生命延長スキン ケアの販売

概要

ナリンギンの概観

ナリンギンはグレープフルーツ、ナリンギンで見つけられるフラボノイドの混合物与えるグレープフルーツに独特の苦みをである。 グレープフルーツ プロセッサは低いナリンギンの内容が付いているフルーツを選ぶように試み頻繁に苦味の望ましい程度を得るために異なったグレープフルーツの変化から得られるジュースを混ぜる。 ナリンギンは味覚芽の刺激によって好みの私達の認識を高めると信じられる(何人かの人々食事の前にわずかグレープフルーツ ジュースをこのような理由で消費する)。

ナリンギンは禁止の癌もたらす混合物で器械であり、こうして潜在的な化学療法の価値を持つかもしれない。 調査はまた薬剤のより高い血レベルに終って従ってナリンギンが腸で酵素の活動とある特定の薬剤の故障と干渉することを、示した。 グレープフルーツのナリンギンによって影響されるために知られているいくつかの薬剤は高血圧のためのカルシウム チャネルのブロッカー、エストロゲン、鎮静剤、薬物、アレルギー、エイズ、および薬剤のコレステロール低下を含んでいる。 カフェインのカフェインのレベルそして効果はまたグレープフルーツかグレープフルーツ ジュースの消費によって拡張することができる。 薬剤の新陳代謝に対するナリンギンの効果は薬剤の有効性を高めることができる間、また不注意に余りに高い適量で起因できる。 従って薬剤との相互作用が知られていなければ、グレープフルーツ ジュースが付いている薬剤を取らないことが最善である。 さらに、グレープフルーツ ジュースを飲む効果は累積である、従って1週間あなたの薬物と毎日グレープフルーツ ジュースのガラスを飲んだら薬剤相互作用は始めにより週の終わりに強いことを意味する。

(源: www.wholehealthmd.com)

研究の概観

ナリンギンの研究は次の効果を示す:
1. 化学療法の薬剤および環境の毒素から保護する
2. 脂質新陳代謝を高める
3. エタノールの新陳代謝を高める
4. エタノールの取入口のマイナスの効果を減らす
5. 遊離基の清掃動物として機能する
6. 細胞毒性を減らす
7. 酸化防止剤として機能する
8. 反apoptoticとして機能する
9. 発癌性の問題から保護しなさい
10. アテローム性動脈硬化の危険を減らすよろしいです
11. かなりLDLの酸化を禁じる
12. 胃の損害の処置で使用される
13. Sindbisのneurovirulentウイルスを禁じる
14. 総コレステロール値を減らす
15. 血しょうビタミンEのレベルを保護する
16. 高脂血症を防ぐ
17. 反atherogenicである

ナリンギンの概要 (27)

  • ページ
  • 1
  • 2