生命延長ばねのクリアランス セール

概要

緑茶の概観

緑茶は二番目に世界の最も消費された飲料としてしか水をまかないことである。 それはインドおよび中国で薬効があ何世紀にもわたって使用されてしまった。 緑茶は葉が軽く選び、蒸気を発し、そして乾燥するようにすることによって紅茶が乾燥する前に発酵する一方準備される。 発酵は紅茶の動的機器のいくつかを破壊できる。 緑茶の活動的な要素はポリフェノール(カテキン)およびフラボノールと呼ばれる強力な酸化防止剤である。 茶のタンニンはカテキンはタンニンよりほぼ90%を構成するが、大きいポリフェノールの分子で、緑茶の活動的な混合物の大部分を形作る。 複数のカテキンは研究の大部分のために重要な量および記述にある: エピカテキン(欧州共同体)、epigallocatechin (EGC)、エピカテキンの没食子酸塩(ECG)およびepigallocatechinの没食子酸塩EGCG。 EGCGは総カテキンの内容の10-50%を占め、カテキンの最も強力ようである; その酸化防止活動約25-100はビタミンCおよびE.より有効時間を計る。 緑茶の1個のコップはポリフェノールの10-40mgを提供するかもしれ、ブロッコリー、ほうれんそう、にんじんまたはいちごのサービングより大きい酸化防止活動がある。 研究は緑茶がコレステロール及びトリグリセリドのことを減少によって反atherogenicであることを持つかもしれないことを示す; 血液凝固を減らしなさい; 免疫機能を高めなさい; 減量を高めなさい; そして反cancenogenicであって下さい。

論理上、緑茶の高い酸化防止活動はそれを遊離基による酸化損傷からボディを保護することによって有利にさせる。 遊離基の損傷の連合である病気は癌、心臓病、抑制された免疫機能および加速された老化を含んでいる。

実験室では、緑茶は有効な酸化防止剤である。 それは実験的に引き起こされたDNAの損傷から保護できる; そして癌性腫瘍の成長の開始そして進行を遅らせるか、または停止させなさい。 緑茶が重要なimmunoprotective質を提供すること放射か化学療法を経ている癌患者の場合にはある調査からまた証拠が、特にある。 白血球の計算は非補われた患者と比較される緑茶を消費している癌患者でもっと効果的に維持されるようである

また緑茶の反肥満の行為があるかもしれない。 1つの調査では、彼らの食事療法の緑茶を受け取っているマウスは滋養分、体重の利益および脂肪質のティッシュの蓄積の重要な抑制があった。 また、コレステロールのレベルおよびトリグリセリドは緑茶の食事療法を受け取っているマウスでより低く、血清のレプチンのレベルは緑茶の処置の減少を–緑茶が体重を減らす直接的な効果をもたらすかもしれないことを示す示し。

適量: 典型的な適量の推薦はの125-500mg/dayのため–少なくとも60%のポリフェノールやEGCG標準化されるエキスである(これはにできればマーカーの混合物として醸造された緑茶の4-10個のコップと同等べきである)。

副作用: 1日あたりの20個のコップ程に多くの緑茶の消費はあらゆる重要な副作用と関連付けられなかった。 大量服用では、含んでいる茶は情動不安、不眠症および頻脈をカフェインもたらすかもしれない。 緑茶のDecaffeinated版および緑茶のエキスは利用できる–しかしフェノール/カテキンの混合物の量はエキスの間で変わることができる。

(源: www.supplementwatch.com)

研究の概観

緑茶:
1. 腫瘍の成長および転移を防ぐ
2. Hの幽門の胃の病気を制御するのに使用されるよろしいです
3. ヒトパピローマ ウイルス(HPV)の頚部損害の処理の有効な療法はあるように
4. 癌細胞の放射から正常な細胞を保護する
5. 強力な酸化防止剤はある
6. 皮のために炎症抑制として使用されるよろしいです
7. 乳癌の危険を減らす
8. 肺癌の危険を減らす
9. アルコール酒飲みの癌の危険を減らす
10. 喫煙者の癌の危険を減らす
11. 近さからのPCPの汚染物質への癌の危険を減らす
12. 子宮頸癌・のために処置で使用される
13. 腫瘍の開発から前立腺を保護する
14. 腫瘍の開発からぼうこうを保護する
15. 絶食の間に胃の萎縮から保護する
16. 頭脳の脂質の過酸化反応を減少する
17. 皮腫瘍を扱うのに使用されるよろしいです
18. myelogenic白血病の細胞の制御成長
19. アテローム性動脈硬化を防ぐよろしいです
20. 遊離基の清掃動物はある
21. パーキンソン病を防ぐよろしいです
22. 歯周病を扱うのに使用されるよろしいです
23. 乳癌の腫瘍の停止開発
24. 5月の助けは激流を防ぐ
25. neurodegenerative病気の処理で有効であるよろしいです
26. 糖尿病の処置で有利である
27. アルコールから肝臓障害を防ぐよろしいです
28. 口の癌を防ぐよろしいです
29. 関節炎の発火を減らす
30. 総コレステロール値を下げる
31. ishemic心臓損傷を防ぐ
32. アルツハイマー病を防ぐよろしいです
33. 脱毛症を扱うのに使用されるよろしいです
34. 5月制御肥満
35. 結腸癌の危険を減らす

緑茶の概要 (292)