生命延長血液検査の極度の販売

概要

Vinpocetin: 38の研究の概要

Neuroprotection 1. Ideggyogy Sz。 5月2003日20日; 56 (5-6): 166-72。 vinpocetineのAsymptomatic ischemic cerebrovascular無秩序そしてneuroprotection。 神経学および精神医学、完全なSt. NaumのHadjiev D. University Hospital。 Javorov、B-1504ブルガリア、ソフィア、bl。 21. A. dimiter_hadjiev@hotmail.com

asymptomatic ischemic cerebrovascular無秩序(AICVD)はcerebrovascular病気の早い明示である。 それはcerebrovascular循環のまたはasymptomatic cerebrovascular無秩序として別名潜伏不十分である。 最近、非侵襲的に検出される言葉の潜在性の病気はアメリカの中心連合によってもたらされた。 診断は次の規準に基づいている: 管の危険率の証拠; 焦点大脳の徴候のない一時的な無指定の不平; neuropsychologicalテストによって検出される穏やかな認識欠損; carotid ultrasonographyは頻繁にintimal中間の厚化、atheroscleroticプラクおよびcarotid狭窄症を示す; CTおよびMRIは時折無声大脳の梗塞形成、白質のhyperintensitiesまたは大脳の萎縮を明らかにする; ischemic境界の上の地方hypoperfusionはまたrCBFの測定によって見られる。 管の危険率を変更し、neuroprotective代理店を使用するAICVDの処置はcerebrovascular無秩序によって引き起こされるischemic打撃および認識低下の第一次防止の礎石べきである。 Vinpocetineはischemic滝のさまざまな段階と干渉するためにあった: 電圧に敏感なNaのATPの枯渇、活発化(+) -およびカリフォルニア(++) -チャネル、グルタミン酸塩および遊離基は解放する。 電圧に敏感なNa (+) -チャネルの阻止はvinpocetineのneuroprotective効果に特に関連するようである。 薬剤の顕著な酸化防止活動はまたneuroprotectionに貢献できる。 霊長目および人のペット調査は11Cによって分類されるvinpocetineが血頭脳の障壁を急速に渡すことを示した。 混合物の異質頭脳の配分はthalamus、大脳基底核、occipital、頭頂および一時的な皮質の認識機能と密接に関連している地域で主に観察された。 ペットは慢性のischemic thalamus、大脳基底核および第一次視覚野のrCBFおよびブドウ糖の新陳代謝に対するvinpocetineの打撃の患者によって明らかにされる好ましい効果で調査する。 それはcerebrovascular病気のこの初期の処置のための利点、AICVDの多数のメカニズムに影響を与えるvinpocetineであることができるようである。 Vinpocetineはまたischemic打撃の危険度が高いで患者の予防するneuroprotectionへ新しい治療上のアプローチになるかもしれない。

2. Vinpocetinはラットの大脳皮質Erdo S.L.の第一次文化のexcitotoxic細胞死から保護する; Ninのsheng C.; Wolff J.R.; 神経化学、解剖学、ゲオルグ8月大学、36 Kreuzbergring、D 3400 GottingenドイツのEURの連邦共和国の部門の接吻B. Laboratory。 J. PHARMACOL。 (ネザーランド)、1990年、187/3 (551 553)

グルタミン酸塩および関連excitotoxinsと扱われたcerebrocortical文化に対するvinpocetinの保護効果、頭脳の低酸素症/虚血に有用な薬剤は臨床的に生体外で検査された。 細胞死の範囲は培養基に損なわれた細胞から解放された乳酸デヒドロゲナーゼの活動の測定によって量を示された。 Vinpocetinは薬剤がexcitatoryアミノ酸の受容器に耐えるcerebrocortical細胞の直接保護作用を出すことを示すNメチルDのアスパラギン酸塩、quisqualateおよびkainateによって引き起こされた細胞死から部分的に皮層の細胞を保護した。

Cerebrovascular不十分/病気

3. Orv Hetil。 2月2001日25日; 142(8): 383-9。 [大脳のhypoperfusion] [ハンガリー語の記事によって引き起こされる]慢性無秩序のvinpocetineの使用Horvath S. Pest Megyei Onkormanyzat FlorフェレンツKorhaza、Kistarcsa、Neurologiai Osztaly。

いわゆる「cerebrovascular不十分」または「大脳の管の機能障害」の臨床印にそして徴候に慢性の大脳のhypoperfusionのそれらの特徴がある。 慢性の大脳のhypoperfusionの臨床特徴は頻繁に認識減損および有機性psychosyndromesの徴候を示す。 大脳のhypoperfusionは別の起源(subcortical arteriosclerotic leucoencephalopathy [Binswanger]、管痴呆、アルツハイマー病、等)のの痴呆で見つけることができる。 頻繁に制限される慢性の大脳のhypoperfusionによって引き起こされる白質へのだけ病理学変更(demyelisation、glial活発化、oligodendroglial細胞の損傷は、また細胞死を分散させた)。 各療法に生化学的のの影響があり、慢性の大脳のhypoperfusionによって引き起こされる病態生理学的な変化はこれらの無秩序で理由と使用することができる。 vinpocetineの行為のメカニズムはhypoperfusionに責任がある元の変化とは関係なく慢性の大脳のhypoperfusionに、帰することができる生化学的な、病態生理学的なプロセスと多くの面で干渉している。 この事実は慢性のcerebrovascular不十分の臨床印そして徴候に対するvinpocetineの有利な効果の説明を与えるかもしれない。

4. cerebrovascular病気Burtsev E.M.のcavintonの使用と得られる10年間の経験; Savkov V.S.; Shprakh V.V.; Burtsev M.E.ソビエト社会主義共和国連邦ZH。 NEVROPATOL. PSIKHIATR. IM。 S.S. KORSAKOVA (ソビエト社会主義共和国連邦)、1992年、92/1 (56 60)

Cavintonは異なったcerebrovascular病気の967人の患者で10年間使用された。 最も高い効果は早い形態および主に慢性の形態を持つ患者で見られた: 頭脳の血液の供給の不十分のvegetovascular (neurocirculatory)ジストニー、最初の明示、第1及び第二段階のdyscirculatory脳症。 主観的な状態の改善およびvestibulocerebellar無秩序の強度の減少はそのような患者の75 85%の処置の終りまでに記録された。 ischemic頭脳の打撃では、一般的な大脳の復帰すれば焦点徴候はcavintonの管理(頭脳の脈拍の血の内容およびREGデータに従う管の調子の減少の上昇)に十分な反作用のタイプの大脳の血行力学でより急速、重要で、低張のタイプ高張と、特に、でより少なく顕著だった。 Cavintonは厳しく一般的な大脳の高血圧の危機で、また激しいcardiocerebralまたはcerebrocardialシンドロームの年配か老年性の患者で中心のリズムのマーク付きの無秩序、postinfarctionのcardioisclerosis使用される、べきではない。

5. 生れの外傷Dutov A.A.の歴史の子供の発作的なシンドロームの防止のCavinton; Goltvanitsa G.A.; Volkova V.A.; Sukhanova O.N.; Lavrishcheva T.G.; ペトロフA.P. Tsentral'naja NI Laboratorija Chitinskogo Meditsinskogo Instituta、チタ ソビエト社会主義共和国連邦ZH。 NEVROPATOL. PSIKHIATR. IM。 S.S. KORSAKOVA (ソビエト社会主義共和国連邦)、1991年、91/8 (21 22)

著者はintracranial生れの外傷による低酸素のischemic脳症との新生の神経学的な無秩序を防ぐことで有用な代理店としてcavintonの効力を調査した。 処置の短期結果は61人の子供で明瞭になった。 グループでは慣習的な療法があった6人の患者に20人を含んでIつは握りの消失記録された; 41人の子供(II)グループ27からのその上にある特定のcavinton。 29人の子供は1年間追われた。 グループではIつは4人の患者で、発作的な発作グループIIの子供に、発作的なシンドロームがフォローアップに記録されなかった一方、繰り返した。 グループIIの子供はまたintracranial高血圧の現象の減少およびpsychomotor開発の標準化を示した。 生れの外傷の歴史の子供で見られるcavintonの予防の効果はcerebrovascular無秩序を正常化する容量をと自身のanticonvulsive特性によって説明されるかもしれない。

6. 慢性の管の老年性の大脳の機能障害Balestreri R.の患者の処置のvinpocetineの安全そして効力の二重盲目の偽薬の制御評価; Fontana L.; 内科、ジェノア、ジェノア イタリアJ. AMの大学のAstengo F. Department。 GERIATR. SOC. (米国)、1987年、35/5 (425 430)

二重盲目臨床試験では、vinpocetine、apovincamineの総合的なエチル エステルは慢性の大脳の機能障害の年配の患者で効果の重要な改善に、示されていた。 42人の患者は30日、そして60日間5 mgのtid間10 mgのvinpocetineを(tid)一日に三回受け取った。 一致の偽薬のタブレットは90日間の試用期間のもう一人の42人の患者に与えられた。 vinpocetineの患者は臨床全体的な印象(CGI)のスケール、Sandozの臨床査定の老人の(SCAG)スケールおよび小型精神状態のアンケート(MMSQ)で測定を含む処置の有効性のすべての評価の一貫してよりよい記録した。 処置の薬剤と関連していた深刻な副作用がなかった。

7. 管および退化的な起源Manconi E.の大脳の不十分の処置のvinpocetineの二重盲目臨床試験; Binaghi F.; 内科、カリアリ、カリアリ イタリアCURRの大学のPitzus F. Department。 THER. RES.、CLIN。 EXP. (米国)、1986年、40/4 (702 709)

私達は二重盲目臨床試験の中枢神経系の退化的な無秩序と22人の年配の患者を、扱うのにvinpocetine、apovincamineの総合的なエチル エステルを、使用した。 患者は30日間10 mgのvinpocetine TID、そして60日間5 mg TIDを受け取った。 もう一人の18人の年配の患者は90日間の試験のための一致の偽薬のタブレットを与えられた。 Vinpocetineは臨床全体的な印象(CGI)およびSandozの臨床査定の老人の(SCAG)スケールで患者を記録した測定を含む処置の有効性のすべての評価の一貫してよりよい、および小型精神状態のアンケートを扱った。 病気のCGIの日90の日30および77%にvinpocetineのグループの患者の73%で減った査定、厳格および改善に従って幾日30および90の患者の77%そして87%で、それぞれ見られた。 患者はまた幾日30および90にすべてのSCAGの項目1つのための重要な改善を、統計的に示した。 医者は「よい」「優秀」ようにvinpocetineによって扱われた患者の59%の改善を評価した。 深刻な副作用は処置の薬剤と関連していなかった。

8. 大脳の規則および大脳の調整装置ZEREBRALEの規則ZEREBRALE REGULATOREN Braun P. Med。 Abt。、Krankenh。 ロバートKaroly Korut、ブダペスト ハンガリーTHER。 掛けられる。 (ハンガリー)、1980年、28/3 (103 110)

大脳の虚血による無秩序の疫学そして病原性のあるメカニズムは記述され、Vincaのマイナーなアルカロイドの治療上の使用は神経精神病学、耳科学および眼科学の徴候について見直される。 DevincanおよびCavintonの文献は見直される。 DevincanはCavintonは脳細胞の循環そして酸素の消費を改良するが穏やかなhypotensive行為を、ischemic病因学(主要な徴候の1)のcerebrovascular病気の処置の貴重な効果出す。

9. cerebrovascular病気のエチルapovincaminateそしてxantinolのnicotinateの効果の比較研究; 血およびCSF Vamosi B.の炭水化物の代謝物質そして電解物の集中に対する即時の薬剤の効果; Molnar L.; デーメーテールJ.; Tury F. Dept. Neurol。 Psychiat。、大学。 デブレツェンMed。 Sch。、デブレツェン ハンガリーARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1980年1984年)

任意に34人のcerebrovascular患者選ばれるエチルapovincaminate (RGH 4405、Cavinton)およびxantinolのnicotinateとの109と扱われた。 遅いi.vで与えられる薬剤の効果。 血清およびCSFの炭水化物の代謝物質そして電解物の集中の注入は観察された。 Cavintonはxantinolのnicotinateが47.1%でそうだけする間、患者の60.6%のparesisを改善した。 生化学的な変更に基づいて、それはCavintonがCNSのglycolyticおよび酸化ブドウ糖の故障を高めること完了することができる。

10. 大脳の管の不十分Hadjiev D.のエチルapovincaminateとのRheoencephalographicそして心理的な調査; Yancheva S. Inst。 Neurol。、Psychiat。 Neurosurg。、ソフィア ブルガリアARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1947 1950年)

rheoencephalogramおよびメモリ機能に対するエチルapovincaminate (RGH 4405、Cavinton)の効果は大脳の循環のischaemic妨害の50人の患者で調査された。 薬剤は単一i.vで管理された。 1か月間10 mgそして口頭で3時毎日の5 mgの線量。 大脳の循環の改善はi.vの後で観察された。 そして口頭薬物。 血の流れは灰白質で最も著しく高められた。 動脈圧に対する効果は僅かだった。 心理テストによって評価された容量の暗記の改善は徴候の緩和か完全な消失と関連付けられたCavintonの処置の1か月後に記録された。 薬剤に帰することができる副作用は観察されなかった。 Cavintonが大脳の循環のischaemic無秩序の処置で示されることが慢性の不十分で、特に指摘される。

11. 大脳の循環に対するエチルapovincaminateの効果; obliterative大脳の幹線病気Solti F.の患者の調査; Iskum M.; Czako E. Dept. Vasc。 中心Surg。、Semmelweis Med。 大学、ブダペスト ハンガリーARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1945 1947年)

大脳および全身循環に対するエチルapovincaminate (RGH 4405、Cavinton)の効果はcerebrovascular病気の10の場合で詳しく調査された。 Cavintonの10のmgの線量は4 6分内の注入として与えられた; 循環テストは薬剤および3 6分の管理前に後遂行された。 主な結果は次を示した: Cavintonで大脳の管の抵抗は強く心臓出力の大脳の一部分はかなり増加したが、減った。 それにもかかわらず薬剤幹線中間圧力の急性効果でわずかに一般に高められた大脳の血の流れ減った。 総管の抵抗はまた減ったが、大脳の管の抵抗のこの減少はより少なく登録されていたそれより印が付いていた。

12. Ideggyogy Sz。 5月2003日20日; 56 (5-6): 166-72。

vinpocetineのAsymptomatic ischemic cerebrovascular無秩序そしてneuroprotection。

Hadjiev D。

神経学および精神医学、完全なSt. Naumの大学病院。 Javorov、B-1504ブルガリア、ソフィア、bl。 21. A. dimiter_hadjiev@hotmail.com

asymptomatic ischemic cerebrovascular無秩序(AICVD)はcerebrovascular病気の早い明示である。 それはcerebrovascular循環のまたはasymptomatic cerebrovascular無秩序として別名潜伏不十分である。 最近、非侵襲的に検出される言葉の潜在性の病気はアメリカの中心連合によってもたらされた。 診断は次の規準に基づいている: 管の危険率の証拠; 焦点大脳の徴候のない一時的な無指定の不平; neuropsychologicalテストによって検出される穏やかな認識欠損; carotid ultrasonographyは頻繁にintimal中間の厚化、atheroscleroticプラクおよびcarotid狭窄症を示す; CTおよびMRIは時折無声大脳の梗塞形成、白質のhyperintensitiesまたは大脳の萎縮を明らかにする; ischemic境界の上の地方hypoperfusionはまたrCBFの測定によって見られる。 管の危険率を変更し、neuroprotective代理店を使用するAICVDの処置はcerebrovascular無秩序によって引き起こされるischemic打撃および認識低下の第一次防止の礎石べきである。 Vinpocetineはischemic滝のさまざまな段階と干渉するためにあった: 電圧に敏感なNaのATPの枯渇、活発化(+) -およびカリフォルニア(++) -チャネル、グルタミン酸塩および遊離基は解放する。 電圧に敏感なNa (+) -チャネルの阻止はvinpocetineのneuroprotective効果に特に関連するようである。 薬剤の顕著な酸化防止活動はまたneuroprotectionに貢献できる。 霊長目および人のペット調査は11Cによって分類されるvinpocetineが血頭脳の障壁を急速に渡すことを示した。 混合物の異質頭脳の配分はthalamus、大脳基底核、occipital、頭頂および一時的な皮質の認識機能と密接に関連している地域で主に観察された。 ペットは慢性のischemic thalamus、大脳基底核および第一次視覚野のrCBFおよびブドウ糖の新陳代謝に対するvinpocetineの打撃の患者によって明らかにされる好ましい効果で調査する。 それはcerebrovascular病気のこの初期の処置のための利点、AICVDの多数のメカニズムに影響を与えるvinpocetineであることができるようである。 Vinpocetineはまたischemic打撃の危険度が高いで患者の予防するneuroprotectionへ新しい治療上のアプローチになるかもしれない。

認識機能障害

13. Altern MedのRev. 6月1999日; 4(3): 144-61。 認識機能障害の統合的な管理の栄養素そしてbotanicalsの検討。 Kidd PM。

痴呆および他の厳しい認識機能障害の州は既存の医学のマネージメント戦略に圧倒されるような挑戦を提起する。 統合的で、早い介在のアプローチは保証されてようである。 、allopathic処置の選択が非常に限られている一方、効力および一般に好ましい利点に危険のプロフィールのある程度を証明した栄養および植物の療法は利用できる。 この検討は5つのそのような療法をカバーする: phosphatidylserine (PS)、アセチルlカルニチン(ALC)、vinpocetine、イチョウのbilobaのエキス(GbE)、およびBacopaのmonniera (Bacopa)。 PSは記憶を改善すること、痴呆または年齢関連の認識低下の中年および年配の主題の学習、集中、単語のリコールおよび気分のための二重盲目の試験によって認可される頭脳で富むリン脂質である。 PSに優秀な利点に危険のプロフィールがある。 ALCはまた中年のさまざまな認識機能におよび年配寄与する、であるわずかにより少なく好ましい利点に危険のプロフィールの活性化剤そして新陳代謝の補足因子。 少しタマキビのVincaの未成年者で見つけられるVinpocetineは管ベースの認識機能障害のための証明された利点が付いている優秀な血管拡張神経そして大脳の新陳代謝の増強物である。 GbEの2つのメタ分析はまったく「商品」のGbEプロダクトは少し利点を提供するが、管の不十分のための最もよい準備の提供によって限られる利点およびAlzheimerのためのさらにもっと限られた利点を示す。 GbE (およびおそらくまたvinpocetine)血薄くなる薬剤に相容れない。 Bacopaは明白な反心配、反疲労、および効果を記憶増強することと植物のAyurvedicである。 成長因子の賢い適用と共の認識機能を、多分結局元通りにするための個人化されたアプローチへのこの5つの物質の提供の興味深い貢献。

血管拡張神経

14. 循環。 11月2001日6日; 104(19): 2338-43。 ホスホジエステラーゼ1A1の表現のUpregulationは硝酸塩の許容の開発と関連付けられる。 金D、Rybalkin SD、Pi X、Wang Y、チャンC、Munzel T、Beavo JA、紀元前のBerk、薬、ロチェスター、ロチェスター、NY、米国の大学の沿C. Department。

背景: 血管拡張神経が処置が始まれば後間もなくして成長する許容によって限られると同時にニトログリセリン(NTG)の効力。 管の平滑筋細胞(guanylylのcyclaseを活動化させ、cGMPを発生させる一酸化窒素を形作るためにVSMCs)では、NTGは(いいえ) denitrated。 cGMPは細胞内カリフォルニア(2+)の集中の減少によって硝酸塩誘発のvasodilationの重要な役割を担う。 従って、硝酸塩の許容の開発のための1つの可能なメカニズムはcGMPのレベルを減らすcGMPのホスホジエステラーゼ(PDE)の高められた活動である。 方法および結果: この仮説をテストするためには、ラットは3日(10マイクログラムkg間NTGの連続的な注入によって耐久性があるようにされた(- 1)。 浸透ポンプを搭載する分(- 1) SC)。 PDEの活動の分析はカリフォルニア(2+)の高められた機能を/calmodulin (カム) - NTGの処置の後で優先的にcGMPを加水分解する刺激されたPDE (PDE1A1)示した。 カリフォルニア(2+)のための西部のしみの分析はPDE1A1がNTG耐久性があるラットの大動脈の増加された2.3折目だったことをPDEを明らかにした/CaM刺激した。 増加されたPDE1A1は相対的で量的な逆のトランスクリプション ポリメラーゼの連鎖反応によって測定されるようにmRNAのupregulationが原因だった。 PDE1特定の抑制剤のvinpocetineはそれに続くNTGの露出に部分的に耐久性があるvasculatureの感受性を元通りにした。 培養されたラット大動脈のVSMCsでは、アンギオテンシンII (Ang II)はPDE1A1活動を高め、vinpocetineはcGMPの蓄積の減少に対するAng IIの効果を妨げた。 結論: 硝酸塩耐久性がある容器のPDE1A1の誘導はvasodilationを減感されるカリフォルニア(2+) -仲介された血管収縮がsupersensitizedであるNO/cGMP仲介した1つのメカニズムであるかもしれ。 禁止PDE1A1表現や活動は硝酸塩の許容を限る新しい治療上のアプローチであることができる。

15. 頭脳の容器Plotnikov M.B.のcavintonのvasodilative行為のメカニズム; Kotov A.N. Kafedra Farmakologii、Tomskogo Meditsinskogo Instituta、トムスク ソビエト社会主義共和国連邦FARMAKOL。 TOKSIKOL. (ソビエト社会主義共和国連邦)、1983年、46/6 (36 39)

人間の中間の大脳および猫の内部顎動脈の実験はcavintonの高いvasodilative活動を示した。 薬剤のvasodilative行為のメカニズムは管の滑らかな細胞の膜の分極防止作用と細胞内のターミナルからのカルシウム動員のelectrogenicおよびchemosensitiveチャネル、抑制およびホスホジエステラーゼの活動の減少によってexocellularカルシウムの進入の阻止を含む。

16. Cavintonの新しい大脳の血管拡張神経Solti F. Inst。 Gefasschir。、Semmelweis Med。 大学、ブダペスト ハンガリーTHER。 掛けられる。 (ハンガリー)、1979年、27/1 (15 16)

VincamineのVincaの未成年者から隔離されるアルカロイドは適当な抗高血圧薬の効果をだけでなく、出すが、また大脳の血の流れc.qを高める。 かなり大脳の容器の抵抗を減らす。 物質は高血圧がある大脳の循環の無秩序の特によい結果を与える有効な大脳の血管拡張神経である。 それはvincamineの分子の化学変化によって可能いくつかの派生物を総合すること証明した。 これらの中、最も集中的な行為を用いるapovincamineの酸のethylesterであると証明されるcavinton。 動物の実験はcavintonがかなり血圧か心臓努力をことを変えないで大脳の血の流れを高めることを示した。

17. neurosurgical患者Fenyes Gyのエチルapovincaminateの血管拡張神経の効果の調査。; Tarjanyi J.; LadvanszkyのCS。 II Dept. Surg。、Med。 大学. SzegedハンガリーARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1956 1962年)

調査は一連のneurosurgical場合44で行われた。 患者は詳しく神経学的な検査およびEEGに入場の後でそして排出される前に服従した。 皮層の電気活動に対するエチルapovincaminate (RGH 4405、Cavinton)の効果は10 mgの管理の後でi.v調査された。 Cavinton。 タブレットの3時毎日の5 mgの長期コースの場合ではCavinton、制御EEG薬物の開始の後で1そして2 mthのresp。、行われた。 目の地面の容器の状態はまた点検された。 大脳の血管記録法で注意はCavinton前に造影剤で狭くなるか、または痙攣のためにいっぱいにならなかった容器に対するCavintonの効果の管の内腔そして視覚化の幅に集中された。 血管記録法の間に患者はi.vを与えられた。 生理学塩と10のmlに薄くなる10 mg Cavinton。 調査が明らかにされなくて変えるneurosurgical介在の要求をおよび不十分な大脳の循環が患者の状態の責任を負わされなければならなかった場合では10 mgかける3 Cavinton i.v。 患者が私達の部門にあった限り毎日管理された。 後これらの患者排出されて3回5にタブレットのmg Cavintonを毎日取った。 口頭Cavintonのコースの持続期間は患者の状態の改善のある程度によって決まった。 Cavintonは成功と大脳の循環が機能か有機性理由のために損なわれたら使用された。 アレルギーのhypersensitivityは非経口的なか口頭Cavintonの単一の線量または長期使用の場合の何れかに、起こらなかった。

18. エチルapovincaminate Karpati E.の概要および大脳の血行力学の活動; Szporny L. Dept. Pharmacol。、Chem。 仕事のGedeonのRichter株式会社、ブダペスト ハンガリーARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1908 1912年)

エチルapovincaminate (RGH 4405のCavinton)の全身および大脳の血行力学の効果は、新しい混合物麻酔をかけられた犬で、調査された。 混合物は管理されたi.vだった。 そして15 min.の間主張した大脳の管の抵抗の減少と一緒に伴われる大脳の血の流れの増加作り出される。 有効な線量は0.2 0.5 mg/kgだった。 中間の動脈血圧力、総周辺抵抗および心臓仕事は、心拍数減り、心臓出力は高められた。 酸素の大脳の代謝率は高められた。 混合物が大脳の新陳代謝に対する直接的な効果をもたらすことが仮定される。 RGH 4405に弱いantiarrhythmicおよび冠状膨張の活動がある。 平滑筋に対するその効果はパパバリンのそれより印を付けられて。 RGH 4405は大脳の新陳代謝を高める有効な大脳の血管拡張神経のようである。

大脳の虚血

19. 大脳の虚血Lamar J。- Cの複数のモデルのvinpocetineそしてvincamineのカルシウム反対者の活動。; Poignet H.; Beaughard M.; 薬理学のDureng G. Department、Riomの実験室Cerm、F-63203 Riom Cedexフランス

薬剤DEV。 RES. (米国)、1988年、14/3 4 (297 304)

vinpocetineおよびvincamineのカルシウム反対者(カリフォルニア)の効果の潜在的能力そして選択率(すなわち、本部対周辺管の滑らかな筋活動)は標準的なCAsのそれらと比較された: ウサギの基底およびsplenic動脈の準備のflunarizine、ベラパミル、dilitazemおよびnimodipine。 これらの物質の大脳のantiischemic活動はまた5つのよくとり上げられる生体内のモデル、トリエチル錫によって引き起こされたKCNのすなわち、hypobaricおよびnormobaric低酸素症、全体的な大脳の虚血、細胞毒素の無酸素、およびMgCl2への大脳の浮腫で評価された。 vinpocetineおよびvincamineは両方弱いカリフォルニアの活動だけ、次のとおりである潜在的能力の順序所有している: nimodipine > dilitazem > flunazine =ベラパミル> vinpocetine > vincamine、vinpocetineそしてflunarizineと、明確の示す他の混合物と対照をなして大脳の管の平滑筋のための6つから13の折目の選択率。 生体内のモデル、vinpocetineそしてflunarizineでは、vincamineとともに、最も活動的証明し、他のCAsより活動の大きいスペクトルを持っていた。 これらの結果はvinpocetineの知的に選択的なカリフォルニアの効果が最高で大脳の虚血の生体内のモデルのこの混合物の効果に部分的に責任があるただことを提案する。

20. cerebrovascular病気のpharmacotherapyで使用されるある薬剤の反低酸素の効果の調査。

Milanova D、Nikolov R、Nikolova M。

方法はExp. Clin Pharmacolを見つける。 11月1983日; 5(9): 607-12。

cerebrovascular病気のpharmacotherapyで使用された次の方法を使用してある代理店の反低酸素の効果は調査された: ラットの両側のあるcarotid ligationによる不完全な虚血、マウスのアルゴンの吸入による無酸素症の低酸素症、およびラットの亜硝酸ナトリウム(120のmg/kg s.c。)の注入によって引き起こされるhemic低酸素症。 次の薬剤は調査された: piracetam、オロト酸、centrophenoxine、ペントバルビタール、vincamine、vinpocetine、cinnarizine、aligeron、xanthinolのnicotinateおよびパパバリン。 最も顕著な反低酸素の効果は新陳代謝の代理の薬剤と主に、結合された新陳代謝およびvasoactive特性と準備に先行しているオロト酸、centrophenoxine、piracetamおよびペントバルビタールのような示されていた(vincamineおよびvinpocetine)。 主にvasoactive薬剤は不完全な虚血の無酸素症の低酸素症、しかし示されていたより顕著な効果でより少なく有効だった。

行為のメカニズム

21. vinpocetineの接吻B.の行為のメカニズム; Karpati E. Farmakologiai Kutato Kozpont、Richter Gedeon Vegyeszeti Gyar Rt。、Pf。 27のH 1475のブダペスト ハンガリーのアクタPharmaceutica Hungarica (ハンガリー)、1996年、66/5 (213 224)

Cavintonは臨床練習にcerebrovascular無秩序および関連徴候の処置のためのハンガリーの前に約20年導入された。 それ以来、有効成分、vinpocetineは、治療上の利用の側で、低酸素症および虚血によって引き起こされる認識欠損の病理学の研究の、また循環ヌクレオチドと関連している細胞および生化学的な調査の参照の混合物になった。 この検討で調査はvinpocetineと得られる実験データで与えられ、薬剤の行為のメカニズムの輪郭を描く試みは試みられる。 vinpocetineの早い実験は5つの主要な病理学および生化学的な行為を示した: (1)全身循環の変数の重要な変化のない頭脳の循環そして酸素の利用の選択的な強化、(2)低酸素症および虚血の方の頭脳の高められた許容、(3)ホスホジエステラーゼ(PDE)の酵素に対する抗てんかん薬の活動、(4)抑制的な効果および(5) thrombocytesの集合の血そして阻止の神学的な特性の改善。 さまざまな実験室のより遅い調査は上記の効果を確認し、はっきりvinpocetineが生体外および生体内の条件の下で重要な、直接neuroprotectionを提供することを示した。 neuroprotective行為のvinpocetineが電圧依存した神経Na+チャネルの操作の阻止、細胞内Ca2+のレベルの上昇始められるある分子滝の間接阻止および、それ程ではないにせよ、アデノシンのreuptakeの阻止と関連している証拠は得られた。 VinpocetineはCa2+のカルモジュリンの依存したcGMP PDEの選択的な抑制剤であるために示されていた。 この阻止が大脳の容器の減らされた抵抗および大脳の流れの増加をもたらす管の平滑筋の細胞内のGMPのレベルを高めることが仮定される。 この効果はまたneuroprotective行為に有利に貢献するかもしれない。

22. エチルapovincaminate Rosdy B.の生化学的な効果; Balazs M.; Szporny L. Dept. Pharmacol。、Chem。 仕事のGedeonのRichter株式会社、ブダペスト ハンガリーARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1923 1926年)

新しいcerebrovasodilatory代理店、エチルapovincaminate (RGH 4405、Cavinton)のあるcerebrobiochemical効果は調査された。 3'に対するbiogenicアミン、5つのhydroxyindoleの酢酸(5 HIAA)のレベル、セロトニン(5人のHT)の回転率および効果の変更、5'循環ヌクレオチドのホスホジエステラーゼ(PDE; E.C. 3.1.4.c)異なったティッシュから隔離された活動は断固としただった。 大脳の5 HIAAのレベルの不変の増加は混合物との処置、レベルが一時的に2 hr i.pに続く高められた5人のHTの後で観察された。 処置。 より遅い期間(4 6 hr処置のカテコラミンのレベルがかなり上がった後)。 5人のHTの転換は混合物によって事実上uninfluencedだった。 大脳のティッシュから隔離されたPDEの準備の活動は著しく禁じられた。 さまざまな仮説は混合物の行為の生化学的なメカニズムを説明するために提案される。

学習

23. Nootropicの薬剤はラット ベッカーA.で引き起こされた学習の欠損を燃やすことに対する異なった効果をもたらす; Grecksch G.オットー・フォン・ゲーリケ大学、医学部、Inst。 薬理学および毒物学のLeipzigerのStr、44の39120マクデブルク ドイツの病理学の研究(イギリス)、1995年、32/3 (115 122)

燃えることは人間のepileptogenesisの受け入れられたモデルを表す。 なお燃やされたラットが活動的な回避の仕事で減少された学習の性能を示すことが、示された。 私達の調査で私達は燃やされたラットにシャトル箱の対面活動的な回避の仕事の学習に対する彼らの効果をテストするために異なったnootropic薬剤を管理した。 燃えることは45のmg kg 1のpentylenetetrazol (PTZ)の繰り返された腹腔内の注入によってあらゆる48 h.一度引き起こされた。 物質のvinpocetine (0.1および1.0 mg kg 1)のmethylglucaminのorotate (225および450 mg kg 1)のpiracetam (100 mg kg 1、およびmeclofenoxate (100 mg kg 1)は学習の実験の各会議前に燃える開発の間にそして燃える完了の後で管理された。 nootropic薬剤に少しが握りの厳格に対するあらゆる効果あった。 物質の学習に対する効果に関してそれぞれは特定の方法で機能した。 Methylglucaminのorotateは燃えることによって引き起こされた学習の欠損を高めた。 Meclofenoxateは燃える刺激前に学習テスト前の管理が学習の性能を効果的に改善した一方、だった非効果的注入した。 補足の行為はvinpocetineの実験で示されていた。 piracetamだけ引き起こされた学習の欠損をそれにもかかわらず燃やすことの発生を管理のスケジュール防いだ。

24. ラットの位置のcoeruleus Gaal L.のnoradrenergicニューロンに対するvinpocetineの効果; 生物化学、病理学の研究所、GedeonのRichter株式会社の私書箱27、H 1475のブダペストの化学仕事のMolnar P. DepartmentハンガリーEUR。 J. PHARMACOL。 (ネザーランド)、1990年、187/3 (537 539)

慣習的な細胞外の単一ユニットの録音が抱水クロラールの麻酔をかけられたラットの位置のcoeruleusのnoradrenergicニューロンに対するvinpocetineの効果を調査するのに使用された。 Vinpocetineは重要の作り出し、位置のcoeruleusニューロンの発砲率の依存した増加に(ED30 = 0.75 mg/kg i.v。) 1つまでのmg/kg i.v。、活動をこれより線量でによって続かれて高く打ちつけることの完全な封鎖投薬する。 有効な線量の範囲は混合物の効果を高める記憶に相当して線量の範囲との非常に十分な一致にあった。 供給される私達の結果はvinpocetineが上昇のnoradrenergic細道の活動を高めるという電気生理学的な証拠を指示する。 この効果は混合物の認識高める特徴と関連していることができる。

25. vinpocentine、vincamineおよび常態および低酸素症に対するnicergolineの効果の比較は自発的に高血圧のラットGroo D.の学習過程を損なった; Palosi E.; GedeonのRichter株式会社の病理学の研究所、H 1475のブダペスト ハンガリーの薬剤DEVのSzporny L. Chemical Works。 RES. (米国)、1988年15/1 (75 85)

Vinpocetine ((r) Cavinton)、vincamineおよびnicergoline ((r) Sermion)は低酸素症の有害な効果から自発的に高血圧のラットの認識機能を保護する機能のために評価された。 Normobaricの低酸素症(6%の酸素)は対面活動的な回避の仕事(3つの会議、50の試験/会議)の獲得の間に応用だった。 低酸素症は日3. Vinpocetine (1.25の10のmg/kg)の50%調節された回避応答のパーセントを口頭で管理した毎日の会議前の分がかなりnormoxic条件の学習を改善しなかった60を減らした; 但し、それは引き起こされた低酸素症を防ぎ欠損(1.25 mg/kgのピーク効果の線量)を学ぶ。 混合物のための線量の応答関係は逆にされたU字型カーブである。 Vincamine (2.5の20のmg/kgのP.O.)は20のmg/kgの線量で低酸素症に対してnormoxic条件、できられた保護の下で学ぶことを促進しなかった。 Nicergoline (2.5の20のmg/kgのP.O.)はnormoxic回避の応答の獲得、およびまたそれを示した適当なantihypoxic効果を高めなかった。 Vinpocetineおよびそれほどではないにせよ大脳のischemic低酸素の状態に続く認識妨害の療法に有用なvincamineおよびnicergolineの薬剤は引き起こされた低酸素症の防止の有効証明し欠損を学ぶ。

26. Int Clin Psychopharmacol。 10月1987日; 2(4): 325-31。

認識減損に対するVinpocetineの効果はflunitrazepamによって作り出した。

Bhatti JZ、Hindmarch I。

人間の精神薬理学の研究ユニット、イギリス リーズ大学。

記憶のflunitrazepam誘発の減損に対するvinpocetine 40 mgとの前処理の効果は、8人の正常なボランティアで、調査された。 重大な明滅の融合の境界、薬剤の行為の主観的な評価と共にSternbergの記憶スキャンの仕事のテストは、使用された。 薬剤効果は適度であると見つけられた。 vinpocetineの処置は短期記憶プロセスの改善と関連付けられた。

網膜27。 網膜介入の臨床および免疫学の印およびレバーの慢性の拡散ウイルスの病気の患者とオーストラリアの抗原のキャリアSlepova O.S.の薬剤の訂正の可能性; Kushnir V.N.; Zaitseva N.S.; Titarenko Z.D.; Dumbrava V.A. Mosk。 NI Institut Glaznykh Boleznej、Minzdravmedproma RossiiのMoskvaのロシア連邦Vestnik Oftalmologii (ロシア連邦)、1994年、110/4 (27 29)

合計老化した133の主題は15から55、主要なグループ(n = 87)、肝炎のウイルスが引き起こしたレバーの慢性の拡散病気の患者追われuveitisの2つの参照のグループ、26人の患者および各グループの20人の正常な主題、13人および4人の主題は、それぞれ、オーストラリアの抗原(HBsAg)のキャリアだった。 網膜の機能無秩序はグループ1の患者の93.2%、またティッシュ特定の網膜Sの抗原(mol.mass 48のkD)への激化させたローカル(破損)およびトータル システム(血)の自己免疫の反作用で検出された。 Sの抗原への抗体の高められた検出率およびより高い力価はHBsAgのseronegative提供者と比べて健康なウイルスのキャリアで見つけられた。 これらのデータはuveoretinitisの患者のグループの潜伏ウイルスのcarriershipのより高い発生(50%)によって確認される肝炎のウイルス、このに感染する主題のuveoretinalの病理学の高められた危険の証拠とみなされるかもしれない。 網膜の機能変更のcavintonの安定効果は、レバーの慢性の拡散病気の患者の結合された療法と目の病気の防止のためのこの薬剤を推薦するこれ明らかにされた。 網膜の異常が若い見つけられた受験者の大半は著者問題の社会的な面に注目する。

吸収

28. vinpocetineおよびapovincaminic酸のPudleiner P.の吸収の調査; GedeonのRichter株式会社の私書箱27、1475のブダペスト10ハンガリーEURのVereczkey L. Chemical Works。 J.薬剤METAB。 PHARMACOKINET. (スイス連邦共和国)、1993年18/4 (317 321)

vinpocetine (Cavinton)およびapovincaminic酸、physico化学特性でマーク付きの相違を示すそのままのループ実験のラットでradiolabelled混合物の使用によって混合物の吸収は調査された。 apovincaminic酸の場合には、調査はまた尿および糞便でi.vの後で排泄された放射能の部分の推定を含んだ。 そしてP.O。 混合物の管理。 私達の結果に従って、それはvinpocetineは小腸から吸収されるがvinpocetineおよびapovincaminic酸が両方胃からの消化器のapovincaminic酸から主に吸収されること完了することができる。

Gastroprotective 29。 ラットNosalova V.の実験的に引き起こされた胃の損傷に対するvinpocetineの保護作用; Machova J.; 薬理学のBabulova A. Institute、スロバキアの科学アカデミー、Dubravskaのcesta 9の84216ブラティスラヴァのスロバキア共和国ARZNEIM。 FORSCH. 薬剤RES。 (ドイツ)、1993年、43/9 (981 985)

vinpocetineの効力(複数の有害な代理店によって引き起こされた胃の粘膜の損傷を防ぐCAS 42971は09 5)ラットでおよびantisecretory効果調査された。 Vinpocetineは口頭で管理するか、または腹腔内に線量の扶養家族の方法で96%のエタノールによって引き起こされた胃の損害の開発を禁じた。 最も高い保護活動はvinpocetineがエタノールの前の30分を腹腔内に与えられた、効果はエタノールの露出の前にまだ重要ときに管理された120分だったときに観察され。 vincamineの経口投与はまたこのモデルのgastroprotective行為を表示した。 indometacinの前処理はエタノールによって引き起こされた損傷に対してプロスタグランジンによって仲介されたメカニズムの介入を提案するvinpocetineの保護作用を妨害した。 vinpocetineの保護効果はプロスタグランジンE2、sucralfateおよびtripotassiumのdicitrateのbismuthateのそれと比較された。 vinpocetineのantiulcerの活動はphenylbutazoneによって引き起こされた胃の傷害と酢酸によって引き起こされた慢性の胃潰瘍でまた示された。 幽門によって縛られたラットのヒスタミンによって刺激された胃の酸の分泌はintraduodenally管理されたvinpocetineによって部分的に禁じられた。 これらの実験に確立されるvinpocetineの活動はgastroprotective代理店として潜在的な臨床価値を表している。

Quisqualate/AMPAの反対者

30. Vinpocetineは優先的にquisqualate/AMPAの受容器の応答に反対する: 解放および配位子の結合の調査からのEvidendeはB.に接吻する; CAI N.S.; 細胞および分子薬理学、GedeonのRichter株式会社の私書箱27、H 1475のブダペストのErdo S.L. LaboratoryハンガリーEUR。 J. PHARMACOL。 (ネザーランド)、1991年、209/1 (109 112)

excitatoryアミノ酸の受容器に対するvinpocetineの効果は2つの生化学的なアプローチによってラットの頭脳で検査された。 striatal切れとの解放の実験では、vinpocetineはグルタミン酸塩によって換起されたkainateによって換起されたドーパミンおよびアセチルコリンの流出quisqualateおよびNメチルDのアスパラギン酸塩(NMDA)、それを減らさなかった。 皮層の膜を搭載する結合の実験では、vinpocetineは減らしたが(3H) 2アミノの3 3ヒドロキシsのmethylisoxasole 4のylのプロピオン酸の結合((3H) AMPA)、quisqualateの部分的なアゴニストを、不完全な方法で、(3H) kainateおよび(3H) 3 (2 carboxypyperazine 4のyl) pのropylの結合に影響を及ぼさなかった1つのphosphonic酸((3H) CPP)、NMDAのアゴニスト。 これらの調査結果はvinpocetineが特定性および選択率のquisqualate/AMPAの反対者であることを提案する。

Microcirculation 31。 血のMicrocirculation、rheological特性および大脳の循環Veselsky I.Shのischemic無秩序の訂正。; Sanik A.V. Kafedra Nervnykh Boleznej Poltavskogo Meditsinskogo Stomatologicheskogo Instituta、ポルタバ ウクライナSSR ZH。 NEVROPATOL. PSIKHIATR. IM。 S.S. KORSAKOVA (ソビエト社会主義共和国連邦)、1991年、91/11 (67 70)

調査はvasoactive薬剤およびactoveginとの処置の前後にmicrocirculationと大脳の循環障害およびdyscirculatory脳症の最初の明示の94人の患者の血小板の集合の特性のbulbar biomicroscopyを使用してなされた。 記録されhemomicrocirculationの減損が病気の段階の上昇と、進歩することがvegetovascular危機の患者でもっと発音される。 血のmicrocirculatory無秩序そしてrheological特性を訂正するためには、著者はcavinton、euphyllineおよびactoveginと結合されるニコチン酸を管理するために証拠を提供する。

32. 大脳の循環に対するエチルapovincaminateの効果; neurosurgical患者Orosz E.の連続血管記録法そして地方大脳の循環の調査; Deak Gy。; Benoist Gy。 Nat。 Sci。 Inst。 Neurosurg。、ブダペスト ハンガリーARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1951 1956年)

大脳の循環に対するエチルapovincaminate (RGH 4405、Cavinton)の効果は一連のneurosurgical患者の2つの方法と調査された。 地方循環は深い電極が根本的な病気のために行われたstereotactic外科のさまざまな大脳の構造で蓄えられた5人の患者のHsub 2の整理方法と調査された。 25患者10 mgの連続血管記録法に関連してCavintonは注入されたi.vだった。; 造影剤の循環の時間、幹線循環の時間、正常な、病理学の詰物の変更は評価された。 管理の後の登録されていた15分、地方循環は顕著な増加を示したが、わずかな増加は調査されたあらゆる構造で明白だった。 60年にわたる2人の年配の患者の変更はもっと印が付いていた。 連続血管記録法によって印を付けられた相違の8つの場合でCavintonの効果の正常な、病理学の容器によって満ちることで見られた; 3つの場合で変わった幹線循環の時間造影剤の循環の時間は場合の何れかでした。 マーク付きの変更は大脳の血管疾患の3つの場合に起こった。 腫瘍の神経膠腫のvascularizationの2つの場合でCavintonによって視覚化された。

33. 犬の通常の状態でそして幹線低酸素症Bencsath P.の大脳の循環に対するエチルapovincaminateの効果; Debreczeni L.; Takacs L. IIの部門Med。、Semmelweis大学。 Med. Sch。、ブダペスト ハンガリーARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1920 1923年)

1つ、2つそして4つのmg/kg i.vの効果。 内部carotidおよび椎骨動脈で定められた21、16および11% Osub 2の吸入以下の麻酔をかけられた犬で大脳の血の流れのエチルapovincaminate (RGH 4405、Cavinton)の線量は調査された。 総大脳の血の流れは正常なOsub 2の下のそして100つそして200のmmHgの散水圧力間の4つのmg/kg Cavinton 2つのmg/kgの線量は低酸素症の下で有効だったが、高められた。 同じような現象はcarotidおよび脊椎の流れで、別に観察された。 幹線低酸素症は大脳の血の流れに対するCavintonの効果を増強するようである。

ブドウ糖の利用34。 ラットの頭脳生体外のMatkovics B.による14C glucosesの利用に対するエチルapovincaminateの効果; Szabo L.; 接吻B.; Szpornyi L. Biological Isotopeの実験室、「Atilla Jozsef」大学、Kozepfasor 52、H 6726 SzegedハンガリーARZNEIM。 FORSCH. 薬剤RES。 (ドイツの連邦共和国の)、1991年、41/2 (107 108)

14Cによって分類されたglucosesの好気性の新陳代謝に対する500のmicrogエチルepovincaminate ((r) Cavinton)の存在の効果は生体外で調査された。 テストされた薬剤はペントースの隣酸塩分路の重要な活発化を示した(1 14C)まず最初にDのブドウ糖の新陳代謝を高めた。

35. 慢性の打撃の患者の静脈内のvinpocetineの単一の線量の大脳の効果: ペット調査。

Szakall S、Boros I、Balkay L、Emri M、Fekete I、Kerenyi L、Lehel S、マリアナT、Molnar T、Varga J、Galuska L、Tron L、Bereczki D、Csiba L、Gulyas B. PET Centreのデブレツェン大学衛生学校、ハンガリー。

J Neuroimaging。 10月1998日; 8(4): 197-204。

慢性の打撃の患者の大脳のブドウ糖の新陳代謝に対するvinpocetine (Cavinton)の効果はポジトロン断層法と調査される。 ブドウ糖(CMRglu)の地方および全体的な大脳の代謝率およびそれらと関連している運動定数は単一線量の静脈内のvinpocetineの処置の前後に量を示される。 これらの測定はドップラーtranscranial sonographyと完了し、生じることの下にある可能なメカニズムを探検する単一の光子の放出コンピュータ断層撮影は頭脳のブドウ糖の通風管そして新陳代謝で変わる。 著者の調査結果はブドウ糖の地方か全体的な代謝率にかなり影響を与えないが、単一線量のvinpocetineの処置が全頭脳、全体のcontralateral半球を通してブドウ糖の輸送を(通風管および解放両方)と徴候半球のinfarct区域のまわりで脳組織の血頭脳の障壁かなり改善することを示す。 これらの変更は全体のcontralateral半球、また減らされた血の流れの速度の高められた血の流れおよび全体の徴候半球の高められた周辺容器の抵抗と一致してある。

スペース乗り物酔い36。 指定antimotionの実験査定はMatsnev E.I.に薬剤を入れる; 生物医学的な問題、123007モスクワ ソビエト社会主義共和国連邦AVIATのボードD. Institute。 スペースは囲む。 MED. (米国)、1984年、55/4 (281 286)

スペース乗り物酔い(SMS)はソビエトおよび米国によってずっと人を配置される宇宙計画両方の複雑な問題である。 感覚的なコンフリクト理論(神経信号の不適当な組み合わせ)およびcephaladの流動転位の概念は両方メカニズムを説明する。 このペーパーは主に頭脳の血の流れか頭脳の新陳代謝に影響を与えるさまざまな薬剤の行為のメカニズムを見直す。 特に、Cavinton (apovincamic酸エチル エステル)は実験被験者のSMSの相殺で首尾よく使用された。

心臓出力37。 ラットDebreczeni L.のさまざまな器官の心臓出力そして栄養血の流れに対するエチルapovincaminateとの口頭前処理の効果; Takacs L. IIの部門Med。、Semmelweis大学。 Med. Sch。、ブダペスト ハンガリーARZNEIMITTEL FORSCH。 (ドイツ、西)、1976年、26/10A (1912 1917年)

エチルapovincaminate (RGH 4405のCavinton)の効果、繰り返し管理されたP.O。 心臓出力の心臓出力および器官の一部分の5日間0.5 1.5 4.5 mg/100 gの体重の線量では、Sapirsteinのエバンズの青い希薄そして同位体の分別の技術によってナトリウムのペントバルビタールと麻酔をかけられたラットで調査された。 心臓出力、大脳、冠状、腎臓の、腸および皮膚血の流れは4.5 mg/100 g Cavintonの後で18 42%血圧は不変だったが、高められた。 総周辺抵抗、大脳、冠状の、皮膚抵抗および死体のそれはかなり減った。 心臓出力の器官の一部分は処置の後でかなり変わらなかった。

Meniereの病気

38. Vestn Otorinolaringol。 1980年の5月6月; (3): 18-22。 [Meniereの病気] [ロシア語の記事を扱うためにcavintonを使用すること]の見通しNikolaev MP、Konstantinova ZD、Mertsalova、Sheremetように。

CavintonのGedeon RichterがなしたMeniereの病気の20人の患者の処置のために新しい薬剤は使用され、次の機構に従って眩暈の攻撃に度々行く: 次に生理学塩の5-20のmlの4つのmlは(20 mg) 10日まで、そして2つのml (10 mg)筋肉内で1日に2回20日間、および10から20日間1つのml (5 mg)間一日に三回毎日静脈内で注入された。 その結果攻撃はすべての患者で阻止された。 15の場合では眩暈は、減少した耳鳴りのaurium消え静的な不均衡は除去された。 処置の前に病気の月例攻撃があった10人の患者では、赦免は6かまで月間主張した。 Cavintonは十分に有効であると信じられ、眩暈の頻繁な攻撃を用いるMeniereの病気の処置のためにこうして約束する。

  • ページ
  • 1
  • 2