生命延長ばねのクリアランス セール

概要

アルファLipoic酸: 70の研究の概要

核要因Κ B – (他のNFのΚ Bは他のセクションにまたある)

1. EndocrのRev. 10月2002日; 23(5): 599-622。
酸化圧力および圧力活動化させる細道に信号を送る: タイプ2の糖尿病の統一的な仮説。
エバンズJL、Goldfine IDのMadduxのBA、Grodsky GM。
サンフランシスコ、サンフランシスコ、カリフォルニア94143、米国のカリフォルニア大学。 jevansphd@earthlink.net

タイプ1およびタイプ2の糖尿病両方では、神経の遅い糖尿病性の複雑化、管の内皮および腎臓は脂肪酸なし(FFA)を含むブドウ糖そして多分他の代謝物質の慢性の高度から起こる。 最近の証拠は公有地が核要因kappaB、p38 MAPKのようなシグナリング細道を圧力活動化させ、NH2ターミナルが6月のキナーゼ/圧力活動化させたプロテイン キナーゼこれらの遅い糖尿病性の複雑化の開発の下にあることを提案する。 さらに、タイプ2の糖尿病に、これらの同じの活発化がブドウ糖によって細道に重点を置き、多分FFAが両方インシュリン抵抗性および損なわれたインシュリンの分泌をもたらすという証拠がある。 従って、私達は高度のglycosylationの最終製品、プロテイン キナーゼC、およびインシュリン抵抗性と共にソルビトールの圧力の細道、演劇のための高度のglycosy ationの最終製品/受容器の活発化と共にNH2ターミナル6月の核要因kappaB、p38 MAPK、およびキナーゼのhyperglycemiaそしてFFA誘発の活発化が/プロテイン キナーゼの圧力の細道を圧力活動化させたという統一的な仮説をタイプ1およびタイプ2の糖尿病で遅い複雑化をもたらすことに於いての重要な役割、提案したりおよびタイプ2の糖尿病のインシュリンの分泌を損なった。 ビタミンE、アルファlipoic酸およびN acetylcysteineのような酸化防止剤との調査はこれらの条件を扱うために新しい作戦が利用できるようになるかもしれないことを提案する。

2. Exp. Gerontol。 2002日1月3月; 37 (2-3): 401-10。
アルファlipoic酸はDNAとの直接相互作用によって人間のmonocytic細胞のNFkappaB活動を調整する。 リーHA、ヒューズDA。
免疫学のグループ、栄養物および消費者科学部、食品研究の協会、ノーリッジの研究公園、Colney、ノーリッジ、ノーフォークNR4 7UA、イギリス。

酸化還元反応に敏感なトランスクリプション要因、多くの炎症性cytokinesおよび付着の分子の生産を調整するNFkappaBの構成する活動はこれが増加する年齢と観察される慢性の炎症性条件の高められた発生に貢献するかもしれないことを考えられる年齢準の方法およびそれで調整されるようである。 ある酸化防止剤が慢性関節リウマチに対して保護効果を示したので、私達はNFkappaB活動と細胞内の付着の分子(ICAM)の表現に対するビタミンE、ビタミンCおよびアルファlipoic酸(翼部)の効果を- 1調査している。 腫瘍の壊死の要因アルファ(TNFアルファ)と刺激されたMonoMac6細胞(人間のmonocytic細胞ライン)は調査された生理学的な達成可能なレベルおよびICAM-1 mRNAのレベルの酸化防止剤と扱われた。 ビタミンEおよびビタミンCは両方使用された線量でICAM-1表現に対する効果をもたらさなかったが翼部は刺激されない細胞で観察されたレベルに線量依存した方法のTNFアルファ刺激されたICAM-1表現を、減らした。 アルファlipoic酸はまた線量依存した方法のこれらの細胞のNFkappaB活動を減らした。 ゲル転位の分析前のDNAが付いている核エキスの結合の反作用への翼部の付加はにより阻止をこのレベルで引き起こしたことを示した。 これらの最初の結果はmonocyteの活動の酸化防止調節は増加する年齢と起こる酸化還元反応に敏感なトランスクリプション要因ことをのdysregulated活動の禁止の潜在的な利点があるかもしれないことを提案する。

3. FASEB J. 11月2001日; 15(13): 2423-32。
アルファlipoic酸は人間の大動脈のendothelial細胞のTNFアルファ誘発NFkappaB活発化および付着の分子の表現を禁じる。
チャンWJ、Frei B。
Linus Paulingの協会、オレゴンの州立大学、Corvallis、オレゴン97331、米国。

Endothelial活発化およびmonocyteの付着は酸化圧力によって一部には引き起こされるべきatherogenesisの思考のステップを始めている。 新陳代謝のチオールの酸化防止アルファlipoic酸はレドックスの不均衡と関連付けられる病理学の治療上の価値であるために提案された。 私達は役割をの(R) -グルタチオン対アルファlipoic酸(LA)および腫瘍壊死要因人間の大動脈のendothelial細胞(HAEC)のアルファ(TNFアルファ)誘発の付着の分子の表現そして核要因kappaB (NFkappaB)シグナリングのアスコルビン酸調査した。 LA (0.05-1 mmol/l)の線量依存との48 hのためのHAECの前培養は人間のmonocytic THP-1細胞のTNFアルファ(10 U/ml)の誘発の付着を禁じた、またE-selectin、管の細胞接着分子1および細胞間付着の分子1.のLAのmRNAおよび蛋白質の表現はまた強くmonocyteのchemoattractant蛋白質1のTNFアルファ誘発mRNAの表現を禁じたが、TNFアルファの受容器1.の表現に影響を与えなかった。 なお、LAの線量依存はIkappaBのTNFアルファ誘発のIkappaBのキナーゼ活発化、それに続く低下、NFkappaBの細胞質NFkappaB抑制剤および核転置を禁じた。 それに対して、TNFアルファ誘発NFkappaB活発化および付着の分子の表現はアスコルビン酸またはl 2オキソ4 thiazolidinecarboxylic酸、Nアセチルlシステイン、またはdのl-buthionine-S、R-sulfoximineの処理の細胞グルタチオンの状態によって影響されなかった。 私達のデータは禁じないが、または上流に、臨床的にLAの関連した集中が、ビタミンC、または、グルタチオン、IkappaBのキナーゼことをのレベルでIkappaB/NF-kappaBシグナリング細道の禁止によってHAECの付着の分子の表現およびmonocyteの付着をことを示す。

4. 薬剤のMetabのRev. 5月1998日; 30(2): 245-75。
アルファLipoic酸: NF Κ B信号のtransductionを調整し、酸化傷害から保護する新陳代謝の酸化防止剤。
包装業者L。
分子および細胞生物学、カリフォルニア大学、バークレー94720-3200、米国の部門。

アルファlipoic酸の新陳代謝の役割は40年以上知られていたが、外生的に供給されたとき最近だけ効果が知られるようになったことである。 外因性のアルファlipoic酸は少なくとも2つそして多分3つの酵素によって細胞内で減り、減らされた形態の行為によって、いくつかの細胞プロセスに影響を及ぼす。 これらは他の酸化防止剤の直接根本的な掃気、リサイクル、加速GSHの統合および活動NF Κ B (図12)の調整のトランスクリプション要因、特に含んでいる。 これらのメカニズムは酸化圧力の状態(例えば、頭脳の虚血reperfusion)のアルファlipoic酸の時々劇的な効果を説明するかもしれ治療上の使用の方に方法を指す。

5. Biochem Biophys Res Commun。 12月1992日30日; 189(3): 1709-15。
アルファlipoic酸は人間のT細胞のNF Κ Bの活発化の有効な抑制剤である。
Suzuki YJのAggarwalのBB、包装業者L。
分子及び細胞生物学、バークレー94720カリフォルニア大学の部門。

得られた免疫不全シンドローム(エイズ)はHIVウイルス(HIV)との伝染に起因する。 HIV proviral DNAの長い末端繰り返し(LTR)の地域は核要因Κ B含んでいる(NF Κ B)は、およびこのtranscriptional活性剤のための結合場所をHIVの活発化を調整するようである。 最近の調査結果はNF Κ Bの活発化をもたらす信号のtransductionの細道の反応酸素種(ROS)の介入を提案する。 現在の調査はROSを除去する酸化防止剤がNF Κ Bおよび続いてHIVのトランスクリプションの活発化を妨げるべきであるこうして酸化防止剤はエイズのために治療上の代理店として使用することができるというレポートに基づき。 細胞の刺激前に、アルファlipoic酸が付いているJurkatのT細胞(1 x 10(6) cells/ml)の孵化は、酸化防止自然なチオール腫瘍の壊死の要因アルファ(25 ng/ml)によってまたはphorbol 12-myristateの13アセテート(50 ng/ml)によって引き起こされたNF Κ Bの活発化を禁じると見つけられた。 アルファlipoic酸の抑制的な行為は非常に20のmMがN acetylcysteineに要求された一方完全な阻止のために必要有効だったであると4つのmMだけ見つけられた。 これらの結果はアルファlipoic酸がエイズの治療法で有効かもしれないことを示す。

老化すること

6. J Alzheimers Dis。 6月2003日; 5(3): 229-39。
アミロイドのアルファlipoic酸によるベータ ペプチッドおよび鉄/過酸化水素の毒性に対する保護。
Lovell MA、Xie C、Xiong S、Markesbery WR。
老化、ケンタッキー大学、レキシントン、KY、米国の研摩機ブラウンの中心。

現在の証拠はアルツハイマー病(広告)に於いてのニューロン退化の病因に於いての酸化圧力の役割を支える。 アルファLipoic酸(LA)、ミトコンドリアのデヒドロゲナーゼの反作用の必要な補足因子は酸化防止剤として、作用し、老化させた動物の酸化圧力を減らす。 ここでは、私達はアミロイドのベータ ペプチッド(Abeta 25-35)および鉄/過酸化水素(Fe/H_2O_2)と扱われるニューロン文化でLAおよび減らされた形態のdihydrolipoic酸(DHLA)の効果を、記述する。 かなりAbetaおよびFe/H_2O_2toxicityから保護されるLAが付いている分離された第一次hippocampal文化の前処理。 それに対して、LAが付いている文化の付随の処置およびFe/H_2O_2はかなり毒性を増強した。 LAおよびFe/H_2O_2と付随して扱われた文化の減らされた細胞の存続はdichlorofluoresceinの蛍光性によって測定された高められた遊離基の生産に関連した。 DHLAの皮層ニューロンの処置はFe/H_2O_2からかなりLAとの処置が保護を提供しなかったがブドウ糖輸送を保護するか、または減少をベータ仲介した。 これらのデータはDHLAのLAの減らされた形態が両方のAbetaandのFe/H_2O_2によって仲介される毒性から、かなり保護することを提案する。 データはまたLAおよびFe/H_2O_2への付随の露出がかなり酸化圧力を増強することを提案する。 全体的にみて、これらのデータはLAの酸化数が機能に重大である人間の脳のLA/DHLAの平衡の調査がない時のそれ広告のような増加されたFeがある無秩序の酸化防止剤としてLAの使用が不審な効力であることを提案し。

7. Neurosci Lett。 8月2002日9日; 328(2): 93-6。
アルファlipoic酸はマウスのhippocampal HT22細胞のエタノール誘発蛋白質の酸化を防ぐ。
Pirlich M、Kiok K、Sandig Gの湖H、Grune T。
胃腸病学およびHepatologyの大学病院Chariteのフンボルト大学ベルリン、Schumannstrの部門。 20/21、10098、ベルリン、ドイツ。

酸化圧力はエタノールのneurotoxic効果を含むいくつかの神経疾患に、かかわる。 最近の調査は酸化圧力と関連している神経の細胞死の複数のモデルでアルファlipoic酸(LC)のneuroprotective潜在性を記述した。 私達はLCが栄養系hippocampaの細胞ラインHT22をことを用いるエタノール誘発のneurotoxicityを防ぐことで有効であることができること仮説をテストした。 エタノールとの24のhの孵化により100-600のmM細胞の実行可能性の線量依存した損失および全面的な細胞内蛋白質の酸化の顕著な増加を引き起こした。 LCのCoincubationはエタノール関連のneurotoxicityの重要な減少およびエタノール誘発の細胞内蛋白質の酸化の完全な防止で0.1 mM起因した。 これらの結果はLCの根本的な掃気特性がエタノール誘発のneurotoxicityを改善して有効であることを示す。

8. Neurosci Lett。 3月2002日15日; 321 (1-2): 100-4。
ischemicラットの頭脳の半影の神経学的な欠損、反応gliosisおよび神経の改造に対するビタミンEとアルファlipoic酸の有利な効果。
GonzalezペレーズO、GonzalezCastanedaに関して、ウェルタM、Luquin S、ゴーメッツPinedo U、サンチェスAlmaraz E、Navarro-Ruiz A、ガルシア エストラーダJ。
Division de NeurocienciasのCentro de Investigacion Biomedica de Occidente (CIBO) del Instituto MexicanoのdelのSeguroの会合(IMSS)、山脈Mojada 800、グアダラハラ ハリスコ州44340、メキシコ。

大脳の虚血reperfusionの間に、酸素得られた遊離基の高められた生産は神経の死に貢献する。 酸化防止剤アルファlipoic酸およびビタミンEは複数の病理学の条件でオキシダント基によって脂質の過酸化反応に対して相助効果を示した。 ラットのthromboembolic打撃モデルが2つの口頭処置以下この混合物の効果を分析するのに使用された: 集中的、予防する。 神経学的な機能、glial反応および神経の改造は実験梗塞形成の後で査定された。 神経学的な回復は予防するグループだけで見つけられ、酸化防止機構は両方とも制御と比較してastrocyticおよびmicroglial反応の規則、また半影区域のより高い神経の改造を、作り出した。 この酸化防止混合物の有利な効果はそれが人間の大脳の虚血の処置のために貴重かもしれないことを提案する。

9. 自由なRadic Biol Med。 1997;22(1-2):359-78.
新陳代謝の酸化防止アルファlipoic酸によるNeuroprotection。
包装業者L、Tritschler HJ、Wessel K。
分子および細胞生物学、カリフォルニア大学、バークレー94720-3200、米国の部門。

反応酸素種はいくつかのタイプの頭脳および神経のティッシュの激しく、慢性の病理学の条件にかかわると考えられる。 新陳代謝の酸化防止アルファlipoate (thioctic酸、1の2-dithiolane-3-pentanoic酸; 1の2-dithiolane-3吉草酸; そして6つはの8-dithiooctanoic酸)食事療法から吸収され、血頭脳の障壁を交差させる低分子量の物質である。 アルファLipoateはまた細胞外媒体に輸出されるdihydrolipoateに細胞およびティッシュでとられ、減る、; それ故に、保護は細胞内および細胞外の環境に適用される。 アルファlipoateおよび特にdihydrolipoateは両方有効な酸化防止剤ですために、ビタミンCおよびビタミンEのような他の酸化防止剤を循環させる酸化還元反応によって再生し細胞内のグルタチオンのレベルを上げるために示されていた。 従って、それは遊離基プロセスを含む酸化頭脳および神経の無秩序の処置の理想的な物質だったようであろう。 現在の研究の検査は新陳代謝の大脳の虚血reperfusionのこれらの混合物の保護効果を、excitotoxicアミノ酸の脳損傷、ミトコンドリアの機能障害、糖尿病および糖尿病性のニューロパシー、先天的な間違い、および頭脳または神経のティッシュへの激しいですか慢性の損傷の他の原因明らかにする。 非常に少数のneuropharmacological介入戦略は打撃の処置のために現在利用でき、多数遊離基の傷害を含む他の頭脳の無秩序である。 私達はアルファlipoateのさまざまな新陳代謝の酸化防止特性がいろいろな頭脳および神経のティッシュの病理学に於いての可能な治療上の役割に関連していることを提案する: チオールは頭脳および他のティッシュの酸化防止防衛に中央である。 最も重要なチオールの酸化防止剤、グルタチオンは、一方アルファlipoic酸の缶直接管理することができない。 生体外、動物の、および予備の人間の調査はアルファlipoateが多数のneurodegenerative無秩序で有効かもしれないことを示す。

激流

10. 1月2月糖尿病のMetab ResのRev. 2001日; 17(1): 44-50。
糖尿病性の砂ラットの激流の開発はアルファlipoic酸およびガンマ リノレン酸の共役と扱った。
Borenshtein D、Ofri R、Werman M、硬直したA、Tritschler HJ、Moeller W、Madar Z。
農業、食糧および環境基準科学、エルサレム、Rehovot 76100、イスラエル共和国のヘブライ大学の能力。

背景: 糖尿病は激流のような長期複雑化を一般にもたらす。 この調査は糖尿病性の砂ラットの激流の開発に対するアルファlipoic酸(LPA)およびガンマ リノレン酸(GLA)の共役の効果を調査した。 方法: 2つの別々の実験は行なわれた。 実験1では、砂ラットは「高エネルギー」食事療法(70%の澱粉)、タイプ2の糖尿病の激しいモデルに与えられ、LPAと注入された。 実験2では、動物は「媒体エネルギー」食事療法(59%の澱粉)、慢性の糖尿病性モデルを受け取り、LPAかGLAの共役とintubated。 実験中、血ブドウ糖のレベルおよび激流の開発は測定された。 実験の終了で、レンズのアルドースの還元酵素(AR)の活動およびレンズの減らされたグルタチオン(GSH)のレベルは分析された。 結果: LPAの注入はかなり激流の開発を禁じ、ラットの減らされた血ブドウ糖のレベルは「高エネルギー」食事療法に与えた。 レンズARの活動はレンズGSHのレベルは増加したがより低くがちだった。 砂ラットでは「媒体エネルギー」食事療法(59%の澱粉)に、LPAの挿管法もたらさなかった血ブドウ糖のレベルに対する効果をおよび激流の開発与えたしかしGSHのレベルは増加した。 それに対して、GLAとintubated砂ラットは示し、最も高い血ブドウ糖のレベルを加速した激流の開発を活用する。 共役処置はまたレンズGSHの内容を減らした。 結論: LPAのhypoglycemic効果はタイプ2の糖尿病の激しい徴候の防止で有利である。 それはLPAの酸化防止活動が砂ラットの激流の進行の防止か阻止に責任があること示されていることを残る。 版権2000年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

11. Biochem Biol MolのInt。 10月1998日; 46(3): 585-95。
皮層のcataractogenesis XXの模倣。 モデル糖尿病性のcataractogenesisのレンズのグルタチオンの集中に対するアルファlipoic酸の生体外の効果。
Kilic F、Handelman GJ、Traber K、Tsang Kの包装業者L、Trevithick JR。
生物化学、西部のオンタリオの大学、ロンドン、カナダの部門。

前の調査でレンズの不透明に対するstereospecific保護は最初の球状退化がブドウ糖の激流で見られるレンズ赤道で傷つきやすい細胞のmitochondriaのRアルファlipoic酸(RアルファLA)の特定の減少に一貫していた。 この調査2で更にこの効果の考えられる解釈は調査された: (1)レンズによる高められたブドウ糖の通風管、孵化媒体に乳酸塩の高められた解糖作用そして解放に導いておよび/または(2)グルタチオンの維持はRアルファLAによって水平になる。 データは1つを支えなかったが、24のhrの孵化の後で2に一貫していた。 R-またはラセミ アルファLAと孵化した正常なレンズまたはレンズのグルタチオンの集中はかなり違わなかったが、レンズのグルタチオンの集中はSアルファLAとRアルファLA孵化させたレンズよりかなり低かった孵化した。

12. Biochem Biophys Res Commun。 4月1996日16日; 221(2): 422-9。
buthionineの新生のラットのsulfoximine誘発の激流の形成に対するR lipoic酸のStereospecific効果。
Maitra I、Serbinova E、Tritschler HJの包装業者L。
分子および細胞生物学、バークレー、94720-3200、米国カリフォルニア大学の部門。

この調査はbuthionineのsulfoximine誘発の激流の防止のマーク付きのstereospecificityを明らかにし、アルファlipoate、R-およびラセミ アルファlipoateは55% (buthionineのsulfoximine + Rアルファlipoic酸)および40% (buthionineのsulfoximine + racアルファlipoic酸)による新生のラットのレンズの酸化防止剤の保護で、に100%からの激流の形成を(buthionineのsulfoximineだけ) (buthionineのsulfoximineだけと比較されるp<0.05)減らした。 Sアルファlipoic酸はbuthionineのsulfoximineによって引き起こされた激流の形成に対する効果をもたらさなかった。 Rアルファlipoic酸かracアルファlipoic酸がbuthionineのsulfoximineと管理されたときにレンズの酸化防止剤のグルタチオン、アスコルビン酸塩およびビタミンEは管理水準の45、62、および、buthionineのsulfoximineの処置によって減ったが、23%に、それぞれ管理水準の84-97%で維持された; Sアルファlipoic酸の管理はレンズの酸化防止剤に対する保護効果をもたらさなかった。 アルファlipoic酸の鏡像体が動物に管理されたときに、Rアルファlipoic酸は- R異性体およびラセミ形態の中間にレベルに達していてracアルファlipoic酸がSアルファlipoic酸のそれらより7倍の大きいに…レンズによってとられ、集中2に、達した。 減らされたlipoic酸、dihydrolipoic酸は、racアルファlipoic酸扱われた動物のレンズのハイ レベルおよびSアルファlipoic酸扱われた動物の低水準に達した。 これらの結果はbuthionineのsulfoximine誘発の激流に対するアルファlipoic酸の保護効果がおそらくレンズの酸化防止剤に対する保護効果が原因であること、そして表わされるstereospecificityがレンズの細胞によってRアルファlipoic酸の選択的な通風管そして減少が原因であることを示す。

13. Biochem Biol MolのInt。 10月1995日; 37(2): 361-70。
皮層のcataractogenesis 17の模倣: ブドウ糖誘発レンズの膜の損傷に対するlipoic酸の生体外の効果、糖尿病性のcataractogenesisのモデル。
Kilic F、Handelman GJ、Serbinova Eの包装業者L、Trevithick JR。
生物化学の部門、西部のオンタリオの大学、ロンドン、カナダ。

lipoic酸のR、Sおよびモデルとしてブドウ糖55.6 mMのと、孵化した生体内の糖尿病性のcataractogenesisのために正常なラット レンズの不透明の形成に対するラセミ形態の効果はテストされた。 ブドウ糖5.56 mMのの孵化した制御レンズは8日opacitiesを開発しなかった。 レンズのopacitiesの形成は乳酸塩のデヒドロゲナーゼ(LDH)の漏出に孵化媒体に生体外で関連した。 不透明の形成およびLDHの漏出は、糖尿病を模倣するためにブドウ糖55.6 mMの含んでいる媒体の孵化に起因してR lipoic酸1つのmMのの付加によって抑制された両方だった。 ラセミlipoic酸1つのmMのの付加は2分の1レンズにR lipoic酸が活動的な形態であることS lipoic酸はLDHの漏出を増強したがこれらの有害な効果を、仮説に一貫した減らす。 lipoic酸の立体異性体は両方ともそのままなレンズによって対等な率のdihydrolipoateに減ったことを高性能液体クロマトグラフィーの分析が示したが、ミトコンドリアのlipoamideのデヒドロゲナーゼ システムはdihydrolipoic酸に外因性のR lipoicの減少のために非常に特定である。 従って、この不透明に対するstereospecific保護は最初の球状退化がブドウ糖の激流で見られるレンズ赤道で傷つきやすい細胞のmitochondriaのR lipoic酸の特定の減少に一貫している。

糖尿病

14. VnitrのLek。 6月2002日; 48(6): 534-41。
[糖尿病患者の自治のニューロパシー、処置の可能性] [チェコの記事]
Lacigova S、Rusavy Z、Cechurova D、Jankovec Z、Zourek M.I。
interniのklinikaのFakultniのnemocnice、Plzen。

糖尿病性のニューロパシーは糖尿病の慢性の複雑化である。 それは新陳代謝の管の病原性のあるプロセスによって周辺神経の機能そして構造の非炎症性損傷を含む。 生長する神経(小さい非myelinated C繊維)の愛情の場合には自治のニューロパシーは成長する。 従って臨床徴候のない長い間残物がまれに診断されないし、扱われるニューロパシーののは比較的頻繁な形態であり。 愛情の明示は生長する神経によって供給されるすべての器官で見つけられる。 糖尿病のこの複雑化の存在は胃の避難の残りの頻脈によって、悪化、汗亀頭の糖尿病性の下痢または便秘、勃起不全、損なわれた機能または損なわれたpupillary反作用合図される。 高度の形態は潜伏心筋の虚血、深刻な状態の低血圧および急死の危険を含む。 それは影響を受けた患者の死亡率をかなり高める。 同様に糖尿病の他の複雑化の処置として、自治のニューロパシーの処置は困難である。 現在のペーパーの目的は現代的な治療上の可能性を見直すことである。 必要な前提条件は最適の補償を達成するための努力に残る。 著者は主観的な徴候に対するまた客観的な見つけることに対する肯定的な効果をだけでなく、出すアルファlipoic酸の効果に注目する。 他の述べられた薬剤は実験的にだけまたは全く徴候の処置のために使用される。

15. 5月6月糖尿病のMetab ResのRev. 2002日; 18(3): 176-84。
酸化圧力および糖尿病性のニューロパシー: 病態生理学的なメカニズムおよび処置の見通し。
van Dam PS。
内科および内分泌学の大学医療センター、ユトレヒト、ネザーランドの部門。 P.S.vanDam@digd.azu.nl

高められた酸化圧力はおそらく糖尿病性の複雑化の開発の大きな役割を担う周辺ニューロパシーを含むメカニズムである。 この検討は糖尿病性のニューロパシーのpathophysiologyのこの面理解し、防止のための治療上の様相を開発するためにか処置を行われた生体外および生体内の調査からの最近のデータを要約する。 広範な動物実験は酸化圧力が糖尿病性のニューロパシーの開発の最終的な共通の細道であるかもしれないこと、そして酸化防止剤がhyperglycaemia誘発の神経の機能障害を防ぐか、または逆転できることを示した。 最もおそらく、酸化防止剤の効果は栄養血の流れの訂正によってendoneurial酸化州に対する直接的な効果が除かれないが、仲介される。 臨床調査の限られた数ではneuropathic徴候を減らすか、または神経の伝導の速度を訂正すると、アルファlipoic酸を含む酸化防止薬剤およびビタミンEは見つけられた。 これらのデータは有望であり、アルファlipoic酸との付加的でより大きい調査は現在行われている。 版権2002年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

Endocr Pract。 2002日1月2月; 8(1): 29-35。
Pharmacokinetics、許容範囲、および小説の効果をfructosamine下げること、アルファlipoic酸の放出制御の公式。
エバンズJL、Heymann CJ、Goldfine IDのギャビンのLA。
カリフォルニア州北部の糖尿病の協会、Setonの医療センター、Dale都市、カリフォルニア94015、米国。

目的: 小説のpharmacokinetics、安全および許容範囲、放出制御のアルファlipoic酸(LA)の口頭公式を定め、血しょうのLAの集中を支えることがタイプ2の糖尿病を持つ患者のglycemic制御に対する有利な効果をもたらすかどうか調査するため。 方法: pharmacokinetic調査のために、放出制御のLA (CRLA)または速解放のLA (QRLA)の単一、600 mg線量は12の正常な人間の題材に口頭で管理された。 LAの血しょうプロフィールは線量の管理の後の24時間断固としたであり、pharmacokinetic分析は行われた。 安全および許容範囲の調査のために、タイプ2の糖尿病を持つ21人の患者はのためのCRLAの日刊新聞の1,200 mgによって6週間CRLAの900 mgを、付加的な6週続かれて毎日与えられた。 活動的な処置は3週間の流出の期間に先行していた。 調査中、患者はmetformin (Glucophage)、sulfonylureas (Amarylのglyburide、およびGlucotrolを)、acarbose (Precose)、troglitazone (Rezulin)、およびインシュリン含んでいた彼らのprestudy antidiabetic薬物を取り続けた(の単独療法としてまたは組合せ)。 CRLAは安全および許容範囲のために、またglycemic制御に対する効果のために評価された。 結果: LAのTmax (最高血しょう集中への時間管理された)はCRLAとして1.25時間で、QRLA (TN、5X = 0.5時間のためのTmaxと比べておよそより長く2.5折目だった; P<0.02)。 レバーの厳しい副作用か変更か腎臓機能かhematologicプロフィールはCRLAの管理の後で注意されなかった。 15人の患者では、中間血しょうfructosamineの集中はCRLAの処置の12週後に313から283 micromol/Lから(P<0.05)減った。 結論: CRLAは健常者でLAの血しょう集中をそのうちに高め、CRLAは安全、よく容認されて、タイプ2の糖尿病を持つ患者の血しょうfructosamineの減少で有効であり。

16. 栄養物。 10月2001日; 17(10): 888-95。
糖尿病の複雑化の防止のlipoic酸の分子面。
包装業者L、Kraemer K、Rimbach G。
分子薬理学および毒物学の薬学、南カリフォルニアの大学、1985帯状の道の学校の部門、ロスアンジェルス、カリフォルニア90098-9121、米国。 packerresearch@aol.com

アルファlipoic酸(LA)および減らされた形態のdihydrolipoic酸は、強力な酸化防止剤である。 LAは水酸ラジカル、次亜塩素酸、peroxynitriteおよび一重項の酸素を掃除する。 Dihydrolipoicの酸はまたスーパーオキシドおよびperoxyl基を掃除し、thioredoxin、それからビタミンEをリサイクルできるビタミンCおよびグルタチオンを再生できる。 glycationの反作用を含む糖尿病の酸化圧力、遷移金属のdecompartmentalization、および糖尿病性の細胞の減ら酸素の状態の転位の複数の可能なもとがある。 糖尿病患者は脂質のヒドロペルオキシド、DNAのアダクトおよび蛋白質のカルボニルのレベルを増加した。 利用できるデータは強くLAが、酸化防止特性のために反応酸素および窒素種の生産過剰から起こる糖尿病性の複雑化の防止や処置に、特に適することを提案する。 酸化防止特性に加えて、LAは血しょう膜にブドウ糖の運送者4、インシュリン刺激されたブドウ糖の通風管と共有されるメカニズムの募集によってブドウ糖の通風管を高める。 更に、最近の試験はLAがタイプII糖尿病を持つ患者のブドウ糖の処分を改善することを示した。 実験および臨床調査では、LAは著しく激流の形成、管の損傷および多発性神経痛を含む糖尿病性の病理学の徴候を、減らした。 LAの予防および治療上の潜在性のよりよい理解を開発するためには、現在の興味の多くはレドックスの依存した遺伝子発現の分子メカニズムを明瞭にすることに焦点を合わせる。

17. J AM Coll Nutr。 10月2001日; 20 (5つのSuppl): 363S-369S; 議論381S-383S。
タイプ2の糖尿病の防止そして処置の酸化防止栄養素の使用。
Ruhe RCのマクドナルドのRB。
栄養物、デービス95616-8669、米国カリフォルニア大学の部門。

タイプ2の糖尿病、か非インシュリンの依存した糖尿病(NIDDM)は、世界中で増加している。 世界保健機構は1997年の間のそれを予測し、2025年、糖尿病患者の数は143,000,000から約300,000,000まで倍増する。 NIDDMの発生は人口(17百万人)のおよそ6.5%がまたは診断未確定の糖尿病診断した経済的に開発された国家、特に米国で最も高い。 NIDDMの開発に貢献する2つの重要な要因は肥満および物理的な不活動である。 NIDDMの人々の死亡率そして疾病率の一流の原因はマクロおよびmicrovascular退化によって引き起こされる心循環器疾患である。 NIDDMのための現在の療法は重量の軽減に主に焦点を合わせる。 実際に、複数の調査は65%からこの小群の個人が彼らの理想的な重量を超過しなかったら白人の糖尿病の場合の75%が避けることができることを示す。 ずっとこのアプローチの成功は、せいぜい、適度である。 タイプ2の糖尿病の制御への互い違いのアプローチは治療があったまで病理学の進歩を阻止することである。 これを受けて、何人かの調査官は食餌療法の酸化防止剤が価値であるかもしれないことを提案する。 NIDDMの人間そして実験動物の複数の調査はビタミンEおよびlipoic酸の補足がブドウ糖の新陳代謝のdysregulationによって引き起こされる酸化損傷の影響を減すことを示す。 この短い検討では、私達はNIDDMのための発生、病因学および現在の療法を論議し、更にこの無秩序の処理の食餌療法の酸化防止剤の実用性を探検する。

18. 新陳代謝。 8月2001日; 50(8): 868-75。
streptozotocin糖尿病性のラットの管の止血および脂質の危険率、血の流れおよび周辺神経の伝導に対するアルファlipoic酸または月見草オイルとの処置の効果。
フォードIのコッターMA、カメロンNEのGreaves M。
薬の部門及び治療法、アバディーン、アバディーン、スコットランドの大学。

糖尿病の酸化圧力そして不完全な脂肪酸の新陳代謝は損なわれた神経の散水をもたらし、周辺ニューロパシーの開発に貢献するかもしれない。 私達は月見草オイル(EPOとの2週間の処置の効果を調査した; n = 16) または酸化防止アルファlipoic酸(翼部; n = 16) streptozotocin誘発の糖尿病を持つラットのendoneurial血の流れ、神経の伝導変数、脂質、凝固およびendothelial要因。 彼らのnondiabetic littermatesと比較されて、未処理の糖尿病性のラットはsciaticモーターおよびsaphenous感覚的な神経伝導の速度(NCVを損なった; P <.001)、減らされたendoneurial血の流れ(P <.001)、および増加された血清トリグリセリド(P <.01)、コレステロール(P < 0.01)、血しょう要因VII (P <.0001)、およびフォンWillebrandの要因(vWF; P <.0001)。 血しょうフィブリノゲンおよび血清の高密度脂蛋白質の集中はかなり違わなかった。 翼部またはEPOの処置は効果的にNCVおよびendoneurial血の流れの欠損を訂正した。 翼部はフィブリノゲンのマーク付きおよび統計的に重要な減少と、要因VII、vWFおよびトリグリセリド(P <.01、処置の後のvの前の組み合わせられたtテスト)関連付けられた。 それに対して、EPOはフィブリノゲンの重要な(P <.05)増加と、要因VII、高密度脂蛋白質のvWF、トリグリセリドおよびコレステロールおよび重要な減少関連付けられた。 EPOと見つけられたそれらに類似した凝固要因および脂質のレベルの変更は、質的にひまわり油を含んでいる食事療法と(カロリーを生じるおよび脂質の内容のために制御するため)または単独で正常な食事療法と得られた。 血のブドウ糖およびヘマトクリットのレベルは処置によってかなり変わらなかった。 これらのデータは翼部およびEPOが両方血の流れおよび神経機能を改善するがことを、管の要因の行為異なる提案する。 心循環器疾患のための脂質そして止血の危険率の低下の翼部のマーク付きの効果は人間の糖尿病の利点そしてそれ以上の調査に値することができる潜在的なantithromboticおよびantiatherosclerotic行為を示す。 W.B. Saunders Company著作の版権2001年

19. 糖尿病Technol Ther。 2000秋; 2(3): 401-13。
アルファlipoic酸: タイプ2の糖尿病を持つ患者のインシュリンの感受性を改善する多機能の酸化防止剤。
エバンズJL、Goldfine ID
医学研究の協会、サン ブルーノ、カリフォルニア94066、米国。 jevans@lipoic.com

アルファLipoic酸(LA)はピルボン酸塩のデヒドロゲナーゼおよびアルファketoglutarateのデヒドロゲナーゼのミトコンドリアの酵素の複合体の補酵素として細胞で少し作り出される自然の二硫化物の混合物、および機能である。 病理学の線量では、LAは多機能の酸化防止剤である。 LAは糖尿病誘発のニューロパシーの処置のために30年以上ドイツで使用された。 タイプ2の糖尿病を持つ患者では、最近の調査はLAの経口投与が最底限の効果だけもたらす一方LAの静脈内の(i.v。)注入がインシュリン仲介されたブドウ糖の処分を高めることを報告した。 口頭療法の限定が克服することができたらLAはインシュリンの感光性を与える活動の安全で、有効なadjunctive antidiabetic代理店として現れてもよい。

20. 自由なRadic Biol Med。 7月2001日1日; 31(1): 53-61。
糖尿病性の患者の内皮依存した、窒素酸化物仲介されたvasodilationに対するアルファlipoic酸およびアスコルビン酸の有利な効果: 酸化圧力の変数への関係。
Heitzer T、Finckh B、Albers S、Krohn K、Kohlschutter A、Meinertz T。
UniversitatsklinikumハンブルクEppendorf KlinikのundのPoliklinikの毛皮Innere Medizin、Abteilung Kardiologie、ハンブルク、ドイツ。 heitzer@uke.uni-hamburg.de

糖尿病の一酸化窒素の(いいえ) -仲介されたvasodilationの減損は高められた管の酸化圧力に帰因した。 Lipoic酸は相当なantioxidative特性があるために示されていた。 この調査の目標はアスコルビン酸の十分確認された効果と比べて糖尿病性の患者の非仲介されたvasodilationに対するlipoic酸の効果を査定することだった。 静脈の閉塞のplethysmographyを使用して、私達は非抑制剤のアセチルコリン、ナトリウムのニトロプルシドおよび付随の注入、N (G)への前腕の血の流れの応答に対するlipoic酸(0.2 mM)およびアスコルビン酸(1つそして10のmM)の効果を- 39人の糖尿病性の患者および11人の制御主題のmonomethyl Lアルギニン、検査した。 酸化防止剤の血しょうレベルおよび脂質の過酸化反応の変数はendothelial機能テストに測定され、関連した。 改良されたLipoic酸は糖尿病性の患者の、ない制御のvasodilationを非仲介した。 非仲介されたvasodilationは10のmMのアスコルビン酸、1つのmM改善されなかった。 アスコルビン酸およびlipoic酸によるendothelial機能の改善は密接に関連付けられた。 lipoic酸の有利な効果はmalondialdehydeの血しょうレベルと肯定的に関連し、ubiquinol-10のレベルと逆に関連していた。 これらの調査結果は酸化圧力がendothelial機能障害に貢献する支え、高められた酸化圧力と減らされた酸化防止防衛間の不均衡の患者のlipoic酸の治療上の潜在性を特に提案する概念を。

21. 糖尿病Res Clin Pract。 6月2001日; 52(3): 175-83。
糖尿病の患者のendothelial細胞傷害そしてalbuminuriaの進行に対するアルファlipoic酸の効果: 探険の調査。
Morcos M、Borcea V、Isermann B、Gehrke S、Ehret T、Henkels M、Schiekofer S、Hofmann M、Amiral J、Tritschler H、Ziegler R、Wahl P、Nawroth PP。
内科Iのハイデルベルク、Bergheimerstrの大学の部門。 58、69115ハイデルベルク、ドイツ。 michael_morcos@med.uni-heidelberg.de

酸化圧力は糖尿病の病因および進行の故なmicroangiopathic複雑化(糖尿病性のネフロパシー)の中心的役割を担う。 前の調査は酸化防止アルファlipoic酸を持つ糖尿病性の患者の処置が酸化圧力および尿のアルブミンの排泄物を減らすことを提案した。 この将来では、endothelial細胞傷害の進行に対するアルファlipoic酸の開いた、非ランダム化された調査、効果および血しょうthrombomodulinおよび尿のアルブミンの集中(UAC)の測定によって査定されるように糖尿病性のネフロパシーのコースは、18か月にわたる糖尿病の84人の患者で、評価された。 四十九人の患者(タイプ1の糖尿病との34、タイプ2の糖尿病との15)は酸化防止処置が制御グループとして役立たれてなかったし。 35人の患者(20、タイプ2の糖尿病とのタイプ1の糖尿病との15)は1日あたりの600 mgのアルファlipoic酸と扱われた。 尿のアルブミンの集中<200 mg/lの患者だけ調査に含まれていた。 フォローアップの18かの数か月後で、血しょうthrombomodulinのレベルは35.9+/-9.5から制御グループの39.7+/-9.9 ng/ml (P<0.05)に増加した。 アルファlipoic酸で扱われたグループは血しょうthrombomodulinのレベル37.5+/-16.2から30.9+/-14.5 ng/mlから(P<0.01)を減らした。 21.2+/-29.5から36.9+/-60.6 ng/l (P<0.05)にアルファlipoic酸処置なしで患者で増加したUACはしかしアルファlipoic酸と不変だった。 観察されるアルファlipoic酸によって扱われるグループの増加へのUACの血しょうthrombomodulinそして失敗の重要な減少がアルファlipoic酸のantioxidative効果が原因であることが、仮定され酸化演劇に糖尿病性のネフロパシーの病因に於いての中心的役割重点を置きなさいように。 なお、病気の進行は酸化防止薬剤によって禁じられるかもしれない。 偽薬制御の調査は必要である。

22. Bull Exp. Biol Med。 10月2000日; 130(10): 986-90。
インシュリン依存した糖尿病および多発性神経痛の患者の内生保護システムの機能: 酸化防止療法の効果。
Strokov IA、Manukhina EB、Bakhtina LY、Malyshev IY、Zoloev GK、Kazikhanova SI、Ametovように。
内分泌学およびDiabetologyの大学院の教育のロシアの医学アカデミー、モスクワの部門。

アルファLipoic酸は糖尿病性のニューロパシーの処置そして防止のための非常に有効な酸化防止剤である。 現在の調査の目標は一酸化窒素(いいえ)およびアルファlipoic酸の治療上の効果にこれらのシステムの多発性神経痛そして可能な貢献によって複雑になったインシュリン依存した糖尿病の圧力蛋白質(HSP72)の機能を評価することだった。 糖尿病性の患者の亜硝酸塩そして硝酸塩の血しょう内容は常態以下ほとんど2折目だった。 アルファlipoic酸との処置は完全にこれらのの血しょう内容を馬小屋代謝物質正常化しなかった。 患者の大半はHSP72の低レベルがまたあった。 アルファlipoic酸の肯定的な臨床効果はHSP72統合の標準化と一緒に伴われた。 従って、およびHSPの保護の活発化は糖尿病性の患者(タイプ1の糖尿病)のアルファlipoic酸の治療上の効果に多発性神経痛とシステムかかわらない。

23. 自由なRadic Biol Med。 12月2000日; 29(11): 1122-8。
Lipoic酸は脂質の過酸化反応および蛋白質のglycosylationを減らし、増加する(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) -最高のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動人間の赤血球をブドウ糖扱った。
ジャイナ教SK、Lim G。
小児科、ルイジアナの州立大学の健康科学の部門は、シュリーブポートのLA 71130、米国集中する。 sjain@lsuhsc.edu

Lipoic酸の補足は糖尿病性のニューロパシーのneurovascular異常を防ぐことで有利であるために確認されている。 不十分(Na (+) + K (+))-アデノシン三リン酸化水分解酵素の活動はように糖尿病性のニューロパシーの開発の貢献の要因提案された。 この調査はlipoic酸が脂質の過酸化反応およびglycosylationを減らし、増加できること仮説をテストするために引き受けられた(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) -最高のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動赤血球(RBC)をブドウ糖露出した。 洗浄された正常な人間RBCは24のh.のための37の摂氏温度の動揺の湯せんのlipoic酸0-0.2 mMのの正常で、(6つのmM)高いブドウ糖の集中(45のmM)と(SおよびRのsterioisomersの混合物)扱われた。 正常のlipoic酸の前にRBCによってブドウ糖の消費の重要な刺激行い、最高はRBCをブドウ糖扱った。 Lipoic酸はかなりglycatedヘモグロビン(GHb)のレベルを下げ、RBCの脂質の過酸化反応は高いブドウ糖の集中に露出した。 高いブドウ糖の処置はかなり活動をの下げた(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) - RBCの膜のアデノシン三リン酸化水分解酵素。 Lipoic酸付加はかなり活動の減少をの妨げた(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) -最高のアデノシン三リン酸化水分解酵素RBCをブドウ糖扱った。 脂質の過酸化反応、GHbに相違がなかったし、(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) -常態のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動レベルlipoic酸の有無にかかわらずRBCをブドウ糖扱った。 従って、lipoic酸はおよび増加(Na (+)を+ K脂質の過酸化反応および蛋白質のglycosylationを下げることができる(+))-そしてカリフォルニア(++) -高ブドウ糖のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動lipoic酸が遅れるかもしれなかったりまたは糖尿病のニューロパシーの開発を禁じる潜在的なメカニズムを提供するRBCを露出した。

24. Medの仮説。 12月2000日; 55(6): 510-2。
アルファlipoic酸: 不況のための新しい処置。
Salazarの氏。 アムハーストの大学、アムハースト、マサチューセッツ、米国。

インシュリン抵抗性は不況と診断される人々と関連付けられた。 逆に糖尿病患者に不況の高められた危険があることが、また文書化された。 証拠はインシュリンの活動が頭脳ことをにトリプトファンの流入を高めることによってserotonergic活動の役割を担うことを提案する。 トリプトファンのこの高められた流入はセロトニンの統合の増加で起因するために示されていた。 不況のセロトニン理論に従って、インシュリンの活動を高めることによって不況を扱うことは可能かもしれない。 増加のインシュリンの感受性に酸化防止アルファlipoic酸が示され、糖尿病と人々を扱うのに使用されている。 従って、栄養アルファlipoic酸は不況のために付加物の処置として臨床的にテストされるべきである。 版権の2000年のHarcourtの出版業者株式会社。

25. Wien Klin Wochenschr。 7月2000日28日; 112(14): 610-6。
グルタチオンの治療上の潜在性。
Exner R、Wessner B、Manhart N、Roth E。
外科、ウィーン、オーストリアの大学の部門。

さまざまで生化学的な反作用で形作られる反応酸素種は酸化防止剤によって普通掃除される。 減らされた形態(GSH)のグルタチオンは酸化させたグルタチオン(GSHに減らされるの最も強力な細胞内の酸化防止剤および比率である: GSSGは細胞のantioxidative容量の代表的なマーカーとして)役立つ。 複数の臨床条件は下げられた細胞レドックス潜在性で結果として起因できる減らされたGSHのレベルと関連付けられる。 細胞のGSHそしてレドックス潜在性はcytokinesおよび付着の分子の統合を調整するトランスクリプション要因NF Κ Bの転置に影響を及ぼす細胞の信号方式の部品である。 従って、反応酸素種によって与えられる損害から細胞を保護する1つの可能性は細胞内のグルタチオンのレベルを元通りにすることである。 細胞GSHの集中はGSHの(として静脈内の注入またはエーロゾル)、グルタチオンのエステルまたはグルタミンまたはシステインのようなGSHの前駆物質の外因性の管理によって影響を及ぼすことができる(NアセチルLシステイン、アルファlipoic酸の形態で)。 GSHの新陳代謝の調節は中毒、糖尿病、尿毒症、敗血症、炎症性肺プロセス、冠状病気、癌および免疫不全の州のような多くの病理学の有用なアジェバント療法を示すかもしれない。

26. Exp. Clin Endocrinolの糖尿病。 2000;108(3):168-74.
周辺糖尿病性のニューロパシーを用いる患者のmicrocirculationに対するアルファlipoic酸の効果。
Haak E、Usadel KH、Kusterer K、Amini P、Frommeyer R、Tritschler HJ、Haak T. Medical
部門Iの内科、大学病院、ブランクフルト、ドイツの中心。 E.Haak@em.uni-frankfurt.de

糖尿病性の多発性神経痛は糖尿病の患者の深刻な複雑化である。 十分な新陳代謝制御、アルファlipoic酸(翼部) (Thioctacidの維持に加えて、Asta Medica)翼部が効果を出す厳密なメカニズムが未知であるが糖尿病性の多発性神経痛に対する有利な効果をもたらすと知られている。 糖尿病および周辺ニューロパシーを用いる患者のmicrocirculationに対する翼部の効果を調査するためには患者の1つグループは6週(試験1)にわたる1日あたりに(4女性は、4男性、60+/-3年、糖尿病の持続期間19+/-4年、BMI 24.8+/-1.3 kg/m2を老化させる) 1200のmgの翼部を口頭で受け取った。 患者の第2グループは(5女性は、4男性、65+/-3年、糖尿病の持続期間14+/-4年、BMI 23.6+/-0.7 kg/m2を老化させる)翼部はmicrocirculation (試験2)に対する急性効果をもたらすかどうか調査するために15分にわたる600 mgの翼部か偽薬を静脈内で受け取った前後に調査された。 患者は爪郭のビデオcapillaroscopyによって調査された。 毛管血球速度は残りでそして散水の予備の請求あり次第変数であるpostreactive充血(2分、200のmmHgの手首の閉塞)の間に検査された。 翼部との口頭療法はpostocclusive充血(試験1の間に毛管血球速度(tpCBV)を最高にする時期の重要な減少で起因した: 35.4+/-10.9 s、p<0.05対12.6+/-3.1)。 翼部の注入はまた糖尿病性のニューロパシー(試験2を用いる患者のtpCBVを減らした: 前に: 20.8+/-4,5の翼部: 11.74+/-4.4の偽薬: 21.9-5.0 sの対偽薬そして翼部がmicrocirculationに対する急性効果をもたらすことを示す注入の前のp<0.05翼部)。 残り(rCBV)、血行力学変数、hemoglobinA1cおよびローカル皮温度の毛管血球速度は両方の調査に変わらずに残った。 これらの結果は高められた散水の予備によって請求あり次第示されるように糖尿病性の多発性神経痛の翼部を持つ患者のそれを改善するmicrocirculationを示す。 観察された効果は外見上急性効果である。 この調査の試験特性の制限によって調査結果は翼部がヴァシュ県のnervorumのレベルにまた起こるためにが本当らしいmicrocirculationのことを改善によって有利な効果を少なくとも部分的に出すかもしれないという仮定を支える。

27. 生体内で。 2000日3月4月; 14(2): 327-30。
糖尿病性のニューロパシーを用いる患者の脂質の過酸化反応に対するlipoic酸の生体内の効果。
Androne L、Gavan NA、Veresiu IA、Orasan R. Diabetes Center及び医院、クルージュNapoca。

背景: 糖尿病性の州は、両方の人間および実験動物で酸化圧力と、関連付けられる。 神経の膜の脂質の過酸化反応は周辺神経の虚血および低酸素症がニューロパシーを引き起こすことができるメカニズムとして提案された。 Lipoic酸(LA)は鉄依存した脂質の過酸化反応および反応酸素種の強力な抑制剤である。 LAとの糖尿病性の周辺および心臓自治のニューロパシーの処置はよい臨床および実験的証拠に基づいている。 材料および方法: 酸化圧力の大きさを調査するためには、血清のセルロプラスミン(CP)および脂質の過酸化物(LP)は600 mgの単一の線量との処置の後の糖尿病性のニューロパシー、前におよび70日の10人の患者でレベルLA/day測定された。 他の12の健康な年齢のおよび性一致させた制御のために血清のCPを服従させ、LPのレベルは評価された。 結果: 私達の結果はhyperglycemiaが健常者と比較される糖尿病性のニューロパシーを用いる患者の血清のセルロプラスミンの増加のための要因であることを示す(p < 0.0001)。 糖尿病を持つ患者の高い血清のセルロプラスミン(CP)のレベルは酸化防止防衛と関連しているかもしれない。 LAとの糖尿病性のニューロパシーの処置は血清のCPの活動にかなり影響を与えない。 LAの管理の後の血清LPのレベルは処置の前にそれらよりかなりより低かった(p < 0.005)。 結論: LAとの酸化防止療法は改善し、糖尿病性のニューロパシーを防ぐかもしれない。 この改善は脂質の過酸化反応の索引の減少と関連付けられる。 酸化圧力は神経の虚血およびhyperglycemiaのautooxidationのプロセスが主に原因のようである。

28. Diabet Med。 12月1999日; 16(12): 1040-3。
徴候の糖尿病性の多発性神経痛の酸化防止thioctic酸(アルファlipoic酸)との3週間の口頭処置の効果。
Ruhnau KJ、Meissner HPのフィン ジュニア、Reljanovic M、Lobisch M、Schutte K、Nehrdich D、Tritschler HJ、Mehnert H、Ziegler D。
Deutschesの糖尿病Forschungsinstitut derハインリッヒHeine Universitat、デュッセルドルフ、ドイツ。

目標: 徴候の多発性神経痛のタイプ2の糖尿病の患者のneuropathic徴候そして欠損の酸化防止thioctic酸(TA)との短期口頭処置の効力そして安全を評価するため。 方法: 患者はTA t.i.dの600 mgとの口頭処置に任意に割り当てられた。 (n = 12)または3週間偽薬(n = 12)。 フィートのNeuropathic徴候(苦痛、焼却、paraesthesiaeおよびしびれ)は週間間隔で記録され、総徴候のスコア(TSS)として要約した。 ハンブルク苦痛の形容詞のリスト(HPAL)およびニューロパシーの不能のスコア(NDS)はベースラインおよび日19に査定された。 結果: ベースラインでTSS、HPALおよびNDSはグループ間でかなり違わなかった。 フィートのTSSはベースラインから日19にTAのグループの-3.75の+/- 1.88ポイント(- 47%)と偽薬のグループ(TAのためのP= 0.021対偽薬)の-1.94の+/- 1.50ポイント(- 24%)減った。 総HPALのスコアはベースラインから日19にTAのグループの-2.20の+/- 1.65ポイント(- 60%)と偽薬のグループの-0.96の+/- 1.32ポイント(- 29%)減った(P = TAのための0.072対偽薬)。 NDSはTAのグループの-0.27の+/- 0.47ポイント偽薬のグループの+0.18の+/- 0.4ポイントわずかに増加した一方、減った(P = TAのための0.025対偽薬)。 グループ間の相違は不利なでき事の率に関して注意されなかった。 結論: これらの予備の調査結果はTA t.i.dの600 mgとその口頭処置を示す。 3週間徴候および欠損を改善するかもしれなく、重要で不利な反作用をもたらさないでタイプ2の糖尿病性の患者の多発性神経痛に起因する。

29. Biofactors。 1999;10(2-3):157-67.
遅い糖尿病性の複雑化に於いての酸化圧力およびNFkappaB活発化の役割。
モハメドAK、Bierhaus A、Schiekofer S、Tritschler H、Ziegler R、Nawroth PP。
Medizinische Klinik Iのder Universitatハイデルベルク、ドイツ。

hyperglycemiaの依存した細胞変更の共通の終点は反応酸素の中間物(ROIs)および高い酸化圧力の存在の生成である。 従って開発の故な糖尿病性の複雑化の重要な役割を担うために、酸化圧力は仮定される。 蛋白質、脂質および核酸の高いnonenzymatic glycationに酸化と一緒による高度のglycationの最終製品(年齢)の形成は表す、反作用を伴われ、hyperglycemic条件の下でこうして酸素の遊離基のための主要な源を根本的発生させる。 、年齢の缶の影響の細胞機能年齢、激怒のための受容器を含む複数の結合場所に不良部分によって形作られて。 細胞内の酸化圧力の生成および酸化還元反応に敏感なトランスクリプションのそれに続く活発化の激怒する年齢(および他の配位子)の不良部分は結果NFkappaBを生体外でそして生体内で考慮する。 一貫して、糖尿病性の患者のNFkappaBの活発化はglycemic制御の質に関連し、酸化防止アルファlipoic酸との処置によって減ることができる。 割り当てる糖尿病の患者のNFkappaB活発化のティッシュ文化独立した測定のための技術の開発は酸化圧力によって仲介される細胞活発化に終って酸化圧力の高度のglycated最終製品そして生成の形成と糖尿病およびhyperglycemiaを最終的につなぐ分子メカニズムに洞察力を与える。

30. Exp. Clin Endocrinolの糖尿病。 1999;107(7):421-30.
ドイツの糖尿病性の多発性神経痛の処置のアルファlipoic酸: 臨床試験からの現在の証拠。
Ziegler D、Reljanovic M、Mehnert H、Gries FA。
糖尿病Forschungsinstitut derハインリッヒHeine Universitat、デュッセルドルフ、ドイツ。 dan.ziegler@dfi.uni-duesseldorf.de

糖尿病性のニューロパシーは相当な疾病率、高められた死亡率および損なわれた生活環境基準に責任があるので、主要な健康上の問題を表す。 ほぼnormoglycaemia糖尿病性のニューロパシーの防止に第一次アプローチとして今一般に認められていたり、しかし患者のかなり数で達成可能ではない。 過去の二十年でhyperglycaemiaにもかかわらず効果を出す複数の治療は糖尿病性のニューロパシーの実験pathogenetic概念から得られた。 そのような混合物はneuropathicプロセスの進行を改善するか、または遅らせるように設計され、が臨床試験で評価されている、アルファlipoic酸(thioctic酸)ドイツを除いてで利用できる、これらの薬剤のどれも臨床練習で現在利用できない。 ここに私達は糖尿病性の多発性神経痛のthioctic酸の治療上の効力そして安全を査定した臨床試験からの現在の証拠を見直す。 これまで、15の臨床試験は処置の異なった調査の設計、持続期間、線量、サンプルの大きさおよび患者数を使用して完了した。 臨床試験のこの変化の中では、心臓自治のニューロパシーに起因する多発性神経痛か減らされた心拍数の可変性によるneuropathic徴候に対するthioctic酸の有利な効果とのそれらおよび欠損は1日あたりの少なくとも600 mgの線量を使用した。 次の結論は最近の管理された臨床試験から出すことができる。 1.) thioctic酸i.vの600 mgを使用して3週間短期処置。 1日あたりに糖尿病性の多発性神経痛の主な徴候を減らすようである。 口頭で与えられる1日あたりの1800のmgの3週間のパイロット・スタディは治療上の効果が管理のルートの独立者であるこれはより大きいサンプルの大きさで確認される必要があることを示す。 2.) 徴候に対する効果はneuropathic欠損の改善と一緒に伴われる。 3.) 4-7か月間口頭処置はneuropathic欠損を減らしがちで、心臓自治のニューロパシーを改善する。 4.) 2年にわたる予備データはより低い肢のモーターおよび知覚神経の伝導の可能な長期改善を示す。 5.) 臨床およびpostmarketing監視の調査は薬剤の非常に好ましい安全プロフィールを明らかにした。 これらの調査結果に基づいて、thioctic酸(私が調査するNATHAN)との口頭処置の中枢の長期多中心の試験は目指す北アメリカおよびヨーロッパで行なわれ糖尿病性の多発性神経痛の進行を臨床およびneurophysiological査定を結合する臨床的に意味を持った、信頼できる第一次結果の測定を使用して遅らせる。

31. 自由なRadic Biol Med。 8月1999日; 27 (3-4): 309-14。
RACアルファlipoic酸の経口投与はタイプ2の糖尿病の患者のインシュリンの感受性を調整する: 偽薬制御の試験試験。
ヤコブS、Ruus P、Hermann R、Tritschler HJ、Maerker E、Renn W、オーギュスタンHJ、Dietze GJ、Rett K。
高血圧および糖尿病の研究ユニット、Grundig最高の医院、ブール細工および都市病院、Baden-Baden、ドイツ。 snjacob@med.uni-tuebingen.de

アルファlipoic酸(翼部)、自然発生の混合および根本的な清掃動物は異なった実験および動物モデルのブドウ糖の輸送そして利用を高めるために示されていた。 臨床調査は激しいおよび短期の後でインシュリンの感受性の増加を記述した(翼部の10 d)非経口的な管理。 アルファlipoic酸との4週間の口頭処置の効果は偽薬制御の多中心のパイロット・スタディで定まるために口頭処置がまたインシュリンの感受性を改善するかどうか見る評価された。 タイプ2の糖尿病を持つ74人の患者はどちらかの偽薬にランダム化された(n = 19); または600 mgのさまざまな線量の活動的な処置一度毎日(n = 19)、毎日二度(1200のmg; n = 18)、または3倍に毎日(1800のmg; n = 18) アルファlipoic酸。 isoglycemicブドウ糖クランプは幾日0 (前に)および29にされた(ポスト)。 このexplorative調査では、分析は処置の後でインシュリンの感受性の改善を示す主題の数に従って行われた。 なお、インシュリンの感受性に対する能動態の効果は対偽薬の処置比較された。 すべての4グループは対等で、ベースラインで同じような程度のhyperglycemiaおよびインシュリンの感受性があった。 偽薬と比較されたとき、かなり多くの主題に翼部の処置の後で各グループのインシュリン刺激されたブドウ糖の処分(MCR)の増加があった。 3つのアルファlipoic酸のグループで見られた線量の効果がなかったので翼部を受け取るすべての主題は「活動的な」グループで結合され、次に偽薬と比較された。 これは処置(偽薬の後でMCRのかなり違う変更を対+27%明らかにした; p < .01)。 この偽薬制御のexplorative調査は翼部の激しく、慢性の静脈内の管理の後でタイプ2の糖尿病のインシュリンの感受性の増加の前の観察を確認する。 結果はアルファlipoic酸の経口投与がタイプ2の糖尿病を持つ患者のインシュリンの感受性を改善できることを提案する。 この試験試験の有望な調査結果はより詳しい調査によって立証される必要がある。

32. 自由なRadic Biol Med。 6月1999日; 26 (11-12): 1495-500。
アルファLipoic酸は悪いglycemic制御およびalbuminuriaの糖尿病性の患者の酸化圧力を減らす。
Borcea V、Nourooz-Zadeh J、Wolff SP、Klevesath M、Hofmann M、Urich H、Wahl P、Ziegler R、Tritschler H、Halliwell B、Nawroth PP。
内科Iのハイデルベルク、ドイツの大学の部門。

現在の横断面調査では、血しょう脂質のヒドロペルオキシド(ROOHs)の測定によって査定された酸化圧力のマーカーと比率ROOH/(アルファ トコフェロール/コレステロール)によって定められた糖尿病の107人の患者で酸化圧力と酸化防止防衛間のバランスのアルファlipoic酸の影響は検査された。 アルファlipoic酸(> 3か月間600のmg /day)を受け取っている患者はアルファlipoic酸処置[ROOHなしでそれらより重要でより低いROOHsそしてより低いROOH/(アルファ トコフェロール/コレステロール)の比率があった: 4.76 +/- 7.16 +/- 3.22 mumol/l対2.49; p < .0001]および[ROOH/(アルファ トコフェロール/コレステロール): 1.37 +/- 2.16 +/- 1.17対0.72; p < 0.0001]。 さらに、ROOHsとROOH/(アルファ トコフェロール/コレステロール)の比率のglycemic制御およびalbuminuriaの影響はアルファlipoic酸処置の存在そして不在で検査された。 患者は(1)彼らのHbA1レベル(< 7.5、7.5-9.5、および> 9.5%)および(2)尿のアルブミンの集中(< 20、20-200、および> 200のmg/lに)基づいて3グループに細分された。 マイクロまたはmacroalbuminuriaの悪くないglycemic制御も、存在もアルファlipoic酸の酸化防止効果を防がなかった。 段階的な多数の回帰分析を使用して、アルファlipoic酸はかなりROOH/(アルファ トコフェロール/コレステロール)の低いROOHsそして低い比率を予測する唯一の要因であると見つけられた。 これらのデータはアルファlipoic酸との処置が悪いglycemic制御およびalbuminuriaの患者の高められた酸化圧力と減らされた酸化防止防衛間の不均衡をかなり改善するという証拠を提供する。

33. Microvasc Res。 7月1999日; 58(1): 28-34。
毛管顕微鏡検査によって査定される糖尿病性のニューロパシーを用いる患者のneurovascular反射アークに対するアルファlipoic酸の効果。
Haak ES、Usadel KH、Kohleisen M、Yilmaz A、Kusterer K、Haak T。
内科、ヨハン ウォルフガングGoethe大学、ブランクフルト、D-60590、ドイツの中心。

糖尿病性の多発性神経痛の患者は健康な制御と比較される損なわれたneurovascular反射アークを持つために知られている。 これはipsilateral手のmicrocirculationの遅らせられた減少でcontralateral手の冷却の後で見られる。 このパイロット・スタディの目標は静脈内のアルファlipoic酸(翼部) (Thioctacid、Asta Medica)かどうか調査することだった療法は糖尿病性のニューロパシーを用いる患者のこの損なわれたneurovascular反射アークを改良できるかもしれない。 さらに、臨床効果はニューロパシーの徴候のスコア(NSS)およびニューロパシーの不能のスコア(NDS)の援助と評価された。 糖尿病および多発性神経痛(5人の女性、5人の男性、2人の喫煙者、5 IDDM、5 NIDDM、体格指数26.1 +/- 1.0 kg/m2は3週にわたる1日あたりの600 mgのアルファlipoic酸との静脈内療法の前後にcontralateral冷却の後でcapillaroscopy爪郭によって、58.3の+/- 9.5年、糖尿病の持続期間15.7 +/- 11.2年、Hb A1c 6.8 +/- 0.3%を老化させる)の10人の患者は調査された。 心臓自治のニューロパシーは音に音変化の分析によって除かれた。 糖尿病性のニューロパシーの徴候はNSSおよびNDSの援助との療法の前後に評価された。 手の毛管血球速度(CBV)は(15の摂氏温度の3分) contralateral手の冷却の後で次の30分の前に、の間に、そしての間断固としただった。 血圧、心拍数およびローカル皮温度は2分間隔で監視された。 翼部療法は療法の前に不在だった12。3%のCBVの即時の減少によって見られるように冷却へのmicrocirculatory応答の重要な改善で、(P <処置の前の対0.02)起因した。 血圧、心拍数およびローカル皮温度は調査間で異なっていなかった。 療法(5.4 +/- 8.6の+/- 1.1ポイント、P対1.1 < 0.01)の後にNSSの重要な改善があった。 これらの結果は翼部との静脈内療法に糖尿病性のニューロパシーを用いる患者で損なわれたneurovascular反射アークの肯定的な影響があることを示す。 版権1999の学術出版物。

34. 糖尿病の心配。 2月1999日; 22(2): 280-7。
アルファLipoic酸処置の減少血清の乳酸塩およびピルボン酸塩の集中はおよびタイプ2の糖尿病を持つ細く、肥満の患者のブドウ糖の有効性を改善する。
コンラートT、Vicini P、Kusterer K、Hoflich A、Assadkhani A、Bohles HJ、Sewell A、Tritschler HJ、Cobelli C、Usadel KH。
内科、J.W. Goethe大学、ブランクフルト、ドイツの部門。

目的: 私達は口頭ブドウ糖負荷試験(OGTTs)および傾きの変更された頻繁に見本抽出された静脈内のブドウ糖負荷試験(FSIGTTs)の後でlipoic酸(LA)、ピルボン酸塩のデヒドロゲナーゼの複合体(PDH)の、インシュリンの感受性(SI)およびブドウ糖の有効性(SG)と血清の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベルの補足因子の効果を検査した(n = 10)および肥満(n = 10)タイプ2の糖尿病を持つ患者。 研究設計および方法: FSIGTTデータは最低の模倣の技術によって口頭処置(4週間600 mg、1日に2回、)の前後にSIおよびSGを定めるために分析された。 ブドウ糖のローディングが傾きのそれらと比較された後糖尿病性の患者の血清の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベル(n = 10)および肥満(n = 10) SIおよびSGがまたFSIGTTデータから定められた健康な制御主題。 結果: 絶食の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベルはタイプ2の糖尿病を持つ患者でかなり増加した。 これらの代謝物質はタイプ2の糖尿病を持つ細い患者のブドウ糖のローディングの後で高い絶食の集中を超過しなかった。 但し、肥満の糖尿病性の患者の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベルの二重の増加は測定された。 LAの処置は両方の糖尿病患者のグループ(傾き1.28 +/- 0.14から1.93 +/- 0.13の増加されたSGと関連付けられた; 肥満の1.07 +/- 0.11から1.53 +/- 0.08 x 10 (- 2)分1、P < 0.05)。 より高いSIは細い糖尿病性の患者だけで絶食のブドウ糖を測定された下げ、(P < 0.05)。 ブドウ糖のローディングがLAの処置の後に細く、肥満の糖尿病性の患者により低くおよそ45%だった前後に乳酸塩およびピルボン酸塩。 結論: LAを持つ細く、肥満の糖尿病性の患者の処置は血清の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベルのhyperglycemia誘発の増分を防ぎ、SGを増加する。

35. Diabetologia。 2月1999日; 42(2): 222-32。
糖尿病性のネフロパシー ショーの患者から隔離された周辺血の単核の細胞は酸化圧力の敏感なトランスクリプション要因NFkappaBの活発化を高めた。
Hofmann MA、Schiekofer S、Isermann B、Kanitz M、Henkels M、Joswig M、Treusch A、Morcos M、Weiss T、Borcea V、Abdel Khalek AK、Amiral J、Tritschler H、Ritz E、Wahl P、Ziegler R、Bierhaus A、Nawroth PP。
薬、ハイデルベルク、ドイツの大学の部門。

トランスクリプション要因NFkappaBの高められた酸化圧力そしてそれに続く活発化は開発の故な糖尿病性の複雑化につながった。 依存したNFkappaB活発化を酸化重点を置きなさいかどうか定めることは私達が私達が前のヴィヴォによって隔離された周辺血の単核の細胞のNFkappaB活発化を定めることを可能にした電気泳動の移動性の転位の試金によって基づいた半定量的な検出システムを使用した糖尿病性のネフロパシーを用いる患者で明白である。 私達は糖尿病(タイプIおよびII)タイプの33人の患者を検査した。 糖尿病性のネフロパシーを用いる患者は電気泳動の移動性の転位の試金で高いNFkappaBに結合の活動および腎臓の複雑化なしで患者より活動化させたNFkappaBp65のための強いimmunohistological汚損を示した。 albuminuriaのある程度(r = 0.316)とalbuminuriaのために表したthrombomodulin血しょう集中に(r = 0.33)関連したNFkappaB結合の活動はendothelial機能障害を関連付けた。 1日あたりの酸化防止thioctic酸(アルファlipoic酸)の600 mgが血しょうサンプルの酸化圧力が48%減ったおよび前のヴィヴォのNFkappaB結合の活動38%で周辺血の単核の細胞を隔離した糖尿病性のネフロパシーを用いる9人の患者に与えられた3日間の介在の調査で。 結論として、糖尿病の患者の前のヴィヴォによって隔離される周辺血の単核の細胞のトランスクリプション要因NFkappaBの活発化は糖尿病性のネフロパシーのある程度に関連する。 NFkappaB活発化は酸化圧力の部分の扶養家族にthioctic酸(アルファlipoic酸)がNFkappaB結合の活動を減らしたので少なくともある。

36. 糖尿病Metab。 11月1998日; 24 Supplの3:79 - 83。
糖尿病性のニューロパシーの未来の防止そして処置。
Tomlinsonの先生。
薬理学、メリー女王およびWestfieldの大学、ロンドン、イギリスの部門。 d.tomlinson@qmw.ac.uk

この検討順序縦の(一時的)および横の次元への糖尿病性のニューロパシーの病因の本当らしい部品。 hyperglycaemiaの効果が少なくとも3つの二次生化学的な妨害によって神経の機能障害に変換されることが論争される--蛋白質のソルビトール(polyol)の細道、非酵素のglycationおよび酸化圧力--そしてそこにそれはその間の明確な相互作用である。 これらの相互作用のために、これらの生化学的なトランスデューサーの1つの干渉は他の効果を悪化させか、または減少できる。 これらの代わりの例は与えられる。 病理学の介在のための主な目的が妨害のすべての3つのもとの協同攻撃べきであることが提案される。 病因の順序の介在は更にまた考慮され、neurotrophic要因の使用のための議論は副作用が避けられないかもしれないのに、異なった神経の表現型のための選択率のために説得力のある。 最後に、ガンマ リノレン酸およびアルファlipoic酸の新しい共役は実験糖尿病性のニューロパシーの無秩序の複数の細道から起こる効果を訂正する潜在性の代理店として考慮される。 ずっとこの代理店との予備の結果は有望である。

37. 糖尿病の心配。 8月1998日; 21(8): 1310-6。
不十分なglycemic制御はタイプ1の糖尿病を持つ患者から隔離される周辺血の単核の細胞の核要因Κ Bの結合の活動を高める。
Hofmann MA、Schiekofer S、Kanitz M、Klevesath MS、Joswig M、リーV、Morcos M、Tritschler H、Ziegler R、Wahl P、Bierhaus A、Nawroth PP。
薬、ハイデルベルク、ドイツの大学の部門。

目的: 酸化還元反応に敏感なトランスクリプション要因核要因Κ B (NF Κ B)は遅い糖尿病性の複雑化に貢献すると信じられる。 それはNF Κ Bがglycemic制御によって影響を及ぼされるかどうか未知である。 研究設計および方法: NF Κ Bが不十分なglycemic制御を用いる患者で活動化させるかどうか定めるためには(HbA1c > 10%)、私達は私達が前のヴィヴォ隔離された周辺血の単核の細胞(PBMCs)のNF Κ Bの活発化を定めることを可能にしたティッシュの文化独立した電気泳動の移動性の転位の試金(EMSA)のベースの半定量的な検出システムを開発した。 私達はこの横断面調査にタイプ1の糖尿病を持つ43人の患者を含めた。 それらの10は2週間酸化防止thioctic酸(600のmg /dayのP.O.)を受け取った。 結果: HbA1cのレベルを持つ患者のMonocytesは> 10% immunohistochemistryで汚れる6-8%のHbA1cのレベルを持つ患者のmonocytesよりEMSAそして強いNF Κ Bのかなり高いNF Κ Bの結合の活動を示した。 NF Κ Bの活発化の増加は脂質の過酸化反応のplasmaticマーカーの増加に関連した。 酸化防止thioctic酸との処置はNF Κ Bの結合の活動を減らした。 結論: Hyperglycemiaはタイプ1の糖尿病を持つ患者の前のヴィヴォ隔離されたPBMCsのトランスクリプション要因NF Κ Bの活発化を引き起こす。 NF Κ Bの活発化は酸化防止thioctic酸がかなりNF Κ Bの結合の活動の範囲を下げたので、少なくとも酸化圧力に部分的に依存している。

38. 糖尿病。 9月1997日; 46(9): 1481-90。
NFkappaBの高度のglycationの終わりのプロダクト誘発の活発化は培養されたendothelial細胞のアルファlipoic酸によって抑制される。
Bierhaus A、Chevion S、Chevion M、Hofmann M、Quehenberger P、Illmer T、Luther T、Berentshtein E、Tritschler Hの紛砕機M、Wahl P、Ziegler R、Nawroth PP。
内科、ハイデルベルク、ドイツの大学の部門。

細胞酸化防止防衛メカニズムの枯渇および高度のglycationの最終製品(年齢)による酸素の遊離基の生成は糖尿病性の管の複雑化の病因の大きな役割を担うために提案された。 ここに私達はことを年齢のアルブミンが付いている培養された牛のような大動脈のendothelial細胞(BAECs)の孵化示す(500 nmol/l)は減らされたグルタチオン(GSH)およびアスコルビン酸のレベルの減損で起因した。 結果として、高められた細胞酸化圧力はトランスクリプション要因NFkappaBの活発化をもたらし、こうしてendothelialティッシュの要因を含むさまざまなNF kappaB制御の遺伝子のupregulationを、促進した。 年齢のアルブミンの誘導が完全に減らされたグルタチオンおよびアスコルビン酸の年齢のアルブミン依存した枯渇を防いだ前に自然な起こる酸化防止アルファlipoic酸が付いている細胞antioxidative防衛の補足。 アルファlipoic酸が分年齢のアルブミンの刺激の前の少なくとも30加えられた限り年齢によってアルブミン仲介されたNFkappaB活発化がまたタイムおよび線量依存した方法で減ったことを電気泳動の移動性の転位の試金(EMSAs)は明らかにした。 阻止は蛋白質DNAの結合との物理的な相互作用が原因、直接結合の反作用に含まれていたアルファlipoic酸以来、組換えNFkappaBの活動を結合することを防がなかったではなかった。 西部のしみはアルファlipoic酸が核心に細胞質からNFkappaBの解放そして転置を禁じたことを示されて促進する。 結果として、アルファlipoic酸はティッシュの要因およびendothelin1のような糖尿病で、関連したendothelial遺伝子の年齢のアルブミン誘発NFkappaBによって仲介されたトランスクリプションそして表現を減らした。 従って、extracellularly管理されたアルファlipoic酸による細胞antioxidative防衛メカニズムの補足は年齢のアルブミン誘発のendothelial機能障害を生体外で減らす。

39. 糖尿病。 9月1997日; 46のSuppl 2: S62-6.
糖尿病性の周辺および心臓自治のニューロパシーの処置のアルファlipoic酸。
Ziegler D、Gries FA。
ハインリッヒ・ハイネ大学の糖尿病の研究所、デュッセルドルフ、ドイツ。

酸化防止処置は糖尿病性の患者の潜在的な治療上の価値に理論的根拠を提供する実験糖尿病の神経の機能障害を防ぐために示されていた。 酸化防止アルファlipoic酸(thioctic酸)の効果は2多中心で、ランダム化された、二重盲目の偽薬制御の試験調査された。 糖尿病性のニューロパシーの調査のアルファLipoic酸では、NIDDMの328人の患者および徴候の周辺ニューロパシーは3つの線量(翼部1,200 mgを使用してアルファlipoic酸の静脈内の注入の処置に任意に割り当てられた; 600 mg; 100 mg)か3週にわたる偽薬(PLAC)。 総徴候のスコア(TSS) (苦痛、焼却、痺れおよびしびれ)フィートでベースラインから翼部1,200およびPLAC対翼部600の日19にかなり減った。 4つの個々の徴候のスコアのそれぞれは19日後にPLACのより翼部600でかなり低かった(P < 0.05すべての)。 ハンブルク苦痛の形容詞のリスト(HPAL)の総スケールは19日後にPLACと減った(P < 0.05両方の)比較された翼部1,200および翼部600でかなり。 減らされた心拍数の可変性によって診断されたNIDDMのDeutsche Kardiale Autonome Neuropathie Studie、患者および心臓自治のニューロパシーでは任意に4か月間800 mgのアルファlipoic酸(翼部) (n = 39)または偽薬の毎日の口頭線量との処置に(n = 34)割り当てられた。 残りの心拍数の可変性の4つの変数からの2つは偽薬と比較された翼部でかなり改善された。 翼部の好ましい効果の方の傾向は残りの2つの索引のために注意された。 両方の調査では、重要で不利なでき事は観察されなかった。 結論として、3週にわたるアルファlipoic酸(600のmg /day)との静脈内の処置は糖尿病性の周辺ニューロパシーの徴候の減少で安全、有効であり、4か月間800のmg /dayの口頭処置はNIDDMの心臓自治の機能障害を改善するかもしれない。

40. 糖尿病。 9月1997日; 46のSuppl 2: S38-42.
実験糖尿病性のニューロパシーに於いての酸化圧力および酸化防止処置の役割。
低いPA、Nickander KK、Tritschler HJ。
神経学、メイヨー・クリニックおよびメーヨーの基礎、ロチェスター、ミネソタ55905、米国の部門。

酸化圧力は糖尿病性の州にある。 私達の仕事は周辺神経の存在に焦点を合わせた。 酸化防止酵素は周辺神経で減り、糖尿病性の神経で更に減る。 脂質の過酸化反応によりニューロパシーを引き起こすこと正常な神経が不十分なされたアルファ トコフェロールのとこの侮辱に服従する糖尿病性の神経の伝導の欠損の増加によって支えられるときneuropathy de novoの開発の証拠。 酸化圧力は神経の虚血およびhyperglycemiaの自動酸化のプロセスが主に原因のようである。 酸化圧力の索引は神経の増加が、背面根および共鳴した神経節の脂質のヒドロペルオキシドおよび活用されたジエン含まれている。 しかし最も信頼でき、最も敏感な索引は減らされたグルタチオンの減少である。 実験糖尿病性のニューロパシーは後根神経節の背面根そしてvacuolarニューロパシーのmyelinopathyで起因する。 液胞はミトコンドリアである; 私達は脂質の過酸化反応によりミトコンドリアの呼吸の鎖および機能へのそして感覚的なニューロパシーに終るそれ以上の損害を与える減らされた酸素種を高めるミトコンドリアDNAの突然変異を引き起こすこと仮定する。 アルファlipoic酸は脂質の過酸化反応を生体外でそして生体内で防ぐ有効な酸化防止剤である。 私達は実験糖尿病性のニューロパシーの周辺神経の生化学的で、電気生理学的な、そして神経の血の流れの欠損を防ぐことで腹腔内に管理された20、50、そして100つのmg/kgの線量の薬剤の効力を評価した。 アルファlipoic酸の線量およびタイム依存は神経の伝導および神経の血の流れおよび生化学的な異常(減らされたグルタチオンおよび脂質の過酸化反応の減少)の欠損を防いだ。 神経の血の流れの欠損は50%だった(P < 0.001)。 補足の線量依存は欠損を防いだ; 高い濃度で、神経の血の流れは制御神経のそれと異なっていなかった。 デジタル神経の伝導は1か月に線量依存した改善を経た(P < 0.05)。 3か月までに、すべての扱われたグループは彼らの欠損を失った。 酸化防止薬剤は人間の糖尿病性の感覚的なニューロパシーのために可能性としては効果がある。

41. 新陳代謝。 7月1997日; 46(7): 763-8。
Lipoic酸はglycemiaを減らし、streptozotocin糖尿病性のラットの筋肉GLUT4内容を高める。
Khamaisi M、Potashnik R、Tirosh A、Demshchak E、Rudich A、Tritschler H、Wessel K、Bashan N。
臨床生物化学、健康科学の能力、NegevのベンGurion大学、ビールSheva、イスラエル共和国の部門。

アルファlipoic酸(lipoate [LA])、アルファketodehydrogenaseの補足因子は、独特な酸化防止特性を表わす。 最近の調査は人間および実験糖尿病のブドウ糖の新陳代謝に対するLAの直接的な効果を提案する。 この調査はLAが骨格筋のブドウ糖の利用のことを変更によって肯定的にstreptozotocin (STZ)の誘発の糖尿病性のラットのブドウ糖ホメオスタティスに影響を与えるという可能性を検査する。 10日の30のmg/kgが減ったLAの腹腔内の(i.p。)注入に続いている車扱われた糖尿病性のラット(495 +/- 131 vのそれとSTZ糖尿病性のラットの血ブドウ糖の集中は与えられた状態、Pの641 +/- 125のmg/dL = .003、そして189の+/- 48ボルト12時間の速いの後の341 +/- 36のmg/dL、P = .001)比較した。 血しょうインシュリンに対するLAの効果は観察されなかった。 腓腹筋の粗野な膜GLUT4蛋白質は制御とGLUT4 mRNAのレベルの重要な変更なしで1.5によってLA -および2.8折目と、それぞれ、扱われた糖尿病性のラットで上がった。 Gastrocnemiusの乳酸は糖尿病性のラット(19.9 +/- 5.5 v 10.4 +/- 2.8 mumol/g筋肉、Pで< .05匹のvのnondiabeticラット)増加し、LA扱われた糖尿病性のラット(9.1 +/- 5.0 mumol/g筋肉)で正常だった。 隔離されたヒラメ筋へのインシュリン刺激された2 deoxyglucoseの(2 DG)通風管は制御グループ(474 +/- 15 v 568と+/- 52 pmol/mg筋肉30分、それぞれ、P = .05)比較された糖尿病性のラットで減った。 LAの処置はnondiabetic動物のそれと対等なインシュリン刺激されたブドウ糖の通風管に終ってこの減少を、防いだ。 これらの結果は筋肉ブドウ糖の利用をことをことを高めること筋肉GLUT4蛋白質内容を高めることと毎日のLAの処置がによってSTZ糖尿病性のラットの血ブドウ糖の集中を減らすことができることを提案する。

42. 糖尿病の心配。 3月1997日; 20(3): 369-73。 コメントの: 糖尿病の心配。 12月1997日; 20(12): 1918-20年。
NIDDMの患者の心臓自治のニューロパシーに対する酸化防止アルファlipoic酸との処置の効果。 4ヶ月のランダム化された管理された多中心の試験(DEKANの調査)。 Deutsche Kardiale Autonome Neuropathie。
Ziegler D、Schatz H、コンラッドF、Gries FA、ウーリッヒH、Reichel G。
糖尿病Forschungsinstitut derハインリッヒHeine Universitat、デュッセルドルフ、ドイツ。

目的: 心拍数の可変性(HRV)によって査定される心臓自治のニューロパシーを用いるNIDDMの患者の酸化防止アルファlipoic酸(翼部)との口頭処置の効力そして安全を(できなさい)評価するため。 研究設計および方法: 試験ランダム化された、二重盲目の偽薬制御の多中心(Deutsche Kardiale Autonome Neuropathie [DEKANの]調査)、減らされたHRVのNIDDMの患者では任意に4か月間800 mgALA (n = 39)または偽薬の毎日の口頭線量との処置に(n = 34)割り当てられた。 残りのHRVの変数は低頻度に変化(CV)、根の不偏分散連続的な相違(RMSSD)、および分光力の係数を含めた(LF; 0.05-0.15 Hz)および高周波(HF; 0.15-0.5 Hzは)バンドが付く。 さらに、心血管の自治の徴候は査定された。 結果: 17人の患者は調査(翼部をn = 10途中でやめた; 偽薬n = 7)。 中間の血圧およびHbA1レベルはベースラインでそして調査の間にグループの間で異ならなかったが、ベースラインの心拍数は翼部と扱われたグループでより高かった(P < 0.05)。 1.5氏がベースラインから4か月に増加するRMSSD (- 37.6から77.1) [中間数(最低最高)] グループある特定の翼部および(- 19.2から32.8)偽薬のグループの-0.1氏によって減らされて(P <翼部のための0.05対偽薬)。 LFバンドのパワー スペクトルは翼部の0.06 bpm2によって(偽薬の-0.01 bpm2によって(- 0.48から1.86)低下した一方、- 0。09から0.62)増加した(P <翼部のための0.05対偽薬)。 なお、翼部の好ましい効果の方に傾向が対CVおよびHFバンドのための偽薬パワー スペクトルあった(P = 0.097およびP =翼部のための0.094対偽薬)。 心血管の自治の徴候の変更は調査された期間の間にグループの間でかなり異ならなかった。 グループ間の相違は不利なでき事の率に関して注意されなかった。 結論: これらの調査結果は4か月間800のmg /dayの十分容認された口頭線量を使用して翼部との処置がNIDDMの患者でできるわずかに改良するかもしれないことを提案する。

43. Biochem Pharmacol。 2月1997日7日; 53(3): 393-9。
アルファlipoic酸による細胞減少の同等のホメオスタティスの調節。 糖尿病およびischemic傷害のためのメカニズムそして含意。
ローイSの上院議員CK、Tritschler HJの包装業者L。
分子および細胞生物学、バークレー94720-3200、米国sashwati@violet.berkeley.eduカリフォルニア大学の部門

アルファlipoic酸(thioctic酸)の治療上の潜在性は細胞減少の同等のホメオスタティスの影響に関して評価された。 dihydrolipoateへのアルファlipoic酸の細胞減少の補足因子としてNADHそしてNADPHの条件はさまざまな細胞およびティッシュで報告された。 但し、NAD (P)の細胞減少の等量そしてホメオスタティスのレベルのアルファlipoateのそのような減少の影響をH/NAD記述する直接証拠がない(P)比率。 24 hrの0.5 mMのアルファlipoateが付いているブルツブルグ人間のT細胞ラインの処置は細胞NADHのレベルの30%の減少で起因した。 アルファLipoateの処置はまた細胞NADPHを減らしたが、NADHのそれと比較されたこの効果は比較的より少しおよびより遅かった。 アルファlipoateと扱われたブルツブルグの細胞のブドウ糖の通風管の集中依存した増加は観察された。 アルファlipoate扱われた細胞の細胞NADH/NAD+と乳酸塩/ピルボン酸塩の比率の平行の減少(30%)は観察された。 アルファlipoateとのNADH/NAD+の比率の続く処置のそのような減少は糖尿病、虚血reperfusionの傷害およびreductive (高いNADH/NAD+の比率)他の病理学の直接含意があるかもしれ、オキシダント(余分な反応酸素種)の不均衡は新陳代謝の無秩序に貢献する重要要因として考慮される。 reductive圧力の条件の下で、アルファlipoateは補足因子として自身の減少プロセスのためにそれを利用することによって細胞の高いNADHのレベルを、一方酸化圧力のアルファlipoate両方で減らし、減らされた形態、dihydrolipoateは遊離基の直接掃気および酸化させた形態から他の酸化防止剤をリサイクルすることによって、保護することができる。

44、自由なRadic Biol Med。 1997;22(1-2):359-78.
新陳代謝の酸化防止アルファlipoic酸によるNeuroprotection。
包装業者L、Tritschler HJ、Wessel K。
分子および細胞生物学、カリフォルニア大学、バークレー94720-3200、米国の部門。

反応酸素種はいくつかのタイプの頭脳および神経のティッシュの激しく、慢性の病理学の条件にかかわると考えられる。 新陳代謝の酸化防止アルファlipoate (thioctic酸、1の2-dithiolane-3-pentanoic酸; 1の2-dithiolane-3吉草酸; そして6つはの8-dithiooctanoic酸)食事療法から吸収され、血頭脳の障壁を交差させる低分子量の物質である。 アルファLipoateはまた細胞外媒体に輸出されるdihydrolipoateに細胞およびティッシュでとられ、減る、; それ故に、保護は細胞内および細胞外の環境に適用される。 アルファlipoateおよび特にdihydrolipoateは両方有効な酸化防止剤ですために、ビタミンCおよびビタミンEのような他の酸化防止剤を循環させる酸化還元反応によって再生し細胞内のグルタチオンのレベルを上げるために示されていた。 従って、それは遊離基プロセスを含む酸化頭脳および神経の無秩序の処置の理想的な物質だったようであろう。 現在の研究の検査は新陳代謝の大脳の虚血reperfusionのこれらの混合物の保護効果を、excitotoxicアミノ酸の脳損傷、ミトコンドリアの機能障害、糖尿病および糖尿病性のニューロパシー、先天的な間違い、および頭脳または神経のティッシュへの激しいですか慢性の損傷の他の原因明らかにする。 非常に少数のneuropharmacological介入戦略は打撃の処置のために現在利用でき、多数遊離基の傷害を含む他の頭脳の無秩序である。 私達はアルファlipoateのさまざまな新陳代謝の酸化防止特性がいろいろな頭脳および神経のティッシュの病理学に於いての可能な治療上の役割に関連していることを提案する: チオールは頭脳および他のティッシュの酸化防止防衛に中央である。 最も重要なチオールの酸化防止剤、グルタチオンは、一方アルファlipoic酸の缶直接管理することができない。 生体外、動物の、および予備の人間の調査はアルファlipoateが多数のneurodegenerative無秩序で有効かもしれないことを示す。

45. Exp. Clin Endocrinolの糖尿病。 1996;104(3):284-8.
thioctic酸の繰り返された非経口的な管理の後のタイプ2の糖尿病のインシュリン刺激されたブドウ糖処分の改善。
ヤコブS、Henriksen EJ、Tritschler HJ、オーギュスタンHJ、Dietze GJ。
高血圧および糖尿病の研究ユニット、Grundig最高の医院、ブール細工、ドイツ。

骨格筋のブドウ糖の通風管のインシュリン抵抗性はタイプII糖尿病(NIDDM)の顕著な特徴である; 従って、病理学の介在はインシュリンの感受性を改善することを向けるべきである。 Thioctic酸(TA)、自然発生する混合物は、激しく、慢性の管理の後でさまざまな実験モデルのブドウ糖の利用を高めるために示されていた。 それはまた激しい管理の後でNIDDMの患者のインシュリン刺激されたブドウ糖の処分を高めた。 このパイロット・スタディはこの混合物がまた繰り返された処置の後で人間のブドウ糖の処分を増加するかどうか見るために始められた。 NIDDMの20人の患者は10日一定期間に渡って注入としてTA (500 mg/NaCl 500のmlの、0.9%)を毎日受け取った。 hyperinsulinaemic、isoglycaemicブドウ糖クランプは日0にされ、TAの日11.の非経口的な管理は約30% (ブドウ糖のための新陳代謝の整理率、2.5 +/- 3.2 +/- 0.4 ml/kg/min対0.3によってインシュリン刺激されたブドウ糖処分の顕著な増加でおよびインシュリン感受性索引起因した: 3.5 +/- 4.7 +/- 0.4 mg/kg/microU/ml対0.5; p < 0.05のWilcoxonランク合計テスト)。 ブドウ糖またはインシュリンのための絶食血しょうレベルに変更がなかった; しかしこれは処置および観察の短期間までに説明することができる。 これはTAの10日間の管理がNIDDMのインシュリン刺激されたブドウ糖の処分の抵抗を改善できることを示す最初の臨床調査である。 実験データは行為のモードの複数のメカニズムを提案する。 現在の調査が自由な試験試験だったので更に調査結果の臨床関連性およびこの混合物の行為のモードを明瞭にするために、有望な結果は管理された調査を求める。

46. Diabetologia。 12月1995日; 38(12): 1425-33。
酸化防止アルファlipoic酸との徴候の糖尿病性の周辺ニューロパシーの処置。 3週間の多中心は管理された試験(ALADINの調査)をランダム化した。
Ziegler D、Hanefeld M、Ruhnau KJ、Meissner HP、Lobisch M、Schutte K、Gries FA。
糖尿病Forschungsinstitut derハインリッヒHeine Universitat、デュッセルドルフ、ドイツ。

従って酸化防止処置は実験糖尿病の神経の機能障害を防ぐために示され糖尿病性の患者に潜在的な治療上の価値の理論的根拠を提供する。 酸化防止アルファlipoic酸(thioctic酸)の効果は3週間の多中心、ランダム化された、二重盲目の偽薬制御の試験(糖尿病性のニューロパシーでのアルファLipoic酸調査された; 3つの線量(1200、600、か100 mgの翼部)または偽薬(PLAC)を使用してアルファlipoic酸の静脈内の注入の処置に任意に割り当てられた徴候の周辺ニューロパシーを用いる328人の非インシュリン依存した糖尿病性の患者のALADIN)。 Neuropathic徴候(苦痛、焼却、paraesthesiaeおよびしびれ)はベースラインと各訪問(幾日2-5、8-12、および注入前に15-19)で記録された。 さらに、ハンブルク苦痛の形容詞のリスト、多次元特定の苦痛のアンケートおよびニューロパシーの徴候および不能のスコアはベースラインおよび日19に査定された。 議定書260に従って(65/63/66/66の)患者は調査を完了した。 -4.5 +/- 3.7ベースラインから日19に減る翼部1200、-5.0 +/- 4.1で翼部600、-3.3 +/- 2.8で翼部100、およびPLAC (PLACの-2.6の+/- 3.2の(- 38.4%)ポイントでフィートの総徴候のスコアは(- 58.6%) (平均+/- SD) (- 63.5%)指す(- 43.2%)指す対翼部1200指す: p = 0.003; PLAC対翼部600: p < 0.001)。 少なくとも30%の総徴候のスコアの改善と定義された19日後の回答比率は翼部1200、PLAC (PLACの翼部100および57.6%の翼部600、65.2%の82.5%の70.8%対翼部600だった; p = 0.002)。 苦痛の形容詞のリストの総スケールは19日後にPLACと比較して翼部1200および翼部600でかなり減った(p < 0.01両方の)。 不利なでき事の率は翼部1200、PLACの翼部100および20.7%の翼部600、13.6%の18.2%の32.6%だった。 これらの調査結果は3週にわたる600のmg /dayの線量を使用してアルファlipoic酸との静脈内の処置が糖尿病性の周辺ニューロパシーことをの徴候の減少の偽薬より優秀であること、立証する重要で不利な反作用をもたらさないで。

47. Arzneimittelforschung。 8月1995日; 45(8): 872-4。
アルファlipoic酸によるタイプ2の糖尿病を持つ患者のブドウ糖の処分の強化。
ヤコブS、Henriksen EJのSchiemannのAL、サイモンI、Clancy DE、Tritschler HJ、Jung WI、オーギュスタンHJ、Dietze GJ。
内科、都市病院、Baden-Baden、ドイツの部門。

骨格筋のブドウ糖の通風管のインシュリン抵抗性はタイプII糖尿病(NIDDM)の顕著な特徴である; 従って病理学の介在はインシュリンの感受性を改善することを向けるべきである。 アルファlipoic酸(CAS 62-46-4のthioctic酸、翼部)、頻繁に糖尿病性の多発性神経痛の処置に使用する自然な起こる混合物はさまざまな実験モデルのブドウ糖の利用を高める。 この混合物がまたNIDDMのインシュリンによって仲介されるブドウ糖の処分を増加するかどうか見るためには、13人の患者は翼部(1000のmg/Thioctacid/500 ml NaClだけ、n = 7)または車を受け取った(NaCl 500のmlの、n =ブドウ糖クランプ調査の間の6)。 グループは両方とも糖尿病の年齢、ボディ固まりの索引および持続期間で対等で、ベースラインで同じような程度のインシュリン抵抗性があった。 翼部の激しく非経口的な管理はインシュリン刺激されたブドウ糖の処分の顕著な増加で起因した; 制御グループが重要な変更(3.57 3.91対ml/kg/min =前にml/kg/min =ポスト)を示さなかった一方、ブドウ糖のための新陳代謝の整理率(MCR)は約50% (3.76 5.82対ml/kg/min =前にml/kg/min =ポスト、p < 0.05)によって上がった。 これはアルファlipoic酸がNIDDMのインシュリンによって刺激されるブドウ糖の処分を高めることを示す最初の臨床調査である。 翼部の行為のモードおよびantihyperglycemic代理店として潜在的な使用はより詳しい調査を要求する。

年齢関連

48. Eur Neuropsychopharmacol。 8月2003日; 13(4): 241-7。
ラットの認識減損のintracerebroventricular streptozotocinモデルに対するアルファlipoic酸の効果。
Sharma M、Gupta YK。
神経薬理学の実験室、薬理学の部門、医学のインドのすべての協会、ニューデリー110029、インド。

現在の調査では、アルファlipoic酸の効果、有効な遊離基の清掃動物は記憶、大脳のブドウ糖およびエネルギー新陳代謝の進歩的な悪化によって特徴付けられる、および酸化圧力調査されたラットの認識減損のintracerebroventricular streptozotocinモデルに対して。 Wistarのラットはintracerebroventricular streptozotocinと互恵的に注入された。 ラットはアルファlipoic酸(50、100および200のmg/kg)と別のグループのstreptozotocinの注入の日1から始まって21日間口頭で慢性的に扱われた。 学習および記憶行動は評価され、ラットは酸化圧力の推定のために犠牲になった。 intracerebroventricular streptozotocinのラットはアルファlipoic酸(200のmg/kg、P.O.)と車によって扱われたラットと比べてかなり示したより少ない認識減損を扱った。 またアルファlipoic酸によって扱われたグループの酸化圧力に些細な増加があった。 調査は年齢および酸化圧力がアルツハイマー病のような複雑である年齢関連のneurodegenerative無秩序と関連付けられた痴呆のintracerebroventricular streptozotocinそして潜在性によって引き起こされた認識減損および酸化圧力を防ぐことのアルファlipoic酸の有効性を示した。

49. J Neurochem。 3月2003日; 84(5): 1173-83。
酸化防止剤老化させたSAMP8マウスのアルファlipoic酸およびN acetylcysteineの逆の記憶減損そして頭脳の酸化圧力。
Farr SA、Poon HF、Dogrukol-Ak D、ドレークJ、WA、Eyerman E、Butterfield DA、Morley JEを取引する。
老人の研究の教育および臨床中心(GRECC)、VAの医療センター(151/JC)、915 N. Grand Boulevard、セントルイス、MO 63109、米国。 farrsa52@aol.com

酸化圧力は年齢関連のneurodegenerative無秩序の重大な役割を担うかもしれない。 ここでは、私達は2つの酸化防止剤、アルファlipoic酸(LA)およびN acetylcysteine (NAC)の機能を、SAMP8マウスで見つけられた認識欠損を逆転させる検査した。 生後12か月までに、この緊張はAbetaの上昇値および学習および記憶の厳しい欠損を開発する。 私達は12ヶ月のSAMP8マウスが、4ヶ月のマウスと比べて、蛋白質のカルボニル(蛋白質の酸化の索引)のレベルを増加したことが、増加されたTBARS (脂質の過酸化反応の索引)分り、蛋白質特定の弱く固定された/強く固定された(W/S)比率の減少はMAL-6 (synaptosomal膜蛋白質の酸化誘発のconformational変更の索引)をスピンラベル化する。 T当惑のfootshockの回避の範例およびレバー両方の12ヶ月のSAMP8マウスのLAまたはNACによって改善される認知の慢性の管理は衝撃を避けるために自発運動量、刺激または体重に対する無指定の効果を引き起こさないでappetitive仕事を押す。 これらの効果は頭脳の内でおそらくNACが血頭脳の障壁を交差させ、頭脳で集まったので、直接行われた。 なお、LAを持つ12ヶ月のSAMP8マウスの処置は酸化圧力の3つの索引をすべて逆転させた。 これらの結果は酸化圧力が認識機能障害をもたらし、酸化防止剤の治療上の役割に証拠を提供できる仮説を支える。

50. Exp. Gerontol。 12月2002日; 37(12): 1489-94。
神経化学物質の変更はラットの頭脳で老化することおよびDLアルファlipoic酸の効果に関連していた。
Arivazhagan P、Panneerselvam C。
医学の生物化学、AL Mudaliar基本的な医学の先生の研究科学生の協会、マドラスのTaramaniのキャンパス、チェンナイの大学の部門600 113、インド。

認識および運動機能の年齢関連の減損は頭脳の異なった区域を含むいくつかの有害な形態学上および機能変更につながった。 神経伝達物質の損失、神経伝達物質への受容器および敏感さは神経学的な老化および年齢関連の無秩序の主明示である。 現在の調査で私達は若者および老化させたラットの分離した頭脳の地域の神経伝達物質に対するDLアルファlipoic酸の効果を評価した。 神経伝達物質のレベルは老化させたラットで下がると見つけられた。 さらに、DLアルファlipoic酸によって扱われた老化させたラットはドーパミン、セロトニンおよびノルアドレナリンの状態の増加を示した。 この調査の結果はDLアルファlipoic酸の(有効な酸化防止剤の)処置が老化の間に神経伝達物質を改良できるという証拠を提供する。 それ故に、それはDLアルファlipoic酸が老化させたラットの頭脳の有効なneuromodulatorとして機能すること完了することができる。

51. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:508-16。
酸化防止食事療法の補足は年齢関連のミトコンドリアの損傷から保護できるか。
Miquel J。
人間工学、アリカンテ、E-03080アリカンテ、スペインの大学の部門。

Harmanの老化の遊離基理論および昆虫のショウジョウバエのmelanogasterの体性ティッシュの、またマウスの睾丸のLeydigおよび固定postmitoticセルトリ細胞の年齢関連のミトコンドリアの退化の私達の電子顕微鏡に見つけることは私達をmetazoan老衰が体性区別された細胞のmitochondriaのゲノムそして膜への酸素の圧力傷害につながるかもしれない老化のミトコンドリア理論を提案するために導いた。 これらの概念は、最近の仕事に従って、大量の注意を、ので反応酸素種(ROS)によって与えられるミトコンドリアの損害引き付けるおよびATPの統合の付随の低下は老化の重要な役割をだけでなく、担うようである、またapoptosisの基本的な細胞プロセスで。 酸化防止剤との食事療法の補足はずっと種独特の最高の寿命を一貫して増加できないが実験動物の平均寿命のスパンの重要な延長で起因する。 さらに、ビタミンCおよびEのような酸化防止剤のハイ レベルを含んでいる食事療法は年齢関連の免疫の機能障害および動脈硬化に苦しむ危険を減らしてできるようである。 現在、年齢関連の酸化防止研究の焦点は混合物に、deprenylのような、補酵素Q10、アルファlipoic酸およびmitochondriaの生産の場所でROSを中和かもしれないN acetylcysteineある、およびグルタチオン前駆物質のthioproline。 これらの酸化防止剤との食事療法の補足は機能寿命のこれらのエネルギー生産の細胞器官および付随の増加のゲノムおよび構造完全性の保存の呼吸つながれた酸素の圧力からmitochondriaを、保護するかもしれない。

52. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:491-507。
老化のラットの中心のミトコンドリアの腐食: アセチルLカルニチンやlipoic酸との食餌療法の補足による改善のための証拠。
ハーゲンTM、Moreau R、Suh JH、Visioli F。
生物化学および生物物理学のLinus Paulingの協会、オレゴンの州立大学、Corvallis、オレゴン97331、米国の部門。 tory.hagen@orst.edu

ミトコンドリアの腐食は老化プロセスの重要で根本的な部分であるために仮定された。 ミトコンドリア機能の低下はより大きいエネルギー需要の時細胞エネルギー欠損を、特にもたらすかもしれ解毒、修理システム、DNAの写しおよび浸透バランスを含む重大なATP依存した細胞操作を、妥協する。 ミトコンドリアの腐食はまた高められたオキシダントの生産をもたらし、酸化侮辱にこうして細胞をより傾向があるするかもしれない。 特に、中心はエネルギーのための脂肪酸のベータ酸化およびミトコンドリアの突然変異および削除のより大きい蓄積を可能にする心臓myocytesのpostmitotic性質の心筋の依存によるミトコンドリアの機能障害に特に敏感かもしれない。 従って、ミトコンドリア機能の維持は全面的な心筋機能を維持して重要かもしれない。 ここに、私達は老化の中心および証拠のmitochondriaにという2つのそのような補足、アセチルlカルニチン(ALCAR) (R) -アルファlipoic酸起こり、心筋のバイオエナージェティックスを改善し、老化と関連付けられる高められた酸化圧力を下げるかもしれない主要な年齢関連の変更を見直す。 古いラットに与えることがALCARカルニチンのレベルの年齢関連の低下を逆転させ、調査されるいくつかのティッシュのミトコンドリアのベータ酸化を改善することを私達および他は示した。 但し、ALCARの補足は心臓酸化防止状態の年齢関連の低下を逆転させないようではなく、こうして大幅に酸化圧力の索引を変えないかもしれない。 Lipoic酸、有効なチオールの酸化防止およびミトコンドリアの代謝物質は、低分子量の酸化防止状態を高めるようで、それにより年齢準の酸化侮辱を減らす。 従って、lipoic酸と共にALCARは心筋機能を維持する有効な補足の養生法であるかもしれない。

53. Proc国民のAcad Sci米国。 2月2002日19日; 99(4): 1876-81。 誤りの: Proc国民のAcad Sci米国5月2002日14日; 99(10): 7184。
年齢準のミトコンドリアの酸化腐食: 古いラットにアセチルLのカルニチンやRアルファ- lipoic酸--に与えることによる頭脳のカルニチンのアセチルトランスフェラーゼの基質結合の類縁そして活動の改善。
劉J、Killilea DWのエームズのBN。
生物化学の分割および分子生物学、バークレー、カリフォルニア94720、米国カリフォルニア大学。

私達はカルニチンのアセチルトランスフェラーゼ(CAT)の年齢の機能障害、燃料の利用のための主ミトコンドリアの酵素が、基質のための減らされた結合類縁が原因であるかどうか、そして古いラットに与えられるこの基質がCATの活動を元通りにするかどうかテストする。 CATの動力学は7週間若く、古いラットとCATの基質のアセチルlカルニチン(ALCAR)および/またはミトコンドリアの酸化防止前駆物質のRアルファlipoic酸(LA)と使用することによって補われた古いラットの頭脳を分析された。 若いラットと比較された古いラットはCATの活動と両方の基質、ALCARおよびCoAのための猫結合の類縁の減少を示した。 古いラットへのLAと供給ALCARかALCARはかなりALCARおよびCoAおよびCATの活動のための猫結合の類縁を元通りにした。 根本的なメカニズムを探検するためには、脂質の過酸化反応および総鉄および銅のレベルは試金された; すべては古いラットで増加した。 供給の古いラットはALCARとLAかLA脂質の過酸化反応を禁じたが、鉄および銅のレベルを減らさなかった。 Feが付いている若ラットの頭脳のヴィヴォの前の酸化(II)によりCATの活動および結合類縁の損失を引き起こした。 Feを持つ浄化されたCATの生体外の酸化(II)は酵素を不活性にしたが、結合類縁を変えなかった。 但し従って、脂質の過酸化反応プロダクトmalondialdehydeを持つCATの生体外の処置によりか4ヒドロキシnonenalは猫結合の類縁および活動の減少を引き起こし、年齢関連の変更をまねる。 ALCARのCATまたはCoAの前培養はmalondialdehyde誘発の機能障害を防いだ。 従って、供給の古いラットは主ミトコンドリアの代謝物質のハイ レベル酸化損傷、酵素活性、基質結合の類縁およびミトコンドリアの機能障害を改善できる。

54. Proc国民のAcad Sci米国。 2月2002日19日; 99(4): 1870-5。 誤りの: Proc国民のAcad Sci米国5月2002日14日; 99(10): 7184。
古いラットへの供給のアセチルLカルニチンそしてlipoic酸はかなり新陳代謝機能を間、減少した酸化圧力改善する。
ハーゲンTM、劉J、Lykkesfeldt J、Wehr CM、Ingersoll RT、Vinarsky V、Bartholomew JCのエームズのBN。
生物化学および生物物理学の部門、Linus Paulingの協会、オレゴンの州立大学、Corvallis、または97331、米国。

ミトコンドリア支えられたバイオエナージェティックスの低下および酸化圧力は老化の間に増加する。 演説するためにはかどうかアセチルlカルニチン[ALCAR飲料水の1.5% (wt/vol)]の食餌療法の付加は死およびhepatocyteの分離の前の1までmoの間および/または(R) -アルファlipoic酸[LA、食事の0.5% (wt/wt)]これらの終点、若く(2-4 mo)および古い(24-28 mo) F344ラットを補われた改良した。 ALCAR+LAは部分的に平均ミトコンドリアの膜の潜在性の年齢関連の低下を逆転させ、かなり(P = 0.02) hepatocellular Oを高めた(2)ミトコンドリア支えられた細胞新陳代謝がこの供給の養生法によって著しく改良されたことを示す消費。 ALCAR+LAはまた若く、古いラットの歩行の活動を高めた; さらに、改善は若い動物対古いでかなりより大きく(P = 0.03)、また古いラットと比較するとより大きい単独でALCARかLAに与えた。 ALCAR+LAがまた酸化圧力の索引に影響を与えたかどうか定めるためには、脂質の過酸化反応(malondialdehyde)のアスコルビン酸そしてマーカーは監視された。 著しく年齢と低下したが、hepatocellularアスコルビン酸塩のレベルは若いラットで見られたレベルに(P = 0.003) ALCAR+LAが与えられたときに元通りになった。 若いラット対古いでかなりより高かった(P = 0.0001) malondialdehydeのレベルはまた後ALCAR+LAの補足低下し、若いunsupplementedラットのそれとかなり違わなかった。 LAを伴う供給ALCARは新陳代謝を高め、酸化圧力を単独でどちらかの混合物よりもっと下げた。

55. Exp. Gerontol。 12月2001日; 37(1): 81-7。
老化させたラットのグルタチオンの新陳代謝の酵素に対するDLアルファlipoic酸の効果。
Arivazhagan P、Ramanathan K、Panneerselvam C。
医学の生物化学、AL Mudaliar基本的な医学の先生の研究科学生の協会、マドラスのTaramaniのキャンパス、600 113、チェンナイ、インドの大学の部門。 palaniarivu@yahoo.com

老化は病気および死への増加する感受性の生理学的な圧力の条件の下でホメオスタティスを、維持する失敗によって特徴付けられる。 広大な期間にわたる不良で生化学的な反作用によって託される間違いの蓄積は老化の間に観察される累積効果を発生させる。 老化の効果間の最も著しいの遊離基が主要な原因の年齢関連の無秩序である。 遊離基のレベルは食事療法、生活様式、環境または他の影響のために増加するとき、酸化防止剤のそれに続く減少で起因する。 減らされたグルタチオンは頻繁にかなり高い濃度のすべての動物の細胞で現在の最も魅惑的な分子の1つ事実上である。 新陳代謝のほとんどを説明するおよびグルタチオンの細胞の規定する特性はチオールの二硫化物交換平衡である必要なメカニズム。 私達は若者のグルタチオンの依存した酵素、グルタチオンおよび水酸ラジカルの年齢準の変化を評価し、lipoateの補足に関してラットを老化させた。 グルタチオンの過酸化酵素の老化させた水酸ラジカルのレベルが若い物でより高かった一方、ラットでは、活動、グルタチオンのグルタチオンの還元酵素、グルタチオンSトランスフェラーゼおよびブドウ糖6隣酸塩デヒドロゲナーゼおよびレベル低かった。 DLアルファlipoic酸、腹腔内のチオールの酸化防止剤の管理老化させたラットに、導かれる水酸ラジカルの時間依存の減少および活動の高度に/水平なグルタチオン システムの。 それ故にそれはlipoateが、dithiol減らされたグルタチオンの酸化を防ぎ、peroxidative損傷から関連の酵素を保護すること提案することができる。

56. FASEB J. 3月2001日; 15(3): 700-6。
老化のラットの中心の酸化圧力は食餌療法の補足によってとの(R) - (アルファ) -逆転するlipoic酸。
Suh JH、Shigenoと、翌日にJD、コックスB、Rocha AE、Frei B、ハーゲンTM。
Linus Paulingの協会、生物化学、オレゴンの州立大学、Corvallis、オレゴン97331、米国の部門。

酸化圧力は中心および他のティッシュの老化プロセスの原因となる要素として関係した。 年齢関連の心筋の酸化圧力の範囲を、オキシダントの生産定めるためには、酸化防止状態および酸化DNAの損傷は若く、(2か月)古い(28か月)オスのFischerの中心で344匹のラット測定された。 古いラットから隔離された心臓myocytesは2,7-dichlorofluorescinジアセタートの酸化の率によって測定されるように若いラットと、比較されたオキシダントの生産の率の三重増加をほぼ示した。 心筋の酸化防止状態の決定はアスコルビン酸のレベルの重要な二重の低下(P = 0.03)、ないアルファ トコフェロールを明らかにした。 酸化DNAの損傷の定常レベルの重要な年齢関連の増加は(P = 0.05) 8オキソ2' deoxyguanosineレベルによって監察されるように、観察された。 調査してかどうかの食餌療法の補足は(R) 0.2%の有無にかかわらず-アルファlipoic酸(LA)酸化圧力、若くおよび古いラットの減少で有効与えられたAIN-93Mの食事療法にだった(w/w)死の前の2週のLA。 古い、LA補われたラットからの心臓myocytesはunsupplemented、若いラットからの細胞のそれともはやかなり違わなかったオキシダントの生産の著しく低率を表わした。 Lipoic酸の補足はまた心筋のアスコルビン酸のレベルを元通りにし、酸化DNAの損傷を減らした。 私達のデータは老化のラットの中心がlipoic酸の補足によってかなり減少する高められたミトコンドリア誘発の酸化圧力の下にあることを示す。

57. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 2000落下; 2(3): 473-83。
(R) -アルファlipoic酸tert-butylhydroperoxideへのhepatocytesの感受性の年齢準の増加を生体外でそして生体内で逆転させる。
ハーゲンTM、Vinarsky V、Wehr CMのエームズのBN。
分子および細胞生物学、94720、米国カリフォルニア州立大学バークレー校の部門。

Hepatocytesは若く、(3-5か月)古い(24-28か月の)ラットから隔離され、tert-butylhydroperoxide (t-BuOOH)のさまざまな集中と孵化した。 2 hrの細胞(LC50)の50%を殺したt-BuOOHの集中は若いラットからの古いラットからの細胞の391 +/- 31 microMに細胞の721 +/- 32 microMからのほぼ二重を低下させた。 古いラットからのhepatocytesのこの高められた感受性は総細胞およびミトコンドリアGSHがより低い37.7%および58.3%それぞれだったので若いラットからのグルタチオン(GSH)のレベルの変更が、細胞と比較される一部には、原因であるかもしれない。 古い動物からの細胞はどちらかと(R) -または(S) -孵化した300のmicroMのt-BuOOHの付加前の30分のlipoic酸(100 microM)。 生理学的に関連したの(R) -に対して、mitochondriaの補酵素、(S) -形作りなさいt-BuOOHの毒性に対する形態のかなり保護されたhepatocytes。 食餌療法の補足の(R) - lipoic酸[0.5% (wt/wt)] t-BuOOHにhepatocellular GSHのレベルの年齢関連の低下および高められた脆弱性同様に逆転する2週間また完全に。 若いラットに与えられた同一の補足の食事療法は酸化防止保護が既に若いラットで最適だったことを示すt-BuOOHへの抵抗を高めなかった。 従って、この調査は古い動物からの細胞がオキシダントの侮辱により敏感であることを示し、(R) - mitochondriaの酸化防止剤への減少の後のlipoic酸、効果的にオキシダントの脆弱性のこの年齢関連の増加を逆転させる。

58. AM J Otol。 3月2000日; 21(2): 161-7。
老化および年齢関連の聴力損失のミトコンドリアの代謝物質の生物活動。
Seidman MD、Khan MJ、Bai U、Shirwany NのひねりWS。
耳鼻咽喉科学の頭部及び首の外科、ヘンリー・フォードの健康システム、デトロイト、ミシガン州48323、米国の部門。

仮説: 老化モデルのupregulateのミトコンドリア機能がヒアリングを改善し、老化の効果の一部を減らすこと混合物。 背景: 反応酸素の代謝物質(ROM)は酸化新陳代謝の知られていたプロダクトで、絶えず生体内で発生する。 100つ以上の人間の臨床条件はアテローム性動脈硬化、関節炎、自己免疫疾患、癌、心臓病、cerebrovascular事故および老化を含むROMによって、関連付けられた。 ROMは非常に反応で、広範なDNA、細胞、および組織の損傷を引き起こす。 ミトコンドリアDNA (mtDNA)内の特定の削除は年齢およびpresbyacusisの増加する頻度と見られる。 これらの削除はROMへの慢性露出の結果である。 十分なmtDNAの損傷が生じるとき、細胞は生物エネルギーに不十分になる。 このメカニズムは老化のミトコンドリアの時計理論、老化の別名膜の仮説の基礎である。 ミトコンドリア機能を高め、複数の年齢関連プロセスを逆転させる栄養の混合物は識別された。 それは年齢関連の聴力損失の保存に対する2ミトコンドリアの代謝物質、アルファlipoic酸およびアセチルのLカルニチンの効果を、記述するこの記事の目的である。 方法: 老化したFischerの21匹のラットは24か月3グループに分けられた: アセチル1カルニチン、アルファlipoic酸および制御。 主題は6週間2つの栄養の混合物の偽薬か1つと口頭で補われた。 聴覚の脳幹の応答のテストがベースラインおよび治療後のヒアリング境界を得るのに使用された。 蝸牛、頭脳骨格筋のティッシュmtDNAの突然変異のために査定するために得られた。 結果: 制御グループは6週間の調査の3から7 dBの期待された年齢準の境界の悪化を示した。 扱われた主題は聴力損失の進行の遅れを経験した。 アセチル1カルニチンは聴覚の境界を同じ期間に改良した(p<0.05)。 老化およびpresbyacusisと関連付けられたmtDNAの削除は制御と比べて扱われたグループで減った。 結論: これらの結果はミトコンドリアの代謝物質との処置によって年齢、老衰とミトコンドリア機能の提案された低下のそれを遅れるかもしれない示す。 アセチル1カルニチンおよびアルファlipoic酸は聴覚の感受性の年齢準の悪化を減らし、蝸牛な機能を改善する。 この効果は年齢誘発の蝸牛なmtDNAの損傷、それによりupregulatingミトコンドリア機能、エネルギー生産の機能の改善を保護し、修理しミトコンドリアの代謝物質の機能と関連しているようである。

59. Neurobiolの老化。 1999日11月12月; 20(6): 655-64。
LTPおよび酸化防止防衛の年齢関連の変更はアルファlipoic酸富ませた食事療法によって逆転する。
McGahon BM、マーティンDS、Horrobin DF、リンチMA。
生理学、三位一体の大学、ダブリン、アイルランドの部門。

識別されるラットの海馬の年齢関連の変更の間でLTPおよびグルタミン酸塩解放の減損はある。 これらの欠損は減らされたアラキドン酸の集中とつながれた。 この調査で私達は制御食事療法またはアルファlipoic酸で富んだ食事療法の8週間与えられた老化させ、若いラットのグループのLTPそしてグルタミン酸塩解放を比較した。 老化させたラットの食餌療法の補足は若いラットから準備されたティッシュで観察されたレベルにhippocampalアラキドン酸の集中を元通りにした。 私達は実験食事療法を受け取った老化させたラットが若いラットから識別不可能なperforant道微粒の細胞のシナプスのLTPをある意味では支えたことを観察したグルタミン酸塩解放の年齢関連の減損がこれらのラットから得られた歯状のgyrusから準備されたsynaptosomesで逆転した一方。 示される証拠はスーパーオキシドのディスムターゼの活動の年齢関連の増加およびアルファ トコフェロールの集中の減少が逆転したので、アルファlipoic酸富ませた食事療法に酸化防止特性がある仮説を支える。 interleukin1 (IL-1)のベータ集中の年齢関連の増加がまた逆転したことが分ることは老化に於いてのこのcytokineのための可能な役割を提案する。

60. FASEB J. 2月1999日; 13(2): 411-8。
(R) -アルファlipoic酸補われた古いラット ミトコンドリア機能、減らされた酸化損傷および増加された代謝率を改善した。
ハーゲンTM、Ingersoll RT、Lykkesfeldt J、劉J、Wehr CM、Vinarsky V、Bartholomew JC、エームズAB。
分子および細胞生物学、バークレー、カリフォルニア94720、米国カリフォルニア州立大学バークレー校の部門。

と(R)補われた食事療法は古いラットに- lipoic酸、ミトコンドリアの補酵素、年齢と見られた新陳代謝の低下の逆転の効力を定めるために与えられた。 若く(3かから5か月)そして古い(24かから26か月)ラットはAIN-93Mの食事療法にの有無にかかわらず(R) - lipoic酸与えられた(2週の間0.5% w/w)は、殺されて、およびレバーparenchymal細胞隔離された。 未処理の古いラットからのHepatocytesに対若い制御かなり低酸素の消費(P<0があった。 03)およびミトコンドリアの膜の潜在性。 (R) - Lipoic酸の補足O2消費の年齢関連の低下を逆転させ、(P<0.03)ミトコンドリアの膜の潜在性を高めた。 歩行の活動、一般的な新陳代謝の活動の測定は、未処理の古いラットでより低くほとんど三重対制御だったが、この低下は与えられた古いラットで(P<0.005) (R) - lipoic酸逆転した。 2つの酸化で作り出される蛍光性によって測定される年齢のオキシダントの増加、7' - dichlorofluorescinは、かなり(R)下がった- lipoic酸によって補われる古いラット(P<0.01)。 Malondialdehyde (MDA)のレベル、脂質の過酸化反応の表示器はunsupplementedラットから細胞の年齢と、5重に増加した。 供給のラットは(R) - lipoic酸の食事療法MDAのレベルを著しく減らした(P<0.01)。 年齢のhepatocytesで低下したグルタチオンおよびアスコルビン酸の両方レベルはしかし損失完全にと(R) - lipoic酸の補足逆転した。 従って、(R) - lipoic酸の補足は新陳代謝の活動の索引を改善したり、また老化で明白な酸化圧力および損傷を下げる。

61. Pharmacol Biochem Behav。 12月1993日; 46(4): 799-805。
有効な遊離基の清掃動物のアルファlipoic酸は老化させたマウスの記憶を改善する: NMDAの受容器の欠損への推定関係。
Stoll S、Hartmann HのCohen SAの紛砕機私達。
精神衛生、精神薬理学、マンハイム、ドイツの部門のための中央協会。

アルファLipoic酸(アルファLA)は15日間体重100つのmg/kgのの線量で開いた実地試験の馴化の老化させたメスNMRIのマウスの長期記憶を改善した。 別の実験では、そのような効果は若いマウスのために見つけることができなかった。 アルファLAは変更、老化させたマウスのベンゾジアゼピンmuscarinicおよびアルファ2 adrenergic受容器の欠損なしで年齢関連NMDAの受容器の欠損(Bmax)を軽減した。 イノシトールの一リン酸塩のcarbachol刺激された蓄積はアルファLAとの処置によって変わらなかった。 これらの結果は仮説にNMDAの受容器の欠損の部分的な補償によってアルファLAが老化させたマウスの記憶を改善すること一時的なサポートを、おそらく与える。 遊離基の清掃動物の特性に基づいてアルファLAの行為の可能なモードは老化の膜の仮説に関連して論議される。

62. Arzneimittelforschung 8月1995日; 45(8): 872-4
アルファlipoic酸によるタイプ2の糖尿病を持つ患者のブドウ糖の処分の強化。
ヤコブS、Henriksen EJのSchiemannのAL、サイモンI、Clancy DE、Tritschler HJ、Jung WI、オーギュスタンHJ、Dietze GJ。
内科、都市病院、Baden-Baden、ドイツの部門。

骨格筋のブドウ糖の通風管のインシュリン抵抗性はタイプII糖尿病(NIDDM)の顕著な特徴である; 従って病理学の介在はインシュリンの感受性を改善することを向けるべきである。 アルファlipoic酸(CAS 62-46-4のthioctic酸、翼部)、頻繁に糖尿病性の多発性神経痛の処置に使用する自然な起こる混合物はさまざまな実験モデルのブドウ糖の利用を高める。 この混合物がまたNIDDMのインシュリンによって仲介されるブドウ糖の処分を増加するかどうか見るためには、13人の患者は翼部(1000のmg/Thioctacid/500 ml NaClだけ、n = 7)または車を受け取った(NaCl 500のmlの、n =ブドウ糖クランプ調査の間の6)。 グループは両方とも糖尿病の年齢、ボディ固まりの索引および持続期間で対等で、ベースラインで同じような程度のインシュリン抵抗性があった。 翼部の激しく非経口的な管理はインシュリン刺激されたブドウ糖の処分の顕著な増加で起因した; 制御グループが重要な変更(3.57 3.91対ml/kg/min =前にml/kg/min =ポスト)を示さなかった一方、ブドウ糖のための新陳代謝の整理率(MCR)は約50% (3.76 5.82対ml/kg/min =前にml/kg/min =ポスト、p < 0.05)によって上がった。 これはアルファlipoic酸がNIDDMのインシュリンによって刺激されるブドウ糖の処分を高めることを示す最初の臨床調査である。 翼部の行為のモードおよびantihyperglycemic代理店として潜在的な使用はより詳しい調査を要求する。

63. 糖尿病8月1996日; 45(8): 1024-9
酸化防止アルファlipoic酸はインシュリン抵抗力があるラットの骨格筋のインシュリン刺激されたブドウ糖の新陳代謝を高める。
ヤコブS、Streeper RS、Fogt DL、Hokama JY、Tritschler HJ、Dietze GJ、Henriksen EJ。
生理学、薬、チューソン、米国の大学アリゾナ州立大学の部門。

筋肉ブドウ糖の新陳代謝のインシュリン抵抗性はNIDDMの認刻極印である。 Zucker肥満の(fa/fa)のラット--筋肉インシュリン抵抗性の動物モデル--激しいかどうかテストするのに使用された(1 h)のための100つのmg/kgの体重および酸化防止アルファlipoic酸(翼部)のラセミ体との慢性の(10日間5-100のmg/kg)非経口的な処置はインシュリン抵抗力がある骨格筋のブドウ糖の新陳代謝を改良できる。 ブドウ糖の輸送活動(純2 deoxyglucose [2 DGの]通風管によって査定される)、純グリコーゲンの統合およびブドウ糖の酸化はインシュリン(13.3 nmol/l)の不在または存在の隔離されたepitrochlearis筋肉で定められた。 2 DG通風管、グリコーゲンの統合およびブドウ糖の酸化の厳しいインシュリン抵抗性は車扱われた細い(Fa/-)ラットからの筋肉によって比較された車扱われた肥満のラットからの筋肉で観察された。 epitrochlearisの翼部のかなり(P < 0.05)改善されたインシュリン仲介された2 DG通風管の激しく、慢性の処置(30 mg.kg-1.day-1、最大限に有効な線量) 62および64%によって肥満のラットから、それぞれ押し進む。 慢性の翼部の処置はインシュリン刺激されたブドウ糖の酸化(33%)およびグリコーゲンの統合両方(38%)を高め、かなりより大きい(21%)生体内の筋肉グリコーゲンの集中と関連付けられた。 慢性の翼部の管理がまたインシュリンおよび脂肪酸なしのかなりより低い(15-17%)血しょうレベルと関連付けられた後これらの適応応答。 ブドウ糖の運送者(GLUT4)蛋白質のレベルに対するまたはhexokinaseおよびクエン酸塩のシンターゼの活動に対する重要な効果は観察されなかった。 一まとめに、これらの調査結果は酸化防止翼部の非経口的な管理がかなりインシュリンstimulatableのブドウ糖の交通機関とインシュリン抵抗力があるラットの骨格筋のブドウ糖の新陳代謝の酸化およびnonoxidative細道の容量を高めることを示す。

64. AM J Physiol 7月1997日; 273 (1つのPt 1): E185-91
インシュリン抵抗力がある骨格筋のブドウ糖の新陳代謝に対するlipoic酸の立体異性体の差動効果。
Streeper RS、Henriksen EJ、ヤコブS、Hokama JY、Fogt DL、Tritschler HJ。
生理学、チューソン85721-0093、米国アリゾナ州立大学の部門。

酸化防止アルファlipoic酸(翼部)のラセミ体はインシュリン抵抗力がある人間および動物のインシュリン刺激されたブドウ糖の新陳代謝を高める。 私達はインシュリン抵抗性、hyperinsulinemiaおよびdyslipidemiaの動物モデルの骨格筋のブドウ糖の新陳代謝に対する翼部の純粋なR- (+)およびS-の(-)鏡像体の個々の効果を定めた: Zucker肥満の(fa/fa)のラット。 肥満のラットは鋭く腹腔内に扱われた(1 h)のための100つのmg/kgの体重または慢性的に[R-の(+) -翼部の30のmg/kgまたはS-の(-) -翼部]の50のmg/kgの10日。 ブドウ糖の輸送[2 deoxyglucose (2 DGの)通風管]、グリコーゲンの統合およびブドウ糖の酸化はインシュリン(13.3 nM)の不在または存在のepitrochlearis筋肉で定められた。 鋭く、増加したR-の(+) -翼部は64%によって2 DG通風管を(P < 0.05)、一方S-の(-) -翼部もたらさなかった重要な効果をインシュリン仲介した。 慢性R-の(+) -翼部の処置はかなり血しょうインシュリン(17%)および脂肪酸なし(FFAを減らしたが; 35%) 車扱われた肥満動物に関連して、S- (-) -翼部の処置更にインシュリン(15%)を増加し、FFAに対する効果をもたらさなかった。 インシュリン刺激された2 DG通風管は慢性R-の(+) -翼部の処置によって65% 29%の改善だけで、一方S-の(-) -翼部の管理起因した高められた。 慢性R-の(+) -翼部の処置はインシュリン刺激されたグリコーゲンの統合の26%の増加およびインシュリン刺激されたブドウ糖の酸化の33%の強化を引き出した。 これらの変数の顕著な増加はS- (-) -観察されなかった翼部の処置の後で。 ブドウ糖の運送者(GLUT-4)蛋白質は不変後慢性R-の(+) -翼部の処置でしたが、81 +/- S-の(-) -翼部の処置の肥満制御の6%に減った。 従って、酸化防止翼部との慢性の非経口的な処置はS-の(-)鏡像体よりはるかに有効でR-の(+)鏡像体がインシュリン抵抗力があるラットの骨格筋のインシュリン刺激されたブドウ糖の輸送そして非酸化および酸化ブドウ糖の新陳代謝を、高める。

65. 自由なRadic Biol Med 12月2000日; 29(11): 1122-8
Lipoic酸は脂質の過酸化反応および蛋白質のglycosylationを減らし、増加する(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) -最高のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動人間の赤血球をブドウ糖扱った。
ジャイナ教SK、Lim G。
小児科、ルイジアナの州立大学の健康科学の部門は、シュリーブポートのLA 71130、米国集中する。 sjain@lsuhsc.edu

Lipoic酸の補足は糖尿病性のニューロパシーのneurovascular異常を防ぐことで有利であるために確認されている。 不十分(Na (+) + K (+))-アデノシン三リン酸化水分解酵素の活動はように糖尿病性のニューロパシーの開発の貢献の要因提案された。 この調査はlipoic酸が脂質の過酸化反応およびglycosylationを減らし、増加できること仮説をテストするために引き受けられた(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) -最高のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動赤血球(RBC)をブドウ糖露出した。 洗浄された正常な人間RBCは24のh.のための37の摂氏温度の動揺の湯せんのlipoic酸0-0.2 mMのの正常で、(6つのmM)高いブドウ糖の集中(45のmM)と(SおよびRのsterioisomersの混合物)扱われた。 正常のlipoic酸の前にRBCによってブドウ糖の消費の重要な刺激行い、最高はRBCをブドウ糖扱った。 Lipoic酸はかなりglycatedヘモグロビン(GHb)のレベルを下げ、RBCの脂質の過酸化反応は高いブドウ糖の集中に露出した。 高いブドウ糖の処置はかなり活動をの下げた(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) - RBCの膜のアデノシン三リン酸化水分解酵素。 Lipoic酸付加はかなり活動の減少をの妨げた(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) -高いブドウ糖のアデノシン三リン酸化水分解酵素RBCを扱った。 脂質の過酸化反応、GHbに相違がなかったし、(Na (+) + K (+))-そしてカリフォルニア(++) -常態のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動レベルlipoic酸の有無にかかわらずRBCをブドウ糖扱った。 従って、lipoic酸はおよび増加(Na (+)を+ K脂質の過酸化反応および蛋白質のglycosylationを下げることができる(+))-そしてカリフォルニア(++) -高ブドウ糖のアデノシン三リン酸化水分解酵素の活動lipoic酸が遅れるかもしれなかったりまたは糖尿病のニューロパシーの開発を禁じる潜在的なメカニズムを提供するRBCを露出した。

66. 自由なRadic Biol Med 8月1999日; 27 (3-4): 309-14
RACアルファlipoic酸の経口投与はタイプ2の糖尿病の患者のインシュリンの感受性を調整する: 偽薬制御の試験試験。
ヤコブS、Ruus P、Hermann R、Tritschler HJ、Maerker E、Renn W、オーギュスタンHJ、Dietze GJ、Rett K。
高血圧および糖尿病の研究ユニット、Grundig最高の医院、ブール細工および都市病院、Baden-Baden、ドイツ。 snjacob@med.uni-tuebingen.de

アルファlipoic酸(翼部)、自然発生の混合および根本的な清掃動物は異なった実験および動物モデルのブドウ糖の輸送そして利用を高めるために示されていた。 臨床調査は激しいおよび短期の後でインシュリンの感受性の増加を記述した(翼部の10 d)非経口的な管理。 アルファlipoic酸との4週間の口頭処置の効果は偽薬制御の多中心のパイロット・スタディで定まるために口頭処置がまたインシュリンの感受性を改善するかどうか見る評価された。 タイプ2の糖尿病を持つ74人の患者はどちらかの偽薬にランダム化された(n = 19); または600 mgのさまざまな線量の活動的な処置一度毎日(n = 19)、毎日二度(1200のmg; n = 18)、または3倍に毎日(1800のmg; n = 18) アルファlipoic酸。 isoglycemicブドウ糖クランプは幾日0 (前に)および29にされた(ポスト)。 このexplorative調査では、分析は処置の後でインシュリンの感受性の改善を示す主題の数に従って行われた。 なお、インシュリンの感受性に対する能動態の効果は対偽薬の処置比較された。 すべての4グループは対等で、ベースラインで同じような程度のhyperglycemiaおよびインシュリンの感受性があった。 偽薬と比較されたとき、かなり多くの主題に翼部の処置の後で各グループのインシュリン刺激されたブドウ糖の処分(MCR)の増加があった。 3つのアルファlipoic酸のグループで見られた線量の効果がなかったので翼部を受け取るすべての主題は「活動的な」グループで結合され、次に偽薬と比較された。 これは処置(偽薬の後でMCRのかなり違う変更を対+27%明らかにした; p < .01)。 この偽薬制御のexplorative調査は翼部の激しく、慢性の静脈内の管理の後でタイプ2の糖尿病のインシュリンの感受性の増加の前の観察を確認する。 結果はアルファlipoic酸の経口投与がタイプ2の糖尿病を持つ患者のインシュリンの感受性を改善できることを提案する。 この試験試験の有望な調査結果はより詳しい調査によって立証される必要がある。

67. 糖尿病の心配2月1999日; 22(2): 280-7
アルファLipoic酸処置の減少血清の乳酸塩およびピルボン酸塩の集中はおよびタイプ2の糖尿病を持つ細く、肥満の患者のブドウ糖の有効性を改善する。
コンラートT、Vicini P、Kusterer K、Hoflich A、Assadkhani A、Bohles HJ、Sewell A、Tritschler HJ、Cobelli C、Usadel KH。
内科、J.W. Goethe大学、ブランクフルト、ドイツの部門。

目的: 私達は口頭ブドウ糖負荷試験(OGTTs)および傾きの変更された頻繁に見本抽出された静脈内のブドウ糖負荷試験(FSIGTTs)の後でlipoic酸(LA)、ピルボン酸塩のデヒドロゲナーゼの複合体(PDH)の、インシュリンの感受性(SI)およびブドウ糖の有効性(SG)と血清の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベルの補足因子の効果を検査した(n = 10)および肥満(n = 10)タイプ2の糖尿病を持つ患者。 研究設計および方法: FSIGTTデータは最低の模倣の技術によって口頭処置(4週間600 mg、1日に2回、)の前後にSIおよびSGを定めるために分析された。 ブドウ糖のローディングが傾きのそれらと比較された後糖尿病性の患者の血清の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベル(n = 10)および肥満(n = 10) SIおよびSGがまたFSIGTTデータから定められた健康な制御主題。 結果: 絶食の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベルはタイプ2の糖尿病を持つ患者でかなり増加した。 これらの代謝物質はタイプ2の糖尿病を持つ細い患者のブドウ糖のローディングの後で高い絶食の集中を超過しなかった。 但し、肥満の糖尿病性の患者の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベルの二重の増加は測定された。 LAの処置は両方の糖尿病患者のグループ(傾き1.28 +/- 0.14から1.93 +/- 0.13の増加されたSGと関連付けられた; 肥満の1.07 +/- 0.11から1.53 +/- 0.08 x 10 (- 2)分1、P < 0.05)。 より高いSIは細い糖尿病性の患者だけで絶食のブドウ糖を測定された下げ、(P < 0.05)。 ブドウ糖のローディングがLAの処置の後に細く、肥満の糖尿病性の患者により低くおよそ45%だった前後に乳酸塩およびピルボン酸塩。 結論: LAを持つ細く、肥満の糖尿病性の患者の処置は血清の乳酸塩およびピルボン酸塩のレベルのhyperglycemia誘発の増分を防ぎ、SGを増加する。

68. Exp. Clin Endocrinolの糖尿病1996年; 104(3): 284-8
thioctic酸の繰り返された非経口的な管理の後のタイプ2の糖尿病のインシュリン刺激されたブドウ糖処分の改善。
ヤコブS、Henriksen EJ、Tritschler HJ、オーギュスタンHJ、Dietze GJ。
高血圧および糖尿病の研究ユニット、Grundig最高の医院、ブール細工、ドイツ。

骨格筋のブドウ糖の通風管のインシュリン抵抗性はタイプII糖尿病(NIDDM)の顕著な特徴である; 従って、病理学の介在はインシュリンの感受性を改善することを向けるべきである。 Thioctic酸(TA)、自然発生する混合物は、激しく、慢性の管理の後でさまざまな実験モデルのブドウ糖の利用を高めるために示されていた。 それはまた激しい管理の後でNIDDMの患者のインシュリン刺激されたブドウ糖の処分を高めた。 このパイロット・スタディはこの混合物がまた繰り返された処置の後で人間のブドウ糖の処分を増加するかどうか見るために始められた。 NIDDMの20人の患者は10日一定期間に渡って注入としてTA (500 mg/NaCl 500のmlの、0.9%)を毎日受け取った。 hyperinsulinaemic、isoglycaemicブドウ糖クランプは日0にされ、TAの日11.の非経口的な管理は約30% (ブドウ糖のための新陳代謝の整理率、2.5 +/- 3.2 +/- 0.4 ml/kg/min対0.3によってインシュリン刺激されたブドウ糖処分の顕著な増加でおよびインシュリン感受性索引起因した: 3.5 +/- 4.7 +/- 0.4 mg/kg/microU/ml対0.5; p < 0.05のWilcoxonランク合計テスト)。 ブドウ糖またはインシュリンのための絶食血しょうレベルに変更がなかった; しかしこれは処置および観察の短期間までに説明することができる。 これはTAの10日間の管理がNIDDMのインシュリン刺激されたブドウ糖の処分の抵抗を改善できることを示す最初の臨床調査である。 実験データは行為のモードの複数のメカニズムを提案する。 現在の調査が自由な試験試験だったので更に調査結果の臨床関連性およびこの混合物の行為のモードを明瞭にするために、有望な結果は管理された調査を求める。

69. アルファlipoic酸のmircomolar集中によるラットL6の筋肉細胞の酸化圧力誘発のインシュリン抵抗性に対する保護。
MadduxのBAは、WのローレンスJCジュニア、GoldfineのAL、Goldfine ID、エバンズJLを見る。
糖尿病の研究所、Mount Zionの病院、サンフランシスコ、カリフォルニア94143-1616、米国。 bmaddux@itsa.ucsf.edu
糖尿病。 2月2001日; 50(2): 404-10。 フルテキストの記事http://diabetes.diabetesjournals.org/cgi/content/full/50/2/404をここに解放しなさい

糖尿病性の患者では、アルファlipoic酸(LA)は高められたブドウ糖の処分に終って骨格筋のブドウ糖の輸送を、改善する; 但し、LAの行為の分子メカニズムは現在未知である。 私達はその培養されたラットL6の筋肉細胞の基底のおよびインシュリン刺激されたブドウ糖の輸送に対するLAの効果をoverexpress GLUT4調査した。 2 deoxy Dブドウ糖の通風管がこれらの細胞で測定されたときに、それらは野生タイプL6細胞よりインシュリンに敏感、敏感だった。 集中のLAは、酸化圧力--にさらされなかった細胞で<または= 1つのmmol/l、ブドウ糖の輸送に対する小さい効果だけもたらした。 H2O2を発生させ、酸化圧力を引き起こすために細胞がブドウ糖酸化酵素およびブドウ糖--にさらされたときにインシュリン刺激されたブドウ糖の輸送にマーク付きの減少があった。 10-1,000 pmol/lの集中範囲上のLAとの前処理はH2O2によって阻止からインシュリンの効果を保護した。 LAのRおよびSの異性体は両方均等に有効だった。 さらに、酸化圧力により圧力に敏感なp38によってmitogen活動化させたプロテイン キナーゼの急速な活発化と共に減らされたグルタチオンの集中の重要な減少(およそ50%)を、引き起こした。 LAとの前処理は保護のインシュリンの行為と一致した両方のでき事を防いだ。 これらの調査は筋肉で、インシュリン刺激されたブドウ糖の処分の主要な場所が、インシュリン シグナリング滝に対するLAの1つの重要な効果酸化圧力誘発のインシュリン抵抗性から細胞を保護することであることを示す。

70. 糖尿病性の砂ラットの激流の開発はアルファlipoic酸およびガンマ リノレン酸の共役と扱った。
Borenshtein D、Ofri R、Werman M、硬直したA、Tritschler HJ、Moeller W、Madar Z。
農業、食糧および環境基準科学、エルサレム、Rehovot 76100、イスラエル共和国のヘブライ大学の能力。
1月2月糖尿病のMetab ResのRev. 2001日; 17(1): 44-50。

背景: 糖尿病は激流のような長期複雑化を一般にもたらす。 この調査は糖尿病性の砂ラットの激流の開発に対するアルファlipoic酸(LPA)およびガンマ リノレン酸(GLA)の共役の効果を調査した。 方法: 2つの別々の実験は行なわれた。 実験1では、砂ラットは「高エネルギー」食事療法(70%の澱粉)、タイプ2の糖尿病の激しいモデルに与えられ、LPAと注入された。 実験2では、動物は「媒体エネルギー」食事療法(59%の澱粉)、慢性の糖尿病性モデルを受け取り、LPAかGLAの共役とintubated。 実験中、血ブドウ糖のレベルおよび激流の開発は測定された。 実験の終了で、レンズのアルドースの還元酵素(AR)の活動およびレンズの減らされたグルタチオン(GSH)のレベルは分析された。 結果: LPAの注入はかなり激流の開発を禁じ、ラットの減らされた血ブドウ糖のレベルは「高エネルギー」食事療法に与えた。 レンズARの活動はレンズGSHのレベルは増加したがより低くがちだった。 砂ラットでは「媒体エネルギー」食事療法(59%の澱粉)に、LPAの挿管法もたらさなかった血ブドウ糖のレベルに対する効果をおよび激流の開発与えたしかしGSHのレベルは増加した。 それに対して、GLAとintubated砂ラットは示し、最も高い血ブドウ糖のレベルを加速した激流の開発を活用する。 共役処置はまたレンズGSHの内容を減らした。 結論: LPAのhypoglycemic効果はタイプ2の糖尿病の激しい徴候の防止で有利である。 それはLPAの酸化防止活動が砂ラットの激流の進行の防止か阻止に責任があること示されていることを残る。 版権2000年のジョン ワイリー及び息子、株式会社。

  • ページ
  • 1
  • 2