生命延長ばねのクリアランス セール

骨粗しょう症の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. Leong KH。 骨粗しょう症--範例の転位のための必要性。 アンAcad Medシンガポール。 1月1998日; 27(1): 100-4。
  2. WylieのCD。 「無声」病気のための標準の配置: 80年代および90年代の骨粗しょう症の定義。 スタッドのHist Philos Biol Biomed Sci。 12月2010日; 41(4): 376-85。
  3. Clarke BL、骨の損失のKhosla S. Physiology。 Radiol Clinの北AM。 5月2010日; 48(3): 483-95。
  4. Cawthon PM。 骨粗しょう症およびひびの性による違い。 Clin Orthop Relat Res。 1月2011日25日。
  5. Kawate H、高柳町R. [二次骨粗しょう症の更新。 男性の骨粗しょう症の処置。 テストステロンの取り替え療法等]。 Clinカルシウム。 5月2010日; 20(5): 744-51。
  6. Nuti R、Merlotti D、Francucci CMの人のGennari L. Boneのもろさ: 私達はどこにあるか。 J Endocrinolは投資する。 2010年; 33 (7つのSuppl): 33-8。
  7. アーメドのLA、Schirmer H、Bjornerem A、Emaus N、Jorgensen L、Stormer JのJoakimsenのRM。 Tromso、ノルウェーの性および年齢特定の10年および寿命の絶対ひびの危険。 Eur J Epidemiol。 2009年; 24(8): 441-8。 Epub 5月2009日30日。
  8. ConfavreuxのCB、Levine RL、Karsenty G。 骨間の統合的な生理学、混線およびエネルギー新陳代謝の範例。 細胞MolのEndocrinol。 10月2009日30日; 310 (1-2): 21-9。
  9. Lieben L、Callewaert F、ブイヨンR. Boneおよび新陳代謝: 複雑な混線。 Horm Res。 1月2009日; 71のSuppl 1:134-8。 Epub 1月2009日21日。
  10. Zhou ZおよびXiong WC。 骨の新陳代謝の激怒そして配位子。 前部Biosci (Scholエド)。 1月2011日1日; 3:768-76。
  11. Baldini V、Mastropasqua M、Francucci CM、D'Erasmo E.の心循環器疾患および骨粗しょう症。 J Endocrinolは投資する。 2005年; 28 (10のSuppl): 69-72。
  12. Abedin M、Tintut Y、Demer LL。 管の石灰化: メカニズムおよび臨床分枝。 Arterioscler Thromb Vasc Biol。 7月2004日; 24(7): 1161-70。
  13. McFarlane SI、Muniyappa R、Shin JJ、Bahtiyar G、Sowers JR。 骨粗しょう症および心循環器疾患: 壊れやすい骨および骨を抜かれた動脈、リンクあるか。 内分泌。 2月2004日; 23(1): 1-10。
  14. D'Amelio P、Isaia GのIsaiaのGC。 osteoprotegerin/RANK/RANKLシステム: 血管疾患への骨キー。 J Endocrinolは投資する。 2009年; 32 (4つのSuppl): 6-9。
  15. Tanikawa Tの等進められたglycationの最終製品はRAGE/p38 MAPKによって管の平滑筋細胞の石灰化を引き起こす。 J Vasc Res。 2009;46(6):572-80.
  16. Franke Sの等進められたglycationの最終製品は人間のosteoblastsの激怒、RANKLおよびさまざまなosteoblastic遺伝子のmRNAの表現に影響を及ぼす。 アーチのPhysiol Biochem。 6月2007日; 113(3): 154-61。
  17. ハインGは等改造する骨蛋白質および骨のglycationの最終生成物の修正を進めた: 仮説および予備のimmunohistochemical調査結果。 アンのRheum Dis。 1月2006日; 65(1): 101-4。
  18. Jager M、野生A、Krauspe R. OsteonecrosisおよびHELLPシンドローム。 Z Geburtshilfe Neonatol。 2003日11月12月; 207(6): 213-9。
  19. ハワードPA、バーンズBJ、Vacek JL、陳W、Lai SM。 心房細動の危険のbisphosphonatesの影響。 AM J Cardiovascは薬剤を入れる。 2010;10(6):359-67.
  20. 、トムソンK AJ、Roelofs Ebetino FH、ロジャースMJ、Coxon FP。 Bisphosphonates: 骨細胞、monocytesおよび大食細胞に対する行為そして効果の分子メカニズム。 Curr Pharm Des。 2010;16(27):2950-60.
  21. Varenna M、Gatti D. [postmenopausal骨粗しょう症の処置に於いてのランク配位子の阻止の役割]。 Reumatismo。 2010日7月9月; 62(3): 163-71。
  22. bisphosphonatesのAbrahamsen B.の悪影響。 CalcifのティッシュInt。 6月2010日; 86(6): 421-35。
  23. Hanley DA、Cranney A、ジョーンズG、等大人の健康のビタミンDおよび病気: 骨粗しょう症Canada.CMAJからの検討そして指針の声明。 9月2010日7日; 182(12): E610-8.
  24. マーティンT、Gooi JH、Sims NA。 再吸収への骨の形成のカップリングの分子メカニズム。 Eukaryot Gene Expr CritのRev。 2009;19(1):73-88.
  25. ボディJJ、Bergmann P、Boonen Sの等骨粗しょう症の非病理学管理: ベルギーの骨クラブの一致。 Osteoporos Int。 3月2011日1.日[印刷物に先んじるEpub]
  26. de Baat P、骨のHeijboer MP、de Baat C.の開発、生理学および細胞の活動。 Ned Tijdschr Tandheelkd。 7月2005日; 112(7): 258-63。
  27. 金沢I、山口T、Tada Y、山内町M、Yano SのSugimoto T. Serumのosteocalcinのレベルはタイプ2の糖尿病を持つ患者のインシュリンの感受性そして分泌と肯定的に関連付けられる。 骨。 4月2011日1日; 48(4): 720-5。
  28. Mitchner NA、ハリスST. 骨粗しょう症のための現在および出現療法。 J Fam Pract。 7月2009日; 58 (7つのSupplの骨粗しょう症): S45-9.
  29. Banfi G、ロンバルディG、Colombini Aのスポーツ医学のLippi G. Boneの新陳代謝のマーカー。 スポーツMed。 8月2010日1日; 40(8): 697-714。
  30. チャンJ、Wang Zの核要因kappaBによるosteoblastic骨の形成の独特の味Eの等阻止。 Nat. Med。 6月2009日; 15(6): 682-9。
  31. Dwyer J。 右の道の下の開始: より遅い生命の慢性疾患の栄養物の関係。 AM J Clin Nutr。 2月2006日; 83(2): 415S-20S.
  32. 刃物師WB、Friedmann Eの前およびpostmenopausal女性の健康なサンプルのkyphosisのジェノバ風石E. Prevalence。 AM J Phys Med Rehabil。 8月1993日; 72(4): 219-25。
  33. Akhter MP、Alvarez GK、Cullen DM、Recker RR。 trabecular骨の構造の廃止関連の低下。 BiomechはMechanobiolを模倣する。 8月2010日4.日。
  34. Ebeling PR。 人の独特かhypogonadal骨粗しょう症: 現在および未来の処置の選択。 御馳走Endocrinol。 2004;3(6):381-91.
  35. Englund U、Nordstrom P、ニルソンJ、等中年の女性の身体活動および情報通のひびの危険: UFOの調査。 Osteoporos Int。 2月2011日; 22(2): 499-505。
  36. Gennari L、Merlotti D、マルティーニG、等性のホルモン レベル間の縦方向連合、年配の人の骨の損失および骨の転換。 J Ciin Endocrinol Metab。 11月2003日; 88(11): 5327-33。
  37. Clarke BL、Khosla S. Androgensおよび骨。 ステロイド。 3月2009日; 74(3): 296-305。
  38. Seeman E。 人の骨のもろさの構造基礎。 骨。 7月1999日; 25(1): 143-7。
  39. Hagino H. [osteoporoticひびの疫学]。 Clinカルシウム。 2003年; 13(8): 995-1002。 [日本語の記事]
  40. Ducharme N. Maleの骨粗しょう症。 Clin Geriatr Med。 5月2010日; 26(2): 301-9。
  41. Nakhla AM、Hryb DJ、Rosner W、Romas NA、Xiang Z、Kahn SM。 人間の性のホルモン結合のグロブリンの遺伝子発現の多数の促進者および複雑な代わりとなる接続。 BMC Mol Biol。 5月2009日5日; 10:37。
  42. Hofle G、Tautermann G、Saely CHのDrexel H.の性ホルモン結合のグロブリンはオスの心臓移植の受け手の大腿部の骨ミネラル密度に否定的に関連する。 Wien Klin Wochenschr。 3月2004日31日; 116 (5-6): 170-5。
  43. Lormeau C、スーダンB、d'Herbomez M、男性の骨粗しょう症のPigny P、Duquesnoy B、Cortet B. Sexのホルモン結合のグロブリン、estradiolおよび骨の転換のマーカー。 骨。 6月2004日; 34(6): 933-9。
  44. Caldwell JD、Jirikowski GF。 性ホルモンの結合のグロブリンおよび老化。 Horm Metab Res。 3月2009日; 41(3): 173-82.
  45. アダムスJS。 「働くために区切なさい」: 再び訪問される自由なホルモンの仮説。 細胞。 9月2005日9日; 122(5): 647-9。
  46. Andreassen TK。 親脂性のビタミンおよびステロイドの細胞通風管に於いての血しょう結合蛋白質の役割。 Horm Metab Res。 4月2006日; 38(4): 279-90。
  47. Hoppe E、Bouvard B、Royer M、Audran Mの骨粗しょう症のLegrand E. Sexのホルモン結合のグロブリン。 共同骨の脊柱。 7月2010日; 77(4): 306-12。
  48. deポーラFJ、Horowitz MC、Rosen CJ。 糖尿病と骨粗しょう症間の関係への新しい洞察力。 糖尿病のMetab ResのRev. 11月2010日; 26(8): 622-30。
  49. ヘルナンデスJL、Olmos JM、Pariente E、等新陳代謝シンドロームおよび骨の新陳代謝: カマルゴのグループ調査。 月経閉止期。 2010日9月10月; 17(5): 955-61。
  50. McClung M。 変えられた骨の健康の部品は新陳代謝シンドロームであるか。 月経閉止期。 2010日9月10月; 17(5): 900-1。
  51. 同類F、Bastemir M、Alkis EのKaptanoglu B. SHBGのレベルはpostmenopausal女性のインシュリン抵抗性に関連する。 Eur JのインターンMed。 3月2009日; 20(2): 162-7。
  52. ハインG、Weiss C、等骨蛋白質の高度のglycationの最終生成物の改造する修正および骨: 仮説および予備のimmunohistochemical調査結果。 アンのRheum Dis。 1月2006日; 65(1): 101-4。
  53. 骨のコラーゲンのValcourt Uの等非酵素のglycationはosteoclastic活動および微分を変更する。 J Biol Chem。 2月2007日23日; 282(8): 5691-703。
  54. グラハムLS、Parhami F、Tintut Yの台所CM、Demer LLのEffrosのRB。 酸化させた脂質はTのリンパ球によってRANKLの生産を高める: 脂質誘発の骨の損失のための含意。 Clin Immunol。 11月2009日; 133(2): 265-75。
  55. Maziere C、Savitsky V、Galmiche Aは、等酸化させた低密度の脂蛋白質osteoblastsの隣酸塩シグナリングそして隣酸塩誘発の鉱化を禁じる。 酸化圧力の介入。 Biochim Biophysのアクタ。 11月2010日; 1802(11): 1013-9。
  56. Mundy GR。 骨粗しょう症および発火。 NutrのRev. 12月2007日; 65 (12のPt 2): S147-51.
  57. Kawai M、Devlin MJ、Rosen CJ。 骨格健康のための脂肪質ターゲット。 Rheumatol Nat. Rev。 7月2009日; 5(7): 365-72。
  58. 大人の人間のBugel S.のビタミンKおよび骨の健康。 Vitam Horm。 2008;78:393-416.
  59. Wada S、Fukawa T、Kamiya S. [Osteocalcinおよび骨]。 Clinカルシウム。 11月2007日; 17(11):1673-7.
  60. Iwamoto J、武田T、postmenopausal骨粗しょう症の処置に於いてのビタミンK2の佐藤Y. Role。 Currの薬剤Saf。 1月2006日; 1(1): 87-97。
  61. Rezaieyazdi Z、Falsoleiman H、Khajehdaluee M、Saghafi Mの長期ワルファリンの患者のMokhtari-Amirmajdi E. Reducedの骨密度。 Int JのRheum Dis。 7月2009日; 12(2): 130-5。
  62. Cherniack EP、Levis SのTroenのBR。 Hypovitaminosis D: 広まった伝染病。 老人医学。 4月2008日; 63(4): 24-30.
  63. 唇PのブイヨンR、van Schoor NM、等カルシウムおよびビタミンDとのひびの危険を減らす。 Clin Endocrinol (Oxf)。 9月2010日; 73(3): 277-85。
  64. Aydin H、Deyneli O、Yavuz Dは、等、短期口頭マグネシウムの補足postmenopausal osteoporotic女性の骨の転換を抑制する。 Biolの跡Elem Res。 2月2010日; 133(2): 136-43。
  65. Mizoguchi T、Nagasawa S、Takahashi N、Yagasaki HのIto M. Dolomiteの補足はovariectomizedラットのカルシウム調整のホルモンの分泌の調節によって骨の新陳代謝を改良する。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2005;23(2):140-6.
  66. 金MH、Bae YJ、Choi MK、チョンYS。 ケイ素の補足は骨の再吸収の減少によってカルシウム不十分なovariectomizedラットの骨ミネラル密度を改善する。 Biolの跡Elem Res。 6月2009日; 128(3): 239-47。
  67. 李Z、Karp H、Zerlin A、リーTY、大工C、掘抜きの帯水層水からのケイ素のHeber D. Absorptionおよびpostmenopausal女性の骨の健康の影響: 12週のパイロット・スタディ。 Nutr J. 2010年; 9:44。
  68. Spector TDの、Calommeの氏はカルシウム/ビタミンD3に付加物として、等コリン安定させたorthosilicic酸の補足SHアンダーソンosteopenic女性の骨の形成のマーカーを刺激する: ランダム化された、偽薬制御の試験。 BMC Musculoskelet Disord。 2008年; 6月11日; 9:85.
  69. Scorei R、Cimpoiasu VMのIordachescu D.のカルシウムfructoborateの酸化防止活動の生体外の評価。 Biolの跡Elem Res。 11月2005日; 107(2): 127-34。
  70. Seymour GJ、フォードPJ、Cullinan MP、Leishman S、歯周の伝染と全身の病気間のYamazaki K. Relationship。 Clin Microbiolは感染する。 10月2007日; 13のSuppl 4:3-10。
  71. アスコルビン酸のRuizラモスM、VargasのLA、等補足およびアルファ トコフェロールは年配者に酸化圧力につながる骨の損失を防ぐことに有用である。 J Nutrの健康の老化。 6月2010日; 14(6): 467-72。
  72. Dhanwal DK、Dennison EM、Harvey NCのC. Epidemiology情報通のひびのたる製造人: 世界的で地理的な変化。 インドJ Orthop。 1月2011日; 45(1): 15-22。
  73. 金SHのロビンソンのKA、Saldanha I、アントンB、Ladenson PW。 臨床検討: 米国の内分泌および新陳代謝の無秩序の流行そして発生: 広範囲の評価。 J Clin Endocrinol Metab。 6月2009日; 94(6): 1853-78。
  74. 骨粗しょう症のフェラーリS.の人類遺伝学。 最もよいPract Res Clin Endocrinol Metab。 10月2008日; 22(5): 723-35。
  75. Vibert D、A Sans、Kompis Mの等osteoporoticラットのotoconiaの超微細構造的な変更。 Audiol Neurootol。 2008;13(5):293-301.
  76. Sioka C、Fotopoulos A、Georgiou A、Xourgia X、Papadopoulos A、Kalef-Ezra JA。 menarcheの年齢、月経閉止期の年齢および骨粗しょう症のための危険率として豊饒の持続期間。 Climacteric。 2月2010日; 13(1): 63-71。
  77. 、SH、Jeong金JY SH、Choi Koo JW、金HJ、金JS。 独特の温和な定位置眩暈のOsteopeniaそして骨粗しょう症。 神経学。 3月2009日24日; 72(12): 1069-76。
  78. Vibert D、Kompis Mの老女のHausler R. Benignののparoxysmal定位置眩暈は骨粗しょう症およびosteopeniaと関連しているかもしれない。 アンOtol Rhinol Laryngol。 10月2003日; 112(10): 885-9。
  79. El Maghraoui AのガージーM、Gassim Sの健康なモロッコの人の骨粗しょう症の危険率。 BMC Musculoskelet Disord。 7月2010日5日; 11:148。
  80. Bredella MA、Torriani M、肥満のpremenopausal女性の骨のミネラル密度のGhomi RHの等決定要因。 骨4月2011日1日; 48(4): 748-54。
  81. 金HY、Choe JW、金HK、等新陳代謝シンドローム間の否定的な連合および人の韓国人の骨のミネラル密度、特に。 CalcifのティッシュInt。 5月2010日; 86(5): 350-8。
  82. Vermeer Cの剪断機MJ、Zittermann A、等。 不足を越えて: 骨および管の健康のためのビタミンKの高められた取入口の潜在的な利点。 Eur J Nutr。 12月2004日; 43(6): 325-35。
  83. proinflammatory cytokine IL-6のKiecolt-Glaser JK、説教者KJ、MacCallum RC、等慢性の圧力および年齢関連の増加。 Proc国民のAcad Sci米国。 7月2003日22日; 100(15): 9090-5。
  84. カプラン ジュニア、ManuckのSB。 卵巣の機能障害、圧力および病気: 霊長目の連続。 ILAR J. 2004年; 45(2): 89-115。
  85. ベルガSL、Loucks TL。 圧力誘発のanovulationの診断そして処置。 Minerva Ginecol。 2月2005日; 57(1): 45-54。
  86. Bab I、Yirmiya R. Depression、選択的なセロトニンのreuptakeの抑制剤および骨粗しょう症。 Curr Osteoporos Rep。 12月2010日; 8(4): 185-91。
  87. Diem SJ、Blackwell TL、石造りKL、等。 抗鬱剤の使用および老女の情報通の骨の損失の率: osteoporoticひびの調査。 アーチのインターンMed。 6月2007日25日; 167(12): 1240-5。
  88. Haney EM、Chan BK、老人による選択的なセロトニンのreuptakeの抑制剤の使用を用いる低い骨のミネラル密度のDiem SJの等連合。 アーチのインターンMed。 6月2007日25日; 167(12): 1246-51。
  89. Ofotokun I、Weitzmann MN。 HIV-1伝染および抗レトロ ウイルス療法: 骨粗しょう症および骨折のための危険率。 Curr Opin Endocrinolの糖尿病Obes。 12月2010日; 17(6): 523-9。
  90. Mehler PS、Cleary BS、Gaudiani JL。 無食欲症のnervosaの骨粗しょう症。 Disordを食べなさい。 3月2011日; 19(2): 194-202。
  91. Ewertz M、Jensen AB。 リハビリテーションのための乳癌の処置そして潜在性の遅い効果。 アクタOncol。 2月2011日; 50(2): 187-93。
  92. Lim JSの金のSB、強打HY、Cheon GJ、リーJI。 胃切除術に従がって胃の腺癌を持つ患者の骨粗しょう症の高い流行。 世界J Gastroenterol。 12月2007日28日; 13(48): 6492-7。
  93. Kanis JA、ヨハンソンH、Oden A、McCloskey EV。 ひびの危険の査定。 Eur J Radiol。 9月2009日; 71(3): 392-7。
  94. Tsuang YH、日曜日JSの陳のLT、日曜日SC、陳SC. osteoblastic細胞の新陳代謝に対するカフェインの直接的な効果: 骨粗しょう症の形成に対するカフェインの可能な原因の効果。 J Orthop Surg Res。 2006;1:7.
  95. Tucker KL、Morita K、Qiao Nの等コーラ、しかし他の炭酸飲料は老女の低い骨のミネラル密度と、関連付けられない: Framinghamの骨粗しょう症の調査。 AM J Clin Nutr。 10月2006日; 84(4): 936-42。
  96. Matsui T、Yokoyama A、広範囲の生活様式の修正プログラムのMatsushita Sの等オスの重い酒飲みの骨密度に対する効果。 アルコールClin Exp. Res。 5月2010日; 34(5): 869-75。
  97. Deruelle P、Coulon C。 妊娠の低分子量のヘパリンの使用--金庫はいかにそれらであるか。 Curr Opin Obstet Gynecol。 12月2007日; 19(6): 573-7。
  98. 歩行者J。 骨粗しょう症の管理に於いての看護婦の役割。 Br J Nurs。 10月2010日11月28日10; 19(19): 1243-7。
  99. Azagra R、Roca G、スペインの人口の10年のもろさのひびの絶対危険のEncabo Gの等予言: スペインのWHO FRAX用具の確認。 BMC Musculoskelet Disord。 2011;12:30.
  100. Katzman WB、Vittinghoff E、Ensrud K、黒いDM、Kado DM。 増加するkyphosisはより古いコミュニティ住居の女性の移動性を悪化させることを予測する: 将来のグループ調査。 J AM Geriatr Soc。 1月2011日; 59(1): 96-100。
  101. サントスL、Romeu JC、Canhão H、等。 absorptiometry二重エネルギーX線が付いているモデルおよび大腿部の首のTスコアの相互個々の生物的可変性の分析を改造する骨の量的な比較。 J Biomech。 12月2010日; 43(16): 3150-5。
  102. McGovern FJ、Fallon MA、Schoenfeld D、Kantoff PW、Finkelstein JS、スミス氏。 前立腺の癌腫のホルモンnaïveの人の低い骨のミネラル密度。 蟹座。 6月2001日15日; 91(12): 2238-45。
  103. 発生のGueldnerのSH、Britton GR、Madhavan G、等Ultrasonometricの側面図を描くことおよび田園女性の骨粗しょう症の危険。 Jの女性の老化すること。 2008;20(1-2):21-30.
  104. Salaffi F、Silveri F、Stancati A、Grassi W. Developmentおよび低い骨密度を持つために女性の同一証明を多分促進する骨粗しょう症のprescreeningの危険性評価(オペラ)用具の確認。 Clin Rheumatol。 6月2005日; 24(3): 203-11。
  105. ペレーズCastrillon JL、Sagredo MG、Conde R、del Pino-Montes Jは、de Luis D. OSTの危険の索引およびcalcaneus骨粗しょう症の診断のデンシトメトリーの骨を抜く。 J Clin Densitom。 2007日10月12月; 10(4): 404-7。
  106. Sveinsdóttir H、Olafsson RF。 女性の健康の初めの調査の影響でホルモン補充療法への女性の態度。 JのADV Nurs。 6月2006日; 54(5): 572-84。
  107. Archer DF。 ティッシュ選択的なエストロゲンの複合体: menopausal徴候の広範囲管理のための有望な選択。 薬剤の老化すること。 7月2010日1日; 27(7): 533-44。
  108. Silverman SL。 開発の新しく選択的なエストロゲンの受容器の変調器(SERMs)。 Curr Osteoporos Rep。 9月2010日; 8(3): 151-3。
  109. Ko SS、ヨルダンVC。 raloxifeneを持つpostmenopausal女性の侵略的な乳癌の危険の骨粗しょう症そして減少の処置。 専門家Opin Pharmacother。 3月2011日; 12(4): 657-74。
  110. 新生成SERMとしてOhta H. Bazedoxifene。 Clinカルシウム。 1月2011日; 21(1): 34-42。
  111. 人のTracz MJ、Sideras K、Boloña ER、等テストステロンの使用および骨の健康に対する効果。 ランダム化された偽薬制御の試験の組織的検討そしてメタ分析。 J Clin Endocrinol Metab。 6月2006日; 91(6): 2011-6年。
  112. Isidori AM、Giannetta E、Greco EA、ボディ構成に対するテストステロンの効果、中年の人の骨の新陳代謝および血清の脂質のプロフィール: メタ分析。 Clin Endocrinol (Oxf)。 9月2005日; 63(3): 280-93。
  113. Rhoden EL、監視のためのテストステロン取り替えの療法そして推薦のMorgentaler A. Risks。 NイギリスJ Med。 1月2004日29日; 350(5): 482-92。
  114. 逆さまにMorgentaler A. Turningの一般の通念: 低い血清のテストステロンおよび危険度が高い前立腺癌。 蟹座。 3月2011日1.日。
  115. ドレークMT、Cremers SC. 骨の病気のBisphosphonateの治療法: osteoclast阻止の堅く、柔らかいデータ。 Interv Molの。 6月2010日; 10(3): 141-52。
  116. Karabulut AB、Gul M、Karabulut E、Kiran TR、Ocak SG、Otlu O. Oxidantおよびウサギのレバーの酸化防止活動はzoledronic酸と扱った。 移植Proc。 11月2010日; 42(9): 3820-2。
  117. Enjuanes A、Ruiz-Gaspa SのPeris P、等。 区別された第一次人間のosteoblastsのOPG/RANKLシステムに対するalendronateの効果。 内分泌。 4月2010日; 37(2): 322-8。
  118. Katsumi H、Kusamori K、Sakane T、山元町A. [骨粗しょう症の処置のためのbisphosphonatesの伝達システムの開発]。 Yakugaku Zasshi。 9月2010日; 130(9): 1129-33。
  119. Sedghizadeh PP、スタンリーK、Caligiuri M、等顎のosteonecrosisの口頭bisphosphonateの使用および流行: 制度上の照会。 J AMの凹みAssoc。 1月2009日; 140(1): 61-6。
  120. Miranda J. Osteoporosisの薬剤は深刻な中心の不整脈問題のために危険を高める。 提示2008年10月28日箱2008年の。
  121. 緑J、Czanner G、Reeves G、ワトソンJ、食道、胃およびcolorectumの癌の賢いL、Beral V. Oralのbisphosphonatesおよび危険: イギリスの初期治療のグループ内の場合制御の分析。 BMJ. 2010年; 341: c4444.
  122. Plosker GLのMcTavish D. Intranasalのsalcatonin (サーモンピンクのカルシトニン)。 postmenopausal骨粗しょう症の管理に於いての病理学の特性そして役割の検討。 薬剤の老化すること。 5月1996日; 8(5): 378-400。
  123. Henriksen K、湾Jensen AC、Christiansen C、Karsdal MA。 口頭サーモンピンクのカルシトニン--骨粗しょう症の薬理学。 専門家のOpin Biol Ther。 11月2010日; 10(11): 1617-29。
  124. Chanda D、Kumar Sの大人の骨のPonnazhagan S. Therapeuticの潜在性は骨組の病気のmesenchymal幹細胞を髄得た。 Jの細胞Biochem。 10月2010日1日; 111(2): 249-57。
  125. Centeno CJ、Busse D、Kisiday J、Keohan C、フリーマンMのpercutaneously植え付けられた、autologous mesenchymal幹細胞を使用して退化的な接合箇所病気のKarli D. Increasedの膝の軟骨の容積。 苦痛の医者。 2008日5月6月; 11(3): 343-53。
  126. リーK、金H、金JMはosteoblastおよびosteoclast形成の促進によって、等人間によって脂肪質得られる幹細胞の全身の移植骨修理を刺激する。 Jの細胞Med Molの。 10月2011日; 15(10):2082-94.
  127. zurのNieden NI。 osteo退化的な病気のためのES細胞。 方法Mol Biol。 2011;690:1-30.
  128. Nishibe A、Morimoto S、Hirota K、と。 Al [年配およびpostmenopausal女性の腰神経椎骨のエストリオルおよび骨のミネラル密度の効果]。 日本Ronen Igakkai Zasshi。 5月1996日; 33(5): 353-9。
  129. Nozaki M、橋本K、Inoue Yと。 postmenopausal女性の骨の損失の処置のためのエストリオルのAlの実用性。 日本Sanka Fujinka Gakkai Zasshi。 2月1996日; 48(2): 83-8。
  130. Kika G、Izumi Sの等ホルモン補充療法として口頭エストリオルの有利な面: 骨および脂質新陳代謝の考察。 東海J Exp. Clin Med。 9月2009日: 34(2): 92-98.
  131. Weiss EP、Shah K、Fontana Lの等高齢者のDehydroepiandrosteroneの取り替え療法: 1- そして骨に対する2-y効果。 AM J Clin Nutr。 5月2009日; 89(5): 1459-67。 Epub 3月2009日25日。
  132. 高齢者の骨のミネラル密度、骨のマーカーおよびボディ構成に対するdehydroepiandrosteroneの補足のフォンMuhlen Dの等効果: 夜明けの試験。 Osteoporos Int。 5月2008日; 19(5): 699-707。 Epub 12月2007日15日。
  133. Morabito N、Crisafulli A、Vergara C、等早いpostmenopausal女性の骨の損失に対するgenisteinおよびホルモン取り替え療法の効果: ランダム化された二重盲目の偽薬制御の調査。 Jは抗夫Resの骨を抜く。 10月2002日; 17(10): 1904-12年。
  134. アンダーソンJJ、アンソニーMS、Cline JMのWashburn SA、穀倉SC. menopausal女性のための大豆のイソフラボンの健康の潜在性。 公衆衛生Nutr。 12月1999日; 2(4): 489-504。
  135. Harkness LS、Fiedler K、Sehgal AR、Oravec Dのpostmenopausal女性の大豆のイソフラボンの補足のLerner E. Decreasedの骨の再吸収。 Jレディース健康(Larchmt)。 11月2004日; 13(9): 1000-7。
  136. 老人および女性のニュートンKM、LaCroix AZ、徴税L、等大豆蛋白および骨のミネラル密度: ランダム化された試験。 Maturitas。 10月2006日20日; 55(3): 270-7。
  137. 織工CMのマーティンのBR、ジャクソンGSの等phytoestrogenの補足のAntiresorptiveの効果は(41)カリフォルニアの方法を使用しているpostmenopausal女性のestradiolかrisedronateと比較した。 J Clin Endocrinol Metab。 10月2009日; 94(10): 3798-805。
  138. Sehmisch S、Erren M、Kolios L、等イソフラボンのequolの効果およびラットのosteopeniaの骨の質のgenisteinは模倣する。 Phytother Res。 6月2010日; 24のSuppl 2: S168-74.
  139. Sehmisch S、Uffenorde J、Maehlmeyer S、等骨の質の評価およびosteoporoticマウスの量--genisteinおよびequolの効果。 Phytomedicine。 5月2010日; 17(6): 424-30。
  140. リーYB、リーHJ、ovariectomizedラットの骨の損失に対するイソフラボンのエキスの予防の効果の金KSの等評価。 Biosci Biotechnol Biochem。 5月2004日; 68(5): 1040-5。
  141. Ji G、ヤンQ、Hao J、等高脂肪の食事療法によって引き起こされる非アルコールsteatohepatitisのラットに対するgenisteinの炎症抑制の効果および潜在的なメカニズム。 Int Immunopharmacol。 2月2011日12日。
  142. postmenopausal骨の損失のためのgenisteinのaglyconeのMarini H、Bitto A、Altavilla D、等胸の安全そして効力: フォローアップ。 J Clin Endocrinol Metab。 12月2008日; 93(12): 4787-96。
  143. Pavese JMの農夫RL、Bergan RC。 genisteinによる癌細胞の侵入そして転移の阻止。 蟹座の転移のRev. 9月2010日; 29(3): 465-82。
  144. Uesugi T、福井Yのpostmenopausal日本の女性の骨の新陳代謝および血清の脂質に対する大豆のイソフラボンの補足のYamori Y. Beneficialのの効果: 4週間の調査。 J AM Coll Nutr。 4月2002日; 21(2): 97-102。
  145. Atteritano M、Mazzaferro Sのosteopenic postmenopausal女性の量的な超音波変数そして骨のミネラル密度に対するFrisina A、等Genisteinの効果。 Osteoporos Int。 11月2009日; 20(11): 1947-54年。
  146. Sogabe N、丸山町RのババO、Hosoi T、長期ビタミンKのGoseki-Sone M. Effects (1) (phylloquinone)またはビタミンK (2) (ラットのボディ構成および血清変数のmenaquinone-4)補足。 骨。 2月2011日2.日。
  147. Rejnmark L、Vestergaard P、チャールズP、等。 perimenopausal女性の骨のミネラル密度そしてひびの危険に対するビタミンK1の取入口の効果無し。 Osteoporos Int。 2006;17(8):1122-32.
  148. Okura T、Kurata M、Enomoto Dの等Undercarboxylatedのosteocalcinは必要な高血圧の患者のcarotid石灰化のbiomarkerである。 腎臓の血の出版物Res。 2010;33(1):66-71.
  149. Morishita M、長島町M、Wauke K、Takahashi HのTakenouchi K. Osteoclastの単独でビタミンK2のまたは慢性関節リウマチの患者のetidronateかrisedronateを伴って抑制的な効果: 2年の結果。 J Rheumatol。 3月2008日; 35(3): 407-13。
  150. Binkley N、Harke J、Krueger Dの等ビタミンKの処置はundercarboxylated osteocalcinを減らすが、健康なpostmenopausal北アメリカの女性の骨の転換、密度、または幾何学を変えない。 Jは抗夫Resの骨を抜く。 6月2009日; 24(6): 983-91。
  151. Koitaya N、Ezaki J、低い線量のビタミンK2 (MK-4)の補足のNishimuta Mの等postmenopausal日本の女性の生物索引に対する効果。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 2月2009日; 55(1): 15-21。
  152. Bunyaratavej N、Kittimanon N、Jitivirai TのTongthongthip B.の骨粗しょう症のためのMK4の強く推奨された線量。 タイJ Med Assoc。 9月2009日; 92 Suppl5: S4-6.
  153. 佐藤Y、ホンダY、ビタミンDの不足の年配のメスのパーキンソン病の患者のmenatetrenoneによる骨粗しょう症のKaji Mの等改善。 骨。 7月2002日; 31(1): 114-8。
  154. Yasui T、Miyatani Y、ビタミンK2の処置のTomita Jの等早いpostmenopausal女性のosteocalcinのカルボキシル化に対する効果。 Gynecol Endocrinol。 8月2006日; 22(8): 455-9。
  155. Shiraki MのItabashi A. Short-termのmenatetrenone療法はpostmenopausal骨粗しょう症の骨の転換の適当な増加を用いるosteocalcinのガンマ カルボキシル化を高める: ランダム化された前向き研究。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2009;27(3):333-40.
  156. Knapen MH、Schurgers LJのVermeer C. Vitamin K2の補足はpostmenopausal女性の情報通の骨の幾何学そして骨の強さ索引を改善する。 Osteoporos Int。 7月2007日; 18(7): 963-72。
  157. Hirao M、橋本J、Ando W、Ono T、血清の吉川町H. Responseはalendronateの単独療法にcarboxylated、osteocalcinをundercarboxylated、そしてpostmenopausal女性のビタミンK2と療法を結合した。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2008;26(3):260-4.
  158. Reese AM、Farnett LEのライオンのRM、等anticoagulation制御を増加する低線量のビタミンK。 Pharmacotherapy。 2005;25(12):1746-51.
  159. Atkins Gの等ビタミンKはyカルボキシル化依存したによって鉱化、転移osteoblastにosteocyte、およびanticatabolic表現型をおよび-独立したメカニズム促進する。 AM J Physiolの細胞Physiol 297 12月2009日Vol.いいえ6 C1358-C1367
  160. Rubinacci A. Expanding骨のビタミンKの機能スペクトル。 焦点: 「ビタミンK osteocyteの転移に鉱化、osteoblast、およびyカルボキシル化依存したによって反異化作用の表現型をおよび-独立したメカニズム」は促進する。 AM J Physiolの細胞Physiol 297 12月2009日Vol.いいえ6 C1336-C1338
  161. Holick MF。 骨粗しょう症の防止そして処置のための最適のビタミンDの状態。 薬剤の老化すること。 2007;24(12):1017-29.
  162. Holick MF。 ビタミンDの不足。 NイギリスJ Med。 7月2007日19日; 357(3): 266-81。
  163. Celik C、Altunkan S、Yildirim MO、postmenopausal女性の減らされた骨ミネラル密度と潜在性のアテローム性動脈硬化間のAkyuz M. Relationship。 Climacteric。 6月2010日; 13(3): 254-8。
  164. 非osteoporotic病気のTremollieres F、Ribot C. Boneのミネラル密度そして予言。 Maturitas。 4月2010日; 65(4): 348-51。
  165. ビタミンDの補足および活動的な形態とのBischoffフェラーリHA、ドーソン ヒューズB、StaehelinのHB、等落下防止: ランダム化された管理された試験のメタ分析。 BMJ. 2009年; 339: b3692.
  166. Pfeifer M、Begerow B、Minne HW、等落下に対する長期ビタミンDおよびカルシウム補足の効果およびコミュニティ住居のより古い個人の筋肉機能の変数。 Osteoporos Int。 2月2009日; 20(2): 315-22。
  167. Janssen HC、Samson MM、Verhaar HJ。 ビタミンのD不十分なメスの老人の患者の筋肉強さそして移動性: ビタミンDおよびカルシウム補足のランダム化された管理された試験。 老化Clin Exp. Res。 2月2010日; 22(1): 78-84。
  168. BischoffフェラーリHA。 骨粗しょう症の管理のビタミンDの線量を選ぶ方法。 Osteoporos Int。 4月2007日; 18(4): 401-7。
  169. Aloia JF、Patel M、Dimaano Rの等望ましい血清25-hydroxyvitamin Dの集中を達成するビタミンDの取入口。 AM J Clin Nutr。 6月2008日; 87(6): 1952-8年。
  170. ドーソン ヒューズB、Heaney RP、最適のビタミンDの状態のHolick MFの等見積もり。 Osteoporos Int。 7月2005日; 16(7): 713-6。
  171. Heaney RPのArmasのLA、Sharyジュニア、ビタミンD3の25ヒドロキシル化: さまざまな入力の下の循環のビタミンD3への関係は調節する。 AM J Clin Nutr。 6月2008日; 87(6): 1738-42。
  172. ビタミンDについてのFaloon W. Startling Findingsは生命延長メンバーで水平になる。 生命延長雑誌。 1月2010日; 7-14。
  173. 花輪のCF、フランスのCB、Baggerly LL、Heaney RP。 範囲のビタミンDの補足の線量および血清25-hydroxyvitamin dは癌防止と関連付けた。 抗癌性Res。 2月2011日; 31(2): 607-11。
  174. Straub DA。 臨床練習のカルシウム補足: 形態、線量および徴候の検討。 Nutr Clin Pract。 6月2007日; 22(3): 286-96。
  175. 健康な大人の人のカルシウムの激しい経口投与による骨の再吸収のOrtolani S、Scotti A、Cherubini R. Rapidのの抑制および副甲状腺のホルモンの分泌。 J Endocrinolは投資する。 4月2003日; 26(4): 353-8。
  176. Nordinはある。 32の骨の損失に対するカルシウム補足の効果はpostmenopausal女性の試験を制御した。 Osteoporos Int。 12月2009日; 20(12): 2135-43。
  177. Spangler MのフィリップスBB、ロスMB、Moores KG。 osteoporoticひびの危険を減らすpostmenopausal女性のカルシウム補足。 AM Jの健康Syst Pharm。 2月2011日15日; 68(4): 309-18。
  178. Fonseca JE。 ストロンチウムのranelateとの形成を支持する骨の転換のバランスをとり直すこと: 骨の強さのための含意。 リウマチ学(オックスフォード)。 7月2008日; 47のSuppl 4: iv17-19.
  179. Hamdy NA。 ストロンチウムのranelateは骨粗しょう症の骨のmicroarchitectureを改善する。 リウマチ学(オックスフォード)。 10月2009日; 48のSuppl 4: iv9-13.
  180. 後menopausal骨粗しょう症のPrzedlacki J. Strontiumのranelate。 Endokrynolポール。 2011日1月2月; 62(1): 65-72。
  181. Delannoy P、Bazot D、Marie PJ。 ストロンチウムのranelateとの長期処置はマウスの有害な効果なしで脊椎の骨の固まりを高める。 新陳代謝。 2002;51:906–911.
  182. Cesareo R、Napolitano Cのpostmenopausal骨粗しょう症の処置のIozzino M. Strontiumのranelate: 批判的に評価すること。 Int Jレディース健康。 8月2010日9日; 2:1-6。
  183. Meunier PJのルーC、Seeman E、等。 postmenopausal骨粗しょう症の女性の脊椎のひびの危険に対するストロンチウムのranelateの効果。 NイギリスJ Med。 1月2004日29日; 350(5): 459-68。
  184. Reginster JY、Felsenberg Dのpostmenopausal骨粗しょう症のnonvertebralおよび脊椎のひびの危険に対する長期ストロンチウムのranelateの処置のBoonen Sの等効果: 5年の、ランダム化された、偽薬制御の試験の結果。 関節炎のRheum。 6月2008日; 58(6): 1687-95。
  185. Reginster JY、Seeman E、De Vernejoul MC、等(2005年)。 「ストロンチウムのranelateは骨粗しょう症のpostmenopausal女性のnonvertebralひびの危険を減らす: 周辺骨粗しょう症(TROPOS)の調査の処置」。 J Clin Endorinol Metab 90 (5): 2816–22.
  186. Fisch C、Attia M、Dargent Fの等新しいantiosteoporotic薬剤のストロンチウムのranelateのgastrooesophageal許容のPreclinical査定: 猿のendoscopic調査。 基本的なClin Pharmacol Toxicol。 5月2006日; 98(5): 442-6
  187. Cortet B。 骨粗しょう症のための治療法としてストロンチウムの使用。 Curr Osteoporos Rep。 3月2011日; 9(1): 25-30.
  188. Le Merlouette M、Adamski H、Dinulescu Mの等ストロンチウムのranelate誘発の服シンドローム。 アンDermatol Venereol。 2月2011日; 138(2): 124-28。
  189. 高岡S、山口T、Yano S、等。 カルシウム感知の受容器(車)はストロンチウムのranelate誘発のosteoblastの微分および鉱化にかかわる。 Horm Metab Res。 8月2010日; 42(9): 627-31。
  190. ニールセンSP、Bärenholdt O、Bärenholdt-Schiøler Cの等骨のストロンチウムの非侵襲的な測定。 J Clin Densitom。 2004;7(3):262-8.
  191. Emsley、ジョンの要素、第3版、Clarendonの出版物、オックスフォード1998年
  192. ニールセンSP、Slosman D、Sorensenオハイオ州、と。 骨absorptiometry二重X線によるミネラル密度および骨のミネラル内容の測定のストロンチウムのAlの影響。J Clin Densitom。 1999冬; 2(4): 371-9。
  193. Barbagallo MのBelvedere M、ドミンガスLJ。 マグネシウムのホメオスタティスおよび老化。 Magnes Res。 12月2009日; 22(4): 235-46。
  194. Sojka 1995年
  195. Volpe SLの先を細くすることLJ、Meacham S。 ほう素とマグネシウムの状態間の関係と人間の骨のミネラル密度: 検討。 Magnes Res。 9月1993日; 6(3): 291-6。
  196. Scorei RIのRotaru P. Calcium Fructoborate潜在性の炎症抑制の代理店。 Biolの跡Elem Res。 1月2011日28日。 [印刷物に先んじるEpub]
  197. ニールセンFH。 多分骨の形成そして維持に影響を与えるほう素とマグネシウム間の関係の調査。 Magnesの跡Elem。 1990;9(2):61-9.
  198. Xu P、Hu WB、郡野X、等[ラットのretinoic酸誘発の骨粗しょう症に対する食餌療法のほう素の補足の治療上の効果]。 ナンの牙イKe Da Xue Xue Bao。 12月2006日; 26(12): 1785-8。
  199. Calomme M、Geusens P、Demeester Nの等コリン安定させたorthosilicic酸と補われる老化させたovariectomizedラットの長期大腿部の骨の損失の部分的な防止。 CalcifのティッシュInt。 4月2006日; 78(4):227-32.
  200. 金MH、Bae YJ、Choi MKの等ケイ素の補足は骨の再吸収の減少によってカルシウム不十分なovariectomizedラットの骨ミネラル密度を改善する。 Biolの跡Elem Res。 6月2009日; 128(3): 239-47。
  201. Ailinger RL、Braun MA、Lasus H、骨粗しょう症の知識に影響を及ぼしているWhitt K. Factors: コミュニティ調査。 Jのコミュニティ健康Nurs。 2005落下; 22(3): 135-42。
  202. DP、Inc.のファイルのデータ。
  203. Zinnuroglu M、Dincelように、Kosova F、Sepici V、Karatas GK。 遊離基および酸化防止活動のpostmenopausal骨粗しょう症の患者の続く6ヶ月のrisedronateの処置の将来の評価。 Rheumatol Int。 1月2011日8.日。
  204. Mehat MZ、モハメドN、ShuidムハマドN、Soelaiman。 正常なオスのラットの静的な、動的骨のhistomorphometry変数に対するビタミンEの異性体の補足の有利な効果。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 9月2010日; 28(5): 503-9。
  205. Chuin A、Labonte M、酸化防止剤のTessier Dの等効果は年配の女性のBMDの抵抗の訓練に結合した: パイロット・スタディ。 Osteoporos Int。 7月2009日; 20(7): 1253-8。
  206. Sugiura M、Nakamura M、Ogawa K、等酸化防止ビタミンおよびカロチノイドの取入口の食餌療法パターンは骨のミネラル密度と関連付けた: 後menopausal日本の女性の主題からの調査結果。 Osteoporos Int。 1月2011日; 22(1): 143-52。
  207. ホールSL、Greendale GA。 ミネラル密度の骨を抜く食餌療法のビタミンCの取入口の関係: PEPIからの結果は調査する。 CalcifのティッシュInt。 9月1998日; 63(3): 183-9。
  208. Gabbay KH、Bohren KMのMorello R、ベルタンT、劉JのVogel P. Ascorbateの統合の細道: 骨ホメオスタティスに於いてのアスコルビン酸塩の二重役割。 J Biol Chem。 6月2010日18日; 285(25): 19510-20。
  209. 、Mehat Z、ShuidモハメドN、ムハマドN、Soelaiman。 ビタミンEは正常なオスのラットの骨の同化行為を表わす。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 3月2010日; 28(2): 149-56。
  210. Ima-Nirwana S、dexamethasoneと取り替えられる副腎摘出の手術をされたラットのボディ構成および骨カルシウム内容に対するトコフェロールおよびtocotrienolsのSuhaniza S. Effects。 J Medの食糧。 2004ばね; 7(1): 45-51。
  211. アーデンNK、Wootton SA、等三重TM、魚油および酸化防止剤はクローン病の単核の細胞の循環の構成そして機能を変える。 AM J Clin Nutr。 11月2004日; 80(5): 1137-44。
  212. Fernandes G、Bhattacharya A、ラーマンMのアメフリノキK、自己免疫および骨粗しょう症に対するn-3脂肪酸のBanu J. Effects。 前部Biosci。 2008;13:4015-20.
  213. Maggio M、Artoni A、Lauretani F、等。 骨粗しょう症のオメガ3の脂肪酸の影響。 Curr Pharm Des。 2009;15(36):4157-64.
  214. 澱粉EK、キールDP、Roubenoff R、等魚の取入口の保護効果および高齢者の情報通の骨のミネラル密度に対する長い鎖のpolyunsaturated脂肪酸の取入口の相互効果: Framinghamの骨粗しょう症の調査。 AM J Clin Nutr。 3月2011日2.日。
  215. 日曜日L、Tamaki H、魚油DHAによって限られた滋養分によるIshimaru T、等骨粗しょう症の阻止およびEPAおよびエゴマはラットで油をさす。 Biosci Biotechnol Biochem。 12月2004日; 68(12): 2613-5。
  216. 区私達、Fonseca D. Soyのイソフラボンおよび脂肪酸: マウスでpostovariectomy骨のティッシュに対する効果。 食糧MolのNutrのRes。 7月2007日; 51(7): 824-31。
  217. Matsushita HのバリオJAのシアバターJE、ミラーSC. 食餌療法の魚油は老化させたovariectomizedラットのより大きい骨の固まりそして骨の形成索引で起因する。 Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2008;26(3):241-7.
  218. Salari P、Rezaie A、Larijani B、Abdollahi M。 骨の健康および骨粗しょう症のn-3脂肪酸の影響の組織的検討。 Med Sci Monit。 3月2008日; 14(3): RA37-44.
  219. Sacco SM、江JM、レーザ ローペッツS、Ma DW、トムソンLUの区私達。 低線量のエストロゲン療法と結合される亜麻仁はovariectomizedラットの骨のティッシュを維持する。 月経閉止期。 2009日5月6月; 16(3): 545-54。
  220. ラーマンMM、Bhattacharya A、Banu J、Kang JXのFernandes G. Endogenous n-3の脂肪酸はosteoclastogenesisの減少によってovariectomyによって引き起こされる骨の損失を保護する。 Jの細胞Med Molの。 8月2009日; 13 (8B): 1833-44。
  221. ラーマンMM、Bhattacharya AのFernandes G. Docosahexaenoicの酸はeicosapentaenoic酸より未加工細胞264.7個のosteoclast微分の有効な抑制剤である。 Jの細胞Physiol。 1月2008日; 214(1): 201-9。
  222. Kruger MC、Coetzer H、de Winter R、Gericke G、van Papendorp DH。 老年性の骨粗しょう症のカルシウム、ガンマ リノレン酸およびeicosapentaenoic酸の補足。 老化すること(ミラノ)。 10月1998日; 10(5): 385-94。
  223. Salari Sharif P、Asalforoush M、Ameri F、Larijani B、Abdollahi M。 イランのpostmenopausal osteoporotic女性の骨のbiomarkersに対するn-3脂肪酸の効果: ランダム化された臨床試験。 年齢(Dordr)。 6月2010日; 32(2): 179-86。
  224. Shishodia S、Sethi GのAggarwalのBB。 クルクミン: 根へ戻ること。 アンN Y Acad Sci。 11月2005日; 1056:206-17。
  225. Oh S、Kyung TW、Choi HS。 クルクミンは骨髄のstromal細胞の核要因kappaB配位子(RANKL)の減少した受容器の活性剤によってosteoclastogenesisを禁じる。 細胞Molの。 11月2008日30日; 26(5): 486-9。
  226. ヤンMWのWangのTH、沿PPの等クルクミンは骨のmicroarchitectureを改善し、APP/PS1 transgenicマウスのミネラル密度を高める。 Phytomedicine。 1月2011日15日; 18 (2-3): 205-13。
  227. フランスDL、Muir JMのWebberのセリウム。 postmenopausal骨粗しょう症のovariectomized、成長したラット モデル: クルクミンの骨の控え目な効果の査定。 Phytomedicine。 12月2008日; 15(12): 1069-78。
  228. osteoclastsの反対者としてresveratrolのアナログのKupisiewicz K、Boissy P、Abdallah BM、等潜在性およびosteoblastsの促進者。 CalcifのティッシュInt。 11月2010日; 87(5): 437-49。
  229. ピアソンKJ、Baur JA、ルイスKNの等Resveratrolは年齢関連の悪化を遅らせ、延長寿命なしで食餌療法の制限のtranscriptional面をまねる。 細胞Metab。 8月2008日; 8(2): 157-68。
  230. 歌LHの鍋W、Yu YH、Quarles LD、Zhou HH、シャオZS。 ResveratrolはER/NO/cGMPの細道によってマウスの骨によって髄得られるmesenchymal幹細胞の拡散そしてosteoblastic微分のCsAの阻止を防ぐ。 Toxicol生体外で。 9月2006日; 20(6): 915-22。
  231. Backesjo CM、李Y、Lindgren UのHaldosenのLA。 Sirt1の活発化はmesenchymal幹細胞のosteoblastの微分の間にadipocyteの形成を減らす。 細胞のティッシュ器官。 2009;189(1-4):93-7.
  232. ShakibaeiはM、Buhrmann Cのp300のMobasheriのA.によってResveratrol仲介されるSIRT-1相互作用NF- \{Κ} BシグナリングのNF- {Κ} Bの配位子(RANKL)の活発化の受容器の活性剤を調整し、骨得られた細胞のOsteoclastogenesisを禁じる。 J Biol Chem。 4月2011日1日; 286(13): 11492-505。
  233. 彼はROSの生産の阻止によってX、Andersson G、Lindgren U、李Y. Resveratrolネズミ科のosteoclast祖先の未加工細胞264.7個のRANKL誘発のosteoclast微分を防ぐ。 Biochem Biophys Res Commun。 10月2010日22日; 401(3): 356-62。
  234. 劉ZP、李WX、PolygonumのcuspidatumからのTRANS resveratrolのYu Bの等ovariectomizedラットを使用して骨の損失に対する効果は模倣する。 J Medの食糧。 2005ばね; 8(1): 14-9。
  235. ブーツAW、Haenen GRのケルセチンの靭皮繊維A.の健康に対する影響: 酸化防止からnutraceuticalへの。 Eur J Pharmacol。 5月2008日13日; 585 (2-3): 325-37。
  236. Wattel A、カメルS、Prouillet Cの等フラボノイドのケルセチンはNFのΚ BおよびAP-1を含むメカニズムによってRANKLによって引き起こされるosteoclastic微分を減らす。 Jの細胞Biochem。 5月2004日15日; 92(2): 285-95。
  237. ヤンYJ、ヤンZL、Wang DC、シャオXC、李P. [osteoblastの細胞の新陳代謝に対するルチンおよびケルセチンの効果の比較研究]。 Zhong矢尾CAI。 5月2006日; 29(5): 467-70。
  238. 自然発生するフラボノール ケルセチンのProuillet C、Maziere JC、Maziere C、Wattel A、ブレジャM、カメルS. Stimulatoryの効果およびERKおよびエストロゲンの受容器の細道によるMG-63人間のosteoblastsのアルカリ ホスファターゼの活動のkaempferol。 Biochem Pharmacol。 4月2004日1日; 67(7): 1307-13。
  239. Inoue J、Choi JM、Yoshidomi T、Yashiro T、佐藤R. QuercetinはCaco-2細胞のターゲット遺伝子発現の刺激をもたらすVDRの活動を高める。 J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 2010;56(5):326-30.
  240. Horcajada-Molteni MN、Crespy V、Coxam V、Davicco MJ、Remesy C、Barlet JP。 ルチンはラットのovariectomy誘発のosteopeniaを禁じる。 Jは抗夫Resの骨を抜く。 11月2000日; 15(11): 2251-8。
  241. 李H、宮原町T、Tezuka Y、等。 骨の再吸収に対するkampoのforulaeの効果生体外でそして生体内で。 II。 berberineの詳しい調査。 Biol Pharm Bull。 4月1999日; 22(4): 391-6。
  242. 李B、朱WL、陳KX。 berberineおよび派生物の調査の前進。 矢尾Xue Xue Bao。 8月2008日; 43(8): 773-87。
  243. 李H、宮原町T、Tezuka Y、Tran QL、Seto H、老年性の骨粗しょう症モデルとしてSAMP6の骨のミネラル密度に対するberberineのKadota S. Effect。 Biol Pharm Bull。 1月2003日; 26(1): 110-1。
  244. リーHW、Suh JH、金HN、等Berberineはp38 MAPKのRunx2活発化によってosteoblastの微分を促進する。 Jは抗夫Resの骨を抜く。 8月2008日; 23(8): 1227-37。
  245. Xu D、ヤンW、Zhou C、劉Yのラットのglucocorticoid誘発の骨粗しょう症に対するberberineのXu B. Preventiveの効果。 Planta Med。 11月2010日; 76(16): 1809-13。
  246. Kondo K. Beerおよび健康: 生活様式関連の病気に対するビール部品の予防の効果。 Biofactors。 2004;22(1-4):303-10.
  247. ホツプ得られたphytoestrogensによるosteoblastic表現型そして遺伝子発現のEffenberger KE、Johnsen SA、モンローDG、等規則。 JのステロイドBiochem Mol Biol。 9月2005日; 96(5): 387-99。
  248. スティーヴンスJFのページJE。 ホツプおよびビールからのXanthohumolそして関連のprenylflavonoids: あなたの健康に! Phytochemistry。 5月2004日; 65(10): 1317-30。