ビタミン

1. J Biol Chem。 1月2010日1日; 285(1): 142-52。 
2. 性質。 4月2003日24日; 422(6934): 832。
3. J Biosci。 6月2012日; 37(2): 313-25。
4. J Nutrの健康の老化. 2001;5(2):70-4.
5. JAMA. 6月2002日19日; 287(23): 3116-26。
6. Jは抗夫の骨を抜くMetab。 2001;19(3):146-9.
7. Osteoporos Int。 7月2007日; 18(7): 963-72。、
8. Jは抗夫Resの骨を抜く。 4月2007日; 22(4): 509-19。
9. Br J Nutr。 10月2009日; 102(8): 1171-8。
10. 血。 4月2007日15日; 109(8): 3279-83。
11. アテローム性動脈硬化。 12月2012日; 225(2): 397-402。
12. ADV Nutr。 3月2012日1日; 3(2): 166-73。 doi
13. Thromb Haemost。 10月2008日; 100(4): 593-603。
14. Clin J AM Soc Nephrol。 9月2008日; 3(5): 1504-10。
15. Vitam Horm。 2008;78:393-416.
16. Currの薬剤Saf。 1月2006日; 1(1): 87-97。
17. J Nutr。 6月1999日; 129(6): 1201-3。
18. Br J Nutr 9月2010日; 104(6): 858-62。
19. J Nutr。 9月2002日; 132(9): 2609-12。
20. Clinカルシウム。 11月2007日; 17(11): 1663-72。
21. J Nutr。 11月2004日; 134(11): 3100-5。
22. 血。 4月2007日1日; 109(7): 2823-31。
23. J Vasc Res。 2003日11月12月; 40(6): 531-7。
24. Nutr J. 11月2012日12日; 11:93。 doi: 10.1186/1475-2891-11-93.
25. Biochim Biophysのアクタ。 12月2012日; 1826(2): 443-57。
26. 酸化還元反応Rep。 2010;15(1):11-9.
27. ADV Nutr。 3月2011日; 2(2): 78-88。
28. Altern MedのRev。 11月2003日; 8(4): 359-77。
29. JはDermatolを投資する。 4月2002日; 118(4): 565-72。
30. RadiatはBiophysを囲む。 3月2007日; 46(1): 61-8。
31. 自由なRadic Biol Med。 9月2007日1日; 43(5): 853-9。
32. PLoS Negl Trop Dis。 2012年; 6(7): e1729.
33. Br J Nutr。 12月2003日; 90(6): 1081-5。
34. AM J Clin Nutr。 10月2006日; 84(4): 830-4。
35. 生体内で。 1994日11月12月; 8(6): 1079-85。
36. アンNutr Metab。 1990;34(2):85-92.
37. 精神薬理学 (Berl)。 1月2002日; 159(3): 319-24
38. AM J Clin Nutr。 7月2007日; 86(1): 145-9。
39. GenetテストBiomarkers Molの。 9月2012日; 16(9): 1001-6。
40. Toxicol Pharmacolを囲みなさい。 1月2011日; 31(1): 137-42。
41. アクタのBiochim Biophysの罪 (上海)。 4月2012日; 44(4): 330-8。
42.Nig Q J Hosp Med。 2012日4月6月; 22(2): 85-90。
43. 毒物学。 7月2005日1日; 211 (1-2): 26-35。 
44. Chem Biolは相互に作用している。 7月2001日31日; 137(1): 75-88。
45. 健康Perspectを囲みなさい。 2月2000日; 108(2): 105-8。
46. AM J Ther。 2007日3月4月; 14(2): 189-93。
47. AM J Clin Nutr。 2月2000日; 71(2): 530-6。
48. 毒物学。 11月2002日15日; 180(2): 121-37。
49. J AM Coll Cardiol。 11月2003日5日; 42(9): 1656-62。
50. J Pediatr Gastroenterol Nutr。 7月2003日; 37(1): 53-62。
51. 蟹座Sci。 4月2003日; 94(4): 378-82。
52. ADV Ther。 2002日5月6月; 19(3): 151-9。
53. Br J Dermatol。 1980年の1月; 102(1): 49-56。
54. Respir Med。 8月2007日; 101(8): 1770-8。
55. アクタObstet Gynecol Scand. 2007;86(7):783-7.
56. J Int Med Res。 2012;40(1):28-42.
57. Vopr Pitan。 1978日1月2月; (1): 44-8。
58. J AM Coll Nutr。 1990年の4月; 9(2): 150-4。
59. Jpn J Physiol。 4月1999日; 49(2): 159-67。
60. インドJ Med Res。 7月2002日; 116:29-34。
61. Med Sci Monit。 2001日7月8月; 7(4): 592-9。
62. Int J Toxicol。 2005年; 24 Supplの2:51 - 111。
63. Int J Pharm。 7月2001日17日; 222(2): 271-9。
64. PLoS Med。 9月2005日; 2(9): e307
65. アンN Y Acad Sci。 9月1992日30日; 669:7-20。
66. AM J Clin Nutr。 6月1996日; 63(6): 985S-90S.
67. FASEB J. 4月1995日; 9(7): 526-33。
68. Altern MedのRev. 11月2003日; 8(4): 359-77。
69. J Nutr。 2007;137:2171-84.
70. AM J Clin Nutr。 1999;69:1086-107.
71. Currの薬剤ターゲット。 12月2012日1日; 13(14): 1757-71。
72. AM J Clin Nutr。 1月2003日; 77(1): 189-95。
73. 脂質。 12月2012日; 47(12): 1193-207。
74. PLoS Med。 9月2005日; 2(9): e307.
75. 栄養物のアメリカの大学。 年次総会、2009年10月。
76. FASEB J. 2008年4月; 22会う抽象的な補足: 689。
77. で利用できる: http://www.scientificfoodsolutions.com/ fastC_NBJ_Achievement_Award.html。 2013年1月31日アクセスされる。
78. アーチBiochem Biophys。 7月1993日; 304(1): 176-80。
79. Jの細胞Biochem。 6月1999日1日; 73(3): 312-20。
80. 自由なRadic Biol Med。 1月1999日; 26 (1 - 2): 81-9。
81. 脂質。 7月1992日; 27(7): 543-50。
82. 脂質。 12月1989日; 24(12): 1043-7。
83. 相互薬剤Nutr. 1982;1(3):193-204.
84. Nahrung。 12月2002日; 46(6): 420-6。
85. J Physiol Pharmacol。 9月2005日; 56のSuppl 4:197-201。
86. J Biomed Sci。 2003日3月4月; 10(2): 193-8。
87. Photochem Photobiol。 2007日3月4月; 83(2): 459-63。
88. Jは 抗夫 Resの骨を抜く。 8月2004日; 19(8): 1221-30。
89. Jは抗夫Resの骨を抜く 3月2006日; 21(3): 397-405。
90.  5月2008日; 42(5): 996-1003。
91. ステロイド。 2001日3月5月; 66 (3-5): 375-80。
92: 骨。 10月2006日; 39(4): 946-53。
93. AM J Clin Nutr。 8月2008日; 88(2): 513S-519S.
94. J Clin Endocrinol Metab。 1月2004日; 89(1): 76-80。
95. AM J Prev Med。 7月2011日; 41(1): 68-74。
96. Proc Nutr Soc。 2月2012日; 71(1): 50-61。
97. Medの仮説。 12月2011日; 77(6): 1145-7。
98. Dermatoendocrinol。 1月2011日; 3(1): 11-7。
99. 蟹座Molの。 5月2011日18日; 10:58。
100. JはDermatolを投資する。 12月2012日; 132(12): 2762-9。
101. 抗癌性Res。 1月2012日; 32(1): 223-36。
102. Proc Nutr Soc。 2月2003日; 62(1): 117-22。
103. J Chromatogr A. 10月2004日29日; 1054 (1-2): 227-33。
104. Nahrung。 2月2004日; 48(1): 34-7。
105. J AMの食事療法Assoc。 12月1979日; 75(6): 647-65。
106. AM J Clin Nutr。 2001;74:714-22.
107. 医院(サンパウロ)。 2012;67(2):135-43.
108.Oxid Medの細胞Longev。 2012;2012:785743.
109. J Vasc Surg。 1月2004日; 39(1): 229-37。
110. 糖尿病のMetab ResのRev。 10月2007日; 23(7): 539-46
111. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る。 10月2002日; 4(5): 791-8。
112. Biol Chem。 2002日3月4月; 383 (3-4): 457-65。
113. 遺伝子Nutr。 1月2012日; 7(1): 91-8。
114. J Nutr。 2月2001日; 131(2): 366S-368S.
115. J Nutr。 2月2001日; 131(2): 374S-377S.
116. 循環。 9月2007日25日; 116(13): 1497-503。
117. アジア Pac J Clin Nutr. 2007;16(3):422-8.
118. Haematologica。 4月2002日; 87(4): 420-6。
119. J AM Coll Nutr。 6月2004日; 23(3): 233-8。
120. Fundam Clin Pharmacol。 12月2003日; 17(6): 703-7。
121. J Neurosci Res。 3月2004日15日; 75(6): 845-53。
122. Currの目Res。 9月2010日; 35(9): 842-9。
123. Neurobiolの老化。 2002日9月10月; 23(5): 737-45。
124.Dement Alzheimers。 5月2008日; 4(3): 223-7。
125. J Nutrの健康の老化。 2002;6(6):392-404.
126. 頭脳Res。 2月2001日16日; 892(1): 211-7。
127.イランBiomed J. 10月2008日; 12(4): 217-22。
128. 毒物学。 7月2003日15日; 189 (1-2): 129-46。
129. Br Jの蟹座。 6月2003日16日; 88(12): 1948-55年。
130. 蟹座Immunol Immunother。 7月2007日; 56(7): 973-84。 
131. Vitam Horm。 2007;76:393-418.
132. Vitam Horm。 2011;86:179-215.
133. Zhonghua Yuの牙イXue Za Zhi。 3月2003日; 37(2): 112-4。
134. J Nutr。 6月1985日; 115(6): 807-13。
135. Eur J Nutr。 10月2008日; 47(7): 387-92。
136. 自由なRadic Biol Med。 3月2008日15日; 44(6): 1203-8。
137. Proc国民のAcad Sci米国。 4月1997日1日; 94(7):3217-22.
138. J Pharmacol Sci。 2011;115(3):408-16.
139. Biofactors。 2000;11(1-2):11-3.
140. Biochem Molの細胞。 7月2004日; 262 (1-2): 195-202。
141. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 10月2007日; 53(5): 383-92。
142. 生命延長内部調査。
143. アテローム性動脈硬化。 5月2005日; 180(1): 19-25。
144. アンN Y Acad Sci。 12月2004日; 1031:401-4。
145. アーチPharm Res。 9月2008日; 31(9): 1212-7。
146. 医院 (サンパウロ)。 2009;64(3):235-44.
147. J Atheroscler Thromb。 10月2010日27日; 17(10): 1019-32。
148. 自由なRadic Biol Med。 9月2011日15日; 51(6): 1164-74
149. J Nutr。 11月2001日; 131(11): 2892-7。
150. 魏Sheng沿Jiu。 3月2004日; 33(2): 243-5。
151. Med Molの面。 2007日10月12月; 28 (5-6): 692-728。
152. Nのeuropharmacology。 11月2004日; 47(6): 904-15。
153. インドJ Exp. Biol。 10月2011日; 49(10): 732-8。
154. Semin Urol Oncol 5月1999日; 17(2): 85-90。
155. Proc国民のAcad Sci 米国3月1993日1日; 90(5): 1771-5。
156. FEBS Lett。 10月1998日16日; 437 (1-2): 145-8。
157. アンNutr Metab。 2004;48(3):169-88.
158. FASEB J. 5月2003日; 17(8): 816-22。
159. 自由なRadic Biol Med。 1月2004日1日; 36(1): 1-15。
160. NイギリスJ Med。 5月1996日2日; 334(18): 1156-62。
161. JはPhysiolを植える。 7月2005日; 162(7): 790-6
162. J Nutr Biochem。 7月2004日; 15(7): 380-95。
163. 栄養物。 10月2001日; 17(10): 799-805
164. Med Molの面。 2007日10月12月; 28 (5-6): 423-36。
165. Nutr AnnuのRev。 2007;27:347-62.
166. Vitam Horm。 2007;76:1-21.
167. Vitam Horm。 2007;76:45-65.
168. J Biol Chem。 6月2008日27日; 283(26): 17797-804。
169. AM J Clin Nutr。 3月1997日; 65(3): 785-9。
170. アンN Y Acad Sci。 1980;355:80-97.
171. BMC Dev Biol。 7月2003日29日; 3(1): 6。
172. Progの核酸Res Mol Biol。 2001;67:131-62.
173. J Nutr Biochem。 1月の2013日15日。pii: S0955- 2863(12) 00281-1。
174. Clin Nutr。 12月の2012日28日。pii: S0261- 5614(12) 00280-4。
175. Currの薬剤Metab。 4月2002日; 3(2): 211-23
176. AM J Clin Nutr。 5月2003日; 77(5): 1318-23。
177. Curr Med Res Opin。 8月2007日; 23(8): 1879-86。
178. 栄養物。 3月2007日; 23(3): 242-7。
179. Int J Cardiol。 6月2007日12日; 118(3): 345-9。
180. 健康Perspectを囲みなさい。 2月2009日; 117(2): 254-60
181. J Photochem Photobiol B.4月2010日2日; 99(1): 49-61。
182. 発掘Dis Sci。 6月2010日; 55(6): 1696-703。
183. Br Jの蟹座。 1月2009日27日; 100(2): 233-9。
184. JはMetab Disを受継ぐ。 7月2012日; 35(4): 665-70。
185. J Med Genet。 9月2011日; 48(9): 590-2。
186. AM J Cardiol。 2月2007日15日; 99(4): 476-81。
187. 尖頭アーチ。 1月2007日20日; 369(9557): 208-16。
188. Jの実験室のClin Med。 6月1984日; 103(6): 944-8。
189. AM Famの医者。 12月2010日15日; 82(12): 1526-7。
190. BMJ. 2004;328(7455):1535-6.
191. AM J Clin Nutr。 7月2006日; 84(1): 156-61
192. Br J Pharmacol。 3月2004日; 141(5): 825-30。
193. 循環。 1月1998日27日; 97(3): 237-41。
194. NイギリスJ Med。 2月2002日14日; 346(7): 476-83。
195. Nephrolのダイヤルの移植。 2002年5月; 17(5): 916-22。
196. Clin Chem。 8月2000日; 46 (8つのPt 1): 1065-71。
197. 新陳代謝。 5月2011日; 60(5): 673-80。
198. AM J Clin Nutr。 3月1981日; 34(3): 423-7。
199. AM J Clin Nutr。 1980年の10月; 33(10): 2157-67。
200. J Nutr。 3月1964日; 82:395-400。
201. メーヨーClin Proc。 4月2008日; 83(4): 470-8。
202. AM J Cardiol。 2月2006日15日; 97(4): 477-9。
203. アーチのインターンMed。 7月2002日22日; 162(14): 1568-76。
204. Arterioscler Thromb Vasc Biol。 11月2001日; 21(11): 1783-9。
205. JAMA. 9月2000日13日; 284(10): 1263-70。
206. アーチのインターンMed。 4月2000日24日; 160(8): 1177-84。
207. AM J Cardiol。 5月2000日1日; 85(9): 1100-5。
208. 循環。 7月1993日; 88(1): 20-8。
209. AM J Cardiol。 9月1998日15日; 82(6): 737-43。
210. JAMA. 3月1994日2日; 271(9): 672-7。
211. Neth J Med。 2004日7月8月; 62(7): 229-34。
212. J Clin Lipidol。 2012日3月4月; 6(2): 121-31。
213. Eur J Clin Pharmacol。 1991年; 40のSuppl 1: S49-S51.
214. JAMA. 1990年の12月19日; 264(23): 3013-7。
215. AM J Med。 10月2012日; 125(10): 1026-35。 
216. Farmakol Toksikol。 1988日9月10月; 51(5): 82-6。
217. Ideggyogy Sz。 7月2009日30日; 62 (7-8): 220-9。
218. AM J Clin Dermatol。 2002;3(6):427-33.
219. Vopr Pitan。 1987日3月4月; (2): 15-7。
220. Chem Biolは相互に作用している。 10月2006日27日; 163 (1-2): 94-112。
221. Vitam Horm。 1991年; 46:165-228。 検討。
222. Zh Nevrol Psikhiatr Im S S Korsakova。 2010;110(10):34-9.
223. Genet MolのMetab。 3月2012日; 105(3): 463-71
224. アジアPac Jの蟹座Prev。 2012;13(11):5333-8.
225. Nutr ResのRev. 12月2001日; 14(2): 257-66。
226. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 8月2009日; 18(8): 2195-201。
227. Br J Nutr 4月2007日; 97(4): 764-9。
228. Eur J Clin Nutr。 11月2003日; 57(11): 1426-36。
229. JAMA. 8月2002日28日; 288(8): 973-9。
230. 尖頭アーチ。 2月2000日12日; 355(9203): 517-22。
231. Kardiolポール。 3月2010日; 68(3): 275-82。
232. Exp. Biol Med (Maywood)。 11月2007日; 232(10): 1266-74。
233. AM J Clin Nutr 2月2009日; 89(2): 693S-6S
234. Prev Med。 12月2004日; 39(6): 1256-66。
235. AM J Clin Nutr。 1999;70:904-910.
236. AM J Clin Nutr 8月2008日; 88(2): 348-55。
237. JAMA. 8月1997日27日; 278(8): 659-62。
238. J AM Geriatr Soc。 11月1986日; 34(11): 800-6。
239. 疫学。 5月2007日; 18(3): 367-8。
240. 尖頭アーチ。 1月2002日19日; 359(9302): 227-8。
241. アジア Pac J Clin Nutr. 2007;16(1):103-9.
242. Handb Exp. Pharmacol。 2005;(170):325-38.
243. Altern MedのRev. 2月2003日; 8(1): 7-19。
244. 細胞の生命MolのSci。 12月2011日; 68(24): 3963-9。
245. 傾向Med Molの。 6月2006日; 12(6): 247-54。
246. Med Secoli。 2007;19(1):9-18.
247. Genet MolのMetab。 11月2007日; 92(3): 222-8。
248. アーチMed Res。 2002日9月10月; 33(5): 439-47。
249. Subcell Biochem。 2012;56:1-19.
250. J Nutr。 1月2007日; 137(1): 25-30。
251. 糖尿病。 11月2005日; 54(11): 3073-81。
252. IUBMBの生命。 1月2002日; 53(1): 25-36。
253. Metabの頭脳Dis。 6月2004日; 19 (1-2): 125-34。
254. Eur Neuropsychopharmacol。 5月1997日; 7(2): 147-55
255. 両極Disord。 3月2000日; 2(1): 47-55。
256. ハム雑音Psychopharmacol。 10月2011日; 26(7): 526-30。
257. AM Jの精神医学。 2月2006日; 163(2): 210-6。
258. 心配。 1996;2(1):51-2.
259. Int Clin Psychopharmacol。 11月1999日; 14(6): 353-6
260. J Clin Psychopharmacol。 6月2001日; 21(3): 335-9。