特別な目的

1. 細胞。 12月2006日15日; 127(6): 1109-22。
2. Currのゲノミクス。 12月2010日; 11(8): 562-7。
3. 機械式の老化するDev。 10月2008日; 129(10): 611-3。
4. 食糧MolのNutrのRes。 6月2008日; 52のSuppl 1: S62-70.
5. Proc Jpn Acad Ser B Phys Biol Sci。 2011;87(3):104-13.
6. Cytokine。 8月2009日; 47(2): 137-42
7. Oxid Medの細胞Longev。 2012;2012:741468.
8. 抗癌性の代理店Med Chem。 9月2006日; 6(5): 389-406。
9. 性質。 11月2006日16日; 444(7117): 337-42。
10. 老化の細胞。 10月2011日; 10(5): 908-11。
11. Xenobiotica。 9月2000日; 30(9): 857-66
12. 遺伝子Nutr (2009) 4:297–307
13. Proc国民のAcad Sci米国。 10月2006日31日; 103(44): 16568-73。
14. 頭脳Res。 10月2007日10日; 1173:117-25。
15. で利用できる: http://www.stress.org/americas-1-health-problem/は2013年に1月7日アクセスした。
16. Biolの精神医学。 2月2012日15日; 71(4): 294-300。
17. Comp Biochem Physiolの部DのゲノミクスProteomics。 6月2012日; 7(2): 161-71。
18. Afr J Traditの補足物のAltern Med。 2011年; 8 (5つのSuppl): 208-13。
19. J Pharm Pharmacol。 12月2005日; 57(12): 1509-19。
20. J Alternの補足物Med. 1998;4(3):289-303.
21. Phytomedicine。 5月2001日; 8(3): 207-12。
22. J Alternの補足物Med。 6月2001日; 7(3): 231-40。
23. J Ethnopharmacol。 5月2007日22日; 111(3): 671-6。
24. Phytother。 Res. 2007;21:965-9.
25. Ind J Psych. 2006;48(4):238-42.
26. 人間Nutrのための植物食糧. 1997;50:9-16.
27. 酸化還元反応Rep. 2005;10(5):257-64.
28. JのNat.突き棒。 9月2007日; 70(9): 1410-6。
29. J Ethnopharmacol. 1999;64:91-3.
30. インドJ Physiol Pharmacol. 2007;51:345-53.
31. Jの国民の蟹座Inst。 5月 1997日21日; 89(10): 718-23。
32. 細胞周期。 9月2005日; 4(9): 1201-15。
33. Int J Obes Relat Metab Disord。 3月1998日; 22(3): 227-9。
34. Planta Med 10月2008日; 74(13): 1656-65。
35. 食糧Funct。 8月2012日; 3(8): 810-27
36. JのステロイドBiochem Mol Biol。 5月2008日; 110 (1-2): 176-85
37. Int Jの蟹座 9月2004日1日; 111(3): 440-3。
38. アーチGynecol Obstet。 4月2012日; 285(4): 1145-51。
39. Altern MedのRev。 4月2002日; 7(2): 112-29。
40. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 8月2005日; 14(8): 1953-60年。
41. Int J Gynecolの蟹座。 2006日3月4月; 16(2): 786-90。
42. Postepy Hig Med Dosw (オンラインで)。 9月2008日5日; 62:451-62。
43. Altern MedのRev. 8月2002日; 7(4): 336-9。
44. 蟹座はPrevを検出する. 1997;21(2):178-90.
45. 最もよいPract Res Clin Endocrinol Metab。 8月2011日; 25(4): 543-59。
46. 神経学。 12月2004日28日; 63(12): 2240-4。
47. Int J Clin Pharmacol Ther。 9月2000日; 38(9): 430-5。
48. AM Jの健康Syst Pharm。 5月2010日1日; 67(9): 705-11。
49. Int J Impot Res 12月2008日; Suppl 2: S9-14.
50. Int J Impot Res。 3月2008日; 20(2): 173-80。
51. Phytother Res。 3月2009日; 23(3): 297-302。
52. Jの性結婚のTher。 5月2003日; 29(3): 207-13。
53. 薬剤の研究のヨーロッパの報告。 2005;13(1): 7–13.
54. Akush Ginekol (Sofiia)。 2007;46(5):7-12.
55. Rohdewald P. Pycnogenolのフランスの海上マツ吠え声のエキス。 : Coates PのED。 サプリメントの百科事典。 ニューヨーク; マーセルDekker; 2004.
56. Biofactors。 2009日1月2月; 35(1): 21-7。 doi
57. 泌尿器科学。 12月2006日; 68(6): 1350-4。
58. Andrologia。 11月の2012日7.日doi: 10.1111/and.12035. [印刷物に先んじるEpub]
59. J Ethnopharmacol。 12月2007日3日; 114(3): 412-6。
60. Jの性Med 4月2010日; 7 (4つのPt 2): 1598-607
61. Maturitas。 6月2009日20日; 63(2): 119-23。
62. J Altの補足物Med. 1998;4(3):289-303.
63. 月経閉止期。 2008日11月12月; 15(6): 1157-62。
64. Phytother Res。 4月2012日; 26(4): 510-6。
65. Altern MedのRev。 4月2001日; 6(2): 207-9。
66. Biofactors. 2004;21(1-4):127-31.
67. Inflamm Res。 11月1996日; 45(11): 546-9。
68. インドJ Exp. Biol。 2月1999日; 37(2): 124-30。
69. 発癌。 9月1995日; 16(9): 2057-62年。
70. Exp. Biol Med (Maywood)。 1月2011日; 236(1): 99-106
71. Phytother Res。 3月2011日; 25(3): 402-7。
72. J Ethnopharmacol。 9月2010日15日; 131(2): 443-50。
73. J Ethnopharmacol。 2月2008日28日; 116(1): 64-73。
74. Biol Pharm Bull。 9月2002日; 25(9): 1197-202。
75. Currの制癌剤ターゲット。 11月2008日; 8(7): 634-46。
76. 蟹座Lett。 9月2009日8日; 282(1): 48-54。
77. インドJ Exp. Biol。 5月2009日; 47(5): 355-60。
78. J Neuroinflammation。 1月2010日14日; 7: 3。
79. Inflammation。 12月2011日; 34(6): 620-9。
80. 自由なRadic Biol Med。 5月2011日1日; 50(9): 1081-93。
81. Exp. Biol Med。 3月2004日; 229(3): 247-54。
82. 世界J Gastroenterol。 4月2003日; 9(4): 791-4。
83. Hepatol Res。 3月2006日; 34(3): 199-206。
84. 世界J Gastroenterol。 4月2003日; 9(4): 791-4。
85. Biochem Pharmacol。 8月1994日3日; 48(3): 621-4。
86. Neurosci Int J Dev。 2004日8月10月; 22 (5-6): 363-77。
87. Int J Mol Sci。 2012;13(5):5740-50.
88. Int J Neurosci。 12月2003日; 113(12): 1643-52。
89. Biochim Biophysのアクタ。 9月2000日27日; 1487 (2-3): 113-27。
90. Biochim Biophysのアクタ。 5月2004日3日; 1672(2): 100-11。
91. Z Naturforsch [C]。 2007日3月4月; 62 (3-4): 215-22。
92. トルコ人J Gastroenterol 6月2008日; 19(2): 92-8。
93. Chem Biolは相互に作用している。 5月2009日15日; 179 (2-3): 297-303
94. 世界J Gastroenterol 12月2008日14日; 14(46): 7101-6。
95. Curr Pharm Biotechnol。 9月2009日; 10(6): 641-9。
96. インドJ Exp. Biol。 3月2010日; 48(3): 323-8。
97. Antioxidの酸化還元反応は信号を送る 2005日1月2月; 7 (1-2): 32-41。
98. Eur J Pharmacol 9月2008日28日; 593 (1-3): 105-11。
99. 食糧Funct。 11月2012日; 3(11): 1109-17。
100. Toxicol Indの健康。 8月2012日17日。 [印刷物に先んじるEpub]
101. 毒物学 3月2004日1日; 196 (1-2): 117-25。
102. 発癌。 3月2007日; 28(3): 611-24。
103. J Biol Chem。 2月2002日1日; 277(5): 3456-63。
104. Biochem Pharmacol。 12月2005日5日; 70(12): 1772-84。
105. 蟹座はPrevを検出する。 2006;30(2):174-9.
106. Exp. Ther Med。 1月2010日; 1(1): 33-40。
107. J Agricの食糧Chem。 11月2011日23日; 59(22): 11975-82。
108. Proc国民のAcad Sci米国。 9月1993日1日; 90(17): 7915-22。
109. 科学。 10月1997日17日; 278(5337): 407-11。
110. ハム雑音Genet。 3月1996日; 97(3): 319-23。
111. 蟹座Sci。 4月2004日; 95(4): 290-9。
112. 発癌。 4月1995日; 16(4): 861-7。
113. Proc国民のAcad Sci米国。 1990年の10月; 87(19): 7777-81。
114. 突然変異原Molの囲みなさい. 1997, 30(4): 468-74.
115. 突然変異原Molの囲みなさい. 1996, 27(3): 211-8.
116. 毒物学. 2000;155(1-3):63-71.
117. Inflamm Res。 3月2003日; 52(3): 101-6。
118. Exp. Biol Med。 3月2004日; 229(3): 247-54。
119. Exp. Biol Med (Maywood)。 1月2011日; 236(1): 99-106。
120. Mutat Res。 2003日2月3月; 523-524: 209-16。
121. JはDermatolを投資する。 8月2001日; 117(2): 309-17。
122. Arerugi。 6月2010日; 59(6): 706-15。
123. 皮膚炎。 6月2007日; 18(2): 82-91。
124. JはDermatolを投資する。 3月2005日; 124(3): 587-95。
125. 皮の生理学そしてPathophysiology。 ロンドン: 学術出版物; 1980:2147-55.
126. 睡眠MedのRev。 10月2005日; 9(5): 355-64。
127. Curr Opin Pulm Med。 11月2005日; 11(6): 481-4。
128. Neurosci Nat. Rev。 2009;10(3):199-210.
129. ObesのRev。 11月2009日; 10 Supplの2:37 - 45。
130. BMCの 公衆衛生。 6月2007日28日; 7:129。
131. 科学。 12月2010日3日; 330(6009): 1349-54。
132. J Clinの睡眠Med。 12月2007日15日; 3(7): 681-8。
133. 肥満(Silver Spring)。 4月2009日; 17(4): 767-71。
134. Int J Obes (Lond)。 1月2009日; 33(1): 46-53。
135. AM J Physiol。 8月1996日; 271 (2つのPt 1): E261-70.
136. AM J Hypertens。 12月2010日; 23(12): 1286-91。
137. Lakartidningen。 1月2002日17日; 99(3): 154-7。
138. Occup Med (Lond)。 1月2010日; 60(1): 10-20。
139. Chronobiol Int。 2月2011日; 28(1): 76-80。
140. 脂質の健康Dis。 10月2010日30日; 9:125。
141. Prog Cardiovasc Dis。 2009日1月2月; 51(4): 294-302。
142. Prog Cardiovasc Nurs。 2004ばね; 19(2): 56-9。
143. 睡眠。 8月2010日1日; 33(8): 1037-42。
144. 睡眠。 3月2009日1日; 32(3): 295-301。
145. Jの睡眠Res。 9月1997日; 6(3): 179-88。
146. 精神医学Clin Neurosci。 6月2003日; 57(3): 265-70。
147. 睡眠の薬の原則そして練習。 第3 ED。 フィラデルヒィア、PA: WBサンダース; 2000:1140-57.
148. 開いた睡眠ジャーナル 2009, 2, 26-32
149. Eur J Nutr。 3月2005日; 44(2): 128-32。
150. Hypertens Res。 9月2011日; 34(9): 1035-40。
151. Eur J Clin Nutr。 4月2007日; 61(4): 536-41。
152. 従ってケンの調査: 睡眠障害に対するLactium®の効果。 2006年10月。
153. 皮のPharmacol Applの皮Physiol. 2002;15(5):374-80.
154. J Surg Res. 2008;144(1):94-101.
155. J Ethnopharmacol。 10月2010日28日; 132(1): 109-14。
156. J Cosmet Sci. 2009;60(4):395-403.
157. ヤナ。 2008;11(1):50-6.
158. J Nutr。 11月2003日; 133 (11のSuppl 1): 3778S-3784S.
159. 抗癌性Res。 1999日9月10月; 19 (5A): 3681-3。
160. 抗癌性Res。 1995日11月12月; 15 (6B): 2479-87。
161. 発癌。 9月1989日; 10(9): 1595-8。
162. 生命Sci. 1997;61(4):343-54.
163. Biosci Biotechnol Biochem。 4月2007日; 71(4): 916-25
164. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 12月2006日; 52(6): 457-66。
165. Altern Therの健康Med。 2001日5月6月; 7(3): 79-91。
166. Glycoconj J.12月1994日; 11(6): 527-32。
167. Jの国民の蟹座Inst。 3月1992日18日; 84(6): 438-42。
168. ペーパーはで示した: 蟹座の食事療法そして防止の国際会議; 1999年5月; タンペレ、フィンランド。
169. 前立腺癌Prostatic Dis. 2003;6(4):301-4.
170. Jの国民の蟹座Inst。 12月2002日18日; 94(24): 1854-62。
171. Neoplasia。 8月2007日; 9(8): 662-70。
172. Carbohydr Res。 9月2009日28日; 344(14): 1788-91
173. 世界J Gastroenterol。 12月2008日28日; 14(48): 7386-91。
174. Integrの蟹座Ther6月 2010日; 9(2): 197-203。
175. BMCの補足物のAltern Med。 8月2011日4日; 11:59。
176. Integrの蟹座Ther。 4月2012日24日。 [印刷物に先んじるEpub]
177. Carbohydr Polym。 1月2013日30日; 92(1): 529-33。