生命延長ばねのクリアランス セール

概要

アピゲニン: 35の研究の概要

1つの_AM J Physiol GastrointestのレバーPhysiol。 7月2003日3日[印刷物に先んじるEpub]。 5,6dichlororibifuranosylbenzimidazole (DRB)およびTNF \{アルファ}への結腸癌の細胞のアピゲニンによって引き起こされた増感はapoptosisを仲介した。 Farah M、Parhar K、Moussavi M、Eivemark S、Salh B。 ジャック鐘の研究所、バンクーバー、紀元前に、カナダ。

腫瘍壊死要因アルファ(TNFalpha)は炎症性応答に必要な多くの遺伝子の表現にかかわる多機能のcytokineである。 さらにそれはトランスクリプション要因NFkappaBの活発化によって仲介されるapoptoticおよび存続の細道、後者活動化させる。 プロテイン キナーゼCK2の人間の敵意で一般にupregulated serinethreonineのキナーゼは、このプロセスの多数のレベルで複雑かもしれない。 但し結腸癌の細胞内の存続の応答を仲介することに於いての役割は不完全に理解されて残る。 ここで私達はHCT116のCK2のその阻止を報告し、TNFalphaと共に使用されたとき2つの特定のCK2抑制剤を使用してHT29細胞は、5,6dichlororibifuranosylbenzimidazole (DRB)およびアピゲニン、細胞の存続の互いに作用し合う減少をもたらした。 なお、同じ組合せを使用して柔らかい寒天のコロニーの形成に明白な互いに作用し合う減少があった。 西部の分析はPARPおよびprocaspase 3の開裂がこれらの条件を使用してかなり増加されたsubdiploidのDNAcontainingの細胞の人口のFACSの分析の調査結果を補足したことを示した。 非常に、これらのでき事はproapoptotic分子の悪い状態またはBaxのBcl2家族Bcl2、Mcl1およびBclXL、または変更の表現のあらゆる減少がない時起こった。 Gal4p65 transactivationの範囲の構造物を利用するOnehybrid NFkappaBの促進者の試金はTNFinducedのtransactivationがDRBおよびアピゲニン両方によって禁じられたことを明らかにした。 これはNFkappaB確認されたantiapoptoticターゲット、QPCRによって示されたマンガンのスーパーオキシドのディスムターゼ(MnSOD)の表現の付随の減少と関連付けられた。 私達の調査結果は結腸癌、その1の処置のための可能性としては新しい作戦をTNFalphaの管理と同時ターゲットCK2示す。

2 _Int J Oncol。 6月2003日; 22(6): 126370。 CK2活動の阻止はhormonesensitiveおよびhormonerefractory前立腺癌の細胞の異なった応答を誘発する。 Hessenauer A、Montenarh MのGotz C. Medizinische Biochemieのund Molekularbiologie、Universitat des SaarlandesのD66424 Homburg、ドイツ。

プロテイン キナーゼCK2は細胞成長の規則に於いての、またapoptosisの必要な役割を担うようである。 組の前立腺の癌腫の細胞のhormonesensitive (LNCaPの細胞)またはhormonerefractory (PC3細胞)私達であるラインは使用によって別の成長の行動に、またapoptosisにプロテイン キナーゼCK2の貢献を分析した。 私達はCK2の酵素の活動がhormonerefractory細胞で大いにより高かったが両方の細胞ラインのCK2亜単位の同量を見つけた。 これらの結果ははじめてプロテイン キナーゼCK2の比放射能と前立腺癌の細胞の特定の成長の特性間の相関関係を示す。 両タイプの細胞しかしLNCaPのhormonesensitive細胞だけのCK2活動の阻止に導かれたantiproliferativeフラボノイドのアピゲニンはapoptosisと答えた。 従って、これらの結果は高いCK2活動が成長のためにdispensableおよびhormonerefractory前立腺癌の細胞のapoptosisに対して保護に必要であることを示す。

3 _Ai Zheng。 4月2003日; 22(4): 35862。 [人間の卵巣の癌腫のHO 8910PM細胞の侵入に対するエモディンおよびアピゲニンの効果生体外で] [中国語の記事]朱F、劉XG、梁NC。 生物化学および分子生物学の広東省の医科大学、チャンチヤン、広東省、PR中国の協会。

背景及び目的: エモディンはTPKおよびCK2の活動およびIkappaBの低下を禁じた。 アピゲニンはMAPKおよびPI (3)の活動をK.禁じた。 この調査で著者はHO8910PMの細胞の侵入に対するエモディンおよびアピゲニンの効果を生体外で観察した。 方法: Trypan青の染料の排除の試金がエモディンおよびアピゲニンのcytotoxityを検査するのに使用された。 再構成された地階の膜の侵入の試金が侵略的な活動を評価するのに利用された。タイプIVのコラゲナーゼの生産はページの基質のzymographyによって分析された。 結果: エモディンはかなりHO8910PMの細胞の膜の侵入および付着および移動禁じたが、48時間化学薬品との処置が(35.30+/3.50) micromol/Lだった、および(28.92+/2.60) micromol/Lあった後エモディンにアピゲニンよりHO8910PMの細胞の弱いcytotoxityが、IC (50)。 阻止は後だった40 micromol/Lの化学薬品と扱われて(45.31+/3.10の) %、(25.42+/1.70の) %および(41.59+/1.90の) %評価した。 エモディンは生産MMP9のない活動を禁じた。 アピゲニンは後HO8910PMの細胞の移動そして付着を、阻止率でしたり40 micromol/Lの化学薬品と扱われて(29.04+/1.70の) %および(30.80+/3.00の) %、が弱く禁じられた膜の侵入(阻止率だけは12.1%だった)および禁じたMMP9の生産も活動も禁じなかった。 結論: エモディンにおよびアピゲニンは両方HO8910PMの細胞の細胞毒性があった。 エモディンは潜在的な代理店の禁止の腫瘍の侵入および転移だった。

4つの_の食糧Chem Toxicol。 5月2003日; 41(5): 70317。 塩水につけられたオリーブ色の石果の主要なフェノールおよびフラボノイドの混合物の分離、構造の説明および酸化防止潜在性。 オーウェンRW、Haubner R、Mier W、Giacosa A、外皮私達、Spiegelhalder B、毒物学および癌の危険性の要因のドイツの癌研究の中心のBartsch H. Division、Im Neuenheimer Feld 280、D69120ハイデルベルク、ドイツ。 r.owen@dkfz heidelberg.de

オリーブが内陸の食事療法の重要な部品を表すので、含んでいる主要で潜在的な酸化防止フェノール混合物の明白な同一証明そしてquantitationを確立することは必要である。 2つのタイプの塩水につけられたオリーブの主要なフェノールの酸化防止剤はsemipreparative高性能の液体クロマトグラフィーによって隔離され、浄化された。 構造解析は紫外線分光測光、質量分析および核磁気共鳴の分光学を使用して行なわれた。 特に、完全に1Hおよび13Cを割り当てられてNMRデータは示され、文献データの間違いは訂正される。 データはそのtyrosol、hydroxytyrosol、3 (3、4dihydroxyphenyl) propanoic酸(dihydrocaffeic酸)、dihydropcoumaric酸(phloretic酸)、フェニルプロパノイドのグルコシドのacteoside (verbascoside)を示し、フラボノイド ルテオリンおよびアピゲニンと共にisoacteosideは、塩水につけられた黒オリーブのフェノールの一部分の主要コンポーネントである。 塩水につけられたグリーン オリーブは他のマイナーなphenolicsのhydroxytyrosolそして跡だけ含んでいる。 従って塩水につけられたオリーブはオリーブ油よりフェノールの酸化防止剤の高い濃度を含み、癌のchemopreventive活動のより重要な変調器であるかもしれない。

5 _ZhonghuaイXue Za Zhi。 11月2002日10日; 82(21): 14847。 [単純ヘルペスのvirusthymidineのキナーゼ/ganciclovirのアプローチおよび規則] [中国語の記事によって仲介される] prostatic癌細胞に対する傍観者効果Xing Y、Lu G、シャオY、Zeng F、チャンQ、Xiong P、泌尿器科学、連合病院、Tongjiの医科大学、Huazhongの理工系の大学、ウーハン430022、中国のFeng W. Department。

目的: connexin (Cx)の役割をHSVTK/GCVシステムの傍観者効果のプロシージャのギャップのjunctional細胞間コミュニケーション(GJIC)を探検し、アピゲニンの調節、connexin43 (Cx43)表現のCxの表現のupregulatorおよびPC3mの細胞のGJICを調査するために単純ヘルペスのvirusthymidine kanase/ganciclovir (HSVTK/GCV)の自殺の遺伝子療法のアプローチによって仲介されたPC3mに対する傍観者効果を、前立腺癌の細胞ラインは推定するためには、仲介した。 方法: PC3mの細胞は培養され、PC3mの細胞はHSVTKの遺伝子(TKの(+) PC 3mの細胞)を含んでいるEBVbasedの表現のベクトルとtransfected、TK () PC3mの細胞は1の比率で混合されていた: 9. GCVは混合物に加えられた。 傍観者効果はMTTの試金によって評価された。 GJICおよびHSVの複数の典型的な細胞ラインのTK/GCVによって引き起こされた傍観者効果は、NIH3T3、Cos7およびL02細胞のようなそれぞれクレープのローディングの染料のトレーシング(SLDT)およびMTTの試金によって、定められた。 PC3mの細胞のCx43 mRNAの表現そして固有GJIC容量はRTPCRおよびSLDTによって検査された。 TK (+) PC3mの細胞およびTKの()細胞は4グループに混合され、分けられ、そしてGCVと加えられて、アピゲニン、アピゲニン+ GCV、およびアピゲニン+ GCV + 18alphaglycyrrhetinic酸(AGA)それぞれ。 それからPC3mの細胞の殺害率はMTTによって検査された。 結果: wildtype PC3mの細胞およびHSVTK遺伝子によって変更されたPC3mの細胞の混合物の100つのマイクロmol/L GCVの72のhの処置の後で、23.5%個+ 3.2%個の細胞ただ殺された。 HSVTK/GCVの傍観者効果の大きさはACHNおよびヒーラ細胞のより優秀なGJICを明示したNIH3T3、Cos7およびL02細胞でより強力だった(P < 0.001)。 Cx43 mRNAの表現はRTPCRによってが示されていた、ACHNの細胞および正常な前立腺のティッシュのそれより弱い。 アピゲニンの管理で、Cx43 mRNAの表現およびPC3mの細胞のGJIC機能は2.2回までに高められた(P < 0.01) PC3mの細胞のGJIC機能に対するアピゲニンの高める効果が48時間を持続させ、AGAの付加によって禁じることができる。 10のマイクロmol/Lの集中のアピゲニンは明らかにPC3mの細胞に対するTKシステムの傍観者効果を改善できる(P < 0.001)。 混合されたPC3mの細胞のGCVの殺害率は59.86% + 2.44%、25.34%だけ+ AGAの付加との2.89%だった。 結論: HSVTK/GCVのアプローチによって仲介される傍観者効果の大きさと標的細胞の内部GJICの潜在的能力間に肯定的な相関関係がある。 PC3mの細胞のDownregulated Cx43の表現そして破壊された固有GJICの潜在性はHSVTK/GCVの傍観者効果の悪い大きさで起因する。 従ってアピゲニンのような化学兵器はCx43表現を調整し、PC3mの細胞のGJIC容量を実施し、傍観者効果を高め、TKの自殺療法の効力を増加する。

6つの_のがん遺伝子。 5月2002日23日; 21(23): 372738。 人間の前立腺の癌腫の細胞のアピゲニンによる細胞周期の阻止そしてapoptosisの誘導の核factorkappa B、BaxおよびBcl2の介入。 Gupta S、Afaq F、皮膚科学のMukhtar H. Departmentは、クリーブランドの11100 Euclidの道、クリーブランド、オハイオ州44106、米国の大学病院の西部の予備大学及び研究所を包装する。 gxs44@po.cwru.edu

アピゲニン、共通の食餌療法のフラボノイド豊富にで現在の果物と野菜は、防止のための潜在性および前立腺癌のための療法があるかもしれない。 ここでは、私達はアピゲニンが前立腺の癌腫のLNCaPのandrogenresponsive人間の細胞の成長を禁じるはじめて報告し、この効果の分子理解を提供することを。 アピゲニンの処置によって達成された細胞の成長の阻止はPSAの細胞内のおよび分泌された形態の減少と共にAR蛋白質の表現の重要な減少で起因した。 これらの効果はまたDHTstimulatedの細胞で観察された。 更に、LNCaPの細胞のアピゲニンの処置はcyclin D1、D2およびEおよび活動化パートナーcdk2の蛋白質の表現のマーク付きの減少と関連付けられた細胞周期の進行のG1阻止で、WAF1/p21およびKIP1/p27の付随の誘導との4そして6起因した。 WAF1/p21の誘導はtranscriptionally upregulatedようで、p53扶養家族にである。 さらに、アピゲニンはこれらの細胞のpRb蛋白質のhyperphosphorylationを禁じた。 アピゲニンの処置はまたDNAの分裂、PARPの開裂、蛍光顕微鏡および流れcytometryによって定められるようにapoptosisの誘導で起因した。 これらの効果はapoptosisの方のBax/Bcl2比率の転位にもっと関連すると見つけられた。 アピゲニンの処置はまたNFkappaB/p65の構成する表現のdownmodulationで起因した。 一緒に取られて、これらの調査結果はアピゲニンに前立腺癌に対して防止のための代理店として開発のための強い潜在性があることを提案する。

7つの_の蟹座Lett。 2月2002日8日; 176(1): 1723。 前立腺癌の細胞の細胞周期の進行に対するフラボノイドの効果。 Kobayashi T、Nakata T、生物化学の葛巻町T. Department、山形9909585、日本山形大学医科大学院。

フルーツ、野菜および人間のLNCaPの前立腺癌の細胞の細胞周期の進行に対するエンドウ豆の部品であるあるフラボノイドの効果はこの調査で調査された。 GenisteinはG2/M段階にcyclin Bの表現の抑制に帰因する細胞周期を阻止した。 さらに、genisteinはp53活発化に左右されないcyclindependentキナーゼ抑制剤p21を引き起こした。 アピゲニンおよびルテオリンはまたp21レベルを増加したが、ケルセチンは増加しなかった。 アピゲニンはp53dependentの細道によってp21生産を引き起こしたが、ルテオリンはp53independentの方法でそうした。 これらの結果はフラボノイドが発癌の防止のある役割を担うかもしれない細胞周期の進行のためのcyclin Bおよびp21の有効な調整装置であることを提案する。

8つの_のNutrの蟹座。 2001年; 39(1): 13947。 アピゲニンは腫瘍の細胞の侵入プロセスで機能し、プロテアーゼの生産を調整する。 Lindenmeyer F、李H、Menashi S、ソリアCのLu H. Institut National de la Santeとde la Recherche Medicale、U553のバットの。 INSERMのInstitutのd'Hematologie、Hopitalセントルイス、Universiteパリ7、75475パリ、フランス。

アピゲニンは広く分散植物のフラボノイドで、antitumor代理店として提案された。 この調査では、私達はestrogeninsensitive胸の腫瘍の細胞ラインMDAMB231のproteasemediated invasivenessに対するアピゲニンの効果を調査した。 結果は22.845.5 microMのアピゲニンが(2.510 micrograms/ml) Matrigelによってdosedependent方法、腫瘍の細胞の侵入、細胞移動および細胞増殖で強く、禁じたことを示す。 私達は22.8 microMからのアピゲニンの処置が(2.5 micrograms/ml) urokinaseplasminogenの活性剤の表現の部分的な減少とphorbol 12myristate 13acetateinducedのマトリックスmetalloproteinase9の分泌の総阻止をもたらしたことを示す。 私達はまたMatrigelおよびG2Mの細胞周期の阻止にapigenintreated細胞で不完全な付着を示す。 一緒に取られて、私達の結果はアピゲニンが腫瘍の細胞のproteasedependent invasivenessにおよび準プロセスおよび拡散影響を与えるpleiotropic作動体であることを示す。

9 _Biochem Biophys Res Commun。 10月2001日5日; 287(4): 91420。 常態のアピゲニンの選択的なgrowthinhibitory、cellcycleの規制緩和およびapoptotic応答対人間の前立腺の癌腫の細胞。 Gupta S、Afaq F、皮膚科学のMukhtar H. Departmentは、西部の予備大学、クリーブランドの11100 Euclidの道、クリーブランド、オハイオ州44106、米国の大学病院の研究所を包装する。 gxs44@po.cwru.edu

癌細胞の選択的なapoptosisを引き起こすことができる代理店は新しいcancerpreventiveアプローチの開発のかなりの関心を引いている。 正常な人間の前立腺の上皮細胞(NHPE)、ウイルスに変形させた正常な人間の前立腺の上皮細胞(PZHPV7)、および人間の前立腺の腺癌(CAHPV10)の細胞を用いる現在の調査では私達はアピゲニン、で現在のフラボノイド豊富に果物と野菜のgrowthinhibitory効果を評価した。 NHPEおよびPZHPV7へのアピゲニンの処置は低い大きさのほとんど同じような成長の抑制的な応答で起因した。 鋭い対照では、アピゲニンの処置はCAHPV10細胞の細胞の実行可能性の重要な減少で起因した。 同じようで選択的な成長の抑制的な効果はまた正常な人間の表皮のkeratinocytesと比較された人間のepidermoid癌腫A431の細胞のために観察された。 アピゲニンの処置は(i) DNAの梯子の試金に明白ようにCAHPV10細胞の重要なapoptosisでNHPEおよびPZHPV7細胞が40 microMの大量服用でだけapoptosis示されていた排他的なnecrotic汚損を経なかった一方、(ii)蛍光顕微鏡および(iii) TUNELの試金起因した。 アピゲニンは(110 microM)またCAHPV10細胞のないPZHPV7細胞のdosedependent G2M段階の細胞周期の阻止で起因した。 アピゲニンのgrowthinhibitoryおよびapoptotic潜在性はまた別の段階および男性ホルモンの敏感さを表すいろいろな前立腺の癌腫の細胞で観察された。 アピゲニンは前立腺癌に対する有望なchemopreventiveおよび/または化学療法の代理店として開発されるかもしれない。 版権2001の学術出版物。

10 _抗癌性Res。 2001年のJanFeb; 21 (1A): 41320。 アピゲニンは成長を禁じ、胸の癌腫の細胞のcyclinCDKの調整装置そしてERKの地図のキナーゼ活発化の調整によってG2/Mの阻止を引き起こす。 Yin F、ジュリアーノAEの法律に関して、ヴァンHerle AJ。 内分泌学、ロスアンジェルス、カリフォルニア90024、米国UCLAの医科大学院の分割。

私達は前にアピゲニンがERK mitogenactivated蛋白質(地図)のキナーゼことをの表皮の成長因子の受容器(EGFR)のチロシンのリン酸化そしてリン酸化の減少によって甲状腺癌の細胞の成長を禁じることを報告してしまった。 この調査では、私達は明白な2つの主細胞周期の調整装置、wildtype p53およびretinoblastomaの腫瘍のサプレッサー蛋白質(RB)、およびp53およびRBの陰性のための突然変異体であるMDAMB468胸の癌腫の細胞MCF7胸の癌腫の細胞に対するアピゲニンの成長の抑制的な効果を査定した。 私達はアピゲニンが有効にMCF7およびMDAMB468両方の成長を胸の癌腫の細胞禁じたことが分った。 3日孵化後に定められたおおよそIC50価値はMCF7細胞のための7.8 micrograms/ml、およびMDAMB468細胞のための8.9 micrograms/ml、それぞれだった。 細胞周期が調査するのでFACSを使用することはMCF7およびMDAMB468が両方アピゲニンの処置の後でG2/M段階に細胞阻止されたことを、私達調査した細胞周期の規定する分子に対するアピゲニンの効果を示した。 私達はアピゲニンによるG2/Mの阻止がcyclin B1およびCDK1蛋白質のの重要な減少をレベル含んだことを、観察したCDK1キナーゼ活動のマーク付きの阻止に終って。 アピゲニンはCDK4のcyclins D1およびAの蛋白質のレベルを減らしたが、cyclin E、CDK2およびCDK6蛋白質の表現影響を与えなかった。 MCF7細胞では、アピゲニンは12 h.の後で著しくRBのリン酸化を減らした。 私達はまたアピゲニンの処置がMDAMB468細胞のERKの地図のキナーゼ リン酸化の線量および時間依存の阻止および活発化で起因したことが分った。 これらの結果はアピゲニンが有望なantibreast癌の代理店であり、成長の抑制的な効果がMCF7およびMDAMB468胸の癌腫の細胞ことをの異なった信号のtransductionの細道を目標とすることによって仲介されることを提案する。

11の_の発癌4月2000日; 21(4): wildtype p53の安定性の6339増加およびkeratinocytesのchemopreventive代理店のアピゲニンによるtransactivationalの活動。 McVean M、シャオH、Isobe K、病理学のPelling JC部および実験室の薬、カンザスの医療センター、カンザス シティ、KS 66160、米国の大学。

原則的に加えられたときアピゲニン、自然発生する、nonmutagenicフラボノイドは、マウスのUVinducedの皮のtumorigenesisを禁じるために示されていた。 このレポートでは私達はwildtype p53の遺伝子を含んでいる下流パートナー、p21/waf1のp53蛋白質のレベルそして表現に対するアピゲニンの処置の効果を調査するのにマウスのkeratinocyte 308の細胞ラインを使用した。 細胞はさまざまな時の70のmicroMのアピゲニンと扱われ、p53およびp21/waf1蛋白質のレベルは西部のしみの分析によって査定された。 p53蛋白質のレベルは引き起こされた27fold後アピゲニンの処置の4 hであって、露出の10 hによって高く残されて水平になる。 70のmicroMのアピゲニンへの露出の24のhの後で、p53蛋白質のレベルは管理水準に戻った。 p21/waf1蛋白質のレベルは4 hの後でおよそ1. 52foldを増加し、24のh.で高く残った。 p53蛋白質の蓄積のメカニズムを調査するためには、私達は車のp53蛋白質の半減期を比較し、細胞をapigenintreated。 細胞はアピゲニンの前で4 hのために孵化した、それ以上の蛋白質の統合を禁じるためにそしてシクロヘキシミドは加えられ、p53蛋白質のレベルは西部のしみによって測定された。 p53蛋白質の半減期は平均それぞれ) vehicletreated細胞(t (1/2)と= 131分対アピゲニンの16分対vehicletreated細胞比較されたapigenintreated細胞の8foldの増加すると見つけられた。 p53蛋白質安定のメカニズムは現在調査されている。 p53がtranscriptionally活発だったかどうか定めるためには、私達はまたゲルの移動性の転位の試金を行い、一時的なトランスフェクションはp21/waf1促進者の管理下でluciferaseのプラスミッドを使用して調査する。 p53両方DNAbindingの活動およびtranscriptional活発化はアピゲニンへの露出の24のhの後で最高になった。 これらの調査はアピゲニンがp53p21/waf1応答の細道のことを刺激によってantitumorigenic活動を出すことができることを提案する。

12の_Int Jの蟹座3月2000日1日; 85(5): 6916アピゲニンはP21およびP27表現の禁止によってsmoothmuscleの細胞を刺激する一方G (2)/Mのendothelialcell拡散を段階禁じる。 Trochon VのしみE、Cymbalista F、Engelmann Cの独特の味RP、Thomaidis A、Vasse M、ソリアJ、Lu H、ソリアC INSERM U353のInstitutのd'Hematologie、Hopitalセントルイス、Universiteパリ7、パリ、フランス。

アピゲニンは発癌の防止の役割を担うと考えられる植物のフラボノイドである。 但し、行為のメカニズムはまだ明瞭になっていない。 腫瘍の成長のangiogenesisの重要性のために、私達は生体外のモデルのendothelialおよびsmoothmuscleの細胞に対するアピゲニンの効果を調査した。 アピゲニンはヒアルウロニダーゼの活動の阻止とは関係なく著しくendothelial細胞の拡散および、それほどではないにせよ、移動、および毛管形成を生体外で、禁じた。 それに対して、それは強く管のsmoothmusclecell拡散を刺激した。 アピゲニンの活動の分子メカニズムはこの2つのタイプの細胞で分析された。 私達の結果はアピゲニンがG (retinoblastoma蛋白質ことをの細胞ののhyperphosphorylated形態の蓄積の結果として2)/M段階妨害によってendothelialcell拡散を禁じることを示す。 smoothmuscleの細胞のアピゲニンの刺激は2つのcyclindependentキナーゼ抑制剤、否定的にG (1つの)段階のcyclindependentキナーゼを調整するp27帰因した、およびp21の減らされた表現に。 版権2000年のWileyLiss、Inc。

13 _Biochem Biophys Res Commun 2月2000日5日; 268(1): 23741Theフラボノイドのアピゲニンは正常な人間のkeratinocytesのビタミンDの受容器の表現そしてビタミンDの敏感さを抑制する。Segaert S、Courtois S、Garmyn M、Degreef Hの実験薬、皮膚科学、Katholieke UniversiteitルーフェンのキャンパスGasthuisberg、Onderwijs en Navorsing、Herestraat 49、ルーフェン、B3000、ベルギーの部門のためのブイヨンRの実験室。

アピゲニン、chemopreventive特性が付いているフラボノイドは、細胞内シグナリング滝および減らされたprotooncogeneの表現の付随の阻止を用いる細胞成長停止を、引き起こす。 私達はアピゲニンがVDR mRNAの半減期の変更なしで有効にビタミンDの受容器(VDR)人間のkeratinocytesのmRNAをおよび蛋白質の表現禁じたことを報告する。 同時に、retinoid Xの受容器のアルファのdownregulation、cmyc mRNAの劇的な損失、およびp21 (WAF1)のupregulationは起こった。 なお、ビタミンDの敏感さのほぼ完全な抑制は24hydroxylase mRNAの誘導によって推定されるように観察された。 VDRの表現に対するアピゲニンの効果は他の(quercetineおよびfisetine)によって共有されたが、すべてがフラボノイドをテストしなかった。 興味深いことに、apigeninmediated VDRの抑制はNFkappaBの抑制剤ナトリウム サリチル酸塩およびcaffeic酸のフェネチルのエステルによって妨害された。 示された結果は新しいメカニズムとしてフラボノイドがpleiotropic効果を出すという核受容器のレベルの抑制を提案する。 この調査はまた表皮のkeratinocytesのVDRの表現の規則の理解に貢献するかもしれない。 版権2000の学術出版物。

14 _抗癌性Res。 1999年のMarApr; 19 (2A): 12619。 HL60細胞分化に対する柑橘類のフラボノイドの効果。 Kawaii S、Tomono Y、Katase E、Ogawa K、果樹科学のYano M. National Institute、静岡、日本。

27の柑橘類のフラボノイドは人間のpromyelocytic白血病の細胞(HL60)の末端の微分の誘導の活動のためにニトロ青いtetrazolium (NBT)によって減少、無指定のエステラーゼ、特定のエステラーゼおよびphagocytic活動検査された。 10のフラボノイドは活発であると(細胞を減らすNBTのパーセントは40 microMの集中に40%以上あった)判断され、潜在的能力の格付けはnatsudaidain、ルテオリン、tangeretin、ケルセチン、アピゲニン、3、3、「4、「5、6、7、8 heptamethoxyflavone、nobiletin、acacetin、eriodictyolおよびtaxifolinだった。 これらのフラボノイドはdosedependent方法の活動を出した。 HL60細胞は成長したmonocyte/大食細胞に区別されたこれらのフラボノイドと扱った。 フラボンとフラバノン間の比較から確立されたstructureactivity関係はリングBおよびC2C3二重結合のorthocatecholの一部分にHL60の微分の誘導のための重要な役割があったことを明らかにした。 polymethoxylatedフラボンでは、C3のヒドロキシル グループおよびC8のmethoxylのグループはdifferentiationinducing活動を高めた。

15の_Eur Jの蟹座10月1999日; 35(10): チトクロームc解放を通したアピゲニンそして関連のフラボノイドによるapoptosisの151725誘導および白血病HL60の細胞のcaspase9そしてcaspase3の活発化。 Wang IK、LinShiau SY、生物化学、薬、台湾大学、台北、R.O.Cの大学の林JK .loInstitute。

この調査の目標はHL60 leukaemic細胞のflavonoidinduced apoptosisのメカニズムを調査することだった。 従って、細胞の実行可能性、DNAの分裂およびcaspaseの活動に対する構造的に関連フラボノイドの効果は査定された。 膜の潜在性の損失および反応酸素種の生成はまた流れcytometryによって監察された。 構造的に関連フラボノイドは、アピゲニンのような、ケルセチン、myricetinおよびkaempferol人間の白血病HL60の細胞のapoptosisを引き起こせた。 フラボノイド(60 microM)との処置によりcaspase3活動の急速な誘導を引き起こし、(ADPriboseの)多ポリメラーゼ(PARP)の蛋白質分解開裂を刺激した。 なお、これらのフラボノイドはcytosolにミトコンドリアのtransmembraneの潜在性の損失、反応酸素種(ROS)の生産の高度、ミトコンドリアのチトクロームcの解放、およびprocaspase9処理のそれに続く誘導を引き起こした。 apoptosisのこれらの特徴のこれらのフラボノイドの潜在的能力は順序でのあった: アピゲニン>ケルセチン> myricetin > HL60細胞のkaempferolは60のmicroMのフラボノイドと扱った。 これらの結果はflavonoidinduced apoptosisがcytosolへのチトクロームcの解放、処理するprocaspase9およびcaspase3dependentのメカニズムを通して刺激されることを提案する。 フラボノイドによるapoptosisの誘導は癌のchemopreventive活動に帰因するかもしれない。 なお、apoptosisを引き起こすためのフラボノイドの潜在的能力はと3hydroxylグループの不在に2phenylグループで依存するヒドロキシル グループの数かもしれない。 これはフラボノイドのstructureactivity関係で新しい情報を提供する。

16 _抗癌性Res 1999年のSepOct; 19 (5B): 人間のanaplastic甲状腺癌の細胞(ARO)のapoptosisの成長そして誘導のアピゲニンの阻止にかかわる4297303の信号の細道。 Yin F、ジュリアーノAEの内分泌学、90024、米国UCLAの医科大学院のヴァンHerle AJ部。 fyin@ucla.edu

最近私達は複数のフラボノイドがある特定の人間の甲状腺癌の細胞ラインの拡散を禁じることができることを示した。 テストされるフラボノイドの間でアピゲニンおよびルテオリンはこれらの腫瘍の細胞ラインの最も有効な抑制剤である。 現在の調査では、私達は、人間のanaplastic甲状腺剤の癌腫の細胞ラインを使用して関連付けられた信号のtransductionのメカニズムをアピゲニンの成長の抑制的な効果とARO (UCLA RO81A1)調査した。 西部のしみ方法を使用して、AROの細胞増殖に対するアピゲニンの抑制的な効果がEGFRのチロシンのautophosphorylationの阻止と関連付けられ、下流の作動体のmitogenのリン酸化が蛋白質(地図)のキナーゼを活動化させたことが示されていた。 これらのシグナリング分子の蛋白質のレベルは影響を受けていなかった。 アピゲニンによるリン酸化の抑制剤は4 h.のために最低そして続いた30の内に起こった。 dosedependent阻止は12.5のmicroMから50 microMまで明白な及ぶことだった。 phosphorylated cMycのレベル、MAPKのための核基質は、最終的にDNAの分裂を含むプログラムされた細胞死をもたらすアピゲニンの処置の後で1648のhから落ち込んでいた。 なお、アピゲニンとの処置はanchoragedependentおよびanchorageindependent甲状腺癌の細胞の成長の阻止で起因した。 要約すると、アピゲニンは成長(anchoragedependentおよび独立した)および人間のanaplastic甲状腺癌の細胞の存続を調整する信号のtransductionの細道の有望な抑制剤である。 アピゲニンは有効な療法が現在利用できない人間のanaplastic甲状腺剤の癌腫の処置に新しいアプローチを提供するかもしれない。

17の_の発癌10月1999日; 20(10): マウスの大食細胞のアピゲニンそして関連のフラボノイドによる誘引可能なcyclooxygenaseそして誘引可能な一酸化窒素のシンターゼの194552抑制。 梁YC、黄YT、LinShiau SY SHのTsai陳のCF、生物化学の林JKの協会、薬、台湾大学、第1のセクション1、台北、台湾の大学。

プロスタグランジンの生合成および一酸化窒素の生産は発癌および発火の過程において関係した。 この調査では、私達はさまざまなフラボノイドの効果を調査し、()誘引可能なcyclooxygenase (COX2)およびlipopolysaccharide (LP)の誘引可能な一酸化窒素のシンターゼ(iNOS)の活動のepigallocatechin3gallateは未加工大食細胞264.7匹活動化させた。 アピゲニン、genisteinおよびkaempferolはIC (50)の< 15 microMとのCOX2のtranscriptional活発化の著しく活動的な抑制剤、だった。 さらに、アピゲニンおよびkaempferolはまたIC (50)の< 15 microMが付いているiNOSのtranscriptional活発化の著しく活動的な抑制剤、だった。 テストされたそれらの混合物のアピゲニンはCOX2およびiNOS両方のtranscriptional活発化の最も有効な抑制剤だった。 西部および北のしみの分析はアピゲニンがかなりLPSactivatedの大食細胞のCOX2そしてiNOSの蛋白質そしてmRNAの表現を妨げたことを示した。 一時的なトランスフェクションの実験はLPによりCOX2およびiNOSの促進者の活動両方のおよそ4fold増加を引き起こしたことを、これらの増分抑制された示したアピゲニンによって。 さらに、電気泳動の移動性の転位の試金(EMSA)の実験はアピゲニンが核factorkB (NFのkb)のLPSinducedの活発化を妨げたことを示した。 NFkBの活発化の阻止は抑制剤のkb (IkB)の低下の防止によって起こる。 一時的なトランスフェクションの実験はまたアピゲニンがNFkBdependentのtranscriptional活動を禁じたことを示した。 最後に、私達はアピゲニンがLPかinterferongammaによって引き起こされたIkBのキナーゼ活動を禁じることができることを示した。 それ以上の調査の結果はアピゲニンによるCOX2そしてiNOSのtranscriptional活発化の抑制がIkBのキナーゼ活動の阻止によって主に仲介されるかもしれないことを提案する。 この調査はアピゲニンおよび関連のフラボノイドによるCOX2そしてiNOSの調節が発癌および発火の防止で重要かもしれないことを提案する。

18の_のアーチPharm Res 6月1999日; 22(3): フラボノイドによるaromataseの活動の30912阻止。 Jeong HJ、Shin YG、金IH、薬効がある化学のPezzuto JM部および生薬学、薬学、シカゴ、60612、米国のイリノイ大学の大学。 hyehjean@nmdhst.cc.nih.gov

総合的なか天然産物からの有効な癌のchemopreventive代理店を捜すことで、28の任意に指定フラボノイドは人間の胎盤から準備された部分的に浄化されたaromataseに対する抑制的な効果のために選別された。 フラボノイドの50%にかなりアピゲニン(IC50と示されて最も大きい活動がaromataseの活動を、禁じた: 0.9 microg/mL)、chrysin (IC50: 1.1 microg/mL)、およびhesperetin (IC50: 1.0 microg/mL)。

Int Jの蟹座7月1999日19日; 82(2): 26873 Mitogenactivatedのプロテイン キナーゼ(MAPK)は胸の上皮細胞のprogelatinase B (MMP9)の表現を調整する。 Reddy KB、Krueger JSのKondapakaのSB、病理学、ウェインの州立大学、デトロイト、ミシガン州48201、米国のDiglioカリフォルニア部。 kreddy@med.wayne.edu

Mitogenactivatedのプロテイン キナーゼ(MAPKs)はミトゲン信号のtransductionの細道の大きな役割を担い、成長および微分両方の必要な部品である。 MAPKの滝の構成する活発化は人間胸および腎臓の細胞の癌腫の発癌そして転移と関連付けられる。 gelatinases B (MMP9)およびA (MMP2)は人間癌に表現され、腫瘍の細胞の侵入および転移の重大な役割を担うと考えられるマトリックスのmetalloproteinase (MMPs)家族の2人のメンバーである。 前の調査では、私達はmetastatic SKBR3細胞のEGFおよびamphiregulinのupregulate MMP9がMMP2分泌に対する効果をもたらさないが、ことを示した。 私達は今細胞増殖およびMMP9誘導の規則と関連付けられたEGFinducedの信号を送ることの特定のステップを調査した。 SKBR3細胞で信号を送るEGFinducedはras (FPT inhibitor1)またはP13キナーゼの(Wortmannin)またはEGFinducedのチロシンのキナーゼ活動(RG 13022)の減少による比較的特定の抑制剤によって妨げられた。 かなりEGFinducedの細胞増殖の禁じられるが、部分的にEGFinduced MMP9の分泌で減るただこれらの信号を送る細道を妨げる。 それに対してSKBR3細胞(アピゲニンまたはMAPKのantisense phosphorothioateのoligodeoxynucleotides)さらされたときに、EGFinducedの細胞増殖は、再構成された地階の膜を通るMMP9誘導および侵入はMEKの抑制剤(PD 98059)またはMAPKの抑制剤--にかなり減った。 私達の結果はMAPKの活動との干渉が信号を送る滝が活動化させる腫瘍の成長そしてinvasivenessを制御する新しい方法を提供するかもしれないことを提案する。

19の_の甲状腺剤4月1999日; 9(4): 人間の甲状腺癌の細胞のフラボノイドの36976の成長の抑制的な効果は並ぶ。 Yin F、ジュリアーノAEの内分泌学、ロスアンジェルス、カリフォルニア90024、米国UCLAの医科大学院のヴァンHerle AJ部。

前の調査はフラボノイドが胸および前立腺癌のようなあるhormonedependent癌細胞ラインのantiproliferative特性を、表わすことを示した。 現在の調査では、ある指定フラボノイドの効果、人間の甲状腺剤の癌腫の細胞ライン、UCLA NPA871 (NPA) (papillary癌腫)、UCLA RO82W1 (WRO) (小嚢の癌腫)、およびUCLA RO81A1 (ARO) (anaplastic癌腫)のgenistein、アピゲニン、ルテオリン、chrysin、kaempferolおよびbiochanin Aは検査された。 テストされるフラボノイドの間でアピゲニンおよびルテオリンは細胞増殖が50%によって禁じられたIC50 (集中)のこれらの細胞ラインの最も有効な抑制剤21.7 microMから32.1 microMまで及ぶことを評価するである。 細胞はこれらの集中で実行可能だった。 エストロゲンの受容器の陽性(ER+)であることを知られていたNPAの細胞を使用して重要な[3H] E2変位がIC50集中にこれらのフラボノイドと起こらなかったこと示されていた。 antiestrogenの結合場所(AEBS)があるために知られているWROの細胞ではbiochaninによりA NPAおよびAROの細胞でよりより強く抑制的な成長の効果を(IC50 = 64.1 microM)引き起こした。 さらにbiochanin Aに[WROの細胞からの3H] tamoxifenの変位によって示されるようにAEBSのための相当な結合類縁があることが、観察された。 要約すると、フラボノイドにさまざまな人間の甲状腺癌の細胞ラインに対して有効なantiproliferative活動が生体外である。 ある特定のフラボノイドの混合物の抑制的な活動はAEBSやタイプII EBSによって仲介されるかもしれない。 行為の他のメカニズムが同様に操作中であることを欠けているAROの細胞がアピゲニンおよびルテオリンによってAEBSおよびER両方効果的に禁じられる観察は提案する。 現在の調査はフラボノイドが甲状腺癌の管理の治療上の代理店の新しいクラスを表すかもしれないことを提案する。

20の_のBr J Nutr 6月1999日; 81(6): 人間の題材の酸化圧力のための尿のアピゲニンの排泄物、血の酸化防止酵素およびbiomarkersのパセリ(Petroselinumのcrispum)の取入口の44755Effect。 ニールセンSE、若いJF、Daneshvar B、Lauridsen ST、Knuthsen P、Sandstrom B、食品安全性および毒物学のDragsted LOの協会、デンマークの獣医および食糧管理、コペンハーゲン、デンマーク。

7人および7人の女性はランダム化されたクロスオーバーの試験にフラボンのアピゲニンの、フラボンの尿の排泄物のそして酸化圧力のためのbiomarkersのハイ レベルを含んでいるパセリ(Petroselinumのcrispum)の取入口の効果を調査するために加わった。 主題は介在の2週の間にフラボンおよび他の自然発生する酸化防止剤の厳しく制御された食事療法の低速を受け取った。 この基本的な食事療法は介在週の1つの3.734.49 mg apigenin/MJを提供するパセリと補われた。 アピゲニンの尿の排泄物はパセリとの介在の間に24のhごとの1.59409.09 micrograms/MJおよび基本的な食事療法の24のhごとの0112.27 micrograms/MJだった(P < 0.05)。 尿で排泄されたアピゲニンの取入口の一部分はパセリの介在の間に0.58の(SE 0.16) %だった。 赤血球のグルタチオンの還元酵素(欧州共同体1.6.4.1; GR)およびスーパーオキシドのディスムターゼ(欧州共同体1.15.1.1; 赤血球のカタラーゼ(欧州共同体1.11.1.6)およびグルタチオンの過酸化酵素(欧州共同体1.11.1.9)が活動変わらなかった一方基本的な食事療法のレベルと比較してパセリとの介在の間に(P < 0.005)高められる芝地の)活動。 血しょう蛋白質2adipicのsemialdehydeの残余、血しょう蛋白質の酸化のbiomarkerの重要な変更は観察されなかった。 この短期調査では、酸化防止酵素の活動の全面的な減少した傾向は2week調査の間に観察された。 芝地の減らされた活動は血しょう蛋白質への高められた酸化損傷に個々のレベルで強く関連した。 但し、パセリとの介在はGRおよび芝地の増加されたレベルで、部分的に、この減少を克服したようで、起因した。

_のBiosci 21 Biotechnol Biochem 11月1998日; 62(11): フラボノイドおよびofgranulocytic誘導の2199204Structureactivity関係またはHL60人間のmyeloid白血病の細胞のmonocyticdifferentiation。 Takahashi T、Kobori M、Shinmoto HのTsushida T岩手の産業研究の協会、日本。

フラボン アピゲニンおよびルテオリンは強くHL60細胞の成長を禁じ、granulocytesに形態学上の微分を引き起こした。 フラボノールのケルセチンは細胞の成長を禁じ、微分のマーカー、能力を減らすすなわち、NBTを引き起こした。 ただしquercetintreated細胞はgranulocytesに形態学的に区別されなかった。 カルコンのphloretinは弱く細胞のmonocytic微分のalphanaphthylの酪酸塩のエステラーゼの活動の能力そしてマーカーを減らすNBTを引き起こした。 ケルセチンおよびphloretinはmonocytesにHL60細胞の微分を引き起こしたようである。 genisteinによって引き起こされたalphanaphthylの酪酸塩のesterasepositive細胞の割合はNBTpositiveの細胞のそれよりより少しだった。 形態学的に変わるgenisteintreated HL60細胞の核心のいくつか。 GenisteinはHL60細胞のgranulocyticおよびmonocytic微分を引き起こしたにちがいない。 持って来でケルセチンより少数のヒドロキシル グループがあった、およびフラバノンのnaringeninは成長を禁じたが、HL60細胞の微分を引き起こさなかったフラボノールのgalanginおよびkaempferol。

22 _Baillieres Clin Endocrinol Metab 12月1998日; 12(4): angiogenesisの64966 Phytoestrogensおよび阻止。 Fotsis T、コショウMS、Montesano R、Aktas E、Breit S、Schweigerer L、Rasku S、Wahala Kの生物化学のAdlercreutz Hの実験室、衛生学校、ヨアニナ、ギリシャの大学。

plantbased食事療法の消費は固体悪性腫瘍の進行そして成長を含む広範なneovascularizationと、関連付けられる慢性疾患の開発そして進行を防ぐことができる。 私達は前にplantderived isoflavonoidのgenisteinが細胞増殖および生体外のangiogenesisの有効な抑制剤であることを示してしまった。 さらに、plantbased食事療法を消費する主題の尿のgenisteinの集中は高く30fold従来の西部の食事療法を消費する主題のそれよりである。 私達はまたある特定の構造的に関連フラボノイドがgenisteinより有効な抑制剤であることを報告した。 実際に、3hydroxyflavone、3つ、4つdihydroxyflavone、2つ、3つdihydroxyflavone、fisetin、アピゲニンおよびルテオリンはより低いmicromolar範囲のhalfmaximal集中で常態および腫瘍の細胞の拡散、また生体外のangiogenesisを禁じる。 植物王国のisoflavonoidsそしてフラボノイドの広範な分布は、antiangiogenicおよびantimitotic特性とともに固体腫瘍を含んで、これらのphytoestrogensが慢性疾患に対するplantbased食事療法の予防の効果に貢献するかもしれないことを提案する。

23の_のNutrの蟹座1998年; 31(2): estradiolまたは成長因子の前のMCF7細胞のDNAの統合に対するphytoestrogensの90100の効果。 食品科学のWang C、Kurzer MS部および栄養物、ミネソタ大学、セントポール55108、米国。

エストロゲンの行為およびチロシンのキナーゼ活動に対するPhytoestrogenの効果は癌防止に貢献するために提案された。 これらのメカニズムを調査するためには、いくつかのphytoestrogensおよび関連混合物はestrogendependent MCF7細胞のDNAの統合に対する効果のためにestradiol (E2)、tamoxifen、インシュリン、または表皮の成長因子の前で(チミジンの結合の分析によって推定される)評価された。 私達は0.0110 microM、genisteinおよびcoumestrolで10のmicroMのenterolactoneがように、ことを1)高められたE2induced DNAの統合観察した。 すべての混合物が> 10 microMでように、1.010のmicroMおよび10のmicroMのルテオリンまたはアピゲニンによって禁じられたE2induced DNAの統合のChrysinは2) tamoxifenによって高められたgenisteininduced DNAの統合他のすべての混合物によって引き起こされたDNAの統合を禁じたが、3) genisteinはインシュリンを高め、表皮の成長は0.11.0そして0.110のmicroMでDNAの統合を、それぞれfactorinduced。 高い濃度で、阻止は観察された。 同じような効果はcoumestrolと見られた。 結論として、E2の前のphytoestrogensの効果か成長因子は集中の扶養家族および変数である。 低い集中で、genisteinおよびcoumestrolはかなりE2inducedを高め、チロシンはDNAの統合をkinasemediated; 高い濃度で、阻止は観察された。 相違の効果は他の混合物と観察された。 DNAの統合に対するphytoestrogensの可変的な効果は癌の防止または処置に於いての役割が評価されるとき考慮されなければならない。

24の_AM J Clin Nutr 6月1998日; 67(6): 酸化DNAのフラボノイドそしてビタミンCの12108Effectsは人間のリンパ球に傷つく。 Noroozi M、Angerson WJは、私を人間栄養物、グラスゴー大学、高貴な付属診療所、イギリスの部門傾かせる。

この調査は集中の範囲を渡る複数の広まった食餌療法のフラボノイドの酸化防止潜在的能力を査定し、ビタミンCと肯定的な制御として比較した。 フラボノイドそしてビタミンCとの前処理の酸化防止効果、酸素の標準化された集中の(7.6、23.2、93、および279.4はmicromol/L)で、過酸化水素からのDNAの損傷をradicalgenerated (人間のリンパ球の100 micromol/L)は単一セルのゲルの電気泳動の試金(彗星の試金の使用によって検査された)。 すべてのフラボノイドとの前処理およびビタミンCは酸化DNAの損傷のdosedependent減少を作り出した。 279 micromol/Lの集中で、それらは潜在的能力の大きいものから順に次の通りランク付けされた: ルテオリン(無競争の過酸化水素からの損傷の9%)、myricetin (10%)、ケルセチン(22%)、kaempferol (32%)、ケルシトリン(quercetin3Lrhamnoside) (45%)、アピゲニン(59%)、quercetin3glucoside (62%)、ルチン(quercetin3betaDrutinoside) (82%)、およびビタミンC (78%)。 この集中のDNAの損傷に対するビタミンCの保護効果はかなりアピゲニン、quercetin3glucosideおよびルチンを除くすべてのフラボノイドのそれよりより少しだった。 ランキングは推定ED50 (50%の保護を作り出す集中)価値と類似していた。 23.2 micromol/Lの集中のケルセチンそしてビタミンCの保護効果は添加物(ケルセチンであると見つけられた: 無競争の過酸化水素からの最高DNAの損傷の71%; ビタミンC: 83%; 組合せの両方: 62%). これらのデータは自由なフラボノイドが活用されたフラボノイド(例えば、共役quercetin3glucoside、Pと比較されるケルセチン< 0.001)より保護であることを提案する。 データは自由なフラボノイドの酸化防止活動がヒドロキシル グループの数そして位置と関連していること仮説にまた一貫している。

25 _抗癌性Res 1998年のMarApr; 18 (2A): 一般に111721のBioflavonoidsは有効に人間の前立腺の癌腫の細胞のoncogenic prolinedirectedプロテイン キナーゼFAのチロシンのdephosphorylation/不活性化を引き起こし。 リーSC、Kuan CY、ヤンCCの生命科学、Tsing国民の華大学、新竹市、台湾、R.O.CのヤンSD部。

この調査では、私達は人間の前立腺の癌腫の細胞のoncogenic prolinedirectedプロテイン キナーゼFA (PDPK FA)の活動そしてphosphotyrosineの内容に対するbioflavonoidsの効果を調査する。 ケルセチン、アピゲニンおよびkaempferolの低い集中の人間の前立腺の癌腫の細胞の慢性の処置は一般にそして有効に引き起こされたチロシンのdephosphorylationおよび並行操作をconcentrationdependent方法のoncogenic PDPK FAを不活性にした。 これはimmunoblottingおよびphosphotyrosineの分析に先行している細胞のエキスからのimmunoprecipitatesのこのキナーゼの活動の特定の試金によって示される。 結果はPDPK FAspecificのチロシンのキナーゼを禁じ、人間の癌腫の細胞のこのoncogenicキナーゼのチロシンのdephosphorylation/不活性化を引き起こすためにbioflavonoidsがそれにより共通のチロシンのキナーゼ抑制剤として作用するかもしれないことを示す。 この条件の下で、ケルセチン、アピゲニンおよびkaempferolはまた同じようなconcentrationdependent方法の細胞の成長を禁じることができる。 それ以上の結果はこのoncogenic PDPKのチロシンのリン酸化/活発化の阻止がantiproliferationプロセスの間に人間の癌腫の細胞のbioflavonoidsのための行為のメカニズムの新しいモードを表すことを示す。

プロテイン キナーゼCの26の_の抑制およびアピゲニンおよびクルクミンによる癌のchemopreventionの可能な分子メカニズムとして核がん遺伝子の表現。 林JK、陳YC、黄YT、LinShiau SY。 薬、台湾大学、台北、台湾の大学。 Jの細胞Biochem Suppl 1997年; 2829:3948のアピゲニン、lesstoxicおよびnonmutagenicフラボノイドは、抑制された120tetradecanoyl phorbol13acetate (TPA)マウスの皮の腫瘍の昇進を仲介した。 TPAにプロテイン キナーゼC (PKC)および引き起こされた核protooncogeneの表現を活動化させる機能があった。 私達の調査はアピゲニンがアデノシン三リン酸(ATP)ことをとの競争によってPKCを禁じたことを示す。 アピゲニンはまた細胞蛋白質のTPAstimulatedのリン酸化のレベルを減らし、TPAinducedのcjunおよびcfosの表現を禁じた。 クルクミン、食餌療法の顔料のphytopolyphenolはまた、マウスの皮のTPAによって引き起こされる腫瘍の昇進の有効な抑制剤である。 マウスの繊維芽細胞の細胞がだけTPAと扱われたときにPKCはゾル性細胞質の一部分から微粒子一部分に移動した。 15分の15か20のmicroMのクルクミンとの処置は2660%によって微粒子一部分のTPAinduced PKCの活動を禁じた。 クルクミンはまたphosphatidylserineとの競争によってPKCの活動を生体外で禁じた。 クルクミンは(10 microM) TPAtreatedの細胞のcjunの表現を抑制した。 15のフラボノイドは柔らかい寒天の形態学上の変更に対する効果のために検査され、vHrasの細胞成長はNIH3T3細胞を変形させた。 結果はアピゲニン、kaempferolおよびgenisteinだけこれらの細胞の変形させた形態に対する戻る効果を表わしたことを示した。 PKCの活動および核がん遺伝子の表現の抑制がアピゲニンおよびクルクミンによってTPAinducedの腫瘍の昇進の阻止の分子メカニズムに貢献するかもしれないことがこれらの調査結果に基づいて、提案される。

27の_のNutrの蟹座1997年; 28(3): 23647Phytoestrogen集中は人間のbreastcancerの細胞のDNAの統合に対する効果を定める。食品科学のWang C、Kurzer MS部および栄養物、ミネソタ大学、セントポール55108、米国。

13のisoflavonoids、フラボノイド、およびlignansは、ある知られていたphytoestrogensを含んでestrogendependent (MCF7)および独立した(MDAMB231)人間の乳癌の細胞のDNAの統合に対する効果のために、評価された。 2080年のmicroMの混合物のほとんどの24時間処置ははっきりとMDAMB231細胞のDNAの統合を禁じた。 MCF7細胞では、一方では、biphasic効果は見られた。 0.110のmicroMで、coumestrol、genistein、biochanin A、アピゲニン、ルテオリン、kaempferolおよびenterolactoneは、2090年のmicroMで、DNAの統合150235%を引き起こし、50%によってDNAの統合を禁じた。 genisteinまたはcoumestrolの10日間MCF7細胞の処置は低い集中でDNAの統合の連続的な刺激を示した。 TimecourseはMCF7細胞のgenisteinで示したgenisteinの最高で逆転する効果を集中の48hour回収が実験する。 MCF7細胞の、しかしないMDAMB231細胞のDNAの統合の誘導は、これらの混合物のestrogenic効果に一貫している。 高い濃度のestrogendependentおよび独立した乳癌の細胞の阻止はエストロゲンの受容器の付加的なメカニズムの独立者を提案する。 癌防止に於いてのphytoestrogensの役割の現在の焦点は人間でありそうなレベルの近くの集中で高い濃度でDNAの統合誘導の阻止を示すこの調査で観察されるbiphasic効果を考慮に入れなければならない。

_のProg 28 Clin Biol Res 1996年; 変更の癌の危険性のための395:22334Diet介在。Birt DF、Pelling JC、Nair Sの蟹座、ネブラスカの医療センター、オマハ681986805、米国の大学の研究のためのLepley DEppleyの協会。

かなりの証拠は人口間の食餌療法の相違が世界の異なった部分の癌発生の変化のかなりの比率を占めることを提案する。 ずっと大きな問題は癌から個人をし向けるか、または保護する特定の食餌療法の部品を識別している。 例えば、米国の胸そして結腸癌の高い比率は高脂肪、高い食餌療法エネルギーおよび低い果物と野菜の取入口を含む多数の食餌療法パターンと関連付けられた。 私達の実験室はどの潜在的なメカニズムが人間で関連するかもしれない未来の調査は定まることが食事療法が癌を変更する予想されるというメカニズムを識別するように試み。 高い食餌療法脂肪のメカニズムの理解の有望な鉛は/高く癌の食餌療法エネルギー昇進細胞プロテイン キナーゼC (PKC)のこれらの食事療法の影響だった。 PKCは腫瘍の昇進に重大の細胞シグナリングでき事で重要である。 示された私達の調査はPKCの活動を高めたおよび/または齧歯動物の表皮そして膵臓の上皮細胞で観察された蛋白質の表現は高脂肪/エネルギー食事療法に与えた。 いくつかの場所および果物と野菜の取入口の癌間の反対連合は果物と野菜の微量栄養そしてnonnutrient部品が両方原因であるかもしれない。 私達はアピゲニンによって皮腫瘍の昇進の防止、植物のフラボノイドを調査した。 アピゲニンは腫瘍の昇進の過程において複数のポイントを、禁止のキナーゼを含んで妨げるかもしれトランスクリプション要因を減らし、細胞周期を調整する。 私達の食事療法の複雑さおよび癌の開発で重要かもしれない多数の潜在的な食餌療法の効果はこれに未来の調査のための肥沃な区域をする。

29 _Res Commun Chem Pathol Pharmacol 4月1989日; 64(1): 人間胸の癌腫の細胞の腫瘍の細胞に対する総合的な、自然発生するフラボノイドの6978Antiproliferative効果は、ZR751.Hirano T、Oka Kの臨床薬理学、薬学、日本の東京大学のAkiba M部並ぶ。

検査は総合的な21の効果および人間胸の癌腫の細胞、ZR751の生体外の成長の自然発生するフラボノイドから成っていた。 いずれの場合も、antiproliferative効果は、isoflavonoidを除いて及んでいてIC50が、2.7から33.5 micrograms/mlまでdaidzin (IC50大きいより50 micrograms/ml)注意された。 混合物間の重要なstructureactivity関係は見つけることができなかった。 フラボン、6hydroxyflavoneおよび4つは、5,7trihydroxyflavone (アピゲニン) 2.7、3.4、そして3.5 micrograms/mlのIC50との最も有効、それぞれだった。 ここに観察されたフラボノイドの効果は細胞死がdosedependently増加すると見つけられたので染料の排除テストの結果に従って単独でcytostatic行為が原因ではなかった。

_のプロスタグランジンのLeukotの30の必要な脂肪酸。 7月2003日; 69(1): 737。 酸化修正への低密度脂蛋白質の感受性に対するフラボノイドの効果。 サファリの氏のN. Department、医科大学院、医学のHamadan大学および保健業務、Hamadan、イラン生物化学および栄養物の教主。 safari@umsha.ac.ir

食餌療法のフラボノイドの取入口は逆に冠動脈疾患の発生と関連付けられるために報告された。 アテローム性動脈硬化の防止に於いてのフラボノイドの可能な役割を明白にするためには、私達は酸化修正への低密度脂蛋白質(LDL)の感受性に対するこれらの混合物のいくつかの効果を調査した。 この調査では、6つのフラボノイド、「アピゲニン、genistein、morin、ナリンギン、pelargonidinおよびケルセチン」は血しょうに、加えられ、37の摂氏温度の3hのために孵化した。 それから、LDLの一部分はultracentrifugationで分かれていた。 LDLのoxidizabilityは活用されたジエン(CD)、脂質の過酸化物およびthiobarbituric acidreactive物質(TBARS)の測定によって第二銅硫酸塩の解決が加えられた後推定された。 私達はことを、ケルセチンおよびmorinの中で(ANOVAによるP<0.01)かなり使用されたおよびdosedependently遅延時間酸化反作用の開始の前に延長されたフラボノイド示した。 また、これら二つのフラボノイドは脂質の過酸化物およびTBARSの形成を他よりもっと著しく抑制した。 脂質の過酸化物の遅延時間および抑制およびTBARSの形成延長する機能は以下の順にあるために生じた: quercetin>morin>pelargonidin>genistein>naringin>apigenin。 LDLはフラボノイド--に減らされたoxidizabilityを生体外でさらした。 これらの調査結果はフラボノイドはアテローム性動脈硬化のことを改善に於いての役割があるかもしれないことを示す。

Biochem 31の_のMolの細胞。 4月2003日; 246(12): 1936年。 LDLの酸化の感受性に対するフラボノイドの酸化防止効果。 Naderi GA、Asgary S、SarrafZadegan N、生物化学、イスファハンの心血管の研究所、アミンの病院、医学のイスファハン大学、イスファハン、イランのShirvany H. Department。 isfcarvasrc@hotmail.com

生体外の調査は原産LDLと比較される酸化させた低密度脂蛋白質(oxLDL)の増加されたatherogenicityを示した。 LDLの酸化修正は構造を変え大食細胞の清掃動物の受容器によって、endothelialとられるようにLDLがする、形成をのもたらす平滑筋細胞は泡の細胞、早いatherosclerotic損害の認刻極印をlipidladen。 生体外の酸化へのLDLの感受性は純粋なフラボノイドの存在そして不在の234absorbanceの変更によってEsterbauer等LDLの酸化によって記述されている技術によって監察された本質的に査定された。 Morin、genistein、アピゲニンおよびbiochanin A、ナリンギンおよびケルセチンは別の集中で使用された。 これらのフラボノイドはかなり生体外のLDLの酸化、genisteinを禁じる、morinにおよびナリンギンにLDLの酸化に対してbiochanin Aかアピゲニンより強く抑制的な活動がある。 フラボノイドが生体外のLDLの酸化を防ぐことこの調査ショーはおそらくアテローム性動脈硬化を防いで重要であり。

32 _J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 10月2001日; 47(5): 35762。 DPPH基およびLDLの酸化に対するさまざまなフラボノイドの酸化防止能力。 Hirano R、Sasamoto W、松本A、Itakura H、Igarashi OのKondo K.の内科Iの国防の医科大学、Tokorozawa、埼玉、日本。 rhirano@me.ndmc.ac.jp

フラボノイド、polyphenolic混合物のグループは、自然にあり、野菜、フルーツの酸化防止剤として、等役立つ。 低密度の脂蛋白質(LDL)の酸化の阻止はアテローム性動脈硬化の進行を防ぐか、または遅らせる効果的な方法であるかもしれない。 現在の調査では、私達は1,1diphenyl2picrylhydrazyl [DPPH]の方に10のフラボノイド(カテキン、エピカテキン[欧州共同体]、epigallocatechin [EGC]、エピカテキンの没食子酸塩[ECg]、epigallocatechinの没食子酸塩[EGCg]、myricetin、ケルセチン、アピゲニン、kaempferolおよびルテオリン)の根本的な掃気容量を分析した。 孵化の20分後で、EGCgは最も有効なDPPHの根本的な清掃動物、このフラボノイドのグループの最少の能動態であるルテオリンだった。 LDLのoxidizabilityに対するalphatocopherol (alphatoc)のフラボノイドの相互酸化防止効果は親脂性のアゾの根本的な創始者を使用することによって2,2' azobis (4methoxy2,4dimethylvaleronitrile) [AMVNCH3O]調査された。 LDLの酸化に対するフラボノイドの抑制的な効果はluteolin>ECg>EC>quercetin>catechin>EGCg>EGC>のmyricetin>kaempferol>のアピゲニンの順序で観察された。 alphatoc (6 mg/100 mL)の大量服用によって引き起こされた短くされた遅延時間はフラボノイドによって元通りになった。 これらの結果は1)フラボノイドの根本的な装飾の効果が構造に従って異なる、2)フラボノイドはalphatoc基に水素提供者として機能することを提案し; なお、alphatocとの相互作用によって、それらにLDLの酸化を遅らせるより大きい潜在性がある。

_のChem 33 Biolは相互に作用している。 8月1999日30日; 122(1): 1525。 過酸化酵素の間の酸素の活発化はフラボンまたはフラバノンの新陳代謝に触媒作用を及ぼした。 Chan T、Galati G、O'Brien PJ。 薬理学の部門および薬学、Ont、カナダ トロント大学の能力。

フェノールBを含んでいるフラボノイドは、例えばnaringenin、ナリンギン、hesperetinおよびアピゲニンのperoxidase/H2O2によって酸化にNADHを酸化させた形作られたprooxidant代謝物質鳴る。 酸化したNADHに比例していた起こり、スーパーオキシドのディスムターゼによって二重に増加したまで広範な酸素通風管は。 酸素を活動化させ、H2O2を発生させるレドックスの循環のメカニズムを示すフラボノイドおよびH2O2の触媒作用量だけ要求された。 NADHはまたperoxidase/H2O2によってNADHが減ったまでフラボノイドの酸化破壊を防いだ。 これらの結果は酸素を活動化させたNAD基を形作るためにprooxidant phenoxyl基がこれらのフラボノイドのcooxidise NADHによって形作ったことを提案する。 他のphenoxyl基による同じような酸素の活発化のメカニズムはアテローム性動脈硬化の開始およびxenobioticフェノールの代謝物質によって発癌で関係した。 これは最初にフラボノイドのグループが遷移金属の触媒作用を及ぼされた自動酸化の反作用のprooxidantsの独立者として識別されたことである。

34 _J Nutr。 12月1998日; 128(12): 230712。 グレープ ジュースしかしオレンジかグレープフルーツ ジュースは犬および猿の血小板の活動を禁じる。 Osman彼、Maalej N、Shanmuganayagam D、Folts JD。 衛生学校マディソン、WI、53792、米国ウィスコンシン大学。

血小板の集合(PA)はアテローム性動脈硬化の開発におよびembolizationに先行している激しい血小板の血栓の形成両方(APTF)貢献しstenosedおよび傷つけられた犬および人間の冠状動脈の循環流れの減少(CFR)を作り出す。 7では冠状狭窄症および中間の損傷の犬に麻酔をかけた、CFRは7の+ 3/30分に起こり、紫色のブドウjuice/kgの10のmLの胃の管理の後で127 + 18分廃止された。 Collageninduced前のヴィヴォの全血PAはグレープ ジュースとのCFRの廃止の後で49 + 9%減った。 オレンジjuice/kgの10のmL (n =グレープフルーツjuice/kgの5)そして10のmL (nは= 5) CFRの頻度またはヴィヴォ前のPAに対する重要な効果をもたらさなかった。 生体外の調査はフラボノイドが血小板の細胞膜に結合し、こうして累積的でかtissueloading効果をそのうちにもたらすかもしれないことを提案した。 これをテストするためには私達は7 D.のための5匹のcynomologous猿にブドウjuice/kgの5つのmLに与えた。 Collageninduced前のヴィヴォPAは供給の7 dの後で制御(prereatment)と比較された41 + 17%減った。 同じ5匹の猿では、オレンジjuice/kgの5つのmLも7 dのために口頭で与えられたグレープフルーツjuice/kgの5つのmLもPAの重要な変更を作り出さなかった。 グレープ ジュースはPAの生体外で知られていた抑制剤であるフラボノイド ケルセチン、kaempferolおよびmyricetinを含んでいる。 オレンジ ジュースおよびグレープフルーツ ジュースは主に、グレープ ジュースよりより少ないケルセチンを含んでいる間、フラボノイド ナリンギン、ルテオリンおよびアピゲニンのグルコシドを含んでいる。 ブドウのフラボノイドはPAのよい抑制剤であるために一方オレンジのPAの悪い抑制剤であるフラボノイドおよびグレープフルーツ生体外で示されていた。 PAのこれらの抑制剤を含んでいるグレープ ジュースの消費はオレンジ ジュースかグレープフルーツ ジュースが非効果的かもしれない一方冠動脈疾患(CAD)および激しいocclusive血栓症の開発に対して赤ワインによって提供される保護の一部があるかもしれない。 従って、グレープ ジュースは付随アルコール取入口なしに赤ワインへ有用な代わりとなるサプリメントであるかもしれない。

35 _Phytomedicine。 9月2002日; 9(6): 48995。 cytostatic Apigeninstrongおよび効力の欠乏によって生体内で対比されるantiangiogenic行為の生体外。 Engelmann CのしみE、Panis Y、Bauer S、Trochon V、ナージHJ、Lu HのソリアC.フンボルト大学、Charite、ベルリン、ドイツ。 carsten.engelmann@charite.de

癌のchemopreventive代理店のアピゲニンはまた強いcytostaticおよびantiangiogenic効果を生体外でもたらす。 私達は実験ルイスの肺癌腫(LLC)、C6神経膠腫および生体内でDHDK 12のcolonicに対して今効力を癌調査した。 腫瘍軸受けマウスは8hourly間隔12日の間に3つのgalenical公式の50のmg/kg/日のアピゲニンを受け取った。 intratumoural壊死が高かったが確立され、最近移植された腫瘍の新しい腫瘍の血管のサイズそして数に対するアピゲニンの弱い効果だけ(45 + 20 + 7% (制御)対15%、p <記録された 0.05%)。 これらの結果は完全な成長の抑制が30のg/mlを越える集中に起こるアピゲニンにLLC、C6、DHDK 12およびendothelial細胞の高い生体外の感受性とはっきりと対比する。 考えられる原因は論議される。

  • ページ
  • 1
  • 2