中心の健康

1. 循環。 10月2000日31日; 102(18): 2284-99。
2. Biofactors. 1999;9(2-4):371-8.
3. 脂質。 7月1989日; 24(7): 579-84。
4. Med Molの面。 1994年; 15のSuppl: s165-75.
5. Biotechnol Molの。 9月2007日; 37(1): 31-7。
6. J Clin Pharmacol。 3月1993日; 33(3): 226-9。
7. Biofactors。 1999;9(2-4):291-9
8. 脂質および老化. 1989; 24(7):579-84.
9. Regul Toxicol Pharmacol。 8月2006日17日; 57(7-8):546-55.)
10. 沿J等 Exp. Gerontol 2月2006日; 41(2): 130-40。
11. Kaneka Corp.の出版されていない調査。
12. LEFの内部出版されていない調査2006年
13. 公衆衛生Nutr。 12月2006日; 9 (8A): 1136-40。
14. AM J Prev Med。 11月2005日; 29(4): 335-46。
15. J AMの食事療法Assoc。 3月2005日; 105(3): 428-40。
16. 小型Rev. Med Chem。 10月2004日; 4(8): 859-71。
17. Nursの立場。 8月2004日11-17日; 18(48): 38-42。
18. Cleve Clin J Med。 3月2004日; 71(3): 208-10、212の215-8 passim。
19. J Nutrの健康の老化. 2001;5(3):144-9.
20. Inflamm Res。 2月2001日; 50(2): 102-6。
21. アーチのインターンMed。 3月2000日27日; 160(6): 837-42。
22. Chimの肛門のアクタ。 2月2007日5日; 583(2): 402-10。
23. J Agricの食糧Chem。 9月2007日5日; 55(18): 7609-14。
24. 脂質。 11月2001日; 36(11): 1195-202。
25. Eur Jの蟹座。 6月2000日; 36(10): 1235-47。
26. 栄養物。 2月2005日; 21(2): 131-6。
27. (市場のhttp://www.nutraingredients.com/news/ng.asp?n=63341-fish-oil-antioxidantによって酸化させる魚油は警告する研究者に消費者に害を与えるかもしれない
ドミニックPatton著20/10/2005のREF)
28. Biochim Biophysのアクタ。 6月2004日1日; 1682 (1-3): 80-91。)
29. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 3月1998日; 58(3): 185-91.
30. Clin Nutr。 6月2004日; 23(3): 423-33。
31. AM J Cardiol。 9月2005日15日; 96(6): 810-4。
32. 中心。 1月2006日; 92(1): 119-20)
33. JAMA. 7月2007日4日; 298(1): 49-60。
34. Phytother Res。 12月2004日; 18(12): 957-62。
35. 集中治療Med。 4月2007日; 33(4): 694-702。 Epub 1月2007日20日。
36. Allerg Immunol (パリ)。 2月2007日; 39(2): 45-50。
37. 自由なRadic Res。 9月2004日; 38(9): 927-32。
38. Allerg Immunol (パリ)。 2月2007日; 39(2): 45-50
39. AM J Hypertens。 1月2007日; 20(1): 1-518。
40. Clin Sci (Lond)。 10月2007日11日[印刷物に先んじるEpub]
41. AM J Physiol Regul Integr Comp Physiol。 9月2005日; 289(3): R771-5.
42. J Cardiovasc Pharmacol。 5月2007日; 49(5): 293-8。
43. Clin Sci (Lond)。 10月2007日11日
44. J Agricの食糧Chem。 10月2000日; 48(10): 4581-9。
45. アテローム性動脈硬化. 2001,158:195–198.
46. Clin Nutr。 6月2004日、23(3): 423-33.
47. Italの中心J.4月2005日; 6(4): 315-22。;
48. JはMedを実習する。 8月2003日; 254(2): 132-9。)
49. Arterioscler Thromb Vasc Biol。 4月2007日; 27(4): 963-8。
50. Epub 2月2007日1.日。
51. 自由なRadic Res。 1月2006日; 40(1) 85-94。
52. J Vasc Surg。 6月1999日; 29(6): 1097-103。
53. 薬剤Exp. Clin Res. 1992;18(8):343-8.
54. CardiovascはTherに薬剤を入れる。 2月1991日; 5 Supplの1:97 - 105。
55. Int J Cardiol。 2月2006日8日; 107(1): 54-60。
56. J Pharmacol Exp. Ther。 7月2000日; 294(1): 126-33。
57. J Appl Physiol。 6月2000日; 33(6): 1962-8年。
58. Br J Anaesth。 12月1984日; 56(12): 1409-16。
59. 米国のパテント5,049,372。 米国のパテント5,227,371。
60. AM J Physiol。 12月1995日; 269 (6つのPt 2): H2155-61.
61. Ceperkovic Z 2006年
62. AM J Epidemiol。 5月1996日1日; 143(9):845-59.
63. McKay DL等J Nutr。 12月2000日; 130(12): 3090-6。)。
64. EMBO Rep。 3月2006日; 7(3): 276-82。
65. 仮説. 2004;62(5):819-24.
66. AM J Physiol Regul Integr Comp Physiol。 1月2004日; 286(1): R182-8.
67. Jの細胞MolのCardiol。 9月1984日; 16(9): 863-6。
68. Surg Res。 2月1989日; 46(2): 157-62。
69. アン西Med Surg. 1951;5:825-9.
70. アン西Med Surg. 1951;5:830-55.
71. アン西Med Surg. 1951;5:856-62.
72. JAMA. 1951;145:1232-6.
73. AM Jの発掘Dis. 1952;19:381-4.
74. ローソン ユンA 等2006年
75. J Nutr。 12月2003日; 133(12): 4135-8。
76. J Nutr。 5月2003日; 133(5): 1291-5。
77. AM J Clin Nutr。 11月2002日; 76(5): 961-7。
78. Br J Clin Pharmacol。 8月2002日; 54(2): 140-6。
79. 腎臓Int。 3月2002日; 61(3): 1040-6。
80. 特別にPediatr。 7月1993日; 39(1): 37-41。
81. 新陳代謝。 12月1985日; 34(12): 1115-21。
82. NイギリスJ Med。 8月1983日25日; 309(8): 448-53。
83. J Nutr。 1月2006日; 136(1): 34-8。
84. AM J Clin Nutr。 10月2007日; 86(4): 1073-81。)
85. 生物化学。 10月1999日19日; 38(42): 13991-8。
86. Greene、R.C. 1996年。 メチオニン、p. 542-560の生合成。 F.C. Neidhardt、R. Curtiss III、J.L. Ingraham、E.C.C.林、K.B. Low、B. Magasanik、W.S. Reznikoff、M.ライリー、M. Schaechter、およびH.E. Umbarger (ED。)、エシェリヒア属大腸菌およびサルモネラでは: 細胞および分子生物学、第2 ED。 ASMの出版物、ワシントンD.C.。
87. アテローム性動脈硬化。 12月1995日; 118のSuppl: S1-S5.
88. Int J Clin Pract Suppl。 7月2002日; (130): 15-9。
89. Curr Atheroscler Rep。 1月2004日; 6(1): 73-8。
90。 2月2004日; 11 (2-3): 105-13。
91. Farmaco。 9月1995日; 50(9): 595-9。
92. 脂質。 2月2004日; 39(2): 143-51。
93. 生命Sci。 6月2006日20日; 79(4): 365-73。
94. J Agricの食糧Chem。 5月2004日19日; 52(10): 2879-86。
95. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸. 1998;58:61-64.
96. Pharmacol Res. 1997;36:293-297.
97. Int J Clin Pharmacol Res. 1996; 16:67-72.
98. Pharmacol Res. 1996;34:181-85.
99. 薬剤Res Devel. 2002;3:159-72.
100. Int J Clin Pharmacol Res. 2001;21:31-41.
101. Gynecol Endocrinol. 2000; 14:187-95.
102. Int Jのティッシュは反応する. 1999;21:85-92.
103. Int J Clin Pharmacol Res. 1999;19:105-16.
104. Clin Pharmacol Ther. 1999;65:439-47.
105. 糖尿病の心配. 1995;18:393-97.
106. Curr Ther Res. 1992;52:507-13.
107. J Medの食糧。 2006落下; 9(3): 378-85。
108. 薬剤R D. 2005;6(4):207-19).
109. NutrのRev。 11月2003日; 61(11): 376-83。
110. J Medの食糧. 2001;4:71-77.
111. Br J Clin Pharmacol. 2000;50:255-62.
112. Physiol Behav. 1999;67:1-7.
113. アーチMed Res. 1997;28:355-60.
114. Curr Ther Res. 1999;60: 458-67.
115. Int J Clin Pharm Res. 1994; 14:27-33.
116. 移植。 6月2004日27日; 77(12): 1848-53。
117. Clin Appl Thromb Hemost。 1月2001日; 7(1): 53-7。
118. AM J Obstet Gynecol。 9月2000日; 183(3): 523-8。
119. J AMの凹みAssoc。 3月2000日; 131(3): 331-5。
120. Curr Opin Obstet Gynecol。 4月1995日; 7(2): 135-9。
121. ハム雑音Reprod。 10月1994日; 9(10): 1954-7年。
122. AM J Obstet Gynecol。 4月1993日; 168(4): 1083-91; 議論1091-3。
123. Res Commun Chem Pathol Pharmacol。 11月1991日; 74(2): 153-65。
124. 循環。 10月2003日7日; 108(14): 1673-5。
125. Italの中心J.8月2001日; 2(8): 582-8。
126. J Thromb Haemost。 11月2004日; 2(11): 1934-40年。
127. 。 5月2004日; 125(5): 1610-5。
128. アンPharmacother。 11月2003日; 37(11): 1593-7。
129. J Thromb Thrombolysis。 10月2002日; 14(2): 145-50。
130. Chemの薬剤。 8月1972日5日; 198:196-7。
131. 尖頭アーチ。 5月1973日5日; 1(7810): 979。
132. アーチのインターンMed。 11月2000日13日; 160(20): 3123-7。
133. NイギリスJ Med。 9月2002日26日; 347(13): 969-74。
134. 細胞の生命MolのSci。 8月2001日; 58(9): 1234-45。
135. Plast Reconstr Surg。 12月2006日; 118(7): 1640-4。
136. Biochem Pharmacol。 10月1999日1日; 58(7): 1167-72。
137. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 4月1995日; 52(4): 223-7。
138. インドJ Med Res. 1969;57(10):1950-62.
139. インドJ Assocの医者. 1989;37(5):323-8.
140. Econ Medの植物Res. 1991;5:48-82.
141. Planta Med. 1979;37:367-9.
142. CardiovascはTherに薬剤を入れる。 8月1994日; 8(4): 659-64。
143. インドJ Med Res。 4月1988日; 87:356-60。
144. インドJ.Med。 Res. 1979; 70(6):992-96.
145. インドJ Med. 1988;87:327-35.
146. Thromb Res. 2003;111(4-5):259-65.
147. プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸。 12月2002日; 67(6): 475-8。
148. インドJ Med Sci。 2月2001日; 55(2): 83-6。
149. J Nutr。 5月2000日; 130(5): 1124-31。