生命延長ばねのクリアランス セール

概要

ビタミンDの概観

ビタミンDは脂肪質溶けるビタミン記述されているが、ボディのホルモンとして実際に作用する。 皮で作り出され、血に骨に影響を与えることを解放する。 その主関数は血のカルシウムのレベルを維持することである。 ボディがそれを必要とする、この「ビタミン」はボディ ホルモン、エストロゲンおよびコーチゾンと密接に構造的に関連しているとき活動的なビタミンD3を作り出す副甲状腺を搭載するフィードバック システムがあり。 それは太陽への皮露出によるボディによって製造することができるので必要な栄養素として分類されない。 またcalciferolと呼ばれるビタミンDに、ステロールの(コレステロールそっくりの)物質である複数のビタミンの変形がある。 ビタミンD2、か活動化させたそれゆえにcalciferolは、プロビタミンD. Vitamin D3の主要で総合的な形態である、またはcholecalciferolは魚レバー オイルの動物に、主にある。 これらは25-hydroxycholecalciferolおよび1、25-dihydroxylcholecalciferolのビタミンDの活動的な形態を循環している専攻学生にレバーおよび腎臓で変えられる。

ビタミンDは人間の皮で時太陽の光線の紫外線と接触して製造される。 日光は7デヒドロコレステリンとレバーか腎臓に移り、活動的なビタミンDに変えられるcholecalciferolを形作るために相互に作用している。 冬季、雲、スモッグおよび暗く彩色された皮はボディのビタミンDの生産を減らす。 ビタミンDは皮、頭脳、脾臓および骨で貯えられ、骨粗しょう症を防ぐ; 増加の骨の強さ; 増加カルシウム吸収が乾癬を扱うのに使用され。

カルシウム新陳代謝を越えて、ビタミンDはボディの骨の正常な石灰化を助け、鉱物リンおよびマグネシウムの利用に影響を及ぼす。 他の鉱物とともにカルシウム、リンおよびマグネシウムは、私達の骨を構成する。 ビタミンD3の助けは腸からカルシウム、腎臓からの減少排泄物の吸収を、刺激するカルシウムのreabsorptionを高め、骨、助けからのリンは歯にカルシウムおよびリンの正常な血レベルを維持するためにそれら、および助けを入れた。 ビタミンDの不足はくる病(子供で)および骨軟化症(大人で) –で骨の強さの骨そして弱まることで沈殿するカルシウムの減らされたレベルによって特徴付けられる起因する。 それはまた骨粗しょう症を防ぐのを助ける。

食餌療法の源: プロビタミンDは動物食糧に主にある。 サバ、サケ、サーディンおよびニシンのような油性魚が、ように、D3、か「自然な」ビタミンDはA両方の従来の源であり、D.に卵黄、バターおよびレバーDがある魚レバー オイルに、ある。 植物食糧はDでかなり低い、従って日光への十分な露出を得ない厳格な菜食主義者がビタミンDの十分な量を得ないことを意味する。

適量: ビタミンDのためのRDAは1日あたりの400のIUである。

副作用: ビタミンDは脂肪質溶けるビタミンであるので、ボディで延長された一定期間の大量服用で取られたら貯えられ、有毒なレベルに達する潜在性がある。 1000IU (毎日の価値ほぼ3倍の)上の取入口により悪心、下痢、皮膚発疹、頭痛、筋肉弱さ、カルシウム沈殿物および腎臓結石を引き起こすことができる。 多くの権限によって最も可能性としては有毒なビタミンであることを考慮する。

(源: www.supplementwatch.com)

研究の概観

ビタミンDの研究は次を示す:
1. ボディのカルシウム レベルを維持する
2. 癌の危険性を減らす
3. 制御前立腺癌
4. 前立腺癌の死亡率を減らす
5. 血圧を減らす
6. 糖尿病患者の血ブドウ糖のレベルを改良する
7. ブドウ糖の不寛容を改善する
8. 慢性関節リウマチを改善する
9. 多発性硬化の徴候を改善できる
10. ビタミンDの不足はインシュリンの分泌および行為に影響を与える
11. 一般群衆のひびを防ぐよろしいです
12. postmenopausal女性のひびを防ぐ
13. 情報通のひびを防ぐ
14. 大腸癌の危険を減らす
15. 正常な胎児の成長に必要である
16. 増加の骨密度
17. タイプIの糖尿病の危険を減らす
18. 虚血誘発の悩障害を防ぐ
19. 5月の助けは炎症性腸疾患を防ぐ
20. 5月の助けは心循環器疾患を防ぐ
21. hyperparathyroidismのための処置はある
22. 乳癌の細胞の死に貢献する
23. くる病を防ぐ
24. 乾癬のための処置はある
25. 歯の保持を促進する
26. 増加の免疫機能
27. 御馳走季節的で情緒的な無秩序
28. 御馳走アクネ
29. 御馳走ichythyoses
30. 御馳走皮膚癌

ビタミンDの概要 (266)

ビタミンDの参照 (414)