生命延長血液検査の極度の販売

概要

Pycnogenol: 35の研究の概要

1. Jの性結婚のTher。 2003日5月6月; 29(3): 207-13。

pycnogenolおよびLアルギニンとの勃起不全の処置。

Stanislavov R、Nikolova V。

Seminologicalの実験室SBALAG、Maichin Dom、ソフィア、ブルガリア。 rstanik@abv.bg

Penile建設は一酸化窒素によって誘発される洞窟状の平滑筋の弛緩を要求する、(いいえ)。 私達は内生の量の増加によって勃起不全(ED)を克服する可能性をいいえ調査した。 このため、私達は口頭でこの酵素のために基質としてLアルギニンとともに一酸化窒素のsyntaseによって生産をのいいえ高めることを知っていないので、Pycnogenolを管理した。 調査は確認された有機性勃起不全なしで、老化した40人を25-45年含んでいた。 3ヶ月の試用期間中、患者は日、ジペプチドのarginylのアスパラギン酸塩の飲用に適した解決3本のアンプルSargenorを受け取った(1日あたりの1.7 gのLアルギニンと同等の)。 第2月の間に、患者は40 mgとその上に2回Pycnogenol 1日あたりの補われた; 第3月の間に、毎日の適量は3つの40 mg Pycnogenolのタブレットに高められた。 私達は各患者からの性機能アンケートそして性的行為日記を得た。 Lアルギニンとの処置の1か月後で、2人の患者(5%)の統計的にnonsignificant数は正常な建設を経験した。 次の月のLアルギニンそしてPycnogenolの組合せを用いる処置は80%に元通りにされた性の能力の人の数を高めた。 最後に、処置の第3月後に、人の92.5%は正常な建設を経験した。 私達はPycnogenolを伴うLアルギニンの経口投与により副作用なしでEDの人の性機能で重要な改善を引き起こすことを結論を出す。

2. Phytother Res。 6月2003日; 17(6): 671-4。

PycnogenolはG6PDの不十分な人間の赤血球の溶血性の傷害を防ぐ。

Sharma SC、Sharma S、操作Gulati。

薬理学および治療法の三位一体の大学、ダブリン2アイルランドの部門。
ssharma@tcd.ie

Glucose6隣酸塩デヒドロゲナーゼ(G6PD)の不足は細胞に溶血性の変更の方の過酸化物そして高い感受性を破壊する不十分な容量がある人間の赤血球の最も公有地によってXつながれる無秩序である。 Pycnogenolは遊離基を掃除する高い機能のフランスの海上マツ(Pinusのpinaster)吠え声の専有乾燥したエキスである。 現在の調査で私達はPycnogenolが溶血性の細胞傷害からG6PDの不十分な赤血球を保護できれば調査した。 静脈の血液サンプルはまた標準的な技術と確認された知られていたG6PDの不足の内陸の起源の6つの主題から得られた。 Pycnogenolの存在そして不在の赤血球のhaemolysisはtert-butylhydroperoxide (t BHP)と引き起こされたまたは上澄みのキニーネそしてヘモグロビン解放は島津の分光光度計の540 nmの光学濃度の記録によって定められた。 私達の結果はPycnogenolにG6PDの不十分な人間の赤血球でXenobiotic化学薬品によって引き起こされるhaemolysisに対して保護作用があることを示した。 版権2003年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

3. J Biochem Mol Toxicol。 2003;17(3):193-9.

streptozotocin誘発の糖尿病性のラットの酸化圧力に対するpycnogenolの処置の効果。

Maritim AのDeneのBA、研摩機のRA、Watkins JB第3。

健康科学のMoi大学能力、Eldoret、ケニヤ。

遊離基および酸化圧力は糖尿病および複雑化の病因学で関係した。 この生体内の調査はpycnogenol、強い酸化防止潜在性があるprocyanidinsを含んでいるフランスのマツ吠え声のエキスの亜急性の管理が、正常な、糖尿病性のラットの酸化圧力のbiomarkersを変えるかどうか検査した。 糖尿病はstreptozotocin (体重90のmg/kgの、ip)の単一の注入によってSprague-Dawleyのメスのラットで引き起こされ、(30日後で)、高められた血清のブドウ糖の集中および増加、レバー/体重比率、合計およびglycatedヘモグロビンおよび血清アスパラギン酸塩のアミノ基移転酵素の活動レバー重量の普通以下の体重で起因する。 正常な、糖尿病性のラットは14日間pycnogenol (体重10のmg/kgの/日、ip)と扱われた。 Pycnogenolの処置はかなり糖尿病性のラットの血ブドウ糖の集中を減らした。 酸化圧力のための生化学的なマーカーはレバー、腎臓および中心で査定された。 糖尿病性のラットの高い肝臓のカタラーゼの活動はpycnogenolの処置の後で正常なレベルに元通りになった。 さらに、pycnogenolと扱われた糖尿病性のラットは減らされたグルタチオンおよびグルタチオンのレドックスの酵素活性のかなり上昇値があった。 結果はpycnogenolがstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの細胞内の酸化防止防衛メカニズムを変えることを示す。 版権2003年のWiley Periodicals、Inc. J Biochem Mol Toxicol 17:193-199 2003年; オンラインでワイリーInterScience (www.interscience.wiley.com)で出版される。 DOI 10.1002/jbt.10078

4. J Medの食糧。 2001冬; 4(4): 201-209。

喘息の管理のPycnogenol ((r))。

Hosseini S、Pishnamazi S、Sadrzadeh SM、Farid F、Farid R、ワトソンRR。

公衆衛生の大学および医科大学院、1501のN.アリゾナ州立大学キャンベルAve。、チューソン、AZ 85724。

喘息は慢性の炎症性プロセスとして特徴付けられる。 酸化防止および炎症抑制の特性を所有している間Pycnogenol ((r))、Pinusのmaritimaから得られるbioflavonoidの混合物は遊離基を掃除すると知られている。 この調査の目的は偽薬制御二重盲目にされて、さまざまな喘息の厳格の患者のクロスオーバーの調査ランダム化されるのこの代理店の効率を、評価すること、だった。 喘息のためのアメリカ胸部社会の規準を達成した26人の患者は調査で登録された。 身体歴、精密身体検査、血液サンプルの分析およびspirometric価値はベースライン、4週および8週に得られた。 患者は任意に1 mg/lb/day (最高200のmg /day) Pycnogenolまたは4週の最初の期間のための偽薬を受け取るために割り当てられ、次に次の4週の互い違いの養生法に交差した。 悪影響は調査の薬剤に関係した観察されなかった。 偽薬と対照をなしてPycnogenolに好意的に答える調査を完了した22人の患者の偶発事の中では、ほとんど完全に。 Pycnogenolの処置はまたかなり偽薬と比較された血清のleukotrienesを減らした。 このパイロット・スタディの結果はPycnogenolが慢性の喘息の管理でnutraceutical貴重品であるかもしれないことを示す。 私達は効力を確立するためにそれ以上の臨床試験が喘息患者のより大きいグループで行なわれることを推薦する。

5. Phytother Res。 1月2003日; 17(1): 66-9。

Pycnogenolは肥満細胞からヒスタミンの解放を禁じる。

Sharma SC、Sharma S、操作Gulati。

薬理学および治療法の三位一体の大学、ダブリン2、アイルランドの部門。 ssharma@tcd.ie

酸素によって得られる遊離基は今ますますようにティッシュの破壊の第一次力見なされ、また肥満細胞からヒスタミンを解放する機能がある。 Pycnogenolは遊離基を掃除する有効な機能のbioflavonoidsを含んでいるフランスの海上マツ(Pinusのpinaster)の吠え声のエキスである。 従ってPycnogenolはラットの腹膜の肥満細胞からのヒスタミン解放の阻止のために調査された。 さらに、効果はナトリウムのcromoglycate、肥満細胞からのヒスタミン解放の知られていた抑制剤と比較された。 ラットの腹膜の肥満細胞は隔離され、3-4匹の動物から分かち合われた差動遠心分離および細胞によって浄化されておよそ10(6) cells/mLによって緩衝された塩水濃度で中断された。 ヒスタミン解放は混合物48/80かカルシウムionophore A-23187引き起こされ、とfluorimetric方法によって抽出の後で上澄みから推定された。 Pycnogenolは2つのsecretagoguesによって引き起こされたヒスタミン解放の集中の依存した阻止を作り出した。 肥満細胞のヒスタミン解放に対するその抑制的な効果はナトリウムのcromoglycateと好意的に対等だった。 版権- 2003年ジョンのワイリー及び息子、株式会社著作権をとりなさい

6. J AMの食事療法Assoc。 1月2003日; 103(1): 67-72。

Pycnogenolは健康で若い大人の酸化防止剤またはビタミンCの状態に影響を与えない。

Silliman Kの回避J、Kirk LL、前RL。

生物科学(栄養物および食品科学のプログラム)の部門、
カリフォルニア州立大学、チコ95929、米国。

目的: この調査の目的は集中を高め、血清および尿の総酸化防止容量を高めるためにPycnogenol (PYCことを)、Pinusのmaritimaの吠え声からなされるビタミンCと水処理されたエキスが相互に作用していればかどうか定めることだった。 設計: 調査の設計はランダムではない介在だった。 主題: 主題(N=27; 15人の女性、12人は) 19から42年老化した。 介在: 主題は最初の2週(ベースライン)および第2 2週のPYC (200のmg /day)のための食事が付いている偽薬を毎日二度消費した。 幾日15および29の主題の主要な結果の手段に集められた絶食の血液サンプルがあり、次に310カロリーの飲料との偽薬またはPYCの毎日の線量を消費した。 後で1時間第2血液サンプルは集められた。 血液サンプルはORAC (酸素の根本的な吸光度容量)の試金を使用してビタミンCおよび総酸化防止容量のために分析された。 20 4時間の尿サンプルは幾日に14-15集められ、28-29は総phenolicsのために分析されて、(鉄の減少の酸化防止潜在性)、ORACたたき。 統計分析組み合わせられたtのテストが結果の変数のPYCの影響をテストするのに使用された。 単一変量ANOVAが性の影響を定めるのに使用された。 ピアソンの相関分析が食餌療法の要因と結果の手段間の関係を探検するのに使用された。 結果: 絶食のビタミンCの集中(P=.18)に明白な増加がPYCとの食事療法を補った後2週なかった。 絶食ORACの価値は実際に低下した(P=.005)。 偽薬またはPYCの毎日の線量の摂取の後の1時間、血清の総酸化防止容量は15%から19%増加したが、PYCを摂取した後増加は偽薬の後により多くかなり(P=.80)ではなかった。 24時間の尿サンプルからの酸化防止剤の結果は類似していた。 APPLICATIONS/CONCLUSIONS: 現在の調査結果はPYCのためになされるビタミンCまたは酸化防止剤の要求を支えない。 PYCは健康で若い大人の酸化防止剤またはビタミンCの状態に影響を与えない。

7. Int Ophthalmol。 2001;24(3):161-71.

糖尿病性のretinopathyのためのPycnogenol。 検討。

Schonlau F、Rohdewald P。

薬剤化学、Westfalische Wilhelms Universitatミュンスター、ドイツの協会。

糖尿病性のretinopathyは糖尿病と患者の急速に増加への深刻な健康の脅威を表す。 網膜のmicroangiopathy視野の損失を引き起こす浸出物の沈殿物および出血によりの管の損害によって特徴付けられる。 Pycnogenolのフランスの海上マツ(Pinusのpinaster)の吠え声の標準化されたエキスは、毛管抵抗を高めると知られている。 Pycnogenolは遅い60年代以来の1289人の患者の総数を用いる5つの臨床試験のretinopathyの処置そして防止のためにテストされた。 これらの1を除いてすべてはフランス語およびドイツ語で報告され、限られた入手の可能性、今日であり調査し、それらを詳しく見直すための原動力をこの記事で与える。 2つの開いたケース スタディおよび2つの二重ブラインドの調査(1カルシウムdobesilateに対しておよび偽薬に対して別のもの制御される)および、最終的に、1169人の糖尿病患者との1の多中心の現地検討があった。 これらの調査すべては明白にPycnogenolがretinopathyの進行を保ち、部分的に視力を回復することを示した。 Pycnogenolの処置の効力はカルシウムdobesilateのそれ少なくともあった。 Pycnogenolは毛管抵抗を改善し、網膜に漏出を減らすために示されていた。 許容は一般に非常によく、副作用はまれであり、大抵胃の不快を示す。 結論として、Pycnogenolの処置に糖尿病性のretinopathyの患者の大半で好ましい結果があった。

8. Phytother Res。 9月2002日; 16(6): 567-71。

Pycnogenolのmelasmaの処置。

NI Z、Mu Y、Gulati O。

北京PHTのNutriment科学のテクノロジー開発のCo.株式会社、伝統中国医学の中国アカデミーのXiyuanの病院、食品安全性制御の協会および点検、保健省、北京、P R中国。

Melasma (かchloasma)主に女性の太陽露出された区域に影響を与える皮膚のhyperpigmentationの共通の無秩序である。 melasmaの病因は十分に理解されないし、処置は頻繁に副作用と頻繁に関連付けられて失望して。Pycnogenolはフランスの海上マツ(Pinusのpinaster)の吠え声の標準化されたエキス、有名で、有効な酸化防止剤である。 調査は生体外でPycnogenolが数ビタミンEおよびビタミンCより強力倍であることを示す。 さらに、それはビタミンCをリサイクルし、ビタミンEを再生し、そして内生酸化防止酵素システムを高める。 Pycnogenolは紫外(紫外線)放射から保護する。 従ってmelasmaの処置の効力は調査された。melasmaの30人の女性は食事とのPycnogenolの1つの25 mgのタブレットに3回を毎日取った30日間臨床試験を、すなわち1日あたりの75 mg Pycnogenol完了した。 これらの患者はmelasma区域の索引のような変数、pigmentary強度の索引と定期的な血および尿検査によって臨床的に評価された。30日間の処置の後で、患者の平均melasma区域は25.86 +/- 20.39 mm減った(2) (p < 0.001)そして平均pigmentary強度は0.47の+/- 0.51単位につき減った(p < 0.001)。 一般的な有効なレートは80%だった。 副作用は観察されなかった。 血の結果およびベースラインと日30の尿検査変数は正常範囲の内にあった。 さらに、ボディの疲労、便秘、苦痛および心配のような他の複数の準の徴候はまた改善された。完了してが、Pycnogenolはmelasmaに苦しんでいる患者で治療上有効、安全であるために示されていた。 版権2002年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

9. Phytomedicine。 7月2002日; 9(5): 414-8。

antitumor薬剤によって引き起こされる中心、骨髄および免疫器官の毒性に対するPYCNOGENOLの効果。

Feng WHの魏のHL、劉GT。

医学のMateria Medica、中国アカデミーおよび医科大学、北京、中華人民共和国の北京連合の協会。

PYCNOGENOLはフランスの南西沿岸水域で育つ松の木の吠え声から得られる水溶性のbioflavonoidsの混合物である。 現在のペーパーでは抗癌性の薬剤によって引き起こされたマウスで骨髄、中心および免疫器官の毒性に対するPYCNOGENOL (Pyc)の効果は、調査された。 次の結果は得られた: 1. 200そして150のmg/kgの体重の口頭管理された線量のPyc。 著しく血清のクレアチンphosphokinase (CPK)の活動の高度およびdoxorubicin (Dox)と扱われたマウスの心拍数の減少を防いだ; 2. 100つそして150のmg/kgの体重のPyc。 かなりシクロホスファミド(Cyc)のsubcutaneous注入によって引き起こされた胸腺のDNAの統合の阻止に反対した; 3. 150そして200のmg/kgの体重のPyc。 赤血球およびヘモグロビンの著しく引き起こされたが増加はCyc扱われたマウスで、白血球減少症に対する効果を、もたらさなかった; そして4. PycはDoxおよびCycの抗癌性の活動に対する反対の効果をもたらさない。 すべての結果はPycがDoxのcardiotoxicityおよびマウスのCycによって引き起こされる胸腺DNAの統合の阻止に対する保護効果を所有していることを提案する。

10. Phytomedicine。 7月2002日; 9(5): 410-3。

PYCNOGENOLのチューイン ガムはgingival出血およびプラクの形成を最小にする。

Kimbrough C、Chun Mのdela Roca G、Lau BH。

歯科医療の学校、Loma Linda大学、カリフォルニア、米国。

生体外および生体内のモデルの炎症抑制の活動を持つために示されているPYCNOGENOLは酸化防止phytochemicalである。 この調査はPYCNOGENOLの有無にかかわらず40の人間の題材のgingival出血およびプラクの形成に対するチューインガムの効果を比較した。 この二重盲目の調査ではPYCNOGENOLなしで制御ゴムか実験ゴムのcontainng 5 mg PYCNOGENOLを受け取るために、主題は任意に割り当てられた。 主題は14日間チューインガムを使用した。 Gingival出血およびプラクのスコアは実験の前後に取られた。 PYCNOGENOLのチューインガムはかなり規則的なチューインガムを使用した制御主題の出血の索引の変更は注意されなかったが、gingival出血を減らした。 規則的な制御を使用する主題は2週間の期間の間に持っていた歯垢の蓄積の顕著な増加をゴムを塗る。 PYCNOGENOLのチューインガムを使用する主題のプラクの蓄積の増加は注意されなかった。 この調査のデータはPycnogenolのチューインガムの使用がgingival出血およびプラクの蓄積を最小にすることができることを提案する。

11. J Atten Disord。 9月2002日; 6(2): 49-60。

注意欠陥/活発性過度の無秩序(ADHD)の大人のPycnogenolそしてメチルフェニデートの実験比較。

Tenenbaum S、Paull JC、すずめEP、Dodd DK、緑L。

セントルイス63141、MOの注意欠陥の中心。

24注意欠陥/活発性過度の無秩序(ADHD)の大人(24から53歳)の、結合されたタイプ、Pycnogenolの二重盲目、偽薬制御の、クロスオーバーの調査およびメチルフェニデートで調査された。 Pycnogenolはフランスの海上松の木の吠え声から得られる酸化防止剤である。 メチルフェニデートはADHDのための標準的な薬剤の介在である。 逸話的なレポートはPycnogenolが不利な副作用なしでADHDの大人の集中を改善することを提案する。 関係者はPycnogenol、メチルフェニデートおよび偽薬を、ランダム化され、相殺された順序で3週間それぞれ、受け取った。 ADHDの徴候が処置の間に、メチルフェニデート改良しなかった、または、Pycnogenolが偽薬制御に優っていた自己レポートの評価尺度、個人の大切な人完了する評価尺度およびコンピュータ化された連続的な性能試験によって測定されるが。 処置の保守主義者の適量のレベルそして比較的短い長さは処置の状態間の重要な相違の不在に貢献するかもしれない。 未来の研究のための含意は注意される。

12. 成長Horm IGF Res。 2月2002日; 12(1): 34-40。

KyolicおよびPycnogenolは人間の成長ホルモンの分泌を高める
遺伝的設計されたkeratinocytes。

Buz'Zard AR、ポンQ、Lau BH。

微生物学の部門および分子遺伝学、Loma Linda大学、Loma Linda、カリフォルニア92350、米国医科大学院。

人間の成長ホルモン(HGH)の量は30の年齢の後でかなり減る。 骨と皮の薄くなること、細い筋肉固まりの減少および脂肪組織の増加のような老化の印のこの減少はように主要な原因の1つ、関係した。 組換えの人間の成長ホルモン(rHGH)とボディの減少する供給を補うことは老化の印そして徴候を逆転させるために示されていた。 但し、rHGHの取り替え療法の欠点は非常に高い費用、繰り返された注入のための必要性を含み、心皮のような副作用はシンドローム、女性化乳房およびインシュリン抵抗性にトンネルを掘る。 この調査の目的はHGHの分泌を刺激する機能のための自然な混合物を選別するために遺伝的設計されたkeratinocytesを使用して生体外のモデルを確立することだった。 私達は今ことをLアルギニンの同量の組合せおよびLリジン、老化させたニンニクのエキス(Kyolic)、この生体外のモデルのHGHのSアリル システインおよびPycnogenolのかなり高められた分泌報告する。 データはこの生体外のモデルが他のsecretagoguesのために選別するのに使用されるかもしれないことを示す。

13. 頭脳Resの頭脳MolのRes。 7月2002日15日; 104(1): 55-65。

Pycnogenolはアミロイド ベータ ペプチッド誘発のapoptosisからニューロンを保護する。

ポンQL、Buz'Zard AR、Lau BH。

微生物学の部門および分子遺伝学、Loma Linda大学、Loma Linda、カリフォルニア92350、米国医科大学院。

神経のapoptosisはアルツハイマー病(広告)の病理学の特徴の1つである。 形態学上の病理学は神経のapoptosisが広告の頭脳でアミロイド ベータ ペプチッド(Abeta)を含んでいる老年性のプラクと関連付けられることを明らかにする。 反応酸素種(ROS)はAbeta仲介されたneurotoxicityのapoptoticメカニズムにかかわるために提案された。 現在の調査では、ラットの褐色細胞腫(PC12)の細胞ラインを使用して、私達はPycnogenol (PYC)の効果、Abeta (25-35)の誘発のapoptosisおよびROSの生成の有効な酸化防止剤およびROSの清掃動物を、調査した。 私達はPYCの効果を確認するのにビタミンE、知られていた酸化防止代理店を、使用した。 PC12細胞のAbeta (25-35)の誘発のapoptosisは下記によって示された: (1)細胞の実行可能性の線量依存した損失; (2) apoptotic細胞のタイムおよび線量依存した増加; (3) DNAの分裂の誘導; そして(4) caspase-3活動の増加および多(ADPリボースの)ポリメラーゼ(PARP)の開裂。 私達のデータはPC12細胞がAbeta -- (25-35)にさらされた後ROSの形成の顕著な増加がapoptoticでき事に先行したことを示した。 私達は更にPYCがだけでなく、ROSの生成を抑制したが、また減少させたことがcaspase-3活発化、DNAの分裂、PARPの開裂を、およびAbeta誘発のapoptosisから結局保護されて分った。 ビタミンEはまたAbeta (25-35)によって引き起こされた細胞死およびcaspase-3活発化を抑制した。 一緒に取られて、これらの結果はROSがPC12細胞のAbeta誘発のapoptosisにかかわるかもしれないことを提案する。 彼らはPC12細胞の減少した遊離基の生成によって更にPYCがapoptosisを減らすことができることを多分提案する。

14. Int J Clin Pharmacol Ther。 4月2002日; 40(4): 158-68。

フランスの海上マツ吠え声のエキス(Pycnogenol)の検討、多様な臨床薬理学を用いる草の薬物。

Rohdewald P。

協会の薬剤化学、Westfalische Wilhelms-Universitatミュンスター、ドイツ。 rohdewa@uni-muenster.de

目的: 証拠の増加するボディはそのPycnogenol (PYC)、フランスの海上マツ吠え声の標準化されたエキスを、持っている好ましい病理学の特性を示す。 これはPYC両方の調査の検討であり、準備、それの部品は人の活動のためのターゲット場所そして可能なメカニズムを明瞭にするのを助けた。 方法: 同業者審査された文献で、また結果は書かれている出版されたペーパーとしてこの検討に利用できる国際的な会合でまだ示される調査含まれている。 広く利用可能ではないドイツ語およびフランス語の出版された源からの付加的なデータはまた含まれている。 結果: 化学同一証明調査はPYCが主にprocyanidinsおよびフェノールの酸で構成されることを示した。 Procyanidinsは人間栄養物の重要な要素として確認されるカテキンおよびエピカテキンの亜単位の生物高分子物質である。 PYCは単量体カテキンおよびtaxifolinから7つ及ぶまたはより多くのフラボノイドの亜単位が付いているオリゴマーまで含んでいるいろいろprocyanidinsを。 フェノールの酸は安息香酸および肉桂の酸の派生物である。 フェルラ酸およびtaxifolinの部品は人のglucuronidesか硫酸塩として急速にprocyanidinsがゆっくり吸収され、glucuronidesとして排泄されるvalerolactonesに新陳代謝する一方、吸収され、排泄される。 PYCに経口投与に続いている患者の小さいパーセントで行われる穏やかで不必要な効果の低く激しく、慢性の毒性がある。 臨床調査はPYCが慢性の静脈の不十分および網膜のマイクロ出血の処置で有効であることを示す。 PYCは複数の細胞システムの酸化圧力から反酸化酵素の細胞内の統合を倍増することと遊離基の有効な清掃動物として機能によって保護する。 他の酸化防止効果は再生に於いての役割を含み、ビタミンCおよびE. Anti-inflammatoryの活動の保護は動物で生体外でそして生体内で示された。 紫外線放射誘発の紅斑に対する保護はPYCの口頭取入口に続く臨床調査で見つけられた。 喘息の患者の徴候のスコアおよび循環のleukotrienesで減らされ、肺の機能は改善される。 Immunomodulationは両方の動物モデルで、また全身性エリテマトーデスの患者で観察された。 PYCはendothelial一酸化窒素のシンターゼの活動を高めることによるアドレナリンそしてノルアドレナリンによって引き起こされる血管収縮に反対する。 小さい血管の膨張は心循環器疾患の患者で、一方喫煙者で観察された、PYCは煙ら誘発の血小板の集合を防ぎ、トロンボキサンの集中を減らす。 酵素をアンギオテンシン変えることを禁じる機能は穏やかな抗高血圧薬の効果と関連付けられる。 PYCは腹部の苦痛を含むpremenstrual徴候を、取り除き、この行為はあるフェノールの酸のspasmolyticの行為と関連付けられるかもしれない。 認識機能の改善はPYCの補足を取っているADHDの患者の改善の対照動物の実験そしてこれらの調査結果サポート逸話的なレポートで観察された。 結論: PYCが生理学機能に対する有利な効果をもたらすことを示す多くの証拠がある。 進行中の臨床研究からの結果は前の観察を確認し、拡張するように要求される。

15. Phytother Res。 3月2002日; 16のSuppl 1: S15.

慢性の静脈の不十分のVenostasinそしてPycnogenolの比較研究。

Koch R。

Wolfsschlucht 6a、34117カッセル、ドイツ。

この調査の目標はVenostasin (セイヨウトチノキの実の種のエキス)および慢性の静脈の不十分の処置のPycnogenol (フランスの海上マツ吠え声のエキス)の効力を比較することだった(CVI)。 診断されたCVIの開いた、管理された比較研究40の患者で1日あたりの600 mgのクリの種のエキスとか4週一定期間に渡って1日あたりの360 mg Pycnogenol扱われた。 次の変数は処置の開始前にそして処置の2のそして4週後に調査された: 「重さ」の苦痛、けいれん、夜の膨張、感じ、および皮の赤色化の主観的な徴候(スコア)のより低い足そして評価の円周。 さらに、コレステロールLDLおよびHDLの血レベルは処置の終わりの前にそしてに断固としただった。 Pycnogenolはかなりより低い肢の円周を減らし、かなり主観的な徴候を改善した。 なお、PycnogenolはかなりHDLが変化しなく残った一方、血のコレステロールそしてLDLの価値を減らした。 Venostasin適度にしかしかなりただ、より低い肢の円周減らされるそして限界近く改善された徴候。 Venostasinに断固としたな脂質の価値の影響がなかった。 薬物は両方とも同様にうまく容認された。 結論として、PycnogenolはCVIの処置のためのVenostasinより効果がある見つけられた。 版権2002年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

16. Phytother Res。 12月2001日; 15(8): 698-704。

全身性エリテマトーデスの患者の処置のPycnogenolの効力。

Stefanescu M、Matache C、Onu A、Tanaseanu S、Dragomir C、Constantinescu I、Schonlau F、Rohdewald P、Szegli G。

免疫学、Cantacuzinoの協会、Splaiul Independentei 103の部門、
ブカレスト、ルーマニア。

パイロット・スタディは全身性エリテマトーデス(SLE)の患者のPycnogenolの処置の効力を評価するために行われた。 11人のSLEの患者は病気の活動に従って最初ライン薬物と扱われ、さらに、それらの6つPycnogenolをおよび5つは偽薬受け取った。 SLEの病気の活動係数(SLEDAI)、好中球による反応酸素種(ROS)の血清の反dsDNA抗体、フィブリノゲン、C反応蛋白質のレベル、赤血球沈降速度、生産、周辺血のリンパ球の自発のapoptosisおよびp56 (lck)比放射能は評価された。 Pycnogenolの処置はROSの生産、apoptosis、p56 (lck)比放射能および赤血球沈降速度の重要な減少を定めた。 さらに、SLEDAIの減少は偽薬のグループと比較されたPycnogenolによって扱われたグループで重要だった(p = 0.018)。 得られる結果はPycnogenolがSLEの炎症性特徴を減らして第2ライン療法のために有用であることができることを提案する。 版権2001年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

17. Phytother Res。 5月2001日; 15(3): 219-23。

Pycnogenolの管のretinopathiesの処置。

Spadea L、Balestrazzi E。

Dipartimento di Discipline Chirurgiche、Cattedra di Clinica Oculistica、Facolta di Medicina e Chirurgia、Vetoioによって、Coppito 2、ラクイラ、イタリア。

私達の調査の目標は糖尿病性のretinopathyおよび他の管の網膜の無秩序の進行に対するPycnogenolの効果を調査することだった。 調査は20人の患者がもう一人の20人の患者が同じ線量のスケジュールのPycnogenolと扱われた偽薬とかPycnogenol (50 mg x 2か月間3/day)および開いた段階募集され、任意に扱われた二重盲目段階から成っていた。 合計では、糖尿病を持つ40人の網膜を含む患者、アテローム性動脈硬化および他の血管疾患は登録された; それらの30および偽薬と10はPycnogenolと扱われた。 結果はretinopathyの進行に対するPycnogenolの有利な効果を示した。 処置(偽薬)なしでretinopathyは試験の間に漸進的に悪化し、視力はかなり減った; これに対して、Pycnogenol扱われた患者は視力の網膜機能そして重要な回復の悪化がまた得られなかったことを示した。 fluorangiographyはPycnogenolで、ない偽薬扱われるで網膜のvascularizationおよび減らされたendothelial透磁率の改善および漏出を、患者示した。 ophthalmoscopyおよび網膜電位図(エルグ)はまたPycnogenolの有利な効果を確認した。 Pycnogenolの行為のメカニズムは遊離基(FRの)の掃気の、炎症抑制および毛管保護活動と関連しているかもしれない。 Pycnogenolが血管の壁の蛋白質およびムコ多糖類に結合し、減らされた毛管透磁率および浮腫の形成をもたらす毛管「シーリング」効果を作り出すかもしれないことが提案された。 版権2001年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

18. 自由なRadic Biol Med。 1月2000日15日; 28(2): 219-27。

誘引可能なICAM-1表現の禁止による人間のkeratinocytesへのT細胞のマツ吠え声のエキスのpycnogenolのdownregulatesのIFNガンマ誘発の付着。

Bito T、ローイSの上院議員CKの包装業者L。

分子および細胞生物学、カリフォルニア大学、バークレー94720-3200、米国の部門。

細胞間付着の分子1 (ICAM-1)の表現は白血球/keratinocyteの相互作用に必要である。 keratinocytesのICAM-1表現のUpregulationは乾癬、アトピー性皮膚炎、および全身性エリテマトーデスのような複数の炎症性皮膚病で、観察された。 炎症性cytokines、インターフェロン ガンマ(IFNガンマ)のような、keratinocytesのupregulate ICAM-1の表現。 フランスの海上マツ吠え声のエキスの有効な酸化防止および炎症抑制の特性のために、Pycnogenol (Horphagの研究、ジュネーブ、スイス連邦共和国)はIFNガンマの活発化の後でkeratinocytesが付いているT細胞およびそのような相互作用にかかわった分子メカニズムの相互作用で、効果調査された。 調査は人間のkeratinocyteの細胞ライン、HaCaTを使用して行われた。 IFNガンマの前の細胞粘着はcocultureの試金を使用して調査された。 24のhのための20 U/mlのIFNガンマのHaCaTの細胞の処置は著しくHaCaTの細胞へのJurkatのT細胞の付着を引き起こした。 PYCの前処理(50 microg/ml、h) 12はかなりHaCaTの細胞へのT細胞のIFNガンマによって引き起こされた付着を禁じた(p < .01)。 ICAM-1はkeratinocytesへのT細胞のIFNガンマ誘発の付着の大きな役割を担う。 従って、IFNガンマ誘発ICAM-1表現に対するPYCの効果は同様に調査された。 PYCのHaCaTの細胞の前処理はかなりHaCaTの細胞のICAM-1表現のIFNガンマ誘発の表現を禁じた。 PYCによる誘引可能なICAM-1表現のdownregulationは線量および時間依存両方だった。 PYCおよび12のhの前処理の時間の50 microg/mlの線量は(すなわち、IFNガンマの活発化の前に) HaCaTの細胞の誘引可能なICAM-1表現の最高の(およそ70%の)阻止を提供した。 ICAM-1遺伝子敏感さのガンマ活動化させた順序はIFNガンマの活発化のICAM-1を表現するために知られている上皮性の起源(例えば、keratinocytes)の選択セルのIFNガンマ相談する。 従ってゲル転位の試金はPYCがStat1のIFNガンマ仲介された活発化を禁じること、誘引可能なICAM-1表現のtranscriptional規則を提案することを明らかにしたPYCによって。 これらの結果は炎症性皮の無秩序と患者のPYCの治療上の潜在性を示す。

19. J Agricの食糧Chem。 11月2000日; 48(11): 5630-9。

procyanidinが豊富なフランスの海上マツ吠え声のエキスの酵素の阻止および蛋白質結合の行為、pycnogenol: キサンチンのオキシダーゼに対する効果。

Moini H、郡野Qの包装業者L。

分子および細胞生物学、251の生命科学の付加、バークレー、カリフォルニア94720-3200、米国カリフォルニア州立大学バークレー校の部門。

Pycnogenolのフランスの海上マツ吠え声(PBE)からのエキスは病気に対して、報告された保護効果のbioflavonoidsの複雑な混合物である。 PBEは反応酸素種の有効な清掃動物であり、主要な要素はさまざまなチェーン長さのprocyanidinsである。 酵素活性のPBEの行為の生化学的な基礎を、レドックスの活動の介入は調べ、酵素活性のそれに続く行為の酵素に結合を指示するために調査された。 PBEの線量依存はキサンチンのオキシダーゼ、キサンチンのデヒドロゲナーゼ、西洋わさびの過酸化酵素およびlipoxygenaseの活動を禁じたが、ブドウ糖酸化酵素、アスコルビン酸塩のオキシダーゼ、またはエラスターゼの活動に影響を与えなかった。 PBEの行為のメカニズムを特徴付けるためには、調査はキサンチンのオキシダーゼおよびブドウ糖酸化酵素に焦点を合わせた。 非変化の条件の下で、PBEはキサンチンのオキシダーゼのないブドウ糖酸化酵素の電気泳動の移動性を変えた。 ゲル濾過クロマトグラフィーはPBEの前でキサンチンのオキシダーゼおよびキサンチンのデヒドロゲナーゼのより高い分子量の複合体を確認した。 疎水性結合がPBEとキサンチンのオキシダーゼ間の相互作用の支配的なモードであるかもしれないことが分られた。 酵素活性に対するPBEの効果の結合の重要性はPBEがに結合し、カタラーゼを禁じる、ないスーパーオキシドのディスムターゼ支えられた観察によって。 但し、相関関係はbioflavonoidsのPBE、さまざまな浄化されたフラボノイド、または他の複雑な混合物のキサンチンのオキシダーゼの活動に対するスーパーオキシド/水酸ラジカルの掃気活動および抑制的な効果の間で見つけられなかった。 結果はPBEがレドックスの活動によってよりもむしろ酵素に不良部分によって選択式にキサンチンのオキシダーゼを禁じることを示す。

20. Phytomedicine。 10月2000日; 7(5): 383-8。

慢性の静脈の不十分のPYCNOGENOL。

Petrassi C、Mastromarino A、Spartera C。

Chirurgia Vascolare、Dipartimento di Scienze ChirurgicheのUniversitaのdegliのStudiのディディミアム ラクイラ、イタリアのCattedra e Scuola di Specializzazione。 chirvasc@cc.univaq.it

の目標は-を慢性の静脈の不十分の処置の… Pycnogenolの効力-フランスの海上マツ吠え声のエキス調査することだった調査する(CVI)。 調査は20人の患者が偽薬かPycnogenol (2か月間100 mg 2 3/day)と募集され、任意に扱われた二重盲目からフェーズインする成っていた-および他の20人の患者が同じ線量のスケジュールのPycnogenolと扱われた開いたのフェーズインする。 合計では、40人の患者は登録された; それらの30および偽薬と10はPycnogenolと扱われた。 Pycnogenolはかなり足の重さおよびsubcutaneous浮腫を改良した; 従って静脈圧力はまたPycnogenolの処置によってかなり減り、CVIの患者の治療上の効力にそれ以上の臨床証拠を加える。 Pycnogenolは有効、おそらくcollagenous subendothelial基底の膜を安定させるか、または遊離基を掃除することによって、またはを組み合わせてこれらの活動行った。 臨床的に、毛管漏出、perivascular発火およびsubcutaneous浮腫はすべて減った。 Pycnogenolの使用の安全は副作用の欠乏によって示されるか、または血の生物化学およびhematologic変数で変わる。 従ってPycnogenolはCVIの防止のための両方および処置および関連veno毛管妨害推薦することができる。

21. Phytother Res。 9月2000日; 14(6): 472-3。

pycnogenolによるlipogenesisの阻止。

長谷川N。

食糧および栄養物の名古屋Bunriの大学、名古屋、日本の部門。 hsgwn@nagoya-bunri.ac.jp

インシュリンによる3T3-L1細胞の脂肪質の転換のpycnogenolの影響は調査された。 インシュリンが付いている文化の週3ではグリセロリン酸塩のデヒドロゲナーゼの表現をかなり禁じると、pycnogenolは見つけられた(p < 0.01)。 見つけるこれはpycnogenolが脂肪組織の脂質のしぶきの蓄積を禁じることを提案する。 版権2000年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

22. 抗癌性Res。 2000日7月8月; 20(4): 2417-20。

pycnogenolによる人間の乳房の癌細胞(MCF-7)のapoptosisの選択的な誘導。

Huynh HT、Teel RW。

生理学および薬理学の、カリフォルニア92350、米国Loma Linda大学医科大学院の部門。

乳癌は米国の女性の癌の死の第2一流の原因である。 ほぼ43,700の女性および人が米国の乳癌で死ぬことをアメリカの癌協会が出版する1999年の蟹座事実および図は推定する。 この調査では、私達はpycnogenolの前でapoptosisと人間の乳癌の細胞(MCF-7)および正常な人間の乳房の細胞(MCF-10)の応答を比較した。 Pycnogenolは松の木の吠え声から得られるフラボノイドの混合物の混合物である。 MCF-7およびMCF-10細胞は培養皿でめっきされ、培養基0、40、か80マイクログラムのpycnogenol/mlの含んでいる媒体で育った。 細胞はconfluencyで収穫され、最低15のためのDAPIと孵化し、そしてapoptosisの証拠のために顕微鏡的に見られた。 Apoptosisは形態、クロマチンの凝縮、核DNAの分裂、DNAの繊維のによって探索可能破損かapoptoticボディである。 DAPIはDNAの分裂を視覚化するのに使用されるDNA結合の蛍光染料である。 汚れるDAPIによって検出されるようにApoptosisは、未処理の細胞よりpycnogenolと扱われたMCF-7細胞でかなり高かった。 pycnogenolの存在はかなりMCF-10サンプルのapoptotic細胞の数を変えなかった。 これらの結果はpycnogenolが選択式に人間の乳房の癌細胞(MCF-7)とない正常な人間の乳房MCF-10細胞の死を引き起こしたことを提案する。

23. 細胞の生命MolのSci。 5月2000日; 57(5): 834-41。

Pycnogenolは腫瘍の壊死の人間の管のendothelial細胞の要因アルファ誘発の核要因Κ Bの活発化そして付着の分子の表現を禁じる。

ポンQ、魏Z、Lau BH。

微生物学の部門および分子遺伝学、Loma Linda大学、カリフォルニア92350、米国医科大学院。

transcriptional規定する蛋白質の核要因Κ B (NF Κ B)は管の細胞粘着の分子1 (VCAM-1)および細胞間付着の分子1 (ICAM-1加わる)を含む炎症性および免疫反応の多くの変調器の遺伝子発現の制御に。 これらの付着の分子の高められた表現はアテローム性動脈硬化、発火、ischemic管の無秩序、糖尿病および癌の転移の重大な役割を担うために報告された。 現在の調査では、私達はNF Κ Bの活発化および腫瘍壊死要因(TNF)のVCAM-1そしてICAM-1 -アルファ扱われた人間の臍静脈のendothelial細胞(HUVECs)の誘導に対するpycnogenolの効果、酸化防止phytochemical、調査した。 HUVECのゲル転位の分析はpycnogenolの前処理がVCAM-1のNF Κ B. InductionのTNFアルファ誘発の活発化の集中依存した抑制を表わし、TNFアルファによるICAM-1が表面の表現pycnogenolによって減った線量依存だったことを示した。 TNFアルファはHUVECsからかなりスーパーオキシドの陰イオンおよび過酸化水素の解放を高めた。 Pycnogenolの線量依存は解放を禁じた。 pycnogenolの機能はNF Κ Bの活発化およびVCAM-1およびICAM-1表現禁じるこのphytochemical atherogenicプロセスをことを停止させるか、または防ぐことの重要な役割を担うかもしれないことを提案する。

24. Biol Pharm Bull。 6月2000日; 23(6): 735-7。

Pycnogenolはベータ アミロイド誘発の傷害から管のendothelial細胞を保護する。

劉F、Lau BH、ポンQ、Shah V。

微生物学の部門および分子遺伝学、Loma Linda大学、カリフォルニア92350、米国医科大学院。

アルツハイマー病(広告)のneuropathological認刻極印は老年性のプラク、cerebrovascularベータ アミロイドーシス、neurofibrillaryもつれおよび選択的な神経の損失である。 ベータ アミロイド(Abeta)は反応酸素種の生成が仲介する管の損傷およびこの損害を与えるためにして考慮される広告の開発の早いでき事と示されていた。 この調査では、私達はAbeta誘発の細胞傷害に対するpyenogenolの効果、有効な酸化防止phytochemical、定めた。 肺動脈のendothelial細胞(PAEC)は24のh.のためのAbeta --にさらされた。 細胞の傷害はmethylthiazolのtetrazolium (MTT)の試金の細胞の実行可能性を測定することと細胞内の乳酸塩のデヒドロゲナーゼ(LDH)の解放を定めることによって査定された。 PAECの脂質の過酸化反応プロダクトはthiobarbituric酸反応物質(TBARS)の測定によって定められた。 AbetaへのPAECの露出は細胞の実行可能性の減少、膜の損傷を示すLDH解放の増加およびTBARSの上昇値で起因した。 pycnogenolのPAECの前培養はかなりこれらの変更を最小にした。 この調査はpycnogenolがAbeta誘発の傷害から管のendothelial細胞を保護できることを示した。 データはpycnogenolがAbetaの毒性と関連付けられる管かneurodegenerative病気の防止や処置のために有用かもしれないことを提案する。

25. Fitoterapia。 6月2000日; 71(3): 236-44。

慢性の静脈の不十分のPycnogenol。

Arcangeli P。

Professore di Clinica Medica Generale e Terapia MedicaのUniversitaのdegliのStudiのディディミアム フィレンツェ、Marsilio Ficino 10による、I-50122、フィレンツェ、イタリア。

慢性の静脈の不十分の40人の患者(CVI)および足のvaricesは選ばれ、二重盲目はPycnogenol (フランスの海上マツ吠え声のエキス)、100 mg x 3/dayか偽薬との処置に二重盲目の実験設計に従って2か月間任意に、割り当てられた。 処置の効果は半定量的なスケールが付いているsymptomatologyを記録すること、およびドップラー手持ち型の超音波による静脈の血の流れによって評価された。 許容範囲は悪影響の記録によってそして血液学および血化学変数によって、そして処置の終わりの前にに評価された。 Pycnogenolの処置は30のそして60日後にsubcutaneous浮腫、また重さの重要な減少および両方の足の苦痛を、評価の期限引き起こした。 患者のおよそ60%はPycnogenolと患者ほとんど全員は患者のおよそ33%で消えた足の重さの減少を報告したが扱った(R)は処置の終わりに浮腫(最も急速に消失の徴候)および苦痛の完全な消失を経験した。 これらの変更は統計的に重要だった。 効果は偽薬扱われた主題で観察されなかった。 静脈の血の流れに対する効果は実験グループのどちらかで観察されなかった。

26. Phytother Res。 11月1999日; 13(7): 619-20。

pycnogenolによる脂肪分解の刺激。

長谷川N。

食糧および栄養物の名古屋Bunriの大学、名古屋、日本の部門。 hsgwn@nagoya-bunri.ac.jp

私達は微分の後で3T3 L1の細胞の脂肪分解のpycnogenolの影響を調査した。 pycnogenolかアドレナリンが成長したadipocytes --にさらされた時、小さいの(20以下のmicromの(2)) intracytoplasmic脂質のしぶきは選択式に消えた。 これらのデータはpycnogenolが脂肪分解を刺激することを提案する。 版権1999年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

27. Thromb Res。 8月1999日15日; 95(4): 155-61。

アスピリンおよびpycnogenolによる煙ら誘発の血小板の集合の阻止。

運搬人M、Grotemeyer KH、Wurthwein G、Araghi-Niknam M、ワトソンRR、Hosseini S、Rohdewald P。

神経学、Westfalische Wilhelms-Universitatミュンスター、ドイツの部門。

人間の血小板機能に対するbioflavonoidの混合物、Pycnogenolの効果は、査定された。 喫煙は心拍数および血圧を高めた。 これらの増加は煙る直前のPycnogenolまたはアスピリンの口頭消費によって影響を及ぼされなかった。 但し、集合に煙ることの後の2時間をもたらす高められた血小板の反応は500 mgのアスピリンによってか22人のドイツの重い喫煙者の100 mg Pycnogenol防がれた。 16人のアメリカの喫煙者のグループでは、血圧は煙ることの後で増加した。 それは500 mgのアスピリンの取入口の後で不変か125 mg Pycnogenolだった。 19人のアメリカの喫煙者のもう一人のグループでは、高められた血小板の集合は150 mgまたは100 mg Pycnogenolの補足より200もっとかなり減った。 この調査はことを単一、大量服用、煙ら誘発の血小板の集合に対して6日以上有効に残った200 mg Pycnogenol示した。 500 mgのアスピリンの管理の後でおよび125 mg Pycnogenol防がれた煙る高められた血小板の集合。 従って、煙ら誘発の高められた血小板の集合は500 mgのアスピリンによって、また100-125 mgのより低い範囲によってPycnogenol禁じられた。 アスピリンはかなり167から236秒に(p<0.001) Pycnogenolはが出血の時間を増加した。 これらの観察はPycnogenolのための有利な危険利点の比率を提案する。

28. 自由なRadic Biol Med。 9月1999日; 27 (5-6): 704-24。

マツ(Pinusのmaritima)からのprocyanidinが豊富なエキスの酸化防止活動そして生物的特性は、pycnogenol吠える。

包装業者L、Rimbach G、Virgili F。

分子および細胞生物学、バークレー94720-3200、米国カリフォルニア大学の部門。 packer@socrates.berkeley.edu

フランスの海上マツPinusのmaritimaの吠え声から得られるそれのような植物のエキスの生物活動に成長する興味Pycnogenolがある。 Pycnogenol (PYC)はフラボノイド、主にprocyandinsおよびフェノールの酸の混合物で構成される標準化されたエキスである。 調査はPYCの部品が非常にbioavailableであることを示す。 独特にPYCは浄化された部品より混合物がそれぞれ部品は共働作用して相互に作用していることを示すことをすると同時にすばらしい生物学的作用を表示する。 PYCは毛管透磁率を高めることによって心血管の利点が、vasorelaxant活動のようなあるために報告され酵素(エース)のmicrocirculationを高める禁止の活動および機能をアンギオテンシン変える。 これらの治療上の効果の細胞メカニズムの調査はPYCに反応酸素および窒素種に対して強く自由な根本的掃気活動があることを示した。 PYCのoligomeric部品はESRの遊離基信号にかなり貢献する。 PYCはまたascorbyl根本的の再生し、酸化圧力から内生ビタミンEおよびグルタチオンを保護する機能によって示されるように細胞酸化防止ネットワークに加わる。 PYCは根本的な、禁止のiNOS両方mRNAの表現およびiNOSの活動を癒やすことによって活動化させた大食細胞の新陳代謝を調整しない。 異なった効果のスペクトルはの循環のいいえおよび神経系免疫および循環無秩序の、またneurodegenerative病気のPYCの潜在的な適用を提案しない。 PYCは構造を変え、それにより新陳代謝の細道にかかわる主酵素および蛋白質の活動を調整する蛋白質に結合できる。 PYCは酸化還元反応に敏感な信号のtransductionの細道をもたらし、遺伝子発現を変える。 PYCの活動の面はフラボノイドの研究の分野で可能な未来の含意および方向とともに示され、論議される。

29. 抗癌性Res。 1999日5月6月; 19 (3A): 2095-9年。

F344ラットのNNKの新陳代謝に対するintragastrically管理されたPycnogenolの効果。

Huynh HT、Teel RW。

生理学および薬理学の、カリフォルニア92350、米国Loma Linda大学医科大学院の部門。

NNKはチトクロームP450の酵素によって新陳代謝の活発化を要求するタバコ特定のニトロサミンである。 NNKはカルボニルの減少、N酸化およびアルファ カーボン ヒドロキシル化によって新陳代謝するかもしれない。 Pycnogenolは松の木の吠え声から得られるフラボノイドの混合物の混合物で、サプリメントとして利用できる。 私達は前にPycnogenolが集中依存した方法のF344ラットの肺およびレバー微粒体のNNKの生体外の新陳代謝を禁じることを示してしまった。 このレポートでは、肺微粒体の塩の影響を受けたNNKの新陳代謝の別様にintragastrically管理されたPycnogenol F344ラットのレバー微粒体でと。 管理されたPycnogenolはないNNK誘発のレバーtumorigenesisの方に口頭で管理されたとき肺微粒体のしかしないPycnogenolがNNK誘発の肺tumorigenesisの方にchemoprotectionをできるかもしれないことを提案するレバー微粒体のNNKの活発化の方に抑制的だった。 肺およびレバー微粒体のNNKの新陳代謝に対するintragastrically管理されたPycnogenolの効果はNNKの新陳代謝のレベルが20 mo古い動物のより少しあったが6 moおよび20 moの古いラットで類似していた。

30. 蟹座Lett。 10月1998日23日; 132 (1-2): 135-9。

年齢の機能としてタバコ特定のニトロサミンNNKのmicrosomal新陳代謝に対するpycnogenolの効果。

Huynh HT、Teel RW。

生理学および薬理学のLoma Linda大学、カリフォルニア92350、米国医科大学院の部門。

NNKは喫煙者および禁煙家がさらされる有効な環境の発癌物質である。 NNKへの応答は栄養物を含むさまざまな要因によって変えることができる。 この調査では、私達は6からのレバーおよび肺微粒体によってタバコ特定のニトロサミンNNKの生体外の新陳代謝に対するpycnogenolの効果を-および20ヶ月の男性F344のラット検査した。 レバー微粒体の主要なNNKの新陳代謝の細道はアルファ ヒドロキシル化は年齢に関係なく肺微粒体の主要な細道だったが、カルボニルの減少だった。 Pycnogenol (40そして120 microg/ml)は両方の年齢別グループからのそしてこれらの細道、pycnogenolに加えるレバー微粒体のカルボニルの減少およびアルファ ヒドロキシル化細道の統計的に重要な阻止を禁じた肺微粒体のN酸化細道を表わした。 20ヶ月のラットからのレバーおよび肺微粒体は相違が統計的に重要ではなかったが6ヶ月のラットからよりより少なく活発だった。

31. 細胞の生命MolのSci。 10月1998日; 54(10): 1168-72。

Pycnogenolは老衰加速されたマウスの免疫およびhaemopoietic機能を高める。

劉FJ、チャンYX、Lau BH。

微生物学の部門および分子遺伝学、Loma Linda大学、カリフォルニア92350、米国医科大学院。

Pycnogenol (Pinusのmaritimaから得られるprocyanidin)はphytochemical有効な遊離基の清掃動物および酸化防止剤であるために示されていた。 加速された老化のネズミ科モデルとして老衰加速されたマウス(SAM)の免疫およびhaemopoietic機能障害に対するpycnogenolの効果は、断固としただった。 SAMP8の学んでいるhaemopoieticシステムの老年性傾向があるマウスの緊張、展示物および記憶欠損、免疫不全および機能障害。 2か月間pycnogenolとの口頭供給はかなりT-およびB細胞機能を改善した。 PycnogenolはまたSAMP8の骨髄のhaemopoietic祖先のproliferative容量を増加した。 これらのデータはpycnogenolが老化と関連付けられる変数の遅滞か復帰のために有用かもしれないことを提案する。

32. J Cardiovasc Pharmacol。 10月1998日; 32(4): 509-15。

Pycnogenolの内皮依存した管の効果。

Fitzpatrick DFのビングB、Rohdewald P。

薬理学、南フロリダ、タンパ33612、米国の大学の部門。

Pycnogenol (p)はアテローム性動脈硬化のような慢性の年齢関連の病気の防止の点では有利であることができる効果を表わすために意味される。 最もこれらの効果の調査される酸化防止/自由な根本的掃気活動である。 この調査では、私達はこの補足が一酸化窒素の(いいえ)生産の刺激によって管のendothelial細胞によって管の効果を作り出すかもしれないという可能性を調査した。 生体外の実験では、P (1-10 microg/ml)はアドレナリン(E)を-、ノルアドレナリン(NE) -緩めた、およびフェニレフリン(PE) -集中依存した方法の引き締められたそのままなラット大動脈リング準備。 但し、大動脈リングのendothelialライニングが取除かれたときに、Pは内皮依存した弛緩の(EDR)効果を示す効果をもたらさなかった。 このEDRの応答はシンターゼ(NO)の抑制剤のNメチルLアルギニン(NMA)が(または防ぎ)弛緩を逆転させなかった、この応答は、それから、Lアルギニンの付加、NOのための正常な基質によって逆転したので、高めなかったレベルを引き起こされた。 Pycnogenol誘発EDRはEDRのメカニズムがスーパーオキシドの陰イオンの掃除を含まなかったことを提案するスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)のハイ レベルへのそのままなリングの露出の後で主張した。 弛緩をもたらすことに加えて、P (1-10 microg/ml)の大動脈リングの前培養は集中依存した方法のそれに続くE-およびNE誘発の収縮を禁じた。 セファデックスLH-20クロマトグラフィーによるPの分別は3つの一部分、そのうちの一つで(一部分3のoligomeric procyanidins)表わした有効なEDRの活動を起因した。 これらの結果はPが、酸化防止活動に加えて、構成するendothelial NO (eNOS)の活動をEおよびNEのvasoconstrictor効果を妨害できるレベルを増加しないように刺激することを示す。 血小板の集合および付着を減らすために、またatherogenesisおよび血栓の形成から保護できる低密度脂蛋白質(LDL)のコレステロールの酸化を禁じるためになお、付加的な保護効果は確立した特性にいいえの起因できない。

33. 自由なRadic Biol Med。 5月1998日; 24 (7-8): 1120-9。

ProcyanidinsはPinusのmaritima (Pycnogenol)から得た: 遊離基種の清掃動物および活動化させたネズミ科の未加工264.7匹の大食細胞の一酸化窒素の新陳代謝の変調器。

Virgili F、Kobuchi Hの包装業者L。

分子および細胞生物学、カリフォルニア大学、バークレー94720-3200、米国の部門。

一酸化窒素に(いいえ)多様な生理学的な役割があり、またウイルス、細菌および他の寄生虫に対する免疫の防衛に貢献する。 但し、の超過生産はさまざまな病気とそのような関節炎、糖尿病、打撃、腐敗性の衝撃、自己免疫の、慢性の炎症性病気およびatheriosclerosis関連付けられない。 細胞は活動化するか、またはいいえ作り出す憂鬱な刺激に酵素の機械類の表現を高めるか、または禁じることによって答える。 従って、生産の堅い規則の維持は人間の健康のために重要ではない。 Phytochemicalsは公有地で生産のdisregulationがない病理学の系列を扱う方法で伝統的に利用された。 ここで私達は反応酸素および窒素種に対してPycnogenol (Pinusのmaritimaからの吠え声のエキスを含んでいるポリフェノール)の掃気活動を報告し、ネズミ科の大食細胞の細胞の新陳代謝に対する効果は未加工264.7を並べない。 大食細胞は細菌の壁の部品の多量の酵素の一酸化窒素のシンターゼ(iNOS)の表現を引き起こすlipopolysaccharide (LP)およびインターフェロン(IFNガンマ)によって活動化させた。 Pycnogenolの生理学的な集中の細胞の前培養はかなり生成を減らさなかった。 この効果が複数の異なった生物活動、iNOS mRNA表現のiNOSの活動のすなわち、ROSおよび掃気活動、阻止、および阻止の組合せが原因ではなかったことが分られた。 これらのデータはさまざまな人間の無秩序の治療上の代理店としてPycnogenolおよび多分他のpolyphenolic混合物の生物活動の概念的な理解に基礎を提供し始める。

34. 生命Sci。 1996年; 58(5): PL 87-96。

レトロウイルス科感染させたか、またはエタノール与えられたマウスのpycnogenolによるImmunomodulation。

Cheshier JE、Ardestani-Kaboudanian S、梁B、Araghiniknam M、チョンSの車線L、Castro A、ワトソンRR。

家族およびコミュニティ薬、チューソン85724、米国アリゾナ州立大学の部門。

Pycnogenolはantioxidative活動を表わすbioflavonoidsの商業混合物である。 正常なマウス、またそれらの免疫の機能障害に対する食餌療法のpycnogenolの効果はエタノールに与えたまたはLP-BM5ネズミ科のレトロウイルス科に感染させて断固としただった。 エタノールの消費によりおよびレトロウイルス科の伝染はhumoralおよび細胞免除にかかわった細胞の広い配列の機能や構造で異常を引き起こした。 Pycnogenolはmitogen刺激されたsplenocytesによって生産がエタノール与えられたか、またはレトロウイルス科感染させたマウスで抑制されたら生体外のIL-2生産を高めた。 splenocytesのMitogenesisはpycnogenolと扱われたマウスの重要な変更を示さなかった。 それはレトロウイルス科によって感染させたマウスから脾臓の細胞によって分泌した細胞およびエタノールを消費しているマウスからIL-10によって生体外で作り出されたinterleukin6の上昇値を減らした。 NK細胞の細胞毒性はpycnogenolの処置と高められた。

35. Biotechnol Ther。 1994-95;5(3-4):117-26.

Pycnogenolはtブチルのヒドロペルオキシドによって引き起こされるオキシダントの傷害から管のendothelial細胞を保護する。

Rong Y、李L、Shah V、Lau BH。

微生物学の部門および分子遺伝学、Loma Linda大学、Loma Linda、カリフォルニア92350、米国医科大学院。

活動的な酸素の引き起こされ、遊離基は生物的分子、膜の酸化を仲介し、ティッシュはように癌、アテローム性動脈硬化および老化の主要な原因提案された。 endothelial細胞の損傷は心血管およびcerebrovascular病気をもたらすかもしれない。 現在の調査では、pycnogenol (Pinusのmaritimaから得られるprocyanidins)の酸化防止効果は管のendothelial細胞を使用して生体外で調査された。 牛のような肺動脈のendothelial細胞(PAEC)の合流する単一層は16 hのためのpycnogenolの異なった集中と事前に画策され、そして3か4 h.のための有機性オキシダントのtブチルのヒドロペルオキシド(tBHP)にそれから露出されて洗浄し。 細胞傷害はmethylthiazolのtetrazolium (MTT)の試金の細胞の実行可能性を測定することと細胞内の乳酸塩のデヒドロゲナーゼ(LDH)の解放を定めることによって査定された。 PAECの脂質の過酸化反応プロダクトはthiobarbituric酸の螢光分析の試金のmalondialdehyde (MDA)として監視された。 PAECが付いているtBHP (75、100、か125 microM)の孵化は細胞の実行可能性、高められたLDH解放および上げられたMDHの生産を減らした。 tBHPの露出がかなり細胞の実行可能性を高め、LDH解放を減らし、そしてMDAの生産を減らした前にpycnogenol (10-80 micrograms/mL)のPAECの前培養。 これらの結果はpycnogenolがオキシダントの傷害から管のendothelial細胞を保護できることを示す。 データはこうしてpycnogenolが酸化損傷と関連付けられる無秩序の防止のために有用かもしれないことを提案する。

  • ページ
  • 1
  • 2