生命延長血液検査の極度の販売

概要

アピゲニンの概観

アピゲニンは葉が多い植物および野菜(例えば、パセリ、アーティチョーク、ベズル、セロリ)で示され、紫外線放射に対して重要なchemopreventive活動があるnonmutagenic bioflavonoidとして記述されている。 現在の研究の試験はそれがDNAの酸化損傷を減らすかもしれないことを示す; 人間の白血病の細胞の成長を禁じ、区別するためにこれらの細胞を引き起こした; 癌細胞信号のtransductionを禁じ、apoptosisを引き起こしなさい; 炎症抑制として機能しなさい; そして反痙攣性かspasmolyticとして。

(源: http://www.nabio.net/products1.htm)

研究の概観

1. TNF誘発のtransactivationはapigenin.2によって禁じられた。 (基礎研究)
2. antiproliferativeフラボノイドのアピゲニンは前立腺の細胞ラインのプロテイン キナーゼCK2の活動の阻止をもたらした。 (基礎研究)
3. アピゲニンは特定の異常な細胞ラインに生体外で細胞毒素である。 (基礎研究)
4. 塩水につけられたオリーブはオリーブ油よりフェノールの酸化防止剤の高い濃度を、アピゲニンを含んで、含み、癌のchemopreventive活動のより重要な変調器であるかもしれない。
5. アピゲニンは増加する前立腺癌療法をかもしれない。 (基礎研究)
6. アピゲニンに前立腺癌に対して防止のための代理店として開発のための強い潜在性がある。 (基礎研究)
7. アピゲニンは腫瘍の細胞のプロテアーゼ依存したinvasivenessにおよび準プロセスおよび拡散影響を与えるpleiotropic作動体である。 (基礎研究)
8. アピゲニンは有望な反胸癌の代理店および成長の抑制的な効果である。 (基礎研究)
9. アピゲニンは原則的に加えられたときマウスの紫外線誘発の皮のtumorigenesisを禁じる。 (動物)
10. アピゲニンは著しくendothelial細胞の拡散および、それほどではないにせよ、移動、および毛管形成を生体外で禁じた。 (基礎研究)
11. 核受容器のレベルの抑制は新しいメカニズムとしてフラボノイドがpleiotropic効果を出すという示される。 (基礎研究)
12. アピゲニンは有効な療法が現在利用できない人間のanaplastic甲状腺剤の癌腫の処置に新しいアプローチを提供するかもしれない。 (基礎研究)
13. アピゲニンによるCOX-2そしてiNOSの調節は発癌および発火の防止で重要かもしれない。 (基礎研究)
14. テストされたフラボノイドの50%にかなりアピゲニンと示されて最も大きい活動がaromataseの活動を、禁じた。 (人間)
15. アピゲニンのハイ レベルを含んでいるパセリとの介在は、部分的に、酸化防止芝地の減少を克服したようである。 (人間)
16. フラボン アピゲニンおよびルテオリンは強くHL60細胞の成長を禁じ、granulocytesに形態学上の微分を引き起こした。 (基礎研究)
17. 植物王国のisoflavonoidsそしてフラボノイドの広範な分布は(を含むアピゲニン)、反angiogenicおよび反mitotic特性とともに固体腫瘍を含んで、これらのphytoestrogensが慢性疾患に対する植物ベースの食事療法の予防の効果に貢献するかもしれないことを提案する。 (基礎研究)
18. ルテオリンおよびアピゲニンはE2誘発DNAの統合を禁じた。 (基礎研究)
19. 皮腫瘍では、アピゲニンは腫瘍の昇進の過程において複数のポイントを、禁止のキナーゼを含んで妨げるかもしれトランスクリプション要因を減らし、細胞周期を調整する。 (基礎研究)
20. アピゲニンが最も有効だったことを総合的な21の効果および人間胸の癌腫の細胞の生体外の成長の自然発生するフラボノイドは示した。 (基礎研究)
21. フラボノイドは、アピゲニンを含んで、アテローム性動脈硬化の改善に於いての役割があるかもしれない。
22. フラボノイドは、アピゲニンを含んで、生体外のLDLの酸化を防ぎ、おそらくアテローム性動脈硬化を防いで重要である。
23. フェノールBを含んでいるフラボノイドはアピゲニン、peroxidase/H2O2によって酸化にNADHを酸化させた形作られたprooxidant代謝物質を鳴らしたり、含んでいた。

アピゲニンの概要 (35)

  • ページ
  • 1
  • 2