生命延長スキン ケアの販売

器官の移植の参照

病気の防止および処置の 第5版

このページの参照は病気の防止および処置の第5 版の印刷物版と対応する。 私達が新しい科学的な開発に応じて絶えず議定書をオンラインで更新するので、読者は議定書の 最新バージョンを見直すように励まされる

  1. HRSA (健康資源およびサービス管理; U.S. 健康及び人間サービスの部門)。 OPTN/SRTRの年報。 (2008年現在のデータ)アクセスされた10/14/2010。
  2. Malhotra P 等。 移植の拒絶の免疫学。 emedicine.medscape.com。 アクセスされた10/14/2010。
  3. Hanidziar DおよびKoulmanda M. Inflammationおよび移植の拒絶および許容のTregそしてTh17細胞のバランス。 Curr Opinの移植。 8月2010日; 15(4): 411-5。
  4. 歩行者LS。 自己免疫の糖尿病の自然なTreg: すべての現在および正しいか。 専門家のOpin Biol Ther。 11月2008日; 8(11): 1691-703。
  5. Demirkiran A 等。 レバー移植の激しい拒絶の後の低い循環の規定するT細胞のレベル。 レバーTranspl。 2月2006日; 12(2): 277-84。
  6. Kimura Aおよび岸本町T. IL-6: Treg/Th17バランスの調整装置。 Eur J Immunol。 7月2010日; 40(7): 1830-5。
  7. Sikora E 等。 クルクミン、発火、老化および年齢関連の病気。 Immunの老化。 1月2010日17日; 7(1): 1。
  8. Jurrmann N 等。 クルクミンはネズミ科のthymoma EL-4の細胞のIL-1受容器準のキナーゼの募集のイラク禁止によってinterleukin1 (IL-1)シグナリングを妨げる。 J Nutr。 8月2005日; 135(8): 1859-64。
  9. 金W 等。 食餌療法のクルクミンおよびリモニンはマウスのCD4+のT細胞拡散そしてinterleukin2の生産を抑制する。 J Nutr。 5月2009日; 139(5): 1042-8。
  10. チャンQY 等。 [慢性のnonbacterial前立腺炎のラットのTNFアルファ、IL-6およびIL-8の表現に対するクルクミンの効果を減らす] ZhonghuaナンKe Xue。 2010a 1月; 16(1): 84-8。
  11. Xie L 等。 IL-17生産の阻止によるクルクミンの処置による実験自己免疫の脳脊髄炎の改善。 Int Immunopharmacol。 5月2009日; 9(5): 575-81。
  12. Chueh SCの クルクミンはラットの心臓同種移植片と混合されたリンパ球の反作用のcyclosporineのimmunosuppressive活動を高める。 移植Proc。 6月2003日; 35(4): 1603-5。
  13. 住関連の供給の 腎臓の 移植のクルクミン誘発のimmunosuppressionのBharti AC等臨床関連性: 生体外の分析。 Exp. Clinの移植。 6月2010日; 8(2): 161-71。
  14. Tirkey Nの クルクミン、diferuloylmethaneは、ラットの腎臓のcyclosporine誘発の腎臓の機能障害そして酸化圧力を減少させる。 BMC Pharmacol。 10月2005日15日; 5:15。
  15. たる製造人のAL 等。 熱に対する食餌療法の魚油の補足および人間のボランティアのcytokineの生産の効果。 Clin Nutr。 12月1993日; 12(6): 321-8。
  16. Manzoni J 等。 人間に対する非経口的な魚油の脂質の乳剤の炎症抑制の効果は単核の白血球を活動化させた。 Nutr Hosp。 2009日5月6月; 24(3): 288-96。
  17. Wang J 等。 腸IL-15表現への食餌療法n-3 polyunsaturated脂肪酸の抑制的な効果はTCRalphabeta+CD8alpha+CD8beta腸のintraepithelialリンパ球の減少と関連付けられる。 J Nutr Biochem。 7月2008日; 19(7): 475-81。
  18. Muurling M 等。 魚油の食事療法はApoE-3*Leidenのマウスの減らされた脂肪組織のTNFアルファ蛋白質の集中にもかかわらずインシュリン抵抗性を逆転させない。 J Nutr。 11月2003日; 133(11): 3350-5。
  19. Fleischhauer FJ 等。 魚油は心臓移植の受け手の内皮依存した冠状vasodilationを改善する。 J AM Coll Cardiol。 3月1993日15日; 21(4): 982-9。
  20. Homan van der Hide JJ 等。 腎臓機能に対する魚油との食餌療法の補足の効果およびcyclosporine扱われた腎臓の移植の受け手の早いpostoperative拒絶のエピソードのコース。 移植。 8月1992日; 54(2): 257-63。
  21. 歌手P 等。 非経口的な魚油の腎臓の効果は中心打つ臓器提供者および腎臓移植の受け手に管理した: 許容調査。 Clin Nutr。 8月2004日; 23(4): 597-603。
  22. Kun Z 食餌療法のオメガ3のpolyunsaturated脂肪酸はgranzyme B、小さい腸の移植の慢性の拒絶のラット モデルのperforinおよび陽イオン独立したマンノースの6 phosphate/insulinそっくりの成長因子の受容器の表現を禁じることができる。 JPEN J Parenter Enteral Nutr。 2008日1月2月; 32(1): 12-7。
  23. Krauss-Etschmann S 等。 妊婦の魚油の補足の後の減らされた臍帯血IL-4、IL-13およびCCR4および増加されたTGFベータ レベル。 JのアレルギーClin Immunol。 2月2008日; 121(2): 464-470.e6.
  24. Shakibaei M 等。 Resveratrolはcaspase-3のIL-1ベータ誘発の刺激および人間のarticular chondrocytesのPARPの開裂を生体外で禁じる。 アンN Y Acad Sci。 1月2007日; 1095:554-63。
  25. Yu ES 等。 Tのヘルパー細胞のケルセチンによるIL-2そしてIFNgammaの抑制の規定するメカニズム。 Biochem Pharmacol。 7月2008日1日; 76(1): 70-8。
  26. Wung BS 等。 Resveratrolはendothelial細胞のIL 6誘発ICAM-1遺伝子発現を抑制する: STAT3リン酸化の阻止に対する効果。 生命Sci。 12月2005日12日; 78(4): 389-97。
  27. Leiro JM 等。 ポリフェノールのresveratrolの炎症抑制の活動は腫瘍の壊死の要因アルファ(TNFアルファ)の前mRNA接続の阻止と部分的に関連しているかもしれない。 Immunol Molの。 2月2010日; 47(5): 1114-20。
  28. ウーSL 等。 resveratrolによって引き起こされるラットのレバー移植モデルの同種移植片のリンパ球のApoptosis。 Pharmacol Res。 7月2006日; 54(1): 19-23。
  29. Hsieh YHの Resveratrolは虚血- reperfusion誘発の白血球-をendothelial細胞の付着力の相互作用減少させ、MHCの障壁を渡る同種移植片の存続を延長する。 Circ J. 3月2007日; 71(3): 423-8。
  30. 等例えばde Mejia。 茶のBioactive部品: 癌、発火および行動。 頭脳Behav Immun。 8月2009日; 23(6): 721-31。
  31. 荷車引きDS 等。 Epigallocatechin 3没食子酸塩、緑によって茶得られるポリフェノールは、IL-1培養された呼吸の上皮細胞のベータ依存したproinflammatory信号のtransductionを禁じる。 J Nutr。 5月2004日; 134(5): 1039-44。
  32. ウーD 等。 緑茶EGCGはIL-2/IL-2受容器シグナリングの減損によってT細胞拡散を抑制する。 自由なRadic Biol Med。 9月2009日1日; 47(5): 636-43。
  33. Hosokawa Y 等。 茶ポリフェノールは腫瘍壊死要因superfamilyによって14刺激される人間のgingival繊維芽細胞のIL-6生産を禁じる。 食糧MolのNutrのRes。 7月2010日; 54のSuppl 2: S151-8.
  34. 元GJ 等。 茶ポリフェノールはiNOSおよびTNFアルファの表現を禁じ、ラットのlipopolysaccharide誘発のレバー傷害を防ぐ。 Hepatobiliary Pancreat Dis Int。 5月2006日; 5(2): 262-7。
  35. Morris ST 等。 cyclosporineで維持される腎臓の移植の受け手のEndothelial機能障害。 腎臓Int。 3月2000日; 57(3): 1100-6。
  36. Ardalanの氏 等。 紅茶は腎臓の移植の受け手のendothelial機能を改善する。 移植Proc。 5月2007日; 39(4): 1139-42。
  37. Ying B 等。 ケルセチンはMAPKの細道によって肺の上皮細胞ラインA549のIL-1ベータ誘発ICAM-1表現を禁じる。 Rep MolのBiol。 9月2009日; 36(7): 1825-32。
  38. Yu Y 等。 [ネズミ科Tのリンパ球の活発化、拡散およびcytokineの表現に対するresveratrolの効果] XI Bao YuのフェンZi MianイXue Za Zhi。 11月2005日; 21(6): 697-9、703。
  39. 劉J 等。 LP刺激された好中球によるIL-6生産に対するケルセチンの抑制的な効果。 細胞のImmunol Molの。 12月2005日; 2(6): 455-60。
  40. Karlsen A 等。 BilberryジュースはCVDの高められた危険で主題のNFkappaB関連炎症性マーカーの血しょう集中を調整する。 Eur J Nutr。 9月2010日; 49(6): 345-55。
  41. Ruiz PA 等。 ケルセチンはネズミ科の腸の上皮細胞のproinflammatory遺伝子の促進者にTNF誘発NFkappaBトランスクリプション要因募集を禁じる。 J Nutr。 5月2007日; 137(5): 1208-15。
  42. Zを等 Mostafavi注ぎなさい。 cyclosporineの誘発の酸化圧力に対するケルセチンおよびビタミンEおよびラットのhepatotoxicityの組合せの保護効果。 Hepatol Res。 4月2008日; 38(4): 385-92。
  43. Hushmendy S 等。 選り抜きphytochemicalsは人間のTリンパ球および自己免疫および移植の使用を提案するマウスのsplenocytesを抑制する。 Nutr Res。 8月2009日; 29(8): 568-78。
  44. Spolidorio LC 等。 1,25のビタミンDおよびカルシトニンとの断続的な療法はラットのcyclosporin誘発の歯槽の骨の損失を防ぐ。 CalcifのティッシュInt。 9月2010日; 87(3): 236-45。
  45. チャンAB 等。 リンパ球拡散生体外でおよびラットのレバーallotransplantationsに対するcalcitriolおよびcyclosporine Aの強い付加的な効果生体内で。 Chin Med J (イギリス)。 12月2006日20日; 119(24): 2090-5年。
  46. Zittermann A 等。 心臓移植の受け手のCalcitriolの不足そして1年の死亡率。 移植。 1月2009日15日; 87(1): 118-24。
  47. Maのアルファ 封鎖 HLは等腫瘍壊死要因Tregの細胞のTh17機能そして減少した拡張を高めることによってネズミ科の乾癬そっくりの病気を悪化させる。 関節炎のRheum。 2月2010日; 62(2): 430-40。
  48. Afzali B 等。 人間の臓器の移植および自己免疫疾患に於いてのTの助手17 (Th17)および規定するT細胞(Treg)の役割。 Clin Exp. Immunol。 4月2007日; 148(1): 32-46。
  49. チャンWは 突然変異体TGF-beta1/Fcの管理を結合し、rapamycinは規定するT細胞および小島の同種移植片の許容の誘導を促進する。 J Immunol。 2010b 10月15日; 185(8): 4750-9。
  50. レバーの CD4 (+) CD25 (高い) Foxp3 (+) T細胞の開発の免疫抑制剤の儲Zの等影響は受け手を移植する。 移植Proc。 9月2010日; 42(7): 2599-601。
  51. 公園MK 等。 ブドウの種のProanthocyanidinのエキス(GSPE)は特異的に規定する自己免疫の関節炎のFoxp3 (+)およびIL-17 (+)病原性のあるT細胞を調整する。 Immunol Lett。 10月2010日5.日。
  52. McGuireそう 等。 ブルーベリーのエキスとの食餌療法の補足は移植されたドーパミン ニューロンの存続を改善する。 Nutr Neurosci。 2006日10月12月; 9 (5-6): 251-8。
  53. Vandergheynst A 等。 肺移植の受け手で夜の幹線高血圧そして非浸ることの高い流行。 アクタCardiol。 8月2010日; 65(4): 395-400。
  54. Vrochides D 等。 再vascularization後レバー移植の受け手の肝臓動脈の血栓症は接木の存続を高めるように。 Hippokratia。 4月2010日; 14(2): 115-8。
  55. Connolly GM 等。 高いホモシステインは腎臓の移植の受け手の将来のグループの全原因の死亡率の予言者である。 Nephron Clin Pract。 2010年; 114(1): c5-11.
  56. folate、 ビタミンB6 および腎臓の移植の受け手のホモシステインの集中に対するビタミンB12の取入口およびMTHFR C677Tの多形のBiselli PMの等効果。 移植Proc。 12月2007日; 39(10): 3163-5。
  57. Marcuzzi R 等。 ビタミンの補足はhyperhomocysteinemic腎臓移植の受け手のアテローム性動脈硬化の進行を減らす。 移植。 5月2003日15日; 75(9): 1551-5。
  58. Winkelmayer WC 等。 MTHFR 1793G>Aおよび腎臓の移植の受け手の血しょう総ホモシステイン、folateおよびビタミンB間の連合。 腎臓Int。 5月2005日; 67(5): 1980-5年。
  59. Yilmaz H 等。 冠動脈疾患の患者の血しょうホモシステインのレベルそしてendothelial機能に対する葉酸およびN acetylcysteineの効果。 アクタCardiol。 12月2007日; 62(6): 579-85。
  60. Bucuvalas JC 等。 小児科のレバー移植の受け手に対するプロスタグランジンE1およびN acetylcysteineとの処置の効果: 単一中心の調査。 Pediatrの移植。 8月2001日; 5(4): 274-8。
  61. RymarzはN acetylcysteine 等静脈内の管理血しょう腎臓の移植の受け手の総ホモシステインのレベルを減らす。 アンの移植。 2009日10月12月; 14(4): 5-9。
  62. cyclosporine誘発のnephrotoxicity に対する N acetylcysteineのDuru Mの等保護効果。 Renの失敗。 2008;30(4):453-9.
  63. Hulten LMは hydroxytolueneをブチル化し、N acetylcysteineは人間の肺移植の受け手からの歯槽の大食細胞の腫瘍の壊死の要因アルファ(TNFアルファ)の分泌そしてTNFアルファmRNAの表現を生体外で減少させる。 移植。 8月1998日15日; 66(3): 364-9。
  64. AJ Flammer 等。 暗いチョコレートは冠状vasomotionを改善し、血小板の反応を減らす。 循環。 11月2007日20日; 116(21): 2376-82。
  65. de Nigris Fの ザクロ ジュースは人間の冠状endothelial細胞のendothelial一酸化窒素のシンターゼの酸化させた低密度脂蛋白質のdownregulationを減らす。 一酸化窒素。 11月2006日; 15(3): 259-63。
  66. Pari Lおよびラットのレバーのcyclosporineの誘発の酸化損傷に対するellagic酸のSivasankari R. Effect。 Fundam Clin Pharmacol。 8月2008日; 22(4): 395-401。
  67. Dlugosz腎臓の 移植の 受け手の等酸化圧力および補酵素Q10の補足。 Int Urol Nephrol。 2004;36(2):253-8.
  68. cyclosporine Aからのアザチオプリンの 処置 へのvan den Dorpel MAの等転換は腎臓の移植の受け手のLDLの酸化を改善する。 腎臓Int。 5月1997日; 51(5): 1608-12。
  69. 牙JC 等。 移植準の動脈硬化の進行に対するビタミンCおよびEの効果: ランダム化された試験。 尖頭アーチ。 3月2002日30日; 359(9312): 1108-13。
  70. ウィリアムスMJ 等。 ビタミンCは腎臓の同種移植片の受け手のendothelial機能障害を改善する。 Nephrolのダイヤルの移植。 6月2001日; 16(6): 1251-5。
  71. de Arriba G 等。 ビタミンEはLLC-PK1細胞でcyclosporin Aによって与えられるミトコンドリアの損害から保護する。 Toxicol Appl Pharmacol。 9月2009日15日; 239(3): 241-50。
  72. calcineurinの抑制剤 に対する 口頭ビタミンEおよびC療法の湖KDの等効果は心臓移植の受け手で水平になる。 Jの心肺の移植。 8月2005日; 24(8): 990-4。
  73. Ou ZJの Lアルギニンはendothelial一酸化窒素のシンターゼつながれた活動を元通りにし、ラットのmonocrotaline誘発の肺動脈の高血圧を減少させる。 AM J Physiol Endocrinol Metab。 6月2010日; 298(6): E1131-9.
  74. Orea Tejeda A 等。 維持された放出の一部分との心不全の患者のendothelial機能に対するLアルギニンおよびシトルリンの効果。 Cardiol J. 2010年; 17(5): 464-70。
  75. Doutreleau Sの Lアルギニン補足は心臓移植の後で練習容量を改善する。 AM J Clin Nutr。 5月2010日; 91(5): 1261-7。
  76. HollenbeakのCS 等。 結果に対する外科場所の伝染およびレバー移植の後の資源の利用の効果。 外科。 8月2001日; 130(2): 388-95。
  77. Cainelli FおよびVento S. Infectionsおよび固体移植の拒絶: 原因および効果関係か。 尖頭アーチはDisを感染させる。 9月2002日; 2(9): 539-49。
  78. 乳酸桿菌そして 繊維 のRayes Nの等早くenteral供給対選択的な腸の除去: レバー移植の受け手の管理された試験。 移植。 7月2002日15日; 74(1): 123-7。
  79. 前および probiotics のRayes Nの等供給はレバー移植の後で細菌感染率を減らす--ランダム化された、二重盲目の試験。 AM Jの移植。 1月2005日; 5(1): 125-30。
  80. 腎臓の 移植患者 のMazzaferro Sの等イオン化された総血清のマグネシウム。 J Nephrol。 2002日5月6月; 15(3): 275-80。
  81. Holzmacher Rの 低い血清のマグネシウムは慢性のcyclosporinのnephrotoxicityの患者の減らされた接木の存続と関連付けられる。 Nephrolのダイヤルの移植。 7月2005日; 20(7): 1456-62。
  82. Gupta BKの マグネシウムの過多療法はhypomagnesemic腎臓の移植の受け手の脂質新陳代謝を改良した: パイロット・スタディ。 移植。 6月1999日15日; 67(11): 1485-7。
  83. グレープフルーツ ジュース Hermann Mの等取入口は腎臓の移植の受け手のcyclosporin Aの新陳代謝パターンを変える。 Int J Clin Pharmacol Ther。 10月2002日; 40(10): 451-6。
  84. cyclosporin Aの pharmacokinetics のBauer Sの等変化および腎臓の移植患者のオトギリソウとの処置の間の新陳代謝。 Br J Clin Pharmacol。 2月2003日; 55(2): 203-11。
  85. レバー 移植の 人口のサプリメントのNeffギガワットの等消費。 レバーTranspl。 7月2004日; 10(7): 881-5。