ビタミン

1. J AMの食事療法Assoc。 12月1989日; 89(12): 1805-7.
2. 血。 4月2007日15日; 109(8): 3279-83。
3. Jは抗夫の骨を抜くMetab. 2001;19(3):146-9.
4. J Nutr。 11月2004日; 134(11): 3100-5。
5. Osteoporos Int。 7月2007日; 18(7): 963-72。、
6. Jは抗夫Resの骨を抜く。 4月2007日; 22(4): 509-19。
7. Schurgersの等血 2007;109:2823.
8. Spronk等J Vasc Res 2003;40:531.
9. Thromb Haemost。 2001年(Suppl 7月): P473.
10. J Nutr 1999;129:1201–3.
11. Br J Nutr。 8月1996日; 76(2): 223-9。
12. J Nutr。 9月2002日; 132(9): 2609-12。
13. Menaquinone-7として自然なビタミンK2。 モノグラフ2006年4月
14. Eur J Pharmacol。 9月2002日20日; 451(3): 237-43。
15. インドJ Exp. Biol。 3月1997日; 35(3): 264-6。
16. AM J Clin Nutr。 6月1996日; 63(6): 985S-990S.
17. FASEB J.4月1995日; 9(7): 526-33。
18. J AM Coll Nutr。 4月1995日; 14(2): 124-36。
19. Clin Physiol Biochem. 1986;4(1):78-86.
20. Int J Vitam Nutr Res. 1980;50(3):301-8.
21. Altern MedのRev。 11月2003日; 8(4): 359-77。
22. JはDermatolを投資する。 4月2002日; 118(4): 565-72。
23. エールJ Biol Med。 1985日11月12月; 58(6): 553-9。
24. 自由なRadic Biol Med。 9月2007日1日; 43(5): 853-9。
25. 精神薬理学 (Berl)。 1月2002日; 159(3): 319-24。
26. 生体内で。 1994日11月12月; 8(6): 1079-85。
27. Anesteziol Reanimatol。 1990年の9月10月; (5): 71-4。
28. Sci Resの獣医。 9月1981日; 31(2): 219-23。
29. Chem Biolは相互に作用している。 7月2001日31日; 137(1): 75-88。
30. アクタObstet Gynecol Scand. 2007;86(7):783-7.
31. Respir Med。 8月2007日; 101(8): 1770-8。
32. Mutat Res。 1990年の7月; 241(3): 305-12。
33. 突然変異原Molの囲みなさい. 1993;21(3):229-36.
34. Exp.の肺Res。 1998日3月4月; 24(2): 219-32。
35. J Nutr。 6月1994日; 124 (6つのSuppl): 981S-986S.
36. BiomedはSciを囲む。 3月1998日; 11(1): 7-14。
37. 毒物学。 11月2002日15日; 180(2): 121-37。
38. 健康Perspectを囲みなさい。 2月2000日; 108(2): 105-8。
39. インドJの公衆衛生。 1998日1月3月; 42(1): 20-3。
40. Progの食糧Nutr Sci. 1991;15(4):183-217.
41. J AM Coll Cardiol。 11月2003日5日; 42(9): 1656-62。
42. J Pediatr Gastroenterol Nutr。 7月2003日; 37(1): 53-62。
43. 蟹座Sci。 4月2003日; 94(4): 378-82。
44. ADV Ther。 2002日5月6月; 19(3): 151-9。
45. Br J Dermatol。 1980年の1月; 102(1): 49-56。
46. インドJ Med Res。 7月2002日; 116:29-34。
47. インドJ Med Res。 8月1993日; 98:178-84。
48. Vopr Pitan。 1978日1月2月; (1): 44-8。
49. J Nutr。 3月1989日; 119(3): 425-7。
50. Tohoku J Exp. Med。 6月1967日; 92(2): 207-19。
51. Med Sci Monit。 2001日7月8月; 7(4): 592-9。
52. PLoS Med。 9月2005日; 2(9): e307; 著者の応答e309。 Epub 9月2005日27日。
53. AM J Clin Nutr。 9月1988日; 48(3): 604-14。
54. Jの食糧技術. 1969;4:255-67.
55. アーチBiochem Biophys。 7月1993日; 304(1): 176-80。
56. Nahrung。 12月2002日; 46(6): 420-6。
57. Jの細胞Biochem。 6月1999日1日; 73(3): 312-20。
58. 自由なRadic Biol Med。 1月1999日; 26 (1 - 2): 81-9。
59. 脂質。 7月1992日; 27(7): 543-50。
60. 脂質。 12月1989日; 24(12): 1043-7。
61. 相互薬剤Nutr. 1982;1(3):193-204.
62. J Physiol Pharmacol。 9月2005日; 56のSuppl 4:197-201。
63. J Biomed Sci。 2003日3月4月; 10(2): 193-8。
64. 抗癌性の薬剤。 2月1993日; 4(1): 91-6。
65. AM J Clin Nutr。 9月1988日; 48(3): 601-4。
66. Res Commun Chem Pathol Pharmacol。 7月1987日; 57(1): 137-40
67. 細胞の生命MolのSci。 6月2004日; 61(12): 1475-84。
68. Currの制癌剤ターゲット。 5月2004日; 4(3): 285-98。
69. Nutrの蟹座. 2002;42(1):117-24.
70. Biochim Biophysのアクタ。 2月2002日20日; 1574(1): 85-92。
71. JAMA. 7月2003日23日; 290(4): 476-85。
72. Eksp Klin Farmakol。 1993日1月2月; 56(1): 49-51。
73. Vopr Med Khim。 1992日11月12月; 38(6): 31-3。
74. Osteoporos Int。 1月2007日; 18(1): 109-115。 Epub 8月2006日29日。
75. Photochem Photobiol Sci。 2月2006日; 5(2): 238-42。
76. Pediatr Nephrol。 6月1996日; 10(3): 364-7。
77. Rhumイギリス エドRev。 2月1996日; 63(2): 135-40。
78. Proc Nutr Soc。 5月2001日; 60(2): 283-9。
79. Jは抗夫Resの骨を抜く。 7月2003日; 18(7): 1217-26。
80. Proc国民のAcad Sci米国。 10月2002日15日; 99(21): 13487-91。
81. ステロイド。 2001日3月5月; 66 (3-5): 375-80。
82. 骨。 10月2006日; 39(4): 946-53。
83. J AMの食事療法Assoc。 12月1979日; 75(6): 647-65。
84. Photochem Photobiol。 2007日3月4月; 83(2): 459-63。
85. Curr Med Chem。 5月2004日; 11(9): 1113-33。
86. 自由なRadic Biol Med。 2月2000日15日; 28(4): 643-51。
87. 魏Sheng沿Jiu。 3月2004日; 33(2): 243-5。
88. Proc Nutr Soc。 2月2003日; 62(1): 117-22。
89. J Chromatogr A. 10月2004日29日; 1054 (1-2): 227-33。
90. Nahrung。 2月2004日; 48(1): 34-7。
91. AM J Clin Nutr。 2001;74:714-22.
92. Nutrの蟹座。 2003;45(1):93-100.
93. 魏Sheng沿Jiu。 5月2000日30日; 29(3): 172-4。
94. J AM Coll Nutr。 4月2003日; 22(2): 108-17。
95. 魏Sheng沿Jiu。 7月2000日; 29(4): 234-6。
96. Exp. Gerontol。 3月2004日; 39(3): 297-304。
97. J Vasc Surg。 1月2004日; 39(1): 229-37。
98. Photochem Photobiol。 3月1997日; 65(3): 587-92。
99. Medの仮説。 6月1988日; 26(2): 107-11。
100. J Nutr。 2月2001日; 131(2): 366S-368S.
101. アテローム性動脈硬化。 5月2000日; 150(1): 129-34。
102. 肥満(Silver Spring)。 2月2007日; 15(2): 386-91。、
103. 糖尿病のMetab ResのRev。 10月2007日; 23(7): 539-46
104. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 10月2002日; 4(5): 791-8。
105. Biol Chem。 2002日3月4月; 383 (3-4): 457-65。
106. Haematologica。 4月2002日; 87(4): 420-6。
107. J Nutr。 2月2001日; 131(2): 374S-377S.
108. 循環。 9月2007日25日; 116(13): 1497-503。
109. アジアPac J Clin Nutr. 2007;16(3):422-8.
110. 毒物学。 7月1998日3日; 128(2): 113-24。
111. Proc国民のAcad Sci米国。 4月1997日1日; 94(7): 3217-22。
112. J AM Coll Nutr。 6月2004日; 23(3): 233-8。
113. Fundam Clin Pharmacol。 12月2003日; 17(6): 703-7。
114. J Neurosci Res。 3月2004日15日; 75(6): 845-53。
115. 毒物学。 7月2003日15日; 189 (1-2): 129-46。
116. Neurobiolの老化。 2002日9月10月; 23(5): 737-45。
117. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 11月1998日; 1(6): 579-85。
118. J Nutrの健康の老化。 2002;6(6):392-404.
119. 頭脳Res。 2月2001日16日; 892(1): 211-7。
120. Zhonghua Yuの牙イXue Za Zhi。 3月2003日; 37(2): 112-4。
121. Br Jの蟹座。 6月2003日16日; 88(12): 1948-55年。
122. J AM Coll Nutr。 4月2003日; 22(2): 108-17。
123. 自由なRadic Biol Med。 2月2000日15日; 28(4): 643-51。
124. Immunotoxicol。 1987;9(1):47-70.
125. Thromb Haemost。 2月1984日28日; 51(1): 89-92。
126. Eur J Immunol。 5月1981日; 11(5): 371-6。
127. AM J Clin Nutr。 9月2000日; 73(3):804-8.
128. J. Nutr。 2001;131:1195-1201.
129. 生命Sci。 2000;66(2):161-7.
130. 傾向Pharmacol Sci。 8月2002日; 23(8): 360-6。
131. 自由なRadic Biol.Med。 2月2000日15日; 28(4): 505-13。
132. AM J Clin Nutr。 4月1991日; 53 (4つのSuppl): 1027S-1030S.
133. 自由なRadic Biol Med。 1991;10(5):263-75.
134. アンN Y Acad Sci。 1980;355:80-97.
135. BMC Dev Biol。 7月2003日29日; 3(1): 6。
136. Progの核酸Res Mol Biol。 2001;67:131-62.
137. Int J Vitam Nutr Res。 1979;49(2):220-8.
138. Currの薬剤Metab。 4月2002日; 3(2): 211-23
139. AM J Clin Nutr。 5月2003日; 77(5): 1318-23。
140. Curr Med Res Opin。 8月2007日; 23(8): 1879-86。
141. 栄養物。 3月2007日; 23(3): 242-7。
142. Int J Cardiol。 6月2007日12日; 118(3): 345-9。
143. ポール アーチの獣医。 1993;33(3-4):217-21.
144. Eur Jの蟹座Prev。 11月1994日; 3(6): 473-9。
145. AM J Cardiol。 2月2007日15日; 99(4): 476-81。
146. 尖頭アーチ。 1月2007日20日; 369(9557): 208-16。
147. Jの実験室のClin Med。 6月1984日; 103(6): 944-8。
148. 第9版理解の栄養物: Wadsworth/トムソン; ページ310-11。
149. 栄養の補足のためのPDR: Medical Economics、Inc.のページ445-51。
150. Diabetologia。 10月1998日; 41(10): 1168-75.
151. ADV Clin Chem。 1983; 23: 93-140.
152. アクタDiabetol。 2001; 38(3): 135-8.
153. Diabetologia。 11月1996日; 39(11): 1263-8.
154. Biochem Biophys Res Commun。 3月1996日7日; 220(1): 113-9.
155. J AMの食事療法Assoc。 5月1995日; 95(5): 541-4.
156. アクタVitaminol Enzymol。 1982; 4(1-2): 59-68.
157. アクタPhysiol Scand。 1月1979日; 105(1): 1-10.
158. 第9版理解の栄養物: Wadsworth/トムソン; ページ314。
159. 栄養の補足のためのPDR: Medical Economics、Inc.のページ401-3。
160. 臨床栄養物: 機能アプローチ: 機能Medicine、Inc. pg.107のための協会。
161. J Nutr。 12月1999日; 129(12): 2239-45.
162. Biolの跡Elem Res。 11月1998日; 65(2): 109-15.
163. J AMの食事療法Assoc。 8月1997日; 97(8): 867-70.
164. J Nutr。 1月1985日; 115(1): 78-84.
165. J Nutr。 10月1982日; 112(10): 1940-52.
166. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 1981; 27(1): 17-21.
167. アーチLatinoam Nutr。 3月1992日; 42(1): 15-25.
168. ビタミン。 AM J Clin Nutr。 4月1975日; 28(4): 385-91.
169. インドJ Med Res。 11月1998日; 108: 182-90.
170. Semin Dermatol。 12月1991日; 10(4): 293-5.
171. Biochem Med Metab Biol。 12月1989日; 42(3): 185-91.
172. J AM Acad Dermatol。 12月1986日; 15(6): 1263-74.
173. Jの国民の蟹座Inst。 4月1984日; 72(4): 941-8.
174. AM J Ophthalmol。 7月2001日; 132(1): 19-26.
175. 眼科学。 3月2000日; 107(3): 450-6.
176. アーチOphthalmol。 9月1993日; 111(9): 1246-53.
177. Int J Vitam Nutr Res。 9月2001日; 71(5): 274-85.
178. Int J Vitam Nutr Res。 5月2000日; 70(3): 126-38.
179. Altern MedのRev. 4月2001日; 6(2): 141-66. フルテキスト
http://www.thorne.com/altmedrev/.fulltext/6/2/141.html
180. AM J Clin Nutr。 3月1981日; 34(3): 423-7。
181. AM J Clin Nutr。 1980年の10月; 33(10): 2157-67。
182. J Nutr。 82:395-400.
183. J Nutr。 73:172-6.
184. J AMの食事療法Assoc。 12月1989日; 89(12): 1748-52。
185. NutrのRev. 10月1975日; 33(10): 289-97。
186. アーチのインターンMed。 7月2002日22日; 162(14): 1568-76。
187. Arterioscler Thromb Vasc Biol。 11月2001日; 21(11): 1783-9。
188. JAMA. 9月2000日13日; 284(10): 1263-70。
189. アーチのインターンMed。 4月2000日24日; 160(8): 1177-84。
190. AM J Cardiol。 5月2000日1日; 85(9): 1100-5。
191. AmJ Cardiol。 12月1998日17日; 82 (12A): 35U-38U; 議論39U-41U。
192. AM J Cardiol。 9月1998日15日; 82(6): 737-43。
193. AM J Cardiol。 9月1998日1日; 82(5): 697-9、A9。
194. AM J Med。 10月1994日; 97(4): 323-31。
195. アーチのインターンMed。 7月1994日25日; 154(14): 1586-95。
196. JAMA. 3月1994日2日; 271(9): 672-7。
197. 循環。 7月1993日; 88(1): 20-8。
198. J AM Geriatr Soc。 1月1992日; 40(1): 12-8。
299. Eur J Clin Pharmacol。 1991年; 40のSuppl 1: S49-S51.
200. JAMA. 1990年の12月19日; 264(23): 3013-7。
201. 新陳代謝。 7月1985日; 34(7): 642-50。
202. J AMの食事療法Assoc。 12月1989日; 89(12): 1748-52。
203. Biochim Biophysのアクタ。 4月2003日11日; 1647 (1-2): 92-7。
204. 自由なRadic Biol Med。 2月2004日15日; 36(4): 423-8。
205. JAMA. 6月2002日19日; 287(23): 3116-26。
206. Eur J Clin Nutr。 11月2003日; 57(11): 1426-36。
207. JAMA. 8月2002日28日; 288(8): 973-9。
208. 尖頭アーチ。 2月2000日12日; 355(9203): 517-22。
209. NイギリスJ Med。 8月1983日25日; 309(8): 445-8。
210. AcadのNat.出版物。 1998:196-305.
211. NutrのRev。 6月2004日; 62 (6つのPt 2): S3-S12; 議論S13。
212. AM J Clin Nutr. 1994;60:2-11.
213. AM J Clin Nutr。 1999;70:904-910.
214. 重大な健康Stat。 1998;11:1-78.
215. J AM Geriatr Soc. 1996;44:969-953.
216. AM J Clin Nutr。 1994;60:12-14.
217. JAMA. 1997;278:659-662.
218. J AM Geriatr Soc. 1986;34:800-806.
219. 尖頭アーチ。 1月2002日19日; 359(9302): 227-8。
220. Prev Med。 12月2004日; 39(6): 1256-66。
221. Eur J Pharmacol。 9月1993日7日; 241(1): 1-6。
222. JはMetab Disを受継ぐ。 1993;16(4):762-70.
223. アーチMed Res。 2002日9月10月; 33(5): 439-47。
224. 連邦機関Proc。 1986; 45:2627-52.
225. J Clin Psychopharmacol。 6月2001日; 21(3): 335-9。
226. アジアPac J Clin Nutr. 2007;16(1):103-9.
227. 両極Disord。 3月2000日; 2(1): 47-55。
228. J神経Transm。 1999;106(7-8):795-8.
229. J Psychiatr Res。 1997日7月8月; 31(4): 489-95。
230. AM Jの精神医学。 9月1996日; 153(9): 1219-21。
231. 心配。 1996;2(1):51-2.
232. AM Jの精神医学。 7月1995日; 152(7): 1084-6。
233. AM Jの精神医学。 5月1995日; 152(5): 792-4。
234. Australas J Dermatol。 2月1999日; 40(1): 51-3。