生命延長スキン ケアの販売

概要

CoQ10概観

CoQ10、別名ユビキノンはすべての細胞のmitochondriaに、ある。 ボディで自然になされるのは混合物である。 補酵素Q10は中心、レバー、腎臓および膵臓の多量のほとんどのボディ ティッシュにある。 補酵素Q10のティッシュのレベルは年齢と減る。 それはすべてのボディ プロセスのための酸素からのエネルギーを(ATPの形で)発生させるセルラ システムの一部として作用する。 補酵素として、それは化学反応がボディで起こる酵素の適切な作用に必要である率のスピードをあげ。 補酵素Q10は遊離基から保護する強力な酸化防止剤である。 また細胞によって細胞の成長および維持のために必要とされるエネルギーを作り出すことを使用する。 CoQ10はまたように強い練習とエネルギーの生成の間に作成される遊離基から細胞損傷を防ぐのを助けるべき酸化防止剤機能できる。 研究は老化プロセスを遅らせるかもしれないことを示す; 増加エネルギー; 中心を増強しなさい; 免疫機能を改善しなさい; 減量を促進しなさい; 持久力および好気性の性能を高めなさい; そして血圧を下げる。

研究はCoQ10が細胞膜と脂蛋白質の一部分の脂質の過酸化反応の開始そして伝播を減らすことを示す。 ビタミンEと結合されたときビタミンEの脂蛋白質そして「倹約」に対する互いに作用し合う酸化防止効果がある。 CoQ10は心不全を用いる患者に寄与する- 4週間50mg日刊新聞は呼吸困難、心拍数、血圧および足首の浮腫の改善で起因した。 心臓手術がすぐに回復し、CoQ10の血そしてよいティッシュのレベルを維持した前にCoQ10を取った心臓患者はより受け取っていない患者補う。 そして、多分最も重要これらの薬物がCoQ10の血レベルを減らすのでコレステロール低下薬物(pravastatinのようなHMG CoA還元酵素の抑制剤)を取っている人々がCoQ10補足から寄与するかもしれない研究の提示はである。

適量: 50-100 mgは通常今日研究の調査の線量である。

副作用: 1日あたりの100-200 mgの線量に対する少数の不利な副作用がずっとある。 報告された副作用はまれですが、食事との補足の消費によって防ぐことができるさまざまな形のepigastric苦脳(胸焼け、悪心、腹痛)でありがちである。

研究の概観

人間および動物実験は見直された。

補酵素Q10の補足はに示されていた:
1. シストリック血圧を減らしなさい
2. 酸化圧力を減らしなさい
3. 高血圧のための有効な処置でであって下さい
4. 慢性の心不全の管理で有効でであって下さい
5. 管理のアンギーナで有効でであって下さい
6. パーキンソン病の徴候を改善しなさい
7. 増加のミトコンドリアの作用
8. 片頭痛を防ぎなさい
9. fibromyalgiaの被害者の増加の福利
10. 目の外科の後でapoptosis (細胞死)を減らしなさい
11. 練習の許容を改善しなさい
12. HIVの薬剤の副作用を戦う有効な酸化防止剤でであって下さい
13. 腎臓学のための有効な処置でであって下さい
14. 再生血しょうビタミンEは水平になる
15. アテローム性動脈硬化を抑制しなさい
16. ischemic傷害を防ぎなさい
17. 御馳走ischemic傷害
18. 好気性の圧力に心筋の許容を改善しなさい
19. 遊離基からの頭脳ニューロン損傷を減らしなさい
20. 減少atherogenesis
21. hyperlipidemiaを防ぎ、扱いなさい
22. 冠動脈疾患を防ぎ、扱いなさい
23. ベータ遮断薬の戦闘のマイナスの効果
24. 放射の後で赤血球、reticulocyteおよび白血球の計算を安定させなさい
25. ハンティントンの病気のstriatal損害を防ぎなさい
26. ハンティントンの病気の遅い減量
27. 改善しなさいミトコンドリアのmyopathy、脳症、乳酸アシドーシスおよび打撃そっくりのエピソード(MELAS)の徴候を
28. タイプII糖尿病のendothelial機能を改善しなさい
29. 増加のミトコンドリアの生産
30. エネルギー生産を改善しなさい
31. 脂質のperoxidationsを防ぎなさい

CoQ10参照 (43)

  • ページ
  • 1
  • 2