重量管理

1. 老人病学。 2006;52(2):69-75.
2. Nutr Res。 6月2012日; 32(6): 421-7。
3. ポールMerkur Lekarski。 11月2005日; 19(113): 634-7。
4. Medの仮説。 6月2001日; 56(6): 702-8。
5. J Clin Endocrinol Metab。 9月1985日; 61(3): 564-70。
6. Medの仮説。 2008;70(2):358-60.
7. Horm Metab Res。 2000日11月12月; 32 (11-12): 526-36。
8. 成長Horm IGF Res。 6月2002日; 12(3): 147-61。
9. J Endocrinolは投資する。 2005年; 28 (3つのSuppl): 85-93。
10. Eur J Endocrinol。 7月2004日; 151(1): 1-14。
11. サウジアラビア人Med J. 8月2003日; 24(8): 837-41。
12. J Nutrの健康の老化。 2002;6(2):123-6.
13. J Endocrinolは投資する。 6月2001日; 24(6): 438-44。
14. Clin Endocrinol (Oxf)。 9月2005日; 63(3): 280-93。
15. アテローム性動脈硬化。 12月2012日; 225(2): 469-74。
16. JAMA. 1月2008日2日; 299(1): 39-52。
17. 薬剤の老化すること。 2008;25(5):357-69.
18. Andrologia。 8月2008日; 40(4): 259-64。
19. Int J Obes Relat Metab Disord。 4月2000日; 24(4): 485-91。
20. Discov Med。 9月2012日; 14(76): 215-22。
21. ステロイド。 11月2011日; 76(12): 1247-51。
22. Int J Obes Relat Metab Disord。 9月2003日; 27(9): 1044-51。
23. Horm Metab Res。 10月2002日; 34(10): 583-8。
24. 月経閉止期。 2000日11月12月; 7(6): 395-401。
25. Exp. Clin Endocrinolの糖尿病。 6月2012日; 120(6): 355-60。
26. 内分泌学。 12月2007日; 148(12): 5667-79。
27. Obes Res。 4月2005日; 13(4): 717-28。
28. 糖尿病Metab Syndr Obes。 2012;5:21-7.
29. J Nutr Biochem。 1月2006日; 17(1): 63-71。
30. J Agricの食糧Chem。 4月2010日14日; 58(7): 4141-4。
31. Ethnopharmacol。 7月2010日6日; 130(1): 93-7。
32. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 4月2007日; 53(2): 166-73。
33. Nagendran MV。 ブドウ糖の新陳代謝に対するChlorogenic酸の緑のコーヒー豆のエキス(GCE)の効果、高く。 ポスター提示数: 45 LBP. 肥満2011年の肥満の社会の第29年次科学的な会合。 オーランド、フロリダ。 2011年10月1-5日。
34. JはPathol Toxicol Oncolを囲む。 1999;18(3):147-58.
35. Int J Vitam Nutr Res。 12月2008日; 78(6): 275-81。
36. 肥満。 6月2007日; 15(6): 1473-83。
37. 生体内で。 2004日1月2月; 18(1): 55-62。
38. Br J Nutr。 9月2005日; 94(3): 432-6。
39. 肥満。 2月2009日; 17(2): 310-7。
40. J Nutr Biochem。 1月2011日; 22(1): 1-7。
41. で利用できる: http://ods.od.nih.gov/factsheets/Iodine-HealthProfessional/。 2012年9月24日アクセスされる。
42. Altern MedのRev. 6月2002日; 7(3): 218-35。
43. サウジアラビア人Med J. 1月2000日; 21(1): 45-50。
44. Endocr Pract。 2012日5月6月; 18(3): 394-8。
45. Prog Histochem Cytochem。 9月2010日; 45(3): 143-200。
46. 脂質の健康Dis。 11月2008日13日; 7:44。 同じと(31)
47. 脂質の健康Dis。 3月2009日2日; 8: 7.同じと(45)
48. 肥満の研究の進歩。 John Libbey & Company、株式会社、1990:507-14。
49. Eur J Pharmaceut Biopharmaceut。 2009;72:453-62.
50. Agr Biol Chem。 1975;39(2):301-12.
51. 米国パテント3,856,945
52. 米国パテント3,928,322
53. 米国パテント3,973,008
54. 米国パテント3,767,424
55. Int J Obes. 1984;8(4):289-93.
56. Curr Ther Res。 11月1989日; 46(5): 908-12。
57. Altern MedのRev. 3月2004日; 9(1): 63-9。
58. Altern Therの健康Med。 2007日7月8月; 13(4): 32-7。
59. Int J Med Sci。 1月2007日24日; 4(1): 45-52。
60. アンNutr Metab。 1993; 37(1):14-23.
61. 脂質の健康Dis。 3月2008日31日; 7:12。
62. Physiol Behav。 4月2010日26日; 100(1): 42-6。
63. Integr Nutr。 2008;11(2):1-14.
64. 細胞Biochem Funct。 4月2008日; 26(3): 320-8。
65. ポスター数590-P。 で示される: 肥満2011年。
第29年次科学的な肥満の会合。 オーランド フロリダ。 2011年10月1-5日。
66. FASEB J. 2011年4月; 25: (抽象的な補足に会う) 601.9。 、ワシントンD.C.実験生物学2011年で示される。 2011年4月10日。 プログラム第601.9のポスターいいえA278。
67. J Med Molの。 11月2002日; 80(11): 696-702。
68. 科学。 7月2009日10日; 325(5937): 201-4。
69. Biochem Biol MolのInt。 12月1998日; 46(5): 895-903。
70. J Inclの天才Macrocycl Chemは オンラインで出版した: 2011年11月11日
71. Tecnhincalのノート: InSea2生体内の技術的なレポート
72. Nutr J. 5月2011日6日; 10(1): 42。
73. http://shimizuchemical.co.jp/eng/propol/index.html。 2013年3月7日アクセスされる。
74. Eur J Clin Nutr。 2006;60:18-24.
75. Biochem Biophys Res Commun。 7月2005日1日; 332(2): 392-7。
76. Int J Med Molの。 7月2006日; 18(1): 147-52。
77. 出版物2008年のために堤出される。
78. 糖尿病Obes Metab。 1月2010日; 12(1): 72-81。
79. Br J Nutr。 7月2009日; 102(1): 54-9。
80. JAMA. 4月2006日5日; 295(13): 1539-48。
81. Proc国民のAcad Sci米国。 5月2006日16日; 103(20): 7901-5。
82. Curr Opin Clin Nutr Metabの心配。 11月2007日; 10(6): 679-87。
83. 脂質の健康Dis。 3月2008日20日; 7: 10。
84. 中世時の食糧。 グリーンウッドの出版; 2004.
85. サフラン(sativusクロッカス)の生産および処理。 科学の出版業者; 2006.
86. ハム雑音Reprod。 6月1997日; 12(6): 1142-51。
87. BMCの 補足物のAltern Med。 9月2004日2日; 4:12。
88. J Ethnopharmacol。 2月2005日28日; 97(2): 281-4。
89. Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学。 3月2007日30日; 31(2): 439-42。
90. Nutraveris; 2006. 出版されていない調査。
91. Nutr Res。 5月2010日; 30(5): 305-13。
92. JAMA. 11月2004日10日; 292(18): 2243-8。
93. Curr Ther Res; 2002;63(4):263-72.
94. アーチBiochem Biophys。 5月1997日1日; 341(1): 122-8。
95. Curr Therap Res。 2000;61(7):435-42.
96. J Nutr Biochem。 9月2007日; 18(9): 629-34。
97. Proc国民のAcad Sci 米国。 7月1995日3日; 92(14): 6617-9。
98. ステロイド。 3月2000日; 65(3): 124-9。
99. ステロイド。 11月2009日; 74(12): 931-7。
100. Altern Therの健康Med。 2005;11(6):30-4.
101. J AM Coll Nutr。 2月2003日; 22(1): 36-42。
102. Nutr Hosp。 2004日1月2月; 19(1): 45-50。
103. Med SciのスポーツExerc。 5月2004日; 36(5): 814-20。
104. Eur J Clin Nutr。 4月2003日; 57(4): 595-603。
105. Br J Nutr。 9月2002日; 88(3): 243-51。
106. 脂質。 3月2001日; 36(3): 221-7。
107. AM J Clin Nutr。 6月2004日; 79(6): 1118-25。
108. J Int Med Res。 2001日9月10月; 29(5): 392-6。
109. Int J Obes Relat Metab Disord。 8月2001日; 25(8): 1129-35。
110. 脂質。 8月2001日; 36(8): 773-81。
111. J Nutr。 12月2000日; 130(12): 2943-8。
112. J Nutr。 5月2007日; 137(5): 1188-93。
113. Br J Nutr。 5月2007日; 97(5): 1001-11。
114. Br J Nutr。 3月2007日; 97(3): 550-60。
115. Br J Nutr。 2月2007日; 97(2): 273-80。
116. Int J Obes (Lond)。 3月2007日; 31(3): 481-7。
117. AM J Clin Nutr。 5月2007日; 85(5): 1203-11。
118. J Nutr Biochem。 2月2010日; 21(2): 107-15。
119. Nutr Metab (Lond)。 1月2010日20日; 7: 5. doi: 10.1186/1743-7075-7-5.
120. 新陳代謝。 10月1999日; 48(10): 1303-13。
121. Biosci Biotechnol Biochem。 11月2001日; 65(11): 2535-41。
122. J Pharm Pharmacol。 9月1992日; 44(9): 769-71。
123. Int J Obes Relat Metab Disord。 6月2002日; 26(6): 870-2。
124. J Med。 2004;35(1-6):33-48.
125. J Agricの食糧Chem。 10月2003日22日; 51(22): 6618-22。
126. アーチPharm (Weinheim)。 1月2011日; 344(1): 5-19。
127. 食糧Chem Toxicol。 6月2003日; 41(6): 875-83。
128. J Toxicol Sci。 12月2002日; 27のSuppl 1:1-8。
129. 食糧Chem Toxicol。 3月2003日; 41(3): 359-74。
130. 食糧Chem Toxicol。 7月2008日; 46のSuppl 7: S1-S10.
131. 新陳代謝。 1月2004日; 53(1): 73-6。
132. 食欲。 8月2010日; 55(1): 37-43。