2011日1日; 26(9): 1605-15。 doi: 10.1002/mds.23790. Epub 6月2011日14日。
  122. AJ Jak。 認識老化の物理的な、精神活動の影響。 CurrはBehav Neurosciを越える。 8月2011日5.日[印刷物に先んじるEpub]
  123. 適当なneurodegenerationのパーキンソン病の慢性のマウス モデルの練習のLau YS等Neuroprotectiveの効果そしてメカニズム。 Eur J Neurosci。 4月2011日; 33(7): 1264-74。 doi: 10.1111/j.1460-9568.2011.07626.x. Epub 3月2011日7.日。
  124. 低蛋白Cereda E等および蛋白質再分配はモーター変動のパーキンソン病の患者のために食事療法する: 組織的検討。 動きDisord。 10月2010日15日; 25(13): 2021-34年。
  125. バットMSおよびサルタンMT. コーヒーおよび消費: 利点および危険。 Food Sci Nutr CritのRev。 4月2011日; 51(4): 363-73。
  126. パーキンソン病のHu Gの等コーヒーおよび茶消費そして危険。 動きDisord。 11月2007日15日; 22(15): 2242-8。
  127. コーヒー消費のSaaksjarvi Kの等前向き研究およびパーキンソン病の危険。 Eur J Clin Nutr。 7月2008日; 62(7): 908-15。 Epub 5月2007日16日。
  128. コーヒーによるHerraiz TおよびChaparro C. Humanのモノアミン酸化酵素の酵素のコーヒーから隔離される阻止およびベータcarbolines norharmanおよびharman。 生命Sci。 1月2006日18日; 78(8): 795-802。 Epub 8月2005日31日。
  129. アブレウRVの等ラットの頭脳の認識機能そして酸化防止システムに対する慢性のコーヒーおよびカフェインの摂取の効果。 Pharmacol Biochem Behav。 10月2011日; 99(4): 659-64。 Epub 6月2011日15日。
  130. Tohda Cの等人間のneuroblastoma SK-N-SHの細胞のTrigonelline誘発のneuriteの結果。 Biol Pharm Bull。 7月1999日; 22(7): 679-82。
  131. Farahは等緑のコーヒー エキスからのChlorogenic酸人間で非常にbioavailableである。 J Nutr。 12月2008日; 138(12): 2309-15。
  132. striatumおよびカフェイン誘発の行動の活発化のXie Xの等アデノシンおよびドーパミンの受容器の相互作用。 Comp Med。 12月2007日; 57(6): 538-45。
  133. パーキンソン病のためのHauserのRAの等アデノシンA2Aの受容器の反対者: 理論的根拠、治療上の潜在性および臨床経験。 薬剤の老化すること。 2005;22(6):471-82.
  134. Kanda TはL-DOPAと等アデノシンA (2A)の反対者KW-6002の使用を結合したまたは選択的なD1かD2ドーパミンのアゴニストによってantiparkinsonian活動MPTP扱われた猿のない運動障害を高める。 Exp. Neurol。 4月2000日; 162(2): 321-7。
  135. 6 hydroxydopamine誘発のhemi Parkinsonianマウスの回転行動に対するアデノシンA2Aの反対者およびL-DOPAのMatsuya Tの等相助効果は模倣する。 J Pharmacol Sci。 3月2007日; 103(3): 329-32。 Epub 3月2007日7.日。
  136. パーキンソン病の足取りの凍結のカフェインの北川町Mの等ffects。 動きDisord。 4月2007日15日; 22(5): 710-2。
  137. Dhanasekaran M、Karuppagounder SS、dopaminergic神経毒MPTP/MPP+のUthayathas Sの等補酵素Qの内容に対する効果。 生命Sci。 2008年7月18日; 83 (3-4): 92-95。
  138. Henchcliffe C、Beal MF。 パーキンソン病の病因のミトコンドリアの生物学そして酸化圧力。 Nat. Clin Pract Neurol。 2008年11月; 4(11): 600-609。
  139. Hargreaves IPの車線A、Sleiman PM。 パーキンソン病の患者の頭脳の地域の補酵素Q10の状態。 Neurosci Lett。 2008年12月5日; 447(1): 17-19。
  140. Shults CW、Oakes D、早いパーキンソン病の補酵素Q10のKieburtz Kの等効果: 機能低下の遅延の証拠。 アーチNeurol。 2002年10月; 59(10): 1541-1550。
  141. Shults CWの燧石Beal Mの歌Dのパーキンソン病の患者の補酵素Q10の高い適量のFontaine D.の試験試験。 Exp. Neurol。 2004年8月; 188(2): 491-494。
  142. Storch補酵素Qの徴候の効果の等ランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の試験(10)パーキンソン病で。 アーチNeurol。 7月2007日; 64(7): 938-44。 Epub 5月2007日14日。
  143. Abdin AA、Hamouda彼。 ロテノン誘発のパーキンソン症候群に於いてのLドーパの有無にかかわらず補酵素Q10のneuroprotective役割のメカニズム。 神経薬理学。 2008年12月; 55(8): 1340-1346。
  144. Cleren C、ヤンL、ロレンツォB、等補酵素Q10 (CoQ10)の治療上の効果およびパーキンソン症候群のMPTPモデルの減らされたCoQ10。 J Neurochem。 2008年3月; 104(6): 1613-1621。
  145. Wyss MのクレアチンのSchulze A. Healthの含意: 口頭クレアチンの補足は神経学的な、atherosclerotic病気から保護できるか。 神経科学。 2002;112(2):243-260.
  146. Beal MF。 パーキンソン病のneuroprotectionのための生物エネルギーのアプローチ。 アンNeurol。 2003年; 53のSuppl 3: S39-47; 議論S47-38。
  147. パーキンソン病のフェルナンデス エスペホE. Pathogenesis: neuroprotectiveおよび補強薬療法の見通し。 Neurobiol Molの。 2004年2月; 29(1): 15-30。
  148. Schapiraああ。 パーキンソン病のneuroprotectionの進歩。 Eur J Neurol。 2008年4月; 15のSuppl 1:5-13。
  149. Klein AM、Ferrante RJ。 クレアチンのneuroprotective役割。 Subcell Biochem。 2007;46:205-243.
  150. NINDS NET-PDの調査官。 クレアチンのランダム化された、二重盲目の、無益臨床試験および早いパーキンソン病のminocycline。 神経学。 2006年3月14日; 66(5): 664-671。
  151. NINDS NET-PDの調査官。 早いパーキンソン病のクレアチンそしてminocyclineの試験臨床試験: 18ヶ月の結果。 Clin Neuropharmacol。 2008年5月6月; 31(3): 141-150。
  152. 補酵素Q10およびクレアチンとのヤンL等組合せ療法はパーキンソンおよびハンティントンの病気のモデルの付加的なneuroprotective効果を作り出す。 J Neurochem。 6月2009日; 109(5): 1427-39。 Epub 3月2009日28日。
  153. ベンダーは等長期クレアチンの補足パーキンソン病の老化させた患者で安全である。 Nutr Res。 3月2008日; 28(3): 172-8。
  154. YoudimのKA、マーティンA、ヨセフJA。 必要な脂肪酸および頭脳: 可能な健康の含意。 Neurosci Int J Dev。 2000年7月8月; 18 (4-5): 383-399。
  155. Montine KS、クウィンJF、チャンJ、等neurodegenerative病気の脂質の過酸化反応のIsoprostanesおよび関連製品。 Chem Physの脂質。 2004年3月; 128 (1-2): 117-124。
  156. Saugstad LF。 小児自閉症: 補足の運動領域のシナプスに切り取ることによる幼年時代以来の慢性の精神病。 Nutrの健康。 2008;19(4):307-317.
  157. Saugstad LF。 neurodegenerative無秩序および精神病の明示は十分な食餌療法のオメガ3との避けられる頭脳の機能障害であるか。 Nutrの健康。 2006;18(2):89-101.
  158. Calon Fのneurodegenerative病気に対するオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸のColeのG. Neuroprotectiveの行為: 動物実験からの証拠。 プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 2007年11月12月; 77 (5-6): 287-293。
  159. etoposideによって引き起こされるapoptosisに対するpolyunsaturated脂肪酸のウーY、Tada M、高畠町K、Tomizawa K、Matsui H.の抑制的な効果Neuro2aの細胞のokadaic酸およびAraC。 アクタMed岡山。 2007年6月; 61(3): 147-152。
  160. Bousquet M、St Pierre M、Julien C、サレムN、Jr.、Cicchetti Fのパーキンソン病の動物モデルの毒素誘発の神経の退化に対するオメガ3の食餌療法のpolyunsaturated脂肪酸のCalon F. Beneficialのの効果。 FASEB J. 2008年4月; 22(4): 1213-1225。
  161. Samadi P、グレゴアールL、Rouillard C、Bedard PJ、DiパウロTのLevesque D. Docosahexaenoicの酸は1メチル4フェニル基1,2,3,6 tetrahydropyridine猿のlevodopa誘発の運動障害を減らす。 アンNeurol。 2006年2月; 59(2): 282-288。
  162. Yahr MD、Duvoisin RC、Cote L、Cohen G. Pyridoxine、ドーパおよびパーキンソン症候群。 ADV Biochem Psychopharmacol。 1972;4:185-194.
  163. McGeer PL、Zeldowicz L、例えばMcGeer。 パーキンソン病の葉酸の臨床試験。 Med Assoc J. 1972年は1月22日できる; 106(2): 145-146 passim。
  164. Schwarz J、Trenkwalder C、Gasser T、アーノルドG、Oertel WH。 Folinic酸療法は早いパーキンソン病を改善しない: 2週間の偽薬は臨床試験を制御した。 J神経Transmの公園Dis Dement SECT。 1992;4(1):35-41.
  165. Bottiglieri T、Hyland K、レイノルズEH。 神経疾患のademetionine (S-adenosylmethionine)の臨床潜在性。 薬剤。 1994年8月; 48(2): 137-152。
  166. Martignoni E、Tassorelli C、Nappi G、Zangaglia R、Pacchetti C、Blandini F. Homocysteineおよびパーキンソン病: 危ない連絡か。 J Neurol Sci。 2007年6月15日; 257 (1-2): 31-37。
  167. Obeid R、McCaddon A、Herrmann W。 神経学的な、精神医学の病気に於いてのhyperhomocysteinemiaおよびBビタミンの不足の役割。 Clin Chemの実験室Med。 2007;45(12):1590-1606.
  168. Siniscalchi A、Mancuso F、Gallelli L、Ferreri Ibbadu G、ビアージョMercuri Nの神経学的な患者の薬剤の処置によって引き起こされる血しょうホモシステインのレベルのDe Sarro G.の増加。 Pharmacol Res。 2005年11月; 52(5): 367-375。
  169. タンEK、Cheah SY、Fook-Chong Sは、等機能COMTの変形パーキンソン病の大量服用のピリドキシンへの応答を予測する。 AM J Med Genet B Neuropsychiatr Genet。 2005年8月5日; 137B (1): 1-4。
  170. 、Zadikoff C AJ、levodopa誘発のhyperhomocysteinemiaのPostumaのRB、Espay等ビタミンおよびentacapone: ランダム化された管理された調査。 神経学。 2006年6月27日; 66(12): 1941-1943年。
  171. 障害E、チョンM、ラマンG、等Bのビタミンおよび果実および年齢関連のneurodegenerative無秩序。 Evid Rep Technolは査定する(完全なRep)。 4月2006(134)日: 1-161。
  172. Amadasi A、Bertoldi M、Contestabile Rの等ピリドキサール5' -治療上の代理店のためのターゲットとして隣酸塩酵素。 Curr Med Chem。 2007;14(12):1291-1324.
  173. Zoccolella S、Iliceto GのdeMari M、Livrea P、LドーパのLamberti P. Managementはhyperhomocysteinemiaを関連付けた: カテコールO METHYLTRANSFERASE (COMT)の抑制剤かBのビタミンか。 検討からの結果。 Clin Chemの実験室Med。 2007;45(12):1607-1613.
  174. Qureshi GA、Qureshi AAのDevrajaniのBR、Chippa MAのSyed SA。 ビタミンB12の不足はパーキンソンの患者の酸化圧力そしてneurotoxicityと関連しているか。 CNS Neurol Disordの薬剤ターゲット。 2008年2月; 7(1): 20-27。
  175. パーキンソン病の処置に於いてのホモシステインの紛砕機T. Role。 Neurother巧妙なRev。 2008年6月; 8(6): 957-967。
  176. 、Busanello EN E-F、DosサントスMiglioranza Aの等葉酸の不足がパーキンソンsの病気のhyperhomocysteinemiaの主要な決定要因であるという証拠。 Metabの頭脳Dis。 2009年3月18日。
  177. アミロイドのベータ ペプチッド刺激された人間の死後の頭脳の小膠細胞による歩行者DGの等遺伝子発現の変更は多数の炎症性プロセスの活発化を識別する。 J Leukoc Biol。 3月2006日; 79(3): 596-610。 Epub 12月2005日19日。
  178. Guillot Xの等ビタミンDおよび発火。 共同骨の脊柱。 12月2010日; 77(6): 552-7。 Epub 11月2010日9.日。
  179. パーキンソン病のKnekt Pの等血清のビタミンDそして危険。 アーチNeurol。 7月2010日; 67(7): 808-11。
  180. パーキンソン病およびアルツハイマー病の患者のビタミンDの不十分のEvatt MLの等流行。 アーチNeurol。 10月2008日; 65(10): 1348-52。
  181. Virmani A、Gaetani FのイマームS、Binienda Z、アリS。 乱用の薬剤、塩酸メタンフェタミンによって換起されたneurotoxicityに対するLカルニチンの保護役割はミトコンドリアの機能障害と関連していることができる。 アンN Y Acad Sci。 2002年6月; 965:225-232。
  182. Bodis-Wollner I、チョンE、Ghilardi MFの等アセチルlevoカルニチンは霊長目のMPTP誘発のパーキンソン症候群から保護する。 J神経Transmの公園Dis Dement SECT。 1991;3(1):63-72.
  183. Virmani A、Gaetani FのイマームS、Binienda Z、アリS。 乱用の薬剤、塩酸メタンフェタミンによって換起されたneurotoxicityに対するLカルニチンの保護役割はミトコンドリアの機能障害と関連していることができる。 アンN Y Acad Sci。 2002年6月; 965:225-232。
  184. Virmani A、Gaetani F、carnitines、補酵素Q10、およびneurotoxic侮辱の異なった形態に対するPUFAsのような新陳代謝の修飾語のBinienda Z. Effects: 新陳代謝の抑制剤、MPTP、および塩酸メタンフェタミン。 アンN Y Acad Sci。 2005年8月; 1053:183-191。
  185. Wang C、Sadovova N、アリHKの等Lカルニチンはラットのforebrain文化の1メチル4 phenylpyridinium誘発の神経のapoptosisからニューロンを保護する。 神経科学。 2007年1月5日; 144(1): 46-55。
  186. チャンH、Jia H、劉J、等結合されたRアルファlipoic酸およびアセチルLカルニチンはパーキンソン病の細胞モデルの有効な予防の効果を出す。 Jの細胞Med Molの。 1月2010日; 14 (1-2): 215-25。
  187. Mandel SA、Amit T、Weinreb O、Reznichenko L、Youdim MB。 緑茶のカテキンによる多数の頭脳ターゲットの同時処理: Alzheimerおよびパーキンソン病のための潜在的なneuroprotective作戦。 CNS Neurosci Ther。 冬2008年; 14(4): 352-365。
  188. Levites Y、Weinreb O、Maor G、Youdim MBのMandel S.の緑茶のポリフェノール(-) - epigallocatechin 3没食子酸塩はNメチル4フェニル基1,2,3,6 tetrahydropyridine誘発のdopaminergic neurodegenerationを防ぐ。 J Neurochem。 2001年9月; 78(5): 1073-1082。
  189. 鍋T、Jankovic JのLe W.の潜在的なパーキンソン病の緑茶のポリフェノールの治療上の特性。 薬剤の老化すること。 2003;20(10):711-721.
  190. Levites Y、Amit T、Youdim MB、緑茶のポリフェノール(-) - epigallocatechinの3没食子酸塩のneuroprotective行為のプロテイン キナーゼCの活発化そして細胞の存続の細胞周期の遺伝子のMandel S. Involvement。 J Biol Chem。 2002年8月23日; 277(34): 30574-30580。
  191. Choi JYの公園のCS、茶フェノールのepigallocatechinの3没食子酸塩によるマウスの窒素酸化物仲介された1メチル4フェニル基1,2,3,6 tetrahydropyridine誘発のパーキンソン病の金DJの等防止。 Neurotoxicology。 2002年9月; 23(3): 367-374。
  192. 緑茶のポリフェノールのNie G、Cao Y、肇B. Protectiveの効果および主要コンポーネント、(-) - PC12細胞の6 hydroxydopamine誘発のapoptosisのepigallocatechin 3没食子酸塩(EGCG)。 酸化還元反応Rep。 2002年; 7(3): 171-177。
  193. Mandel S、Maor G、Youdim MB。 MPTP扱われたマウスのsubstantiaのnigraの鉄そしてアルファsynuclein: neuroprotective薬剤のRアポモルヒネおよび緑茶のポリフェノールの効果(-) - epigallocatechin 3没食子酸塩。 J Mol Neurosci。 2004;24(3):401-416.
  194. 郡野S、Bezard Eの6-OHDAに対するSH-SY5Yの細胞に対する緑茶のポリフェノールの肇B. Protectiveの効果はROS-NOの細道によってapoptosisを引き起こした。 自由なRadic Biol Med。 2005年9月1日; 39(5): 682-695。
  195. 郡野S、沿J、ヤンT、ヤンX、Bezard EのROS-NOの細道の阻止によるパーキンソン病の6-OHDAラット モデルの緑茶のポリフェノールの肇B. Protectiveの効果。 Biolの精神医学。 2007年12月15日; 62(12): 1353-1362。
  196. Levites Y、Youdim MB、Maor G、6 hydroxydopamine (6-OHDA)の神経文化の茶エキスによる誘発の核要因kappaB (NFkappaB)活発化そして細胞死のMandel S. Attenuation。 Biochem Pharmacol。 2002年1月1日; 63(1): 21-29。
  197. 李R等(-) - Epigallocatechinの没食子酸塩はlipopolysaccharide誘発のmicroglial活発化を禁じ、発火仲介されたdopaminergic神経の傷害から保護する。 J Neurosci Res。 12月2004日1日; 78(5): 723-31。
  198. Cho HS、金S、リーSYの公園JA、金SJ、Chun HS。 緑茶の部品の保護効果、環境の毒素誘発の神経の細胞死のL-theanine。 Neurotoxicology。 2008年7月; 29(4): 656-662。
  199. 陳D、Wang CY、ランベルトJD、Ai N、ウェールズWJのヤンのCS。 茶カテキンおよび代謝物質による人間のレバー カテコールO METHYLTRANSFERASEの阻止: 構造活動関係および分子模倣の調査。 Biochem Pharmacol。 2005年5月15日; 69(10): 1523-1531。
  200. Mandel SA、Amit T、Kalfon L、Reznichenko L、Youdim MB。 multimodal機能の緑茶のカテキンとの多数のneurodegenerative病気の病因学を目標とすること。 J Nutr。 2008年8月; 138(8): 1578S-1583S.
  201. 李R、ポンN、Du F、李XP、Le WD。 Epigallocatechinの没食子酸塩は1メチル4のフェニル基1,2,3,6 tetrahydropyridine誘発のneurotoxicityからmicroglial細胞の活発化の禁止によってdopaminergicニューロンを保護する。 ナンの牙イKe Da Xue Xue Bao。 2006年4月; 26(4): 376-380。
  202. neurodegenerative病気の処置に於いてのpolyphenolic混合物のRamassamy C. Emergingの役割: 細胞内ターゲットの検討。 Eur J Pharmacol。 2006年9月1日; 545(1): 51-64。
  203. 新しい多機能の頭脳の透過性の鉄のキレート環を作る酸化防止剤、M-30および緑茶のポリフェノール、EGCGによるAvramovich-Tirosh Y、Reznichenko L、Mit T、等Neurorescueの活動、APPの規則およびアミロイド ベータ ペプチッド減少。 Curr Alzheimer Res。 2007年9月; 4(4): 403-411。
  204. 肇B. Naturalのの酸化防止剤はアルツハイマー病およびパーキンソン病のニューロンを保護する。 Neurochem Res。 2009年4月; 34(4): 630-638。
  205. Penumathsa SV、Maulik N. Resveratrol: 冠状心臓病に対するcardioprotectionの促進の有望な代理店。 J Physiol Pharmacolはできる。 2009年4月; 87(4): 275-286。
  206. Pallas M、Casadesus G、スミスMA、等Resveratrolおよびneurodegenerative病気: neuroprotectionの方の潜在的な細道としてSIRT1の活発化。 Curr Neurovasc Res。 2009年2月; 6(1): 70-81。
  207. Pallas M、Verdaguer E、Tajes M、グティエレスCuesta J、sirtuinsのCamins A. Modulation: antiageingのための新しいターゲット。 Pat最近のCNSの薬剤Discov。 2008年1月; 3(1): 61-69。
  208. リーMK、Kang SJ、Poncz Mの歌KJの公園KS。 Resveratrolはドーパミンによって引き起こされるapoptosisからSH-SY5Yのneuroblastomaの細胞を保護する。 Exp. Med Molの。 2007年6月30日; 39(3): 376-384。
  209. 局G、Longpre F、Martinoli MG。 Resveratrolおよびケルセチンの2つの自然なポリフェノールは、neuroinflammationによって引き起こされるapoptotic神経の細胞死を減らす。 J Neurosci Res。 2008年2月1日; 86(2): 403-410。
  210. ジンF、ウーQ、Lu YFのどらQH、Shi JS。 ラットの6 OHDA誘発のパーキンソン病に対するresveratrolのNeuroprotectiveの効果。 Eur J Pharmacol。 2008年12月14日; 600 (1-3): 78-82。
  211. 代理カリフォルニア等。 Mucunaのpruriensの水エキスは運動障害に減らされた危険をパーキンソン症候群の長期改善に与える。 パーキンソン症候群Relat Disord。 8月2010日; 16(7): 458-65。 Epub 5月2010日31日。
  212. パーキンソン病の齧歯動物モデルのMucunaのpruriensの種のエキスの徴候およびneuroprotective効力のKasture Sの等査定。 Neurotox Res。 2月2009日; 15(2): 111-22。 Epub 2月2009日20日。
  213. PDの3つの最初の処置を比較するランダム化されたPDRG-UKの試験のKAtzenschlager Rの等14年の最終報告。 神経学。 8月2008日12日; 71(7): 474-80。 Epub 6月2008日25日。
  214. 陳Jの独特の味XQ、Zhi JLの等クルクミンはbcl 2 mitochondria ROSiNOS細道によって1メチル4 phenylpyridiniumのイオン誘発のapoptosisからPC12細胞を保護する。 Apoptosis。 2006年6月; 11(6): 943-953。
  215. Jagatha BのMythriのRB、Vali S、Bharath MM。 クルクミンの処置はグルタチオンの枯渇の効果を生体外でそして生体内で軽減する: silicoでによって説明されるパーキンソン病のための治療上の含意は調査する。 自由なRadic Biol Med。 2008年3月1日; 44(5): 907-917。
  216. MythriのRB、Jagatha B、Pradhan N、Andersen J、Bharath MM。 パーキンソン病のミトコンドリアの複合体Iの阻止: クルクミンはいかにmitochondriaを保護できるか。 Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2007年3月; 9(3): 399-408。
  217. Pandey N、Strider J、Nolan WC、沿SX、Galvin JE。 クルクミンはアルファsynucleinの集合を禁じる。 アクタNeuropathol。 2008年4月; 115(4): 479-489。
  218. Rajeswari A、マウスのMPTPのneurodegenerationによって引き起こされるパーキンソン病のモデルのpolyphenolic混合物、クルクミンおよび代謝物質のtetrahydrocurcuminによるmonoamineのオキシダーゼBのSabesan M. Inhibition。 Inflammopharmacology。 2008年4月; 16(2): 96-99。
  219. Sethi P、Jyoti A、Hussain E、Sharma D. Curcuminはラットのアルミニウム誘発の機能neurotoxicityを減少させる。 Pharmacol Biochem Behav。 2009年4月16日。
  220. ヤンS、チャンD、ヤンZの等クルクミンは第一次ラット ニューロン/glia文化のLPによって引き起こされるneurotoxicityからdopaminergicニューロンを保護する。 Neurochem Res。 2008年10月; 33(10): 2044-2053年。
  221. Zbarsky V、Datla KP、Parkar S、Rai DK、Aruoma OI、デキスターDT。 自然なフェノールの酸化防止剤のクルクミンおよびnaringeninのNeuroprotectiveの特性しかしパーキンソン病の6-OHDAモデルのないケルセチンおよびfisetin。 自由なRadic Res。 2005年10月; 39(10): 1119-1125。
  222. Capitelli C、Sereniki A、リマMM、Reksidler AB、Tufik S、重大なMA。 MelatoninはMPTP lesionedラットのチロシンのヒドロキシラーゼの損失そしてhypolocomotionを減少させる。 Eur J Pharmacol。 2008年10月10日; 594 (1-3): 101-108。
  223. Dowling GA、Mastick J、Colling E、カーターJHの歌手CM、Aminoff MJ。 パーキンソン病の睡眠の妨害のためのMelatonin。 睡眠Med。 2005年9月; 6(5): 459-466。
  224. Klongpanichapak S、Phansuwan-Pujito P、Ebadi M、Govitrapong P. Melatoninはアルファsynucleinのアンフェタミン誘発の増加およびSK-N-SHの細胞のphosphorylatedチロシンのヒドロキシラーゼの減少を禁じる。 Neurosci Lett。 2008年5月16日; 436(3): 309-313。
  225. 林CH、黄JY、Ching CH、Chuang JI。 Melatoninはドーパミンの運送者の神経の損失、downregulation、およびロテノン誘発のparkinsonianラットのD2受容器のupregulationを減らす。 J Pineal Res。 2008年3月; 44(2): 205-213。
  226. Ma J、ショウVEのMitrofanis J. Melatoninの助けMPTP扱われたマウスのdopaminergic細胞を救うためか。 パーキンソン症候群Relat Disord。 2009年5月; 15(4): 307-314。
  227. Medeirosカリフォルニア、Carvalhedo de Bruin PFは、LA、Magalhaes MC、deルルドSeabra M、de Bruin VMを軽やかに駆けさせる。 パーキンソン病の睡眠そしてモーター機能障害に対する外因性のmelatoninの効果。 ランダム化された、二重ブラインド、偽薬制御の調査。 J Neurol。 2007年4月; 254(4): 459-464。
  228. Paus S、Schmitz-Hubsch T、Wullner U、Vogel A、Klockgether Tのパーキンソン病のAbeleのM. Brightライト療法: パイロット・スタディ。 動きDisord。 2007年7月30日; 22(10): 1495-1498。
  229. Saravanan KS、Sindhu KM、Mohanakumar KP。 Melatoninはhemiparkinsonianラット モデルのロテノン誘発の酸化圧力から保護する。 J Pineal Res。 2007年4月; 42(3): 247-253。
  230. Willis GL。 circadian機能の神経内分泌の無秩序としてパーキンソン病: 退化的なプロセスの起源そして進行のドーパミンmelatoninの不均衡そして視覚システム。 Neurosci Rev。 2008;19(4-5):245-316.
  231. Willis GL、ターナーEJ。 パーキンソン病の第一次および二次特徴は明るいライトへの戦略的な露出と改良する: 場合シリーズは調査する。 Chronobiol Int。 2007;24(3):521-537.
  232. クラークJ等口頭Nアセチル システインはアルファsynucleinのoverexpressingマウスのdopaminergicターミナルの損失を減少させる。 PLoS 1。 8月2010日23日; 5(8): e12333.
  233. ヤナSの等ミトコンドリアの機能障害はドーパミンのキノン酸化プロダクトによって仲介した: パーキンソン病のドーパミンの細胞毒性そして病因の含意。 Biochim Biophysのアクタ。 6月2011日; 1812(6): 663-73。 Epub 3月2011日4.日。
  234. 内生チオールのGhibu Eの等酸化防止特性: 心循環器疾患の防止に有用なアルファlipoic酸。 J Cardiovasc Pharmacol。 11月2009日; 54(5): 391-8。
  235. De Araujo DP等。 パーキンソン病のneurogenerative進行の減少のlipoic酸の酸化防止活動の貢献: 検討。 Int J Neurosci。 2月2011日; 121(2): 51-7。 Epub 12月2010日2.日。
  236. Cassani E等。 パーキンソン病の患者の便秘の処置のためのprobioticsの使用。 Minerva Gastroenterol Dietol。 6月2011日; 57(2): 117-21。