生命延長スキン ケアの販売

概要

Nアセチル システイン: 214の研究の概要

ACETAMINOPHENの中毒**

1. ハム雑音Exp. Toxicol。 8月2003日; 22(8): 453-8。 acetaminophenの過量の巧妙な処置は肝不全と関連付けた。 Pajoumand A、Jalali N、Abdollahi MのShadnia S.の毒中心、Loghman-Hakimの病院、医学部、医学のShaheed-Beheshti大学、テヘラン、イラン。

Acetaminophenは世界の最も広く利用された解熱剤および鎮痛剤の薬剤である。 Acetaminophenの中毒および次の肝不全はまれでし、米国およびヨーロッパのレバー移植の共通の徴候である。 この場合レポートは、患者Loghman-Hakimの毒中心に24時間acetaminophenの100つのタブレットとの自殺未遂の後の持って来られた肝不全を用いる25歳の女性、325 mgだった。 彼女はN acetylcysteine (NAC)と扱われ、12日病院から入場の後の排出され、そして1か月間追われた。 結論として、acetaminophenの中毒は肝不全の差動診断で考慮されるべきである。 acetaminophen誘発の肝臓の損傷でNACの管理は過量の24時間の後でさえも常に考慮されなければならない。

2. Klin Med (Mosk)。 2003年; 81(4): 58-60。 [市販のanalgetics解熱剤] [ロシア語の記事]の代表としてアセトアミノフェンの安全Makar'iants ML。

アセトアミノフェンは医療行為で広く利用された有名なanalgeticantipiretic薬剤である。 治療上の線量(子供のための大人および60のmg/kg/日のための4 g/day)でアセトアミノフェンは大人および子供の両方複雑化の最低の危険の熱そして非厳しい苦痛を取り除く。 しかし医学の専門家は非常に大量服用で(大人のための10 gの上で)アセトアミノフェンがhepatotoxic効果をもたらすことを知るべきである。 ロシアのアセトアミノフェンの過量の取入口はまれに起こらない、偶然または自殺未遂に起こる。 このような場合レバーを保護するのに解毒剤が使用されなければならない。 アセトアミノフェンのためのこの解毒剤はN acetylcysteineである。

3. CochraneのデータベースSystのRev. 2002年; (3): CD003328. アセトアミノフェン(acetaminophen)の過量のための介在。 Brok J、Buckley N、臨床介在の研究のためのGluud C. Centre、コペンハーゲン大学病院、部門71-02、H: S Rigshospitalet、コペンハーゲンO、デンマーク、DK 2100。 jesperb@mdb.ku.dk

背景: アセトアミノフェン(acetaminophen)との自己中毒は西洋文明のhepatotoxicityのコモン・コーズである。 アセトアミノフェンの中毒のための介在は吸収の阻止、脈管系からの取り外し、解毒剤およびレバー移植を取囲む。 目的: 目的はアセトアミノフェンの過量のための介在の介在または組合せの有利な、悪影響を査定することだった。 探索戦略: CochraneのHepato胆汁の集団経営の試験は、Cochraneの図書館、MEDLINE、EMBASE登録し、テキストの調査は結合された(2001年7月まで)。 選択基準: ランダム化された臨床試験(RCTs)および観測の調査、また人間のボランティアによってランダム化された試験は含まれていた。 調査は記事、概要、または手紙および言語限定が応用ではなかったと同時に出版されていないですまたは出版されてことができる。 データ収集および分析: すべての分析は扱う意思に従って行われた。 含まれた試験の方法論的な質は方法論的な質の部品によって評価された。 主要な結果: 9人のRCTs (すべてに低く方法論的な質のおよび小さい)、者は試験、37の観測の調査を疑似ランダム化し、人間のボランティアを含む9つのランダム化された試験は識別された。 2人以上のRCTsを含むメタ分析を行うことは不可能だった。 活動化した木炭、胃洗浄およびipecacuanhaはアセトアミノフェンの吸収を減らせるが、臨床利点は明白でない。 これらの、活動化した木炭は最もよい危険利点の比率があるようである。 N acetylcysteineは偽薬/支える処置(fulminant肝不全を用いる患者の死亡率の相対的な危険= 0.65に望ましいようである; 95%の信頼区間0.43への 0.99)、メチオニンへのdimercaprolおよびcysteamine、しかしN acetylcysteineの優越性は立証されていない。 N acetylcysteineの処置議定書が最もよい効力に提供するそれは明確ではない。 証拠はアセトアミノフェンの過量のためのhaemoperfusionかシメチジンを支えない。 レバー移植にfulminant肝不全の救命である潜在性があるがレバー移植のための選択基準のそれ以上の洗練および長期結果の評価は要求される。 評論家の結論: この組織的検討はアセトアミノフェンの過量のための介在のRCTsの不足を強調した。 活動化した木炭はアセトアミノフェンの吸収を減らす最もよい選択のようである。 N acetylcysteineはアセトアミノフェンの過量を持つ患者に与えられるべきである。 N acetylcysteineの政体は他のどのより有効であるために示されていなかった。 それは悪い予想の患者の救命のかもしれないレバー移植にいつ進むか敏感なバランスである。 良質、多中心RCTsのアセトアミノフェンの過量のニーズ アセスメントのための介在。

4. Hepatology。 4月2002日; 35(4): 876-82。 acetaminophen誘発のhepatotoxicityの慢性アルコール消費対激しい。 シュミツトLE、Dalhoff K、Poulsen彼。 Hepatologyおよび臨床薬理学、Rigshospitaletの大学病院、コペンハーゲン、デンマークの部門。 lars.schmidt@dadlnet.dk

この調査の目標はアルコールおよび他の要因がacetaminophen (アセトアミノフェン)の中毒の患者の臨床経過そして結果にいかに影響を与えるか多変量解析によって定めることだった。 アルコール歴史への特別な関心、過量および静脈内のN acetylcysteine (NAC)の処置(「NACへの時間」)、およびアドミタンスの時に利用できる他のデータ間の時間を与えている是認されたから645人の連続した患者1994年から単一線量のacetaminophenの中毒との2000年の合計は調査された。 摂取の後の72時間までの上で、NACへの時間は単一の最も重要な独立した危険率だった。 NACへの時間によってより少しはより12時間、死亡率0.42%だった(95% CI、0.05-2.7)。 NACへの時間が12、24、そして48時間を超過したときに、死亡率は6.1%、13%、および19%に、それぞれ増加した。 慢性のアルコール中毒は死亡率(確率の比率[または]の独立した危険率、3.52だった; 95% CI 1.78-6.97)。 激しいアルコール摂取はアルコール性の患者の死亡率に関する独立した保護要因だった(または、0.08; 95% CI、非アルコール患者の0.01-0.66)しかしない(または、0.21; 95% CI、0.03-1.67)。 acetaminophenはの忍耐強い年齢そして量独立した危険率だった。 結論として、NACへの時間はacetaminophen誘発のhepatotoxicityおよび死亡率の主要な危険率として確認された。 慢性のアルコール中毒は付随の激しいアルコール摂取によって妨害できる独立した危険率だった。 私達はhepatotoxicityを開発する高められた危険にリスク推定にもかかわらずNACとよる慢性のアルコール中毒および疑われたacetaminophenの毒を用いる患者が扱われるべきであることを提案する。

5. Exp. Toxicol Pathol。 2月2002日; 53(6): 489-500。 N acetylcysteineによる保護のAcetaminophenのhepatotoxicityそしてメカニズム: Hep3Bの細胞の調査。 Manov I、Hirsh M、Iancu TC。 小児科の研究および電子顕微鏡検査の単位、ブルースRappaportの医学部、Technionイスラエル共和国の技術協会、ハイファ、イスラエル共和国。

Acetaminophen (AAP)のhepatotoxicityは、centrilobular壊死に終って青年によって、また幼児の余分な使用の後で自殺試みの後で、頻繁に、特に見つけられる。 hepatocellular細胞死をもたらす細胞レベル下および分子順序はまだ明確ではない。 従って私達は保護代理店として使用されたAAPおよびN acetylcysteine -- (NAC)にさらされた培養されたhepatoma得られた細胞(Hep3B)の使用によってAAPのhepatotoxicityを調査した。 具体的には、私達はAAP準の細胞毒性の推定のメカニズムとしてapoptosisおよび酸化損傷の役割を調査した。 Hep3Bの細胞はAAP (5-25のmM)および異なった期限のNAC -- (5つのmM)にさらされた。 細胞の実行可能性はAlamarの青い減少テストおよびLDHによって査定された。 酸化損傷は反応酸素種(ROS)およびグルタチオンの測定によって評価された。 AAP誘発のapoptosisは流れcytometryおよび透過型電子顕微鏡によって調査された。 私達はそれを見つけた: 1. Hep3Bの細胞では、AAPにより膜透過性の酸化圧力、ミトコンドリアの機能障害、変化およびapoptosisをもたらすタイムおよび集中依存した細胞毒素の効果を引き起こす; 2. AAPの細胞毒性の間に、ROSの生成は実行可能性、LDHの漏出、グルタチオンの枯渇およびapoptosisの減少に先行する早いでき事として現われる; 3. NACはAAP誘発の酸化傷害からHep3Bの細胞を保護するが、apoptosisを防がない。

6. [再度アセトアミノフェンについて。] [ハンガリー語の記事] Hazai E、Monostory K、Bakos A、Zacher G、Vereczkey L. Magyar Tudomanyos Akademia、ブダペスト、Kemiai Kutatokozpont、Farmakobiokemiai Osztaly。 Orv Hetil 2月2001日18日; 142(7): 345-9

患者のアセトアミノフェン(acetaminophen)の過量そして処置によって引き起こされるhepatotoxicityのメカニズムは見直される。 アセトアミノフェンは鎮痛性および解熱性の特性が付いている広く利用された市販薬である。 治療上の線量で安全であることを考慮するがhepatotoxicityの発生により過量によって引き起こしたまたはずっと不注意な適用は最近増加している。 Nアセチルp benzoquinonimine、アセトアミノフェンから形作られる代謝物質の1はhepatotoxicityに責任がある。 今までアセトアミノフェンによって引き起こされるhepatotoxicityの有効な処置のための完全な治療上の作戦がない。 除去の腸の除去、N acetylcysteineの解毒剤の管理および強化はアセトアミノフェンの過量の管理のために使用される。 厳しいhepatotoxicityとのそれらおよび神経学的な徴候はnecroticレバーの取り外しから寄与し、移植を経ることができる。

7. diallylの二硫化物およびN acetylcysteineを組み合わせてacetaminophen誘発の激流の防止。 肇C、眼科学のShichi H. Department、Kresgeの目の協会、デトロイト、ミシガン州、米国ウェインの州立大学の医科大学院。 J Ocul Pharmacol Ther 8月1998日; 14(4): 345-55

チトクロームP450 (CYP)が1A1/1A2引き起こされたC57BL/6マウスへのacetaminophen (APAP) (体重350のmg/kgの)の注入は激しい激流および他の目の組織の損傷を作り出した。 ニンニク オイル、diallylの二硫化物(お父さん) (体重200のmg/kgの)の主要なorganosulfidesの1つのAPAP注入されたマウスの処置は、激流の開発を防ぎ、生存期間を延長した。 NアセチルのLシステイン(NAC) (体重500のmg/kg)、グルタチオンの統合を刺激する延長されたプロドラッグの、また生存期間激流の形成を防いで弱だけ有効だったが。 お父さんおよびNACの組合せは完全にcataractogenesisを防ぎ、扱われた動物すべてはAPAPの毒性を存続させた。 お父さんもNACもethoxyresorufinのO-dealkylase肝臓のmicrosomal (ERD)の活動の誘導に対する彼らの効果によって定められるようにCYP 1A1/1A2の誘導を禁じなかった。 但し、生体外の酵素試金に、お父さん、しかしないNACは、ERDの活動の有効な抑制剤だった(IC50 = 3.5 mM)。 お父さんまたはNACの処置は肝臓のグルタチオン(GSH)の内容の減少を遅らせたが、停止しなかった。 APAPの注入の後の4時間で、肝臓GSHはお父さんおよびNACが一緒に管理されたときにだけ増加し始めた。 従ってこれらの結果はお父さんの保護効果がCYP 1A1/1A2の酵素によって反応代謝物質のNアセチルpベンゾキノンのイミン(NAPQI)がAPAPのbiotransformationの阻止が原因であること、そしてNACが細胞システインのレベルおよびGSHの統合をことを高めることによって保護を提供すること、NAPQIの解毒の促進を提案するグルタチオンの活用によって。 お父さんおよびNACの処置が一緒に効果的にレバーを保護したことを血しょうグルタミン酸塩ピルボン酸塩のトランスアミナーセの活動の試金、示されているレバー壊死の表示器。 従って、GSHの減少は正常な集中の30%程に多く、単独で、肝臓障害に責任がない。 肝臓の壊死の第一次原因はNAPQIの急速な蓄積である。

8. 行為のメカニズムおよび早く、遅いacetaminophenの中毒の処置のN acetylcysteineの価値: 重大な検討。 ジョーンズのALのスコットランド人は情報局、エジンバラ、スコットランドの高貴な付属診療所の毒する。 SPIB@compuserve.com J Toxicol Clin Toxicol (米国) 1998年、36 (4) p277-85

導入: 早いacetaminophenの中毒のN acetylcysteineの行為のメカニズムはよく理解されるが、多くは15時間を越えて示すacetaminophenの中毒の可能な利点のメカニズムの学ばれることを残る。

方法: 医学文献の選択的な検討。 N acetylcysteineは血しょうacetaminophenの集中がラインの上に「ある早いacetaminophenの中毒のいずれの場合も使用されるべきである; 」ラインが選ばれる酵素誘導が疑われるかどうか個々の好みによって、そして決まる。 特定の心配はacetaminophenの慢性の余分な摂取の患者または遅解放の公式を取った人のためのノモグラムの使用と取られるべきである。

結論: 15時間を越えて示している何人かの患者のN acetylcysteineの有利な効果を提案する傾向の間、それ以上の研究は、特にfulminant肝不全と示している患者にちょうど有効なN acetylcysteineがあるかいかに確立して必要である。 有利な効果のための候補者のメカニズムはレバー血の流れの改善、cytokineの生産のグルタチオンの補充、修正、および遊離基または酸素の掃気を含んでいる。 血行力学および酸素の配達および利用変数はfulminant肝不全を用いる患者の遅らせられたN acetylcysteineの処置の間に不必要なvasodilationが中間の動脈血圧力の維持に有害かもしれないので注意深く監視されなければならない。 (75 Refs。)

9. シメチジンはアセトアミノフェンの有毒な線量と扱われるマウスのN acetylcysteineのhepatoprotective行為を高める。 AlMustafa ZH; AlアリAK; Qaw FS; 薬理学のアブドルCader Z部、薬の大学および医学、Faisal University、Dammam、サウジ アラビア王。 毒物学(アイルランド) 1997年9月5日、121 (3) p223-8

アセトアミノフェンは、有毒な線量で広範な肝臓障害と、関連付けられる。 これは薬剤の中毒の場合の疾病率そして死亡率のコモン・コーズの1つを表す。 この調査はシメチジン(CMD)によってN acetylcysteine (NAC)のhepatoprotective行為の可能なpotentiationを調査するために、肝臓のmicrosomal酸化酵素の抑制剤引き受けられた。 組合せのNAC、シメチジンおよび2の効果は、死亡率、血しょうグルタミンoxaloaceticで2つのhの後アセトアミノフェンの線量を、管理し、(得られた)グルタミン ピルビン(GPT)トランスアミナーセの活動および肝臓の減らされたグルタチオン(GSH)のレベルはアセトアミノフェン(400のmg/kg)の単一の口頭線量との処置の後でマウス24 hで調査された。 NACによりおよびシメチジンは両方残存率、得られたおよびGPTの血しょうの部分的な改善を活動引き起こした。 さらに、それらは肝臓GSHの内容の枯渇を防いだ。 但し、NACおよびシメチジンの付随の管理は塩扱われた対照動物で活動正常範囲内のへの得られたおよびGPTの血しょうの100%の残存率そしてマーク付きの減少をそれらの近くの価値にかなり肝臓GSHの集中を上げている間測定した作り出した。 従ってシメチジンおよびN acetylcysteineはアセトアミノフェンの過量の処置の付加的なhepatoprotective行為があるかもしれないことが完了される。

10. 香港の中国の患者のアセトアミノフェンの中毒の後で疾病率を続けるために責任がある要因。 Chan TY; Chan AY; 臨床薬理学、香港病院、Shatinの新しい領域、香港ウェールズ王子の、中国大学のCritchley JA部。 シンガポールMed J (1996年、37 (3)シンガポール) p275-7 6月、

アセトアミノフェンの中毒の後で肝臓障害の流行を続けるために、病院責任がある定めるためには、それらの要因を1988年から1993まで香港ウェールズ王子に示している222人の中国の患者は調査された。 推薦された「処置ライン」の上の血しょうアセトアミノフェンの集中の27人の患者の、13は肝臓障害を開発した。 時間は摂取の間で経過し、静脈内のN acetylcysteine (NAC)との処置は最も重要な予想要因だった。 NACを適切に与える失敗(50%)および遅い提示(23%)は継続疾病率の主な理由だった。 残りの患者(30%)の何人かの肝臓障害はNACが摂取の8-15時間以内の救急救命室で始まったら防がれたかもしれない。 アセトアミノフェンの中毒が香港にNACか遅い提示を適切に与える失敗のために共通に(5.9%)残った後肝臓障害。 私達は直接繰り返し標準プロトコルへの付着の重要性を強調することおよび義務の記録係への有毒な血しょうレベルの結果を電話をかけてもらうことによる忍耐強い管理を改良することを望む。

11. 臨床毒性学の場合(1)。 親切なBの毒する激しいアセトアミノフェンのN acetylcysteineの適量; Krahenbuhl S; Wyss PA; Meier-Abt PJ Schweizerisches Toxikologisches Informationszentrum (STIZ)、Departement Innere Medizin、Universitatsspitalチューリッヒ。 Schweiz Rundsch Med Prax (スイス連邦共和国) 1996年8月2日、85 (31-32) p935-8

現在激しいアセトアミノフェンの中毒の処置でN acetylcysteineの管理に使用する3つの議定書がある。 米国ではヨーロッパで静脈内の議定書は使用されるが、口頭議定書だけ公認である。 処置が10 h.の内で始まれば。 アセトアミノフェンの摂取の後で、3つの議定書はすべて均等に有効ようである。 処置が10から24のh.始まれば。 摂取の後で、口頭議定書およびSmilksteinの議定書はプレスコットの議定書より優秀ようである。 N acetylcysteineは以上15 h摂取の後で始められたときまた有効である。 アセトアミノフェンの中毒がN acetylcysteineの延長されたコースと扱われるべきだった後肝不全と示す患者。

12. アセトアミノフェンの中毒の処置のための推薦。 デンマークの医学の社会、レバーClemmesen J.O.の調査; Ott P.; Dalhoff K.P.; Astrup L.B.; Tage-Jensen U.; Poulsen H.E. Medicinsk Afdeling A-2101、Rigshospitalet、DK-2100コペンハーゲンOデンマークUgeskr Laeger (デンマーク) 1996年11月25日、158 (48) p6892-5

アセトアミノフェン(acetaminophen)の中毒のN acetylcysteine (NAC)の効力に関する最近のレポートに基づいて、処置のための指針およびこれらの患者の制御はレバーの調査のためのデンマーク連合の下の研究グループ見直される。 NAC処置が紹介の直後に始められ、36時間いずれの場合も続くことが推薦される。 それ以上のNAC処置はINRの減少が観察された前に中断されるべきではない。

13. 延長解放のAcetaminophenの過量

Graudins A、アーロンCKのシナノキCH Andis Graudins、M.B.、B.S.、マサチューセッツ大学NイギリスJ Med 7月1995日20日; 333(3): 196

これはタイム解放の方法でタブレットごとのacetaminophenの650 mgを含んでいる公式である救助(McNeilの医薬品)を拡張したTylenolの2握りを摂取した後19時間が病院で見られた健康な13歳の女性の場合のレポートである。 患者は1 kgあたり70 mgの6つの線量および1 kgあたり100 mgの11の線量に先行している体重の1 kgあたりacetylcysteineの140 mgの口頭線量を受け取った。 7,000にあったおよび4.2の国際的な正常化された比率はacetaminophenの摂取の後の59時間を最高にしたアラニン アミノ基移転酵素のレベル。 患者は臨床的に健康に残り、解決のレバー機能価値の日4に家に送られた。 連続acetaminophenに線形低下-測定があった。 Tylenolは救助を設計されている8時間まで鎮痛性の効果を維持するように拡張した。 過量との出版されたデータがない。 動物実験はhepatotoxicityを防ぐのに必要とされるacetylcysteineの線量が摂取されるacetaminophenの線量に比例していることを示す。

14. 新陳代謝の活発化およびアセトアミノフェンのhepatotoxicity - Chan T.Y.Kの毒するアセトアミノフェン(acetaminophen)の管理の更新。; Critchley J.A.J.H.; Chan J.C.N。; 臨床薬理学のTomlinson B. Department、香港病院、香港医学連合(J.香港MEDのShatin香港ジャーナル ウェールズ王子の、中国大学。 ASSOC. ) (香港) 1994年、46/1 (87-92)

アセトアミノフェン(acetaminophen)の中毒の査定そして現在の処置は新陳代謝の活発化容量の個々の変化の重大さに重点を置いて見直される。 摂取が毒性の危険を査定する唯一の信頼できる方法であるので時間に関連する血しょうアセトアミノフェンの集中および測定はすべての疑われた場合でなされるべきである。 従来の「処置ライン」の上のレベルを持つ患者はmin. 30から60任せられるローディング線量との20時間にわたる静脈内のN acetylcysteine (300のmg/kg)を受け取るべきである。 この養生法は10時間以内に与えられたら最も有効であるが、処置は助け24時間まで厳しい肝臓障害を防ぐ。 静脈内のN acetylcysteineとの酸化防止療法はまた指示すること当然のfulminant肝不全または間接遊離基の掃気の患者の予想を多分改善する。 肝炎関連肝臓病の何人かの慢性のアルコール中毒患者そして患者は新陳代謝の活発化のための高められた容量による肝臓障害により敏感かもしれ、より低い処置の境界は示される。 抗てんかん薬またはrifampicinのような薬剤を引き起こす肝臓の酵素を取っている患者のための境界を下げる必要性ははるかに曖味である。 これらの患者の高められた新陳代謝の活発化容量のための説得力のある証拠がない。

15. アセトアミノフェンのoverdosageの患者の静脈内のN acetylcysteine、hepatotoxicityおよび血しょうグルタチオンのSトランスフェラーゼ。 Beckett GJ; Donovan JW; AJ Hussey; Proudfootの; 臨床化学、高貴な付属診療所、エジンバラ、スコットランド、イギリスのプレスコットLFの大学の学部。 人間及び実験毒物学(1990年、9 (3)イギリス) p183-6 5月、

グルタチオンのSトランスフェラーゼB1 (GST B1)の亜単位の集中は静脈内のN acetylcysteineと扱われた厳しいアセトアミノフェンの中毒の10人の患者からの48 hのために度々取られた順次血しょうサンプルで測定された。 血しょうGST B1集中の顕著な増加は調査の期間にわたって観察されなかったし、N acetylcysteineとの処置の開始の4 hと血しょうGST B1集中に重要な減少があった。 患者のどれも続いて重要な肝臓障害を開発しなかった。 アセトアミノフェンの中毒の処置に使用する線量でN acetylcysteineはhepatotoxic効果をもたらさない。

16. 非麻酔の鎮痛剤との肝臓障害。 プレスコットLFの医学の毒物学(ニュージーランド) 1986年、

非麻酔の鎮痛剤はいろいろ肝臓の損害を作り出すことができるが、臨床的に重要な肝臓障害は正常な治療上の使用と珍しい。 サリチル酸塩、非ステロイドの炎症抑制薬剤(NSAIDs)、アセトアミノフェン(acetaminophen)およびピラゾロンによって引き起こされるhepatotoxicityのパターンは異なるが、これらの薬剤の多数によりレバーを含む一般化された反作用を引き起こすことができる。 疑わしい薬剤によってレバー傷害の危険は処置の年齢、性、線量および持続期間のような要因によって調節されるかもしれない。 Hepatotoxicityはサリチル酸塩の使用と関連付け、ほとんどのNSAIDsは最も頻繁にずっとコラーゲンの病気の女性で報告されているこれはそのような患者のこれらの薬剤のより大きい使用を単に反映するかもしれない。 アセトアミノフェン誘発の肝臓障害はoverdosageの結果としてほとんど専ら起こる。 サリチル酸塩への帰因するReyeのシンドロームの患者のhepatocytesのmicrovesicular脂肪質の変更を除いて、overdosageでアセトアミノフェンによって引き起こされる激しいcentrilobular壊死および作り出されるマーク付きの胆汁うっ滞はbenoxaprofen、非麻酔の鎮痛剤への肝臓の反作用の病理学変更は幾分可変的、無指定である。 完全な炎症抑制の適量のサリチル酸塩がある患者の約50%はレバー機能のマイナーな異常を開発する。 hepatocytesのつぎはぎの壊死そして退化を用いる血しょうアミノ基移転酵素の活動の増加を緩和する穏やかが通常ある。 これらの変更は血しょうサリチル酸塩の集中と関連し、通常急速にリバーシブルである。 小さい少数の患者では、特に若者、肝臓障害はより厳しく、肝不全、アシドーシス、hypoglycaemiaおよび脳症と関連付けられるかもしれない。 この映像は密接にReyeのシンドロームに類似している。 overdosageでは、アセトアミノフェンにより激しい肝臓の壊死を引き起こすことができる。 特定の処置なしで、大人のある8%はより1000のU/Lおよび約1%が肝不全および脳症と死ぬ大きい血しょうアミノ基移転酵素の活動の厳しい肝臓障害に苦しむ。 8から10時間以内のN acetylcysteineのようなスルフヒドリル混合物の管理は効果的に肝臓障害および死を防ぐ。 アセトアミノフェンの治療上の使用への肝臓障害は帰因した。 但し、ほとんどのレポートに線量は余分であり、(だれが高められた危険であるべきをようであるか)多くの患者は慢性のアルコール中毒患者だった。 このような場合特徴は激しいoverdosageの典型的だった。 hepatotoxicityの一貫した、独特、パターンは比較的少数の非ステロイドの炎症抑制そしてピラゾロンの鎮痛剤と明白である。 相対的な危険の格付けは確立することができないし、使用に関連する発生は知られない。(400で省略される概要

17. アセトアミノフェンの過量の後の血しょうグルタチオンのSトランスフェラーゼの測定: 早いhepatocellular損傷のための証拠。 Beckett GJ; 行商人BJ; ダイソンEH; ヘイェズJDの腸(1985年、26 (1)イギリス) p26-31 1月、

血しょうグルタチオンのSトランスフェラーゼ(GST)の測定がアセトアミノフェンの過量の後でhepatocellular完全性調査するのにおよびN acetylcysteine (NAC)との処置の早い変更を使用されていた。 7時間以内に是認され、首尾よく扱われた患者は上がったまたは入場およびそれぞれの曖味なGSTはGSTで一時的なピークに過量の後のおよそ12時間を示した。 アセトアミノフェンのレベルが処置ラインの下で落ちた未処理の患者のGSTの同じような、しかし小さな変更は、見られた。 続いて厳しい肝臓障害を開発した患者で見つけられた価値と比較された首尾よく扱われた患者の血しょうGST集中は小さかった。 厳しい肝臓障害を開発した患者で観察されたGSTの集中の変更はアセトアミノフェン誘発のhepatotoxicityの明瞭で早く、遅い段階が行われたことを示した。 アセトアミノフェンが早い毒作用を出すメカニズムが明白でないが、私達のデータはNACのプロンプトの処置が首尾よくこの早い期間の臨床および潜在性のhepatotoxicityを防ぐことができることを提案する。

18. アセトアミノフェンのoverdosage。 病理学の考察および臨床管理プレスコットL.F. Reg。 毒。 Treatm。 セントは。、R. Infirm。、エジンバラEH3 GYWイギリス(薬剤) (オーストラリア) 1983年、25/3に薬剤を入れる(290-314)

overdosageで取られたときアセトアミノフェン(acetaminophen)、普通非常に安全な薬剤は、激しいcentrilobular肝臓の壊死を作り出すかもしれない。 特定の早い徴候がないまたはアセトアミノフェンの中毒および意識の印は損なわれない。 血しょうアミノ基移転酵素の(ASTかALT)活動は10,000 iu/Lまたはプロトロムビンの時間比率および穏やかな黄疸の延長との多くに劇的に増加するかもしれない。 急性腎不全は珍しい複雑化である。 レバー機能の最高の異常は少なくとも3日間遅れ、最初に予想は摂取の後で時間に関連して血しょうアセトアミノフェンの集中の推定によってしか定めることができない。 厳しい肝臓障害(血しょうアミノ基移転酵素の活動は4時間に「処置ライン」結合の200 mug/mlおよび摂取の後の15時間に30 mug/mlのsemilogarithmicプロットの上のアセトアミノフェンの集中の患者の約60%に> 1000 iu/L)起こる。 レバー機能の回復が通常急速、完全であるが、fulminant肝不全は3から6日を後小さい少数のひどく毒された患者の摂取開発した、頻繁に致命的である。 普及した確信、overdosageのアセトアミノフェンを取っている「処置ライン」の上の血しょう集中と精選されていない患者の約15%だけへの反対はひどく毒される。 特定の療法なしで、厳しい肝臓障害は1から2%の約8%、致命的な肝不全、および約1%の腎不全だけに起こる。 アセトアミノフェンは肝臓のグルタチオンとの優先活用によって普通引っ掛かり、不活性になる非常に反応代謝物質の形成によってレバーを傷つける。 hepatotoxic線量の後で、グルタチオンは細胞傷害および壊死を引き起こす重大な蛋白質および酵素によりへの有毒な代謝物質の縛り共有に減り。 毒性はアセトアミノフェンの反応代謝物質の形成の率とグルタチオンの統合の率間のバランスによって決まる。 グルタチオンの前駆物質および他のスルフヒドリル混合物はグルタチオンの活用の促進によってグルタチオンの枯渇、共有結合および肝臓障害を、おそらく防ぐ。 8から10時間以内に与えられたらCysteamine、メチオニンおよびN acetylcysteineはアセトアミノフェンのoverdosageの後で肝臓障害、腎不全および死を防ぐ; 15時間後の処置は利点ではない。 Cysteamineは毒性のために長く断念されてしまった。 N acetylcysteineまたはメチオニン療法は「処置ライン」の上の血しょうアセトアミノフェンの集中と患者で示される。 静脈内のN acetylcysteineはメチオニンより有効なようで、現在選択の処置である。 口頭療法は信頼できなく、推薦することができない。

19. アセトアミノフェン誘発のhepatotoxicityに対するNアセチル システインそしてS-carboxymethylcysteineの保護効果の比較。 Ioannides C; ホールDE; Mulder DE; Steele CM; Spickett J; Delaforge M; Parke DVの毒物学(1983年、28 (4)ネザーランド) p313-21 11月、

アセトアミノフェン誘発のhepatotoxicityに対する硫黄含んでいるアミノ酸のNアセチル システインそしてS-carboxymethylcysteineの保護効果は生化学的で、組織学的な方法によってハムスターで評価された。 単独でアセトアミノフェンを受け取っている動物の25%は管理の後で24のhの内で死んだ。 すべての存続動物は激しいhepatocellular傷害を示し、チトクロームP-450および肝臓混合され機能オキシダーゼの活動の損失に印を付けた。 N acetylcysteineの同時管理は死亡率を減らし、部分的にアセトアミノフェン誘発の肝臓障害を防ぎ、そして部分的に酵素活性を元通りにした。 アセトアミノフェンとのS-carboxymethylcysteineの同時管理は保護をできなかった。 すべての動物からの腎臓は組織学的に正常だった。 3 methylcholanthrene前処理をされたハムスター アセトアミノフェンをからのmicrosomal蛋白質に共有に結合する中間物に人間のレバー微粒体そしてレバー微粒体はmetabolished。 共有結合の率はN acetylcysteineとそれ程ではないにせよS-carboxylmethylcysteineによって著しく禁じられた。

20. シメチジンはacetaminophenの毒性ジャクソンJ.E. Sectから保護する。 Clin。 Pharmacol。、Dept. Pharmacol。、大学。 アリゾナの健康Sci。 セント。、チューソンのAZ 85724米国の生命科学(生命SCI。 ) (イギリス) 1982年、31/1 (31-35)

通常、4時間にわたる除去の半減期のacetaminophen (APAP)の過量。 肝臓障害を支えなさい。 以下の場合、シメチジン(c)はAPAPの毒性から保護するようである。 18 yr。 古い、64のkgのメスの喫煙者は6時間を示した。 10 g APAP、1200+ mg C、およびflurazepamおよびSleepeze (methaprilene +スコポラミン)の少量を取った後。 3つの血しょうAPAPレベルは(高性能液体クロマトグラフィーによって) 4.4時間の除去の半減期を明らかにした。 CはAPAPの試金と干渉しなかった。 煙ることによって引き起こされるmicrosomal酵素を持つ患者の長い半減期にもかかわらず開発されるhepatotoxicityの証拠無し。 後で月、だけAPAPと過剰摂取される同じ患者。 3つの血しょうレベルは3.3時間を明らかにした。 半減期。 長い除去の半減期の前の毒性の欠乏はAPAPの過量のCの保護作用を示すかもしれない。 CがAPAPのheptatotoxicityから保護する仮説をテストするためには、成人男子のスイスのマウスはgavageによって1200のmg/kg APAPと扱われた。 1時間。 APAPの後で、マウスは100つのmg/kg C (n=19)、N acetylcysteine 600のmg/kgのと(標準的な療法、n=17)、または塩扱われた(制御、n=17)。 7日間の存続は制御間の24%、シメチジンの処置(v.制御p <.05)との68%、およびN acetylcysteine (v.制御P <.01との100%だった; v. C、p>0.2)。 Cはacetaminophenのhepatotoxicityを仲介するmicrosomalモノラル オキシゲナーゼ(チトクロームP-450)システムを禁じる。 有毒な代謝物質の形成を防ぐことによって、CはAPAPのoverdosageの処理に有用証明するかもしれない。 但し、私達の動物モデルでそれはN acetylcysteineよりより少なく有効なようである。

21. レバーZimmerman H.J.ジョージ・ワシントン大学に対するアスピリンおよびacetaminophenの効果。 Med. セント。、ワシントンD.C.の内科(アーチの20037米国アーカイブ。 インターン。 MED. ) (米国) 1981年、141/3 (333-342)

アスピリンもたらされたレバー傷害のためのメカニズムは明確ではない。 アスピリンは累積現象としてhepatotoxic反作用を作り出し、成長するように幾日か週が要求する。 活動的なrheumaticかコラーゲンの病気の患者、また子供は、特に敏感である。 サリチル酸塩の血レベルは肝臓の傷害をもたらすためにが高くより25のmg/dL特に本当らしい。 レベル低いmg/dLより15まれに。 acetaminophenの肝臓障害のためのメカニズムはかなり明確である。 それは意思で自殺大きい単一の過量の結果として肝臓の傷害を、通常作り出す。 取入口が肝臓の損傷を開発して本当らしかった4時間後acetaminophenの血レベルを持つ患者高くより300のmg/dLの; N acetylcysteineが過量の摂取の後の最初の10時間の内に使用されるとき、回復率は事実上100%であるために報告される。 アスピリンまたはacetaminophenの長期完全な線量を受け取っている患者の状態は肝臓の傷害のために断続的に監視されるべきである。

22. N acetylcysteineのプレスコットL.F.のアセトアミノフェン(acetaminophen)の中毒の処置; 公園J.; Ballantyne A.; 等Reg。 中毒Treatm。 セント。、ローイ。 弱い。、エジンバラ イギリスの尖頭アーチ(尖頭アーチ) (イギリス) 1977年、2/8035 (432-434)

アセトアミノフェン(acetaminophen)の中毒の15人の患者は静脈内Nのacetylcysteine (と任せられる300のmg/kg 20 h)扱われた。 中間の入場および4つのhの血しょうアセトアミノフェンの集中は262そして369 mug/ml、それぞれだった。 レバー機能テストは常態に残るか、またはアセトアミノフェンの摂取の10 hの内で扱われた12人の患者の11でほんの少しだけ妨げられた。 厳しい肝臓障害は他の患者と3で処置がアセトアミノフェンの摂取の後で以上10 h始まった誰をの成長した。 cysteamineと対照をなして、N acetylcysteineは非常によく容認され、20%生殖不能の解決で薬剤の準備として利用できる利点がある。

23. アセトアミノフェンのoverdosageのプレスコットL.F.の患者の静脈内のN acetylcysteineの傾向そして動力学; Donovan J.W.; Jarvie D.R.; 臨床薬理学、高貴な付属診療所、エジンバラEH3 97Wイギリスの臨床薬理学(EURのヨーロッパ ジャーナルのProudfoot A.T.の大学の学部。 J. CLIN。 PHARMACOL. ) (ドイツ) 1989年、37/5 (501-506)

17人の患者はアセトアミノフェン(acetaminophen)との厳しい中毒の18のエピソードのための静脈内のN acetylcysteineとの標準的な処置を受け取った。 N-acetylgysteineの線量は4つのhの50のmg/kgおよび次の16 h.上の100つのmg/kgに先行している15分に与えられた150のmg/kgだった。 肝臓障害は13の機会(ALT < 5のにabsenctまたは穏やか500 mu/l)そしてサーバーだった(ALT > 1000 mu/l)。 総血しょうN acetylcysteineは高性能液体クロマトグラフィーによって推定された。 最初のローディング線量の後の中間の最高血しょう集中は554のmg/l.だった。 集中はそれから12 hが約36のmg/lのnean定常レベル維持された後急速に下り。 注入が中断されたときにN acetylcysteineは5.7 h.の半減期と消えた。 配分の中間の定常容積、AUC、中間の滞在時間および総整理は536 ml/kg、1748 mg - h -のlsup - 1つ、2.91 hおよび3.18 mlを少し食べなさい- minsup -一口1 - kgsup -一口1.だった。 これらの価値は一般に前に大いにより小さい線量と報告されるそれらに一貫して、N acetylcysteineの傾向は線量依存しないようではない。 N acetylcysteineの除去は厳しい肝臓障害の患者で損なわれなかったし、pharmacokinetic変数および血しょう集中はhepatotoxicityなしでadnを持つ患者で類似していた。 静脈内のN acetylcysteineのための適量スケジュールは不利な反作用が必ず血しょう集中が彼等の最も高いにある、肝臓障害は最も高いCのように最も低いので同じように効果的に防がれた早く起こるのでおそらく変更されるべきで(最高)。 N acetylcysteineの高い最初の集中はこの調査の運動データに基づいて簡単な代わりとなる養生法と避けることができる。

24. Acetaminophenのhepatotoxicityおよび栄養不良ニューマンT.J.; Bargman G.J.の部門Ped。、大学。 ウィスコンシンHosp。、マディソン、Wis。 胃腸病学(AMの53706米国のアメリカ ジャーナル。 J. GASTROENTEROL。 ) (米国) 1979年、72/6 (647-650)

acetaminophenの15 gを摂取した厳しい無食欲症のnervosaの患者は口頭N acetylcysteineと扱われた。 栄養不良がacetaminophenのhepatotoxic効果に患者の感受性をこの患者高めること文献の提案への反対は肝臓障害の証拠なしで存続した。 悪い栄養物への二次acetaminophenの新陳代謝の変更はこのおよび同じような患者の温和なコースを説明するかもしれない。

アルコール**

25. メタノールの中毒の間のラットのレバー細胞膜に対するN acetylcysteineの保護効果。 Dobrzynska I、Skrzydlewska E、Kasacka I、化学のFigaszewski Z. Institute、Bialystok、ポーランドの大学。 J Pharm Pharmacol。 5月2000日; 52(5): 547-52

次にメタノールはホルムアルデヒドと蟻酸塩に生体内で酸化し、これらのプロセスは遊離基の生成と一緒に伴われる。 私達はメタノール(3.0 g kg (- 1)と酔わせられる)ラットからのレバー細胞膜に対するN acetylcysteineの効果を調査した。 効果の評価は複数の方法によって達成された。 脂質の過酸化反応そして面電荷密度は測定された。 レバー細胞の超微細構造的な調査は引き受けられた。 血血清の肝臓障害のマーカー酵素の集中は(アラニン アミノ基移転酵素およびアスパラギン酸塩のアミノ基移転酵素)測定された。 メタノールの管理により脂質の過酸化反応プロダクト(およそ30%)の、また面電荷密度(およそ60%)の増加を引き起こした。 これはにアラニン アミノ基移転酵素およびアスパラギン酸塩のアミノ基移転酵素の膜のレバー細胞傷害の目に見える下の電子顕微鏡検査そして漏出でそれぞれ)血(およそ70および50%の増加起因するかもしれない。 メタノールが付いているN acetylcysteineの摂取は部分的にこれらのメタノール誘発の変更を防いだ。 制御グループと比較されて、脂質の過酸化反応はおよそ30%によるおよそ3%そして面電荷密度によって高められた。 アラニン アミノ基移転酵素およびアスパラギン酸塩のアミノ基移転酵素の活動は制御グループと比較された9および8%、それぞれ増加した。 結果はN acetylcysteineがメタノールの中毒の有効な酸化防止剤だったことを提案した。 それはメタノールの中毒の後でレバー細胞への遊離基の損傷の保護の効力があるかもしれない。

ALS **

26. Neurobiol Dis。 8月2003日; 13(3): 213-21。 筋萎縮性側索硬化症と関連付けられる突然変異体銅/亜鉛スーパーオキシドのディスムターゼによるミトコンドリアの機能障害はN acetylcysteineによって逆転する。 Beretta S、Sala G、Mattavelli L、Ceresa C、Casciati A、Ferri A、Carri MT、神経科学および生物医学的な技術のミラノBicoccaのサン ヘラルドの病院の大学のFerrarese C. Department、Donizettiによって、106、20052、モンツァ(MI)、イタリア。

私達はことを家族性の筋萎縮性側索硬化症と関連付けられる突然変異体G93A銅/亜鉛スーパーオキシドのディスムターゼ(SOD1)の表現報告したり野生タイプSOD1およびuntransfected細胞をoverexpressing細胞と比較される人間のneuroblastoma SH-SY5Yの細胞でとりわけMTTの減少率およびATPのレベルの減少およびゾル性細胞質およびミトコンドリアの反応酸素種(ROS)の生産の増加を引き起こす。 N acetylcysteineへの露出はROSの生産を下げ、管理水準にミトコンドリアの機能試金を戻す。 人間SOD1の大きい総計は調査された細胞ラインの何れかの基底の成長の条件の下で探索可能ではない。 proteasome活動の阻止の後で、SOD1総計はG93A-SOD1細胞で本質的に制御細胞ラインと比較される細胞死を高めないのに専ら検出することができる。 私達の調査結果はミトコンドリア ホメオスタティスが総計の形成から突然変異体によってSOD1発生させるROSによって独自に影響されること、そしてこの変化が酸化防止剤によって逆転することを示す。

27. Neurochem Int。 8月2001日; 39(2): 141-9。 アクロレイン誘発蛋白質に於いてのグルタチオンの高度そして保護役割はsynaptosomal膜で傷つく: neurodegenerative病気の頭脳の脂質の過酸化反応への関連性。 PocernichのCB、CardinのAL、RacineのCL、Lauderback CM、Butterfield DA。 化学、125化学物理学の建物、ケンタッキー大学、レキシントン、KY 40506、米国の部門。

酸化圧力はアルツハイマー病(広告)を含む複数のneurodegenerative無秩序の認刻極印、ハンティントン、およびパーキンソン病、また筋萎縮性側索硬化症であるかもしれない。 アクロレインは広告を持つ人の頭脳で上がる脂質の過酸化反応の非常に反応プロダクトである。 このalkenalはミハエル付加によって蛋白質と構造および機能を変えるために可能性としては反応できる。 現在の調査ではアクロレインによって引き起こされたsynaptosomal膜蛋白質のconformational変化を監視するために、私達は蛋白質特定と共に電子スピン共鳴をスピンラベル化する使用した。 線量依存した高められたconformational変化は観察された。 この見つけることの蛋白質行きのアクロレインからの蛋白質のカルボニルのレベルに一貫したかなり高かった。 但し、グルタチオン エチル エステルが付いているsynaptosomesの前処理は()かなりアクロレインによって引き起こされたconformational変化および蛋白質のカルボニルを両方改善した。 この成功に基づいて、私達は内生グルタチオン(GSH)の上昇値がアクロレイン誘発の酸化圧力に対して保護に提供する仮説をテストした。 GSH (制御に215%、P<0.04)の生体内の高度はi.pによって作り出された。 N acetylcysteine (NAC)の注入、GSHの知られていた前駆物質。 Synaptosomesは車か2 nMのアクロレインの広告の頭脳で見つけられたこのalkenalのレベルと扱われた。 2 nMのアクロレインの付加の後でかなり蛋白質のカルボニルのレベルを増加した対照動物からのsynaptosomesと対照をなして、NAC扱われた齧歯動物から隔離され、2 nMのアクロレインと扱われたsynaptosomesは未処理制御と比較された増加されたカルボニルのレベルを示さなかった。 これらの結果は広告の頭脳で見つけられるレベルでアクロレイン誘発の酸化圧力に対して増加された生体内のGSHのレベルによって方法が酸化圧力と関連付けられるneurodegenerative病気の内生GSHのレベルを増加するために有望かもしれないこと保護を示し、概念に一貫している。

28. J Neurochem。 1月2001日; 76(1): 224-33。 NアセチルLシステインは酸化圧力および細胞の細胞毒性からSHSY5Yのneuroblastomaの細胞を保護する: ベータ アミロイドの分泌およびtauのリン酸化に対する効果。 Olivieri G、Baysang G、Meier Fの紛砕機Spahn FのStahelinのHB、Brockhaus M、Brack C. Neurobiology Laboratoryの精神医学大学病院、バーゼル、スイス連邦共和国。 gianfranco.olivieri@pukbasel.ch

筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病(PD)およびアルツハイマー病(広告)のような頭脳の老化そしてneurodegenerative病気のニューロン内のレドックスの変更はますます重要な原因となる代理店として関係させている。 細胞はグルタチオン(GSH)システムおよび酸化防止酵素を含む細胞内のレドックス ホメオスタティスを、維持するためにいくつかの防御的なメカニズムを開発した。 ここに私達はSHSY5Yのneuroblastomaの細胞のベータ アミロイド(ベータA)の分泌そしてtauのリン酸化に対するNアセチルLシステイン(NAC)の効果を後(H (2) O (2)引き起こす/細胞毒素の混合物酸化圧力への露出紫外線および有毒物質Aのベータ ペプチッド)検査した。 ベータおよびtau蛋白質は圧力の要因が広告の病因学で関係する間、広告の病理学の認刻極印の分子である。 結果はそのH (2つの) O (2)を、紫外線、Aベータ1-42および有毒物質Aベータ25-35示す、しかしない不活性Aベータ35-25は、酸化圧力および細胞の細胞毒性の重要な誘導を作り出す。 効果は細胞がNAC 30のmMのと前処理をされるとき逆転する。 細胞はH (2個の) O (2)、紫外線およびAベータ25-35に露出した、しかしないAベータ35-25は培養基に、Aベータ1-40およびAベータ1-42のかなり多量を分泌する。 NACの前処理は制御と比較されたAベータ1-40の解放を高め、Aベータ1-40およびAのベータ25 35扱われた細胞のA両方ベータ1-42のリリースを増強した。 Tauのリン酸化はH (2)によって著しくO (2)および紫外線Aベータ25-35によって増加されて減った。 NACは強く圧力の処置の存在または不在のphospho tauレベルを下げた。

29. NアセチルLシステインは存続を改善し、家族性の筋萎縮性側索硬化症の動物モデルのモーター性能を維持する。 Andreassen OA、Dedeoglu A、Klivenyi P、Beal MF、ブッシュAI。 神経学サービス、マサチューセッツ総合病院およびハーバード衛生学校、ボストン、米国。 Neuroreport 8月2000日3日; 11(11): 2491-3

増加する証拠は筋萎縮性側索硬化症(ALS)の病因の主要なメカニズムとして酸化損傷を関係させる。 私達はNアセチルLシステイン(NAC)との予防の処置の効果、遊離基の損傷を減らす家族性のALSの動物モデルとして使用されたスーパーオキシドのディスムターゼ(SODI)の突然変異(G93A)のtransgenicマウスの代理店を検査した。 NACは生後4-5週からの飲料水の1%の集中で管理された。 処置によりかなり延長された存続を引き起こし、制御マウスと比較されたNACと扱われたG93Aのマウスのモーター減損の手始めを遅らせた。 これらの結果はG93Aのマウスの遊離基の損傷の介入にそれ以上の証拠を提供し、NACの店頭酸化防止剤がALSのための臨床試験で、探検できるという可能性を支える。

30. NアセチルLシステインによるwobblerのマウスのより低い運動ニューロンの退化の減少。 Henderson JT、Javaheri M、Kopko S、Roder JC。 開発のサミュエルLunenfeldの研究所、プログラムおよび胎児の健康、シナイ山の病院、トロント、オンタリオ、カナダ。 J Neurosci 12月1996日1日; 16(23): 7574-82

ネズミ科の突然変異体のwobblerは準の骨格筋の萎縮のより低いmotoneuronの退化のモデルである。 この突然変異は最も密接に人間のWerdnig-Hofmannの病気に類似し、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の臨床特徴のいくつかを共有する。 反応酸素種(ROS)がALSのような無秩序の病因の役割を担うかもしれないことが提案された。 ROSと神経の退化間の関係を検査するためには、私達は遊離基の損傷を減らすNアセチルLシステイン(NAC)のような代理店の効果を調査した。 wobblerのマウスのくずは9週の期間の彼らの飲料水のグルタチオンの前駆物質NACの1%の解決を与えられた。 これらの動物の機能およびneuroanatomical検査はwobblerのマウスがNACと表わし、(1)運動ニューロンの損失の重要な減少を未処理のwobblerのlittermatesと比較して上げた頚部脊髄内のグルタチオンの過酸化酵素のレベルを、(2)中間の顔面神経の高められた軸索の口径、(3)三頭筋および屈筋のcarpiのulnaris筋肉の高められた筋肉固まりおよび筋繊維区域、および(4)前肢の高められた機能効率、扱ったことを明らかにした。 これらのデータは反応酸素種がwobblerのマウスの運動ニューロンの退化にかかわり、NACの経口投与が効果的にwobblerのマウスのモーター退化のある程度を減らすことを示すかもしれないことを提案する。 この処置はこうして他のより低いモーターneuropathiesの処置で適当かもしれない。

蟹座**

31. 蟹座Res。 6月2003日15日; 63(12): 3413-7。 腫瘍の細胞の2 Deoxy Dブドウ糖誘発の細胞毒性そしてradiosensitizationはチオールの新陳代謝の中断によって仲介される。 林X、チャンF、ブラッドベリーCM、Kaushal A、李LのスピッツDR、後方RL、蟹座の生物学のGius D. Section、放射線学のMallinckrodtの協会、セントルイス、ミズーリ、米国ワシントン州大学医科大学院。

電離放射線への露出により酸化損傷を引き起こすと考えられる遊離基の生産によって細胞の傷害を引き起こすと信じられる。 チオールの新陳代謝の破壊によって酸化圧力誘発の傷害を高める代理店への露出が電離放射線の細胞毒素の効果に細胞に感光性を与えるかもしれないことが提案された。 最近ブドウ糖の剥奪が新陳代謝の酸化圧力(J. Biol.によって選択式に変形させたヒト細胞の細胞の傷害を引き起こすことが、示されていた。 Chem。、273: 5294-5299; Ann. N.Y. Acad。 Sci。、899: 349-362)、チオールの新陳代謝の深遠な中断に終って。 2 deoxy Dブドウ糖(2DG)がブドウ糖の剥奪を生体内でまねると考えられるブドウ糖の新陳代謝の有効な抑制剤であるので2DGへの露出がチオールの新陳代謝の摂動によって変形させた細胞のradiosensitizationを引き起こすことができるかもしれないこと仮説はテストされた。 ヒーラ細胞が4-72 hのための2DG -- (4-10のmM)にさらされたときに、細胞の存続は(20-90%)減った線量および時間依存の方法で。 ヒーラ細胞が電離放射線の露出の前の16 hのための6つのmM 2DGと扱われたときに、radiosensitizationはisosurvival 10%の1.4の増感剤の強化の比率と観察された。 2DGの処置によりまた細胞内の総グルタチオンの内容(50%)の減少を引き起こすと見つけられた。 チオールの酸化防止N acetylcysteine (NACとの同時処置; 細胞毒性に対する30のmMの)保護されたヒーラ細胞および2DGがない時の放射線感受性を変えないで2DGのradiosensitizing効果。 なお、NACの処置は部分的に総グルタチオンの内容の2DG誘発の減少を逆転させたり、また細胞内のシステインの内容を増加した。 最後に、2DGの細胞毒性そしてradiosensitizing効果はより発音されてnontransformed不滅にされたラットの細胞対v FOS変形させて、このradiosensitizationはまたNACの処置によって禁じられた。 これらの結果はこれらの効果がより発音されて正常な細胞対変形させてかもしれないこと2DGへの露出がチオールの新陳代謝で摂動を含むメカニズムによって細胞毒性およびradiosensitizationに引き起こす支え、推測を可能にする仮説を。

32. Int J Biolのマーカー。 2003日1月3月; 18(1): 70-4。 chemopreventive薬剤のAntiangiogenicの活動。 Pfeffer U、フェラーリN、Morini M、Benelli R、Noonan DM、分子腫瘍学のAlbini A. Laboratory、国民の癌研究の協会、ジェノア、イタリア。 ulrich.pfeffer@istge.it

ホストの内で育つ腫瘍は腫瘍の細胞自身に加えてホストの部品から、stroma、拡大のvasculatureおよび頻繁に慢性の発火を含んで成っている動的異常なティッシュを形作る。 これらのホストの部品は、限界よりもむしろ、に容器の形成の剥奪に小さいの腫瘍を制限する潜在性がある一方臨床的に無声焦点腫瘍の拡張貢献、できる。 容器の形成の治療上の阻止は予防の作戦に目指した第一次腫瘍の外科取り外しの後で、またはmicrometastasesの抑制を危険な状態の主題の第一次腫瘍のangiogenesis最も適することができる。 N acetylcysteine、緑茶のフラボノイドおよび4-hydroxyphenyl-retinamideを含む潜在的な癌のchemopreventive分子の私達の分析は記述できたantiangiogenic活動を識別した--少なくとも一部には--これらの混合物と観察される腫瘍の防止の効果のため。 これらの薬剤はantiangiogenic療法およびantiangiogenic chemopreventionのための重大なターゲットの同一証明を可能にするかもしれない腫瘍のangiogenesisの共通のメカニズムを目標とするようである。

33. JはPathol Toxicol Oncolを囲む。 2003年; 22(1): 17-28。 反応酸素種、酸化防止メカニズムおよび血清のcytokineは癌患者で水平になる: 酸化防止処置の影響。 Mantovani G、Maccio A、Madeddu C、ムーラL、Massa E、Gramignano GのMurgia V、Camboni P、医学の腫瘍学のFerreli L. Department、カリアリ、カリアリ、イタリアの大学、Lussoの氏。 mantovan@pacs.unica.it

目的: ずっとそれは酸化圧力がボディのオキシダントの高められた生産または生理学的な酸化防止システムの失敗からの癌患者の結果で見つけたかどうか確立していない。 更にこの質問を調査するために、私達は遊離基のマーカー査定し酸化圧力をおよび反応酸素種、即ちグルタチオンの過酸化酵素およびスーパーオキシドのディスムターゼを妨害する生理学的なボディ酵素の関連したのとして反応酸素種の血レベルを作り出す。 私達はまたproinflammatory cytokinesおよびIL-2の血清のレベルを調査した。 これらの変数すべては病気の進行の最も重要な臨床索引に関連して調査された--即ち、東の協力的な腫瘍学のグループ(ECOG)の性能の状態(PS)。 私達はまたグルタチオンの過酸化酵素の活動の増加およびIL-6およびTNFアルファの血清のレベルの減少の測定によって反応酸素種のレベルの異なった酸化防止代理店の減少の能力をテストした。 患者および方法: 私達は異なった場所で腫瘍を持つ28人の進められた段階の癌患者(段階III、10.7%および段階IV、89.3%)の開いたnonrandomized調査を遂行した。 患者は5グループに分けられ、別の酸化防止処置は各グループに管理された。 酸化防止剤は口頭でアルファlipoic酸200 mg /dayだった; N acetylcysteine 1800のmg /day i.v。 または口頭でcarboxycysteineリジンの塩2.7 g/day; amifostine 375のmg /day i.v。; 減らされたグルタチオン600のmg /day i.v。; そしてビタミンAの組合せ30,000 IU/day口頭で、ビタミンE口頭で70のmg /day、およびビタミンC口頭で500のmg /day。 酸化防止処置は10の連続した日間管理された。 結果: 私達はだった、それらの2つは(混合物およびamifostineをシステイン含んでいる)グルタチオンの過酸化酵素の活動をことを高める付加的な効果をテストされた酸化防止剤の1つを除いてすべてが反応酸素種のレベルの減少で有能もたらしたことが分り。 包括的に、酸化防止処置は両方の反応酸素種のレベルおよびグルタチオンの過酸化酵素の活動に対する効果をもたらすと見つけられた。 酸化防止処置はまたIL-6およびTNFアルファの血清のレベルを減らした。 ECOG PS 0-1およびECOG両方PS 2-3の患者は酸化防止処置に答えた。

34. 細胞の生命MolのSci。 1月2003日; 60(1): 6-20。 N acetylcysteineの行為の分子メカニズム。 Zafarullah M、李WQ、Sylvester JのAhmad M. Departement deの薬、Centre de Recherche DUの中心Hospitalier de l'Universite deモントリオールの実験室。 K-5255 Mailloux、Hopital Notre Dame du CHUM、1560のSherbrooke米国東部標準時刻、モントリオール、ケベックH2L 4M1、カナダ。 Muhammad.Zafarullah@umontreal.ca

反応酸素種(ROS)と酸化防止剤間の不均衡によって発生する酸化圧力は関節炎、癌、心血管の病因に、レバーおよび呼吸器系疾患貢献する。 Proinflammatoryのcytokinesおよび成長因子はシグナリング仲介人としてROSの生産を刺激する。 N acetylcysteine (NAC)のような酸化防止剤は多数の生物的および病理学プロセスに於いてのROSの役割を調査するための用具として使用された。 NACはc 6月Nターミナル キナーゼ、p38地図キナーゼの活発化をおよび多数の遺伝子の表現を調整する酸化還元反応に敏感な活動化蛋白質1および核要因Κ Bのトランスクリプション要因活動禁じる。 NACはまたapoptosisを防ぎ、活動化の細胞外の信号調整されたキナーゼ細道、ある特定の退化的な病気を扱うために有用な概念によって細胞の存続を促進できる。 NACは減少活動によって直接複数の蛋白質の活動を変更する。 nonspecificityにもかかわらず、行為、NACのDNAそして多数の分子モードを変更する能力にendothelial機能障害、発火、線維症、侵入、軟骨の腐食、acetaminophenの解毒および移植の延長を減らすための治療上の価値がある。

35. Toxicol Pathol。 2003日1月2月; 31(1): 39-51。 放浪者のマウスおよびprostatic癌腫の細胞のtumorigenic進行を遅らせることはほうれんそう、NAOからの自然な酸化防止剤を使用して並ぶ--3つの酸化防止剤の比較研究。 Nyska A、Suttie A、Bakshi S、Lomnitski L、Grossman S、Bergman M、ベンShaul V、Crocket P、Haseman JK、Moser G、Goldsworthy TL、Maronpot RR。 実験病理学、環境衛生科学(NIEHS)の国民の協会、研究の三角形公園、ノースカロライナ27709、米国の実験室。 nyska@niehs.nih.gov

放浪者モデルおよび人間のprostatic癌(PCA)の細胞ラインDU145およびPC3は有用なforchemopreventive調査である。 私達は3つの酸化防止剤[水溶性の自然な酸化防止剤の効力を比較した。 NAO (200のmg/kg)。 ほうれんそうで見つけられて去る; epigallocatechin-3没食子酸塩、EGCG (200のmg/kg)、主要な緑茶のポリフェノール; そしてN acetylcysteine、NAC (125のmg/kg)] 放浪者および野生タイプのオスの鼠の自発のtumorigenic進行の遅延のプラス車。 犠牲は週5、9、および13に起こった。 Prostatic組織病理学および酸化圧力の血のマーカーは評価された。 増殖は厳格の等級および配分(焦点、multifocal、および拡散させなさい)を組み合わせてランク付けされた。 増殖の厳格/focalnessの減少の各々のテストされた混合物の有効性は丸い突出部から丸い突出部に変わった。 NAOは背面および側面丸い突出部に対する重要な効果を出した; NAC、前方および腹部の丸い突出部で、および腹部の丸い突出部のEGCG。 放浪者のすべての4つの丸い突出部の最も厳しい増殖が評価された時、NAOだけが週9および13に増殖を減らした。 放浪者の血しょう過酸化物のレベルは13週間NAOまたはNACの経口投与の後で減った; EGCGはほんの少しだけこれらのレベルを減らした。 NAO扱われたDU 145およびPC3 PCAの細胞では、細胞拡散の阻止はG1細胞の数を高めるおよびROSのレベルを減らす線量依存した方法に起こった。 NAOの反酸化およびantiproliferative特性は放浪者の自発のprostatic発癌性プロセスおよび細胞ラインの効果の遅延の効力を説明するかもしれない。

36. Toxicol Lett。 3月2003日3日; 138(3): 243-51。 炎症性/酸化有毒な条件のAstroglial CYP1B1の規則: IL1betaはN acetylcysteineによって保護もたらし。 Malaplate-Armand C、フェラーリL、Masson C、Siest G、BATT AM。 Centre du Medicament、Inserm U525、Faculte de Pharmacie、UniversiteアンリーPoincareナンシーIの30通りLionnois、54000ナンシー、フランス。

現在の仕事はneurotoxicityおよびneuroprotectionに於いてのastroglialチトクロームP450の役割を査定するためのastrocytomaの細胞ラインU373 MGの関連性を、定めることを向ける。 CYP1B1、CYP2C8、CYP2C9、CYP2D6、CYP2J2、CYP2E1およびCYP4A11 mRNAは制御U373 MGの細胞培養の逆のtranscriptaseポリメラーゼの連鎖反応によって検出された。 その中で私達はCYP1B1表現に焦点を合わせた。 圧力の状態を模倣するのに使用されたinterleukin1beta (1、5、10 ng/ml)の集中の範囲との48のhの処置の後でCYP1B1 mRNAの表現は線量依存した方法で高められた。 この高められた表現は西部しみによって定められた蛋白質のレベルの増加に24のh後で先行していた。 N acetylcysteine (NAC)は部分的にmRNAおよび蛋白質のレベルに対する両方この効果を禁じた。 CYP1B1が反応代謝物質にprocarcinogenic混合物を活動化させるので、このP450 isoformの増加は炎症性/酸化圧力の有毒な結果に加わる。 NACはこの有害な効果を防ぐ。 版権の2002年のElsevier科学のアイルランド株式会社。

37. J Neurooncol。 1月2002日; 56(2): 109-17。 Mitogenはastrocytomaの細胞のプロテイン キナーゼの活発化そしてオキシダント シグナリングを活動化させた。 Kuruganti PA、Wurster RD、Lucchesi PA。 神経科学プログラム、生理学、Loyola大学シカゴの、Maywood、IL、米国Stritchの医科大学院の部門。 pkuruganti@yahoo.com

高められた反応酸素種(ROS)の存在は脳腫瘍の開発のためにほとんどの危険度が高い要因で観察された。 私達の過去調査はROSが高められた脳腫瘍の細胞増殖を引き起こすことができることを示した。 ROSの成長の効果は細胞増殖を調整するmitogen活動化させたプロテイン キナーゼ(MAPKs)のような細胞蛋白質の修正を含むかもしれない。 ここでは、私達はastrocytoma (U373-MG)の細胞のMAPKの活発化に対するROS (過酸化水素、H2O2)および酸化防止剤(N acetylcysteine、NAC)の効果を報告する。 MAPKsは西部のしみの分析によって検出することができるリン酸化によって活動化させる。 unphosphorylated/phosphorylated/活動化させた形態と比較されたSDS-PAGEのMAPKの展示物のより遅い移動性の形態を不活性にした。 Densitometric分析がMAPKの活発化を測定するのに使用された。 結果はH2O2によりastrocytomaの細胞でMAPKの活発化の線量そして時間依存の増加を引き起こしたことを示す。 なお、ROS誘発の活発化はNACによってほとんど完全に抑制された。 そこに示すNACまた禁じられた血清誘発MAPKの活発化は血清誘発の成長シグナリングへオキシダントに敏感な部品であるかもしれない。 H2O2によるMAPKsの修正はROS誘発拡散が他の知られていた成長の刺激と同じような生化学プロセスによってあることを示す。 細胞増殖に拡散信号(ROS)をつなぐプロセスの理解は使用される療法の選択を脳腫瘍の成長を抑制するのに援助できる。

38. BMCはDisを感染させる。 3月2002日28日; 2(1): 5. chemokineの遺伝子発現の呼吸のsyncytialウイルスそしてTNFのアルファ誘導はRel AおよびNF Κ B1の差動活発化を含む。 大工LR、Moy JNのノロジカのKA。 免疫学/微生物学、突進長老派Stのルークの医療センター シカゴ、IL 60612、米国の部門。 lcarpent@rush.edu

背景: 航空路の上皮細胞の呼吸のsyncytialウイルス(RSV)の伝染はchemotactic cytokinesのinterleukin8 (IL-8)、monocyteのchemoattractant蛋白質1 (MCP-1)、およびRANTESを含むいろいろなcytokinesの表現そして分泌を刺激する(活発化に、表現された正常なT細胞はおよび分泌した調整された)。 Chemokinesは発火の航空路の場所へ白血球の明瞭なセットの募集のための重要なchemoattractantsである。 結果: 私達はchemokineの表現が酸化還元反応敏感なトランスクリプション要因AP-1およびNFkappaBによる部分の刺激特定の方法の航空路の上皮細胞(A549)で調整されることを前に示してしまった。 この調査では、私達はRSVのNF kappaB仲介された効果およびA549上皮細胞のIL-8、MCP-1およびRANTESのchemokineのの誘導のproinflammatory cytokine TNFalphaを遺伝子発現検査した。 結果はRSVがNFkappaB結合の活動の特定のパターンと関連付けられる明瞭な動力学のchemokineの表現を引き起こすことを示す。 この区別はNFkappaB抑制剤のdexamethasone (DEX)およびNアセチルLシステイン(NAC)の差動効果によって更に示された。 NACは優先的にDEXが優先的にTNFalphaによって引き起こされたchemokineの表現を禁じた一方、RSVによって引き起こされたchemokineの表現を禁じた。 DNAの結合はRSVおよびTNFalphaがRel A (p65)を含んでいる異なったNFkappaB結合の複合体をおよびNFkappaB1 (p50)引き起こしたことを調査しNFkappaB亜単位の特定の結合ELISAを示した使用する。 TNFalphaだけ大幅にp50亜単位を引き起こせた一方、TNFalphaおよびRSVは両方強く活発化の亜単位Rel AをNFkappaBの引き起こした。 表現の調査、RSVしかしRel AのないTNFalphaの誘導およびp50に一貫した著しくTNFalphaおよびRSVがNFkappaBによって特異的にchemokineの遺伝子発現を活動化できるメカニズムを提供しているNACによって禁じられた。 結論: これらのデータはchemokineの遺伝子発現のRSVの誘導が、TNFalphaと対照をなして、Rel A.を主に含んでいる酸化還元反応に敏感なNFkappaB複合体を含むことを提案する。

39. アンN Y Acad Sci。 11月2002日; 973:555-8。 大腸の腺癌の細胞ラインのタイプIのインシュリンそっくりの成長因子の受容器の表現はchemopreventive代理店のNアセチルlシステインに応じて減る。 ケリーRG、Nally K、Shanahan F、薬、大学付属のコルク、アイルランドのO'Connell J. Department。

タイプIのインシュリンそっくりの成長因子の受容器(IGF-1R)の高められた表現は結腸癌とcolonic拡散を抑制するために酸化防止Nアセチルlシステイン(NAC)は知られているが、関連付けられる。 私達はNACが3つの大腸の腺癌の細胞ライン(HT29、SW480およびLoVo)のIGF-1Rの表現を調整することを示す。 NACはまたHT29細胞に対するIGF-Iのproliferative効果を廃棄する。 これはNACの治療上の効果のための新しいメカニズムを示す。

40. Nutrの蟹座。 2002年; 43(1): 59-66。 酸化防止NアセチルLシステインとの補足のタイミングは小説の腫瘍の多様性を、癌傾向があるp53 haploinsufficient Tg.AC (v Haras)のtransgenicマウス減らすが、悪性の進行に影響しない。 マーティンKR、Saulnier MJ、カーリFW、Barrett JC、フランスJE。 環境の発癌のTransgenic発癌の単位、実験室および突然変異誘発、環境衛生科学、国立衛生研究所、研究の三角形公園、NC 27709、米国の国民の協会。 krm12@psu.edu

疫学の研究は癌を防ぐことに於いての食餌療法の酸化防止剤の保護役割を支える。 但し、出現の証拠は酸化防止補足が実際に発癌を悪化させるかもしれないことを提案する。 私達は人間癌の2つの共通の遺伝子型特徴を含んでいるモデルのこのパラドックスを探検した。 私達はモデルとして活動化させる含んでいるのでp53 haploinsufficient Tg.AC (v Haras)のマウスを、発癌物質誘引可能なrasのがん遺伝子および不活性にされたp53腫瘍のサプレッサー遺伝子は選んだ。 これらのマウスは急速に化学的に引き起こされた温和な、悪性の皮腫瘍を開発する。 マウスは3%のNアセチルLシステイン(NAC)の有無にかかわらず発癌物質のbenzo [a]ピレン(7週の1週あたりの二度64マイクログラム)の項目適用の前後にグループ内のマウスの50%が少なくとも1つの損害を表示したまで基底食事療法に与えられた。 マウスの半分はそれぞれ基底に与え、NAC補われた食事療法は互い違いの食事療法にそれから転換した。 NAC補われた基底からNAC補われた食事療法に転換されたらマウスはNAC補われた食事療法に与えるか、またはから基底食事療法に表示した腫瘍の多様性および15%の減少の38%および26%の減少を、それぞれ、転換した。 潜伏が変化しなかったが、NACはすべてのグループのための10週に90%を超過した腫瘍の発生の遅れを引き起こした。 NACの補足のタイミングは悪性の進行に影響を与えなかった。 従って食餌療法NACはtumorigenesisの遅延によってchemoprotectiveだったが、悪性の転換に影響を与えなかった。

41. 掛かるアクタBiol。 2002年; 53(3): 293-8。 ネズミ科モデルの可能な癌のchemopreventive代理店としてN acetil lシステインそして2アミノ2 thiiazolineのNアセチルl cysteinate。 Simkeviciene V、Straukas J、生物化学のUleckiene S. Institute、ビリニュス、リスアニア。 vitalija@bchi.lt

この調査の目標はマウスのウレタン(u)によって実験的に引き起こされた肺腫瘍の潜在的なchemopreventive代理店としてNアセチル システイン(NAC)および2アミノ2 thiazolineの塩(NACAT)を調査することだった。 メスBALB/cのマウスは使用された。 Uは2週(単一の線量- 10 mg/mouseの合計-の間に腹腔内の注入によって50 mg/mouse)与えられた。 マウスは2週前Uの管理を始めるNAC 1/10 LD50、NACAT 1/10か1/100 LD50とそしてUの処置の間にそしてその後2か月間osごとに毎日扱われた。 実験の持続期間は4か月だった。 結果はNAC (1000のmg/kg)が制御、Pの30%に肺腫瘍の発生を<または= 0.05減らしたことを示した。 NACATの最も有効100つのmg/kgの線量はだった; それは26%、Pによってマウスごとの肺アデノーマの平均を<または= 0.05減らしたが、より低い線量(10のmg/kg)はより少なく有効だった。 マウスに対する同じようなchemopreventive効果(およそ30%)を達成するためには、NACATの0.38 mM/kgかNACの6.13 mM/kgを使用することは必要である。 モル集中によって計算されたらNACATの16倍より少なく要求されることを意味する。 一般に、NACおよびNACATはマウスでウレタンによって引き起こされる肺tumorigenesisに対する適当なchemopreventive効果をもたらす。

42. Renの失敗。 7月2002日; 24(4): 529-33。 cisplatinのnephrotoxicityの海難救助療法としてN acetylcysteine。 Nisar S、Feinfeld DA。 薬、ナッサウ大学医療センター、East Meadow、NY 11554、米国の部門。

減らされたグルタチオンのN acetylcysteine (NAC)のrepletesの細胞内の店は酸素の遊離基の清掃動物であり。 私達は食道のsquamous細胞癌の処置のためのcisplatinの150 mgの1つの線量の管理の後で激しい腎臓不十分を開発した52歳の女性を報告する。 彼女の尿素窒素およびクレアチニンはcisplatinの後に日5の24そして1.8 mg/dLに12そして0.7 mg/dLから、それぞれ、上がった。 その日で患者は70mg/kgに先行している140 mg/kgボディ重量のローディング線量にはじまってNACで、4日間あらゆる4h始まった。 NACの彼女の腎臓機能を始めた後2日は改良し始め彼女が薬剤の完全なコースを完了し損ったが日10までに彼女の血清のクレアチニンは0.8 mg/dLに落ちた。 前のレポートはN acetylcysteineがcisplatin誘発の腎臓の毒性を逆転させるかもしれないことを示した。 私達の場合はこの仮説を支える。

43. 発癌。 9月2002日; 23(9): 1455-61。 NアセチルS (N-2-phenethylthiocarbamoyl)によるA/Jのマウスの- Lシステインおよびmyoイノシトール、それぞれおよび組合せの肺tumorigenesisの阻止。 Hecht SS、Upadhyaya P、Wang Mの至福RL、McIntee EJ、Kenney PM。 ミネソタ大学の蟹座の中心、ミネアポリス、MN 55455、米国。 hecht002@umn.edu

Isothiocyanates、N acetylcysteineの共役およびmyoイノシトール(MI)はA/Jのマウスの肺tumorigenesisの抑制剤である。 但し、異なった一時的な順序のこれらの混合物の組合せによるchemopreventionは検査されなかった。 これは喫煙者および元喫煙者の肺癌のchemopreventionにとって実用的なアプローチを開発するために重要である。 私達はA/Jのマウスがbenzo [a]ピレンの8つの週間線量と扱われる腫瘍モデルを使用した(B [P) (methylnitrosamino) - 1 4とa] (3-pyridyl) - 1メチルエチルケトン(NNK)および19週最終的な処置の後の殺される。 実験1では、isothiocyanatesかN acetylcysteineの共役は食事療法に加えられた(発癌物質の処置の後の1週までの前に1週からの1か3マイクロmol/g)。 混合物は2フェネチルのイソチオシアネート(PEITC)、3-phenylpropylイソチオシアネート(PPITC)、NアセチルSの(N benzylthiocarbamoyl) - Lシステイン(BITC-NAC)、NアセチルS (N-2-phenethylthiocarbamoyl) -だったLシステイン(PEITC-NAC)、およびNアセチルS (N-3-phenylpropylthiocarbamoyl) - Lシステイン(PPITC-NAC)。 PEITC、PEITC-NAC、PPITCおよびPPITC-NACと扱われたマウスの肺腫瘍の多様性の重要な減少は観察された。 PEITC-NACはMI (実験2)の組合せの調査のために選ばれた。 マウスはB [NNKとa]とPEITC-NAC (3マイクロmol/gの食事療法)、MI (55.5マイクロmol/gの食事療法)、またはMI (55.5マイクロmol/gの食事療法と3つのマイクロmol)とPEITC-NACなしでまたはとP扱われた。 食餌療法の付加の異なった一時的な順序は調査された: 発癌物質の処置段階; 後発癌物質の処置段階; 全体の実験; 終了までの発癌物質の処置段階の50%; そして終了までの発癌物質の処置段階の75%。 すべての処置はPEITC-NACの後発癌物質を除くまたは発癌物質の処置段階の75%からの肺腫瘍の多様性を減らした。 MIとPEITC-NACによる肺腫瘍の多様性の減少はすべての一時的な順序でだけ代理店と扱われたマウスのそれより大きかった。 すべての結果が結合されたときに、MIとPEITC-NACは単独で代理店より有効だった。 chemopreventive代理店によって処置の増加された持続期間の肺腫瘍の多様性の減少のための重要な傾向行った。 これらの結果は肺癌のchemopreventionのためのPEITC-NACそしてMIの混合物のそれ以上の開発に基礎を提供する。

44. J Nutr。 8月2002日; 132(8): 2151-6。 N acetylcysteine、ビタミンCおよびビタミンEは人間のpromyeloid HL-60の細胞のホモシステインのthiolactone誘発のapoptosisを減少する。 黄RF、黄SM、林BS、掛けられたCY、Lu HT。 栄養物および食品科学のFu-Jen大学、Hsin Chuang、台湾、ROCの部門。 rweifen@mails.fju.edu.tw

私達はホモシステインのthiolactone (HcyT)がHL-60細胞のapoptosisの有効な誘因物であることを前に示した。 現在の調査では、HcyT誘発のapoptosisの減少のある根本的な清掃動物(N acetylcysteine、ビタミンC、ビタミンEおよびfolate)の役割は調査された。 ビタミンC (Vit Cが付いているHcyT扱われたHL-60細胞の前培養; 100つのマイクロmol/L)かビタミンE (Vit E; 2 hのための100つのマイクロmol/Lは)かなりhypodiploid DNAの内容が付いているまたは膜のphosphatidylserineの露出を用いるapoptotic細胞の割合を減らし、apoptotic DNAの分裂を減少させた。 N acetylcysteine (NACが付いている細胞の前培養; 2つのhのかなり減らされたHcyT促進されたapoptosisのための5つのmmol/Lは)膜のphosphatidylserineの露出だけによって測定した。 NAC、Vit CまたはVit EによるHcyT誘発のapoptosisの減少は細胞内H (2)の重要な減少とO同時に行われた(2)レベルはおよびcaspase-3酵素の活動を減らした。 それに対してfolateがスーパーオキシドの陰イオン、水酸ラジカルおよびperoxynitriteの方に酸化防止行動を表わしたが、folateにH (2) Oがなかった(2)容量を掃除することはHcyTの処置の後でcaspase-3活動6 hを抑制しなかったし。 3のためのfolate (10のマイクロmol/L)が付いている細胞の前培養はd HcyT促進されたapoptotic損傷の範囲に影響を与えなかった。 一緒に取られて、私達の調査結果はNAC、Vit CまたはVit Eの酸化防止前処理がホモシステインのthiolactoneによって引き起こされるapoptotic細胞傷害の減少に対するfolateより有利な効果を出すことを提案する。

45. J Urol。 8月2002日; 168(2): 780-5。 N acetylcysteineは人間の膀胱癌の細胞の内面化されたマイコバクテリウムのbovisの細胞レドックスの変更そして細胞毒素の活動を増加する。 、Esuvaranathan K SH、Pook外科のMahendran R. Department、シンガポール、シンガポールの国民大学。

目的: 私達は細胞反応酸素種の変更がマイコバクテリウムの内面化および膀胱癌の細胞死に関連したかどうか定めた。 材料および方法: RT112およびMGHのの反応酸素の種そしてチオールは膀胱癌の細胞蛍光性の調査を使用して断固とした5 (そして6) - carboxy-2の7' dichlorodihydrofluoresceinのジアセタートおよびmonobromobimaneだった。 スーパーオキシドおよび亜硝酸塩の生産はbisN METHYLARCRIDINIUM硝酸塩およびGriessの試薬を使用して測定された。 細胞毒性は14Cによって分類されたDNAが付いている細胞からの14Cチミジンの解放によって定められた。 結果: バチルスCalmette-Guerin (BCG)を内面化するMGHの細胞はスーパーオキシドおよび一酸化窒素の生産が増加したが、細胞反応酸素の種およびチオールを減らした。 BCGを内面化しないRT112細胞はBCGの孵化の後で反応酸素種の減少を示さなかった。 MGHの細胞のBCGの通風管を妨げることは反応酸素種の変更が内面化の扶養家族のでき事だったことを確認する反応酸素種の減少を廃棄した。 BCGおよび酸化防止N acetylcysteineと細胞を扱うにより反応酸素種のより大きい減少を引き起こし、MGHのないRT112細胞のより早く、より大きい細胞毒性を引き起こした。 結論: BCGによる膀胱癌の細胞の殺害の誘導はBCGの細胞毒素の効果への腫瘍の細胞の感受性は反応酸素の種およびチオールの細胞レベルの変更と関連しているかもしれないことを細胞の機能をそれから示すBCGを内面化する平行にする。 酸化防止剤との補足はBCGのantitumor効果を高めることができる。

46. 発癌。 6月2002日; 23(6): 993-1001。 N acetylcysteineによるネズミ科モデルの慢性のulcerative結腸炎準の大腸の腺癌の開発の阻止。 Seril DN、Liao J、Ho KLのヤンのCS、ヤンGY。 癌研究、化学生物学、薬学、Rutgers、Piscataway、NJ 08854-8020、米国ニュー ジャージー州立大学の大学の部門のためのスーザンLehman Cullmanの実験室。

長期潰瘍性大腸炎(UC)の患者は大腸癌を開発するための高められた危険にある。 UC準の発癌を防ぐための作戦を開発するためには、私達はマウス モデルのUC準癌の開発に対する酸化防止N acetylcysteine (NAC)の効果を調査した。 メスC57BL/6Jのマウスは飲む液体のデキストランの硫酸塩ナトリウム(DSS)の長期管理に服従し、2折目はNACの有無にかかわらずAIN76Aの食事療法を、鉄富ませた。 DSSと2折目の鉄の肯定的な制御グループでは、総体の腫瘍の発生は12のDSS周期(1つのDSS周期= 10日間の回復期間に先行している7日間DSSの処置の期間)の後に88.5% (マウス23/26の)だった。 腫瘍の多様性は2.1匹+/- 0.2匹の腫瘍/腫瘍軸受けマウスであり、腫瘍の容積は0.054 +/- 0.019 cm3だった。 0.2%匹のNACの管理で、腫瘍の発生はかなり減った(68%、マウス17/25の; P < 0.05)、腫瘍の多様性(1.5 +/- 0.1腫瘍/腫瘍軸受けマウスだったように; P < 0.05)。 腫瘍の容積はより低かった(0.014 +/- 0.004 cm3)、しかしかなり減らされなくて。 拡散の索引は非癌性epithelia (48.5 +/- 32.0 +/- 3.7%でかなり対6.0%減った; P < 0.05)、しかしない腫瘍の細胞で。 NACはかなり非癌性epitheliaおよび大腸の腺癌両方のapoptosisを引き起こした。 nitrotyrosineのためにimmunostained肯定的な細胞の数はNAC扱われたマウス(102.4 +/-16.6肯定的なcells/mm2粘膜対53.6 +/- 14.9 cells/mm2の非癌性粘膜で著しく減った; P < 0.05)。 さらに、誘引可能な一酸化窒素のシンターゼ(iNOS)の数は-遠位コロンの非癌性粘膜の肯定的な炎症性細胞NACによって著しく減らされた。 この調査は酸化防止NACは細胞拡散およびnitrosative圧力もたらされた細胞損傷の阻止によってUC準の大腸癌のための予防の代理店として、多分役立つ潜在性があることを示す。

47. Oncol Rep。 2002日7月8月; 9(4): 887-96。 前の化学療法への高度癌の応答機の維持の処置としてmedroxyprogesteroneのアセテートそして酸化防止代理店を伴うsubcutaneously管理されたinterleukin2の段階IIの調査。 Mantovani G、Maccio A、Madeddu C、Mulas C、Massa E、Astara G、Ferreli L、Mudu MC、Gramignano G、Murgia VのMocci MのCardia A、医学の腫瘍学のムーラL. Department、カリアリ、イタリアの大学、Lussoの氏。 mantovan@pacs.unica.it

開いた、非ランダム化された段階IIの調査は前の化学療法の結果として客観的な応答または病気安定を達成した高度の固体腫瘍を持つ患者を含んで、酸化防止代理店のアルファlipoic酸(翼部)およびNアセチルのシステイン(NAC)とmedroxyprogesteroneのアセテート(MPA)と組換えのinterleukin2 (rIL-2)との維持の処置を受け取るために遂行された。 最初の調査の終点は生活環境基準の臨床結果および毒性、また評価定義することだった。 二次終点と同時に私達は処置の後でproinflammatory cytokinesのリンパ球の絶対計算、血清のレベル、IL-2、C反応蛋白質(CRP)およびレプチンの変更を測定した。 rIL-2は1.8 MIUの線量で3回/週毎月の最初の2週の互い違い日のsubcutaneously管理され、MPAは中断なしで互い違い日の500のmg /dayの線量で口頭で与えられた。 翼部300 mg /day口頭でおよびNAC 1800 mg /dayはまた口頭で絶えず管理された。 28人の患者は調査で登録された。 維持の処置の中央の持続期間は10か月(6-30+)だった。 2001年9月15日の維持の処置への応答は次のとおりだった: CR 11人の患者(39.3%); SD 2の患者(7.1%); PD 15の患者(53.6%)。 応答の中央の持続期間は11か月(6-34+)だった。 中央のフォローアップの持続期間は11か月(6-34+)だった。 中央OSは達されなかった。 中央PFSは21.5か月(1-40+)だった。 1年の残存率は72.2%だった。 2001年9月15日で、16人の患者はまだ存続していた。 等級3/4の毒性および1等級2の皮の毒性は観察されなかった。 私達は処置の後でIL-2の絶対リンパ球の計算そして血清のレベルの顕著な増加およびTNFのアルファの重要な減少を見つけた。 忍耐強い小群の評価は次を示した: 調査の終わりに生きている患者は死んだ患者はリンパ球の計算およびIL-2の顕著な増加だけあった一方IL-1のリンパ球の計算の顕著な増加が、IL-2およびレプチンおよび、IL-6ベータおよびTNFのアルファ重要な減少あった。 生きている患者の間でPDとのそれらに上記の価値の何れかの重要な変更がなかった一方、客観的な臨床応答(CR + PR)のそれらに+ SDのそれらIL-1のリンパ球の計算の顕著な増加が、IL-2およびレプチンおよび、IL-6およびTNFalphaベータあった重要な減少。 私達はことをs.cの組合せ結論を出す。 口頭MPAおよび長期期間の間繰り返される断続的なスケジュールの酸化防止代理人翼部そしてNACとのrIL-2は実行可能でしたり、忍耐強い結果のために予言する生物的マーカーの改善で非常に低毒性および結果がある。

48. Int Jの蟹座。 4月2002日1日; 98(4): 493-7。 食道の発癌のN acetylcysteineの効果はdiethylnitrosamineおよびdiethyldithiocarbamateと扱われるラットで模倣する。 BalanskyのRM、Ganchev G、D'Agostini FのDe Flora S.の腫瘍学の国民の中心、ソフィア、ブルガリア。

人間癌の病理学に於いての食道の腫瘍の増加する役割が原因で、食道の発癌のメカニズムを評価し、この病気の方に保護要因を調査する動物モデルのための必要性がある。 複数のNニトロサミンはラットの食道の腫瘍を引き起こすために示されていた。 私達はBDの調査を設計した(6)ラットはN diethylnitrosamine (洞穴)と週間i.pを含む簡単な議定書に従って扱った。 8つの連続した週間この発癌物質の注入。 この処置はレバー腫瘍の高い発生そして多様性と食道のpreneoplastic損害そしてpapillomasの発生で起因した。 diethyldithiocarbamate (DEDTC)、洞穴のmetabolizationの期間の間の各洞穴の注入の後の4 hrの腹腔内の注入は、ラットのすなわち、改善された存続およびレバー腫瘍収穫に影響を与えなかったし、食道の腫瘍の発生を倍増し、そして4.9xを多様性高めた。 さらに、ラットの15%は食道のsquamocellular癌腫を開発した。 チオールのNアセチルLシステイン(NAC)、DEN/DEDTCの組合せと扱われたラットへの減らされたグルタチオンの前駆物質およびアナログの経口投与は、より穏やかな形態にpreneoplastic損害の重要な転位、また腫瘍の多様性の重要な減少の作成によってレバー腫瘍収穫減少させた食道の発癌を変えなかった。 従って、DEN/DEDTCの議定書はNACが抑制剤として適度に有能であるラットのNニトロサミン誘発の発癌の興味深い2器官モデルを提供するようである。 DEDTCによって洞穴誘発の食道の発癌の強化およびNACの保護効果の下にあるメカニズムは論議される。 版権2002年のワイリーLiss、Inc。

49. 自由なRadic Biol Med。 3月2002日1日; 32(5): 431-45。 反応酸素種は癌細胞のZn (2+)の誘発のapoptosisを調整する。 Provinciali M、Donnini A、Argentati K、Di Stasio G、Bartozzi B、腫瘍の免疫学、免疫学の中心、老人病学の研究部、I.N.R.C.A.、アンコーナ、イタリアのBernardini G. Laboratory。 m.provinciali@inrca.it

最近の証拠は癌に対して亜鉛の保護役割を提案した。 亜鉛が癌細胞およびこの効果にかかわる分子メカニズムで直接機能するかもしれないかどうか亜鉛がこの行為を定義されなかった出すおよび、特に、明白にならなかったメカニズム。 この調査では、私達は反応酸素種(ROS)とp53およびFAS/の細胞内のレベルの亜鉛依存した調節をFAS調査するマウスTS/Aの乳房の腺癌の細胞のapoptosisに対する亜鉛の生体外の効果を配位子の細道検査した。 私達は33.7から75人のミイラのZn (2+)まで及ぶ亜鉛集中が乳房の癌細胞のapoptosisを引き起こしたことを示した。 apoptosisは細胞内ROSとp53およびFAS/の高められた生産と配位子mRNAおよび蛋白質FAS関連付けられた。 Zn (2+)はマウスのリンパ球と比べてTS/Aの細胞のかすかなmetallothioneinの応答を引き起こした。 酸化防止N acetylcysteineが付いている腫瘍の細胞の処置はp53およびFAS配位子蛋白質のZn (2+)の誘発のapoptosis、また亜鉛によって引き起こされた増加を防げた。 データは亜鉛がROS仲介されたapoptosisを引き起こす乳房の癌細胞の直接作用を出すこと、そして効果がp53およびFAS/のROS依存した誘導によって配位子FAS仲介されるかもしれないことを示す。

50. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 2月2002日; 11(2): 167-75。 NアセチルLシステインの経口投与の効果: 喫煙者の複数のbiomarkerの調査。 ヴァンSchooten FJ、Nia AB、De Flora S、D'Agostini F、Izzotti A、Camoirano Aの、Dallinga JW AJの香油靭皮繊維A、Haenen GR、Van'tはL、羊の鳴き声P、堺H、健康を損う危険性の分析のヴァンZandwijk N.部および毒物学、マーストリヒト大学、ネザーランドを変える。

NアセチルLシステイン(NAC)は実験モデルの癌保護メカニズムそして効果を出すために示されていた。 私達はランダム化されるの結果を、偽薬制御二重盲目、健康なたばこを吸うボランティアのNACの段階IIのchemopreventionの試験ここで報告する。 主題はNACの口頭タブレットの2とx 600 mg (n = 20)または6か月の期間の偽薬(n = 21)、および内部線量のマーカー[血しょうおよび気管支肺胞の洗浄(BALの)流動cotinine、尿の突然変異誘発性]、生物学的に有効な線量のマーカー[喫煙が関係したDNAのアダクトおよびヘモグロビン(Hbの)アダクト]毎日補われ、生物的応答のマーカーは前およびpostsupplementation時(T (0)に(容量を掃除するmicronucleiの頻度および酸化防止剤)およびT (1)、それぞれ)査定された。 全体的にみて、内部線量のマーカーはTに変わらずに残った(1) NACおよび偽薬のグループ両方のT (0)と比較して。 生物学的に有効な線量のマーカーの量を示すとき、私達は親脂性DNAの形成の方のNACの抑制的な効果が内転することを観察した(5.18 +/- 4.08 +/- 1.03/の10(8)ヌクレオチド対0.73; 平均+/- SE; P = 0.05) BALの細胞(3.9 +/- 2.3 +/- 0.2/の10(5)ヌクレオチドの7,8 dihydro 8オキソ2' deoxyguanosineアダクトのと同様、対0.6; P = 0.003)。 周辺血のリンパ球の親脂性DNAアダクトまたは口底/頬の粘膜の細胞または4 aminobiphenyl Hbのアダクトの多環式の芳香炭化水素DNAアダクトの形成に対するNACの効果がなかった。 同様に、生物的応答のマーカーの定量化は口底と軟口蓋の細胞(1.3 +/- 0.9 +/- 0.2でmicronucleiの頻度に対するNACの抑制的な効果を対0.2示した; P = 0.001) そして血しょう酸化防止掃気容量(393 +/- 473 +/- 19 microM対14 Troloxに対するNACの刺激的な効果; P = 0.1) しかしないBALの流動酸化防止掃気容量で。 私達は特定の器官のある特定の癌準のbiomarkersを調整できるのでNACは人間のタバコたばこを吸の発癌性に影響を与える潜在性があることを結論を出す。

51. 蟹座Res。 1月2002日1日; 62(1): 2-7。 postinitiation段階の間のbenzylおよびフェネチルのisothiocyanatesの食餌療法のN acetylcysteineの共役によるA/Jのマウスのbenzo (a)ピレン誘発の肺tumorigenesisの阻止はapoptosisのmitogen活動化させたプロテイン キナーゼおよびp53活動および誘導の活発化と関連付けられる。 ヤンYM、Conaway CC、Chiao JW、Wang CX、アミンS、Whysner J、戴W、Reinhardt J、チョンFL。 発癌および分子疫学のアメリカの健康の基礎、ヴァルハラ、ニューヨーク10595、米国の分割。

細胞培養の最近の調査は示し、postinitiation段階の間にtumorigenesisを禁じるisothiocyanates (ITCs)がmitogen活動化させた蛋白質(地図)のキナーゼおよびp53細道の活発化によってapoptosisを引き起こすことをITCsまたは共役のための潜在性を提案する。 発癌物質の処置が肺tumorigenesisを禁じた後管理されたITCの混合物がA/Jのマウスで、私達食事療法(15 micromol/g) P 20 micromolのbenzo (a)のbenzyl (BITC-NAC)およびフェネチルITC (PEITC-NAC)のN acetylcysteine (NAC)の共役の効果をピレン[B (a)の単一の線量の後で管理されて]調査したかどうか評価するため。 肺アデノーマの形成は140日B (a) Pの投薬の後の検査された。 B (a) Pのグループの6.1 +/- 3.1の腫瘍/マウス制御食事療法にからの3.7 +/- 2.9そして3.4 +/- 2.7の腫瘍/マウスに肺腫瘍の多様性の重要な減少が与えたことを両方のBITC-NACおよびPEITC NAC扱われたグループは示した(P = 0.018および0.006、それぞれ)。 腫瘍の阻止のメカニズムを調査するためには、肺組織は暫時犠牲の21、84、そして生物検定の間に140日に得られた。 これらのティッシュはによって現場で定められるようにapoptosisの顕著な増加を両方のITC NAC扱われたグループのための終り分類示した。 地図のキナーゼ細道はITC NAC扱われたグループで活動化させた。 c 6月NH (2)の-末端のキナーゼの活発化はBITC-NACでより高く、B (a)と比較するとPEITC-NACのグループは制御をP扱った。 p38および細胞外の信号調整されたキナーゼ(ErKs)のリン酸化はまたこれらの処置によって1および2引き起こされた。 地図のキナーゼの下流ターゲットを定めるためには、活性剤蛋白質1 (AP-1)および核要因kappaB活動はゲルの転位の試金によって評価された。 AP-1結合の活動はBITC-NACおよびPEITC-NACのグループ両方から肺組織で非常に高められた。 しかし核要因kappaB結合の活動の変更は、見つけられなかった。 p53のリン酸化は両方のITC NAC扱われたグループの構成するレベルよりまた高かったが、p53表現の誘導は検出されなかった。 この調査はPEITCのNACの共役のchemopreventive効力を示し、食事療法で管理されるBITCは後B (肺tumorigenesisのためのa)の単一の線量P地図のキナーゼの活発化が、AP-1トランスクリプション、p53リン酸化提供した、考慮し、apoptosisの誘導はこれらの混合物のchemopreventive活動にかかわるかもしれないという最初の生体内の証拠を。

52. FASEB J. 1月2002日; 16(1): 2-14。 Angioprevention: angiogenesisは癌のchemopreventive代理店のための共通およびキー・ターゲットである。 Tosetti F、フェラーリN、De Flora SのAlbini A.の分子生物学の実験室、国民の癌研究の協会(IST)、ジェノバ、イタリア。

neoangiogenicプロセスの阻止によって腫瘍の成長を妨げる潜在性は固体腫瘍の処置に陰謀的なアプローチを表す。 適切なvascularizationの奪い取られた栄養素および酸素の拡散の欠乏による細胞死によって腫瘍の高い拡散率はバランスをとられる。 マトリックスのmetalloproteinases (MMPs)、angiogenic成長因子および受容器はantiangiogenic代理店の許容そして治療上の効力をテストするために承認される臨床試験の増加する数の主要なターゲットである。 私達は可能な癌のchemopreventive代理店として提案される一連の物質がantiangiogenic特性をときテストされた生体外および生体内のangiogenesisモデル示すことを観察した。 私達はNアセチルlシステインがメラノーマの細胞の侵略的な、metastatic潜在性を減らせるおよびendothelial細胞の侵入をMMPの活動の直接阻止によって禁じるためにことを示した。 私達はまたそのepigallocatechinの没食子酸塩(EGCG)を、実験および疫学の研究のchemopreventive活動を所有している緑茶からのフラボノイド、であるMMP-2およびMMP-9の有効な抑制剤示した。 Angiogenesisはまたnonsteroidal炎症抑制薬剤のchemopreventive活動のためのターゲットであるために示された。 これらのデータに基づいて、私達は他のchemopreventive代理店は、自然か総合的なretinoidsを含んで、ステロイド ホルモンの反対者、行為の重要なメカニズムとしてperoxisome増殖剤活動化させた受容器のガンマの配位子、ビタミンD、およびプロテアーゼ抑制剤、antiangiogenesisがあるかもしれないことを私達が「angioprevention」を名づける新しい概念仮定する。 私達はメカニズムいかにのおよびchemopreventive代理人が目指したantiangiogenic効果をなぜ出すことができるか腫瘍の成長を制御する、および医院の潜在的な使用を分析し。

53. 蟹座Res。 11月2001日15日; 61(22): 8171-8。 口頭N acetylcysteineによる裸のマウスのangiogenesis主導のKaposiの肉腫の腫瘍の成長の阻止。 Albini A、Morini M、D'Agostini F、フェラーリN、Campelli Fの競技場G、Noonan DM、Pesce Cの癌研究(IST)のためのDe Flora S.の国民の協会は、c/o人間工学の中心、緩やかにR. Benzi 10、I-16132ジェノア、イタリアを進めた。 albini@vega.cba.unige.it

チオールのNアセチルLシステインに(NAC)、減らされたグルタチオンのアナログおよび前駆物質は、nucleophilicity、酸化防止活動および他のいろいろメカニズムに帰することができる癌のchemopreventive特性がある。 私達はNACが反侵略的な、antimetastatic、antiangiogenic効果生体外でおよび生体内の試験制度を持っていることを最近示した。 現在の調査では、s.c。 (CD-1) BRの裸のマウスのKS Imm細胞の移植はKaposiの肉腫のローカル成長、非常にvascularized人間の腫瘍で起因した。 腫瘍固まりが確立され、探索可能に、腫瘍の成長の鋭い阻止作り出されてなった著しく延長された中央の生存期間と共に扱われたマウスの半分の腫瘍の退化と後、始められる飲料水を持つNACの毎日の管理。 血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の生産およびある特定の拡散のマーカーは(増殖の細胞の核抗原およびKi-67)制御マウスからのよりNAC扱われたマウスからのKaposiの肉腫でかなり低かった。 chemotaxisの線量依存した阻止およびgelatinase (マトリックスのmetalloproteinase2、MMP-2)の活動の阻止によってMMP-2またはMMP-9 mRNAのレベルを変えないで侵入で起因するNACの生体外のKS Imm細胞の処置。 NACはまたかなりVEGFの生産を禁じたが、拡散のマーカーに生体外で影響を与えなかった。 逆トランスクリプションPCR分析は合計VEGFのmRNAsがNAC 10のmMの減ったことを示した。 一緒に取られて、これらの調査結果は大量服用の安全がchemopreventive行為に加えてほぼ40年間の臨床使用に、確立されたNACは癌の進行を防ぐために開発され、また癌のアジェバント療法で使用できる強いantiangiogenic潜在性があるという証拠を提供する。

54. Biogerontology。 2001年; 2(1): 55-60。 人間のneuroblastomaの細胞のNアセチルLシステインのdownregulatesのベータ アミロイドの前駆物質蛋白質の遺伝子のトランスクリプション。 Studer R、Baysang G、分子老人病学のBrack C. Laboratory、バーゼル大学、精神医学大学医院、スイス連邦共和国。 Rolf.Studer@Actelion.Com

アルツハイマー病(広告)の散発的形態のための原因は年齢が重要な危険率であるという事実からを除いてまだ十分理解されていない。 広告の患者の頭脳の独特のアミロイドのプラクの主要なコンポーネントはAbetaのペプチッド、アミロイドの前駆物質蛋白質APPの派生物である。 酸化圧力はAPPの新陳代謝のdysregulationによって広告の病因学に貢献するかもしれない。 APPの遺伝子のOverexpressionはAbetaのneurotoxicペプチッドの高められた分泌でoverexpressionを防ぐことは保護であるかもしれないが起因できる。 私達はここでそれに人間のneuroblastomaの細胞の酸化防止NアセチルLシステイン(NAC)のdownregulates APPの遺伝子のトランスクリプションを報告する。 効果は細胞がNAC媒体に自由に戻るときリバーシブルである。 これらの結果はtranscriptionalレベルに介入する治療上の代理店の開発のための新しい可能性を開発する。

55. 蟹座Res。 11月2001日1日; 61(21): 7868-74。 ラット モデルのグルタチオンの枯渇の有無にかかわらずalkylatorsの頚動脈内の管理の後の骨髄の毒性に対してchemoprotectantとしてN acetylcysteineの大動脈の管理の治療上の効力。 Neuwelt EA、Pagel MA、Hasler BP、Deloughery TG、Muldoon LL。 神経学、オレゴンの健康科学大学、ポートランド、オレゴン97201、米国の部門。 neuwelte@ohsu.edu

チオールのレベルの調節は化学療法の代理店の効力そして毒性を両方変えるかもしれない。 私達はL-buthionine- [S、R]を使用してcytoenhancementを、-頚動脈内のalkylatorの管理前に細胞グルタチオンのレベルを減らすsulfoximine (BSO)調査した。 私達はまた化学療法誘発の全身の毒性に対してチオールの代理店のN acetylcysteine (NAC)時chemoprotectionを評価した頭脳配達を限るためにおよびナトリウムのthiosulfateは下行大動脈に管理された。 BSOの処置ラットの頭脳および脳内の腫瘍のグルタチオンのレベルを、レバーおよびs.cの減少との同等は50-65%減らした。 腫瘍。 BSOの処置はgranulocytes、合計の白い細胞および血小板に対してかなりcarboplatin、melphalan、およびetoposideの隣酸塩との化学療法の毒性を高めた。 NACの頚動脈内の管理は頭脳に高い配達で下行大動脈での注入が頭脳配達を最小にした一方、起因した。 NACが、ナトリウムのthiosulfateの有無にかかわらず化学療法前に大動脈の注入によって、管理されたときに、骨髄の毒性の天底の大きさはBSO高められた骨髄圧迫と、最小になった。 従って、BSOは頭脳および脳腫瘍のグルタチオンを減らしたが、それにより化学療法誘発の骨髄圧迫を高めた。 頸動脈に与えられたとき、NACの大動脈の注入NACが容易に交差すると見つけられたが意外にも、血頭脳の障壁は中枢神経系(CNS)のvasculatureへの最低の露出で急速な整理のために起因した。 その結果、骨髄を潅流し、内臓器官に骨髄圧迫および毒性を最小にするNACの大動脈の注入はCNSのグルタチオンのBSOの枯渇の後でさえも頚動脈内のalkylatorsのCNSの細胞毒性と干渉しないで、行うことができる。

56. 発癌。 9月2001日; 22(9): 1373-8。 食餌療法のNアセチルLシステインは癌傾向があるp53 haploinsufficient Tg.AC (v Haras)のマウスのbenzo [a]ピレン誘発の皮腫瘍を調整する。 マーティンKR、Trempus C、Saulnier M、カーリFW、Barrett JC、フランスJE。 環境の発癌および突然変異誘発のTransgenic発癌の単位、実験室および分子発癌、NIEHS、NIHの研究の三角形公園、NC、米国の実験室。

疫学の研究は癌を防ぐことに於いての食餌療法の酸化防止剤の保護役割を支える。 但し時として個々の酸化防止補足が実際に発癌を悪化させるかもしれないことを、臨床試験からの出現の証拠および実験室データは提案する。 私達の目的は人間癌の遺伝子型特徴を所有している齧歯動物モデルのこれらの逆説的な活動を探検することだった。 私達はモデルとして人間癌の頻繁な遺伝の変化である不活性にされたp53腫瘍のサプレッサー遺伝子選んだ、およびは活動化させる含んでいるのでp53 haploinsufficient Tg.AC (v Haras)のマウスを、carcinogeninducible rasのがん遺伝子。 これらのマウスは容易に量を示すことができる急速に化学的に引き起こされた温和な、悪性の皮腫瘍を開発する。 マウスは3%のNアセチルLシステイン(NAC)の有無にかかわらず7週間1週あたりに二度加えられた発癌物質のbenzo [a]ピレン(64のmicrog/マウス)の項目適用の最中および後で基底食事療法に、十分確認された酸化防止剤、前に、与えられた。 腫瘍の発生は両方のグループのための90%を超過し、NACは腫瘍の潜伏を減らさなかった。 NACに与えられたマウスは腫瘍の多様性の43%の減少を(P < 0.05)表示し、損害の出現を遅らせた(P < 0.05)。 食餌療法NACはまた5週までにかなり(P < 0.05)グループの存続を改善した。 総腫瘍収穫はNAC与えられたマウスの25%増加した両方の食餌療法のグループ悪性の紡錘の細胞の腫瘍(SCT)で減った。 v Harasがん遺伝子およびp53蛋白質プロダクトは両方の食餌療法のグループからの温和な、悪性の損害にはっきり共同表現された。 要約すると、NACの食餌療法の補足はchemopreventiveだったが、SCTの最底限の増加は逆説的な効果を提案する。

57. 発癌。 7月2001日; 22(7): 999-1013。 喫煙が関係した終点に言及するDNA損傷そして癌の防止のN acetylcysteineのメカニズム。 De Flora S、Izzotti A、D'Agostini FのBalanskyのRM。 健康科学の部門、衛生学のセクションおよび予防医学、大学、A. Pastore 1による、ジェノアのI-16132ジェノア、イタリア。 sdf@unige.it

煙る停止が癌および他の喫煙が関係した病気の制御のための主要目的であるが、chemopreventionは現在の喫煙者および元喫煙者のような危険度が高い個人に適当な補足のアプローチを提供する。 チオールのN acetylcysteine (NAC)は細胞外の環境で本質的にはたらき、細胞内のシステインおよびグルタチオン(GSH)の前駆物質である。 ほぼ40年間のいろいろ臨床条件の予防法そして療法の経験は、大抵レドックスの状態のGSHの枯渇そして変化を含んで、この薬剤の、非常に大量服用のそして長期処置のための安全を確立した。 NACは癌および他の突然変異関連の病気を防ぐ潜在性があることを1984が示したので行われるいくつかの調査。 N acetylcysteineにDNAの損傷の方のメカニズムの印象的な配列がおよび新陳代謝のnucleophilicityと、酸化防止活動、調節、mitochondriaの効果、発癌物質の生物学的に有効な線量の減少、DNA修理の調節、genotoxicityの阻止および細胞の変形、遺伝子発現および信号のtransductionの細道の調節、細胞の存続の規則およびapoptosis、敵意への進行の炎症抑制の活動、反angiogenetic活動、免疫学の効果、阻止、細胞周期の進行の影響、前neoplasticおよびneoplastic損害の阻止、侵入の阻止および転移関連している、および他のchemopreventive代理店または化学療法の代理店の悪影響の方の保護ある保護効果および発癌。 これらのメカニズムは生体外の試験制度、実験動物および臨床試験で評価されるように喫煙が関係した終点に言及してここに、見直され、コメントされる。 NACのすべての保護効果がホメオスタティスのいろいろな処置か不均衡によって作り出された条件の範囲の下で観察されたことは重要である。 但し、私達の最近のデータはNACがcDNAの配列の技術によって検出される多数遺伝子の表現を本質的に変えない生理学的な条件の下でマウスの肺でそれを、少なくとも、示す。 全体的に見ると、NACはいろいろなDNAの損傷および癌関連の終点を調整する機能があるという決定的な証拠がある。

58. 蟹座Res。 3月2001日15日; 61(6): 2472-9。 煙露出されたラットのchemopreventive代理店によるbiomarkersの調節。 Izzotti AのBalanskyのRM、Dagostini F、Bennicelli CのマイヤーズのSR、Grubbs CJのLubetのRA、Kelloff GJの健康科学のDe Flora S.部、ジェノア、イタリアの大学。

Chemopreventionは癌の防止の新たな観点および関連付けられる、現在の喫煙者と、さらにもっと、exsmokersおよび受動の喫煙者で喫煙と開発可能な他の慢性の退化的な病気を開ける。 動物モデルのbiomarkersの評価は効力のpreclinical査定および潜在的なchemopreventive代理店の安全のための必要なステップである。 Sprague Dawleyのラットのグループは主流の混合物へ露出された全身および28の連続した日間sidestreamタバコの煙だった。 5つのchemopreventive代理店は飲料水(NアセチルLシステイン、体重1つのg/kgの/日)とまたは食事療法(1,2-dithiole-3-thione、400 mgと与えられた; Oltipraz、400 mg; フェネチルのイソチオシアネート、500 mg; そして5,6-benzoflavone、500のmg/kgの食事療法)。 下記のものを含まれている監視されるbiomarkers: DNAは気管支肺胞の洗浄の細胞、気管の上皮、肺および中心で内転する; 肺DNAへの酸化損傷; 4 aminobiphenylおよびbenzo (a)ピレン7,8グリコール9,10エポキシドのヘモグロビンのアダクト; 骨髄のmicronucleatedおよびpolynucleated歯槽の大食細胞そしてmicronucleated多色の赤血球。 煙へのラットの露出はすべての調査された変数の劇的な変化で起因した。 NアセチルLシステイン、phenylethylイソチオシアネートおよび5,6-benzoflavoneはすべての変化に対する重要な保護効果を出した。 1,2-Dithiole-3-thioneは代わりにされたアナログのOltiprazがこのモデルで限られた保護効果を示した一方、より少なく有効な抑制剤で、歯槽の大食細胞の全身の毒性そしてgenotoxicityを両方表わした。 興味深いことに、OltiprazとのNアセチルLシステインの組合せは肺およびヘモグロビンのアダクトの煙関連のDNAのアダクトの添加物か多くにより付加的な阻止に終って最も有効な処置、だった。 これらの結果は検査薬の差動機能に証拠を呼吸器管および他のボディ コンパートメントの煙関連のbiomarkersを調整し、働く特有なメカニズムとchemopreventive代理店を結合することの潜在性の利点を強調する提供する。

59. 発癌。 3月2001日; 22(3): 375-80。 ラットの呼吸器管のタバコの煙そして癌のchemopreventive代理店によるapoptosisの調節。 D'Agostini FのBalanskyのRM、Izzotti AのLubetのRA、Kelloff GJの健康科学、大学、A. Pastore 1による、ジェノアのI-16132ジェノア、イタリアのDe Flora S.部。

Preclinical調査は疫学の研究と癌防止のための臨床試験に適当なbiomarkersの意味を明瞭にするかもしれない。 調査はapoptosisに対するタバコの煙の効果を生体内でこれまでのところ探検しなかった。 私達は形態学上分析およびTUNEL方法によって両方Sprague-Dawleyの煙露出されたラットの呼吸器管の細胞のapoptosisの調節を評価した。 最初の調査では、18か100つの連続した日間主流のタバコの煙へのラットの露出はapoptotic細胞の割合で気管支およびbronchiolar上皮の重要な、時間依存の増加を作り出した。 口頭N: - acetylcysteineはapoptosisかなりそしてはっきりと減らされた煙誘発のapoptosisの背景の頻度に影響を与えなかった。 すぐに調査、28の連続した日間sidestreamおよび主流煙の混合物へのラットの露出はapoptosisを経ている肺の歯槽の大食細胞の頻度の>10-foldの増加で起因した。 5,6-benzoflavone、1,2-dithiole-3-thioneまたはoltiprazの食餌療法の管理はフェネチルのイソチオシアネートがそれ以上の重要な強化を作り出した一方、煙誘発のapoptosisの頻度に影響を与えなかった。 再度、oltiprazとのN acetylcysteineそして組合せはかなり煙誘発のapoptosisを減らした。 両方の調査では煙への露出は検査されたchemopreventive代理店によって変化しなかった増殖の細胞の核抗原(PCNA)のために肯定的な細胞の急増で起因した。 これらの調査結果はapoptosisの調節が意味を多様化させたこと概念を強調する。 異なった意味(次のラインで説明されているように)。 最初に、apoptoticプロセスはタバコの煙の部品のようなgenotoxic代理店に対する防衛システムとして、誘発される。 損なわれた細胞の取り外しを支持するフェネチルのイソチオシアネートによって作り出されるそれ以上の誘導は解毒のメカニズムの例を表す。 Nによる煙誘発のapoptosisの阻止: - acetylcysteineは同じ動物の呼吸器管のDNAの変化の調節を評価する平行調査に示すようにantigenotoxicメカニズムのepiphenomenonとして、解釈されるべきである。 従って、apoptosisの反対調節が本質的にgenotoxicityを禁じる他のメカニズムの保護メカニズムまたは有利な結果であるかどうかその間区別することは重要である。

60. J Gastrointest Surg。 2001日1月2月; 5(1): 91-7。 酸化防止N acetylcysteineは裸のマウスの大腸癌のxenograftsに対して5フルオロウラシルの活動を高める。 Bach SP、ウィリアムソンSE、Marshman E、Kumar S、O'Dwyer STのPottenのCS、AJワトソン。 癌研究のキャンペーン、上皮性の生物学、Patersonの協会、Christieの病院、Withington、マンチェスターM20 4BX、イギリスの部門。 Sbach@picr.man.ac.uk

酸化防止pyrrolidinedithiocarbamateは正常な腸かhematopoieticティッシュに増加する毒性なしでHCT-15裸のマウスの大腸の癌細胞ラインxenograftsに対して5フルオロウラシル(5-FU)の治療上の効力を改善する。 現在の調査で私達は同じような臨床的に認可された酸化防止剤、N acetylcysteine (200のmg/kg)が裸のマウスのHCT-15腫瘍のxenograftsに対して、5-FU (120のmg/kg)の活動を調整できることを示した。 私達はこの効果がp53独立したapoptosisの支えられた高度と一緒に細胞周期の動力学ことをの変化に伴わないで伴われることを示す。 広範な腫瘍の壊死はまた処置の顕著な特徴である; 但し、intratumorのmicrovessel密度によって査定されるようにneovascularizationの重要な減損は起こらなかった。 私達は高度の大腸癌の5-FUへの付加物としてN acetylcysteineの臨床効力が更に調査されるべきであることを信じる。

61. SemethylselenocysteineはHL-60細胞の反応酸素種によって仲介されるapoptosisを引き起こす。 Jung U、Zheng X、そうYoon、チョンように。 生物科学の部門、韓国は科学技術、Yusungグウ、Taejon、韓国の協会を進めた。 自由なRadic Biol Med 8月2001日15日; 31(4): 479-89

最近の調査はセレニウムの混合物のchemopreventive効果の最ももっともらしいメカニズムの1つとしてapoptosis、およびさまざまな刺激によって引き起こされるapoptosisの重要な仲介人として反応酸素種(ROS)を関係させた。 現在の調査では、私達はchemopreventionでROSがMSC誘発のapoptosisの重大な役割を担うことをことSemethylselenocysteine (MSC)、最も有効なセレニウムの混合物の1つ、HL-60細胞の引き起こされたapoptosis、そして示す。 HL-60細胞によるMSCの通風管はかなり早く起こり、1つのh.内の最高に達する。 細胞の実行可能性の線量依存した減少はMSCの処置によって観察され、高められたDNAの分裂と一致し、副Gだった(1)人口。 MSCの50 microMはhの時間ポイント24で細胞の人口の48%のapoptosisを引き起こせた。 さらに、caspase-3のmitochondriaそして活発化からのチトクロームcおよびcaspase-9の解放はまた観察された。 dichlorofluoresceinの蛍光性によるROSの測定はROSの線量および時間依存の増加がMSCによって引き起こされたことを明らかにした。 N acetylcysteine、グルタチオンおよびdeferoxamineは細胞死、DNAの分裂およびMSCによって引き起こされたROSの生成を妨げた。 さらに、N acetylcysteineは効果的に副Gのcaspase-3活発化そして増加を妨げた(1) MSCによって引き起こされる人口。 これらの結果はROSがHL-60細胞のMSC誘発のapoptosisの重大な仲介人であることを意味する。

62. 抗癌性Res。 2001日1月2月; 21 (1A): 213-9。 侵入に対するN acetylcysteineの抑制的な効果およびT24人間の膀胱癌の細胞のMMP-9生産。 川上町S、Kageyama Y、Fujii Y、Kihara K、泌尿器科学および生殖薬、大学院、東京医学および歯科大学、Yushima 1-5-45、Bunkyo-Ku、東京113-8519、日本のOshima H. Department。 s-kawakami@med.tmd.ac.jp

背景: MMPsの演劇癌の侵入および転移の過程において重大な役割。 方法: 侵入のNAC生体外の侵入の試金、ゼラチンのzymography、西部および北のしみの分析およびRT-PCRの試金を使用しておよび人間の膀胱癌の細胞ラインT24のMMP-9生産の影響は調査された。 結果: TPAは再構成された地階の膜を通してT24細胞の侵入の数を基底の状態ともっとより十倍に比較されて高めた。 禁じられたNACは侵入の線量依存をTPA高めた。 TPAはT24細胞によってTIMP-1遺伝子の表現を変えないで抑制されたNACはMMP-9の生産をTPA高めたが、MMP-9生産を高めた。 TPAもNACもT24細胞のTIMP-1 mRNAのレベルを変えなかった。 生体外の実験はMMP-9がNACによって直接禁じられたが、示したりTPAによってことを影響を及ぼされなかった。 結論: NACはMMP-9活動の直接阻止に加えてMMP-9生産の禁止によってT24人間の膀胱癌の細胞の侵入を限る。

63. J Neurochem。 1月2001日; 76(1): 224-33。 NアセチルLシステインは酸化圧力および細胞の細胞毒性からSHSY5Yのneuroblastomaの細胞を保護する: ベータ アミロイドの分泌およびtauのリン酸化に対する効果。 Olivieri G、Baysang G、Meier Fの紛砕機Spahn FのStahelinのHB、Brockhaus M、Brack C. Neurobiology Laboratoryの精神医学大学病院、バーゼル、スイス連邦共和国。 gianfranco.olivieri@pukbasel.ch

筋萎縮性側索硬化症(ALS)、パーキンソン病(PD)およびアルツハイマー病(広告)のような頭脳の老化そしてneurodegenerative病気のニューロン内のレドックスの変更はますます重要な原因となる代理店として関係させている。 細胞はグルタチオン(GSH)システムおよび酸化防止酵素を含む細胞内のレドックス ホメオスタティスを、維持するためにいくつかの防御的なメカニズムを開発した。 ここに私達はSHSY5Yのneuroblastomaの細胞のベータ アミロイド(ベータA)の分泌そしてtauのリン酸化に対するNアセチルLシステイン(NAC)の効果を後(H (2) O (2)引き起こす/細胞毒素の混合物酸化圧力への露出紫外線および有毒物質Aのベータ ペプチッド)検査した。 ベータおよびtau蛋白質は圧力の要因が広告の病因学で関係する間、広告の病理学の認刻極印の分子である。 結果はそのH (2つの) O (2)を、紫外線、Aベータ1-42および有毒物質Aベータ25-35示す、しかしない不活性Aベータ35-25は、酸化圧力および細胞の細胞毒性の重要な誘導を作り出す。 効果は細胞がNAC 30のmMのと前処理をされるとき逆転する。 細胞はH (2個の) O (2)、紫外線およびAベータ25-35に露出した、しかしないAベータ35-25は培養基に、Aベータ1-40およびAベータ1-42のかなり多量を分泌する。 NACの前処理は制御と比較されたAベータ1-40の解放を高め、Aベータ1-40およびAのベータ25 35扱われた細胞のA両方ベータ1-42のリリースを増強した。 Tauのリン酸化はH (2)によって著しくO (2)および紫外線Aベータ25-35によって増加されて減った。 NACは強く圧力の処置の存在または不在のphospho tauレベルを下げた。

64. Int Jの蟹座。 12月2000日1日; 88(5): 702-7。 N acetylcysteineおよび調整の突然変異誘発のアスコルビン酸および発癌間の相互作用。 D'Agostini FのBalanskyのRM、Camoirano Aの健康科学のde Flora S.部、ジェノア、ジェノア、イタリアの大学。

アスコルビン酸(AsA、ビタミンC)およびN acetylcysteine (NAC)、グルタチオンの前駆物質およびアナログは両方、いろいろ病態生理学的な条件に於いての保護役割の下にある生物的特性の広い配列を所有している。 但し、特定の状況下で、AsAは酸化防止剤よりもむしろ親オキシダントとしてし、悪影響を作り出す。 これは私達をNACが突然変異および癌をことを防ぐことのAsAと相互に作用することができるかどうか評価するために促した。 AsAはかなり酸化突然変異原に敏感であるTA104増加した、およびネズミチフス菌の緊張TA102の自発のrevertantsを。 それに対して、NACはTA104の自発の背景を下げ、AsAのマイナスの効果を中和した。 さらに、NACおよびAsAはクロムを減らすこと(VI)と突然変異誘発性を戻すことで付加的な効果を示した。 単一i.p。 120匹のA/Jのマウスへのウレタン(体重1つのg/kgの)の注入は、AsAおよびNAC (体重1つのg/kgのの線量で飲料水と毎日与えられる両方)の組合せとウレタンと扱われたNACとウレタンと扱われたAsAとウレタンと扱われた、30匹のマウス365扱われた1,532の肺腫瘍、425発癌物質だけと、404およびそれらのそれらのそれらのの338の合計の形成の4かの数か月後に、起因した。 肯定的な制御と比較されて、腫瘍の多様性はAsAによって不完全にNACと尚更AsAとの組合せによってかなり減った一方、影響された。 4グループの肺腫瘍の全面的な容積は107.5、89.3、61.3そして49.7 mm (3)、それぞれだった。 腫瘍サイズはAsAとともっとそう扱われたマウスAsAのそれぞれより有効である組合せとNACそしてNACとそれぞれ扱われたそれらでわずかにかなり減ったが。 2つの薬剤の結合によって引き出されたすべての保護効果は付加的だった。 従って、NACは自発の突然変異誘発性に対するAsAの悪影響を防ぐ; 同時に、このチオールはクロムの突然変異誘発性(VI)およびマウスのウレタンの肺tumorigenicityを禁じるAsAとの付加的な方法でする。 これらの調査結果はNACおよびAsAが癌のchemopreventionおよび他の病理学の介在で便利に結合できることを提案する。 版権2000年のワイリーLiss、Inc。

65. Int Jの蟹座。 6月2000日15日; 86(6): 842-7。 チオールの酸化防止剤アルファlipoic酸で癌患者からおよびNアセチルの隔離される周辺血の単核の細胞の機能欠陥の復帰システイン。 Mantovani G、Maccio A、Melis G、ムーラL、Massa E、Mudu MC。 医学の腫瘍学の部門および内部医学、カリアリ、カリアリ、イタリアの大学。 mantovan@pacs.unica.it

アルファLipoic酸(翼部)およびNアセチルのシステイン(NAC)の機能は、2人の活動的な酸化防止代理人、生体外で高度の段階の癌患者から隔離された周辺血の単核の細胞(PBMC)の最も重要な機能欠陥を訂正する調査された。 癌患者隔離されたPBMCのproliferative応答から反CD3モノクローナル抗体(MAb)へのおよびCD25 (IL-2R)および刺激されなく、反CD3 MAb刺激されたPBMCのCD95の表現は(FAS)調査され、proinflammatory cytokines IL-1、IL-6、癌患者の親cachectic活動のマーカー、およびIL-2およびsIL-2Rの血清のレベルとしてTNFalphaの血清のレベルは査定された。 肺の癌を持つ20人の患者(平均年齢64.6年)、卵巣、endometriumおよび頭部および首、進められるのすべて(IIIは、IV)病気の段階、調査された。 IL1beta、IL-2、IL-6、TNFalphaおよびsIL-2Rの血清のレベルは正常な主題のより癌患者でかなり高かった。 癌患者隔離されたPBMCの応答はから反CD3 MAbへの制御のそれよりかなり低かった。 隔離された翼部0.001 mMまたはNACの付加は癌患者および正常な主題から反CD3 MAbと刺激されたPBMC文化の0.004 mMかなりPBMCの応答を高めた。 正常な主題から隔離された癌患者からPBMCのそれよりかなり低かった隔離された反CD3 MAbの文化の24そして72 hr後で、CD25の表現およびPBMCのCD95は。 癌患者から隔離されたPBMCの文化への翼部またはNACの付加はかなりCD95を表現するCD25、またcd25表現する細胞のパーセントを増加した。 現在の調査の結果は高度段階の癌患者で複数の重要なT細胞機能に対する酸化防止代理人翼部およびNACの好ましい効果を生体外で示す。 版権2000年のワイリーLiss、Inc。

66. Altern MedのRev. 10月2000日; 5(5): 467-71。 N acetylcysteine。 [リストされている著者無し]

N acetylcysteine (NAC)はアミノ酸のLシステインのアセチル化された前駆物質で、グルタチオン(GSH)を減らした。 歴史的に見るとそれは慢性の呼吸の病気で粘液溶解の代理店、またacetaminophenの過量によるhepatotoxicityのために解毒剤として使用された。 もっと最近、NACの動物そして人間の調査は癌、心臓病、HIV感染、重金属の毒性および遊離基のオキシダントの損傷によって特徴付けられる他の病気の処置の強力な酸化防止および潜在的な治療上の代理人であるためにそれを示した。 NACはまたSjogrenのシンドローム、たばこを吸う停止、インフルエンザ、肝炎およびmyoclonus癲癇の処理の価値であるために示されていた。

Cytokine。 4月2000日; 12(4): 374-8。 血管内皮細胞増殖因子(VEGF)およびメラノーマ。 N acetylcysteineのdownregulates VEGFの生産生体外で。 Redondo P、Bandres E、Solano T、Okroujnov I、皮膚科学のガルシアFoncillas J. Department、Navarraの、パンプロナ、スペイン医科大学院の大学医院。

血管内皮細胞増殖因子(VEGF)、これまでに識別されるメラノーマを含む固体腫瘍の成長そして転移と最も有効なangiogenic要因は、関連付けられる。 メラノーマの細胞がVEGFの上げられた集中を作り出すことが生体外で示されていた。 私達は第一次メラノーマ、ローカル再発およびmetastaticメラノーマを持つ20人の患者の血しょうのVEGFの集中を検査した。 私達はまた3つの人間のメラノーマの細胞ラインのVEGFの生産に対する1つの酸化防止剤、N acetylcysteineの禁止の効果を、調査した。 私達はVEGF (中間数205のページmlの上昇値を見つけた; 95%信頼区間、第一次および局部的に再発メラノーマ(75 pg/mlに関するmetastaticメラノーマの80-414)、; 95%信頼区間、35-130)。 健康制御患者は25 pg/ml (95%信頼区間、10-35)のレベルがあった。 人間のメラノーマの細胞ラインは基底の条件(550-963 +/- 125 pg/ml)のVEGFを分泌し、N acetylcysteine (0.5-20 mM)はかなり線量依存した方法のVEGFの生産を減らした。 VEGFの集中はmetastaticメラノーマ(P=0.008)第一次メラノーマ、ローカル再発を持つ患者で、とりわけ上がると、見つけられ。 N acetylcysteineは3つの人間のメラノーマの細胞ラインのVEGFの生産を禁じる。 この酸化防止剤は他の細胞毒素薬剤を伴ってmetastaticメラノーマの治療上の適用があるかもしれない。

67. Int J Oncol。 6月2000日; 16(6): 1215-9。 フェネチルのイソチオシアネートのN acetylcysteineの共役による人間の前立腺癌の細胞の成長の調節。 Chiao JW、チョンF、Krzeminski J、アミンS、Arshad R、アーメドT、Conaway CC。 薬、ニューヨークの医科大学、ヴァルハラ、NY 10595、米国の部門。

cruciferous野菜で現在のisothiocyanatesのチオールの共役が有効な癌のchemopreventiveおよび可能性としては活動的な治療上の代理店の成長する証拠がある。 腫瘍の細胞の成長に対するフェネチルのイソチオシアネート(PEITC-NAC)のN acetylcysteineの共役の効果は人間の前立腺癌の細胞男性ホルモン独立したラインLNCaP、およびDU-145で男性ホルモン依存した分析された。 より低い集中でPEITC-NACはDNAの統合および成長率の減少、clonogenicityの阻止および両タイプの前立腺癌の細胞のapoptosisの誘導を用いる線量依存した成長調節を、仲介したが、高い濃度のPEITC-NACへの細胞の露出により細胞崩壊を引き起こした。 PEITC-NACは入る細胞を妨げる細胞周期のSおよびG2M段階の細胞を減らし段階を複製する。 並行して、細胞周期の調整装置p21、また強度を表現する細胞の重要な強化は蛍光抗体技術を使用して断固としただった。 PEITC-NACの行為はPEITC-NACの露出の後で50-65%に数日間増加していて阻止の大きさが時間依存、だった。 PEITC-NAC、PEITCおよびNACの分離プロダクトが付いている腫瘍の細胞の相互作用は成長の規則のメカニズムとして、提案される。

68. 蟹座Res。 1月2000日15日; 60(2): 350-8。 腫瘍の細胞によって引き起こされた流体静力学圧力およびNアセチルLシステインと肺転移の有効な除去は扱った。 Goldman Y、Peled A、生物化学のShinitzky M. Department、科学のWeizmannの協会、Rehovot、イスラエル共和国。

前の調査では、私達は遅反応の膜不浸透性の交差リンカ(CL)の前で腫瘍の細胞にimmunogenic集りに高い流体静力学圧力(p)のその適用を、2' - 3' -アデノシンのジアルデヒド、細胞の表面蛋白質を再配列してもいい示した。 ここでは、私達はNアセチルLシステイン(NAC)が付いている表面蛋白質のdisulfidesのそれに続く減少が更にPCL変更された腫瘍の細胞のimmunogenic潜在性を生体外でそして生体内で増加することを示す証拠を示す。 i.vとPCL+NAC変更された3LL-D122ルイスの肺癌腫の細胞との免疫療法。 確立された肺転移に耐えているマウスのNACの配達は正常な肺重量および組織学の復帰によって示されるようにmetastatic小節を根絶することができるantitumor応答を誘発した。 さらに、PCL+NAC変更された腫瘍の細胞との免疫は親D122細胞に対して強い遅らせタイプのhypersensitivityのリコールの応答をもたらした。 私達はautologous PCL+NAC変更された腫瘍の細胞とのローカル免疫およびNACとの全身の後押しに基づいてこの新しい2熊手の作戦が、人間癌の処置に、実用的で、有効なimmunotherapeutic養生法を提供できることを提案する。

69. 蟹座Lett。 12月1999日1日; 147 (1-2): 109-14。 前のadenomatous colonicのポリプを持つ患者のコロンのproliferative索引のN acetylcysteineの抑制。 Estensen RDの徴税M、Klopp SJ、Galbraith AR、Mandel JS、Blomquist JA、Wattenberg LW。 実験室の薬および病理学のミネソタ大学、ミネアポリス55455、米国の部門。

この調査は大きい腸の発癌のためのchemopreventionを開発するための努力の一部分である。 調査される代理店はN acetylcysteine (NAC)である。 私達は予言するbiomarker、proliferative索引(PI)として短期人間の調査で、使用した。 前のadenomatous colonicのポリプを持つ患者は結腸癌のための高められた危険のグループおよびcolonicのクリプトの高められたPIである。 それらは12週か偽薬のグループにNACの800のmg /dayがあった実験グループに任意に割り当てられた。 immunostaining proliferative細胞の核抗原を使用してcolonicのクリプトのPIは処置前にそしての後で測定された。 NACのグループのPIは偽薬のグループが相違(P > 0.45)を示さない間、かなり減った(P < 0.02)。 PIのこの減少が結腸癌の減らされた危険の表示器であるかもしれないので結腸癌のためのchemopreventive代理店としてNACの潜在性のより広範な調査は保証されてようである。

70. 実験室は投資する。 9月1999日; 79(9): 1151-9。 N acetylcysteineはendothelial細胞の侵入およびangiogenesisを禁じる。 CAI T、Fassina G、Morini M、Aluigi MG、Masiello L、Fontanini G、D'Agostini F、De Flora S、Noonan DM、癌研究のためのAlbini A. National Institute、ジェノア、イタリア。

チオールのN acetylcysteine (NAC)はいろいろなメカニズムを通ってchemopreventive代理店行為、生体内の発癌を防ぐことができる。 私達は前にNACが悪性の細胞、また腫瘍の取得の侵入そして転移を禁じることを示してしまった。 Neovascularizationは腫瘍固まりの拡張および転移の形成のために重大である。 私達はNACの抗癌性の活動のターゲットが刺激としてKaposiの肉腫の細胞プロダクトの有効なangiogenic混合物を使用して腫瘍のangiogenesis準の表現型の生体外でそして生体内で阻止であることができるかどうか調査した。 試金のパネルで2つのendothelial (EAhy926および人間の臍静脈endothelial [HUVE])細胞ラインが禁止のchemotaxis、侵入およびgelatinolytic活動のNACの能力を生体外でテストするのに利用された。 EAhy926およびHUVEの細胞の生体外の線量依存のNACの処置は再構成された地階の膜、endothelial細胞の活発化の表示器に侵入する機能を減らした。 HUVEの細胞の侵入は侵入が優先ターゲットであることを示すNAC 0.24 mMののID50とchemotaxisの阻止が10の折目の大量服用を要求した一方、禁じられた。 NACはendothelial細胞によって作り出されたgelatinaseの活動的な形態への酵素の活動そして転換を禁じた。 matrigelの生体内の試金はangiogenesisの評価のために使用された; NACはKaposiの肉腫の細胞プロダクトに応じて強くmatrigelのスポンジのneovascularizationを禁じた。 NACは反angiogenic処置として安全に使用できることを意味するendothelial細胞を維持している間angiogenesisを防いだ。

71. 発癌。 9月1999日; 20(9): 1869-72。 cyclin依存したキナーゼ抑制剤およびGの誘導(1) chemopreventive代理店のN acetylcysteineによる延長。 劉M、Wikonkal NM、性急なDE。 治療上の放射線学の部門および遺伝学、ニューヘブン、CT 06520-8040、米国エール大学の医科大学院の部門。

Cyclin依存したキナーゼ(cdk)抑制剤は、p16 (INK4a)およびp21 (WAF1/CIP1)のような頻繁に、Gを禁じる(1) cyclinのキナーゼはGでおよび起因する(1)阻止。 p21 (WAF1/CIP1)がまたDNAの写しのDNA修理、減速および細胞微分の誘導のような他のchemopreventive活動の役割を担うかもしれないことが提案された。 このレポートで私達は酸化防止N acetylcysteine (NAC)、有名なchemopreventive代理人が、p16 (INK4a)およびp21 (WAF1/CIP1)遺伝子発現を引き起こし、Gによって細胞周期の転移を延長することを示す(1)段階。 Gの部分(1) NACによる阻止はp16 (INK4a支配される)によって; それはp53の独立者である。 NACの細胞内のグルタチオンのレベルの増加の通常のメカニズムはGに要求されない(1)阻止。 行為が基の掃除に限られる酸化防止剤、Troloxは、Gを引き起こさない(1)阻止。 一緒に取られて、これらの結果はNACによってchemopreventionのための潜在的で新しい分子的機序を提案する。

72. Jpn Jの蟹座Res。 5月1999日; 90(5): 565-70。 N acetylcysteineは膀胱癌の細胞のシス形dichlorodiammineplatinum誘発の効果を変更する。 宮島A、Nakashima J、橘町M、Nakamura K、早川町M、泌尿器科学のMurai M. Department、国防の医科大学、Tokorozawa、埼玉。 aandt@ix.netcom.com

私達は前に膀胱癌の細胞に於いてのグルタチオン(GSH)のdepletorsを伴ってシス形dichlorodiammineplatinumによって(CDDP)引き起こされた細胞毒性に於いての反応酸素種(ROS)の役割を示した。 但し、CDDPとROS間の関係は薬剤耐性の多くのメカニズムがよく特徴付けられたが、まだ明白でない。 現在の調査は膀胱癌の細胞(KU1)のCDDP誘発の効果に対するN acetylcysteine (NAC)の効果を、GSHの前駆物質、調査するために引き受けられた。 CDDPの細胞毒素の効果はNAC (1つのmM)によってKU1細胞でかなり鈍くされた。 CDDPだけのIC50は(10.2+/-1.2 microM) NAC (IC50のCDDPのそれよりかなり低い: KU1細胞の20.3+/-1.6 microM)。 NACはまたかなり制御(15.9+/-7.6個のnmol/10(6)の細胞)と比較されたKU1細胞のGSHの細胞内の集中を(37.2+/-1.6個のnmol/10(6)の細胞)高めた。 CDDPが時間依存の方法のKU1細胞のdichlorofluorescein (DCF)の生産の点では測定されるようにROSの顕著な増加を作り出す間、NACの前処理はかなりKU1細胞のCDDP誘発の細胞内DCFを減らした。 さらに、TdT仲介されたdUTPビオチンの刻み目終りの分類の(TUNEL)試金はCDDP誘発のapoptosis (31.1+/-3.8%)がKU1細胞のNACの前処理によってかなり禁じられたことを示した(11.2+/-2.6%)。 これらの結果はNACがCDDP誘発ROSを掃除し、ROSが膀胱癌の細胞のCDDP誘発の細胞毒性を仲介することを提案するCDDP誘発の細胞毒性を禁じることを示した。

73. Int J Biolのマーカー。 1999日10月12月; 14(4): 268-71。 腫瘍の侵入およびangiogenesisの防止に於いてのチオールのN acetylcysteineの役割。 Morini M、CAI T、Aluigi MG、Noonan DM、Masiello L、De Flora S、D'Agostini F、Albini A、癌研究のためのFassina G. National Institute、ジェノバ、イタリア。

私達は広くN acetylcysteine (NAC)の効果を、生体内の発癌を防ぐことができるcytoprotective薬剤調査した。 ここに私達はNACが完全にmetalloproteasesのgelatinolytic活動および腫瘍の細胞のchemotacticおよび侵略的な活動を禁じる私達の調査結果を見直す。 さらに、NACは悪性のネズミ科のメラノーマの細胞が裸のマウスに注入されるとき肺転移の数を減らす。 NACの処置は第一次腫瘍の重量を減らし、腫瘍の潜伏の線量関連の増加を作り出す。 さらに、NACの経口投与は自発の転移の形成を減らす。 実験転移の試金では、私達はdoxorubicin (DOX)および裸のマウスのNACの処置の後で肺転移の数の互いに作用し合う減少を見つけた。 tumorigenicityおよび自発の転移の試金では、DOXの結合された管理および口頭NACは再度第一次腫瘍およびローカル再発の頻度そして重量に対する相助効果を示し、完全に肺転移の形成を防いだ。 endothelial細胞へのNACの付加はangiogenic刺激に応じて強く侵略的な活動を減らす。 NACは活動化させたendothelial細胞によってNACがgelatinaseの活動を妨げることを示すradiolabeledタイプIVのコラーゲンの低下そして解放を禁じた。 NACの経口投与はNACの機能を確認するKSの腫瘍の細胞プロダクトによって引き起こされるangiogenic応答をendothelial細胞の侵略的な活動を生体内で禁じる減らし、それによりangiogenesisを妨げる。

74. ハム雑音の細胞。 12月2000日; 13(4): 213-20。 Nアセチルのシステインは膵臓の癌腫の細胞の細胞周期の進行を禁じる。 Kusano C、隆夫S、Noma H、Yoh H、Aikou T、Okumura H、Akiyama S、Kawamura M、Makino MのババM。 外科、医学部、鹿児島大学の最初部門。

酸化防止Nアセチルのシステイン(NAC)は細胞内のグルタチオン(GSH)の前駆物質で、またいろいろ細胞メカニズムを通って行動するchemopreventive代理人の1人として有名である。 私達は膵臓の癌腫の細胞ライン、SW1990およびJHP1の細胞周期の進行に対するNACの効果を検査した。 細胞はNACの有無にかかわらず孵化した。 細胞周期の配分は流れcytometryおよびimmunoblottingによって分析された。 NACはNACが線量依存した方法で細胞内のグルタチオンの内容をかなり高めた一方、集中依存した方法の細胞増殖を抑制した。 NACの処置の後のG1段階の細胞のパーセントは制御細胞については見られたパーセントよりかなり高かった。 NACと扱われた癌腫の細胞のCyclin D1の表現はNACの処置なしで細胞と非常に比較されて減った。 従って、人間の膵臓の癌腫の細胞のG1段階の延長によるNACのantiproliferative効果はantitumor代理店として可能な実用性を示す。

75. Vitr Mol Toxicol。 2000冬; 13(4): 237-48。 NアセチルLシステインは同時にmitogenesisを増加し、p53 haploinsufficient Tg.AC (v Haras)のマウスからのmitogen刺激されたBリンパ球のapoptosisを抑制する。 マーティンKR、カーリFW、Barrett JC、フランスJE。 環境の発癌のTransgenic発癌の単位、実験室および突然変異誘発、環境衛生サービス、NIHの研究の三角形公園、ノースカロライナ27709、米国の国民の協会。 martin9@niehs.nih.gov

最近の疫学的な証拠は酸化防止剤が細胞拡散を促進することおよび/またはプログラムされた細胞死をことを妨害することによって発癌を高めることができることを提案する。 私達はp53 haploinsufficient Tg.AC (v Haras)のマウスからのsplenocytesのmitogenesisそしてapoptosisに対するNアセチルLシステイン(NAC)の効果を検査した。 このモデルは人間癌で頻繁に見つけられる遺伝の損害を含み、発癌物質誘発癌を開発するためにし向けられる。 SplenocytesはだけNACまたはB-およびT細胞特定のmitogensのConcanavalin A (詐欺A)およびエシェリヒア属大腸菌のlipopolysaccharide (LP)と、それぞれ孵化した。 Mitogenesisはmitogen刺激された文化と十倍にだけNACと孵化した文化の17折目を増加した。 NAC (1000 microg/mL)およびmitogen両方との共同孵化は変更のapoptosis率なしで33折目によってmitogenesisを増加した。 著しく、NACの孵化およびLPはLP誘発のapoptosisを減少させた。 単独でMitogenはGSHのレベルに影響を与えなかったが、NAC誘発の増加はmitogenとの共同孵化によってかなり減った。 なお、NACはCD45R+ b細胞の数、b細胞の高められた存続をこのような状況の下で示す減らされたCD3+のT細胞を高めた。 これらの結果はpreneoplastic細胞のクローン選択説を支持するかもしれないBのリンパ球の並行操作によって減らされるapoptosisそして増加されたmitogenesisを示す。

76. endothelial起源のヒト細胞のN acetylcysteineのAntiapoptoticそしてantigenotoxic効果。 Aluigi MG、De Flora S、D'Agostini F、Albini AのFassina G. Advanced Biotechnologyの中心、ジェノア、イタリア。 抗癌性Res 2000日9月10月; 20 (5A): 3183-7

N Acetylcysteine (NAC)はgenotoxicityおよび発癌性を禁じることができる多数の予防の特性に耐える薬剤である。 NACはまた悪性の細胞、また腫瘍の取得の侵入そして転移を禁じる。 私達は最近Kaposiの肉腫の細胞の上澄み誘発の侵入およびangiogenesisに対するNACの効果を生体内で生体外で示した。 多くの抗癌性の代理人は急速に増殖の細胞の細胞毒性によって行動し、複数の抗腫瘍性薬剤は癌細胞のapoptosisを引き起こす。 endothelial細胞がangiogenesisの阻止のためのターゲットであるので、私達は禁止の腫瘍のvascularizationおよびendothelial細胞の侵入はendothelial細胞のapoptosisを引き起こさないが、ことをNAC確認したいと思った。 私達はNACの機能をapoptosisおよびcytogenetic損傷を生体外で調整し、2つのendothelial細胞ラインの再構成された地階の膜(matrigel)の微分を促進するテストした(EAhy926およびHUVE)。 NACの処置はTGFベータ誘発のapoptosisおよびパラコート誘発のcytogenetic損傷からendothelial細胞を保護した。 従って、NACはようにantiangiogenic代理店行動し、同時に、endothelial細胞のapoptosisそして酸素関連のgenotoxicityを防ぐようである。

77. フェネチルのイソチオシアネートのN acetylcysteineの共役による人間の前立腺癌の細胞の成長の調節。 Chiao JW、チョンF、Krzeminski J、アミンS、Arshad R、アーメドT、Conaway CC。 薬、ニューヨークの医科大学、ヴァルハラ、NY 10595、米国の部門。 Int J Oncol 6月2000日; 16(6): 1215-9

cruciferous野菜で現在のisothiocyanatesのチオールの共役が有効な癌のchemopreventiveおよび可能性としては活動的な治療上の代理店の成長する証拠がある。 腫瘍の細胞の成長に対するフェネチルのイソチオシアネート(PEITC-NAC)のN acetylcysteineの共役の効果は人間の前立腺癌の細胞男性ホルモン独立したラインLNCaP、およびDU-145で男性ホルモン依存した分析された。 より低い集中でPEITC-NACはDNAの統合および成長率の減少、clonogenicityの阻止および両タイプの前立腺癌の細胞のapoptosisの誘導を用いる線量依存した成長調節を、仲介したが、高い濃度のPEITC-NACへの細胞の露出により細胞崩壊を引き起こした。 PEITC-NACは入る細胞を妨げる細胞周期のSおよびG2M段階の細胞を減らし段階を複製する。 並行して、細胞周期の調整装置p21、また強度を表現する細胞の重要な強化は蛍光抗体技術を使用して断固としただった。 PEITC-NACの行為はPEITC-NACの露出の後で50-65%に数日間増加していて阻止の大きさが時間依存、だった。 PEITC-NAC、PEITCおよびNACの分離プロダクトが付いている腫瘍の細胞の相互作用は成長の規則のメカニズムとして、提案される。

78. N acetylcysteineはendothelial細胞の侵入およびangiogenesisを禁じる。 CAI T、Fassina G、Morini M、Aluigi MG、Masiello L、Fontanini G、D'Agostini F、De Flora S、Noonan DM、癌研究のためのAlbini A. National Institute、ジェノア、イタリア。 実験室は9月を1999日投資する; 79(9): 1151-9

チオールのN acetylcysteine (NAC)はいろいろなメカニズムを通ってchemopreventive代理店行為、生体内の発癌を防ぐことができる。 私達は前にNACが悪性の細胞、また腫瘍の取得の侵入そして転移を禁じることを示してしまった。 Neovascularizationは腫瘍固まりの拡張および転移の形成のために重大である。 私達はNACの抗癌性の活動のターゲットが刺激としてKaposiの肉腫の細胞プロダクトの有効なangiogenic混合物を使用して腫瘍のangiogenesis準の表現型の生体外でそして生体内で阻止であることができるかどうか調査した。 試金のパネルで2つのendothelial (EAhy926および人間の臍静脈endothelial [HUVE])細胞ラインが禁止のchemotaxis、侵入およびgelatinolytic活動のNACの能力を生体外でテストするのに利用された。 EAhy926およびHUVEの細胞の生体外の線量依存のNACの処置は再構成された地階の膜、endothelial細胞の活発化の表示器に侵入する機能を減らした。 HUVEの細胞の侵入は侵入が優先ターゲットであることを示すNAC 0.24 mMののID50とchemotaxisの阻止が10の折目の大量服用を要求した一方、禁じられた。 NACはendothelial細胞によって作り出されたgelatinaseの活動的な形態への酵素の活動そして転換を禁じた。 matrigelの生体内の試金はangiogenesisの評価のために使用された; NACはKaposiの肉腫の細胞プロダクトに応じて強くmatrigelのスポンジのneovascularizationを禁じた。 NACは反angiogenic処置として安全に使用できることを意味するendothelial細胞を維持している間angiogenesisを防いだ。

79. doxorubicin誘発のclastogenicityおよび脱毛症の口頭N acetylcysteineによる阻止、およびマウスの第一次腫瘍そして肺micrometastasesの防止。

D'Agostini F、Bagnasco M、Giunciuglio D、Albini A、衛生学のDe Flora S.の協会および予防医学、ジェノア、I-16132ジェノア、イタリアの大学。

Int J Oncol 8月1998日; 13(2): 217-24

チオールのN acetylcysteine (NAC)、グルタチオンのアナログおよび前駆物質は、発癌プロセスの初期のまた高度の段階の癌の予防の特性をだけでなく、表示する。 NACによって禁じられるタイプIVコラゲナーゼの活動、また侵入、ネズミ科モデルの悪性の細胞の腫瘍の取得および転移。 以前は、私達は静脈内で注入されたdoxorubicin (DOX)を口頭NACの相助効果に証拠に与えた。 現在の調査B16-BL6のメラノーマで細胞は注入されたs.cだった。 C57BL/6マウスのfootpadに。 動物は5グループに分けられた: i) 未処理のマウス; ii)癌細胞の注入の後で16 hを始める飲料水(12.25 mmol/kgの体重)を持つ毎日NACを受け取っているマウス; iii)単一i.vを受け取っているマウス。 DOX (2 micromol/kgの体重)の注入癌細胞の注入の後の24のh; iv)癌細胞の注入の前に72 hを始めていてNACの処置がNACおよびDOXの組合せを、受け取っているマウス; そしてv)癌細胞の注入の後で16 hを始めるNACの処置でようにiv)しかしと扱われるマウス。 NACおよびDOXは両方、それぞれまたは組合せで、制御と比べてかなり生存期間を高めた。 ローカル第一次腫瘍の重量はどちらかの薬剤によってかなり減り、NACおよびDOXの組合せを受け取っているマウスの2グループの個々の処置と、比較された重要な範囲に更に減った。 melanocytic細胞のS 100肯定的な焦点としてimmunohistochemistryによって評価された肺micrometastasesは結合された処置を受け取っているマウスの2グループで探索可能ではなかった。 かなりNAC、DOX扱われたマウスの周辺血のmicronucleated多色の赤血球の時間と関係する増加減少させる。 すべてのマウスはDOXとそれぞれ開発した散漫にNACによって全く防がれた組合せのスケジュールに関係なく彼らの背部毛に影響を与える部分的で健康で明白な脱毛症を、扱ったが。 従って、文献で広く文書化されるようにDOXのcardiotoxicityを、防ぐことのほかに、口頭NACはDOX誘発のmyelogenotoxicityおよび脱毛症からマウスを保護し、禁止の癌細胞の侵入および転移のこの細胞毒素の代理店と同時に相互に作用している。

80. ビタミンAおよびN acetylcysteine Sminia P.の高熱、放射の発癌および防食電位; ヴァンder Kracht A.H.W。; Frederiks W.M.; 放射線療法のジャンセンW. Academicの医療センター、部門、Meibergdreef 9、癌研究の1105 AZアムステルダムのネザーランド ジャーナルおよび臨床腫瘍学(ドイツ)、1996年、122/6 (343-350)

高熱の、単独でまたは照射を伴う生体内の発癌性の危険、およびビタミンAおよびN acetylcysteine (AcCys)の反発癌性の潜在性は調査された。 処置の前に1か月始まって、160匹のラットは4つの食事療法のグループに分けられた: 添加物、ビタミンは食事療法、AcCysおよび組合せのビタミンA + AcCysを富ませなかった。 食事療法のグループごとの10匹の動物では、後ろ足は単独でX照射(16 Gy)、高熱単独で(43degreeCの60分)、高熱5 hまたは照射の後で高熱5 hと照射前に扱われた。 動物は扱われた容積の中のまたはの外の腫瘍の開発に関して処置の後の2年間観察された。 単独で16 Gyの後で動物の5%前後の12は腫瘍を開発した。 腫瘍の発生は前後高熱との8% (NS)前後に照射の後で高熱がX線前に応用だったと24増加したときに37 9% (境界線の重大さP =だけX線との処置対0.07)。 X照射と結合されたら腫瘍の誘導のための相対的な危険の比率(RRR)は高熱によって2.4に高められた。 引き起こされた腫瘍の病理学の性格描写はこれらがfibrosarcoma、骨肉腫および癌腫のタイプだったことを示した。 単独でまたはわずかに高熱(0.4のRRR)なしでまたはとX線によって腫瘍の誘導から保護されるAcCysを伴うビタミンA。 但し、hepatocytesの脂質の蓄積およびレバーのビタミン富ませた食事療法を与えられたすべての動物からの実質への損傷のような形態学上の変更は気づかれた(P < 0.0001)。 現在および過去レポートからのデータは単独で高熱が発癌性ではないこと、しかし放射の発癌を高めるかもしれないことを示す。 加えられる放射線量に加える熱への処置の温度そしてエクスポージャーの時間は発癌性プロセスの重要な要因である。 放射の発癌の強化は照射と高熱間の順序そして時間間隔とは関係なく起こるようである。 但し、すべてのデータがこの解釈に一貫していない。

ピロリジンのdithiocarbamateは炎症性仲介人に応じて人間のendothelial細胞によってinterleukin6、interleukin8およびgranulocyte大食細胞のコロニー刺激的な要因の生産を禁じる: NF ΚのBおよびAP-1トランスクリプションの調節は活動を考慮する。 Munoz C、PascualSalcedo D、Castellanos MC、Alfranca A、Aragones J、Vara A、Redondo MJ、de Landazuri MO。 Servicio de Inmunologia、Hospital de la Princesa、Universidad Autonoma deマドリード、スペイン。

81の血11月1996日1日; 88(9): 3482-90

Endothelial細胞(欧州共同体)はproinflammatory cytokinesの生産と白血球との相互作用によって炎症性応答の重要な役割を、担う。 分子遺伝の分析は機能NF Κ Bの場所がinterleukin6 (IL-6)、IL-8および炎症性仲介人に応じてgranulocyte大食細胞のコロニー刺激的な要因(GM-CSF)遺伝子のトランスクリプションにかかわることを示した。 従って、私達は欧州共同体によってこれらのcytokinesの生産に対するNF Κ Bの活発化、ピロリジンのdithiocarbamate (PDTC)およびN acetylcysteine (NAC)の2つの抑制剤の効果を、探検した。 PDTCおよびNACは両方IL-6の線量依存した方法、統合、腫瘍壊死要因(人間の臍静脈のendothelial細胞(HUVEC)のTNFの)によって引き起こされたIL-8およびGM-CSFで、-アルファか細菌のlipopolysaccharides (LP)禁じた。 PDTCはTNFアルファかLPによって特定のmRNAの誘導を妨げたので、トランスクリプションIL-6、IL-8およびGM-CSFの遺伝子の防いだようである。 IL-6促進者からの-72 Κ Bの結合場所の3枚のコピーを含んでいるPDTCによってクロロアムフェニコールのアセチルトランスフェラーゼ(CAT)のプラスミッドのTNFアルファによって仲介されたtranscriptional活発化は廃棄された。 トランスフェクションの実験に従って、酸化防止剤がTNFアルファによってNF Κ BのDNA結合の活動の誘導を防いだことを電気泳動の移動性の転位の試金(EMSA)は示した。 を伴う同じ条件、PDTCの下単独でまたはAP-1、またc FOSおよびc 6月mRNAのレベルのDNA結合の活動高められるTNFアルファ。 全体で、これらの結果はAP-1の表現を高めている間酸化防止PDTCがNF Κ Bの活発化の阻止によってとりわけIL-6、IL-8およびGM-CSFの遺伝子のトランスクリプションを禁じることを示す。 私達のデータはNF Κ Bの活発化の病理学の阻止の明白炎症抑制およびimmunoregulatory潜在性を作る。 さらに、PDTCおよび関連の分子は炎症性応答にかかわる遺伝子の表現を探検する役に立つツールであるかもしれない。

82. N acetylcysteineによる悪性の細胞の侵入、gelatinaseの活動、腫瘍の取得および転移の阻止。 Albini A、D'Agostini F、Giunciuglio D、Paglieri I、Balansky R、laのRicercaのsul Cancro、ジェノア、イタリアごとのDe Flora S. Istituto Nazionale。 Int Jの蟹座3月1995日29日; 61(1): 121-9

チオールのN acetylcysteine (NAC)は化学発癌のプロセスに影響を与える倍数および調整されたメカニズムによって現在1つ最も有望な癌のchemopreventive代理店の考慮される。 最近の調査はpropeptideの無対のシステインの残余が潜伏転移準のmetalloproteinasesの不活性化の重要な役割を担うことを示した: 現在の調査はNACがまた悪性の細胞の腫瘍の取得、侵入および転移に影響を与えることができるかどうか査定するように設計されていた。 zymographic分析によって査定されるように、NACは完全にテストされた細胞のタイプIVコラゲナーゼのgelatinolytic活動を禁じた(gelatinases AおよびB)。 さらに、NACは侵略的な、metastatic特性の予言するBoyden部屋の試金の人間の(A2058メラノーマ)およびネズミ科の起源の腫瘍の細胞のchemotacticおよび侵略的な活動の(K1735およびB16-F10メラノーマの細胞、またC87ルイスの肺癌腫の細胞)禁止で有効だった。 減らされたグルタチオン(GSH)に類似したのが、がより少ない有効な活動あった。 肺転移の数は時B16-F10ネズミ科のメラノーマの細胞、注入されたi.vはっきりと減った。 NAC 10のmMのと補われた裸のマウスに、NACと前処理をされ、媒体で再停止された。 他の実験ではNACはB16-F10細胞または非常にmetastatic変形B16-BL6のsubcutaneous接種の前の48-72 hr、またはLLCの細胞の筋肉内注入を始める飲料水で与えられた。 すべての実験でNACの処置は重量を局部的に形作られた第一次腫瘍のそして作り出された腫瘍の形成の線量関連の遅れ減らした。 B16-F10およびB16-BL6腫瘍による自発の転移の形成はNACの経口投与によってわずかにけれどもかなり減らされた。 但し、これはルイスの肺腫瘍のために観察されなかった。 これらのデータはNACが腫瘍細胞の侵入および転移のプロセスに影響を与えることを、スルフヒドリル グループによってgelatinasesの阻止がおそらく、原因で、示すこのチオールの有効な酸化防止活動を含む他のメカニズムの可能な貢献と。

83. 「箱の腫瘍学、ネザーランドの蟹座の協会/アントーニvan Leeuwenhoek Huis、アムステルダムの肺癌の防止のためのN Acetylcysteine」のvan Zandwijk N部。 ニコの箱1995年5月; 107(5): 1437-1441

1981年にそれは人形によって推定され、米国30%のすべての癌の死のタバコが原因だったPetoにより、アルコールへの3%および食事療法する35%および他は引き起こす。 肺癌の12%タバコに帰することができなかったし、食餌療法の要因は消化器以外ティッシュの癌の原因で関係した。 細胞DNAへの損傷は環境の突然変異原からまた食糧の転換と関連しているDNAおよび他のメカニズムを損なうオキシダント特に脂肪の内生生産からエネルギーへのだけでなく、起こるが。 発火および回復過程はまた損傷で起因できる。 食餌療法の酸化防止剤はまたこの酸化細胞DNAの損傷を防ぐために示されていた; これらはビタミンA、カロチン家族、ビタミンC、Eおよびセレニウムを含んでいる。 およそ200の出版された調査の検討で果物と野菜の消費が減らされた癌の発生と関連付けられるという決定的な証拠があった。 タバコの煙はオキシダント、また複数のprecarcinogensを含んでいる。 発癌物質の新陳代謝および発癌のステップは新陳代謝の活発化のような力間のバランスと解毒、基の形成および掃気およびDNA損傷および修理である。 これは解毒の細道を飽和させるときだけ発癌性の混合物が腫瘍の成長を始めることができることを提案する。 グルタチオンはxenobioticsの解毒の役割を担う。 細胞内のシステインおよびグルタチオンの前駆物質がacetaminophenの中毒の有効な解毒剤であるためにであり、重要なchemopreventive特性がだけでなく、示されていたが、アミノのチオールあるN acetylcysteineにまた。 N acetylcysteineは多数のメカニズムによってchemopreventive効果を出すようで、発癌の異なった段階の異なった突然変異原そして発癌物質に対して保護を提供するかもしれない。 N acetylcysteineはヨーロッパのchemopreventionの段階IIIの試験の段階に達し、臨床練習で30年間以上使用された。 慢性の妨害する肺病N-の患者の大きいグループでacetylcysteineは延長された一定期間の間規定されて時でさえマイナーな効果の安全な代理店であることをなった。 N- acetylcysteineはよく1日あたりの600 mgの線量で絶えず取られたとき容認される。 消化不良は穏やかな副作用として報告された。 N acetylcysteineの把握は約束し、それは二次腫瘍を防ぐことで有効であることをなるかもしれない。 それはchemopreventive目的のより広い使用があるかもしれない。

84. N acetylcysteineの新陳代謝、desmutagenicおよびanticarcinogenic効果。 De Flora S、Rossi GAのDe Flora A.の呼吸1986年; 50 Supplの1:43 - 9

N acetylcysteine (NAC)は頻繁にグルタチオン(GSH)のdepletorsと癌の創始者や促進者として行動するために知られている有害な代理人(例えばタバコの煙および大気汚染物質)への露出の歴史の呼吸の患者に管理される。 NACが細胞内GSHの前駆物質であるので、私達はGSHの新陳代謝と発癌性および/またはmutagenic混合物のbiotransformationに対する効果を調査した。 生体外で、NACはラットのレバー準備の酸化させたグルタチオン(GSSG)の還元酵素の活動の顕著な増加を引き起こし、減り、掃除の特性の結果として直動式混合物の突然変異誘発性を(エピクロロヒドリン、過酸化水素、4 nitroquinoline N酸化物および重クロム酸塩のような)、妨害した。 高い濃度で、薬剤は求電子代謝物質を不良部分によって完全にprocarcinogens (タバコの煙の凝縮物、トリプトファンのpyrolysate、シクロホスファミド、2-aminofluorene、benzo (a)ピレンおよびアフラトキシンB1)の突然変異誘発性を禁じた。 それに対して、新陳代謝の活発化はNACの集中の減少によって特に酵素誘発のラットからのレバー準備が使用されたときに、刺激された。 ラットの肺およびレバー細胞レベル下の準備は酵素の誘因物とのさまざまな組合せのNACと、生体内で扱ったおよび/またはGSHのdepletorsはまた、いくつかの混合物の突然変異誘発性に影響を与えた。 NACは一般に細胞内GSHを増加し、枯渇の後でレベルを元通りにした。 それはAroclor前処理をされた動物、NADPまたはGSSGの減少(G6PD、6PGDおよびGSSGの還元酵素)とxenobiotics (DTのジアホラーゼ)のreductive解毒にかかわったゾル性細胞質の酵素活性をで、特に刺激した一方、肺および肝臓の微粒体のチトクロームP-450のレベル分光特性に影響を与えなかった。 、無毒なposology (120のmg/kg b.w。)で食事療法と管理されたとき、NACは有効な発癌物質(ウレタン)によって著しくマウスの肺腫瘍の誘導を禁じた。

85. antimutagenおよびanticarcinogenとしてN acetylcysteine。 De Flora、S.等Toxicol。 Lett。 1992; 53: W4/L2 (概要)。 抽象的な利用できる。

tumorigenicityの防止のN acetylcysteine間の共働作用およびdoxorubicinおよびネズミ科モデルの転移。 De Flora S、D'Agostini F、Masiello L、Giunciuglio D、衛生学および予防医学のジェノア、イタリアの大学のAlbini A. Institute。 Int Jの蟹座9月1996日17日; 67(6): 842-8

チオールのN acetylcysteine (NAC)は求核および酸化防止特性を含むいろいろなメカニズムを通って、機能する有望な癌のchemopreventive代理店である。 私達は最近NACがタイプIVコラゲナーゼの活動、また侵入、マウスの悪性の細胞の腫瘍の取得および転移を禁じることを示してしまった。 NACはまたcytostatic薬剤のdoxorubicin (DOX、Adriamycin)のcardiotoxicityを減少させると知られている。 現在の調査は癌細胞との注入されたマウスのNACおよびDOXの処置の組合せがtumorigenicおよびmetastatic特性に影響を与えることができるかどうか評価するように設計されていた。 6つの別々の実験は291匹の大人女性のマウスの合計を使用して、遂行された。 B16-F10メラノーマの細胞が注入されたi.vだった実験転移の試金では。 (CD-1) BRの裸のマウスに、DOXはかなり肺転移の数を時管理されたi.v減らした。 体重10のmg/kgのの線量、i.vの後の3日。 癌細胞の注入。 NACはi.vの前に癌細胞の媒体に加えられたとき肺転移を禁じた。 注入。 DOXそしてNACの結合された処置は、さまざまな実験条件の下で、非常に効果的であり、mestastasesの数の互いに作用し合う減少を示す。 B16-BL6メラノーマの細胞が注入されたs.cだった自発の転移の試金およびtumorigenicityでは。 C57BL/6マウスのfootpadに、DOXは肺転移の数を時ある特定のi.p減らした。 体重2つのmg/kgの。 口頭NACは重要な保護効果を出し、かなりマウスの存続を延長した。 DOXおよびNACの結合された処置は再度第一次腫瘍およびローカル再発の頻度そして重量に対する相助効果を示し、完全にこれらの終点が固定時に評価された実験の肺転移の形成を防いだ。 DOXの注入癌細胞の注入がNACの癌保護効果を改善しなかった7日後I日が肺転移の顕著な阻止で起因した後注入間。 これらの調査結果はDOX (非経口的に与えられる)とtumorigenicityおよび転移を防ぐことのNAC間の明白な共働作用を(飲料水と与えられる)示す。 これらの動物実験の徴候は臨床試験のそれ以上の評価を保証する。

心血管w/kidney **

86. J Surg Res。 5月2003日15日; 111(2): 236-9。 ラットの後肢モデルのN acetylcysteineによる虚血/reperfusionの傷害の減少。 Koksal C、Bozkurt AK、Cangel U、Ustundag N、Konukoglu D、Musellim BのSayin AG。 Sureyyapasaの胸部および心循環器疾患の病院、心血管の外科、イスタンブール、トルコのDepartmemnt。 cengizkoksal@hotmail.com

背景: 虚血/reperfusionは厳しい病理学の結果のでき事の複雑なセットである。 Reperfusionは急速な酸素の生成を通して一部にはローカルおよび全身の損傷を始める。 N acetylcysteine (NAC)は遊離基種の清掃動物で、好中球の蓄積を禁じ、ので血管拡張神経機能し、そしてまたmicrocirculationを改善する。 現在の調査では、私達はラットの後肢の虚血のreperfusionモデルのNACの保護効果を検査した。 ジメチルスルホキシド(DMSO)はまた比較のために、有名な酸化防止剤テストされた。 材料および方法: 虚血は管に締め金で止めることによって4 hのために引き起こされ、reperfusionの1つのhに先行していた。 筋肉傷害は3グループで塩のグループ(制御)、DMSOのグループおよびNACが分かれるように評価された。 クレアチンのキナーゼの血しょうレベル、乳酸塩のデヒドロゲナーゼ、thiobarbituric酸の反応物質(TBARS)、および血HCO (3)は、また筋肉ティッシュTBARS、測定されたreperfusionの終わりに。 筋肉組織サンプルは組織学的な評価のために取られた。 結果: DMSOおよびNACのグループは血しょうCPK (P < 0.05、P < 0.05)、血しょうTBARSの重要な改善を(P < 0.05、P < 0.05)示し、筋肉ティッシュTBARSは制御グループと(P < 0.05、P < 0.05)比較した。 同様に、DMSOおよびNACのグループの好中球の浸潤は制御グループよりかなりより少なく顕著だった(P < 0.01、P < 0.01)。 結論: これらの結果はNACがラットの後肢モデルの虚血のreperfusionの傷害を効果的に改善したことを示す。

87. J侵略的なCardiol。 6月2003日; 15(6): 311-4。 冠状血管記録法を経ている患者のN acetylcysteineとのradiocontrast誘発のネフロパシーの防止。 Tadros GM、Mouhayar EN、Akinwande AO、キャンベルBの木C、Blankenship JA。 内科、Geisingerの医療センター、Danville、PA 17822、米国の部門。 gmtadros@geisinger.edu

目的: 静脈内の対照のX線断層撮影を経ている患者のAcetylcysteineは激しい腎臓の機能障害の発生を減らす。 私達は冠状血管記録法を経ている患者のN acetylcysteineの効果を検査した。 方法: 心臓カテーテル法前にN acetylcysteineの3つの線量を受け取っている55人の連続した患者は55の歴史的制御と比較された。 両方のグループのすべての患者はプロシージャの前後にベースライン血清のクレアチニンが> 1.2 mg/dlおよび受け取られた静脈内の水和あった。 ベースラインの血清のクレアチニンのレベルおよびプロシージャの後の48時間は比較された。 結果: 臨床変数の単一変量の分析は処置のグループ(1.8 0.4 mg/dlのより高いベースライン クレアチニンを除いてグループ間の重要な相違を対2.0 0.7明らかにしなかった; p = 0.04)。 使用された対照の量またはタイプに相違がなかった。 48時間後のクレアチニンの中間の変更は処置および制御グループのための+0.1 0.3 mg/dl対-0.4 0.3だった(p < 0.001)。 ベースライン クレアチニンを持つ患者では> 2つのmg/dlは、利点より大きかった(- +0.5 0.3 mg/dl対0.4 0.4; p < 0.001)。 多変量解析は腎臓の保護の独立した予言者としてN acetylcysteineとの前処理を確認した(p < 0.001)。 結論: acetylcysteineの予防する使用は冠状血管記録法の後で腎臓機能の減少を防いだ。 利点はベースライン血清のクレアチニンを持つ患者でより大きかった> 2つのmg/dl。

88. Neurosci Res。 6月2003日; 46(2): 191-7。 酸化防止NACおよびAMPA/KAの受容器の反対者DNQXはラットの海馬の全体的な虚血に続くJNK3活発化を禁じた。 Tian H、チャンG、李H、生物化学のためのチャンQ.の研究所および分子生物学、徐州の医科大学、84西のHuai-haiの道、徐州、江蘇221002、PR中国。

c 6月Nターミナル キナーゼ3 (JNK3)、唯一の神経特定のisoformは、excitotoxicityおよび神経の傷害の重要な役割を担うかもしれない。 JNK3活発化の変化を分析するためには、phospho-JNK3のレベルは虚血のさまざまな時間ポイントで測定され、reperfusionの時間ポイントを、それぞれ選んだ。 私達の調査はJNK3が虚血の間にcytosolから核心への急速に活動化させ、移動されたことを説明した。 reperfusionの間に、JNK3活発化の2つのピークは30最低および3日に、それぞれ起こった。 更にJNK3活発化のメカニズムを定義するために、酸化防止N acetylcysteine (NAC)、アルファ アミノ3ヒドロキシル5メチル4 isoxazolepropionicの酸(AMPA) /kainate (KA)の受容器の反対者の6,7 dinitroキノキサリン2,3 (1H、4H)は虚血前にラット20分に- dione (DNQX)、NメチルDアスパラギン酸塩(NMDA)の受容器の反対者のケタミンおよびLタイプの電圧ゲートで制御されたカリフォルニア(2+)チャネル(L-VGCC)の反対者のnifedipine与えられた。 結果はDNQXが後のreperfusionの間にできればJNK3活発化を減少させた一方NACが早いreperfusionの間に明らかにJNK3活発化を禁じたことを示した。 ケタミンおよびnifedipineはreperfusionの間にJNK3活発化に対する重要な効果をもたらさなかった。 その結果、反応酸素種(ROS)およびAMPA/KAの受容器は全体的な虚血に続くJNK3活発化と密接に関連付けられた。

89. 麻酔科学。 6月2003日; 98(6): 1384-90。 N acetylcysteineはhyperglycemiaの間に心筋梗塞に対してisoflurane誘発にあらかじめ調整を元通りにする。 Kehl F、Krolikowski JG、Weihrauch D、Pagel PS、Warltier DC、Kersten JR。 麻酔科学の部門、ウィスコンシンの医科大学およびZablocki VAの医療センター、ミルウォーキー、ウィスコンシン53226、米国。

背景: Hyperglycemiaは反応酸素種を発生させ、isoflurane誘発にあらかじめ調整することを防ぐ。 著者はN acetylcysteineとの反応酸素種を掃除することがisofluraneによって生体内で作り出された心筋梗塞に対して保護を元通りにすること仮説をテストした。 方法: 精神安定剤麻酔をかけられた犬は全身の血行力学の測定のために(n = 45)取り付けられた。 心筋infarctのサイズおよび冠状平行した血の流れはtriphenyltetrazoliumの汚損および放射性microspheresと、それぞれ測定された。 すべての犬はreperfusionの3 hに先行している前方の下向きの冠状動脈の閉塞を残っていた60分に服従した。 犬は任意に塩0.9%の注入か6つの実験グループのN acetylcysteine (150のmg/kg i.v。)との前処理の有無にかかわらずisoflurane (1.0最低の歯槽の集中)の不在または存在の600のmg/dl (hyperglycemia)に血ブドウ糖の集中を高めるために水の15%の右旋糖を受け取るように割り当てられた。 Isofluraneは中断され、血ブドウ糖の集中が左の前方の下向きの冠状動脈の閉塞の前にベースライン値に戻る。 結果: 心筋infarctのサイズは27 +/- 2%だった(n =制御実験で危険な状態の左の心室区域の8)。 Isofluraneはかなり(P < 0.05) infarctのサイズ(13 +/- 2%を減らした; n = 7)。 単独でHyperglycemiaはinfarctのサイズ(29 +/- 3%を変えなかった; n = 7)しかしisoflurane (25 +/- 2%の保護効果廃止される; n = 8)。 単独でN acetylcysteineはinfarctのサイズ(28 +/- 2%に影響を与えなかった; n = 8)しかしhyperglycemia (10 +/- 1%の間の元通りにされたisoflurane誘発のcardioprotection; n = 7)。 結論: 激しいhyperglycemiaはisofluraneによって作り出される心筋infarctのサイズの減少N acetylcysteineの回復をこれらの有利な効果廃止する。 結果は余分な量のhyperglycemiaの間に発生する反応酸素種が犬でisoflurane誘発にあらかじめ調整することを損なうことを提案する。

90. AM J Hematol。 5月2003日; 73(1): 26-32。 鎌状赤血球病の密な細胞の形成に対するN acetylcysteineの効果。 ペースBS、Shartava AのパックMabien A、Mulekar M、Ardia AのグッドマンのSR。 分子および細胞生物学、ダラスの2601 Floydの道、郵便場所FO 3.1、リチャードソン、TX 75083、米国のテキサス州立大学の部門。 bpace@utdallas.edu

密な、不可逆鎌状細胞(ISCs)が鎌状赤血球病のvaso occlusiveエピソードに貢献する範囲は明白でなく残る。 N Acetylcysteine (NAC)は鎌の赤血球の密な細胞そしてISCの形成を生体外で禁じ、常態の方にグルタチオンのレベルを元通りにする。 段階II二重盲目のランダム化された臨床試験は減少した密な細胞およびISCの形成のNACの効力、および鎌状赤血球病のvaso occlusiveエピソードを定めるために完了した。 1年ごとの少なくとも2つのvaso occlusiveエピソードおよび6%の密な細胞の歴史の21の主題は登録された。 4つの処置のグループは分析された; 1日あたりの2,400 mgの線量のNACは20.1 +/- 2.9まで12.6 +/- 2.1からのパーセントの密な細胞を(P < 0.05)減らし、292.8 +/- 74.5まで576.7 +/- 155.1から赤い細胞のグルタチオンのレベルを増加した(P < 0.05)。 さらに、私達は0.03からの相対的な危険でに減った1人日あたりの0.006のエピソードにvaso occlusiveエピソードの減少をおよびR = 0.39観察した。 NACがかなりISCsの数を減らさなかったが、下落傾向がまったく投薬するテストされてあった。 要約すると、NACによって禁じられる密な細胞の形成は常態および1日あたりの2,400 mgの十分容認された線量で減らされたvaso occlusiveエピソードの方に、元通りにされたグルタチオン水平になる。 NACの長期効力そして安全を定めるためには、多中心段階III臨床試験は要求される。 版権2003年のワイリーLiss、Inc。

91. 頭脳Res。 5月2003日2日; 971(1): 1-8。 Nアセチルのシステインは焦点大脳の虚血のラット モデルの傷害から保護する。 Sekhon B、Sekhon C、Khan M、Patel SJ、Singh I、Singh AK。 小児科、進化のNeurogeneticsのサウスカロライナ、29425、チャールストン、SC、米国の医科大学の分割の部門

Ischemic cerebrovascular病気(打撃)はおよび長い間の不能一流の死因の1つである。 あらゆる器官への虚血/reperfusionは影響を受けた細胞のあらゆる細胞器官の構造および機能および細胞レベル下システムに影響を与える複雑な一連の生化学的なでき事を誘発する。 この調査の目的はラットで焦点大脳の虚血モデルによって引き起こされた脳組織に虚血/reperfusionの傷害を減少させるためにNアセチルのシステイン(NAC)、グルタチオンの前駆物質および有効な酸化防止剤の治療上の効力を調査することだった。 250-300 gの重量を量っているこの調査でSprague-Dawleyの27匹のオスのラットの合計は使用された。 焦点大脳の虚血は(45分)麻酔をかけられたラットで内頸動脈ICAを通した内部luminal縫合線が付いている中大脳動脈(MCA)を塞ぐことによって引き起こされた。 ラットは神経学的な欠損のための記録された後reperfusionだった。 それらはreperfusionの24のhの後でそれから犠牲になり、頭脳のinfarctの容積は2,3,5 triphenyl tetrazoliumの塩化物(TTC)によって査定された。 頭脳セクションは腫瘍壊死要因(TNFアルファ)および誘引可能な一酸化窒素のシンターゼ(iNOS)のためにimmunostained。 動物はNACと未処理動物と比べて示した49.7%に(頭脳のinfarctの容積のS.E.M.=1.25)減少および神経学的な評価得点の50% (S.E.M.=0.48)の減少を扱った。 NACの処置はまた腫瘍壊死要因および誘引可能な一酸化窒素のシンターゼの虚血/reperfusion誘発の表現を妨げた。 データはNACの前管理がこの頭脳の虚血モデルの大脳の虚血およびreperfusionの傷害を減少させることを提案する。 この保護効果はTNFアルファおよびiNOSの抑制の結果としてあるかもしれない。

92. J Nephrol。 2003日1月2月; 16(1): 75-80。 ラットの腎臓の虚血/reperfusionの傷害に対するN acetylcysteineの保護効果。 Sehirli AO、Sener G、Satiroglu HのAyanoglu-Dulger G.マルマラ島大学、薬学、薬理学、イスタンブール、トルコの部門の学校。

背景: 酸素の遊離基は虚血/reperfusion (I/R)の間に観察される病態生理学的なティッシュの変化にかかわる重要な部品である。 方法: 腎臓I/Rの間に反応酸素種によって加えられた生化学的な変数を使用してWistarの白子のラットで損傷に対するN acetylcysteine (NAC)の保護効果は調査された。 動物はreperfusionのlhに先行している腎臓のpedicleの閉塞の45分に一方的にnephrectomized、服従した。 N acetylcysteine (150 mg/kg、i.p。)または車は虚血前にそしてreperfusionの期間の直前に、15分二度管理された。 reperfusionの期間の終わりに、ラットは斬首によって殺された。 生化学的な分析のために、脂質の過酸化反応プロダクトmalondialdehyde (MDA)およびグルタチオン(GSH)のレベルは、myeloperoxidase (MPO)の活動および蛋白質の酸化(PO)テストされた。 血清のクレアチニンおよびパンの集中は腎臓機能の評価のために測定された。 結果: I/Rはパンおよびクレアチニンの増加によって立証されて、NACによって逆転させたように、nephrotoxicityを引き起こした。 腎臓の傷害が遊離基の形成を含むことをGSHの減少およびI/Rによって引き起こされたMDA、MPOおよびPOの増加は示した。 結論: NACは生体外の模倣されたreperfusionの傷害からのこれらのオキシダントの応答および保護されたラットの腎臓の近位tubulesを逆転させたので、NACが酸化損傷から腎臓のティッシュを保護することにようである。

93. 発掘のレバーDis。 8月2002日; 34(8): 560-9。 腸の障壁の透磁率、reticuloendothelialシステム機能およびプロテアーゼ抑制剤は続く腸の虚血およびreperfusionを水平にする--NアセチルLシステインおよびindomethacinとの前処理の効果。 日曜日Z、Lasson A、Olanders K、Deng X、外科のAndersson R. Department、ルンド大学病院、ルンド、スウェーデン。

背景: 病態生理学的なメカニズムおよび方法はまだ小さい腸の虚血および延長されたreperfusionに続く腸の障壁の機能障害に介入する十分に明白にならない。 目標: 腸の虚血/reperfusionに続く腸の障壁の傷害に対する酸素の遊離基およびプロスタグランジンの阻止の効果を評価するため。 方法: Endothelialおよび上皮性の障壁の透磁率はradiolabelledアルブミンの整理によって評価された。 変数はNアセチルLシステインかindomethacinと前処理をされたreperfusion 12時間のに(虚血/reperfusion)先行している40分の小さい腸の虚血に服従したラットに125I大腸菌属の大腸菌の通風管率の索引、ホストのreticuloendothelialシステム機能および器官の配分、またプロテアーゼ抑制剤およびproenzymeの活動含めた。 結果: 虚血/reperfusionの後で、高められたendothelialおよび上皮性の透磁率reticuloendothelialシステム活発化は起こり、血しょうプロテアーゼ抑制剤は消費された。 NアセチルLシステインの前処理はプロテアーゼ抑制剤の消費の改善されたendothelialおよび上皮性の障壁の完全性、減少およびより少なく発音されたreticuloendothelialシステム活発化で起因した。 indomethacinとの前処理は有効ではなかった。 結論: 酸素の遊離基は虚血/reperfusionの後で腸の障壁の減損の開発の重要な役割を担うようである。 NアセチルLシスチンは虚血/reperfusionの損傷を防ぐための潜在的な代理店であるかもしれない。

94. Biochem Molの細胞。 11月2002日; 240 (1-2): 19-29。 虚血/reperfusionの減少はNアセチルのシステイン、ナトリウムのニトロプルシドおよびphosphoramidonによって地図のキナーゼを引き起こした。 Mehta A、Sekhon CP、Giri S、Orak JK、Singh AK。 小児科、サウスカロライナ、チャールストン、SC 29425、米国の医科大学の部門。

reperfusionに先行している虚血にいくつかの臨床的に重要な結果がある。 いくつかの病態生理学的なプロセスは虚血/reperfusionにかかわるようである(I/R)傷害。 mitogenによって活動化させるプロテイン キナーゼ(MAPK)はischemia/ATPの枯渇および炎症性cytokinesを引き起こすいろいろ細胞圧力に応じて活動化させる平行地図のキナーゼ滝の必要な部品である。 多くの調査は地図のキナーゼ家族の特に6月Nターミナル キナーゼ(JNK)のメンバーがこのティッシュの虚血/reperfusionの後で腎臓で活動化させることを提案する。 現在の調査はNアセチルのシステイン(NAC)、有効な酸化防止剤、ナトリウムのニトロプルシド(SNP)、一酸化窒素の提供者およびphosphoramidon (p)の腎臓の虚血/reperfusionの傷害の間にMAPKによって引き起こされる損傷の改善の酵素阻害剤を変えるendothelin1の組合せの治療上の潜在性に下線を引く。 私達の前の結果はreperfusionに先行している虚血の90分により非常に厳しい傷害を引き起こしたこと、そして未処理動物は第3日後に100%の死亡率が3つの薬剤の組合せの処置のグループの動物の改善された腎臓機能そして100%の存続があった一方あったことを示した。 それ以上のティッシュ セクションの現在の調査は、主に三重の薬療法によって提供される保護を支える。 MAPK、すなわちJNKのP38地図のキナーゼおよびP細胞外信号によって調整されるキナーゼ(ERKs)のすべての3つのクラスの表現の高度は虚血/reperfusionの侮辱に服従する腎臓で見ることができる。 Nアセチルのシステイン、ナトリウムのニトロプルシドおよびphosphoramidonの組合せを用いる前処理は完全に何れかの2つの薬剤の個人か組合せが有能ようにない一方MAPKの3つのクラスをすべて禁じ、AP-1を改善する。

95. Biochem Molの細胞。 11月2002日; 240 (1-2): 9-17。 N acetylcysteine、ナトリウムのニトロプルシドおよびphosphoramidonの組合せ療法はラットの腎臓の虚血reperfusionの傷害を減少させる。 Dobashi K、Singh I、Orak JK、Asayama K、Singh AK。 小児科の部門および病理学、サウスカロライナ、チャールストン、SC 29425、米国の医科大学。

腎臓の虚血は腎不全およびまた腎臓の接木の拒絶に於いての役割のために臨床興味のある。 N acetylcysteine (NAC)の組合せの効果を、有効な酸化防止剤、ナトリウムのニトロプルシド(SNP)、一酸化窒素の提供者およびティッシュの保護に対するphosphoramidon (p)の虚血reperfusionの傷害に対して酵素阻害剤を、評価するためには変えるendothelin私達は腎臓の虚血reperfusionの90分によるラット モデルの生化学的な、形態学上の変更を調査した。 虚血の90分により非常に厳しい傷害を引き起こし、動物は処置なしで4日後に存続できなかった。 、扱われたグループの動物がすなわちNACを存続させた一方(25%)、のNAC分けなさい+ SNPの(43%)およびNAC + SNP + Pのグループ(100%の)、虚血の90分後の2週グループ。 クレアチニンおよび尿素窒素の血清のレベルの顕著な増加はで扱われたグループで未処理のグループでそして多くの少し範囲に、特にNAC + SNP + Pのグループ示されていた。 腎臓のティッシュ セクションに対する保護効果は光学顕微鏡の調査またによって支えられた。 私達はまたティッシュのホモジュネートの酸化防止酵素の活動を測定した。 Mnスーパーオキシドのディスムターゼを除いて、酸化防止酵素(カタラーゼ、グルタチオンの過酸化酵素、CuZnスーパーオキシドのディスムターゼ)の活動は未処理の腎臓で減った。 NAC活動の損失から保護される単独でおよびNAC + SNPの管理。 NAC、SNPおよびPの組合せを用いる処置は最もよい保護によって立証されるように相助効果を示した。 これらの結果はendothelinによって得られる血管拡張神経との酸化防止剤(NAC)の組合せの前管理が(ナトリウムのニトロプルシドおよびPhosphoramidon)腎臓の虚血reperfusionの傷害を減少させることを、例えば、提案する移植のための供給の腎臓で遊離基の損傷に対して細胞の保護によって。

96. 遺伝性のグルタチオンのシンセターゼの不足の患者のアスコルビン酸塩またはN acetylcysteineの処置の効果。 ジャイナ教A、Buist NR、Kennaway NGのパウエルのBR、古いPA、内科、CT 06830-4697グリニッジの病院/エール大学の医科大学院のMartensson J. Department。 J Pediatr 2月1994日; 124(2): 229-33

5-oxoprolinuria (pyroglutamic aciduria)、溶血およびグルタチオンのシンセターゼの不足によって引き起こされたアスコルビン酸塩かN acetylcysteineと処置の前および最中でマーク付きのグルタチオンの枯渇の45月古い女の子は続かれた。 アスコルビン酸塩(1日あたりの0.7 mmol/kg)またはN acetylcysteine (1日あたりの6 mmol/kg)の大量服用は明らかで有害な副作用なしで1から2週間与えられた。 アスコルビン酸塩は著しくグルタチオンのリンパ球(四倍の)および血しょう(8折目)レベルを増加した。 N Acetylcysteineはまたグルタチオンのリンパ球(3.5折目)および血しょう(6折目)レベルを増加した。 これらの処置が中断された後、リンパ球および血しょうグルタチオンのレベルは前処理のレベルに急速に減った。 アスコルビン酸塩の処置は1年間延長であり、リンパ球(四倍の)および血しょう(2 - 5折目への…)グルタチオンのレベルはベースラインの上で高く残った。 並行して、25.4%から32.6%まで増加したヘマトクリットおよびreticulocyteの計算は11%から4%をから減らした。 結果はアスコルビン酸塩およびN acetylcysteineがグルタチオンのレベルのことを増加によって遺伝性のグルタチオンの不足の患者の赤血球の転換を減らすことができることを示す。

糖尿病**

97.. Fertil Steril。 6月2002日; 77(6): 1128-35。 Nアセチル システインの処置はpolycystic卵巣シンドロームの女性のインシュリンの感受性を改善する。 Fulghesu AM、Ciampelli M、Muzj G、Belosi C、Selvaggi L、アヤラGF、産婦人科、Universita Cattolica del Sacro Cuore、ローマ、イタリアのLanzone A. Department。

目的: polycystic卵巣シンドローム(PCOS)の主題のインシュリンの分泌そして周辺インシュリン抵抗性に対するNアセチル システイン(NAC)の効果を評価するため。 設計: 将来のデータ解析。 配置: 学術の研究の環境の有志の女性。 患者: 老化する6つの細く、31の肥満の主題19-33年。 介在: 患者は1.8 g/dayの線量のNACと5-6週間口頭で扱われた。 3 g/dayの線量は大きく肥満の主題のために任意に選ばれた。 PCOSの31人の肥満の患者の6つは偽薬と扱われ、制御として役立った。 主要な結果の手段: 処置の期間の前後に、hyperinsulinemic euglycemicクランプによって査定されたホルモン性および脂質の血プロフィールおよびインシュリンの感受性は評価され、口頭ブドウ糖負荷試験(OGTT)は行われた。 結果: カーブ(AUC)の下の絶食のブドウ糖、絶食のインシュリンおよびブドウ糖区域は処置の後で不変だった。 肝臓のインシュリンの抽出が変化しなかった一方、OGTTがかなり減った後インシュリンAUC、および周辺インシュリンの感受性はNACの管理の後で増加した。 NACの処置はTのレベルと自由な男性ホルモンのインデックス値(P<.05)の重要な落下を引き起こした。 OGTTへの彼らのinsulinemic応答に従う患者の分析で、重要な改善がhyperinsulinemic主題で観察された一方、normoinsulinemic主題および偽薬扱われた患者は上記の変数の修正を示さなかった。 結論: NACはpolycystic卵巣シンドロームのhyperinsulinemic患者のインシュリンの循環のレベルそしてインシュリンの感受性の改善のための新しい処置であるかもしれない。

98. 自由なRadic Biol Med。 12月2002日15日; 33(12): 1615-21。 高ブドウ糖の効果は培養されたレンズの細胞とビタミンBによって結晶およびアルブミンの解決および阻止蛋白質の酸化で水平になる(6)およびN acetylcysteine: 糖尿病の激流の形成へのその可能な関連性。 ジャイナ教AK、Lim G、Langford M、ジャイナ教SK。 Caddoの磁石の高等学校、シュリーブポートのLA、米国

糖尿病性の患者に血および他の体液でブドウ糖の上昇値がある。 このプロジェクトは培養されたレンズの細胞と結晶蛋白質の解決の蛋白質の酸化に対する高ブドウ糖の集中(HG)の効果を調査した。 さらに、私達はまたアルブミン蛋白質の解決の酸化そして濁り度(集合)に対するHGの効果を検査した。 ビタミンBかどうかまた検査されるこの調査(6) [ピリドキシン(p)のピリドキサミン(PM)] またはn acetylcysteine (NAC)は激流で見られるそれに類似した蛋白質の酸化を防ぐことができる。 細胞培養のために調査する、ウサギ レンズの細胞は第2のための37の摂氏温度の制御かHG媒体で培養された。 蛋白質の解決との調査のために、アルブミンの緩衝液か結晶蛋白質は正常なブドウ糖(5つのmM)または4 D.のための37の摂氏温度の湯せんのHG (50-100のmM)と孵化した。 すべての処置はP、PM、またはNACの付加の有無にかかわらず遂行された。 私達はHG扱われる常態によってブドウ糖扱われたレンズの細胞と比較されてと結晶蛋白質の解決のカルボニル蛋白質(蛋白質の酸化の索引)のかなりハイ レベルを見つけた。 P、PMおよびNACはかなりレンズの細胞および結晶蛋白質の解決の蛋白質の酸化を減らした。 私達はまた常態と比較されてアルブミンの解決をブドウ糖扱ったことをことを蛋白質の酸化および濁り度(蛋白質の集合の索引)のかなりハイ レベルおよびHG扱われるのP、PMおよびNACによる阻止が見つけた。 これはHGによりレンズで蛋白質の酸化そして修正を引き起こすことができること、そしてビタミンBことを提案する(6)およびNACの補足はレンズ蛋白質の酸化の遅延で有用かもしれない。 この調査は早い激流の開発の原因およびビタミンBとの補足の潜在的な利点を説明する(糖尿病性の人口の中の激流の開発の防止の6)そしてNAC。

99. Diabetologia。 3月1996日; 39(3): 263-9。 N acetylcysteineを持つstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの周辺ニューロパシーの開発の阻止。 Sagara M、Satoh J、Wada R、Yagihashi S、Takahashi K、Fukuzawa M、Muto G、Muto Y、内科、仙台、日本東北大学の医科大学院のトヨタT. Third Department。

N acetylcysteine (NAC)はグルタチオン(GSH)の統合の前駆物質、腫瘍壊死要因アルファ(TNF)の遊離基の清掃動物および抑制剤である。 これらの機能が糖尿病性の複雑化で有利であるかもしれないのでこの調査で私達はNACが周辺ニューロパシーを禁じるかどうか検査した。 運動神経の伝導の速度(MNCV)は制御ラットと比較されたWistarのstreptozotocin引き起こ糖尿病性のラットでかなり減った。 NACの経口投与は糖尿病性のラットのMNCVの低下を減らした。 sural神経の構造解析はmyelinated繊維の萎縮の髄鞘のしわが寄ることおよび阻止を経るNAC扱われた糖尿病性のラットの繊維の重要な減少を表わした。 NACの処置は赤血球の減らされたGSHのレベル、血しょうの増加された脂質の過酸化物のレベルおよび糖尿病性のラットの血清の高められたlipopolysaccharide誘発TNFの活動を訂正した一方、血ブドウ糖のレベルまたは神経のブドウ糖、ソルビトールおよびキャンプの内容に対する効果をもたらさなかった。 従って、NACはstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの周辺神経の機能および構造異常の開発を禁じた。

100. Diabetologia。 4月1996日; 39(4): 401-11。 高いブドウ糖の集中はラットの頭蓋の神経の頂上の細胞の移動を生体外で禁じる。 Suzuki N、Svensson K、Eriksson UJ。 医学の細胞生物学、ウプサラ、スウェーデンの大学の部門。

頭蓋の神経の頂上の細胞は顔の構造の大きい部分をもたらし、従ってこれらの細胞の妨げられた開発により頭部および表面に影響を与える生来の奇形を引き起こすかもしれない。 私達は48 h.のために生体外で維持された頭蓋の神経の頂上の細胞の移動そして開発に対する高められたブドウ糖の集中の効果を調査した。 前移住性の頭蓋の神経の頂上の細胞はgestational日9.の正常な、糖尿病性のラットの胚から取除かれた。 ブドウ糖10のmmol/lのの24のhの後で細胞はもう24のh.のための10、30、か50のmmol/lのブドウ糖の集中--にさらされた。 文化は段階対照の顕微鏡の24のhおよび48 hで細胞の形態、細胞数および細胞移動を評価するために撮影された。 ブドウ糖50のmmol/lのへの露出はブドウ糖10のmmol/lので培養された細胞と比較された神経の頂上の細胞、中間の移住性の間隔および移住性区域の拡張の総数を減らした。 酸化防止代理店の効果を調査するためには、高いブドウ糖文化はN acetylcysteine (NAC)の付加、またはスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)の後で調査された。 NACの付加は芝地が細胞の開発の改善を提供しなかった一方、高いブドウ糖の抑制的な効果を減少した。 示されている糖尿病性のラットの胚からの神経の頂上の細胞培養は正常な細胞と比較された細胞移動のブドウ糖の集中をまったく生体外で減らした。 さらに、示されている母性的な糖尿病が永久にpremigratory頭蓋の神経の頂上の細胞の未来の開発に影響を及ぼすことを示す基底の10のmmol/lのブドウ糖の集中の文化の後で糖尿病性のラットの胚からの細胞は移住性区域の拡張を減らした。 これらの調査結果は高いブドウ糖の集中が頭蓋の神経の頂上の開発を生体外で禁じること、そして酸化防止療法がこの阻止を減少するかもしれないことを示す。 遊離基の酸素種は奇形の誘導にかかわり、従って酸化防止剤は糖尿病性の妊娠の催奇形効果を妨げる未来の試みに於いての役割があるかもしれない。

101. J Clinは投資する。 9月1995日; 96(3): 1395-403。 endothelial受容器によって相互に作用している高度のglycationの最終製品は培養された人間のendothelial細胞とマウスの管の細胞粘着の分子1 (VCAM-1)の表現を引き起こす。 糖尿病の加速されたvasculopathyのための潜在的なメカニズム。 シュミツトAM、Hori O、陳JX、李JF、クランドールJ、チャンJ、Cao R、沿SD、Brett J、医者の薬、コロンビアの大学大学およびニューヨーク、ニューヨーク10032、米国、外科医の厳格なD. Department。

管の細胞粘着の分子1 (VCAM-1)、endothelial細胞の表面(欧州共同体)の誘引可能な細胞細胞の認識蛋白質はアテローム性動脈硬化の初期と、関連付けられた。 糖尿病を持つ患者で、および糖尿病性のウサギのVCAM-1の高められた表現観察された、加速された血管疾患の点から見て私達は不可逆高度のglycationの最終製品(年齢)がendothelial細胞の受容器(年齢、激怒のための受容器)ことをによって相互作用によって、VCAM-1表現を仲介することができるかどうか検査した。 年齢への培養された人間ECsの露出はVCAM-1の表現を引き起こし、脱皮4の細胞のために単一層のadhesivityを増加し、そしてVCAM-1コピーの増加されたレベルと関連付けられた。 年齢激怒誘発のオキシダントの圧力がVCAM-1誘導に中央だったことを反激怒IgGの抑制的な効果、VCAM-1表現の受容器(溶ける激怒)またはN acetylcysteineの省略された形態は示した。 年齢扱われたECsからの核エキスの電気泳動の移動性の転位の試金は反激怒IgGかN acetylcysteineによって妨げられたVCAM-1促進者でNF kbのための特定のDNAの結合の活動の誘導を示した。 溶けるVCAM-1抗原は人間の糖尿病性血しょうで上がった。 これらのデータはAGE-RAGEの相互作用が循環のmonocytesとの高められた相互作用のための糖尿病性のvasculatureの発動を促すことができるVCAM-1の表現を引き起こすこと仮説に一貫している。

102. Clin Immunol Immunopathol。 6月1994日; 71(3): 333-7。 streptozotocin誘発の糖尿病性のラットの腫瘍壊死要因の高められた生産のN acetylcysteineとの阻止。 Sagara M、Satoh J、朱XP、Takahashi K、Fukuzawa M、Muto G、Muto Y、内科、仙台、日本東北大学の医科大学院のトヨタT. Third Department。

私達は前に腫瘍壊死要因アルファ(TNF)の生体内の生産が自発のタイプ1および2匹の糖尿病性動物の糖尿病の手始めの後でかなり高められたことを報告した。 このレポートでは私達はstreptozotocin (STZ)の誘発の糖尿病のTNFの高められた生産を確認し、次にN acetylcysteine (NAC)との高められたTNFの生産、グルタチオンの統合の前駆物質を抑制するように試みた。 lipopolysaccharide誘発の血清TNFの活動は12週の実験中のnondiabeticラットのそれらと比較されたSTZ誘発の糖尿病性のラット(生後6-18週)でかなり高められた。 NAC (200か1000のmg/kgの体重)の単一、経口投与はかなり線量依存した方法の未処理のラットのそれと比較された糖尿病性のラットの高められたTNFの生産を抑制した。 一方では、長期的に(6か12週の)管理はまたNACの線量にもかかわらず、NAC (50か200のmg/kg/日)のより小さい線量かなりTNFの高められた生産を禁じた。 しかしNACの管理はnondiabeticラットのTNFの生産を抑制しなかった。 長期NACの管理は血清のブドウ糖、fructosamine、アルブミンおよびトリグリセリドの体重もレベルにも影響を与えなかった。 これらの結果はNACの管理がかなり糖尿病性のラットの高められたTNFの生産を抑制した示し、NACが糖尿病ことをのTNF仲介された病理学の条件を防ぐことに有用であるかもしれないことを示すことを。

103. Biochim Biophysのアクタ。 1月1995日20日; 1254(2): 187-92。 細胞コレステロールの統合に対する非糖尿病性およびタイプ2の糖尿病患者の主題の脂蛋白質(a)の減少の効果。 Gilligan S、Owens D、Stinson J、Collins P、ジョンソンA、Tomkin GH。 生物化学、アイルランド、ダブリンの外科医の高貴な大学の部門。

この調査は脂蛋白質(a) (非糖尿病性の細胞コレステロールの統合のLP (a))の効果を調査する(n = 7)およびタイプ2の(非インシュリン依存した)糖尿病性の主題(n = LPの上昇値との7) (a) (> 20のmg/dl)。 N acetylcysteineがLPを下げるのに使用された(a)制御主題および脂蛋白質で7日の処置後に再検査された。 低密度脂蛋白質(LDL)はLPから隔離され、分かれていた(a)順次ultracentrifugationによって。 細胞コレステロールの統合の規則は[14C]アセテートの結合の測定によってLDLおよびLP (a)の前で単核のleucocytesに査定された。 細胞コレステロールの内容は螢光分析の試金によって定められた。 細胞へのコレステロールの配達は[3H] cholesterylによってoleate分類されたLDLかLP (a)を使用して検査された。 非糖尿病性の主題からのLDL (5 micrograms/ml)は66.2%によって細胞コレステロールの統合を、がLP抑制した(a)同じような集中で5.8%によってだけコレステロールの統合を抑制した(P < 0.001)。 20 micrograms/mlの集中、LP (a)は31.7%によってコレステロールの統合を抑制した。 状態は糖尿病性の主題で類似していた。 非糖尿病性の主題の血清LDLのコレステロールは4.2 +/- 0.5 mmol/lであり、LDLのエステル化された/自由なコレステロールの比率は2.6 +/- 0.2だった。 N acetylcysteineとの処置の後で、LDLのコレステロールは、がLP変わらなかった(a)は24%かなり減った(P < 0.05)。 2.2 +/- 0.2に減るLDLのエステル化した/自由なコレステロール比率(P < 0.05)細胞コレステロールの統合を禁じるおよび主題LDLの機能に顕著な増加があった(P < 0.05)。 血しょうLP (細胞コレステロールの間に重要で否定的な相関関係が禁じるa)および患者のLDLの機能統合をあった(r = -0.68、P < 0.01)。 [3H] [3H] cholesterylの20マイクログラムをoleate分類LP取ったが、Cholesteryl oleateLDL (5 micrograms/ml)は266 +/- 13 NGのcholesteryl oleate/mgの細胞蛋白質渡した(a)同じような集中(315 +/- 21 NGのcholesteryl oleate/mgの渡すため細胞蛋白質)。 結論として可能なことはLPのatherogenicityようである(a)はに対する効果と受容器LDLの受容器の通風管、LDLの構成および細胞コレステロールの統合を変えるLDLの関連付けられるかもしれない。

重金属**

104. Toxicol Appl Pharmacol。 7月2003日1日; 190(1): 17-24。 カドミウムは酸化防止剤との処置によって逆転させることができる前方pituitaryの細胞のapoptosisを引き起こす。 Poliandriああ、Cabilla JP、Velardez MO、ボードCC、Duvilanski BH。 Centro de Investigaciones en Reproduccion、Facultad de Medicina、Universidad deブエノス アイレスC1121ABG、アルゼンチン。

カドミウム(CD (2+)) いろいろ病理学の条件にかかわるいたるところにある有毒な金属はある。 複数のレポートはCD (2+)が正常な下垂体のホルモンの分泌を変えることを示す; 但し、少しはこのmisregulationを引き起こすメカニズムについて知られている。 このペーパーはプロラクチンの分泌に前方pituitaryの細胞の実行可能性および関係に対するCD (2+)の効果を報告する。 10 microMの上のCD (2+)集中は下垂体の細胞のために細胞毒素であると見つけられた。 形態学上の調査、またDNAの梯子の分裂およびcaspaseの活発化はことをCD (2+) -扱われた細胞経るapoptosisを示した。 CD (2+)誘発の細胞毒性を検出するために数時間が必要だったのに金属の効果は非常にすぐに不可逆になり、処置の3つだけをh要求する。 細胞の実行可能性のどの変更でも観察された前に細胞が1つのhのためのCD -- (2+)にさらされた時プロラクチン解放(48でh)は禁じられた測定された。 酸化防止剤のNアセチル システインおよびTrolox (ビタミンEのhydrosoluble派生物)、しかしアスコルビン酸は、CD両方(2+) -仲介されたCD (2+)行為のメカニズムの酸化圧力の介入を支える細胞毒性およびプロラクチン解放の阻止を逆転させた。 要約すると、現在の仕事はこの効果がapoptosisの誘導が原因であること、そして酸化防止剤によって逆転させることができることことCD (2+)が前方pituitaryの細胞のために細胞毒素である示す。

105. Altern MedのRev. 4月2003日; 8(2): 106-28。 有毒な金属および酸化防止剤: 部II。 ヒ素およびカドミウムの毒性に於いての酸化防止剤の役割。 パトリックL. 1984の卒業生、Bastyr大学; 編集顧問、代替医療の検討; 個人開業、チューソン、アリゾナ1984-2002年。 一致の住所: 21415 Hwy 140、HesperusのCO 81326の電子メール: lpatrick@frontier.net

有毒な金属への露出は病気の世界的にますます確認されたもとになった。 カドミウムおよびヒ素は両方環境でいたるところにあり、食糧を通した露出はおよび水、また職業源病気の明示されているスペクトルに貢献できる。 ヒ素の毒性の徴候映像は心循環器疾患、糖尿病および肝臓障害のための皮膚損害、貧血症および高められた危険によって特徴付けられる。 カドミウムは腎臓機能に対する重要な効果をもたらし、その結果骨の新陳代謝を変え、骨粗しょう症および骨軟化症に導く。 カドミウム誘発のgenotoxicityはまた複数の癌のために危険を高める。 ヒ素およびカドミウム誘発の損傷のメカニズムはミトコンドリアの活動および遺伝情報を変える遊離基の生産を含んでいる。 これらの重金属の新陳代謝そして排泄物はヒ素のメチル化をおよびヒ素およびカドミウムのmetallothionein結合両方助けるチオールおよび酸化防止剤の存在によって決まる。 S-adenosylmethionineに、lipoic酸、グルタチオン、セレニウム、亜鉛、N acetylcysteine (NAC)、メチオニン、システイン、アルファ トコフェロールおよびアスコルビン酸に重金属の毒性の軽減に於いての特定の役割がある。 NAC、亜鉛、メチオニンおよびシステインを含む複数の酸化防止剤は、標準的なキレート環を作る代理人と共に使用されたとき、ヒ素およびカドミウムの動員そして排泄物を改良できる。

106. Resを囲みなさい。 9月2002日; 90(1): 61-6。 ラットのキレート環を作る代理人、酸化防止剤、または彼らの組合せによる鉛誘発の酸化圧力の逆転。 Tandon SK、Singh S、Prasad S、Srivastava S、Siddiqui MK。 化学毒物学、産業毒物学の研究所、80、ラクノー226001、インド。 sktandon19@yahoo.com

meso2,3 dimercaptosuccinic酸(DMSA)の治療上の効力のNアセチルのシステイン(NAC)、酸化防止剤の影響は、鉛preexposedのラットで、親水性およびエステル、monoisoamyl 2,3-dimercaptosuccinate (MiADMS)、親脂性の両方の柔らかいティッシュの鉛のmobilizers、調査された。 DMSA、MiADMS、またはNACの鉛露出された動物の次の処理は血のデルタaminolevulinic酸のデヒドラターゼ、カタラーゼ、malondialdehyde (MDA)、減らされたグルタチオン、酸化させたグルタチオンおよび頭脳MDAのレベルの鉛誘発の変化を逆転させた。 DMSAおよびNACの結合された処置はMiADMSとのそれおよび鉛誘発の酸化圧力を表したすべてのこれらの変数の復帰を高めることのNACより有効だった。 これらの逆転はDMSAおよびMiADMSしかしNACのそれの鉛取除く能力に一貫していなかった。 NACによるこれらの変数の逆転が鉛動員の機能の独立者だったので、これは強い酸化防止特性が主に原因であるべきである。 鉛露出に血および頭脳亜鉛レベルの増加は鉛による内生亜鉛の再分配の結果のようである。 DMSA、MiADMS、NAC、または組合せを用いる次の処理は血の一時的な増加を用いるexcretable複合体が水平に亜鉛でメッキするように頭脳亜鉛を減らした。 鉛中毒の理想的な処置は鉛のchelatorおよび酸化防止剤の組合せのようである。

107. J Appl Toxicol。 2002日1月2月; 22(1): 67-71。 金属の中毒のキレート化: カドミウムの毒性の処置の2,3 dimercaptopropane 1スルフォン酸塩の効力のシステインまたはNアセチルのシステインの影響。 Tandon SK、Prasad S、Singh S. Chemical Toxicologyの産業毒物学の研究所、ラクノー、インド。 sktandon19@yahoo.com

カドミウムの中毒の処置の2,3 dimercaptopropane 1スルフォン酸塩(DMPS)の効力のシステインまたはNアセチルのシステインの管理の影響はカドミウム前露出されたラットで調査された。 システイン、Nアセチルのシステイン、DMPS、DMPS +システインはまたはDMPS + Nアセチルのシステイン上澄みのゾル性細胞質の一部分(SCF)からの肝臓のカドミウムの主に動員の有効性で約等しく、組合せの両方は核ミトコンドリアの一部分(NMF)からの動員のカドミウムのそれらのどちらかより単独で有効だった。 DMPSは有効より腎臓SCFからの動員のカドミウムの組合せだったSCFからの腎臓のカドミウムのかNMFおよびそれ動員のシステインかNアセチルのシステインがより有効外見上だった。 システインまたはNアセチルのシステインとの処置はカドミウム誘発の肝臓を減らし、腎臓のmetallothionein (MT)およびDMPSの処置は腎臓MTをこれらの代理店による肝臓および腎臓SCFのカドミウムの取り外しがだけ原因、おそらく減らした。 但し、MTのレベルはと扱われた動物で高かったDMPS +システインかDMPS +システインかNアセチルのシステイン自体によって引き起こされたMTの貢献を提案するこれらのティッシュのカドミウムの低下にもかかわらずNアセチルのシステイン。 カドミウムの露出は肝臓を増加し、カドミウム誘発MTの結果として腎臓亜鉛および腎臓の銅のレベル、おそらく、およびレベルのいくつかはカドミウムの毒性に対する保護効果を示すシステイン、DMPSまたはそれ程ではないにせよNアセチルのシステインおよび組合せを用いる次の処理によってかなり正常化された。 血のカドミウムの増加およびカドミウムの露出にまたこれらの処置のいくつかよる血の亜鉛および銅のレベルの減少はかなり逆転した。 結果はカドミウムの中毒の処置でDMPSの効力のシステインまたはNアセチルのシステインの管理の限られた利点を示した。 版権2002年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。