Multivitamins

1. AM J Prev Med。 4月2007日; 32(4): 257-63
2. Eur J Nutr。 1月2003日; 42(1): 18-28。
3. 薬剤Exp. Clin Res. 2002 28(2-3):49-62.
4. J Nutr。 8月2001日; 131(8): 2082-9年。
5. Br J Pharmacol。 7月2005日; 145(6): 767-74。
6. J Nutr Biochem。 9月2005日; 16(9): 570-6。
7. Clinの蟹座Res。 7月2006日1日; 12(13): 4018-26。
8. 細胞周期。 2月2006日; 5(4): 371-3。
9. Proc国民のAcad Sci米国。 10月2005日11日; 102(41): 14813-8。
10. Neurobiolの老化。 2月2006日; 27(2): 344-50。
11. J Neurosci。 9月1999日15日; 19(18): 8114-21。
12. J Agricの食糧Chem。 5月2005日4日; 53(9): 3403-7。
13. J Agricの食糧Chem。 7月2004日28日; 52(15): 4713-9。
14. Mutat Res。 2月2003日5日; 535(1): 103-15。
15. Eur Jの蟹座Prev。 12月1996日; 5(6): 425-38。
16. Clinの蟹座Res。 7月2004日15日; 10(14): 4865-73。
17. Biofactors. 2000 13:(1-4):73-9.
18. Jの蟹座Res Clin Oncol.1999 11月; 125(11): 589-97。
19. Br J Nutr。 6月2004日; 91(6): 873-81。
20. Biofactors. 2000 13(1-4):55-9.
21. アクタOtolaryngol。 5月2004日; 124(4): 464-70.
22. 尖頭アーチ。 9月2004日18日; 364(9439): 1021-2。
23. AM J Respir Critの心配Med。 3月2003日15日; 165(6):818-23.
24. Planta Med。 2月2000日; 66(1):25-9.
25. Mut Res. 2001 480;243-268.
26. Biochem J.5月2002日15日; 364 (Pt 1): 301-7。
27. 発癌。 4月1998日; 19(4): 605-9。
28. 新陳代謝。 10月2001日; 50(10): 1130-5。
29. 発癌。 3月2003日; 24(3): 491-5.
30. 発癌。 2月2004日; 25(2): 219-27。
31. Proc国民のAcad Sci. 1997 94:11149-51.
32. J Nutr。 11月2001日; 131 (11のSuppl): 3027S-3033S.
33. Proc国民のAcad Sci. 1997 94:10367-72.
34. Integrの蟹座Ther。 6月2003日; 2(2): 139-44。
35. 蟹座はPrevを検出する. 1997 21(2):178-90.
36. 蟹座Lett。 1990年の1月; 49(1): 51-7。
37. JAMA. 11月1994日9日; 272(18): 1413-20。
38. Food Sci Nutr CritのRev.. 2003 43(1):1-18.
39. Clin Sci。 [Lond] 9月2003日; 105(3): 355-61.
40. アーチBiochem Biophys。 10月2004日1日; 430(1): 127-34。
41. Food Sci Nutr CriのRev.. 2002 42(3):209-21.
42. J Agricの食糧Chem。 4月2004日21日; 52(8): 2358-65。
43. J Agricの食糧Chem。 12月2003日17日; 51(26): 7636-41。
44. Arterioscler Thromb Vasc Biol。 4月2003日1日; 23(4): 622-9。
45. Chem Physの脂質。 6月2003日; 124(1): 23-36。
46. Med Sci Monit。 4月2004日; 10(4): I49-I54.
47. Eur J Clin Nutr。 6月2004日; 58(6): 955-65。
48. J Biol Chem。 7月2002日12日; 277(28): 25290-6。
49. J Mol Biol。 8月2003日15日; 331 (3:725-34。
50. J Nutr Sci Vitaminol [東京]。 8月2003日; 49(4): 270-6。
51. 生命Sci. 2000 66(2):161-71.
52. J Nutr。 6月1998日; 128(6): 1018-22。
53. Proc国民のAcad Sci。 4月1997日米国; 94(7): 3217-22。
54. Med科学のスポーツの練習. 1997 29:992-8.
55. AM J Hypertens。 8月1999日; 12 (8つのPt 1): 747-56。
56. J Nutr Sci Vitaminol (日本)。 12月1996日; 42(6): 517-26。
57. 腎不全(米国)。 1月1996日; 18(1): 131-7。
58. アーチMed Res。 2002日9月10月; 33(5): 439-47。
59. 抗癌性Res。 1999日5月6月; 19 (3A): 1689-97。
60. 。 4月2001日15日; 97(8): 2427-33。
61. AM J Clin Nutr。 7月2004日; 80(1): 108-13。
62. CalcifのティッシュInt。 9月2004日; 75(3): 183-8。
63. 年齢の老化。 1月2004日; 33(1): 45-51。
64. イギリスJ Med。 7月2007日19日; 357(3): 266-81。
65. J Nutr。 5月2002日; 132(5): 961-6。
66. 脂質。 11月1995日; 39(11): 1019-28。
67. J Nutr。 12月1992日; 122(12): 2440-6。
68. Nutrの蟹座. 2001;39(1):66-71.
69. AM Jの健康Syst Pharm。 8月2005日1日; 62(15): 1574-81。
70. JAMA. 6月2002日19日; 287(23): 3127-9。
71. J Clin Biochem Nutr. 1993;14:211-18.
72. アレルギー。 12月2000日; 55(12): 1184-9。
73. Optometry。 4月2004日; 75(4): 216-30。
74. 栄養物。 1月2003日; 19(1): 21-4。
75. Chem Res Toxicol。 9月2003日; 16(9): 1155-61。
76. 自由なRadic Res Commun. 1993;19(4):241-53.
77. 常習者Biol。 7月2002日; 7(3): 307-14。
78. Biochim Biophysのアクタ。 3月1999日14日; 1427(1): 13-23。
79. アーチBiochem Biophys。 2月1999日1日; 362(1): 79-86。
80. 自由なRadic Biol Med。 3月2003日15日; 34(6): 648-62。
81. J Periodontol。 7月1993日; 64(7): 630-6。
82. Altern MedのRev。 8月2000日; 5(4): 372-5。
83. Currの薬剤Metab。 6月2003日; 4(3): 241-8。
84. アーチPharm Res。 12月2000日; 23(6): 605-12。
85. 発癌。 1月2000日; 21(1): 63-7。
86. Proc Soc Exp. Biol Med。 4月1999日; 220(4): 239-43。
87. Jの細胞Biochem Suppl. 1997;27:68-75.
88. Chem Biolは相互に作用している。 12月1995日22日; 98(3): 283-301。
89. 生命Sci. 1998;63(16):1397-403.
90. 細胞の生命MolのSci。 9月2003日; 60(9): 1779-92。
91. Altern MedのRev。 4月2001日; 6(2): 141-66。
92. Clin Physiol Functイメージ投射。 11月2002日; 22(6): 375-8。
93. Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1550-3。
94. 頭脳Res。 5月1997日2日; 755(2): 347-50。
95. Clin Chimのアクタ。 2月2004日; 340 (1-2): 153-62。
96. Pharmacopsychiatry。 6月2003日; 36のSuppl 1: S89-S94.
97. Prat Rev。 6月2000日1日; 50(11): 1195-8。
98. Altern Therの健康Med。 2001日9月10月; 7(5): 70-86、88-90。
99. Int J Microcirc Clin Exp。 1997日3月4月; 17(2): 61-6。
100. J Ethnopharmacol。 3月1996日; 50(3): 131-9。
101. Pharmacol Res。 12月2002日; 46(6): 565-8。
102. Phlebologie。 1991日7月10月; 44(3): 779-86。
103. アクタNeurochir Suppl. 2000;76:87-90.
104. Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1575-6。
105. Pharmacopsychiatry。 3月1996日; 29(2): 47-56。
106. ADV Ther。 1998日1月2月; 15(1): 54-65。
107. Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1540-5。
108. Presse Med。 9月1986日25日; 15(31): 1595-604。
109. J Chromatogr A.8月2002日16日; 967(1): 21-55。
110. J Pharm Pharmacol。 12月1999日; 51(12): 1435-40。
111. J Alternの補足物Med。 6月2003日; 9(3): 411-6。
112. Med Sci Monit。 11月2002日; 8(11): BR439-43.
113. Gastroenterol Nurs。 2001日3月4月; 24(2): 95-7。
114. 蟹座Lett。 12月1999日1日; 147 (1-2): 77-84。
115. Pharmacol Res。 1995日3月4月; 31 (3-4): 183-7。
116. Arzneimittelforschung. 1976;26(5):832-5.
117. Arzneimittelforschung. 1976;26(5):829-32.
118. Altern MedのRev。 4月2001日; 6(2): 141-66。
119. Biosci Biotechnol Biochem。 5月2003日; 67(5): 1140-3。
120. 薬剤Exp. Clin Res. 2001;27(1):3-15.
121. 毒物学。 8月2000日7日; 148 (2-3): 187-97。
122. Res Commun Mol Pathol Pharmacol。 2月1997日; 95(2): 179-89。
123. 自由なRadic Biol Med。 4月1999日; 26 (7-8): 992-1000。
124. GEN Pharmacol。 5月1998日; 30(5): 771-6。
125. J Medの食糧。 2003冬; 6(4): 291-9。
126. アルコール アルコール。 2004日7月8月; 39(4): 303-311。
127. 生命Sci。 10月2003日17日; 73(22): 2883-98。
128. J Agricの食糧Chem。 12月2000日; 48(12): 6384-90。
129. J Clin Nutr。 4月2004日; 58(4): 667-73。
130. 栄養物。 10月2003日; 19(10): 876-9。
131. Biochem Molの細胞。 7月2001日; 223 (1-2): 95-102。
132. Naunyn SchmiedebergsのアーチPharmacol。 5月2004日; 369(5): 473-80。
133. Psychol Med。 1月2004日; 34(1): 51-61。
134. Eksp Klin Farmakol。 2003日9月10月; 66(5): 10-3。
135. 抗ウィルス性Res。 6月2001日; 50(3): 223-8。
136. Immunopharmacol Immunotoxicol。 2月2001日; 23(1): 107-17。
137. Altern MedのRev。 8月1999日; 4(4): 249-65。
138. Biol Pharm Bull。 10月2002日; 25(10): 1388-90。
139. 生命Sci。 8月2002日9日; 71(12): 1449-63。
140. 栄養物。 3月2002日; 18(3): 268-73。
141. J Agricの食糧Chem。 2月2002日13日; 50(4): 677-84。
142. JのステロイドBiochem Mol Biol。 9月2001日; 78(3): 291-8。
143. アクタVirol。 2月2001日; 45(1): 51-4。
144. Microbiol Immunol. 2000;44(9):799-804.
145. 生命Sci。 9月2003日5日; 73(16): 2029-45年。
146. Comp Immunol MicrobiolはDisを感染させる。 1月1996日; 19(1): 31-8。
147. J Agricの食糧Chem。 1月2003日29日; 51(3): 742-5。
148. J Nutr Biochem. 1999;10(6):353-9.
149. Nahrung。 10月2003日; 47(5): 339-44。
150. Phytother Res。 3月2004日; 18(3): 212-23。
151. 抗癌性Res。 2003日7月8月; 23(4): 3237-41。
152. Int Immunopharmacol。 3月2002日; 2(4): 423-34。
153. Planta Med。 11月2001日; 67(8): 737-42。
154. Lik Sprava。 9月2000日; (6): 89-93。
155. J Nutr Sci Vitaminol。 10月1994日; 40(5): 431-41。
156. J AMの食事療法Assoc。 5月2003日; 103(5): 577-81。
157. アテローム性動脈硬化。 9月1998日; 140(1): 147-53。
158. Vopr Pitan。 1976日3月4月; (2): 23-6。
159. AM J Clin Nutr。 12月1988日; 48(6): 1413-7。
160. Vutrの幹. 1982;21(1):51-4.
161. 植物食糧によってはNutrがぶんぶんいう。 9月1989日; 39(3): 267-78。
162. Scand J Gastroenterol。 4月2002日; 37(4): 444-9。
163. J AM Coll Nutr。 2月2004日; 23(1): 55-62。
164. 栄養物。 2003日11月12月; 19 (11-12): 926-9。
165. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 11月2000日; 9(11): 1163-70。
166. 蟹座により制御を引き起こす。 4月2000日; 11(4): 289-98。
167. Nutrの蟹座. 1996;26(2):123-48.
168. 放射性同位体。 8月1979日; 28(8): 485-8。
169. Int Immunopharmacol。 6月2003日; 3(6): 889-900。
170. Br J Nutr。 6月1999日; 81(6): 447-55。
171. アクタPharmは掛かった。 5月1998日; 68(3): 150-6。
172. Eur Jの薬剤Metab Pharmacokinet。 2004日4月6月; 29(2): 87-90。
173. 新陳代謝。 1月2004日; 53(1): 73-6。
174. Br J Clin Pharmacol。 9月2000日; 50(3): 215-20。
175. Carcinog Molの。 3月1999日; 24(3): 169-76。
176. J Int Med Res。 1995日9月10月; 23(5): 342-57。
177. FEBS Lett。 5月1995日29日; 365 (2-3): 164-6。
178. 最もよいPract Res Clin Gastroenterol。 4月2004日; 18(2): 299-313。
179. CochraneのデータベースSystのRev。 2004年; (2): CD003048.
180. ADVはDelivのRev.に薬剤を入れる。 4月2004日19日; 56(6): 809-18。
181. Zentralbl Gynakol。 12月2003日; 125(12): 475-9。
182. AM J Obstet Gynecol。 10月2003日; 189(4): 1202-8。