大豆

1. J Nutr。 12月2010日; 140(12): 2289S-2295S.
2. J Nutr。 12月2009日; 139(12): 2237-43。
3. J Nutr。 9月2009日; 139(9): 1700-6。
4. J Nutr Sci Vitaminol (東京)。 12月2009日; 55(6): 492-7。
5. 蟹座により制御を引き起こす。 9月2009日; 20(7): 1117-27。
6. 神経J Musculoskeletは相互に作用している。 6月2002日; 2(4): 352-9。
7. PharmacognのRev. 7月2010日; 4(8): 111-7。
8. アクタ ポールPharm。 2008日3月4月; 65(2): 203-11。
9. 内分泌学。 3月2005日; 146(3): 1312-20。
10. Eur J Clin Nutr。 2月2008日; 62(2): 155-61
11. アンMed。 2005;37(6):423-38.
12. J Nutr。 6月2001日; 131(6): 1826-32。
13. AM J Clin Nutr。 9月1995日; 62(3): 645。
14. Nutrの蟹座。 2008;60(5):568-76.
15. Br Jの蟹座。 7月2008日8日; 99(1): 196-200。
16. Int J Vitam Nutr Res。 3月2007日; 77(2): 130-41。
17. Jの国民の蟹座Inst。 8月2003日6日; 95(15): 1158-64。
18. AM J Clin Nutr。 12月1998日; 68 (6つのSuppl): 1492S-1495S.
19. Clinカルシウム。 10月2009日; 19(10): 1514-9。
20. Jpn Jの蟹座Res。 5月1998日; 89(5): 487-95。
21. 世界J Gastroenterol。 12月2005日14日; 11(46): 7355-8。
22. J Ind Microbiol Biotechnol。 8月2008日; 35(8): 791-8。
23. 月経閉止期。 2004日1月2月; 11(1): 11-33。
24. Semin Reprod Med。 9月2010日; 28(5): 388-95。
25. アンN Y Acad Sci。 8月2010日; 1204:169-78。
26. Climacteric。 2009年; 12のSuppl 1:112-6。
27. 月経閉止期Int。 12月2012日; 18(4): 139-46。
28. Int J Biochemの細胞Biol。 1月の2013日16日。pii: S1357- 2725(13) 00017-4。
29. Nursレディース健康。 12月2012日; 16(6): 482-94。
30. Psychoneuroendocrinology。 7月2011日; 36(6): 864-73。
31. JのステロイドBiochem Mol Biol。 12月の2012日25日。pii: S0960- 0760(12) 00256-7。
32. J Clin Endocrinol Metab。 7月2009日; 94(7): 2277-83。
33. Clinカルシウム。 3月2010日; 20(3): 339-44。
34. 前部Physiol. 2012;3:165.
35. 神経のEndocrinol Lett。 11月2012日28日; 33 (Suppl2): 17-21。
36. アンPharmacother。 9月2004日; 38(9): 1482-99。
37. Maturitas。 8月2005日16日; 51(4): 397-404。
38. Obstet Gynecol。 5月2005日; 105 (5つのPt 1): 1074-83。
39. 御馳走Endocrinol。 2005;4(3):177-84.
40. Altern MedのRev. 5月2003日; 8(2): 186-9。
41. Ginekolポール。 9月2006日; 77(9): 678-83。
42. J Agricの食糧Chem。 12月2006日27日; 54(26): 9852-7。
43. Gynecol Endocrinol。 11月2006日; 22(11): 646-50。
44. JのステロイドBiochem Mol Biol。 7月2004日; 91(3): 147-55。
45. JのステロイドBiochem Mol Biol。 9月2001日; 78(3): 291-8。
46. 蟹座Res。 10月2000日15日; 60(20): 5704-9。
47. J Clin Endocrinol Metab。 9月2003日; 88(9): 4077-9。
48. JのステロイドBiochem Mol Biol。 11月2002日; 82 (4-5): 315-22。
49. ステロイド。 5月2006日; 71(5): 403-8。
50. 蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 12月2004日; 12(12):2084-9.
51. Exp. Biol Med (Maywood) 3月2005日; 230(3): 217-23。
52. J Nutr。 3月2005日; 135(3): 598-602。
53. アーチのインターンMed。 5月2003日12日; 163(9): 1099-104。
54. Clin Endocrinol (Oxf) 3月2002日; 56(3): 321-8。
55. Jの国民の蟹座Inst。 3月2007日21日; 99(6): 475-86。
56. J Nutr。 6月2006日; 136(6): 1596-603。
57. Eur Jの蟹座Prev。 6月2006日; 15(3): 225-32。
58. J Nutr。 5月2006日; 136(5): 1270-5。
59. Int Jの蟹座。 9月2004日1日; 111(3): 440-3。
60. Maturitas。 4月1995日; 21(3): 189-95。
61. Pharmacol Res。 8月2007日; 56(2): 140-7。
62. Eur Jの蟹座Prev。 8月2002日; 11のSuppl 2: S48-57.
63. JのステロイドBiochem Mol Biol。 2月2005日; 93 (2-5): 209-19。
64. 乳癌 Resの御馳走。 8月 2011日; 128(3): 883-9。
65. Toxicol Appl Pharm。 7月2001日15日; 174(2): 146-52。
66. Jの国民の蟹座Inst。 5月1997日21日; 89(10): 718-23。
67. 蟹座Lett。 9月2006日28日; 241(2): 275-80。
68. Jの国民の蟹座Inst。 2月2009日4日; 101(3): 176-93。
69. Int J Oncol。 10月2008日; 33(4): 657-63。
70. Biochem Pharm. 2002, 64;393-404.
71. Phytother Res。 8月2006日; 20(8): 665-9。
72. 月経閉止期。 2005日11月12月; 12(6): 734-40。
73. Biomed Pharmacother。 8月2002日; 56(6): 283-8。
74. J Agricの食糧Chem。 5月2001日; 49(5): 2472-9。
75. J AM Pharm Assoc (洗浄)。 2000日3月4月; 40(2): 234-42; クイズ327-9。
76. Jの性Med。 11月2010日; 7(11): 3695-714。
77. Horm Metab Res。 5月1993日; 25(5): 253-5。
78. Obstet Gynecol。 6月2001日; 97(6): Suppl 1-11。
79. ハム雑音Psychopharmacol。 4月2003日; 18(3): 191-5。
80. Med Monatsschr Pharm。 5月2009日; 32(5): 186-91。
81. Jレディース健康GendはMedを基づかせていた。 4月2000日; 9(3): 315-20。
82. Phytomedicine。 5月2003日; 10(4): 348-57。
83. J Alternの補足物Med。 8月2009日; 15(8): 853-62。