生命延長血液検査の極度の販売

概要

コリンの概観

コリンは必要な栄養素、Bビタミン家族のメンバーである。 それはボディで最適の健康のための十分な量でなされないことに何人かの研究者が感じるが、(アミノ酸のメチオニンから)製造することができる。 葉酸およびビタミンB12はまたコリンをきちんと処理するために必要とされる。 コリンは頭脳の開発(神経伝達物質のアセチルコリンのためのアミン前駆物質として)、レバー機能および心血管の健康の役割を担う。 また精神性能、記憶および点爆時間を高めることを使用する; 癌防止のため; エネルギーを促進するため; そして疲労を遅らせるため。 コリンは脂質の輸送の重要な部品で、細胞膜の要素である。 従って、それに事実上あらゆる身体システムで機能がある。 それはレバーの脂肪の蓄積を減らすかもしれない。

研究は妊娠の間に、母のコリンの取入口が成長する幼児の記憶そして頭脳の開発に影響を及ぼすかもしれないことを示す。 コリンおよびレシチン補足の調査はコリンの1 – 5グラム示す(またはレシチンの5-15グラム)の補足の後ではっきり血のコリンのレベルの増加を。 補足はまたマラソンの性能および持久力の循環の能力(枯渇への時間)を改善するために示されていたり全速力で走ることのような短い持続期間の高輝度の練習に対する有利な効果ではないかもしれない。

食餌療法の源: コリンの食糧源は卵黄(主要な食餌療法の源)、もつおよびマメ科植物を含んでいる。 コリンはレシチン(かphosphatidylcholine)、また浄化されたコリンのカプセルとスポーツ バーおよび飲み物で原料として補足の形態で利用できる。

適量: コリンの推薦された量は人の女性そして550mg/dayのための425mg/dayである。 400についての「平均」食事療法の供給–毎日十分であると推定されるコリンの900mg。 コリンは1998年の4月の国家科学院の食糧および栄養物板によって必要な栄養素としてだけ示された。

副作用: コリンの補足の悪影響は1-2グラムのレベルで注意されない。 5グラムに近い方の線量は下痢、悪心および腹部の不快のような副作用と関連付けられるかもしれない。 またコリンまたはレシチンの高い毎日の線量を消費している人々の「なま臭い体臭」の逸話的なレポートがずっとある。

(源: www.supplementwatch.com)

研究の概観

次の調査はコリンの効果の短い検討である。
1. レシチンまたはコリンの管理はtardive運動障害の患者の異常な動きの頻度を減少できる
2. ことばにより、視覚記憶は長期総非経口的な栄養物の患者で損なわれ、両方ともコリンの補足と改善されるかもしれない
3. コリンはアセチルコリンの統合を高めることによって機能する
4. 頭脳への循環のコリンの通風管は年齢と減る
5. 早い開発の間のコリンの剥奪は年齢の妥協された認識機能そして高められた低下をもたらす
6. 持久力の練習で有利
7. 低いコリンは異常なレバー酵素と関連付けられる

コリンの概要 (17)

  • ページ
  • 1
  • 2